超ワールドサッカー

モナコMFバカヨコはチェルシー移籍希望か? ユナイテッド移籍拒否との報道も2017.03.21 06:22 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽モナコに所属するフランス代表MFティエム・バカヨコ(22)は、チェルシー移籍を希望しているようだ。イギリス『ミラー』が報じている。

▽屈強な守備的MFとして以前から高い評価を得ていたバカヨコは、先日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のマンチェスター・シティ戦でチームをベスト8進出に導くゴールを記録するなど、2試合を通じて圧巻のパフォーマンスを披露。この活躍を受けて、プレミアリーグのビッグクラブを中心に強い関心を集めている。

▽バカヨコに関しては、ジョゼ・モウリーニョ監督が率いるマンチェスター・ユナイテッドが、以前からラブコールを送っていると言われてきた。しかし、同選手が希望する移籍先は、そのユナイテッドのライバルチーム、チェルシーのようだ。

▽『ミラー』の伝えるところによれば、今夏チェルシーはセンターフォワード、センターバック、右サイドバックのポジションと共にセントラルMFの補強を最優先に考えており、やや守備寄りもボックス・トゥー・ボックスタイプのバカヨコは打ってつけの人材だ。また、チェルシー移籍に向けて好感触を得ている同選手は、ユナイテッドからのオファーを固辞している模様だ。

コメント

関連ニュース

thumb

元チェルシーFW「テリーは最高のDFでお手本にすべき存在」レジェンドの退団を惜しむ

かつてブラックバーンやチェルシー、セルティックなどででプレーし、97-98シーズンにプレミアリーグ得点王に輝いた経歴を持つFWクリス・サットンが、今季限りでチェルシーを去る元同僚のジョン・テリーについてイギリスのTV局『BT Soort』で言及した。<br><br>「ジョンは僕が知る限り最高のDFだった。同世代のリオ・ファーディナンドも憧れの存在になり得る素晴らしいDFだったが、ジョンは守備においてすべての能力が秀でていて、瞬時の判断力が素晴らしかった。まさにマスターと言える存在だったね」<br><br>また、サットンは「私がジョン・ストーンズだったら、テリーをしっかり見て学ぶことを決めただろう。彼はお手本にすべきDFだからね」と続け、テリーがイングランド代表のDFとして模範的な存在であることを強調している。<br><br>リーグ最終節のサンダーランド戦で26分に途中交代をしたセレモニーについては、「リーグ公式戦であれは奇妙な展開だったし、手放しで称賛される内容ではなかった。偉大な選手にはもっと異なる形で惜別の機会を与えるべきだと思う」と発言。テリーのチェルシー退団を惜しみながらも、リーグ戦最終節の途中交代に苦言を呈した。<br><br>また、テリーに他のクラブへの移籍話が浮上していることについては「彼のリーダーシップがあればどこだってできると思う。ただ、年齢的な衰えを考えると、テリーのクオリティが下がっているところは見たくないよね」と、独自の見解を示している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.24 11:00 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシーのコンテが2冠へ意気込み「シーズンが終わったと考えるのは危険」

チェルシーのアントニオ・コンテ監督はリーグ戦終了直後からFAカップ決勝戦への強い気持ちを語っている。『OMNISPORT』が伝えた。<br><br>プレミアリーグは21日、第38節が行われ、今季リーグ戦の全日程が終了した。チェルシーは最終節のサンダーランド戦後に優勝カップを掲げ、2シーズンぶりのプレミアリーグ制覇を祝った。コンテ監督はリーグ戦終了直後から、すでにFAカップへと気持ちを切り替える発言を行っている。<br><br>「シーズンが終わったと考えるのは我々にとって本当に危険なことだ。(FAカップの)決勝で勝とうが負けようがこの状況は変わらない。だが我々は敗者ではなく勝者として考えなければならない。家族やファンとともにこの瞬間を楽しみ、今日のように勝利を祝うことは重要だ。今季は簡単ではなかったからこのタイトル獲得を祝うんだ。だが、明日になれば最高のシーズンにするんだということを懸命に説明する。今はFAカップを勝ち取ることができれば最高のシーズンにできると思っている」<br><br>チェルシーは27日、今季2冠を目指し、FAカップ決勝戦でアーセナルと対戦する。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.24 06:50 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシー、第3GK務めるポルトガル代表GKエドゥアルドと1年の契約延長

▽チェルシーは23日、ポルトガル代表GKエドゥアルド・カルバーリョ(34)との契約を1年間延長したことを発表した。 ▽正GKであるベルギー代表GKティボー・クルトワ、セカンドGKのボスニア・ヘルツェゴビナ代表GKアスミル・ベコビッチに次ぐ、第3GKとして昨夏にディナモ・ザグレブから加入したエドゥアルドだが、今シーズンの公式戦の出場はなく、リザーブリーグ1試合の出場にとどまっていた。 ▽だが、エドゥアルドのプロ意識を高く評価するクラブは、今季終了までとなっていた同選手との契約を1年間延長することを決めた。 ▽チェルシーとの新契約にサインしたエドゥアルドは、クラブ公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「チェルシーにもう1年とどまることができてとても幸せだ。今シーズン、クラブは素晴らしい成功を収めた。そして、クラブの誰もが、僕をファミリーの一員として扱ってくれた。次のシーズンがよりポジティブで、僕たちがより多くのトロフィーを獲得できることを願っているよ」 ▽エドゥアルドは、昨夏に行われたユーロ2016では出場機会がなかったものの、ポルトガル代表として通算35試合に出場してきたベテランGK。2014年から所属するディナモ・ザグレブでは加入初年度こそ守護神として活躍するも、2015-16シーズンは公式戦23試合の出場に留まった。それでも、今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)プレーオフ、ザルツブルク戦で2試合に出場したエドゥアルドは、ベテランらしい安定したゴールキーピングでクラブのCL本選行きに貢献していた。 2017.05.24 01:34 Wed
twitterfacebook
thumb

ニューカッスルがチェルシーFWバチュアイのローンでの獲得を画策か?

▽プレミアリーグ昇格を決めたニューカッスルが、チェルシーに所属するベルギー代表FWミッチー・バチュアイ(23)のローンでの獲得を狙っているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じている。 ▽2016年7月に3300万ポンド(現在のレートで約47億5000万円)でマルセイユからチェルシーへ移籍したバチュアイは、プレミアリーグで20試合に出場し、5ゴールを記録。しかし、出場時間は235分と短く、チームのリーグ制覇とは裏腹に苦しいシーズンとなった。 ▽伝えられるところによると、今シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部相当)で優勝し、プレミアリーグ復帰を決めたニューカッスルがバチュアイをローンで獲得することを画策しているようだ。 ▽ニューカッスル率いるラファエル・ベニテス監督はプレミアリーグでの戦いに向けて、700~1000万ポンド(約10~14億4000万円)で少なくとも5人のニューフェイスを獲得し、チームの強化を計画。そこで、チェルシーで出場機会が満足に与えられないバチュアイに目を付けたという。 2017.05.23 15:27 Tue
twitterfacebook
thumb

コンテがプレミアとLMAの最優秀監督賞の二冠

▽プレミアリーグは22日、2016-17シーズンにおけるバークレイズ・マネージャー・オブ・ザ・シーズンにチェルシーのアントニオ・コンテ監督が選出されたことを発表した。 ▽コンテ監督は、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督、WBAのトニー・ピュリス監督、ボーンマスのエディ・ハウ監督、バーンリーのショーン・ダイチェ監督、スウォンジーのポール・クレメント監督を抑えての受賞となる。 ▽コンテ監督は、今シーズンからチェルシーを指揮。シーズン途中から[3-4-3]の新システムを用いると、昨年11月以降は安定した戦いで首位の座を明け渡すことなく、昨年10位に沈んだチェルシーを2シーズンぶり6度目のプレミアリーグ優勝に導いた。 ▽また、コンテ監督は2016-17シーズンにおけるイングランドのリーグ監督協会(LMA)選出の年間最優秀監督賞も受賞。イングランドでの指揮初年度でプレミアリーグの最優秀監督賞と合わせて二冠達成となった。 2017.05.23 11:45 Tue
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース