サー・アレックスがオールド・トラフォードのベンチに帰還! キャリック功労試合で1日限りの監督復帰2017.03.21 04:53 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドの伝説の指揮官、サー・アレックス・ファーガソン氏がオールド・トラフォードで再び“赤い悪魔"の指揮を執ることになった。ユナイテッドの公式サイトは20日、同氏が6月4日に行われる元イングランド代表MFマイケル・キャリックのテスティモニアル(功労試合)でマンチェスター・ユナイテッド08チームの監督を務めると発表した。

▽2006年にトッテナムからユナイテッドに加入以降、公式戦446試合に出場するなど、同クラブの栄光を支えてきたキャリック。クラブはキャリックのこれまでの貢献に報いるため、先日に功労試合の開催を行うことを発表していた。

▽そして、マンチェスター・ユナイテッド08チームvsマイケル・キャリック・オールスターイレブンの対戦カードとなる今回の一戦では、2013年に監督業から引退したファーガソン氏が、マンチェスター・ユナイテッド08チームの指揮を執ることになった。

▽ファーガソン氏は、今回の発表を受けて、クラブ公式サイトで以下のようなコメントを残している。

「マイケルに功労試合の機会が与えられることについてはうれしく思う。おそらくマンチェスター・ユナイテッドはそれができるイングランドで唯一のクラブだろう。選手はこのクラブで長くプレーしたがるものだ。ここには、少しだけプレーしたらすぐ次のクラブへ行こう、などという腰掛け気分の選手はいない。私の時代にも、ほとんどの選手が10年以上在籍していた。そういった家族的なクラブであるということは、非常に誇れることだ。選手たちにとっても、ここに根を下ろしてがんばっていこうという励みになる」

「(この功労試合で計上した寄付金について)マイケルの考えを読んだ。素晴らしいことだ。自分の成功を、自らが立ち上げたチャリティ団体に寄付するという形で分かち合おうと考えている。大変価値のあることだ」

▽また、ファーガソン氏は自身の率いることになる2007-08シーズンにプレミアリーグ、チャンピオンズリーグの2冠を達成した伝説のチームに関しても言及している。

「欧州カップ戦に勝つことはファンタスティックだ。立派な姿勢で取り組む素晴らしい選手の集まりで、非常に強いチームだった。2008年の決勝戦のときは相当悩んだ。今でも後悔しているくらいだ。私はパク・チソンをメンバーから外した。彼はそれまで非常に素晴らしい働きをしてくれていたのにだ。決勝戦では常にこのような問題に悩まされる」

▽なお、ファーガソン氏が率いるマンチェスター・ユナイテッド08チームと対戦する、マイケル・キャリック・オールスターイレブンの監督は、ウェストハム時代の恩師であるハリ・レドナップ氏が務める。また、同チームではキャリックのイングランド代表の同僚であったスティーブン・ジェラード氏やフランク・ランパード氏など、錚々たるメンバーがプレーする予定だ。

コメント

関連ニュース

thumb

皇帝フェデラー、喜び爆発! ユナイテッド撃破のバーゼルを祝福

▽プロテニスプレーヤーのロジャー・フェデラーが、母国クラブを祝福した。 ▽スイスのバーゼルは22日、チャンピオンズリーグ(CL)グループA第5節でマンチェスター・ユナイテッドをホームに迎え、試合終盤の得点により1-0の勝利を手にした。この試合の前、ユナイテッドは既にグループ突破が決定済み。もう一つの椅子を争うCSKAモスクワがベンフィカに勝利し、勝ち点を9に伸ばしていたため、勝ち点6で並んでいたバーゼルも是が非でも勝ちたい一戦だった。 ▽そしてバーゼルは、劣勢の展開の中でもなんとか持ちこたえ続けると、89分にDFミヒャエル・ラングがゴール。これを守り切り、最終節前に2位をキープした(勝ち点が並んだ際は直接対決成績となるが、バーゼルはCSKAモスクワを上回っている)。 ▽スイス出身でテニス界の生きるレジェンドであるフェデラーもこの劇的展開に興奮したようで、自身のツイッターで、「信じられない瞬間だね、言葉で言い表せないよ! ワォ! おめでとう」と投稿。バーゼルの勝利を祝福した。 ▽バーゼルは、12月5日に行われる最終節でベンフィカとのアウェイ戦を迎える。今回の勝利を決勝トーナメント進出という形で結実させることができるか。 2017.11.23 18:03 Thu
twitterfacebook
thumb

獅子王イブラヒモビッチ、CLでの新記録を樹立

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(36)がチャンピオンズリーグ(CL)での新記録を樹立した。 ▽先日に右ヒザ前十字じん帯の損傷から約7カ月ぶりに戦線に復帰したイブラヒモビッチは、22日に行われたCLグループA第5節、アウェイでのバーゼル戦で74分から途中出場。ユナイテッド加入後初となるCL出場を果たしたイブラヒモビッチは、異なる7つのクラブでCLに出場した初めての選手となった。 ▽イブラヒモビッチはこれまで、アヤックス、ユベントス、インテル、バルセロナ、ミラン、パリ・サンジェルマン、そしてユナイテッドでCL経験。バルセロナやレアル・マドリーなど6つのクラブでCLに出場した元アルゼンチン代表FWハビエル・サビオラ氏を抑えて最多数となっている。 ▽ただ、これまでにイブラヒモビッチはCLでの優勝経験がない。自身を“ライオン”を称するイブラのCLに懸ける思いは強いものとみられ、決勝トーナメントからのパフォーマンスにも期待がかかる。 2017.11.23 13:47 Thu
twitterfacebook
thumb

豪華絢爛! ファン投票のUEFAベストイレブン候補50名が発表

▽欧州サッカー連盟(UEFA)は21日、「UEFAチーム・オブ・ザ・イヤー2017」の候補50名を発表した。 ▽ファン投票で決まるベストイレブン。今回はチャンピオンズリーグ史上初の連覇を達成したレアル・マドリーから最多11名がノミネートされている。 ▽全体でも、FWクリスティアーノ・ロナウドやFWリオネル・メッシのほか、MFケビン・デ・ブライネ、FWハリー・ケインら豪華な顔ぶれが並んだ。 ▽ノミネートされた候補50名は以下のとおり ◆「UEFAチーム・オブ・ザ・イヤー2017」候補50名 GK ジャンルイジ・ブッフォン(ユベントス) ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド) ケイロル・ナバス(レアル・マドリー) マヌエル・ノイアー(バイエルン) ヤン・オブラク(アトレティコ・マドリー) DF ダニエウ・アウベス(パリ・サンジェルマン)※昨季までユベントス所属 レオナルド・ボヌッチ(ミラン)※昨季までユベントス所属 ダニエル・カルバハル(レアル・マドリー) ジョルジョ・キエッリーニ(ユベントス) カミル・グリク(モナコ) ディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリー) ジョシュア・キミッヒ(バイエルン) マルセロ(レアル・マドリー) バンジャマン・メンディ(マンチェスター・シティ)※昨季までモナコ所属 トーマス・ムニエ(パリ・サンジェルマン) ジェラール・ピケ(バルセロナ) セルヒオ・ラモス(レアル・マドリー) アレックス・サンドロ(ユベントス) ダビンソン・サンチェス(トッテナム)※昨季までアヤックス所属 アントニオ・バレンシア(マンチェスター・ユナイテッド) MF デレ・アリ(トッテナム) マルコ・アセンシオ(レアル・マドリー) カゼミロ(レアル・マドリー) ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ) クリスティアン・エリクセン(トッテナム) ファビーニョ(モナコ) エデン・アザール(チェルシー) アンドレス・イニエスタ(バルセロナ) イスコ(レアル・マドリー) トニ・クロース(レアル・マドリー) ヘンリク・ムヒタリアン(マンチェスター・ユナイテッド) ルカ・モドリッチ(レアル・マドリー) ミラレム・ピャニッチ(ユベントス) ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド) サウール・ニゲス(アトレティコ・マドリー) FW セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ) ピエール=エメリク・オーバメヤン(ドルトムント) カリム・ベンゼマ(レアル・マドリー) エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン) パウロ・ディバラ(ユベントス) ラダメル・ファルカオ(モナコ) アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリー) ハリー・ケイン(トッテナム) ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン) キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)※昨季までモナコ所属 ドリエス・メルテンス(ナポリ) リオネル・メッシ(バルセロナ) ネイマール(パリ・サンジェルマン)※昨季までバルセロナ所属 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー) ルイス・スアレス(バルセロナ) 2017.11.23 10:00 Thu
twitterfacebook
thumb

劇的弾に沈んだユナイテッドの首位通過が持ち越し…勝利したバーゼル&CSKAが最終節に決勝T進出を争う《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)グループA第5節のバーゼルvsマンチェスター・ユナイテッドが22日にザンクト・ヤコブ・パルクで行われ、1-0でバーゼルが勝利した。 ▽前節、最下位のベンフィカ(勝ち点0)を撃破したグループA首位のユナイテッド(勝ち点12)は、引き分け以上でグループステージ首位通過が決まる。直近に行われたニューカッスル戦で、イブラヒモビッチとポグバが長期離脱から復帰したチームは、その試合からスタメンを大幅7人変更。招集外となったA・ヤングらに加え、ラッシュフォード、マティッチ、リンデロフがベンチスタートとなり、フェライニやリンガード、負傷明けのロホらが先発で起用された。 ▽3トップにリンデロフ、ルカク、マルシャルを起用した[4-3-3]で試合に臨んだユナイテッドは、12分に決定機。ポグバのスルーパスに抜け出したルカクが相手GKとの一対一を迎えるも、シュートはGKバシリクが右足でブロック。さらにセカンドボールを繋ぐユナイテッドは、ブリントの左クロスをファーサイドのフェライニが頭で合わせたが、これもゴール前に戻ったアカンジのクリアに防がれた。 ▽主導権を握るユナイテッドは、16分にブリントの右FKからフェライニがヘディングシュート。さらに31分には、ペナルティアーク手前で獲得したFKをポグバが直接狙ったが、ともに枠を捉えることができず。 ▽攻勢を続けるユナイテッドは42分、マルシャルの左クロスからフェライニが頭で合わせるも、これは右ポストに弾かれる。さらに45分、左CKのセカンドボールをバイタルエリア中央で拾ったロホが強烈なミドルシュートで狙うも、これはスヒーが頭でクリアしたボールがクロスバーを直撃した。 ▽ゴールレスで迎えた後半、先にチャンスを作ったのはユナイテッド。47分、ボックス左手前でボールを受けたマルシャルのクロスからルカクがヘディンシュートを放ったが、これはゴール左上に外れた。 ▽対するバーゼルは、ボックス外からのミドルシュートでゴールを狙うが、いずれもGKロメロのセーブに阻まれる。63分には、シュテフェンのミドルシュートをボックス内のオベルリンが触りシュートコースを変えたが、これもGKロメロの好セーブに阻まれた。 ▽なかなか先制点が奪えないユナイテッドは、64分にリンガードを下げてラッシュフォードを投入。さらに66分、ポグバを下げてマティッチ、74分にはマルシャルを下げてイブラヒモビッチをピッチに送り出した。 ▽しかし、後半の主導権を握るバーゼルは、77分にバイタルエリア手前でボールを受けたディエがロングシュートでユナイテッドゴールに迫る。すると89分、スルーパスをボックス左で受けたペトレッタのダイレクトクロスをファーサイドに走り込んだラングが流し込み、バーゼルが先制に成功した。 ▽結局、このゴールが決勝点となり試合は1-0で終了。ユナイテッドにグループステージ初黒星をつけたバーゼルは、最終節でグループステージ敗退の決定しているベンフィカと激突し、勝利すれば自力でのベスト16進出となる。 ▽また、同日に行われていた同グループのもう一試合、CSKAモスクワvsベンフィカは、13分にシェンニコフがゴールネットを揺らしたCSKAモスクワが先制。さらに56分にも、ヴィチーニョが追加点を奪い、2-0でCSKAモスクワが勝利した。この結果、CSKAモスクワがバーゼルと勝ち点9で並び、最終節ユナイテッド戦に決勝トーナメント進出の望みをつなげている。 2017.11.23 07:34 Thu
twitterfacebook
thumb

遂に復活したイブラ、バーゼル戦も出場確実に モウ「20〜25分ぐらいはプレー」

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチをバーゼル戦で起用することを明言した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽イブラヒモビッチは右ヒザ前十字じん帯の損傷により、当初は来年1月に復帰することが目されていた。そんな中、18日に行われたプレミアリーグ第12節のニューカッスル戦でベンチ入りを果たし、77分に途中出場。予定よりも2カ月以上も早い復帰に周囲を驚かせた。 ▽復帰したばかりのイブラヒモビッチは、22日に行われるチャンピオンズリーグ・グループA第5節のバーゼル戦の帯同メンバーにも選出。前日会見に出席したモウリーニョ監督は、イブラヒモビッチの先発復帰には慎重な姿勢を見せつつも、途中出場することを明らかにした。 「ズラタン(・イブラヒモビッチ)は、明日の試合でベンチに座る。彼はプレーする必要があり、チームに貢献してくれるだろう」 「もしリードしている状況ならば、ニューカッスル戦と同様にピッチで必要になる。彼はボールをキープして、ポゼッションを高めてくれる。下がってきてチームに安定を与えることもできる」 「もし、チームが勝っていない状況でも彼の存在はとても重要だ。(ロメル・)ルカクと共にプレーすることに対してはポジティブでいる」 「おそらくプレーはする。前回の試合よりももう少し長くプレーすることが彼にとっても快適だろう。前回は15分だけの出場だったが、今回は20分、もしくは25分プレーできると思っている。それでもまだ彼は先発するほどのコンディションではない」 2017.11.22 16:48 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース