デリー・シティの主将DFマクブライドが27歳で急死…前日のリーグ戦にもフル出場2017.03.20 18:47 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アイルランドリーグのデリー・シティに所属するDFライアン・マクブライドが、19日に自宅で死亡していたことが見つかった。27歳だった。

▽マクブライドは、デリー・シティの下部組織出身で2010年1月にトップチームへと昇格。チームではキャプテンを務め、リーグ戦通算130試合に出場し9得点を記録。ヨーロッパリーグ予選でも6試合に出場し1得点を記録していた。

▽今シーズンもここまでリーグ戦で4試合に出場。死亡する前日の18日に行われていたドロヘダ・ユナイテッドFC戦にもセンターバックとして出場していた。

▽また、アイルランドのプロ選手協会はツイッターでマクブライドの悲報について投稿。「我々は、メンバーであるデリー・シティのキャプテン、ライアン・マクブライドの逝去にショックを受けています。我々の考えは、彼の家族とともにあります」と追悼メッセージを送った。また、前日に対戦したドロヘダ・ユナイテッドFCもクラブ公式ツイッターにて「キャプテン、ライアン・マクブライドの突然の逝去に対し、デリー・シティに深い哀悼の意を表したい」とツイートしていた。

▽なお、イギリス『スカイ・スポーツ』によると死因は不明とのことだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ドーピング違反のディナモ・ザグレブMFアデミの出場停止処分が2年に軽減…今年10月に復帰へ

▽ドーピング違反により4年間の出場停止処分を下されていたディナモ・ザグレブの元マケドニア代表MFアリエン・アデミ(27)だが、処分が2年間に軽減されたとのことだ。クラブが公式サイトで発表した。 ▽アデミは2015年9月16日に行われたチャンピオンズリーグのアーセナル戦にフル出場。チームの2-1での勝利に貢献したが、試合後に行われたドーピング検査で陽性反応が出ていた。この結果、UEFAから4年間の出場停止処分を下されていた。 ▽しかし、スポーツ仲裁裁判所(CAS)は陽性反応に対して意図的な不正行為が見られなかったと判断。2年間の処分軽減が妥当であると判断したとのことだ。これにより、アデミは今年10月からプレーすることが可能となった。 ▽アデミは2010年7月にHNKシベニクからディナモ・ザグレブへと加入。2012年1月にNKロコモティヴァへとレンタル移籍するも、同6月にディナモ・ザグレブへと復帰しプレーを続けていた。ディナモ・ザグレブでは、公式戦164試合に出場し12得点を記録している。また、世代別のクロアチア代表に選出された経験を持ち、A代表はクロアチア代表として国際親善試合に3試合出場。しかし、2014年10月にマケドニア代表を選択し、ユーロ2016予選で4キャップを記録していた。 2017.03.28 11:15 Tue
twitterfacebook
thumb

中国移籍のエルナネスが飛行機トラブルに遭遇…インスタで人生への教訓を綴る

▽今冬にユベントスから中国スーパーリーグの河北華夏へと移籍したブラジル代表MFエルナネスが飛行機トラブルに見舞われていたことを自身のインスタグラム(hernanesoj)で明かした。その中で、ファンにメッセージを送っている。 ▽800万ユーロ(約9億7000万円)の移籍金と最大ボーナス200万ユーロ(約2億4000万円)で中国へと活躍の場を移したエルナネス。中国スーパーリーグではここまで2試合に出場している。 ▽そんなエルナネスだが、26日に自身のインスタグラムで空港でのセルフィーでの動画とともにメッセージを投稿。飛行機トラブルに遭っていたことを明かし、人生への教訓を綴った。 「何かを予感した。僕たちが飛行機に搭乗し、離陸のために加速し始めた瞬間、突然飛行機がブレーキをかけたんだ。パイロットからはライトが点灯したので、問題が起きたか誤作動でライトとが点いたのかを確認するとアナウンスがあった」 「整備士が点検した所、実際にはドアが故障していて、飛行機を変えなくてはいけなくなったと言われたんだ」 「人生の中でもこれは同じことだ。身体や気持ちに少しでも異変を感じたら、立ち止まろう!小さなサインがみんなの命を守ってくれる!」 2017.03.27 21:55 Mon
twitterfacebook
thumb

サンチェスが逮捕…法定オーバーの155キロ走行で運転免許没収

▽アーセナルに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェスが車のスピード違反で逮捕されたようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽報道によれば、サンチェスはロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選に臨むチリ代表合流で帰国中の25日、練習後に首都サンティアの法定速度120キロの高速道路を時速155キロで走行。運転免許を没収されたという。これにより、罰金も科された挙げ句、4月12日に裁判所出廷も命じられたとのことだ。 ▽チリは、24日に行われたロシアW杯南米予選の第13節でアルゼンチン代表に0-1で敗戦。続く28日にはベネズエラ代表戦を控えているが、契約延長交渉の難航が伝えられているアーセナルでの去就問題も含めて、いらぬ出来事に苛まれる格好となっている。 2017.03.27 14:30 Mon
twitterfacebook
thumb

クライファート氏が試合賭博でマフィアから1億円の借金…代理人は「犠牲者だ」と主張

▽かつてバルセロナやオランダ代表で活躍したパトリック・クライファート氏が、賭博のマフィアに借金を負っているようだ。スペイン『マルカ』がオランダ『デ・フォルクスクラント』の記事を伝えている。 ▽現在、パリ・サンジェルマンでスポーツ・ディレクターを務めるクライファート氏。報道によれば、トゥベンテのリザーブチームで指揮を執っていた2011-12シーズンに、当時は違法ではなかったもののトップチームの試合の賭けに参加。そこで負債が膨らみ、賭博ギャングから100万ユーロ(約1億2000万円)を借りたという。 ▽なお、今回の件についてクライファートの代理人は「我々は犠牲者だ」と主張。さらに、現在はマフィアと手を切って、試合への賭けからも足を洗っていると強調しているようだ。 2017.03.27 09:09 Mon
twitterfacebook
thumb

リオ五輪の日本戦でも審判員を務めたガーナ人審判が試合操作で永久資格停止処分

▽FIFA(国際サッカー連盟)は20日、ガーナ人審判のジョセフ・ランプテイ氏(42)に永久資格停止処分を科したと発表した。これにより、国内外のあらゆるサッカー関連活動に参加することが禁止される。 ▽FIFAによると、ランプテイ氏は昨年11月12日に行われたロシア・ワールドカップのアフリカ予選、南アフリカvsセネガルの試合で主審を務めていた。試合は2-1で南アフリカが勝利していたが、南アフリカの先制点となったPKはハンドをとられていたが、実際は手ではなく、ヒザにボールがあたっており、試合を操作したのではないかと疑われていた。 ▽なお、このランプテイ氏は昨夏に行われたリオ・デ・ジャネイロ五輪の日本vsコロンビアで第4審判を務めていた。 2017.03.21 18:40 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース