超ワールドサッカー

サー・アレックスがオールド・トラフォードのベンチに帰還! キャリック功労試合で1日限りの監督復帰2017.03.21 04:53 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドの伝説の指揮官、サー・アレックス・ファーガソン氏がオールド・トラフォードで再び“赤い悪魔"の指揮を執ることになった。ユナイテッドの公式サイトは20日、同氏が6月4日に行われる元イングランド代表MFマイケル・キャリックのテスティモニアル(功労試合)でマンチェスター・ユナイテッド08チームの監督を務めると発表した。

▽2006年にトッテナムからユナイテッドに加入以降、公式戦446試合に出場するなど、同クラブの栄光を支えてきたキャリック。クラブはキャリックのこれまでの貢献に報いるため、先日に功労試合の開催を行うことを発表していた。

▽そして、マンチェスター・ユナイテッド08チームvsマイケル・キャリック・オールスターイレブンの対戦カードとなる今回の一戦では、2013年に監督業から引退したファーガソン氏が、マンチェスター・ユナイテッド08チームの指揮を執ることになった。

▽ファーガソン氏は、今回の発表を受けて、クラブ公式サイトで以下のようなコメントを残している。

「マイケルに功労試合の機会が与えられることについてはうれしく思う。おそらくマンチェスター・ユナイテッドはそれができるイングランドで唯一のクラブだろう。選手はこのクラブで長くプレーしたがるものだ。ここには、少しだけプレーしたらすぐ次のクラブへ行こう、などという腰掛け気分の選手はいない。私の時代にも、ほとんどの選手が10年以上在籍していた。そういった家族的なクラブであるということは、非常に誇れることだ。選手たちにとっても、ここに根を下ろしてがんばっていこうという励みになる」

「(この功労試合で計上した寄付金について)マイケルの考えを読んだ。素晴らしいことだ。自分の成功を、自らが立ち上げたチャリティ団体に寄付するという形で分かち合おうと考えている。大変価値のあることだ」

▽また、ファーガソン氏は自身の率いることになる2007-08シーズンにプレミアリーグ、チャンピオンズリーグの2冠を達成した伝説のチームに関しても言及している。

「欧州カップ戦に勝つことはファンタスティックだ。立派な姿勢で取り組む素晴らしい選手の集まりで、非常に強いチームだった。2008年の決勝戦のときは相当悩んだ。今でも後悔しているくらいだ。私はパク・チソンをメンバーから外した。彼はそれまで非常に素晴らしい働きをしてくれていたのにだ。決勝戦では常にこのような問題に悩まされる」

▽なお、ファーガソン氏が率いるマンチェスター・ユナイテッド08チームと対戦する、マイケル・キャリック・オールスターイレブンの監督は、ウェストハム時代の恩師であるハリ・レドナップ氏が務める。また、同チームではキャリックのイングランド代表の同僚であったスティーブン・ジェラード氏やフランク・ランパード氏など、錚々たるメンバーがプレーする予定だ。

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッド、“世界一の右SB”バレンシアが2019年まで契約延長「僕の人生」

▽マンチェスター・ユナイテッドは26日、エクアドル代表MFアントニオ・バレンシア(31)との契約を2019年まで延長したことを発表した。1年の延長オプションが付随している。 ▽2009年夏にウィガンからユナイテッド入りしたバレンシアは、その後の8シーズンにわたって主力として活躍。近年は、もともとの主戦場であるウイングから右サイドバックにポジションを変え、出色のパフォーマンスを続けている。今季、ジョゼ・モウリーニョ監督はバレンシアについて、「彼以上の右SBはいない」と、世界一のライトバックであると称賛した。 ▽ユナイテッド加入後、公式戦291試合22ゴールを挙げ、2度のプレミアリーグとチャンピオンズリーグ、FAカップ、2度の国内カップ制覇に貢献してきたバレンシアは、契約延長に際して以下のようにコメントした。 「2009年以降、ユナイテッドが僕の人生だった。新たな契約を交わすことができて本当に嬉しい。水曜日の夜には、このクラブとして初めてのトロフィーを獲得できた。決勝ではキャプテンを務めたし、本当に名誉だった」 「今シーズン、監督は僕を非常に信頼してくれた。感謝している。次のシーズンもすべてのことに挑戦できるはずだ。家族、チームメート、そしてもちろん、ファンのみんなにも感謝の言葉を述べたいね」 ▽一方、ユナイテッドのモウリーニョ監督は、以下のように話した。 「私がユナイテッドに加わるずっと前からバレンシアのことを高く評価してきた。それは秘密じゃなかったね。いかに素晴らしい選手かということは分かっていた。決して私を失望させることはなかった」 「ただ、彼がこんなにも偉大な人間かということは、想像できなかった。素晴らしい選手であり、人としてもそうだ。彼のような選手がいるのは、特権だ。契約延長してくれて嬉しい」 2017.05.26 21:29 Fri
twitterfacebook
thumb

ルーニーがユナイテッド退団か

▽イギリス『デイリー・ミラー』は25日、イングランド代表FWウェイン・ルーニー(31)が今夏にマンチェスター・ユナイテッドを退団する見込みであることを報じた。 ▽2004年にエバートンからユナイテッド入りしたルーニーは、その後13シーズンにわたってユナイテッドの主力として活躍。今年1月には、ボビー・チャールトン氏の持つクラブ歴代最多得点記録(249得点)を更新し、誰もが認める同クラブのレジェンドとなっている。 ▽しかし、ここ2シーズンはパフォーマンスの低下とともに先発の機会が減少し、今シーズン途中からは完全にレギュラー落ち。そのため、今夏の移籍が取りざたされている。 ▽ルーニー本人も自身の去就を考慮中で、「(去就は)だいたい決めている。国内外問わず多数のオファーを貰っているので、決断しなければならない。家族ともに相談して、数週間のうちに決めたい」と発言したところだ。 ▽『ミラー』は、ルーニーが定期的な出場機会を求めてユナイテッドを退団するとみている。行き先は、高額オファーを提示していると伝えられる中国とみられている。 ▽なお、中国リーグの移籍市場は6月19日にオープンする。果たして、ルーニーは国外挑戦に踏み切るのだろうか。 2017.05.26 13:14 Fri
twitterfacebook
thumb

古巣のヨーロッパリーグ制覇を称えるファーガソン氏「みんなが誇りに思っている」

▽かつてマンチェスター・ユナイテッドを率いたサー・アレックス・ファーガソン氏が、ヨーロッパリーグを制した古巣を称えた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽ユナイテッドは、24日に行われたヨーロッパリーグ決勝のアヤックス戦で2-0と勝利。クラブ史上初のヨーロッパリーグのタイトルを獲得し、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。 ▽ファーガソン氏は、グラスゴーで行われたイベントでユナイテッドについてコメント。爆破事件が起きた悲劇的な時に、勇気をもたらせるタイトルを獲得したジョゼ・モウリーニョ監督率いるチームを称えた。 「まずはじめに、マンチェスターはグラスゴーのような都市だと思う。それは労働者階級の都市であり、素晴らしい人がそこにいて、彼らは1つになるだろう」 「彼らは1996年のアーンデール・センターの爆破事件のように、難しい時間を過ごしてきた。そして、そこから復活した」 「彼らは一つになる。なぜなら、そこには労働者階級の倫理が存在し、街中で素晴らしい団結が生まれる」 「昨晩、ユナイテッドは街に希望をもたらせたと思う。我々はみんなが誇りに思っているし、素晴らしい功績だと思う」 2017.05.26 12:52 Fri
twitterfacebook
thumb

グリーズマン狙うユナイテッド、120億超の解除条項起動?…来季CLストレートインでハードルクリア

▽イギリス『デイリー・ミラー』は25日、マンチェスター・ユナイテッドがアトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(26)を獲得する準備を整えたと報じた。 ▽ユナイテッドは、22日に行われたヨーロッパリーグ(EL)決勝のアヤックス戦で2-0の勝利。ストレートインとなる来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得した。 ▽『デイリー・ミラー』の見解によれば、CL出場権を得たユナイテッドは、グリーズマンの引き抜きに向けたハードルをクリア。多忙が見込まれる今夏を前に、エド・ウッドワード最高経営責任者(CEO)を元気づけたとのことだ。 ▽伝えられるところによれば、ユナイテッドはグリーズマンとアトレティコの契約に存在するリリース条項起動へ準備完了。今夏のNo1ターゲット獲得へ解除金8600万ポンド(約123億9000万円)を投じる用意があるという。 2017.05.26 10:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ルーニー「いち父として恐怖」、テロ被害者に約1440万円寄付

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表FWウェイン・ルーニーが、22日にマンチェスターで起きたテロ事件の被害者支援のため、10万ポンド(約1440万円)を寄付したことがわかった。 ▽テロは、世界で人気を誇るアメリカ人歌手のアリアナ・グランデのコンサートが行われたマンチェスターの会場で発生。コンサート終了後、テロ実行犯による自爆で死者22人、負傷者59人の大惨事となった。 ▽惨劇を受けて各界から支援の声が挙がる中、ルーニーも自身のチャリティー団体『ウェイン・ルーニー基金』を通じて次のような声明文でテロ被害者のサポートを表明している。 「人生の中で、あることで立ち止まらなくちゃいけない瞬間がある。他の人たちのように、僕もしばしばあのアリーナで家族と一緒に素晴らしい夜を楽しんだことがある。1人の父として、あの一晩で多くの若者の命が奪われたことに恐怖を覚えた。僕の心は、全被害者とその関係者と共にある。みんなでできる限りのことをやろう」 2017.05.26 09:15 Fri
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース