ソシエダ、生え抜きの主将MFシャビ・プリエトとの契約を1年延長!2017.03.21 05:45 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ソシエダは20日、スペイン人MFシャビ・プリエト(33)との契約を1年間延長したことを発表した。今回の契約延長によって、同選手は来シーズンも同クラブでプレーを続けることになる。

▽今シーズン終了後にクラブとの契約が満了する中、新たに1年間の契約延長にサインした頼れるソシエダの主将MFは、クラブ公式サイトで喜びのコメントを残している。

「それ(ソシエダでプレーすること)は大きな誇りなんだ。子供の頃に与えられ、慣れ親しんだユニフォームに袖を通すことは、常に刺激的なことだ」

「長年に渡ってこのユニフォームを着てプレーし続けることは、僕にとって夢だった。そして、今回の契約延長で来シーズンもこのユニフォームを着てプレーできる」

「個人的にコンディションは良好だし、プレーを楽しめている。また、精神的にも来年もプレーできることを自分自身で確認したんだ」

▽“ラ・レアル”の下部組織出身のシャビ・プリエトは、2003-04シーズンにトップチームデビュー。卓越した戦術眼とテクニック、リーダーシップを武器とする同選手は、トップチーム昇格2年目からレギュラーポジションを掴むと、これまでの13シーズンで公式戦488試合に出場してきた。

コメント

関連ニュース

thumb

スアレス2G1Aでソシエダに逆転勝利のバルセロナ、鬼門アノエタを8シーズンぶりに攻略《リーガエスパニョーラ》

▽バルセロナは14日、リーガエスパニョーラ第19節でレアル・ソシエダの本拠地アノエタに乗り込み、4-2で勝利した。 ▽2018年初戦となった前節レバンテ戦を3-0と快勝してリーガ4連勝とした首位バルセロナ(勝ち点48)は、2位アトレティコ・マドリーに9ポイント差を付けている中、3日前に行われ5-0で大勝したコパ・デル・レイ5回戦2ndレグのセルタ戦のスタメンから4選手を変更。イニエスタやマスチェラーノ、N・セメド、GKシレッセンに代えてGKテア・シュテーゲンにパウリーニョ、セルジ・ロベルトにヴェルメーレンを起用した。 ▽アノエタでの直近のリーグ戦で7戦未勝利(5敗2分け)とバルセロナにとって鬼門となっている12位ソシエダ(勝ち点23)に対し、フラットな[4-4-2]で臨んだバルセロナは、2トップにメッシとスアレス、右サイドにパウリーニョ、左サイドにアンドレ・ゴメスを配した。 ▽そのバルセロナが立ち上がりからポゼッションを高め、右サイドバックのセルジ・ロベルトの攻め上がりをうまく使って揺さぶりにかかったが11分、ソシエダが最初のチャンスを生かして先制する。右サイドからのシャビ・プリエトのクロスをファーサイドのウィリアム・ジョゼがヘディングで叩き込んだ。 ▽先制後、互角の攻防に持ち込んだソシエダは、ディフェンスラインの背後をカナレスが突く形で揺さぶると、34分に突き放した。カナレスの浮き球パスでボックス右に侵入したファンミが正確なトラップから右足でシュート。これがセルジ・ロベルトに当たってコースが変わり、ゴール右隅に吸い込まれた。 ▽アノエタとの相性の悪さを見せ付けられたバルセロナだったが、39分に1点を返す。ジョルディ・アルバのスルーパスを受けたスアレスがボックス左に侵入。丁寧に折り返したクロスをパウリーニョが押し込んだ。 ▽後半開始1分過ぎにカナレスにGKテア・シュテーゲンを強襲するシュートを浴びせられたバルセロナだったが、50分に同点とする。メッシのパスをボックス左のスアレスが意表を突き、ダイレクトでループシュート。これがゴール右サイドネットに吸い込まれた。 ▽同点後、拮抗した攻防が続く中、ソシエダはファンミに代えてオヤルサバルを、バルセロナはパウリーニョに代えてデンベレを投入し、アクセントを付けにかかる。 ▽すると71分、バルセロナが逆転ゴールを奪った。GKルジのキックをヴェルメーレンがヘディングで跳ね返すと、ルーズボールにスアレスが反応。ボックス内に侵入したスアレスはルジとの一対一を制した。 ▽鬼門で逆転に成功したバルセロナは、前半に飛ばしていた影響もあって運動量が激減したソシエダをいなして時間を消化。そして85分、メッシが直接FKを決めたバルセロナが4-2で逆転勝利。鬼門アノエタで8年ぶりにリーガでの勝利を飾り、前半戦を無敗で終えている。 2018.01.15 06:43 Mon
twitterfacebook
thumb

グリーズマンの古巣弾でソシエダに逆転勝利のアトレティコが公式戦4連勝《リーガエスパニョーラ》

▽アトレティコ・マドリーは2日、リーガエスパニョーラ第14節でレアル・ソシエダをホームに迎え、2-1で競り勝った。 ▽前節レバンテ戦をグリーズマンとガメイロのドブレテの活躍で5-0と大勝した3位アトレティコ(勝ち点27)は、3日前に行われたコパ・デル・レイ4回戦のエルチェ戦もトーレスの2発などで3-0と快勝し、公式戦3連勝を飾った。そのアトレティコは3日後に逆転突破を目指す敵地でのチャンピオンズリーグのチェルシー戦を控える中、エルチェ戦のスタメンからコケ、ホセ・ヒメネス、トーマス以外の8選手を変更した。 ▽グリーズマンとガメイロの2トップに、右サイドにコレアを配すフラットな[4-4-2]で臨んだアトレティコは10分、ガメイロがディフェンスライン裏を取ったが、シュートには持ち込めない。 ▽すると15分、トーマスの横パスをカットされた流れからウィリアム・ジョゼに決定的なシュートを打たれるも枠の上に外れて助かった。 ▽自陣に引いてソシエダにボールを持たせるアトレティコは、19分にもピンチ。しかし、左クロスに反応したシャビ・プリエトのシュートはGKオブラクがファインセーブで阻止。 ▽ところが28分、ショートカウンターに転じてボックス左に侵入したオヤルサバルをGKオブラクが倒してPKを献上。これをウィリアム・ジョゼに決められて先制を許した。 ▽失点を受けて前がかるアトレティコは35分、ガメイロのラストパスを受けたボックス右のコレアのシュートはGKルジに止められ、同点には追いつけない。さらに37分、ガビのロングフィードに抜け出したコレアのシュートもルジに止められ、前半を1点ビハインドで終えた。 ▽迎えた後半開始4分、コレアに三度決定機。しかし、グリーズマン、ガメイロ、コケとつないでボックス右のコレアが放ったシュートは枠を外れてしまう。続く53分にはFKからグリーズマンがボレーでネットを揺らすも、その前にオフサイドがありノーゴールに。 ▽その後もコケやグリーズマンのミドルでゴールに迫るアトレティコが猛攻に出ると、63分に追いついた。サウールの右クロスを受けたファーサイドのフィリペ・ルイスが切り返しでDFを外し、右足でのシュートをゴール右に蹴り込んだ。 ▽攻勢を維持したいアトレティコは70分に2枚代えを敢行。ガメイロとコレアに代えてトーレスとカラスコを投入した。すると72分に決定機。カラスコの左サイドからの右足クロスをグリーズマンがヘッド。枠を捉えていたが、GKルジのファインセーブに阻まれた。 ▽終盤にかけても攻勢を続けたアトレティコは、85分のゴディンのヘディングシュートはわずかに枠を外れるも、88分に逆転する。コケのフィードをボックス右のサウールがヘッドで折り返し、最後はグリーズマンがスライディングで押し込んだ。 ▽これが決勝点となってアトレティコが勝利。グリーズマンの古巣に対するゴールでアトレティコが公式戦4連勝としている。 2017.12.03 03:37 Sun
twitterfacebook
thumb

守備に不安抱えるシティ、元スペイン代表DFイニゴ・マルティネスに関心か

▽マンチェスター・シティが、レアル・ソシエダの元スペイン代表DFイニゴ・マルティネス(26)獲得に関心を抱いているようだ。イギリス『サン』の報道をもとに大手『ESPN』が伝えている。 ▽シティはプレミアリーグ11連勝で首位に立つなど好調を保ちつつも、イングランドDFジョン・ストーンズ、フランス代表DFバンジャマン・メンディが負傷中。さらに、ベルギー代表DFヴァンサン・コンパニも長期離脱から復帰したばかりで状態が懸念されるなど、ディフェンスラインに不安を抱えている。 ▽そこで白羽の矢が立ったのが、ソシエダの生え抜きとして20歳当時の2011-12シーズンからレギュラーを確保し続けている、イニゴだ。同選手は左サイドバック、センターバックでのプレーが可能であり、補強ポジションと合致すると記事は推測している。 ▽『サン』によると、シティはシーズンの初めから数カ月間にわたりイニゴのパフォーマンスを追跡している模様。この補強の判断は、復帰したコンパニのプレーぶりに左右される可能性があるとも、伝えられている。 2017.11.27 15:07 Mon
twitterfacebook
thumb

今夏バルサが狙っていたI・マルティネス「ソシエダ残留に不満なんてあるはずない」

今夏バルセロナからの関心が取りざたされたレアル・ソシエダDFイニゴ・マルティネスだが、ソシエダに残留したことに後悔はなさそうだ。<br><br>この夏CB補強を検討していたバルセロナは、エルネスト・バルベルデ監督の要望で、I・マルティネス獲得に動いていた。しかし、契約解除金3000万ユーロ(約39億円)がネックとなり、結果的に取引成立には至らなかった。<br><br>I・マルティネスはバルセロナ移籍が失敗に終わった過去について、次のように話している。<br><br>「多くのチームから電話があった。僕に関心を抱いている、ということだった。大衆は僕が移籍すると思っていたみたいだね。だけど、僕はラ・レアル(ソシエダの愛称)でプレーを続けている」<br><br>「バルサ移籍失敗への不満? まったくないよ。僕がラ・レアルで満足できていないのなら、フラストレーションを溜め込んだりしたかもしれない。でも、そうじゃない。僕は愛する心のクラブにいる。みんな僕に敬意を払ってくれて、家族がいて...。ラ・レアルでプレーできるのは本当に素晴らしいことなんだよ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.14 22:06 Tue
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー移籍が噂されるオドリオソラ「僕はマドリーファンとみなす声にうんざり」

レアル・ソシエダDFアルバロ・オドリオソラが、レアル・マドリーからの興味が報じられて以降、同クラブのファンであるようにみなされていることに憤りを表した。<br><br>レアル・マドリーの獲得候補であると報じられ続けるオドリオソラ。スペイン『ノティシアス・デ・ギプスコア』とのインタビューに応じた同選手は、そうした報道によってレアル・ソシエダへの忠義を疑われることに嫌悪感を示している。<br><br>「ああ、うんざりしているよ。僕は100%ラ・レアル(ソシエダ)のファンだ。あるクラブからの興味が報じられると、人々は僕がそのクラブのファンだと考える。でも、そういうことじゃないんだ。だから失望を覚えている」<br><br>「小さなクラブよりも、マドリーのようなクラブから興味を持たれた方が良い。僕が素晴らしい仕事を実現しているという意味だからね。だけど、自分のクラブであるラ・レアルのことだけに集中しなくてはならない。僕は本当に、本当にこのクラブが好きだし、愛されていると感じるんだ」<br><br>オドリオソラはさらに、下部組織から過ごすソシエダでキャリアを全うする考えも示唆している。<br><br>「ラ・レアルは偉大なことを成し遂げようとしているクラブだし、ここでキャリアを終えられるならばとても幸せだろうね。ラ・レアルが順位表の下にいるようなチームならば考え直す必要があるが、だけど現在は未来がある」<br><br>「僕はラ・レアルがリーガのビッグクラブだと考えているし、どんな可能性も否定しない。キャリアを通してここにいられるとすれば、夢のようなことだよ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.07 01:55 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース