ピケ、メッシの結婚式に招待されず? 問題はピケの過去が生んだ亀裂か…2017.03.20 18:53 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナのスペイン代表DFジェラール・ピケだが、チームメイトのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの結婚式には招待されていないようだ。スペイン『エル・パイス』が報じた。

▽チームメイトとして長らくバルセロナを支えてきた両者。同じ下部組織出身であることも考えれば、メッシの結婚式に出席することは当然のこととも思われる。

▽『エル・パイス』によると、原因はピケとメッシの不仲が問題ではないとのこと。問題は互いのパートナーである、アントネッラ・ロクソさんとシャキーラの間にあるようだ。

▽ピケは、シャキーラとの間に2人の子供を授かっている。2010年の南アフリカ・ワールドカップ前に出会い、大会終了後から交際をスタートした。しかし、ピケにはスペイン人女優のヌリア・トマスというパートナーがおり、メッシのパートナーであるロクソさんとは友人だったとのこと。ロクソさんが友人からピケを奪ったシャキーラをよく思っていないとのことだ。

▽パートナーの不仲が、ピッチ上でのピケとメッシの間に亀裂を生んでいることは見受けられないものの、女性として許せない様子。招待されていないとは報じられたが、今年6月に予定されているメッシとロクソさんの挙式に大事なチームメイトでもあるピケの姿があるのかは注目だ。

コメント

関連ニュース

thumb

問題児バートンが賭博関与で18カ月の出場停止と3万ポンドの罰金

▽イングランドサッカー協会(FA)は26日、バーンリーの元イングランド代表MFジョーイ・バートン(34)に対し18カ月間の出場停止処分を下すことを発表した。バートンはこの期間全てのサッカー活動を禁止されることとなる。 ▽バートンは、2006年3月26日から2016年5月13日までの間、FAの規則で禁止されている賭博に関与したとのこと。1260回にわたってベッティングを行っていたとのこと。規律委員会はバートンに対して3万ポンド(約430万円)の罰金を科した。 ▽この処分を受けたバートンは自身の公式サイトで声明を発表。賭博を行っていたことを認めながらも、「制裁の厳しさにとても失望している」とコメント。「この決定は、僕がサッカーから早く引退することを強要している」と反論し、FAの処分に対して異議を唱えた。 「僕はプロサッカー選手に対するルールを破ったことは認めます。ただ、他に議論の余地がない選手にとって、処分が重いと感じています」 「僕はギャンブルの中毒と戦っており、自分の問題について医療報告をFAに提出しました。しかし、それが適切に考慮されなかったことに失望しています」 「FAがフットボールでのギャンブルに対する文化に真剣に取り組んでいるのであれば、賭けをする選手に対して責任を負わせるのではなく、サッカーやスポーツ放送における賭博関連企業の役割を調べる必要があると思います」 ▽また、バートンは自身のチームが関わる試合にも賭けていたことを明かしながらも、「プレーした全ての試合で、自身の全てを与えました」と綴り、自身のチームが負けると賭けた試合には「自分はその試合のメンバーには入っていない。プレーしていないし、ベンチにすら入っていない」と綴っている。また、「西インド諸島のダーツやスヌーカー、クリケットの試合に賭けていたことは、結果に影響を与える能力など持っていなかった」とし、サッカーの試合への賭博を認めながらも、八百長は行っていないと弁明した。 2017.04.26 22:52 Wed
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナファンがリスボンで死去…“リスボン・ダービー”直前のサポーターの衝突が原因か?

▽フィオレンティーナのファンが遠く離れたポルトガルのリスボンで命を落としたようだ。サポーター同士の衝突が原因と見られている。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽22日に行われる、スポルティング・リスボンvsベンフィカの“リスボン・ダービー”のため、ポルトガルを訪れていた41歳のフィオレンティーナファンが、21日の深夜に命を落としていた。警察が原因を調査している。 ▽この死を受け、スポルティング・リスボンがクラブを通じて声明を発表。ファンの死を悲しむとともに、事件にはクラブが関与していないと表明した。 「スポルティングは、昨夜の悲劇的な出来事に関し、とても残念に思うとともに、関与を否定します。」 「家族に対し、スポルティングは最も深い哀悼の意を表します」 ▽命を落としたフィオレンティーナファンは、長年スポルティングも応援しており、ダービーを観戦するためにリスボンを訪れていたとのこと。複数メディアによると、スタジアム付近でスポルティング・リスボンのファンとベンフィカのファンが衝突。そこから逃げ出す際に、車に轢かれてしまったとのことだ。 2017.04.22 21:30 Sat
twitterfacebook
thumb

珍事? プレミア昇格決定のブライトン守護神が背中で2ゴール…オウンゴール2つで敗戦

▽チャンピオンシップ(イングランド2部相当)で珍記録が生まれてしまった。ブライトン&ホーヴ・アルビオンのGKデイビッド・ストックデイルが2つのオウンゴールを記録してしまった。 ▽21日に行われたチャンピオンシップ第44節のノリッジvsブライトン。試合は2-0でノリッジが勝利したが、どちらのゴールもGKストックデイルのオウンゴールだった。 ▽まずは18分、ボックス手前正面からプリチャードが強烈なミドルシュート。これがクロスバーを叩くと、GKストックデイルの背中に当ってゴールラインを割る。 ▽さらに39分、再びボックス手前中央でパスを受けたプリチャードがミドルシュート。今度は右ポストを直撃するも、再びGKストックデイルの背中に当ってゴールラインを割り、2-0でノリッジが勝利した。 ▽ブライトンのクリス・ヒュートン監督は試合後にコメント。「見たことがない」と語り、GKストックデイルを擁護した。 「これまでに見たことがない。時々GKには起こることだが、通常は1試合で2回見ることはない」 「当然、デイビッドには何の責任もない。彼はセーブしようとし、ボールが彼の元に戻ってきただけだ」 「私が言えることは、選手たちがボックス付近でプリチャードにシュートを打たせてしまったことの罰を受けたということだ。ノリッジには高いクオリティがあり、それがトラブルを生んだということだよ」 ▽ブライトンは前節終了時点で来シーズンのプレミアリーグ昇格を決定。昇格に大きく貢献した守護神の珍事は誰も責めることはできない。 2017.04.22 13:15 Sat
twitterfacebook
thumb

淫行で服役中の元イングランド代表MFアダム・ジョンソンのビデオが流出…反省の色なしの問題発言を連発

▽15歳の少女と性的関係を持ち、6年の実刑判決を下された元イングランド代表MFアダム・ジョンソン(29)だが、衝撃のビデオが流出。事件の反省を全くしていない様子が映し出されていた。イギリス『サン』が報じた。 ▽ジョンソンは、2015年3月に15歳の少女との性行為および性行為を目的に未成年者を誘った1件で逮捕され、2016年3月にブラッドフォード刑事法院で行われた裁判で懲役6年の実刑判決を下されていた。 ▽ミドルズブラの下部組織出身のアダム・ジョンソンは、2005年に17歳でトップチームデビュー。その後、2010年にマンチェスター・シティに加入し、2011-12シーズンにはプレミアリーグ制覇に貢献。その後、2012年に加入したサンダーランドでも主力を担い、今シーズンはリーグ戦19試合に出場し、2ゴールを記録していた。また、イングランド代表では通算12試合に出場し、2ゴールを挙げていた。 ▽現在は刑務所で刑期を務めているアダム・ジョンソンだが、隠しカメラの前で仲間の収容者に「中国でプレーはできないのか? あまり良いことは聞かないけど行けるんじゃないのか?」と質問されると、復帰へのプランを明かした。 「僕は多くの可能性を海外に持っている。イングランドで2度目のチャンスをもらうことはできない」 「彼らはおせっかいな連中で『彼はあれをやったんだから、もうプレーはできない』と言うだろう」 ▽イングランド国内でのプレーを諦めているアダム・ジョンソン。しかし、このビデオではイングランドどころか、サッカー選手として復帰することを難しくする発言が収められている。 ▽アダム・ジョンソンは会話の中で「ここでの6年間、彼女を強姦したいと願うよ」と笑いながらコメント。自身が逮捕されたことへの反省の色を見せず、当時の状況を語った。 「ホームゲームに行くと、駐車場の車の前に毎試合彼女が居たんだ。タイトなジーンズに小さなシャツ、胸はほとんど出ていたよ。スカートはあまりなかった」 「試合が終わると、彼女はいつも写真をねだってきた。6カ月ぐらい続き、彼女が『サインしたユニフォームをもらえませんか?』と聞いてきたんだ。そこからSNSでの関係が始まった」 「僕は彼女を受け入れたし、彼女と話すようになった。何も知らなかったんだ。彼女は17か、18だと思ったね。2、3週間位話して、会うことになった。そして彼女にキスをしたんだ」 ▽当時の状況を鮮明に語る姿からは反省の色が見えず、むしろ反感を買ってしまうようなもの。刑期を終えると34歳になっているアダム・ジョンソンだが、イングランドのみならず国外でもプロサッカー選手としてプレーすることは難しいかもしれない。 2017.04.21 23:21 Fri
twitterfacebook
thumb

ドルトムントのチームバスを爆破した容疑者の身柄が拘束

▽ドイツ連邦検察庁は21日、11日にドルトムントのチームバスを爆破攻撃した容疑者を拘束したと発表した。イギリス『BBC』など複数メディアが一斉に報じた。 ▽拘束されたのは、ロシア人のセルゲイ・W容疑者。年齢は28歳で、ドルトムントのチームが宿泊していたホテルに泊まっていたとのことだ。 ▽犯行の動機は、チームの株価を下げるためとのこと。セルゲイ・W容疑者はトレーダーであり、ドルトムントの株価を下げて儲けを出そうとしていたとのことだ。 ▽ドルトムントは容疑者の身柄拘束について声明を発表。ハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOとラインハルト・ラウバル会長が共同で感謝を示した。 「連邦検事、連邦刑事局、ノルトライン=ヴェストファーレン州の警察により、徹底的な捜査が行われた。我々は感謝し、我々の選手たち、スタッフに対する卑怯な攻撃をした容疑者が捕まったことを願っています」 2017.04.21 19:43 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース