超ワールドサッカー

ソシエダ、生え抜きの主将MFシャビ・プリエトとの契約を1年延長!2017.03.21 05:45 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ソシエダは20日、スペイン人MFシャビ・プリエト(33)との契約を1年間延長したことを発表した。今回の契約延長によって、同選手は来シーズンも同クラブでプレーを続けることになる。

▽今シーズン終了後にクラブとの契約が満了する中、新たに1年間の契約延長にサインした頼れるソシエダの主将MFは、クラブ公式サイトで喜びのコメントを残している。

「それ(ソシエダでプレーすること)は大きな誇りなんだ。子供の頃に与えられ、慣れ親しんだユニフォームに袖を通すことは、常に刺激的なことだ」

「長年に渡ってこのユニフォームを着てプレーし続けることは、僕にとって夢だった。そして、今回の契約延長で来シーズンもこのユニフォームを着てプレーできる」

「個人的にコンディションは良好だし、プレーを楽しめている。また、精神的にも来年もプレーできることを自分自身で確認したんだ」

▽“ラ・レアル”の下部組織出身のシャビ・プリエトは、2003-04シーズンにトップチームデビュー。卓越した戦術眼とテクニック、リーダーシップを武器とする同選手は、トップチーム昇格2年目からレギュラーポジションを掴むと、これまでの13シーズンで公式戦488試合に出場してきた。

コメント

関連ニュース

thumb

ナポリ、スペインの新星FWオヤルサバルの獲得に注視か

▽ナポリは、ソシエダに所属するスペイン代表FWミケル・オヤルサバル(20)の獲得に動いているようだ。イタリア『gianlucadimarzio.com』が報じた。 ▽同メディアによると、ナポリのスカウトがオヤルサバルを定期的に視察している上、同クラブのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長も直々にオヤルサバルの代理人と接触し、移籍に対する基本的な話し合いを行ったという。 ▽ソシエダの下部組織出身のオヤルサバルは、2015年10月にトップチームへ昇格すると、昨シーズンの途中からレギュラーに定着しリーグ戦22試合に出場。今シーズンもここまでリーグ戦35試合に出場し、1ゴール7アシストを記録している。 ▽なお、昨年8月に2020年まで契約を延長したオヤルサバルには、ソシエダとの契約で5000万ユーロ(約62億円)のバイアウト条項が設定されている。 2017.05.11 00:17 Thu
twitterfacebook
thumb

セビージャは終盤の数的優位を生かせずソシエダと1-1の痛み分け《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第36節セビージャvsソシエダが5日に行われ、1-1で引き分けた。 ▽ソシエダを本拠地サンチェス・ピスファンに迎えた4位のセビージャ(勝ち点68)は、チャンピオンズリーグ(CL)・ストレートインのできる3位アトレティコ・マドリーを3ポイント差で追う。そのセビージャは前節2-4で敗れたマラガ戦から、パレハ、ホアキン・コレア、クラネビッテルに代えてラミ、ナスリ、ビトロを先発に起用した。 ▽攻撃的なサッカーを信奉する両チームの一戦は、互いにパスは繋がるものの、なかなか決定機を作り出すことができない展開となる。攻めあぐねるセビージャに初めての大きなチャンスが生まれたのは19分。敵陣中央でエスクデロがボールを持つと、右に走り込んだイェデルにスルーパス。イェデルはGKと一対一の場面を迎えるが、左足で狙ったシュートはゴールの左に逸れる。続く30分にはエスクデロがボックス手前中央からシュートを狙うがGKルジに微かに触られ、惜しくも得点にはならず。 ▽徐々に攻勢を強めるセビージャは、前半のうちに先制する。41分、敵陣で相手のパスをカットすると、ペナルティアーク付近のイェデルがボールを収める。そして、ボックス右に入ってきたサラビアにラストパスを送ると、サラビアはGKとの一対一を制してネットを揺らした。 ▽迎えた後半は1点をリードしたセビージャが有利に試合を進める。53分にはビトロがボックス左からミドルシュートでソシエダゴールを脅かした。 ▽しかし、一瞬のミスがセビージャの命取りになる。61分、左サイドからのグラウンダークロスをラングレがクリアすると、これがエンゾンジに当たってこぼれ球をベラに拾われ、シュートを流し込まれてしまった。 ▽何とか勝ち越したいセビージャだが、同点に追いついて勢いに乗るソシエダに、危険な場面を作られる。66分、左サイドを崩されてグラウンダーのクロスを入れられると、ゴール前に走り込んだベラにシュートを許す。だが、GKリコがうまくコースを塞ぎ、ピンチを凌いだ。続く70分にも、三度ベラに危ういシュートを打たれるが、ゴールの右に逸れて事なきを得る。 ▽終盤に近付く79分、スルトゥサがこの日2枚目のイエローカードを受けて退場に。数的優位を得たセビージャだったが、ゴール前を固めるソシエダを崩しきることができずこのまま終了。1-1で引き分けたセビージャは2試合白星から遠ざかり、3位アトレティコとのポイント差を暫定2に縮めるに留まった。 2017.05.06 06:47 Sat
twitterfacebook
thumb

開幕から低迷を続けたグラナダ、6シーズンぶりの2部降格が決定…《リーガエスパニョーラ》

▽29日にリーガエスパニョーラ第35節のソシエダvsグラナダが行われ、2-1でソシエダが勝利した。この結果、グラナダのリーガエスパニョーラ2部降格が決定した。 ▽試合は、前半終了間際の45分に味方のロングパスで右サイドを抜け出したオヤルサバルの折り返しからベラがゴールネットを揺らし、ソシエダが先制する。 ▽迎えた後半、リードを奪われたグラナダが反撃に出る。65分、右サイドをオーバラップしたフルキエのクロスをアドリアン・ラモスがヘディングで流し込み、同点に追いつく。 ▽膠着状態のまま試合終盤に突入すると、試合を動かしたのはソシエダ。84分、ボックス中央手前でパスを受けたカナレスがゴール前にループパスを供給。これに反応したファンミがボレーで蹴り込み、ゴールネットを揺らした。結局、このゴールが決勝点となりグラナダは1-2で敗戦した。 ▽この敗戦でグラナダの2部降格が決定。6年ぶり5度目の降格となった。2010-11シーズンに昇格プレーオフを勝ち上がり、リーガエスパニョーラ昇格を果たしたグラナダ。しかし、昇格後は毎年のように残留争いに巻き込まれるも、驚異の残留力を見せ5シーズン連続で残留に成功していた。 ▽今シーズンは、中国資本の元でパコ・ヘメス監督を招へいし、シーズンをスタートしたものの、同監督に続き10月に就任したルーカス・アルカラス監督も成績不振で4月に解任。その後、トニー・アダムス新監督を招へいし、逆転での残留を目指したが、最後まで立て直すことができず、6シーズンぶりの2部降格が決定した。 2017.04.30 05:11 Sun
twitterfacebook
thumb

メッシ2発にパコ弾でソシエダ撃破! 公式戦3試合ぶり勝利のバルサが来週の2大ビッグマッチに弾みを付ける《リーガエスパニョーラ》

▽バルセロナは15日、カンプ・ノウで行われたリーガエスパニョーラ第32節でソシエダと対戦し、3-2で勝利した。 ▽ネイマールの退場が響き苦手マラガ相手にまさかの敗戦を強いられ、リーガ3連覇が大きく遠のいた2位バルセロナ(勝ち点69)は、ミッドウィークのCL準々決勝1stレグでも敵地でユベントスに0-3の完敗を喫し、厳しい公式戦2連敗となった。先日のパリ・サンジェルマン戦に続き、再びCLで“カンプ・ノウの奇跡”を起こす必要に迫られたバルセロナだが、その前に行われる今節は6位ソシエダ(勝ち点52)とのタフなホームゲームに臨んだ。 ▽来週ミッドウィークのユベントス戦を考えれば、主力を温存したいところだが、リーガ逆転優勝の可能性を残すため、3試合の出場停止を科されたネイマール、負傷のマスチェラーノ、ベテランのイニエスタを除き、現状のベストメンバーを起用。ネイマールの代役はパコ・アルカセルが務めた。 ▽試合は開始3分に後手の対応からボックス左でフリーのユーリに際どいシュートを許し、DFピケの決死のブロックでピンチを凌ぐなど、負傷のホームチームが劣勢の入りとなる。さらに12分にも右サイドを破られてクロスを許すと、これをゴール前のオヤルサバルに合わせられるが、GKテア・シュテーゲンの好守で難を逃れた。 ▽チグハグな戦いぶりが目立つバルセロナだったが、17分にエースのゴールで先手を奪う。ボックス手前中央でスアレスからパスを受けたメッシが左足を振り抜くと、低い弾道のシュートが右隅を破った。 ▽公式戦3試合ぶりの得点を奪ったバルセロナは、ここから攻勢を強めていくが、アルカセルやラキティッチが決定機を生かせない。逆に、緩い守備を突かれてはあわや同点というピンチも招く。それでも、37分にはボックス左に抜け出したスアレスのシュートのこぼれ球がメッシの身体に当たってネットに吸い込まれる幸運なゴールで2点目を奪った。 ▽この2点目で試合が落ち着くかに思われたが、前半終了間際にかけて試合が大きく動く。まずは42分、ボックス内でオヤルサバルのシュートのこぼれ球を拾ったイニゴ・マルティネスが角度のないところからシュート性のクロスを入れると、DFユムティティに当たってコースが変わったボールがゴールに吸い込まれる。直後の44分にはメッシのスルーパスに抜け出したアルカセルがボックス左からファーポストに冷静に流し込み、3点目を奪取。だが、前半アディショナルタイムにはウィリアン・ジョゼの浮き球パスに抜け出したシャビ・プリエトがゴールを奪い、前半は3-2のスコアで終了となった。 ▽1点差に迫られて後半を迎えたバルセロナは、立ち上がりからメッシの直接FKなどで4点目を目指すが、なかなか決め切れない。その一方で、前半同様に相手に攻め込まれる場面も目立つが、何とかリードを保つ。 ▽後半半ばを過ぎると、運動量の低下から相手に押し込まれる時間が続くバルセロナは、アンドレ・ゴメス、アルカセルを下げてイニエスタ、デニス・スアレスを投入し、主導権を取り戻しにかかる。イニエスタの投入でやや持ち直したバルセロナは、試合終盤にかけてメッシ、スアレスに決定機が訪れるも、相手GKルジの好守に遭い、試合を殺せない。それでも、前半のリードを最後まで守り切り、ホームで難敵ソシエダに3-2の勝利。メッシの2ゴールなどで、公式戦3試合ぶりの勝利を掴んだバルセロナは、CLユベントス戦、次節のクラシコに向けて立て直しに成功した。 2017.04.16 05:45 Sun
twitterfacebook
thumb

格下ヒホンに3発快勝のソシエダが5試合ぶりの勝利! EL出場圏内の6位に浮上《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第31節、ソシエダvsスポルティング・ヒホンが10日にアノエタで行われ、ホームのソシエダが3-1で快勝した。 ▽4試合未勝利でヨーロッパリーグ(EL)圏外の7位に転落したソシエダと、残留圏内の17位レガネスと5ポイント差の18位に低迷するヒホンが激突した一戦。試合は開始早々に動く。3分、イニゴ・マルティネスの浮き球パスに抜け出したベラがボックス右で折り返すと、これをファーサイドのウィリアン・ジョゼがヘディングシュート。これをGKクエジャールがかき出すが、主審は既にゴールラインを割っていたと判断し、ホームチームのゴールを認めた。 ▽幸先良く先制に成功したソシエダは、その後も冷静に試合をコントロール。14分には味方のロングフィードに抜け出したファンミがゴールネットを揺らすが、これはわずかにオフサイドラインを越えており、ゴールは認められず。すると、直後の19分にはボックス手前でボールを受けたブルギに簡単にシュートを許すと、DFにディフレクトしたボールがゴール左隅に向かうが、ここは枠の左に外れて事なきを得た。 ▽前がかりな相手に対して、効果的にカウンターを仕掛けていくソシエダは、27分に追加点を奪う。シャビ・プリエトの浮き球パスに抜け出したファンミがボックス右から意表を突いたニアポストへのシュートを流し込んだ。この追加点で完全に流れを掴んだホームチームは、3点目こそ逃したものの、盤石の形で試合を折り返した。 ▽後半も立ち上がりから攻勢を仕掛けるソシエダは、54分にファンミがボックス内で決定的なシュートを放つなど、押し込む入りとなる。対して2点を追うヒホンは、ビゲラとカルモナの2人のアタッカーを早い時間帯に投入し、ゴールを目指す。 ▽後半半ばに入って拮抗した状況が続くが、フィニッシュの質で勝るソシエダが決定的な3点目を奪う。77分、中央を持ち上がったスルトゥサがスルーパスを送ると、オフサイドポジションにいたオヤルサバルを後方から追い越した左サイドバックのユーリがオフサイドをかい潜って豪快にネットを揺らした。 ▽その後、試合終盤の87分にオフサイドの取り損ねからエルデルソンにラッキーなゴールを許すも、きっちり逃げ切ったソシエダが、ホームで3-1の快勝。5試合ぶりの白星を掴んだソシエダが、EL出場圏内の6位に浮上した。 2017.04.11 06:04 Tue
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース