ソシエダ、生え抜きの主将MFシャビ・プリエトとの契約を1年延長!2017.03.21 05:45 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ソシエダは20日、スペイン人MFシャビ・プリエト(33)との契約を1年間延長したことを発表した。今回の契約延長によって、同選手は来シーズンも同クラブでプレーを続けることになる。

▽今シーズン終了後にクラブとの契約が満了する中、新たに1年間の契約延長にサインした頼れるソシエダの主将MFは、クラブ公式サイトで喜びのコメントを残している。

「それ(ソシエダでプレーすること)は大きな誇りなんだ。子供の頃に与えられ、慣れ親しんだユニフォームに袖を通すことは、常に刺激的なことだ」

「長年に渡ってこのユニフォームを着てプレーし続けることは、僕にとって夢だった。そして、今回の契約延長で来シーズンもこのユニフォームを着てプレーできる」

「個人的にコンディションは良好だし、プレーを楽しめている。また、精神的にも来年もプレーできることを自分自身で確認したんだ」

▽“ラ・レアル”の下部組織出身のシャビ・プリエトは、2003-04シーズンにトップチームデビュー。卓越した戦術眼とテクニック、リーダーシップを武器とする同選手は、トップチーム昇格2年目からレギュラーポジションを掴むと、これまでの13シーズンで公式戦488試合に出場してきた。

コメント

関連ニュース

thumb

カナレスがレアル・ソシエダと契約満了でベティス移籍へ

▽レアル・ソシエダは24日、スペイン人MFセルヒオ・カナレス(27)と6月で契約が満了することを発表した。 ▽2014年1月にバレンシアからソシエダに加入したレフティーのプレーメーカーであるカナレスは、在籍4年半で公式戦160試合に出場して12ゴール23アシストを記録。2017-18シーズンはリーガエスパニョーラ36試合に出場して4ゴール5アシストと活躍していた。 ▽そのカナレスは、来季のヨーロッパリーグ出場を決めているベティスへの移籍が濃厚と報じられている。 2018.05.25 05:34 Fri
twitterfacebook
thumb

レアル・ソシエダが新指揮官にレガネスのガリターノ監督を招へい

▽レアル・ソシエダは24日、アシエル・ガリターノ監督(48)を招へいしたことを発表した。契約期間は2021年までとなっている。 ▽レアル・ソシエダは2017-18シーズン、エウセビオ・サクリスタン元監督を成績不振により3月に解任。その後Bチームを率いていたイマノル・アルグアシル監督が指揮を執り、12位でシーズンを終えていた。 ▽ガリターノ監督は2013年6月に当時3部に在籍していたレガネスの監督に就任。就任初年度で2部に引き上げると、3シーズン目にはクラブを史上初の1部昇格に導いていた。そして、ここ2シーズンをプリメーラ残留に導くと、2017-18シーズンはコパ・デル・レイでレアル・マドリーを撃破する大番狂わせを起こし、準決勝まで進出させていた。 2018.05.25 04:32 Fri
twitterfacebook
thumb

ソシエダDF、負傷で本大会出場が懸念されるデンベレに謝罪

▽バルセロナに所属するフランス代表FWウスマーヌ・デンベレに対して、レアル・ソシエダのスペイン人DFラウール・ナバスが謝罪をしている。 ▽ウスマーヌ・デンベレは、20日に行われたリーガエスパニョーラ最終節のレアル・ソシエダ戦で先発。しかし、ラウール・ナバスのスライディングタックルを受け、負傷交代を余儀なくされた。21日に、バルセロナは診断結果として右足首の負傷を明かしており、今後も検査が予定されていることも併せて伝えている。ウスマーヌ・デンベレは、6大会連続15回目の出場となるフランス代表のロシア・ワールドカップ(W杯)メンバーに選出。今後の検査結果が悪ければ、フランス代表への影響が懸念される。 ▽負傷させてしまったラウール・ナバスは、自身のインスタグラム(raulnavas22)で謝罪している。 「ボールに対して激しくいったプレーが、残念なことにデンベレに当たってしまった。とても酷いプレーをしてしまった。傷づける気はなかったんだ」 「デンベレがすぐに回復することを願っている。そして、ワールドカップで彼のプレーを観られることを望んでいるよ」 2018.05.23 11:47 Wed
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、イニエスタのラストマッチを勝利で飾る! コウチーニョのゴラッソで今季を締める《リーガエスパニョーラ》

▽バルセロナは20日、カンプ・ノウで行われたリーガエスパニョーラ最終節でレアル・ソシエダと対戦し、1-0で勝利した。 ▽前節、エースFWメッシの温存が響いて伏兵レバンテ相手に4-5の敗戦を喫したバルセロナは、カンプ・ノウで無敗優勝を成し遂げるという、最高のフィナーレを飾ることができなくなった。それでも、ソシエダを迎える今節では今季限りでクラブを退団し、Jリーグのヴィッセル神戸移籍が報じられるレジェンドMFイニエスタとのお別れ試合となった。 ▽今季最終戦に臨むバルベルデ監督は出場停止のセルジ・ロベルト、ケガのユムティティ、ロシアW杯を睨んで温存策が続くメッシがベンチスタートにしたものの、それ以外は今季のベストメンバーを起用。イニエスタは[4-4-2]の左サイドハーフではなく[4-3-3]の左インテリオールに入った。 ▽『INFINIT 8 INIESTA(イニエスタは無限)』という人文字で飾られた満員のカンプ・ノウでスタートした一戦。立ち上がりはアウェイのソシエダがペースを握ったものの、時間の経過と共にバルセロナが押し込んでいく。開始10分には左サイドからカットインしたイニエスタが右足のシュートでニアを狙うが、これはわずかに外れる。 ▽その後、右サイドのデンベレの仕掛け、左サイドのイニエスタとジョルディ・アルバのコンビネーションでサイドを崩すバルセロナは幾度か際どい決定機を創出。25分には右サイドでデンベレが上げた柔らかいクロスをラキティッチが頭で合わすが、これはわずかに枠の右に外れる。逆に、29分にはソシエダの細かいパス交換からボックス中央のオヤルサバルに反転シュートを許すが、これは枠の右に外れて事なきを得た。 ▽前半終盤にかけても一進一退の攻防が続く中、積極的にゴールを目指すバルセロナだが、ボックス内でネウソン・セメドが倒されたプレーでPKが与えられないなど、やや攻めを欠きゴールレスで前半を終えた。 ▽迎えた後半、立ち上がりの53分にデンベレを下げてデニス・スアレスを投入したバルセロナは好調のコウチーニョが貴重な先制点をもたらす。57分、相手陣内中央左でスアレスからパスを受けたコウチーニョが複数のDFを前に巧みなコース取りのカットインから意表を突いたタイミングで右足を一閃。このミドルシュートが右ポストの内側を叩いてゴールネットに吸い込まれた。 ▽コウチーニョの鮮烈な一撃で先制したバルセロナはここからリズム良く試合を運んでいく。さらに65分には殊勲のコウチーニョに代えてメッシがピッチに送り出される。そのメッシは投入直後から鋭い仕掛けを見せると、77分にはスアレスとのパス交換からゴール前でヘディングシュートを試みるが、これはGK正面を突く。 ▽その後、82分にはバルセロニスタにとって来てはほしくなかった時がついに訪れる。3枚目の交代カードとしてピッチサイドにパコ・アルカセルが準備をすると、第4審の掲示した交代ボードには「8」の数字が。そして、エモーショナルな表情を浮かべて仲間との抱擁をかわしたイニエスタはメッシにキャプテンマークを託し、カンプ・ノウのピッチを後に。そして、イニエスタ同様に涙を浮かべるホームサポーターからこの日一番の盛大な拍手がピッチに送られた。試合終盤には今季限りで現役を引退するシャビ・プリエトがピッチに送り出されるも、試合はバルセロナがこのまま逃げ切った。 ▽ドン・イニエスタのお別れ試合をきっちり白星で飾ったバルセロナが、今季最終戦を勝利で終えた。 2018.05.21 05:48 Mon
twitterfacebook
thumb

ソシエダ、下部組織時代から18年在籍のDFカルロス・マルティネスの今季限りの退団発表

▽レアル・ソシエダは6日、スペイン人DFカルロス・マルティネス(32)が今シーズン限りで退団することを発表した。なお、同選手は7日にアノエタの会見場で公式会見に出席する予定だ。 ▽13歳の時にソシエダの下部組織に加入した188cmの大型右サイドバックのC・マルティネスは、以降18年間に渡って“ラ・レアル”一筋のキャリアを歩んできた。2007年にトップチームデビューを果たすと、ここまで公式戦209試合に出場し4ゴール16アシストの記録を残していた。 ▽しかし、今シーズンはヒザの前十字じん帯断裂、肩の負傷と度重なるケガに悩まされ、コパ・デル・レイ1試合の出場にとどまっていた。 ▽なお、ソシエダでは先日にキャプテンのスペイン人MFシャビ・プリエト(34)が今季限りでの現役引退を発表しており、2人のワンクラブマンが同時にクラブを旅立つことになる。 2018.05.06 21:05 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース