超ワールドサッカー

ブッフォン代理人、過去にバルセロナ移籍へと近づいたことを暴露!!2017.03.21 09:19 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンは、過去にバルセロナ移籍に近づいていたようだ。スペイン『マルカ』が同選手の代理人のコメントを伝えている。

▽1991年にパルマでプロキャリアを歩み始めたブッフォンは、2001年からユベントスに加入。現在まで15シーズンを過ごし、絶対的な守護神としてセリエAを7回、コッパ・イタリアを2回、スーペル・コッパを5回優勝するなど数々のタイトル獲得に貢献した。

▽現在はユベントスでキャプテンも務めるブッフォンダが、代理人であるシルバーノ・マルチナ氏はパルマからユベントスに移籍する直前にバルセロナに加入する可能性があったことを認めた。

「バルセロナとの契約は間近となっていた。正直に言えば、パルマとバルセロナはクラブ間で合意していたよ。しかしブッフォン自身がユベントスを選択したんだ」

▽またマルチナ氏は今年で39歳を迎えたブッフォンの今後についても言及した。

「彼がいつ引退するかなんてわからないよ。40歳までプレーするかもしれないね。どちらにせよ、彼が引退するタイミングは彼自身が決めるものだ」

コメント

関連ニュース

thumb

6連覇の常勝軍団ユベントスが持つ選手獲得方法の秘密とは…伊紙が分析

6シーズン連続優勝を決めたユベントスの選手獲得方法について、イタリア紙『トゥット・スポルト』が22日、分析している。<br><br>ユベントスは21日に行われたセリエA第37節でクロトーネと対戦し、3-0で勝利を収めた。これにより最終節を前にホームのユベントススタジアムで6シーズン連続33回目の優勝を決めた。イタリアで圧倒的な実力を誇り、チャンピオンズリーグでも決勝に駒を進めた常勝軍団ユベントスの秘密を探っている。<br><br>そのカギとされているのが、ベッペ・マロッタGMとタッグを組むスポーツディレクターのファビオ・パラティチ氏だ。サンプドリア時代から13年間、マロッタ氏の右腕として活躍し、現在ヨーロッパでも著名なスポーツディレクターの1人だ。これまでアーセナル、トッテナム、リバプール、パリ・サンジェルマンといった強豪が彼の引き抜きに動いた過去がある。<br><br>パラティチ氏は今シーズン、ナポリからFWゴンサロ・イグアイン、ローマからMFミラレム・ピアニッチ、バルセロナからDFダニエウ・アウベスを加入させたが、これまでもMFアンドレア・ピルロ、DFレオナルド・ボヌッチ、DFアンドレア・バルザーリ、MFポール・ポグバといったチームの主軸となる選手の獲得に成功してきた。<br><br>そのメソッドとはパラティチ氏の嗅覚や感覚によるものが大きい。パラティチ氏は獲得候補の情報を得るために、四六時中電話対応へと追われ、ヨーロッパ中を駆け巡る日々を送るが、最も大事にしていることは、選手やその家族との会食だ。「ピッチでプレーを見る回数が減っても、選手や選手の家族ともに1度でも多く夕食をともにする方が良い」との信念だ。選手のデータなどは、あくまでサポートであって、スタートラインではないと考えている。パラティチ氏の今後の活躍は注目されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.24 14:19 Wed
twitterfacebook
thumb

マンチーニが今季のセリエAに言及「イグアインが移籍しなかったらナポリが優勝した」

元インテルの指揮官ロベルト・マンチーニが、イタリアのラジオ局『Rai 2』の中で、今シーズンのタイトルの行方は、昨夏ナポリからユベントスに移籍したゴンサロ・イグアインによって大きく左右されたと独自の見解を語っている。<br><br>マンチーニは「ナポリがもしイグアインを出していなかったら、スクデットを獲得していただろう」と発言し、以下のように続けた。<br><br>「ナポリは多額のお金を得たようだが、その穴埋めは十分なものとは言えなかった。その結果、ユベントスはイグアインと(パウロ)ディバラを前線で組ませて、最良の結果を得た。これはセリエAでも、チャンピオンズリーグでも、この2人がいたからユベントスは成功を収めた」<br><br>ナポリは第37節終了時点で勝ち点83のリーグ3位。優勝したユベントスとの勝ち点差は1試合を残してわずか5であり、マンチーニは昨シーズンナポリで36ゴールを決めたイグアインをユベントスに売却したことが、ナポリが優勝にあと一歩届かなかった大きな要因だと語っている。<br><br>ユベントスはセリエA、コッパ・イタリアを制し、6月3日に控えているチャンピオンズリーグ決勝では、トレブルを懸けてレアル・マドリーと激突する。イグアインはここまで各コンペティションでゴールを量産しており、ユベントス最大の得点源として躍動していた。果たして、イグアインはかつて自身が在籍した古巣レアル・マドリーからゴールを奪うことができるのか、ユベントスの3冠制覇に向けてイグアインの活躍に注目が集まる。<br><br>提供:goal.com 2017.05.24 12:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ボヌッチ妻が選んだセリエAで最もイケメンな選手は?元イタリア代表FWを推しメンに

ユベントスに所属するイタリア代表のDFレオナルド・ボヌッチの妻、マルティーナ・マッカリさんが22日、イタリア国営放送『Rai』のラジオ番組に出演し、インタビューに応じている。<br><br>夫ボヌッチの所属するユベントスは21日、セリエA第37節でクロトーネと対戦し、3-0で勝利を収めた。これにより最終節を前に6シーズン連続33回目の優勝を決めている。ボヌッチ一家もユベントス・スタジアムを訪れ、スクデット獲得に歓喜したのだが、息子のロレンツォ君だけは1人悲しげな表情を浮かべていた。マルティーナさんはこれについて、「ロレンツォの心はグラナータ(トリノのカラー)一色なの。学校の友達が全員トリノのファンだから」と話し、トリノのライバルであるユベントスのユニフォームに袖を通し、優勝セレモニーに参加した息子を思いやった。<br><br>ロレンツォ君はトリノのスター、FWアンドレア・ベロッティのサイン入り帽子を枕元に置いて眠るほどの熱狂的ファンだが、「彼は空気を読む子だから、こういう場ではこうした方が良いって理解して、(ミラレム・)ピャニッチのユニフォームを着たのだと思うわ」とマルティーナさんは説明している。<br><br>そして最後にセリエAで最もイケメンな選手について、マルティーナさんは明かしている。夫であるボヌッチを除けば、「マルコ・ボリエッロかしら」と話し、カリアリでプレーする元イタリア代表のFWがセリエAで最もイケメンな選手であるとした。190センチのボヌッチには及ばないが、ボリエッロは185センチと長身で34歳、ワイルドな出で立ちが特徴的で、ボヌッチとは目元のあたりが似ているようにも見える。<br><br>提供:goal.com 2017.05.24 12:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ピケが望む今年のバロンドールは?「メッシがふさわしいけど…」

▽バルセロナに所属するスペイン代表DFジェラール・ピケが、今年のバロンドールについてコメントした。イタリア『メディアセット』でピケが語った。 ▽ピケは今年のバロンドールについて、ユベントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが獲得することを望んでいるようだ。イタリア代表、そしてユベントスの守護神としてゴールマウスに君臨し続けているブッフォン。今シーズンは前人未到のセリエA6連覇を達成。6月3日には、チャンピオンズリーグ決勝でレアル・マドリーと対戦。コッパ・イタリアも制しており、シーズン3冠の可能性を残している。 ▽ピケは、今年のバロンドールについてチームメイトであるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが受賞にふさわしいと信じているものの、ブッフォンが受賞することを望んでいると語った。 「今シーズンのメッシは、ゴールデンシューを獲得した。バロンドールを再び受賞するにふさわしいだろう」 「でも、もしトロフィーを見たとき、ブッフォンはスクデット、コッパ・イタリア、そしてチャンピオンズリーグを獲る可能性がある」 「彼のキャリアは受賞するにふさわしい。そして今シーズンも値する。レフ・ヤシン以来、GKが受賞するのも良いと思う」 ▽ピケは、宿敵レアル・マドリーとユベントスによるチャンピオンズリーグについても言及。準決勝で自分たちが敗れたユベントスの勝利を願っているようだ。 「素晴らしい2チームによる試合になるだろう。ユベントスはここ何年も素晴らしい結果を残している。彼らはブッフォンのような素晴らしい選手もいるし、このトロフィーを初めて掲げたいとも思っているだろう。そして、元チームメイトのダニ・アウベスが勝つところを見せてくれるだろう」 2017.05.23 17:45 Tue
twitterfacebook
thumb

イニエスタにユベントス行きが浮上か? バルサ退団を決断した場合には興味とも

▽今夏のバルセロナ退団が噂されるスペイン代表MFアンドレス・イニエスタにユベントス行きの可能性が浮上した。『コリエレ・デッロ・スポルト』や『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などイタリアの複数メディアが報じた。 ▽バルセロナとの契約が残り1シーズンとなっているイニエスタ。2018年6月までの契約となっているものの、現時点でバルセロナとの契約延長の話がでていない。 ▽下部組織からバルセロナ一筋で過ごしてきたイニエスタの退団は考えにくいものの、アル・サッド(カタール)に移籍したMFチャビ・エルナンデスやGKビクトール・バルデス(ミドルズブラ)などのことを考えれば、退団の可能性はゼロとは言えず。退団を決意した場合には、ユベントスが獲得に動くのではないかと見られている。 ▽また、ユベントスには長年バルセロナでプレーしていたブラジル代表DFダニエウ・アウベスが所属しており、契約交渉に問題が生じれば説得に役立つ可能性があるとも報じられている。果たして、イニエスタの決断はどうなるのだろうか。 2017.05.23 17:04 Tue
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース