チャイナミランは実現せず? 期限内の1億ユーロの保証金支払われずにこのまま破談か…2017.03.21 05:25 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽中国の企業グループ、『シノ・ヨーロッパ・スポーツ』によるミランの買収は、このまま破談に終わる可能性が高いのかもしれない。イタリア『メディアセット・プレミアム』が報じている。

▽ここ数年、幾度となくクラブ売却の噂が挙がっていたミランは、昨年8月に『シノ・ヨーロッパ・スポーツ』と、株式の99.93パーセントを5億2000万ユーロ(約620億円)で売却することで合意に至っていた。

▽だが、昨年12月にクラブ売却が完了予定だった中、『シノ・ヨーロッパ・スポーツ』は中国国外への資金の持ち出す際に、中国当局の許可が必要になるとの理由で手続きが間に合わず、クラブ買収の延期を決断。その後、『シノ・ヨーロッパ・スポーツ』は1億ユーロ(約120億円)の保証金を支払うことで、3月初めまでに売却期限の延期を行っていたが、先日の交渉で買収に必要な残りの4億2000万ユーロ(約500億円)を支払うことができなかった。

▽そのため、『シノ・ヨーロッパ・スポーツ』は今月10日に再び1億ユーロの保証金を支払うことで、さらに期限を1カ月間延長する提案を行い、ミランの親会社にあたる『フィニンヴェスト』と合意に達していた。

▽だが、『メディアセット・プレミアム』の伝えるところによれば、20日に振り込まれる予定だった1億ユーロが、同日夜の時点でも確認されていないという。また、ミランは、一部で資金が尽きたとも噂される『シノ・ヨーロッパ・スポーツ』から今週中に1億ユーロが送金されなければ、クラブ買収交渉を中止にする考えを持っているようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ミラン、ボヌッチ加入を改めて公式発表! 選手はすでに中国滞在のチームに合流

▽ミランは20日、ユベントスからイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチ(30)を獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年となる。 ▽両クラブは14日までにボヌッチの移籍成立を発表していたが、20日に書類上の手続きなどが全て完了し、改めての正式発表となった。なお、ボヌッチはすでにインターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)2017の中国ラウンドに参戦しているチームに合流するため、中国に旅立っている。 ▽インテルユース出身のボヌッチは、2005-06シーズンにトップデビュー。2009年のバーリ移籍を経て、2010年夏にユベントス入りした。同クラブに在籍した7シーズンで公式戦319試合に出場し22ゴールを記録。2011-12シーズンからのセリエA6連覇や3度のコッパ・イタリア制覇に貢献していた。 ▽なお、ユベントスは先日、ボヌッチの移籍金に関して4200万ユーロ(約54億2000万円)を3年間に渡って受け取ることを発表していた。また、年俸に関しては800万ユーロ(約10億3000万円)+ボーナス200万ユーロ(約2億6000万円)となる見込みだ。 2017.07.20 22:13 Thu
twitterfacebook
thumb

ユベントスがミランDFデ・シリオ獲得を発表…2022年まで契約

▽ユベントスは20日、ミランのイタリア代表DFマッティア・デ・シリオ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年までの5年間となる。 ▽ミランのプリマヴェーラで育ったデ・シリオは、2011年にマッシミリアーノ・アッレグリ(現ユベントス監督)の下でトップチームデビュー。2016-17シーズンはセリエAで25試合に出場。通算で110試合に出場している。また、イタリア代表においては2013年にデビュー。これまで31試合のキャップ数を記録している。 ▽なお、ユベントスは移籍金1200万ユーロ(約15億5000万円)を3年間に分けて支払うとのこと。さらに条件を満たした場合は50万ユーロ(約6500万円)が追加されるとのことだ。 2017.07.20 21:21 Thu
twitterfacebook
thumb

ユベントス、イタリア代表DFデ・シリオの到着を発表!

▽ユベントスは19日、ミランのイタリア代表DF マッティア・デ・シリオ(24)が移籍に向けたメディカルチェックに臨むことを公式ツイッターで発表した。メディカルチェックを済ませた後、正式に契約書にサインする見込みだ。また、イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、移籍金は1200万ユーロ(約15億5000万円)とのことだ。 ▽ミランのプリマヴェーラで育ったデ・シリオは、2011年にマッシミリアーノ・アッレグリ現ユベントス監督の下でトップチームデビュー。今シーズンはセリエA25試合に出場した。イタリア代表においては2013年にデビュー。これまで31試合のキャップ数を記録している。 ▽なお、ユベントスは14日、7年間在籍したイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチ(30)のミラン移籍を発表していた。 2017.07.19 17:15 Wed
twitterfacebook
thumb

インターナショナル・チャンピオンズカップが開幕! オーバメヤンの2発でドルトムントがミラン撃破!《ICC2017》

▽インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2017が18日に開幕した。中国ラウンドのミランvsドルトムントが天河スタジアムで行われ、3-1でドルトムントが勝利した。 ▽大会初戦となったこの一戦、今夏の積極補強が目立つミランは、[4-3-3]の布陣で、GKストラーリ、4バックはサパタ、アバーテ、パレッタ、新加入のR・ロドリゲスが固め、中盤にはボナヴェントゥーラ、マウリ、そして新加入のケシエが起用された。前線にはバッカ、ニアン、新加入のボリーニが顔を揃えた。 ▽一方、15日に日本で行われたJリーグワールドチャレンジで浦和レッズと対戦し、3-2で勝利したドルトムントは、こちらも同じく[4-3-3]のフォーメーション。GKは浦和戦でも先発したヴァイデンフェラーが入った。ディフェンスラインにはザガドゥ、バルトラ、パパスタソプーロス、ピシュチェクが並び、中盤にはシャヒン、ローデ、カストロ、3トップにはO・デンベレ、プリシッチ、そしてオーバメヤンが起用された。 ▽試合序盤はお互い無理に攻めることなく、落ち着いた時間帯が続く。そんな中、ボール保持率を徐々に高めていくドルトムントが先制に成功する。16分、ボックス右からのファーサイドへのクロスを収めたプリシッチ。ボックス外中央のスペースにパスを送ると、そこに走り込んだシャヒンが左足で丁寧にコースを突き、GKストラーリの守るゴールを破った。 ▽先制に成功したドルトムントは立て続けに2点目を決める。20分、ボックスに侵入したプリシッチがパレッタに倒されPKを獲得。これをオーバメヤンが冷静に沈めてリードを広げた。 ▽スロースタートとなったミランもここで反撃。24分、バッカが敵陣中央をドリブルで持ち上がると、ボックス手前からそのままシュート。右足アウトサイドで放たれたシュートは、GKヴァイデンフェラーの手が届かない左下隅を突き、ネットを揺らした。その後は均衡した試合展開。前半終了間際にはR・ロドリゲスがボックス手前右の位置からFKを直接狙うも、大きく枠を外してしまった。 ▽迎えた後半、ミランはニアンとパレッタを下げて新加入のチャノハノールとムサッキオを投入。対するドルトムントは、GKヴァイデンフェラーとピシュチェクに代えてGKレイマンとパスラックを投入した。 ▽前半よりもギアを上げた両チームは、中盤のせめぎ合いが激しくなる。そんな中、パパスタソプーロスがボックス手前で相手を倒してしまいFKを献上。これをFKの名手チャルハノールが直接狙ったが、壁に当ててしまいゴールとはならず。 ▽その直後のミランのCKの場面。62分、左からのクロスをGKレイマンがキャッチすると、すかさず、カストロへフィード。パスを受けたカストロが長い距離をドリブルで運び、ボックス左のプリシッチに送る。プリシッチはこれをゴール前に折り返すと、オーバメヤンが流し込み再びリードを2点に広げた。 ▽その後は両者選手を次々と交代させ、多くの選手を起用する。そんな中83分、後半途中から交代で入ったアントネッリが、ボックス左からゴールに迫るが、シュートは相手にブロックされ、ゴールとはならなかった。 ▽3点目を奪った後も攻撃の手を緩めないドルトムントだったが、追加点を奪うことは出来ず3-1で試合終了。オーバメヤンの2発などで、ミランを撃破したドルトムントがICC2017開幕戦で勝利を収めた。 2017.07.18 22:37 Tue
twitterfacebook
thumb

ジェノアがミランのイタリア代表FWラパドゥーラをレンタルで獲得…買い取り義務OP付き

▽ジェノアは18日、ミランのイタリア代表FWジャンルカ・ラパドゥーラ(27)を買い取り義務付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は1年間。2018年7月から完全移籍で加入する。 ▽ラパドゥーラは、2016年7月にペスカーラからミランへと完全移籍で加入。2016-17シーズンはセリエAで27試合に出場し8ゴール4アシストを記録していた。 ▽ミランはラパドゥーラを譲渡することで、トリノのイタリア代表FWアンドレア・ベロッティの獲得を目論んでいたものの、トリノが拒否。アタランタからイタリア代表DFアンドレア・コンティを獲得する際には、移籍金引き下げのために譲渡される可能性があったが、こちらも実現せず。最終的にジェノアへのレンタル移籍となった。 ▽なお、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、ラパドゥーラの買い取り額は1100万ユーロ(約14億2600万円)と報道されている。 2017.07.18 19:39 Tue
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース