2冠達成で引退する大阪のFP奥田亘「最後にピッチに立てたことで何も言うことはない」《第22回全日本フットサル選手権》2017.03.20 23:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽20日に東京の国立代々木競技場第一体育館で、第22回全日本フットサル選手権決勝戦のフウガドールすみだ(Fリーグ/東京都)vsシュライカー大阪(Fリーグ/大阪府)が行われ、7-2で勝利した大阪が5大会ぶり3度目の優勝を果たしている。

▽シーズン2冠を達成し、今シーズン限りでの引退するFP奥田亘は試合後、囲み取材に応対。今シーズンと自身の引退後についてコメントしている。

◆FP奥田亘(シュライカー大阪)
――全て終わって今、どんな気持ちか
「やりきったなという嬉しさとこれで終わってしまう寂しさと一言では言えないような感じですけど、何よりもこのメンバーで優勝できたという嬉しい気持ちが一番強いです」

――試合後、笑顔で対応していたが
「意識的に泣かないようにしていました(笑) 試合の途中や試合が終わった瞬間とかは泣いてしまうかなと思ったんですけど、試合の前にもスタッフがモチベーションを上げるためのムービーを作ってくれて、ラストの試合というのもそうですし、シュライカーでスタートした時の思い出が出てきて、そういうのがあるとこみ上げるものがありました。控室で感極まってしまったんですけど、その時に小曽戸が『まだ早い。勝って泣いて終わりにしよう』というふうに声をかけられたので、そういう風に思っていたんですけど、一人一人の顔を見ていると抑えきれなくなって最終的に泣いてしまいました」

――今シーズンは出場機会も少なかった中でこの大会では出場機会があったが
「今大会の準決勝だったり、準々決勝では監督の頭の中にチームが3試合戦い抜くための負荷をかけすぎないことだとか、主力選手を休ませるというのがあって、なかなか出てなかったメンバーがピッチに立つということもあったと思います。そこらへんは、みんな役割がわかった中でやっていたので、ローテーションの中に入っていけないというのは今の自分の実力だと思っています」

「ただ、シーズン終盤にかけて自分のコンディションが上がってきたり、今日自分がピッチに立った中でのコンディションだったり、状態が良かったことを評価してくれて後半は声をかけてくれたと思うので、自分がピッチに出てそれがチームのプラスになるのであれば十分です。それに会場に来れなくても応援してくれている人がいるということはわかっているので、そういった人たちにプレーした姿を見てもらいたかったので、最後にピッチに立てたことで何も言うことはないです」

――今後について
「シュライカー大阪の下部組織に携わることと個人的にサッカーのチームを立ち上げたりとかしていて、育成年代からフットサルとサッカー両方をできるようにしたいと思っています。どうしても、サッカーだったらサッカーだけ、ちょっとスクールでフットサルとか、フットサルやる人はいますけど、人口は少ないですし、フットサルだけってなってもその子たちが中学生や高校生になったときにトップチームへという一本化がまだまだされていないので、そういったところも含めて進めていけたらいいなと思っています」

「一番は自分たちがやってきたサッカーであったり、フットサルとか関係なく、本当に両方に活かせるものだということを多くの人に知ってもらいたいです。まだ立ち上げて1年ですけど、多くのサッカーの指導者だったり、そういう関係者になった人と直接話をして、興味を持ってもらったりだとか、試合に来てもらったりというのはできているので、そういった活動が、これからどんどん広まっていってほしいなと思います。その中で、サッカー選手を選ぶのか、フットサル選手を選ぶのかというのを自分の意思で選べるような環境を作っていけたらいいなと思っています」

コメント

関連ニュース

thumb

府中が新設のアリーナ立川立飛で初勝利!!《DUARIG Fリーグ-AbemaTVシリーズ-》

▽22日にDUARIG Fリーグ2017/2018第23節の3試合が行われた。 ▽今シーズンからの試みとなる6クラブ共同開催が5回目を迎えた。新設のアリーナ立川立飛には、AbemaTV シリーズとして府中アスレティックFCをはじめ、ヴォスクオーレ仙台、フウガドールすみだ、湘南ベルマーレ、名古屋オーシャンズ、アグレミーナ浜松が集結した。 ▽第1試合のフウガドールすみだvs湘南ベルマーレは、3-2ですみだが勝利。第2試合のアグレミーナ浜松vs名古屋オーシャンズは3-0で名古屋が勝利し、最終試合の府中アスレティックFCvsヴォスクオーレ仙台は3-0で府中が勝利した。 ◆フウガドールすみだvs湘南ベルマーレ<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20171022_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽第1試合の関東ダービーは3分にFP栗本博生のゴールですみだが先制するも、その後は湘南が反撃。5分にFP内村俊太、FPロドリゴが連取して試合をひっくり返した。そのまま前半を終えると、後半開始早々にすみだはFP岡村康平のゴールで試合を振り出しに戻す。さらに28分にはFP清水和也が勝ち越しゴールを奪取。これが決勝点となり、すみだが打ち合いを制した。 ◆アグレミーナ浜松vs名古屋オーシャンズ<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20171022_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽第2試合の関東ダービーは開始23秒でFP平田ネトアントニオマサノリのゴールで名古屋が先制する。そのまま前半を終えると、後半は浜松がチャンスを作り出す場面も見受けられたが決定力速を露呈。逆に名古屋は24分、25分に西谷良介が連取するなど手堅い試合運びでこの連戦で勝ち点6を積み上げ首位独走態勢となった。 ◆府中アスレティックFCvsヴォスクオーレ仙台<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20171022_3_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽最終試合は前半から拮抗した展開となるが、17分にFP関尚登のミドルシュートが決まって府中が先制する。後半は仙台が多くのチャンスを作りながらもゴールを奪えないでいると、38分にFP渡邉知晃が追加点を奪取。さらに試合終了間際にも渡邉が加点し、府中が新設のアリーナ立川立飛でのホームゲームで初勝利を飾った。 2017.10.22 22:06 Sun
twitterfacebook
thumb

新設・アリーナ立川立飛でのホームゲームで府中が名古屋に大敗喫する《DUARIG Fリーグ-AbemaTVシリーズ-》

▽21日にDUARIG Fリーグ2017/2018第22節の3試合が行われた。 ▽今シーズンからの試みとなる6クラブ共同開催が5回目を迎えた。新設のアリーナ立川立飛には、AbemaTV シリーズとして府中アスレティックFCをはじめ、ヴォスクオーレ仙台、フウガドールすみだ、湘南ベルマーレ、名古屋オーシャンズ、アグレミーナ浜松が集結した。 ▽第1試合のヴォスクオーレ仙台vs湘南ベルマーレは、1-4で湘南ベルマーレが勝利。第2試合のフウガドールすみだvsアグレミーナ浜松は2-0ですみだが勝利し、最終試合の府中アスレティックFCvs名古屋オーシャンズは7-0と大差をつけて名古屋が勝利した。 ◆ヴォスクオーレ仙台vs湘南ベルマーレ<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20171021_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽第1試合は14分にセットプレーからFP堀内迪弥のゴールで仙台が先制する。しかし前半終了間際にFPロドリゴのゴールで同点とした。すると後半は湘南がゴールを重ねていく。23分、36分にFP刈込真人がネットを揺らすと、試合終了間際には仙台のパワープレーの隙をついてGKフィウーザもネットを揺らし、湘南が4-1で勝利した。 ◆フウガドールすみだvsアグレミーナ浜松<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20171021_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽第2試合はお互いに決定機を決めきれずにゴールレスで前半を終える。しかし後半、26分にFP岡山和馬のゴールですみだが試合を動かすと、35分にはオウンゴールからすみだが浜松を突き放す。終盤に浜松はパワープレーに出るが、ゴールを奪えないままに終了。すみだが4連勝を飾った。 ◆府中アスレティックFCvs名古屋オーシャンズ<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20171021_3_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽初日最終試合は大差がつく結果になった。新設のアリーナ立川立飛で初のホームゲームを迎えた府中だったが、3分にセットプレーからFPルイジーニョにネットを揺らされると、前半だけで3失点を喫した。後半も名古屋の攻撃陣が牙をむくと、21分にFPラファがこの日2点目を奪い、さらに2ゴールを奪取。39分にはルイジーニョがハットトリックとなるチーム7点目を奪い試合は終了。名古屋が府中に7発快勝を飾った。 2017.10.21 23:53 Sat
twitterfacebook
thumb

府中の日本代表FP渡邉知晃がリーグ記録の11試合連続ゴール!! 白熱の東京ダービーはドロー決着!!《DUARIG Fリーグ》

▽15日にDUARIG Fリーグ2017/2018第21節の4試合が行われた。 ▽バサジィ大分vsヴォスクオーレ仙台は2-1で仙台が、名古屋オーシャンズvs湘南ベルマーレは4-3で名古屋が勝利。エスポラーダ北海道vsバルドラール浦安は1-1、ペスカドーラ町田vs府中アスレティックFCは3-3のドローに終わった。 ◆バサジィ大分vsヴォスクオーレ仙台 ▽試合は6分、アウェイの仙台がFPアレックスのゴールで先制に成功する。一方、ホームの大分も16分にFP藤川朋樹がゴールを奪い、試合を振り出しに戻す。1-1の同点で試合を折り返すと、仙台のFP松木裕功が29分にゴールネットを揺らして勝ち越しに成功。このゴールを最後まで守り切った仙台が7試合ぶりの白星を飾り、最下位から10位に浮上した。 ◆エスポラーダ北海道vsバルドラール浦安 ▽試合は開始早々、アウェイの浦安にアクシデント。2分にFPディドゥダがレッドカードを提示されていきなり一人少ない状況を強いられる。するとこれを契機に攻勢を強めた北海道が3分にFP室田翔伍のゴールで先制に成功する。出鼻をくじかれた浦安は、反撃に出る。すると10分、FP中島孝が今シーズン初ゴールを記録して浦安が試合を振り出しに戻す。 ◆名古屋オーシャンズvs湘南ベルマーレ ▽試合は開始直後、湘南がFP内村俊太の電光石火のゴールで先制に成功すると、湘南は7分、14分と名古屋のオウンゴールを誘発して試合を一気に3-0にする。しかし、首位の名古屋がここから反撃。湘南が15分に第5ファウルを犯すと、18分に名古屋が第2PKを獲得し、キッカーのFP西谷良介が決めて1点を返す。さらに19分、FP酒井ラファエル良男がゴールを奪い、前半のうちに1点差に詰め寄る。3-2で迎えた後半、1点を追いかける名古屋が22分にPFラファがゴールを奪って試合を同点にすると、33分に吉川が逆転ゴールを決めて試合を引っくり返す。試合終盤、逆転を許した湘南はパワープレーを開始したが、最後までゴールは生まれずそのまま試合終了。3点差をひっくり返した首位の名古屋が連敗を阻止した。一方の湘南は連勝が「4」でストップしている。 ◆ペスカドーラ町田vs府中アスレティックFC<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20171015_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽今季2度目の東京ダービーは、12分にセットプレーの流れからFP室田祐希のゴールでホームの町田が先行する。そのまま前半を終えると、22分にはFP渡邉知晃がリーグ記録となる11試合連続ゴールで府中が試合を振り出しに戻した。その後は1点ずつを取り合い、迎えた36分にFP森岡薫の豪快なボレーシュートが突き刺さり、町田が3度目のリードを手にする。府中はすぐさまパワープレーに出ると、渡邉がハットトリックとなる3点目を奪取。ホームで負けられない町田がすぐさまパワープレーに入るが、そのまま終了を迎えダービーらしい激しい一戦は勝ち点を分け合う結果に終わった。 2017.10.15 21:32 Sun
twitterfacebook
thumb

浜松が大阪に競り勝ち10試合ぶり白星! 大阪は苦しい3連敗…《DUARIG Fリーグ》

▽14日に浜松アリーナでDUARIG Fリーグ2017/2018第21節のアグレミーナ浜松vsシュライカー大阪が行われ、4-3で浜松が勝利した。 ▽前節のデウソン神戸戦を1-1で引き分けて2戦連続ドロー中の浜松と、前節の湘南ベルマーレ戦を2-7で敗れて連敗を喫した大阪が激突した。試合は5分、ホームの浜松がオウンゴールで先制に成功する。さらに浜松は15分にFPフィネオ・アラウージョが追加点を奪い、昨季王者相手に2点リードして試合を折り返す。 ▽後半に入ると、大阪が猛反撃を見せる。22分にFPヴィニシウスが一点を返すと、23分にもFP小曽戸允哉がゴールネットを揺らして試合を振り出しに戻す。しかし、浜松はFP前鈍内マティアスエルナンが34分、35分と立て続けにゴールを奪い、試合を一気に4-2にする。このままでは終われない大阪は直後にパワープレーを開始し、FP小曽戸允哉が一点を返したが反撃はここまで。大阪に競り勝った浜松が10試合ぶり白星を飾った。 2017.10.14 23:01 Sat
twitterfacebook
thumb

ディドゥダの残り1秒弾で浦安が劇的逆転勝利で連勝! 6連敗の仙台は最下位転落《DUARIG Fリーグ》

▽9日にDUARIG Fリーグ2017/2018第20節の2試合が行われた。 ▽アグレミーナ浜松vsデウソン神戸は、1-1のドロー。ヴォスクオーレ仙台vsバルドラール浦安は、5-4で浦安が勝利した。 ◆アグレミーナ浜松vsデウソン神戸 ▽浜松アリーナで行われた一戦は、前半終盤の15分に浜松がピヴォ当てを受けたFPジョン・レノンが巧みな反転からGKとの一対一を迎えるが決めきることができない。するとこのピンチを凌いだ神戸が19分にカウンターからFP水田貴明がゴールネットを揺らす。1-0で神戸がリードしたまま迎えた後半終盤、攻勢を続ける浜松のFP山元優典がFPフィネオ・アラウージョとのパス交換から左足を振り抜いて試合を振り出しに戻す。その後も浜松が逆転を目指して相手ゴールに迫ったが、ゴールは生まれず試合終了。1-1の引き分けで勝ち点1を分け合った。 ◆ヴォスクオーレ仙台vsバルドラール浦安 ▽ゼビオアリーナ仙台で行われた一戦は7分、ボックス内でのハンドを誘発した仙台がFPノエのPKで先制する。先制を許した浦安も反撃。10分にFP荒牧太郎がゴールを決めて試合を振り出しに戻すと、12分にはFP石田健太郎が追加点を奪い、わずか2分間で逆転に成功する。しかし、仙台も一歩も引かない。直後、セットプレイからFPアレックスがゴールを決めて試合は再び同点に。さらに、FP南本晶がゴールネットを揺らしてついに仙台が逆転に成功する。後半に入ると試合は激しさを増し、23分に浦安のFP荒牧太郎、25分には仙台のFP堀内迪弥が1点ずつを取り合って試合は4-3に。後半終盤、このままでは終われない浦安がパワープレーを開始。すると38分にFP加藤竜馬のゴールで試合を振り出しに戻すと、逆転に向けて攻勢を続ける浦安は、FPディドゥダが試合終了1秒前にゴールネットを揺らして試合終了。土壇場のゴールで逆転勝利を収めた浦安が連勝。一方、6連敗を喫した仙台は最下位転落となった。 2017.10.09 20:06 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース