チャイナミランは実現せず? 期限内の1億ユーロの保証金支払われずにこのまま破談か…2017.03.21 05:25 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽中国の企業グループ、『シノ・ヨーロッパ・スポーツ』によるミランの買収は、このまま破談に終わる可能性が高いのかもしれない。イタリア『メディアセット・プレミアム』が報じている。

▽ここ数年、幾度となくクラブ売却の噂が挙がっていたミランは、昨年8月に『シノ・ヨーロッパ・スポーツ』と、株式の99.93パーセントを5億2000万ユーロ(約620億円)で売却することで合意に至っていた。

▽だが、昨年12月にクラブ売却が完了予定だった中、『シノ・ヨーロッパ・スポーツ』は中国国外への資金の持ち出す際に、中国当局の許可が必要になるとの理由で手続きが間に合わず、クラブ買収の延期を決断。その後、『シノ・ヨーロッパ・スポーツ』は1億ユーロ(約120億円)の保証金を支払うことで、3月初めまでに売却期限の延期を行っていたが、先日の交渉で買収に必要な残りの4億2000万ユーロ(約500億円)を支払うことができなかった。

▽そのため、『シノ・ヨーロッパ・スポーツ』は今月10日に再び1億ユーロの保証金を支払うことで、さらに期限を1カ月間延長する提案を行い、ミランの親会社にあたる『フィニンヴェスト』と合意に達していた。

▽だが、『メディアセット・プレミアム』の伝えるところによれば、20日に振り込まれる予定だった1億ユーロが、同日夜の時点でも確認されていないという。また、ミランは、一部で資金が尽きたとも噂される『シノ・ヨーロッパ・スポーツ』から今週中に1億ユーロが送金されなければ、クラブ買収交渉を中止にする考えを持っているようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ELで大勝、調子上向くミランと対照的にボヌッチの苦悩続く…拍手求めるも抗議の口笛

今夏、ユベントスから加入したDFレオナルド・ボヌッチの苦悩が続いている。<br><br>ミランは23日、ヨーロッパリーグ(EL)第5節でオーストリア・ウィーンと対戦。22歳のFWアンドレ・シウバと19歳のFWパトリック・クトローネがドッピエッタ(1試合2得点)を挙げる活躍を見せ、5-1でオーストリア・ウィーンに快勝。ミランは決勝トーナメント進出を決めた。この試合で躍動した若手とは対照的に、ベテランボヌッチの苦悩は続いている。<br><br>ボヌッチは今夏、イタリア王者ユベントスから4000万ユーロ(約52億円)もの移籍金でミランに電撃加入したものの、新天地に適応できずに精彩を欠いたままだ。オーストリア・ウィーン戦では21分、滑り込みながら相手FWのシュートをブロックに行ったものの、ボールはボヌッチの足の下をすり抜けゴールに吸い込まれた。サン・シーロに詰めかけた大勢のサポーターの目の前で、オーストリア・ウィーンに先制点を献上する失態を犯した。<br><br>このプレーの心理的影響なのかボヌッチのパフォーマンスは試合を通じて上向かず、80分、指揮官ヴィンチェンツォ・モンテッラはDFグスタボ・ゴメスと交代させる決断をしている。この時点でミランは4-1と大きくリードしており、ボヌッチは観客に拍手を求めたものの、一部のサポーターから抗議の口笛が浴びせられた。<br><br>ボヌッチは今シーズン、ミランのキャプテンマークを託され責任ある任務を負って新たなスタートを切ったものの、ユベントス在籍時のようなトップコンディションには程遠いようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.24 19:10 Fri
twitterfacebook
thumb

サン・シーロ帰還のカカ「プレーしないと決めたら、ミランのドアは開くだろう」

▽オーランド・シティを今シーズン限りで退団する元ブラジル代表MFカカが、ミランの本拠地であるサン・シーロを訪れた。自身の去就についても語っている。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽かつてミランやレアル・マドリーなどでプレーしたカカは、今シーズン限りでメジャーリーグ・サッカー(MLS)のオーランド・シティを退団することが決定している。 ▽現役引退は発表しておらず、まだプレーを続ける可能性はあるものの、一部報道ではミランに帰還するとのこと。その場合は、フロント入りの可能性が報じられており、選手としての復帰ではないとされている。 ▽かねてから予定されていた通り、23日にミラノを訪れたカカ。クラブ幹部との話し合いの後、本拠地のサン・シーロで行われたヨーロッパリーグのオーストリア・ウィーン戦を観戦。チームは先制を許すものの、その後は5得点を奪い逆転勝利を収めていた。 ▽カカは、オーストリア・ウィーン戦についてコメント。また、自身の去就についても触れ、ミランのフロント入りの可能性もあることを明かした。 「ミランは本当に良いプレーをしたし、先制ゴールを許しても勝つことができた。このような夜にサン・シーロにいることは喜ばしいね」 「ミランでここにいて、僕の人生でとても多くの思い出と経験があるミラノの街を歩くのは、なんとも言い表せない感情がある。それは素晴らしいことだよ。このユニフォームとこのクラブとの関係を説明することはできないけどね」 「僕は自分のプロとしての立場を整理し、もう1年プレーするのか、しないのかを決めなければいけない。シーズン中に自分の意思決定をしたくはなかったんだ。少し、調整もしたい。今は、ヨーロッパでいくつかの場所を訪れる旅をして、自分の時間を持っているんだ」 「プレーしないと決めたら、ミランのドアは開くだろう。僕はクラブとの素晴らしい関係があるからね。ミランのファンには、信じてくれるように言うよ。新しいオーナーの下での最初のシーズンだし、疑問に思うことはたくさんあるかもしれない。でも、このクラブを愛する人々は、誰もが信じなければならないんだ」 2017.11.24 11:00 Fri
twitterfacebook
thumb

南野のザルツブルクやミラン、ビジャレアルら11チームが新たに決勝T進出《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第5節が23日に各地で行われた。この結果、新たに11チームの決勝トーナメント進出が決まった。 ▽例年、混戦模様のグループステージにおいて前節終了時点で突破を決めていたのは、ディナモ・キエフ(ウクライナ)、ステアウア・ブカレスト(ルーマニア)、アーセナル(イングランド)、ラツィオ(イタリア)、ゼニト(ロシア)の5チーム。そして、今節では新たに11チームの突破が決まった。 ▽今大会の優勝候補に上がりながらも足踏みが続いていたミラン(イタリア)は、オーストリア・ウィーン(オーストリア)をホームに迎えた今節を5-1の逆転勝利で飾り、最低限のノルマである首位通過を果たした。また、エバートン(イングランド)との三つ巴の争いと思われた混戦のグループEでは、いずれもそのエバートンを破ったリヨン(フランス)、アタランタ(イタリア)の2チームの突破が決定した。 ▽さらに、ELに滅法強いイベリア半島勢ではビジャレアルとソシエダのスペイン勢、ブラガ(ポルトガル)が今節での突破を決めた。また、日本人選手所属クラブではMF南野拓実が在籍するザルツブルク(オーストリア)が今大会日本勢初の決勝トーナメント進出を決めた。さらに、大会初出場のエステルンド(スウェーデン)がクラブ史上初の突破という快挙を成し遂げた。第5節終了時点での決勝トーナメント進出チームは以下のとおり。 ◆EL決勝トーナメント進出チーム(第5節終了時点) ▽グループA ビジャレアル(スペイン)※ ▽グループB ディナモ・キエフ(ウクライナ) パルチザン(セルビア)※ ▽グループC ブラガ(ポルトガル)※ ▽グループD ミラン(イタリア)※ ▽グループE アタランタ(イタリア)※ リヨン(フランス)※ ▽グループG ステアウア・ブカレスト(ルーマニア) ビクトリア・プルゼニ(チェコ)※ ▽グループH アーセナル(イングランド) ▽グループI ザルツブルク(オーストリア)※ ▽グループJ エステルンド(スウェーデン)※ ▽グループK ラツィオ(イタリア) ニース(フランス)※ ▽グループL ゼニト(ロシア) レアル・ソシエダ(スペイン)※ ※今節での決勝T進出チーム 2017.11.24 07:28 Fri
twitterfacebook
thumb

アンドレ・シウバ&クトローネの2発など5発逆転勝利のミランが首位通過《EL》

▽ミランは23日、ヨーロッパリーグ(EL)・グループD第5節でオーストリア・ウィーンをホームに迎え、5-1で逆転勝利した。この結果、ミランの首位での決勝トーナメント進出が決まっている。 ▽前節AEKアテネ戦を0-0で終えた首位ミラン(勝ち点8)が、3位オーストリア・ウィーン(勝ち点4)をホームに迎えた一戦。1-2と敗れた直近のナポリ戦のスタメンから6選手を変更したミランは、アンドレ・シウバとクトローネの2トップとする[3-5-2]で臨んだ。 ▽勝利すれば決勝トーナメント進出となるミランが立ち上がりからボールを保持すると、11分にR・ロドリゲスの左クロスからクトローネがヘディングシュートを浴びせれば、14分にもR・ロドリゲスの左クロスからビリアが枠内シュートを放った。 ▽まずまずの入りを見せていた中、21分にボヌッチの頂けないプレーから先制点を献上する。モンシェインにディフェンスライン裏を取られて飛び出したGKドンナルンマが交わされると、モンシェインに枠内シュートを打たれてしまう。ボヌッチは完全に間に合っていたが、スライディングでのカットをミスし、ボールは股間を抜けてゴールラインを割ってしまった。 ▽それでも27分、ミランはボリーニの右クロスをファーサイドのR・ロドリゲスが押し込んで同点とすると、続く36分にはR・ロドリゲスの直接FKをボックス中央でカットしたアンドレ・シウバがゴールに流し込み、一気に逆転に成功した。 ▽ハーフタイムにかけてもミランが押し込む流れが続くと、42分にボリーニの右サイドゴールライン際からの折り返しをクトローネがヘディングで押し込み、前半を3-1で終えた。 ▽迎えた後半も立ち上がりにCKからボヌッチのボレーでゴールに迫ったミランが主導権を握ると、64分にR・ロドリゲスを温存すべくアントネッリと交代させる。 ▽それでも70分、チャルハノールの浮き球パスをボックス右で受けたアンドレ・シウバがシュートを流し込んで4-1としたミランが、追加タイムにもクトローネのゴールが生まれて終わってみれば圧勝。決勝トーナメント進出を決めるとともに、グループDもう一試合のAEKアテネvsリエカは2-2のドローに終わったことで首位での通過が決まった。 2017.11.24 06:58 Fri
twitterfacebook
thumb

ロビーニョがミラン時代にかけられた強姦容疑で懲役9年の有罪判決

▽アトレチコ・ミネイロに所属するブラジル代表FWロビーニョ(33)が、強姦容疑で懲役9年の有罪判決を受けたようだ。スペイン『アス』、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』など、各国のメディアが報じている。 ▽マンチェスター・シティやレアル・マドリーでプレー経験のあるロビーニョは、ミラン在籍時代の2013年1月にミラノのナイトクラブで22歳の女性に対する強姦容疑で起訴された。これに対しミラノの裁判所は23日、懲役9年の有罪判決を下した。なお、イタリアの裁判制度ではロビーニョ側の控訴が終わるまで法の強制執行がされることはなく、事実上保留の状態となる。 ▽ロビーニョはシティに所属していた2009年にも、リーズのナイトクラブで女性に対する強姦容疑で逮捕、保釈されたが、この時はウェストヨークシャー警察による捜査の結果、不起訴処分となっていた。 ▽2002年にサントスでプロデビューを飾ったロビーニョは、2005年にマドリーに移籍すると、その後もシティやミラン、広州恒大など各国のビッグクラブでプレー。2016年2月に加入したアトレチコ・ミネイロでは、これまで公式戦66試合に出場し、21ゴール11アシストを記録していた。 ▽また、19歳でデビューしたブラジル代表では、これまで100キャップを記録。2015年のコパ・アメリカ以降は代表から遠ざかっていたが、2017年1月に行われたシャペコエンセの選手を乗せた飛行機墜落事故の犠牲者遺族支援試合で約2年ぶりに代表メンバーに選出された。 2017.11.24 04:00 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース