大会最優秀選手に輝いた大阪のFPアルトゥール「さらに発展していくということが重要」《第22回全日本フットサル選手権》2017.03.20 20:41 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽20日に東京の国立代々木競技場第一体育館で、第22回全日本フットサル選手権決勝戦のフウガドールすみだ(Fリーグ/東京都)vsシュライカー大阪(Fリーグ/大阪府)が行われ、7-2で勝利した大阪が5大会ぶり3度目の優勝を果たしている。

▽4得点を挙げ、大会最優秀選手にも輝いたFPアルトゥールは試合後、記者会見に出席。2冠達成に満足せず、発展していくことが重要だと述べている。また、今シーズン手を焼いたピヴォについてもコメントしている。

◆アルトゥール選手(シュライカー大阪)
――試合を振り返って
「僕はシュライカー大阪を助けるために、歴史を変えるために、リーグタイトルをとるためにという想いでブラジルからやってきました。なので、嬉しく思います。ただ、助けるためだけではなくて、フットサルというものがもっともっと発展して、プロチームが増えて、強いチームが増えていくというのも自分の役割だと思っています。今日も多くの方が来て、フットサルというスポーツを観て、さらに発展していくということが重要だと思います」

――2冠を達成したことについて
「2つのタイトルを獲れたということはパーフェクトなシーズンになったと思います。それには厳しいトレーニングを積んできたからこそだと思います。今日のゲームに関しても立ち上がりは0-2になって厳しい状況ではありましたが、一年を通して自分たちがやってきたことを継続してできたからこそだと思います。2つタイトルを獲ることができましたが、歴史を変えることや発展のために来たので、来年はまた最初にオーシャンカップがあり、AFCの大会もあるので、オフシーズンのスタートからしっかりとやっていきたいです」

――今シーズン、手を焼いたピヴォは
「皆さんが知っている通り、日本で一番のチームは名古屋オーシャンズがありますが、名古屋がファイナルにいないということは、すみだと町田といったチームのレベルが高いということです。素晴らしいチームです」

「個人で言えば森岡薫選手、シンビーニャ選手というのはすごく難しいですし、清水和也選手は若いですし、素晴らしいポテンシャルを持っているなと思います。あとは、昨年までチームメイトだった稲田瑞穂選手と相井忍選手は好きな選手です。セルジーニョ選手も素晴らしいです」

コメント

関連ニュース

thumb

町田が王者・大阪に快勝し、昨季のプレーオフファイナルの雪辱を晴らす!!《DUARIG Fリーグ》

▽20日にDUARIG Fリーグ2017/2018第11節の3試合が行われた。バルドラール浦安vsデウソン神戸は7-2で浦安が勝利。名古屋オーシャンズvsエスポラーダ北海道は9-4で名古屋が勝利し、ペスカドーラ町田vsシュライカー大阪は4-0で町田が勝利した。 ◆バルドラール浦安vsデウソン神戸<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170820_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽試合はホームの浦安が立ち上がりから攻勢を強めると、4分にFP永島俊が先制点を奪う。これで勢いに乗った浦安は8分にFP荒牧太郎、10分にFP野村啓介、11分にFP加藤竜馬がネットを揺らして、前半だけで4-0。後半に入ると反撃に転じる神戸が27分にFP森洸のゴールで一点を返すが、浦安のFP長坂拓海に決められ、またも引き離されてしまう。直後にパワープレーを開始した神戸は、34分にFP松宮充義が3点差に縮める。しかし、終盤にFP星翔太とFPディドゥダにパワープレー返しを決められてしまい試合終了。浦安が今シーズン初の3連勝を飾った。 ◆名古屋オーシャンズvsエスポラーダ北海道 ▽首位の名古屋と7位の北海道による一戦は乱打戦となる。開始1分にFP鈴木裕太郎のゴールで先制した北海道は、5分にFP八木聖人、7分にFP西谷良介の一発を浴びて名古屋にリードを許したが、勝ち越された直後にFP水上玄太が同点弾。その後も2度にわたって追いつく粘りを見せた北海道だったが、名古屋の攻撃陣を止められない。名古屋は30分以降、西谷の一発を皮切りに計5発で9-4の大量リードに成功。打ち合いを制した名古屋が6連勝を飾り、11戦無敗としている。 ◆ペスカドーラ町田vsシュライカー大阪<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170820_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽昨季のプレーオフファイナルで激突した両チームの一戦は、前半終了間際にFP室田祐希のゴールで町田が先制する。さらに27分にはFP森岡薫のゴールで町田が大阪を突き放す。大阪は試合終盤にパワープレーへと移行するが、36分にFP中井健介、40分にGKピレス・イゴールのパワープレー返しで町田が点差を広げて試合は終了。町田が王者・大阪に快勝した。 2017.08.20 21:20 Sun
twitterfacebook
thumb

得点ランキングトップの渡邉が意地の2ゴール!! 府中が湘南とのシーソーゲームをものにして府中市立総合体育館でのファイナルマッチに勝利!!《DUARIG Fリーグ》

▽19日ににDUARIG Fリーグ2017/2018第11節の府中アスレティックFCvs湘南ベルマーレが府中市立総合体育館で行われ、5-4で府中が勝利した。 ▽前節、ペスカドーラ町田との東京ダービーに敗れて開幕戦以来の黒星を喫した5位の府中(勝ち点20)が、シュライカー大阪に敗れて連勝が6で止まった2位の湘南(勝ち点24)を迎えた。 ▽2009年にFリーグに参入して以来、府中市立総合体育館をホームアリーナとして利用してきた府中。しかし今節がこのアリーナを使用できる最後の一戦となった。負けられない一戦を迎えた府中だったが、湘南が良い入りを見せると4分にFPロドリゴがネットを揺らす。しかし府中もそこから反撃を見せると、8分にFP柴田祐輔、16分に宮田義人のゴールで逆転。ところが好調・湘南も18分にロドリゴが同点ゴールを奪って試合を折り返した。 ▽後半も点の奪い合いとなると、3-4と府中のビハインドで迎えた38分、FP皆本晃をGKに置いたパワープレーに入ると、その直後、得点ランキングでトップに立つFP渡邉知晃が2ゴールを立て続けに奪う。追いかける展開となった湘南はすぐさまパワープレーに出るが、府中が逃げ切り試合は終了。ホームアリーナラストマッチで、府中が白星を飾った。 2017.08.19 21:45 Sat
twitterfacebook
thumb

好調・ボラが圧巻の4ゴール! 仙台を下したすみだが連勝!《DUARIG Fリーグ》

▽18日にDUARIG Fリーグ2017/2018第11節の2試合が行われた。フウガドールすみだvsヴォスクオーレ仙台は4-2ですみだ、アグレミーナ浜松vsバサジィ大分は3-0で浜松が勝利した。 ◆フウガドールすみだvsヴォスクオーレ仙台<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170818_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽この試合ですみだのFP宮崎曉とFP岡山和馬が通算出場数100試合を達成。試合はすみだが2分、FPボラがボックス手前から右足を振り抜いて先制点を奪う。先制を許した仙台も反撃。4分、ボックス右手前に持ち込んだFPノエのシュートのこぼれ球をFP堀内迪弥が押し込んだ。試合を振り出しに戻されたすみだは8分、FPボラがボックス手前からトゥーキックシュートを突き刺した。1点ビハインドで試合を折り返した仙台は22分、ボックス手前でFPマルロンが味方の落としをそのまま押し込み、再び同点とする。2度も追いつかれたすみだは29分、FP宮崎曉のパスを受けたFPボラがボックス手前での相手DFを背負ったキープからヒールシュート。これが相手DFとGKの意表を突いてそのままゴールに吸い込まれ、ハットトリックを達成した。勝ち越しに成功したすみだは37分にもFPボラが追加点を奪い、試合終了。FPボラの4発ですみだが連勝を飾った。 ◆アグレミーナ浜松vsバサジィ大分 ▽試合は互いに主導権を譲らず、拮抗した展開となる。そんな中、ホームの浜松が先制点を奪う。味方のCKを敵陣中央で受けたFP山桐正護がミドルシュートを突き刺した。1-0で試合を折り返すと、リードしている浜松が追加点。23分、FP前鈍内マティアスエルナンのシュート性のクロスをFP山元優典が飛び込んで、ゴールに押し込んだ。リードを2点に広げた浜松は33分、CKからパスを受けたFP前鈍内マティアスエルナンが強烈なミドルシュート。一度は相手GKに弾かれたが、こぼれ球をFP中村友亮がプッシュした。3点ビハインドの大分は36分にパワープレーを開始したが、一矢報いることもできず、そのまま試合終了。3発で快勝した浜松は連敗を「3」でストップ。対する大分は4連敗を喫した。 2017.08.19 01:16 Sat
twitterfacebook
thumb

U-25フットサル日本代表候補が発表!! 首位の名古屋からは八木ら4名が選出! 清水&植松のフル代表コンビも招集へ《トレーニングキャンプ》

▽日本サッカー協会(JFA)は15日、今月21日から名古屋で行われるU-25フットサル日本代表候補キャンプに臨むメンバー19名を発表した。 ▽今回のメンバーでは、Fリーグで首位を走る名古屋オーシャンズからFP八木聖人、FP橋本優也、FP齋藤功一、FP平田ネトアントニオマサノリの4人が選出。またフル代表としても活躍するフウガドールすみだのFP清水和也や湘南ベルマーレのFP植松晃都も選出されている。 ▽U-25フットサル日本代表候補は、21日に集合しトレーニングを開始。22日には2部トレーニングを行い、23日午前中まで合宿を行う。今回発表されたメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆U-25フットサル日本代表候補メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">三浦拓(エスポラーダ北海道)</span> <span style="font-weight:700;">矢澤大夢(フウガドールすみだ)</span> <span style="font-weight:700;">上原拓也(湘南ベルマーレ)</span> <span style="font-weight:700;">FP</span> <span style="font-weight:700;">松浦勇武(アグレミーナ浜松)</span> <span style="font-weight:700;">森村孝志(バサジィ大分)</span> <span style="font-weight:700;">田村佳翔(フウガドールすみだ)</span> <span style="font-weight:700;">田村友貴(シュライカー大阪)</span> <span style="font-weight:700;">室田祐希(ペスカドーラ町田)</span> <span style="font-weight:700;">堀内迪弥(ヴォスクオーレ仙台)</span> <span style="font-weight:700;">堀米将太(シュライカー大阪)</span> <span style="font-weight:700;">原辰介(ペスカドーラ町田)</span> <span style="font-weight:700;">八木聖人(名古屋オーシャンズ)</span> <span style="font-weight:700;">橋本優也(名古屋オーシャンズサテライト)</span> <span style="font-weight:700;">齋藤功一(名古屋オーシャンズ)</span> <span style="font-weight:700;">平田ネトアントニオマサノリ(名古屋オーシャンズサテライト)</span> <span style="font-weight:700;">大薗諒(フウガドールすみだ)</span> <span style="font-weight:700;">上村充哉(湘南ベルマーレ)</span> <span style="font-weight:700;">清水和也(フウガドールすみだ)</span> <span style="font-weight:700;">植松晃都(湘南ベルマーレ)</span> 2017.08.16 14:50 Wed
twitterfacebook
thumb

首位・名古屋、大量5発で大阪下し5連勝!《DUARIG Fリーグ》

▽11日にDUARIG Fリーグ2017/2018第7節のシュライカー大阪vs名古屋オーシャンズが岸和田市総合体育館で行われ、5-1で名古屋が勝利した。 ◆シュライカー大阪vs名古屋オーシャンズ ▽試合は序盤から互角の戦いを見せる中、名古屋が13分にFPルイジーニョのゴールで先制に成功。さらに、流れに乗る名古屋は18分、FP酒井ラファエル良男が追加点を奪うと、21分にFP吉川智貴が3点目を挙げ、大阪を突き放した。 ▽3点ビハインドの大阪は、31分にFP小曽戸允哉をゴレイロの位置に投入。パワープレーを開始するが、名古屋はFP西谷良介がダメ押しとなる4点目を取り、大阪の反撃ムードに水を刺した。その後、38分にFP今井翔のゴールで大阪に1点を返された名古屋だったが、最後はFPラファがトドメの5点目。大阪に5発快勝の首位・名古屋がリーグ戦5連勝を飾った。 2017.08.11 22:50 Fri
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース