大会最優秀選手に輝いた大阪のFPアルトゥール「さらに発展していくということが重要」《第22回全日本フットサル選手権》2017.03.20 20:41 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽20日に東京の国立代々木競技場第一体育館で、第22回全日本フットサル選手権決勝戦のフウガドールすみだ(Fリーグ/東京都)vsシュライカー大阪(Fリーグ/大阪府)が行われ、7-2で勝利した大阪が5大会ぶり3度目の優勝を果たしている。

▽4得点を挙げ、大会最優秀選手にも輝いたFPアルトゥールは試合後、記者会見に出席。2冠達成に満足せず、発展していくことが重要だと述べている。また、今シーズン手を焼いたピヴォについてもコメントしている。

◆アルトゥール選手(シュライカー大阪)
――試合を振り返って
「僕はシュライカー大阪を助けるために、歴史を変えるために、リーグタイトルをとるためにという想いでブラジルからやってきました。なので、嬉しく思います。ただ、助けるためだけではなくて、フットサルというものがもっともっと発展して、プロチームが増えて、強いチームが増えていくというのも自分の役割だと思っています。今日も多くの方が来て、フットサルというスポーツを観て、さらに発展していくということが重要だと思います」

――2冠を達成したことについて
「2つのタイトルを獲れたということはパーフェクトなシーズンになったと思います。それには厳しいトレーニングを積んできたからこそだと思います。今日のゲームに関しても立ち上がりは0-2になって厳しい状況ではありましたが、一年を通して自分たちがやってきたことを継続してできたからこそだと思います。2つタイトルを獲ることができましたが、歴史を変えることや発展のために来たので、来年はまた最初にオーシャンカップがあり、AFCの大会もあるので、オフシーズンのスタートからしっかりとやっていきたいです」

――今シーズン、手を焼いたピヴォは
「皆さんが知っている通り、日本で一番のチームは名古屋オーシャンズがありますが、名古屋がファイナルにいないということは、すみだと町田といったチームのレベルが高いということです。素晴らしいチームです」

「個人で言えば森岡薫選手、シンビーニャ選手というのはすごく難しいですし、清水和也選手は若いですし、素晴らしいポテンシャルを持っているなと思います。あとは、昨年までチームメイトだった稲田瑞穂選手と相井忍選手は好きな選手です。セルジーニョ選手も素晴らしいです」

コメント

関連ニュース

thumb

浜松が新指揮官の初陣を白星で飾る!!《DUARIG Fリーグ》

▽28日にDUARIG Fリーグ2017/2018第25節の3試合が行われた。デウソン神戸vsヴォスクオーレ仙台は、2-1で仙台が勝利。府中アスレティックFCvsシュライカー大阪は4-1で府中が勝利し、バルドラール浦安vsアグレミーナ浜松は3-4で浜松が勝利した。 ◆デウソン神戸vsヴォスクオーレ仙台 ▽代表活動の影響で3週間ぶりのリーグ戦を迎えた。試合は開始早々の2分にFPマルロンのゴールで仙台が先制すると、さらに6分にもFPマルロンが追加点を奪取。仙台が2点のリードを得て試合を折り返した。ホームで負けられない神戸だが、なかなかゴールを割れず。試合終了間際にFP森洸がネットを揺らすが反撃はここまで。仙台が逃げ切り、白星を手にしている。 ◆府中アスレティックFCvsシュライカー大阪<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20171118_6_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽浦安市総合体育館で行われた浦安・府中共同開催の第一試合は4分にFPチアゴのゴールで大阪が先制する。しかし府中は15分にFP柴田祐輔、19分にFP内田隼太のゴールで逆転して試合を折り返した。迎えた後半、37分に柴田がこの日2点目を奪うと大阪はパワープレーに移行。しかし39分にはFP渡邉知晃が追加点を奪い、さらに試合終了間際にはGKに入っていた小曽戸允哉が2度目の警告で退場。試合はそのまま終了を迎え、府中が逆転勝利を飾った。 ◆バルドラール浦安vsアグレミーナ浜松<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20171118_6_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽浦安・府中共同開催の第二試合は、5分にFP石田健太郎のゴールで浦安が先制するも、12分にはFP松本行令のミドルシュートで浜松が追いついて前半を終える。後半も23分にFP野村啓介のゴールで浦安が先制するが、26分にはセットプレーからジョン・レノンのゴールで試合は2-2となる。すると29分、右CKからフィネオ・アラウージョのボレーシュートが決まって浜松がこの試合初めてリード。さらに34分にもフィネオ・アラウージョが追加点を奪った。しかし浜松は36分にフィネオ・アラウージョが退場となる。すると浦安は38分にFP星翔太がゴールを奪い、1点差に詰め寄るとさらにパワープレーで浜松を押し込む。しかし浜松も同点ゴールは許さず試合は終了。この試合から指揮を執った豊島明監督の初陣を白星で飾っている。 2017.11.18 22:17 Sat
twitterfacebook
thumb

フットサル日本代表がW杯王者アルゼンチンと激突!《国際親善試合》

▽日本サッカー協会(JFA)は7日、来年1月に予定されているフットサル日本代表の国際親善試合の対戦相手がアルゼンチン代表に決定したことを発表した。 ▽また、来年の2月に行われるAFCフットサル選手権 チャイニーズ・タイペイ 2018の大会期間の変更に伴い、来年1月31日に予定していた東京会場での試合を同25日に変更したことも併せて発表している。 ▽アルゼンチン代表は、昨年にコロンビアで行われたFIFAフットサルワールドカップの優勝国。日本代表は、来年1月25日に東京都の大田区総合体育館、同28日に富山県の富山市総合体育館で対戦する。キックオフ時間については現在調整中となっている。 ▽なお、今回の2試合が行われる両会場での日本代表戦の開催は初。富山市総合体育館での試合は、初めての富山県開催となる。 ◆第1戦 ▽2018年1月25日 《キックオフ時間は調整中》 日本代表 vs アルゼンチン代表 [大田区総合体育館] ◆第2戦 ▽2018年1月28日 《キックオフ時間は調整中》 日本代表 vs アルゼンチン代表 [富山市総合体育館] 2017.11.08 17:27 Wed
twitterfacebook
thumb

J1昇格を祝う10発の花火! 湘南が浜松に快勝!《DUARIG Fリーグ》

▽28日にDUARIG Fリーグ2017/2018第24節の5試合が行われた。 ◆湘南ベルマーレ 10-0 アグレミーナ浜松<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20171028_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽試合は立ち上がりから両者互角の戦いを見せる中、湘南が15分にFP鍛代元気がゴールネットを揺らすと、16分と18分にFP刈込真人が追加点を奪って前半だけで試合を3-0にする。迎えた後半、浜松は開始からパワープレーを織り交ぜて反撃を狙う。しかし、27分に湘南のFP刈込真人にパワープレー返しを許し、ハットトリックを達成される。このゴールで勢いに乗った湘南はここからゴールラッシュ。FP植松晃都、FPロドリゴ、FP内村俊太、FP高溝黎磨が立て続けにゴールを奪うと、終盤の2分間でFP近藤純也が2ゴールを決めて終わってみれば10-0。大量ゴールで2試合ぶり白星を飾った。 ◆バサジィ大分 0-4 ペスカドーラ町田 ▽試合は10分、アウェイの町田がFP中井健介のゴールで先制すると、直後にも中井健介がゴールネットを揺らし、2点のリードを奪う。試合を折り返すと後半、2-0で町田のまま推移して迎えた終盤、町田がカウンターから最後はFP室田祐希が押し込んだ。その後、このままでは終われない大分はパワープレーを開始。しかし、これに動じない町田がFP金山友紀のパワープレー返しでトドメを刺した。4-0で勝利した町田が2試合ぶりの白星を手にしテイル。 ◆バルドラール浦安 1-5 シュライカー大阪<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20171028_1_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽試合は立ち上がりから浦安がチャンスを作る中、次第に応戦し始めた大阪が7分にFPヴィニシウスのゴールで先制に成功する。さらに12分、FPヴィニシウスが追加点を奪って大阪が2-0でリードして試合を折り返す。迎えた後半、大阪は28分にFPヴィニシウスがハットトリックとなる3点目を記録。さらに攻撃の手を緩めない大阪は30分にFP佐藤亮、33分にFPチアゴがゴールに叩き込み、試合を5-0にする。終盤、浦安は試合終了残り11秒でFP永島俊のゴールで1点を返したがそのまま試合終了。5-1で勝利した大阪が3連勝を飾った。 ◆フウガドールすみだ 3-2 府中アスレティックFC<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20171028_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽関東勢対決となった試合は、立ち上がりから両者激しい攻防を繰り広げる。しかし、すみだが徐々に攻め手を見出して13分、FP岡山和馬が先制点を奪う。19分にもFPボラが追加点を奪ってすみだが2-0でリードして試合を折り返すと、府中が反撃。32分に得点ランキング首位を走るFP渡邉知晃がゴールネットを揺らして1点差に詰め寄る。ところが、同点を狙ってパワープレーに移行した府中を逆手にとり、すみだがFP清水和也のゴールで再び突き放す。直後、府中は渡邉がこの試合2点目を奪い再び1点差に。しかし、反撃はここまで。府中に競り勝ったすみだが6連勝を飾った。 ◆エスポラーダ北海道 2-4 ヴォスクオーレ仙台 ▽試合はいきなり動く。1分、FP堀内迪弥がゴールネットを揺らしてアウェイの仙台が先制に成功する。出鼻をくじかれた北海道だったが6分、仙台のオウンゴールを誘発して試合を振り出しに戻す。しかし、仙台は19分、FP内野脩麻が勝ち越しゴールを奪取する。後半、2-1で仙台リードのまま終盤を迎えると、32分にFPマルロンが貴重な追加点。34分に北海道のFP神敬治に1点を返されたが、38分にFPノエが2点差に広げるゴールを奪って試合終了。4-2で勝利した仙台が3試合ぶりの白星を飾った。 2017.10.28 22:30 Sat
twitterfacebook
thumb

名古屋が4連勝! 後半5ゴールで神戸を粉砕《DUARIG Fリーグ》

▽27日にDUARIG Fリーグ2017/2018第24節のデウソン神戸vs名古屋オーシャンズが行われ、2-5で名古屋が勝利した。 ▽前節シュライカー大阪に敗戦した神戸が、アグレミーナ浜松に勝利した名古屋を神戸市立中央体育館に迎えた一戦。試合は立ち上がりから攻勢に出る首位の名古屋の攻撃を耐え凌ぐ神戸が13分、FP稲田瑞穂のFKで先制に成功する。そのまま1-0で神戸がリードして試合を折り返す。 ▽迎えた後半、名古屋が猛反撃を見せる。22分、FP星龍太のゴールで同点に追いつくと、直後にFPヴァルチーニョがゴールネットを揺らして逆転に成功。24分にもFP吉川智貴、FPルイジーニョのゴールで試合を4-1にした名古屋は、30分にFP橋本優也のゴールで試合を決定づける。試合を一気に苦しくされた神戸は、試合終了間際にFP川那部遼が1点を返したが反撃はここまで。後半5発で逆転に成功した名古屋が4連勝を飾った。 2017.10.27 22:29 Fri
twitterfacebook
thumb

府中が新設のアリーナ立川立飛で初勝利!!《DUARIG Fリーグ-AbemaTVシリーズ-》

▽22日にDUARIG Fリーグ2017/2018第23節の3試合が行われた。 ▽今シーズンからの試みとなる6クラブ共同開催が5回目を迎えた。新設のアリーナ立川立飛には、AbemaTV シリーズとして府中アスレティックFCをはじめ、ヴォスクオーレ仙台、フウガドールすみだ、湘南ベルマーレ、名古屋オーシャンズ、アグレミーナ浜松が集結した。 ▽第1試合のフウガドールすみだvs湘南ベルマーレは、3-2ですみだが勝利。第2試合のアグレミーナ浜松vs名古屋オーシャンズは3-0で名古屋が勝利し、最終試合の府中アスレティックFCvsヴォスクオーレ仙台は3-0で府中が勝利した。 ◆フウガドールすみだvs湘南ベルマーレ<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20171022_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽第1試合の関東ダービーは3分にFP栗本博生のゴールですみだが先制するも、その後は湘南が反撃。5分にFP内村俊太、FPロドリゴが連取して試合をひっくり返した。そのまま前半を終えると、後半開始早々にすみだはFP岡村康平のゴールで試合を振り出しに戻す。さらに28分にはFP清水和也が勝ち越しゴールを奪取。これが決勝点となり、すみだが打ち合いを制した。 ◆アグレミーナ浜松vs名古屋オーシャンズ<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20171022_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽第2試合の関東ダービーは開始23秒でFP平田ネトアントニオマサノリのゴールで名古屋が先制する。そのまま前半を終えると、後半は浜松がチャンスを作り出す場面も見受けられたが決定力速を露呈。逆に名古屋は24分、25分に西谷良介が連取するなど手堅い試合運びでこの連戦で勝ち点6を積み上げ首位独走態勢となった。 ◆府中アスレティックFCvsヴォスクオーレ仙台<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20171022_3_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽最終試合は前半から拮抗した展開となるが、17分にFP関尚登のミドルシュートが決まって府中が先制する。後半は仙台が多くのチャンスを作りながらもゴールを奪えないでいると、38分にFP渡邉知晃が追加点を奪取。さらに試合終了間際にも渡邉が加点し、府中が新設のアリーナ立川立飛でのホームゲームで初勝利を飾った。 2017.10.22 22:06 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース