超ワールドサッカー

ソシエダ、生え抜きの主将MFシャビ・プリエトとの契約を1年延長!2017.03.21 05:45 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ソシエダは20日、スペイン人MFシャビ・プリエト(33)との契約を1年間延長したことを発表した。今回の契約延長によって、同選手は来シーズンも同クラブでプレーを続けることになる。

▽今シーズン終了後にクラブとの契約が満了する中、新たに1年間の契約延長にサインした頼れるソシエダの主将MFは、クラブ公式サイトで喜びのコメントを残している。

「それ(ソシエダでプレーすること)は大きな誇りなんだ。子供の頃に与えられ、慣れ親しんだユニフォームに袖を通すことは、常に刺激的なことだ」

「長年に渡ってこのユニフォームを着てプレーし続けることは、僕にとって夢だった。そして、今回の契約延長で来シーズンもこのユニフォームを着てプレーできる」

「個人的にコンディションは良好だし、プレーを楽しめている。また、精神的にも来年もプレーできることを自分自身で確認したんだ」

▽“ラ・レアル”の下部組織出身のシャビ・プリエトは、2003-04シーズンにトップチームデビュー。卓越した戦術眼とテクニック、リーダーシップを武器とする同選手は、トップチーム昇格2年目からレギュラーポジションを掴むと、これまでの13シーズンで公式戦488試合に出場してきた。

コメント

関連ニュース

thumb

ベティス、ソシエダで苦悩する“天才パサー”カナレス獲得へ

▽今夏、既にFWセルヒオ・レオンの獲得を完了したベティスが、新戦力第2号として、ソシエダのスペイン人MFセルヒオ・カナレス(26)をターゲットにしているようだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽2016-2017シーズン終了後に、キケ・セティエン監督の就任を発表したベティス。リーガエスパニョーラのクラブの中では、早期に移籍市場を賑わせているが、今度は新監督が直々に、カナレスの獲得を要請したという。『アス』によると、セティエン監督は同選手を「チームのパス系統を高め、ピッチ中央でのボール回しを多用するためには最高の選手」と評しており、選手本人と個人的に連絡を取ったとのことだ。 ▽カナレスは、今季のソシエダでは公式戦37試合出場で4得点も、途中出場での起用が目立ち、出場時間は1248分(約14試合相当)のみと、十分なプレー時間を与えられてはおらず。ベティスは、出場時間に悩むカナレスを、今年6月30日までの契約でソシエダからレンタル移籍で加入しているスペイン人MFルベン・パルドの後釜に据える意向。ソシエダ側も前向きに対応しており、レンタルでの放出を提案していると囁かれている。また、その際の移籍金は、300万ユーロ(約3億7000万円)になる模様だ。 ▽来季に向けて、積極的に補強の動きを見せているベティス。副会長のホセ・ミゲル・ロペス・カタラン氏は、先日「4つか5つの契約を行う」と語っており、今夏の移籍攻勢に注目が集まる。 2017.06.23 15:28 Fri
twitterfacebook
thumb

グラネロがソシエダ退団へ「身体がプレーすることを求めている」

ソシエダMFエステバン・グラネロが、今季限りで同クラブを離れる考えがあることを明かした。<br><br>エウセビオ・サクリスタン監督率いる今季のソシエダで、出場機会に恵まれなかったグラネロ。レアル・マドリーの下部組織出身選手はスペイン『マルカ』とのインタビューで、出場機会を求めて移籍する可能性を示唆している。<br><br>「今季はとても難しいものだった。クラブとの関係は素晴らしいものだが、僕と彼らにとって良いオプションがあるならば、おそらく退団のタイミングとなるだろう。ラ・レアルと僕の両方の利益になる選択肢があるならば、ここから去るよ」<br><br>「自分が求めているのは出場機会だ。僕はキャリアの中でも素晴らしい時期にいると思っている。成熟も果たし、自分に自信を持つことができている。今は楽しむべきときだし、在籍しているチームのために貢献したい。今いる場所でそうできなければ、やはり身体がプレーすることを求めていく」<br><br>グラネロに対しては、エスパニョール、ベティスが興味を示していると報じられる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.18 23:59 Sun
twitterfacebook
thumb

ソシエダがユナイテッドのMFヤヌザイ獲得に近づく

▽レアル・ソシエダが、マンチェスター・ユナイテッドのMFアドナン・ヤヌザイ(22)の獲得に近づいているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽ヤヌザイは、ユナイテッドの下部組織出身で2013年7月にトップチームへと昇格。2013年9月にプレミアリーグデビューを果たすと、その後すぐに初ゴールを記録。チームは5年契約を結んだものの、翌シーズンはルイス・ファン・ハール監督の下で出場機会が激減。2015年8月にはドルトムントへとレンタル移籍した。 ▽2016年1月にユナイテッドへと復帰したももの、2016年8月にはかつての恩師であるデイビッド・モイーズ監督率いるサンダーランドへとレンタル移籍。プレミアリーグで25試合に出場したものの、無得点に終わり、チームもチャンピオンシップ(イングランド2部)に降格していた。 ▽ヤヌザイはレンタル期間が満了を迎えるとユナイテッドに戻ることになるが、ユナイテッドとの契約は2018年6月30日までとなっており、移籍金を得るためには今夏の売却が望ましいところ。ソシエダは1000万ユーロ(約12億3200万円)のオファーを提示する見込みとのことだ。 ▽ジョゼ・モウリーニョ監督の下でポジションを掴むことは難しいと考えられており、当初のインパクトほど結果を残せていないヤヌザイにとっては、新天地を求めることもプラスに働くかもしれないが果たして。 2017.06.13 18:49 Tue
twitterfacebook
thumb

レアル・ソシエダ、800万ユーロでD・ジョレンテ獲得へ…レアル・マドリーは買い戻しオプションを保持

レアル・ソシエダが、レアル・マドリーDFディエゴ・ジョレンテの獲得に迫っている。スペイン『マルカ』が報じた。<br><br>レアル・マドリーの下部組織出身であるD・ジョレンテは、今季にはレンタルでマラガに在籍。シーズン途中に負傷離脱を強いられたが、終盤には確かなポテンシャルを示した。そんな同選手に対してはレアル・ソシエダが獲得への強い興味を示し、来週にも契約を結ぶ見込みとなった。<br><br>レアル・マドリーとのクラブ間交渉に臨んだレアル・ソシエダは、移籍金800万ユーロ(約10億円)を支払うことで大筋で合意に至り、選手とは2022年まで契約を結ぶ模様。一方レアル・マドリーは完全に手放すことは望まず、買い戻しオプションを保有するようだ。<br><br>来季にリーガエスパニョーラ、コパ・デル・レイ、ヨーロッパリーグの3大会を戦うレアル・ソシエダにとって、D・ジョレンテは今夏の補強第一号となる。なおD・ジョレンテに対しては、同選手が昨季にレンタルで在籍したラージョ・バジェカーノ、そしてエバートンも獲得に動いていたという。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.10 23:21 Sat
twitterfacebook
thumb

ナポリ、スペインの新星FWオヤルサバルの獲得に注視か

▽ナポリは、ソシエダに所属するスペイン代表FWミケル・オヤルサバル(20)の獲得に動いているようだ。イタリア『gianlucadimarzio.com』が報じた。 ▽同メディアによると、ナポリのスカウトがオヤルサバルを定期的に視察している上、同クラブのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長も直々にオヤルサバルの代理人と接触し、移籍に対する基本的な話し合いを行ったという。 ▽ソシエダの下部組織出身のオヤルサバルは、2015年10月にトップチームへ昇格すると、昨シーズンの途中からレギュラーに定着しリーグ戦22試合に出場。今シーズンもここまでリーグ戦35試合に出場し、1ゴール7アシストを記録している。 ▽なお、昨年8月に2020年まで契約を延長したオヤルサバルには、ソシエダとの契約で5000万ユーロ(約62億円)のバイアウト条項が設定されている。 2017.05.11 00:17 Thu
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース