C・ロナウドに新たな栄誉!! 2016年のポルトガル最優秀選手に選出!!2017.03.21 08:14 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが2016年のポルトガル最優秀選手に選出された。スペイン『アス』が伝えている。

▽C・ロナウドは2015-16シーズンにマドリーで2度目となるチャンピオンズリーグ制覇に貢献。さらに2016年に日本で行われたクラブ・ワールドカップでも優勝に導いた。またポルトガル代表としては、ユーロ2016に参加。決勝戦では負傷の影響で途中交代となるも、自身初となる代表チームでのタイトル獲得に成功している。

▽その活躍が認められ、自身4度目となるバロンドールを受賞するなど偉大な活躍を見せた1年となった。

▽ポルトガルの最優秀選手賞では、マドリーでもチームメートのDFペペと争っていたが、C・ロナウドの受賞が決定。同選手は、次のように感謝の言葉を述べている。

「レアル・マドリーや代表チームの監督、スタッフ、そして選手たちのすべてに感謝したい。2016年はユーロで優勝することができた。僕にとっても嬉しい出来事の1つだ。僕たちは、優勝候補でなくてもタイトルが取れるということを証明したんだ」

▽なお『アス』によれば、年間最優秀監督賞には、ポルトガル代表を率いてユーロ2016優勝に導いたフェルナンド・サントス監督が選出されている。

コメント

関連ニュース

thumb

C・ロナウドが招集外となったポルトガル代表、初招集4人を含む24名のメンバーを発表《国際親善試合》

▽ポルトガルサッカー連盟(FPF)は3日、11月に行われる国際親善試合に臨むポルトガル代表メンバー24名を発表した。 ▽フェルナンド・サントス監督は今回、FWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー)やMFウィリアム・カルバーリョ(スポルティング・リスボン)、MFジョアン・モウティーニョ(モナコ)といった主力を外し、新戦力を求めて初招集、もしくは出場経験のない選手を多く招集した。DFリカルド・フェレイラ(ブラガ)や、DFエドガル・イエ(ポルト)、DFケヴィン・ロドリゲス(ソシエダ)、FWロニー・ロペス(モナコ)といった選手が初招集となった。 ▽ポルトガル代表は、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のグループBを首位突破。5大会連続7度目の本戦出場を決めている。同代表は11月10日にサウジアラビアと、11月14日にアメリカと親善試合を行う。今回発表されたメンバーは以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆ポルトガル代表メンバー24名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ジョゼ・サ</span>(ポルト) <span style="font-weight:700;">アントニー・ロペス</span>(リヨン) <span style="font-weight:700;">ベト</span>(ギョズテペSK/トルコ) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">リカルド・フェレイラ</span>(ブラガ) <span style="font-weight:700;">リカルド・ペレイラ</span>(ポルト) <span style="font-weight:700;">ペペ</span>(ベシクタシュ/トルコ) <span style="font-weight:700;">ルイス・ネト</span>(フェネルバフチェ/トルコ) <span style="font-weight:700;">エドガル・イエ</span>(リール/フランス) <span style="font-weight:700;">ジョアン・カンセロ</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">ケヴィン・ロドリゲス</span>(ソシエダ/スペイン) <span style="font-weight:700;">ビトリーノ・アントゥネス</span>(ヘタフェ/スペイン) <span style="font-weight:700;">ネルソン・セメド</span>(バルセロナ/スペイン) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">ダニーロ・ペレイラ</span>(ポルト) <span style="font-weight:700;">マヌエル・フェルナンデス</span>(ロコモティフ・モスクワ/ロシア) <span style="font-weight:700;">ブルーノ・フェルナンデス</span>(スポルティング・リスボン) <span style="font-weight:700;">ジョアン・マリオ</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">ルベン・ネーゼス</span>(ウォルバーハンプトン/イングランド) <span style="font-weight:700;">ベルナルド・シウバ</span>(マンチェスター・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">ゴンサロ・ゲデス</span>(バレンシア/スペイン) <span style="font-weight:700;">アンドレ・シウバ</span>(ミラン/イタリア) <span style="font-weight:700;">ロニー・ロペス</span>(モナコ/フランス) <span style="font-weight:700;">ブルマ</span>(ライプツィヒ/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ジェウソン・マルティンス</span>(スポルティング・リスボン) <span style="font-weight:700;">エデル </span>(ロコモティフ・モスクワ/ロシア) 2017.11.03 23:51 Fri
twitterfacebook
thumb

“白豹”フィーゴ氏、UEFAフットボール・アドバイザー就任「サッカーに何かを返せることが楽しみ」

▽欧州サッカー連盟(UEFA)は11日、かつてレアル・マドリーやバルセロナで活躍した元ポルトガル代表のルイス・フィーゴ氏をフットボール・アドバイザーに任命したことを発表した。 ▽フィーゴ氏は、アレクサンデル・チェフェリン会長と共に試合の技術面やルールの改善、スポーツ全体の魅力の向上に向けて取り組むとのことだ。フィーゴ氏の任命についてチェフリン会長は、以下のように説明している。 「ルイス・フィーゴ氏は、ピッチ内外で模範となる振る舞いをとっていた素晴らしい選手だ。ゲームの中でも非常に尊敬される人物であり、彼が我々のチームに加わってくれることに満足してる。特にフットボールでの経験は、UEFAにとって非常に貴重な財産になるだろう」 ▽また、フィーゴ氏は、フットボール・アドバイザーに就任について以下のように喜びを露わにしている。 「豊富な経験を積むことができて幸運です。私が自分の知識を伝えることでポジティブな影響を与えることができると信じています。サッカーは常に進化します。UEFAに関われることを名誉に思っています。そして、その機会を与えてくれたチェフェリン会長には感謝しています」 「サッカーから多くのことを学びました。今はサッカーに何かを返せることを本当に楽しみにしています。私が1990年にプロキャリアをスタートさせたとき、UEFAに加わり、世界最高のサッカーマインドを持つこの組織の会長と共に働くなんて想像もしていませんでした」 ▽1989年にスポルティング・リスボンでプロキャリアをスタートさせたフィーゴは、バルセロナ、レアル・マドリー、インテルなどでプレー。バルセロナからレアル・マドリーへの禁断の移籍を果たした際には、バルセロナサポーターから激しい非難も浴びた。一方で、キャリア通算では、4度のリーガエスパニョーラとセリエAの優勝、そして、UEFAチャンピオンズリーグ制覇と輝かしい功績を残した。 ▽また、ポルトガル代表では通算120試合に出場。2度のワールドカップと3度のユーロに出場し、ドイツワールドカップではポルトガル代表の40年ぶりとなるベスト4進出に貢献した。 2017.10.12 12:40 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:ポルトガル 2-0 スイス《ロシアW杯欧州予選》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループB最終節、ポルトガル代表vsスイス代表が10日に行われ、2-0でポルトガルが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ポルトガル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171010_38_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 R・パトリシオ 5.5 枠内シュートは数える程だったが、ミスのないゴールキーピング DF 21 セドリック 5.5 守備に専念 3 ペペ 6.0 さすがの安定感を発揮 6 フォンテ 5.5 セーフティーなプレーを続けた 19 エリセウ 6.0 鋭いクロスでオウンゴール誘発 (→アントゥネス 5.5) 守備に重きを置いたプレーぶり MF 11 ベルナルド・シウバ 6.0 2点目をアシスト。キープ力の高さを随所に見せる 8 モウティーニョ 6.0 2点目を演出。急所を突いた 14 W・カルバーリョ 6.0 中盤で攻守に奔走 10 ジョアン・マリオ 6.0 推進力あるプレーを見せ、オウンゴール誘発 (→ダニーロ -) FW 7 C・ロナウド 5.5 ゴールへの渇望は見せたが、決定的な仕事はできず 17 アンドレ・シウバ 6.0 2点目を挙げる。ストライカーの仕事を果たした (→アンドレ・ゴメス -) 監督 サントス 6.0 堅実な試合運びで確実に勝利した ▽スイス採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171010_39_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ゾンマー 5.5 C・ロナウドとの一対一を止める DF 2 リヒトシュタイナー 5.5 概ね及第点だったが、1失点目は彼のサイドから 22 シェアー 5.5 大きなミスはなかった 20 ジュルー 5.0 2失点目の場面ではベルナルド・シウバのマークを外した 13 R・ロドリゲス 5.5 守備に追われて攻撃参加できず MF 23 シャキリ 5.5 唯一の攻撃の起点 8 フロイラー 5.0 攻守に中途半端だった (→ザカリア 5.5) 投入直後に存在感を示すもそれだけだった 15 ジェマイリ 5.0 セフェロビッチをサポートできず (→エンボロ 5.0) ノーインパクト 10 ジャカ 5.0 ゲームを作れず 18 メーメディ 5.0 ゴール前に入る得意の形を見せられず (→ツバー -) FW 9 セフェロビッチ 5.0 前線で孤立した 監督 ペトコビッチ 5.5 攻撃が機能しなかった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ベルナルド・シウバ(ポルトガル) ▽堅い試合だったため、突出したパフォーマンスを見せた選手はいなかったが、2点目をアシストして勝負を決定付けたベルナルド・シウバを選出。 ポルトガル 2-0 スイス 【ポルトガル】 OG(前41) アンドレ・シウバ(後12) ※ポルトガルの5大会連続7度目のW杯出場が決定! 2017.10.11 05:45 Wed
twitterfacebook
thumb

スイスとの天王山を制したポルトガルが5大会連続7度目のW杯出場《ロシアW杯欧州予選》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループB最終節、ポルトガル代表vsスイス代表が10日に行われ、2-0でポルトガルが勝利した。 ▽3日前に行われた前節アンドラ代表戦を途中出場のC・ロナウドが2点に絡む活躍で2-0と勝利した2位ポルトガル(勝ち点24)と、ハンガリー代表に5-2と快勝した首位スイス(勝ち点27)によるW杯出場を懸けた天王山。 ▽勝利すれば得失点差でスイスを上回っていることからW杯出場を決められるポルトガルは、アンドラ戦のスタメンから4選手を変更。クアレスマやダニーロらがベンチスタートとなってC・ロナウドやフォンテ、W・カルバーリョらが先発となった。 ▽一方、引き分けでW杯出場となるスイスはハンガリー戦のスタメンから3選手を変更。ツバー、F・フライ、ムバンジェに代えてR・ロドリゲス、メーメディ、ジェマイリを起用した。 ▽立ち上がりから仕掛けたのはポルトガル。2トップのC・ロナウドとアンドレ・シウバにボールを集めて打開を図った。しかし、スイス守備陣の前にシュートに持ち込むことはできない。 ▽序盤以降、膠着状態が続いた中、32分にようやくポルトガルに決定機。モウティーニョのパスを受けたボックス左のベルナルド・シウバがGKゾンマーを強襲するシュートを浴びせた。 ▽ハーフタイムにかけてもポルトガルが押し気味に試合を進めると、41分に待望の先制ゴールが生まれた。左サイドのエリセウの鋭いクロスにジョアン・マリオが飛び込むと、混戦となってルーズとなったボールがジュルーに当たってゴールに吸い込まれた。 ▽迎えた後半、1点を追うスイスはフロイラーに代えてザカリアを投入。重心を前にかけていくと、51分にシャキリが直接FKで枠内シュートをマークした。 ▽それでも57分、スイスの反撃を凌いだポルトガルが追加点を奪う。モウティーニョのパスをボックス右で受けたベルナルド・シウバの丁寧なクロスを、アンドレ・シウバが受けて押し込んだ。 ▽2失点目を受けてスイスは66分に2枚代えを敢行する。メーメディに代えてエンボロを、ジェマイリに代えてツバーを投入した。すると直後、シャキリのミドルシュートをゴール前のセフェロビッチが右足で合わせる決定機を演出するも、枠を捉えきれない。 ▽ここからは引き続きポルトガルがペースを握る。79分にはC・ロナウドがディフェンスライン裏を取って独走。GKと一対一となったが、ゾンマーに止められてシュートを打てなかった。それでもスイスの反撃を許さずに2-0のままシャットアウト。ポルトガルが5大会連続7度目のW杯出場を決めた。一方、敗れたスイスはプレーオフに回ることとなった。 2017.10.11 05:44 Wed
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドが2得点に絡みポルトガルがアンドラに勝利! スイスも5発大勝でグループB首位攻防戦は最終節の直接対決に持ち越し《ロシアW杯欧州予選》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループB第9節の3試合が7日に行われた。 ▽2位・ポルトガル代表(勝ち点21)は、5位・アンドラ代表(勝ち点4)のホームに乗り込み、0-2で勝利した。 ▽佳境を迎えている欧州予選は残り2試合となっており、ポルトガル代表と首位・スイス代表との勝ち点差は「3」。しかし、最終節ではポルトガル代表vsスイス代表の直接対決が行われるため、ポルトガルは今節に勝ちさえすれば、自力での本大会出場が可能だ。逆に、敗北かドローでは今節終了時点で2位が確定する可能性もあり、勝利のみが求められる試合となっている。 ▽この一戦に、ポルトガル代表はFWクリスティアーノ・ロナウドを温存。[4-4-2]の布陣を採用し、GKにR・パトリシオ、ディフェンスラインにはエリセウ、ネト、ペペ、N・セメド、中盤にダニーロ、ジョアン・マリオ、ジェウソン・マルティンス、クアレスマ、2トップにベルナルド・シウバ、アンドレ・シウバという構成で臨んだ。 ▽試合は序盤から、ポルトガルがポゼッションをする展開が目立つ。中盤中央のダニーロとジョアン・マリオが舵を取り、ボールを回しつつ好機を窺うチームに対して、アンドラは飛び込まずに対応。サイドや最前線へのアプローチに的を絞った守備を徹底した。 ▽先制点の欲しいポルトガルは30分、右サイドでボールを受けたクアレスマがカットイン。左足を振り抜き、ファーに精度の高いシュートを飛ばしたが、GKが立ちはだかった。続く35分には、ボックス内右でルーズボールに反応したアンドレ・シウバが左足ボレーを打ち込んだが、枠を外れた。 ▽さらに40分、右CKの流れから敵陣中央付近でこぼれ球を拾ったペペがロングシュート。強烈なシュートがゴールマウスを強襲したが、またしてもGKに阻まれた。結局、前半の内に得点を奪うことはできず。ゴールレスで試合を折り返すこととなった。 ▽勝利したいポルトガルは、ハーフタイムに選手を交代。ジェウソン・マルティンスに代えて、クリスティアーノ・ロナウドを投入した。 ▽すると63分、頼れるエースが早速仕事を果たした。ジョアン・マリオが左サイドからクロスを上げると、DFの身体に当たり軌道が逸れる。これに反応したC・ロナウドがボックス内でボールを収め、冷静にゴールに流し込んだ。 ▽さらに86分、左サイドでボールを持ったC・ロナウドが、縦に突破してクロスを供給。これは中央を通り過ぎたが、右サイドのW・カルバーリョが頭で中央に折り返し、ゴール前のアンドレ・シウバが右足アウトで合わせて追加点とした。 ▽試合はこのまま終了。前半は攻めあぐねたポルトガルだったが、C・ロナウドの活躍で後半に2点を奪い切り、最終節に最終予選の行方を持ち越した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171008_5_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ▽また、首位・スイス代表(勝ち点24)が、3位・ハンガリー代表(勝ち点10)をホームに迎えて行われた試合では、5-2でスイスが勝利した。 ▽8戦全勝で首位に立っているスイス代表だが、2位・ポルトガル代表も7勝1敗と追走。さらに、スイス代表の得失点差「15」に対して、ポルトガル代表は「24」と荒稼ぎしており、勝ち点で並んだ場合は不利になる可能性が高い。そのため、スイス代表は最終節の直接対決の前に、最低でも勝ち点を「1」以上積む必要があり、敗北だけは避けなければならない。 ▽とはいえ、ポルトガル代表が今節で取りこぼした場合、スイス代表は最終節を待たずしてW杯本大会出場を決めることが可能に。結果次第で全く違った状況となるこの試合に向けて、スイス代表は[4-5-1]を採用。GKにゾンマーを起用し、最終ラインにムバンジェ、ジュルー、シェアー、リヒトシュタイナー、ボランチの位置にジャカ、フロイラーが入り、2列目にツバー、F・フライ、シャキリ、1トップにセフェロビッチを配置した。 ▽共にバランスを重視し、緊張感の漂う入りをした試合は、ハンガリーにとって不運な形で動きをみせた。18分、前線へのフィードを行おうとしたGKグラクシが、助走時にスリップ。隙を見逃さなかったジャカがボールを奪い、無人のゴールに流し込んだ。 ▽不用意な失点を喫したハンガリーは、続く20分にも一撃を浴びる。カウンターの場面で、スイスのプレーヤーが一斉に前線へ。4人の守備に対して5人が駆け上がると、ツバーがボックス左にラストパス。やや角度の狭い位置から、F・フライがゴール右に突き刺した。 ▽2点のリードを得たスイスは、前がかりになったハンガリーに対してさらに攻勢をかけていくが、ディフェンスラインを細かく調整するハンガリーを前に、オフサイドの判定が続く。それでも波状攻撃を続けると、43分に3点目を決め切った。リヒトシュタイナーが右サイドをオーバーラップしてクロスを入れると、DFのクリアは中途半端なものに。ボールを収めたシャキリがボックス左のツバーに送り、これを確実に決めた。 ▽直後に前半が終了。スイスが大きくリードし、試合を折り返した。後半に入っても、スイスの時間帯は続く。49分、GKのフィードをフロイラーが落とす。反応したツバーが、ボックス手前中央から右足ダイレクト。シュートは美しい軌道を描き、ゴール右隅に吸い込まれた。 ▽それでも59分、ハンガリーが左CKの混戦から、グズミチが一矢報いる得点を挙げた。しかし、83分にはシャキリからのスルーパスを受けたリヒトシュタイナーが、ボックス右から右足を強振。豪快なシュートを突き刺した。ハンガリーは試合修了間際の89分にも、ウグライが右からのクロスに頭で合わせて得点したものの、直後に試合は終了。 ▽この結果、スイスは怒涛の9連勝でグループBの首位を維持。最終節はポルトガルのホームでの試合となるものの、引き分け以上で本大会出場確定というアドバンテージを得ることとなった。 ◆ロシアW杯欧州予選グループB第9節結果 ▽10/7日(土) アンドラ 0-2 ポルトガル スイス 5-2 ハンガリー フェロー諸島 0-0 ラトビア 2017.10.08 06:10 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース