右ヒザ負傷のMF長谷部誠の日本代表離脱が決定…19日にUAEでチームに合流も無念の離脱…《ロシアW杯アジア最終予選》2017.03.21 00:23 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本サッカー協会(JFA)は20日、フランクフルトMF長谷部誠が負傷のため、同日夜に日本代表を離脱することになったと発表した。なお、同選手の離脱に伴う代替選手の追加招集は行わないとのことだ。

▽長谷部は19日にロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選を控える日本代表に予定通り合流していたが、UAEのアル・アインで行われているチームの練習に参加することはなく、このまま途中離脱が決定した。

▽長谷部は11日に行われたブンデスリーガ第24節のバイエルン戦に先発出場した際、後半にトーマス・ミュラーのシュートをクリアした場面で左ポストへ激突。スネに6針縫合する裂傷を受け、途中交代していた。

▽その後、一度は練習に復帰した長谷部だったが、初回の診断より状態が悪く、16日にMRI検査を受け、17日からは練習を中止。クラブは長谷部のケガについてチームドクターと協議した結果、手術が必要と判断。来週中にヒザの手術を受けることが予定されている。

▽なお、日本はアジア最終予選5試合終了時点で、3勝1分け1敗の勝ち点10で首位のサウジアラビア代表に次ぐ2位に位置。今月23日にUAE代表のホームに乗り込み、28日に埼玉スタジアム2002でタイ代表を迎え撃つ。

コメント

関連ニュース

thumb

12歳以下の世界一はアルゼンチンを破ったメキシコに! 日本代表の柏U-12は13位で終える《ダノンネーションズカップ WORLD FINAL2017》

▽U-12の世界一を決めるFIFA公認の国際サッカー大会「ダノンネーションズカップ WORLD FINAL2017」は、現地時間9月24日(日)に決勝戦ならびに順位決定戦を行い、男子リーグではメキシコ代表がアルゼンチン代表を下し、7年ぶり2度目の優勝を果たした。日本代表として出場した柏レイソルU-12は13位で大会を終えた。 ▽決勝は、MLS(メジャーリーグ・サッカー)のニューヨーク・レッドブルズの本拠地スタジアム、レッドブル・アリーナにて開催。予選リーグから負けなしのアルゼンチンを相手にメキシコが10分で先制。終了間際にも追加点を奪い、2-0でメキシコが勝利した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/danon20170925_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽また、日本代表の柏レイソルU-12は、初日のグループリーグでベルギー、カナダ、ウルグアイと対戦し2位通過。ベスト8をかけた決勝トーナメント1回戦では、日本人監督が率いるインドネシアと対戦し1-2で敗戦。順位決定トーナメントに進んだ。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/danon20170925_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽順位決定トーナメントでは、初戦でフランスに1-2で敗戦。しかし、続くポルトガル戦では2-1と勝利。最終日の13位・14位位決定戦ではチュニジアと対戦し、2-0で勝利。13位で大会を終えた。 ▽また、今回からスタートした女子リーグは6カ国が参加。ブラジルvsカナダの決勝は2-2のまま試合終了。PK戦を制したブラジルが初代女王に輝いた。 ▽アンバサダーを務める元アメリカ女子代表のアビー・ワンバックさんは、次回大会より女子大会がスタートする日本チームとの思い出について聞かれると、「現役時代、私にとって日本は常にベストなチームの1つだった。ポテンシャルが高く、日本を倒すには、常にチーム一丸となって戦わなければならなかった。次世代の日本チームの活躍も楽しみにしています。」とコメントした。また、柏レイソルU-12の根引謙介監督、別府慧キャプテンも大会を振り返ってコメントしている。 <span style="font-weight:700;">◆根引謙介監督</span>(柏レイソルU-12) 「力を発揮できた部分、出しきれなかった部分も含めて、今の実力だと思う。チームとしてボールを動かすことや、コンビネーションの良さ見せることができたので、今後は、選手それぞれの課題としっかり向き合って、努力しつづけることを伝えていきたい」 <span style="font-weight:700;">◆別府慧キャプテン</span>(柏レイソルU-12) 「優勝を目指していたが、13位という成績で思い通りにはいかなかったが、最後の試合で勝つことができて良かった。世界を経験して、フィジカルやスピードなどの差を感じたことはあったが、日本らしいチームワークは通用できたので、自信にしていきたいです」 <span style="font-weight:700;">■柏レイソルU-12メンバー</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/danon20170925_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div>1.山口慶朗 2.別府慧 3.池端翔夢 4.吾妻蒼太 5.田村心太郎 6.関口雄士 7.伊達歩由登 8.浅川秀斗 9.須甲優理 10.青木空斗 11.平山京吾 12.村田侑 監督:根引謙介 <span style="font-weight:700;">■試合結果</span> 【予選リーグ】 ◆第1試合 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/danon20170925_1_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 日本(柏レイソルU-12) 3-0 ベルギー 【日本】 須甲優理(8分) 須甲優理(10分) 伊達歩由登(18分) ◆第2試合 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/danon20170925_1_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 日本(柏レイソルU-12) 1-3 カナダ 【日本】 池端翔夢(10分) ◆第3試合 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/danon20170925_1_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 日本(柏レイソルU-12) 1-1 ウルグアイ 【日本】 平山京吾(12分) 【決勝トーナメント】 ◆第1試合(ベスト16) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/danon20170925_1_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 日本(柏レイソルU-12) 1-2 インドネシア 【日本】 須甲優理(1分) 【順位決定トーナメント】 ◆第1試合 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/danon20170925_1_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 日本(柏レイソルU-12) 2-1 ポルトガル 【日本】 池端翔夢(1分) 青木空斗(3分) ◆第2試合 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/danon20170925_1_tw10.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 日本(柏レイソルU-12) 1-2 フランス 【日本】 平山京吾(14分) 【順位決定戦】 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/danon20170925_1_tw11.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 日本(柏レイソルU-12) 2-0 チュニジア 【日本】 須甲優理(2分) 須甲優理(3分) 2017.09.25 18:20 Mon
twitterfacebook
thumb

東アジアの覇権争いでJリーグ勢見極めへ ハリル「国内組を試す良い機会」《E-1サッカー選手権》

▽12月に日本で開幕するEAFF E-1 東アジアサッカー選手権2017(E-1サッカー選手権)の大会概要が発表された。 ▽会見に出席した日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、今大会を「選手を見極める大会」と、来年に開催されるロシア・ワールドカップに向けた国内組の選考の場として位置付け。勝利を前提としつつ、監督として自身2度目の参戦となる今大会を有意義に活用していく意向を示した。 ◆<span style="font-weight:700;">ヴァイッド・ハリルホジッチ監督</span>(日本代表) 「このトーナメントは、我々にとって本当に興味深いものになる。そして、最後に残るであろう選手を見極める大会となる。(ロシアW杯アジア)最終予選を突破した我々にとって、国内組を試す良い機会になる。本当に最後の最後までチームに残ることができるかどうか。そういった候補の選手を探す場として、この大会を位置付けたい」 「ただ、前大会を思い起こしてみると、色々良くない結果もあった。今回はより良い結果を目指したい。もちろん、我々の野心は、このトーナメントを勝つということ。中国ではほぼ練習できないまま臨んだ」 「確か(初戦の)1日前に(現地に)入ったかと思うが、1試合目は選手たちがかなり疲労していて、難しい試合だったと覚えている。次の2試合目からだんだん良くなっていった。今回は1週間の準備期間をもらっている。しっかり準備して、すべての試合で勝利したい」 「2つ目的がある。まず勝つこと。そして、選手の見極めだ。つまり、『A』というチームに残れるかどうか。12月に向けて、これからリストを作っていきたい」 ――開催国としてどのような試合を見せたいか 「大会への臨み方としては、現段階での良い選手をチョイスするということ。何人かの選手を見る良い機会だ。国内にいる選手にとっても良い機会になる。我々に見せつける場になる。ハイパフォーマンスでこの大会に臨んでもらいたい」 ――対戦する3カ国の印象について 「まだすべての国を掌握し切れていない。気になるのは中国が(マルチェロ・)リッピ監督に率いられているということ。北朝鮮と中国は国内組がほとんどなので、ベストメンバーに近いだろうが、韓国は海外組が多くを占めているので、我々と似た状況だ」 「ただ、韓国も国内に素晴らしい選手を抱えているので注意しないといけない。東アジアでベストといわれる国がそろっている。ハイパフォーマンスでないと勝利はできない。国内でやる大会なので、勝つトライをしないといけない」 「野心もあるし、サポーターの皆さんも我々を全員でサポートしてほしい。国内の選手には、W杯本大会に残るであろうメンバーの見極めになるので、本当に頑張ってほしい。選手が『僕を信頼してくれ』『僕を見てくれ』という状況で臨まなければ、私は選ばない」 2017.09.25 15:58 Mon
twitterfacebook
thumb

12月に東アジア王者を懸けた戦い…大会概要発表《E-1サッカー選手権》

▽12月に日本で開幕するEAFF E-1 東アジアサッカー選手権2017(E-1サッカー選手権)の大会概要が発表された。 ▽2003年の設立初年度から2年置きのスパンで開催されている同大会は、今大会からE-1サッカー選手権に名称変更。今大会は、男女それぞれホスト国の日本代表をはじめ、韓国代表、中国代表、北朝鮮代表が出場する。 ▽開催期間は、12月8日(金)〜16日(土)。会場は、男子が味の素スタジアム、女子が千葉市蘇我競技場(フクダ電子アリーナ)を使用する。レギュレーションは4チームの総当たり戦となる。マッチスケジュールは以下のとおり。 ◆男子 >>12/9(土) 《16:30》 韓国代表 vs 中国代表 《19:15》 日本代表 vs 北朝鮮代表 >>12/12(火) 《16:30》 北朝鮮代表 vs 韓国代表 《19:15》 日本代表 vs 中国代表 >>12/16(土) 《16:30》 中国代表 vs 北朝鮮代表 《19:15》 日本代表 vs 韓国代表 ◆女子 >>12/8(金) 《16:10》 中国代表 vs 北朝鮮代表 《18:55》 日本代表 vs 韓国代表 >>12/11(月) 《16:10》 北朝鮮代表 vs 韓国代表 《18:55》 日本代表 vs 中国代表 >>12/15(金) 《16:10》 韓国代表 vs 中国代表 《18:55》 日本代表 vs 北朝鮮代表 2017.09.25 15:30 Mon
twitterfacebook
thumb

リトルなでしこ、来年開催のU-17女子W杯出場決定! 中尾の決勝弾で中国を下してアジア3位に輝く!!《AFC U-16女子選手権》

▽U-16日本女子代表は23日、タイで開催中のAFC U-16女子選手権2017・3位決定戦でU-16中国女子代表と対戦し、1-0で勝利。この結果、来年開催されるFIFAU-17女子ワールドカップ(W杯) 2018の出場権を獲得した。 ▽準決勝でPK戦の末にU-16韓国女子代表に敗れた日本は3位を目指して、同じく準決勝でU-16北朝鮮代表に敗れたU-16中国女子代表と対戦。試合は立ち上がりから一進一退の攻防を繰り広げるも、互いに集中した守りを見せ試合はゴールレスのまま前半を終える。 ▽迎えた後半も細かなパスワークでチャンスを作る日本は55分、ハーフライン付近でボールを持ったFW田中智子(セレッソ大阪堺レディース)がFW大澤春花(ジェフレディースU-18)とのパス交換で持ち上がり、ボックス中央手前からシュート。このシュートは相手DFにブロックされるも、こぼれ球をMF中尾萌々(ジェフレディースU-18)が押し込んだ。 ▽追加点を狙う日本は77分、CKのこぼれ球を中尾がミドルシュートで狙うも、これは相手GKがセーブ。後半アディショナルタイムには中国にセットプレーのチャンスを与えるも、これを凌ぎ切り。日本が1-0で勝利。今大会3位を決めると同時に、来年開催されるFIFA・U-17女子ワールドカップ(W杯)2018の出場権を獲得した。 <span style="font-size:14px;">U-16日本女子代表 1-0 U-16中国女子代表 【日本】 中尾萌々(後10) 【日本メンバー】 GK:大場朱羽 DF:富岡千宙、松田紫野、後藤若葉、善積わらい MF:伊藤彩羅、木下桃香、中尾萌々、瀧澤千聖(→岩井蘭/後38) FW:大澤春花(→山本柚月/後29)、田中智子(→加藤もも後46)</span> 2017.09.24 15:07 Sun
twitterfacebook
thumb

【質疑応答】U-17日本代表を率いる森山佳郎監督「ファイナリストとして7試合経験させたい」《U-17ワールドカップ》

▽日本サッカー協会(JFA)は22日、10月6日から28日かけてインドで行われるFIFA U-17ワールドカップに臨むU-17日本代表メンバーを発表した。 ▽メンバー発表にあたり、U-17日本代表を率いる森山佳郎監督が質疑応答に応え、メンバー構成や対戦国、またU-20ワールドカップを経験しているFW久保建英(FC東京U-18)についても語った。 <span style="font-weight:700;">◆森山佳郎監督</span> <span style="font-weight:700;">──瀬古歩夢(セレッソ大阪U-18)が入らなかったことで、メンバーにユーティリティさが増えた印象だが</span> 「ずっと瀬古、小林(友希)というのを看板に、185cm超えのセンターバックということで将来的にも世界で戦って行けるぞということでした。おそらく、一番最初にJ1でデビューを果たすんじゃないかと思っていた瀬古がいなくなったことで、代わりというのは馬場(晴也)が1番手です」 「ただ、彼も1つ下で代表経験も少ないということで、経験のある監物(拓歩)と山﨑(大地)を連れて行きます。当然、菅原(由勢)も真ん中をやらなくてはいけない。そうなるとサイドバックが足りず、喜田(陽)がやるとか…。今度は右サイドの池髙(暢希)がケガをしたとなれば、サイドバックも足りないから鈴木(冬一)を左サイドバックに持って行こうかとか、小林も筋肉系のケガがちだとか、色々な状況を想定した中でメンバー選考をすることになりました」 「逆に、これまでの遠征ではフォワードとセンターバックは変わらないですが、1人2つぐらいはポジションを入れ替えたりして経験させていた部分もあるので、そういった部分ではすんなりやってくれるかなというイメージがあります」 <span style="font-weight:700;">──過去最高成績はベスト8ですが、監督は目標をどこに置くのか。また、直近のチェコでの大会で優勝しているが、直前の合宿ではどこを詰めたいか</span> 「選手には最後決勝のピッチに立つ、ファイナリストとして7試合経験させたいというのがあります。3試合で終わるのか、7試合世界の強豪と上位を争って経験することは、かけがえのない経験になると思います。若い年代の国際経験が何年か後に日本代表の力になるはずですし、それは一戦でも多く戦わせたいです」 「ファイナリストだ、優勝だと勝手に思っている選手が何人も居ると思いますが、一足飛びで登ろうとすると階段を踏み外してズッコケちゃいます。ファイナリストを目指そうとは言いますが、でも初戦が大事。グループを突破すること。大きな目標を置きながらも、一戦必勝でいかないと、どことやっても互角にやれる自信があっても、勝ち切れる確信は何もありません」 「グループもホンジュラスとかフランスとか強豪相手にどう転ぶかわからない。決勝トーナメントに進めば、すぐに優勝候補と当たるようにもなっています。とにかく一戦必勝でやっていきたいなと思います」 「事前合宿は、これまでやってきたことの確認と、トレーニングマッチです。最後のゲームは浜松大学にお願いしていますが、その前に練習の中で色々なシチュエーション。1人少ないとか、引いた相手とか、プレッシャーをかけてくる相手とか。あるいは、こっちも形を変えてなど、色々なオプションを試すトレーニングを高校のチームと手合わせすることを含めて、戦術的オプションと色々な状況設定の中でのゲームをやろうと考えています」 <span style="font-weight:700;">──対戦する3カ国についてどの様にみているか</span> 「ホンジュラスについては、結構試合によって形を変えたり、人の配置を変えたりして読みづらい部分はあります。前線の3枚は、かなり身体能力が高く、ソロで突破してくるようなグイグイくる相手なので、そういった選手にスペースを与えたり、突破されると厳しい戦いになると思います」 「アメリカと予選を戦って、北中米カリブ海で3位ですが、アメリカ戦を見ても、[5-4-1]でしっかり守って、サイドのスピードのある選手を使ってしたたかにカウンターを狙っています。引かれてなかなか崩せなくて、無理して行った時に一発カポーンとやられる可能性はあるので、そういったものを含めて準備しなくてはいけないと思います 「フランスについては、言うまでもないぐらいご存知だと思いますが、どの年代も、特に若い選手が次々に出てきます。(キリアン・)ムバッペとか世界的な若い選手が生まれてくる国です。当然、簡単な試合じゃないなというところです」 「2年前の15歳の時に1度対戦していますが、その時とはほとんどメンバーが変わっているようなので、まったく参考になりません。次々と新しい選手が出てきます。情報収集もありますが、1試合目を観られるというのもあるので、観た中でです。ただ、引いてとか、相手をリスペクトしてというのではなく、互角に殴り合う気持ちでやりたいなと思います」 「3戦目(ニューカレドニア)は、情報をあえて集めていないです。1戦目、2戦目で向こうに行ってからの情報でということです。変に先入観を持つのではなく、向こうに入ってからということを考えています」 「ただ、3戦目までにできれば勝ち点がある状態で臨みたいです。ただ、取らぬ狸の皮算用なので、初戦が重要ですし、2戦目も重要です。(6月の)インターナショナルドリームカップでも、初戦でオランダに負けましたが、逆転して優勝しました。(7月の)新潟での国際ユースサッカーでも初戦クロアチアに先制されて、苦しみながらなんとか追いついて1-1に持ち込んで、そこから1位となりました」 「初戦は重要であるけれども、初戦が必ずしも良い成績じゃなくても、まだ挽回できるということです。3戦トータルで勝ち上がる準備をしたいと思います。 <span style="font-weight:700;">──このチームの特徴は。また、久保建英(FC東京U-18)がチームに落とし込もうとしていることは</span> 「このU-17のチームは、発足当時から大人しい奴はいらない、戦えない奴はいらないと言っています。自分の良さを出せ、武器を出せといつも言ってきているので、色々なコンビネーションとかテクニック、個人戦術はありますが、ベースがしっかりできた中で、自分の持ち味を思う存分出してくれということで、この大会でも物怖じせず自分を披露して欲しいです」 「躍動感あるサッカーをしたいので、1人1人が躍動感を持ち、攻守に思い切りアグレッシブに仕掛けていくというか、そういったことは浸透していると思います。性格的にも関西の子も多く、放っておいたら、ミーティングでも「これどうだ?」と聞いたら、ワーワーと意見を言い出すので、今の子で考えたら少しやんちゃな子が多いのかなと。それもずっとこっちが要求しているので、何も意見がなければ来なくていいと思っています。自分を主張したり、主体的に行動したりします」 「最後彼らに求めているのは、自分たちで編み出せというか、監督要らないよというところまで行ってほしい。育成年代の監督なので、最終的には選手がそれぐらい自立してくれたら、サッカーIQの高い選手になってくれれば、僕は本当に必要ないと思います。そういったことはずっと要求してきていることです。全員ではないですが、主力を担う選手はかなり高いレベルでできるようになっていると思います」 「久保に関しては、明るくて、常に自分を出せる子です。選手の前でも悔しい思いをしたし、それをリベンジしたい。何もできなかったけど、自分のアシストがあったことで少しはプラスになれたというような色々な話をしてくれました。この大会に懸ける思いは強いと思います」 「U-20W杯が終わってすぐに、「どうするの?」と聞いたら、絶対に行きますと言いました。「どうしようかな」ぐらいであれば、上でやればいいかなと思っていましたが、彼はおそらく今大会で主役になってU-20のリベンジを果たしたい気持ちが強いと思います。ただ、1人で気負ってもしかたないですし、彼に負けないぐらいの将来性を持った子が多いので、それが最終的にチームのためのエネルギーに変わると思います。心配はしていません」 2017.09.22 19:30 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース