デリー・シティの主将DFマクブライドが27歳で急死…前日のリーグ戦にもフル出場2017.03.20 18:47 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アイルランドリーグのデリー・シティに所属するDFライアン・マクブライドが、19日に自宅で死亡していたことが見つかった。27歳だった。

▽マクブライドは、デリー・シティの下部組織出身で2010年1月にトップチームへと昇格。チームではキャプテンを務め、リーグ戦通算130試合に出場し9得点を記録。ヨーロッパリーグ予選でも6試合に出場し1得点を記録していた。

▽今シーズンもここまでリーグ戦で4試合に出場。死亡する前日の18日に行われていたドロヘダ・ユナイテッドFC戦にもセンターバックとして出場していた。

▽また、アイルランドのプロ選手協会はツイッターでマクブライドの悲報について投稿。「我々は、メンバーであるデリー・シティのキャプテン、ライアン・マクブライドの逝去にショックを受けています。我々の考えは、彼の家族とともにあります」と追悼メッセージを送った。また、前日に対戦したドロヘダ・ユナイテッドFCもクラブ公式ツイッターにて「キャプテン、ライアン・マクブライドの突然の逝去に対し、デリー・シティに深い哀悼の意を表したい」とツイートしていた。

▽なお、イギリス『スカイ・スポーツ』によると死因は不明とのことだ。

コメント

関連ニュース

thumb

アーセナル、ジルーやメルテザッカーら数名が食中毒に感染

▽アーセナルがチーム全体で食中毒に苦しんでいることがわかった。イギリス『デイリー・スター』が伝えている。 ▽アーセナルは、オーストラリアツアーを経て、中国に移動。先日、行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2017・中国ラウンドでバイエルンと対戦し、PK戦の末、アーセナルが勝利した。 ▽しかし、この試合ではFWオリヴィエ・ジルーやDFペア・メルテザッカーの欠場組に加えて、DFセヤド・コラシナツ、MFアーロン・ラムジー、FWセオ・ウォルコットの出場組も食中毒に侵されていたようだ。 ▽『デイリー・スター』が伝えたところによれば、アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督は、次のようにコメントしたという。 「我々は、キャンプ中にウイルスに感染した。医師は食中毒との見解を示している。メルテザッカーやジルー、コラシナツも病気だった」 「セオ・ウォルコットとアーロンも少し食中毒の症状が出ている。彼らがどの食べ物にあたったのかわからない」 2017.07.20 11:50 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド移籍のルカク、休暇先LAで逮捕 10月の出頭命令下る

▽今夏、エバートンからマンチェスター・ユナイテッドに移籍するベルギー代表FWロメル・ルカクが、休暇先で逮捕されていたことがわかった。イギリス『BBC』が報じた。 ▽今夏の去就に注目が集まったルカクに関しては8日、ユナイテッドがエバートンとの移籍合意を発表。しかし、伝えられるところによれば、その間にアメリカのロザンゼルスで騒動を起こしていたようだ。 ▽『BBC』によれば、ルカクは2日、ビバリーヒルズにある滞在先のマンションでパーティを開催したが、近隣住民による複数の騒音苦情で警察沙汰に。拘束なく、口頭注意を受けるにとどまったという。 ▽しかし、ルカクには出頭命令が下った模様。そのため、10月2日にロサンゼルスの裁判所に出頭するとみられている。 2017.07.09 08:30 Sun
twitterfacebook
thumb

MLSのサンノゼ・アースクウェイクスのブラジル人MFマテウス・シウバが水難事故で重体

▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のサンノゼ・アースクウェイクスは4日、ブラジル人MFマテウス・シウバ(20)が水難事故に遭い、重体であることを発表した。 ▽クラブの発表によると、マテウス・シウバはカリフォルニア州とネバダ州の間にあるタホ湖で水難事故に遭ったとのこと。人命救助措置を受け、タホ湖近くの病院に運ばれたとのことだ。その後、リノにあるリナウン・リージョナル・メディカル・センターに移送。重篤な状態とのことだ。 ▽マテウス・シウバは、2017年3月からUSL(ユナイテッド・サッカーリーグ)のレノFCへとレンタル移籍。ここまでリーグ戦2試合に出場していた。 2017.07.05 13:42 Wed
twitterfacebook
thumb

「ロシア代表のドーピング疑惑はねつ造」W杯組織委員長が否定

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)組織委員長のアレイクス・ソロキン氏がロシア代表の“ドーピング問題”を否定した。イギリス『BBC』が伝えた。 ▽6月24日付けのイギリス『デイリー・メール』の報道により、2014年ブラジルW杯に出場したロシア代表23名にドーピング疑惑が浮上。さらに、ブラジルW杯メンバーの他に11名のロシア人サッカー選手にも疑いがかかり、国際サッカー連盟(FIFA)が疑惑を事実だと認めた。そのうえ、オリンピックやパラリンピックの競技に関わる1000人以上のロシア人スポーツ選手が、国家ぐるみでドーピングを隠匿したとも糾弾されていた。 ▽『BBC』のインタビューに応じたソロキン氏は、このスキャンダルを真っ向から否定した。 「突拍子もないことだ。(ドーピング問題には)昔から心を注いでいた。言いがかりをつけられたが、潔白な検査結果がある。これが最も重要なことだ」 「我々は(ドーピング疑惑を)深刻な問題とは捉えていない。紙面で騒がれていることが不思議で仕方ない。信頼性の低い証拠に基づいて、不確かな憶測が持ち上がったんだ」 ▽最後に、ソロキン氏は「もし証拠があるなら、真実について話し合おう。証拠がなければ、フットボールの話をしよう」と付け加えた。 2017.07.03 20:33 Mon
twitterfacebook
thumb

“アルゼンチンの英雄”マラドーナ、メッシ結婚式にお呼びなし 「招待状はどこかでなくなったのかも」

▽バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは6月30日、地元アルゼンチンのロサリオでアントネラ・ロクソさんとの結婚式を行った。 ▽結婚式には、各界の著名人が勢揃い。バルセロナのチームメートであるFWネイマール、FWルイス・スアレス、DFジェラール・ピケのほか、チェルシーのMFセスク・ファブレガス、マンチェスター・シティのFWセルヒオ・アグエロらメッシと縁深い250人以上の招待客が参加したとみられている。 ▽しかし、『90min』によれば、その結婚式にお呼ばれしなかった人物がいるようだ。その人物とは、“アルゼンチンの英雄”ディエゴ・マラドーナ氏だ。現在、コンフェデレーションズカップ2017開催中のロシアに滞在するマラドーナ氏は、次のようにコメントしたという。 「メッシを祝福したい。彼は知っているはずだよ。私がどれだけ彼を愛しているのかね」 「私に宛てた結婚式への招待状は、どこかでなくなったのだろう。しかし、メッシに対する態度は変わらない。彼はアスリートとしても、男としても素晴らしいからね」 2017.07.02 13:50 Sun
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース