ネイマール、プレミアでのプレーに前向き? 「ペップやモウリーニョ率いるチームは誰もがプレーしたい」2017.03.21 06:50 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナに所属するブラジル代表FWネイマール(25)は、将来的にプレミアリーグでのプレーを希望しているようだ。同選手がイギリス『サン』のインタビューで語った。

▽今シーズンのバルセロナでアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスに勝るとも劣らない輝きを披露しているネイマール。その世界的メガクラックには、先月に2億ユーロ(約240億円)の契約解除金を満額支払う準備を進めていると報じられたマンチェスター・ユナイテッドなど、プレミアリーグのビッグクラブが獲得に関心を示している。

▽そして、今後の去就に注目が集まるネイマールは、プレミアリーグでのプレーに関心があることを素直に認めている。

「プレミアリーグは、僕を驚かせるリーグだ。それに、プレースタイルや所属しているチームも気に入っているんだ。そして、ハッキリしたことはわからないけど、そこでプレーしたいという気持ちはあるよ」

「個人的にマンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、アーセナル、リバプールといったクラブに敬意を抱いているよ。彼らは常に覇権を争ってきた」

「そして、プレミアリーグにはモウリーニョやグアルディオラといった優れた多くの監督がいる。彼らはどんなプレーヤーもその下でプレーしたいと思わせる監督たちだよ」

「同様にプレミアリーグにおいては、どのチームが勝つか、どこがチャンピオンになるか、決して想像できない。それは常にサプライズを提供してくれる。レスターはその最も良い見本だね」

「彼らは昨年素晴らしいシーズンを過ごしたし、プレミアリーグのチャンピオンだった。だから、仮に僕らがチャンピオンズリーグで対戦することになれば、敬意を表す必要があると思っているよ」

▽現在、バルセロナと2021年までの契約を結んでいるネイマールだが、今後数年以内にプレミアリーグでプレーする可能性も十分にありそうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

バルセロナ、コロンビアの新星D・サンチェスを今夏獲得か

▽バルセロナがアヤックスのコロンビア代表DFダビンソン・サンチェス(20)の獲得に動いているようだ。スペイン『アス』が伝えた。 ▽2014年にアトレティコ・ナシオナルでプロデビューしたばかりのD・サンチェスは今シーズン、同クラブからアヤックスに加入した。移籍初年度ながらも、今季のエールディビジで31試合に出場し、センターバックながら5得点2アシストを記録するなど、急速に評価を高めている。 ▽そんな同選手を、500万ユーロ(現在のレートで約6億円)程度で獲得したアヤックス。『Cadena SER』によると、アヤックスはD・サンチェスに対して、2500万ユーロ(約30億円)の移籍金を設定したとみられている。 ▽伝えられるところによれば、バルセロナは今季終了後にクラブを去る可能性があるとみられる元フランス代表DFジェレミー・マテューの後釜として、同選手に注目しているようだ。 ▽昨夏にもD・サンチェスに関心を持っていたとされているバルセロナは、今夏こそ獲得を実現させようとしているもようで、アヤックスを納得させる移籍金を用意して、引き入れを目指すようだ。 2017.04.27 22:54 Thu
twitterfacebook
thumb

マスチェラーノにPKを譲ったのはピケ...ラキティッチが「“会長”の言ったことだから」と明かす

PKによりバルセロナ移籍後7年でついに初得点を記録したアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノだが、その背景にはある選手の助言があったようだ。MFイヴァン・ラキティッチが明かしている。<br><br>マスチェラーノは26日のリーガエスパニョーラ第34節オサスナ戦(7-1)で、PKを沈めてチームの6点目を記録。同選手にとっては、うれしい移籍後初得点となった。<br><br>MFデニス・スアレスがペナルティエリア内でオサスナDFに倒されPKが宣告された際に、真っ先にマスチェラーノにキッカーを務めさせるように進言したのはDFジェラール・ピケだったという。ラキティッチが打ち明けている。<br><br>「僕はあのPKを蹴りたかったんだ。でも、ジェラールが僕にマスチェラーノに譲るようにと言ってきた。僕らの&ldquo;会長&rdquo;が言うことだからね、尊重しなければいけない(笑) スタジアムの全員がそれを望んでいたわけだから、彼の言っていることは正しかったよ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.27 22:29 Thu
twitterfacebook
thumb

L・エンリケ、オサスナ戦で2得点のアンドレ・ゴメスに「まだ実力の40%も出し切っていない」

バルセロナのルイス・エンリケ監督は、先のオサスナ戦で2得点を挙げたMFアンドレ・ゴメスに、まだ向上の余地があると期待を示している。<br><br>今夏、移籍金3500万ユーロ(約40億円)でバレンシアからバルセロナに移籍したアンドレ・ゴメス。だがここまでは高額な移籍金に見合った活躍を披露しているとは言い難く、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグでパリ・サンジェルマンに0-4と大敗した後には批判の的となった。<br><br>26日のリーガエスパニョーラ第34節オサスナ戦(7-1)で2得点をマークしたアンドレ・ゴメスを、L・エンリケ監督は次のように称賛している。スペイン『ムンド・デポルティボ』がコメントを伝えた。<br><br>「アンドレの1点目は、非常に決めるのが難しかった。普通なら、あれはふかしてしまうところだ。2点目は押し込むだけだったがね」<br><br>「2ゴールとは関係なく、アンドレのポテンシャルは計り知れない。私はそれを1000回でも繰り返せる。彼に対する批判があるのは知っているよ。しかし、彼はその実力の30%~40%ほどしか発揮できていない。そのポテンシャルを生かし切るために、ベストのクラブに彼はいる。とても責任感があり、野心を持っている男だ」<br><br>また、指揮官はオサスナ戦で移籍後7年目の初得点を挙げたMFハビエル・マスチェラーノにも触れている。<br><br>「彼の得点を、とても喜んでいるよ。彼を評価するうえで、ゴールしたかどうかは無関係だけれどね。第一にカンプ・ノウの観衆が(マスチェラーノのPKを)要求していた。試合のフィナーレを飾ったね」<br><br>「マスチェラーノのゴールは、ひとつの逸話に過ぎない。これまでバルサではノーゴールだったが、彼のプレーに疑いの余地はない。彼はトップクラスの選手。これからも素晴らしい数字を残してくれるだろう」<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.27 21:33 Thu
twitterfacebook
thumb

メッシに魅了されるバルセロナFW「見ているだけで楽しい」「唯一無二の存在」

バルセロナに所属するスペイン代表FWパコ・アルカセルは、リオネル・メッシとともにプレーできる楽しみや幸せを明かしている。<br><br>バルセロナは26日、リーガ・エスパニョーラ第34節でオサスナと対戦し、7-1で勝利した。この試合でメッシと同じく2ゴールを挙げたP・アルカセルは「メッシの質や、クラブにどれだけポジティブなことを与えているかはわかっている」と話し、一緒にピッチへ立つ喜びを語っている。<br><br>「見ているだけで楽しいし、ともにプレーできるのは喜びでもある。彼がいてくれて幸せだよ。唯一無二の存在だからね」<br><br>また、自身のゴールについても「もちろんゴールは自信を与えてくれると感じる」と振り返った。<br><br>先日、クラブ通算500ゴールを達成したメッシ。得点以外でもチームメイトを魅了していることは明らかで、今シーズンから一緒にプレーするアルカセルにとっては幸せな日々が続いているのかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.27 12:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ついにこの瞬間が…マスチェラーノがバルサでの公式戦319試合目で初ゴール「失敗していたら逸話になっていた」

▽アルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノがついにゴールを決めた。26日に行われたリーガエスパニョーラ第34節のオサスナ戦の67分にその時は訪れた。 ▽2010年8月にリバプールからバルセロナへと加入したマスチェラーノは、守備の要としてバルセロナで通算318試合に出場。しかし、これまでゴールを挙げることはなかった。 ▽リバプール時代にはプレミアリーグとヨーロッパリーグでそれぞれ1ゴールを記録。アルゼンチン代表でも通算3ゴールを記録し、直近では2014年6月5日に行われたトリニダード・トバゴとの親善試合でゴールを決めていた。 ▽オサスナ戦では、バルセロナがリオネル・メッシとアンドレ・ゴメスのゴールなどで5-1とリード。すると迎えた67分に、デニス・スアレスがボックス内で倒されPKを獲得。すると、イバン・ラキティッチがマスチェラーノへとボールを手渡し、キッカーを務めることとなった。 ▽この瞬間には、バルセロナベンチも大盛り上がり。キッカーのマスチェラーノがしっかりと沈めてバルセロナでの初ゴールを記録すると、ルイス・スアレスやアンドレス・イニエスタらが拍手で祝福した。 ▽試合後、思わぬ形でバルセロナでの初ゴールを記録したマスチェラーノがコメント。PKを蹴るつもりはなかったものの、周りの後押しで決断したと明かした。 「最初は断ろうと思っていた。でも、チームメイトや観客からのプレッシャーの前で、やろうと決断した。失敗していたならば、長きにわたって逸話となっていただろうね」 「(ゴールを決める計画は)明らかになかったよ。長きにわたってやっていなかったから分からなかったけど、チームメイトにノーということは難しかったね」 2017.04.27 10:50 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース