超ワールドサッカー

ピケ、メッシの結婚式に招待されず? 問題はピケの過去が生んだ亀裂か…2017.03.20 18:53 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナのスペイン代表DFジェラール・ピケだが、チームメイトのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの結婚式には招待されていないようだ。スペイン『エル・パイス』が報じた。

▽チームメイトとして長らくバルセロナを支えてきた両者。同じ下部組織出身であることも考えれば、メッシの結婚式に出席することは当然のこととも思われる。

▽『エル・パイス』によると、原因はピケとメッシの不仲が問題ではないとのこと。問題は互いのパートナーである、アントネッラ・ロクソさんとシャキーラの間にあるようだ。

▽ピケは、シャキーラとの間に2人の子供を授かっている。2010年の南アフリカ・ワールドカップ前に出会い、大会終了後から交際をスタートした。しかし、ピケにはスペイン人女優のヌリア・トマスというパートナーがおり、メッシのパートナーであるロクソさんとは友人だったとのこと。ロクソさんが友人からピケを奪ったシャキーラをよく思っていないとのことだ。

▽パートナーの不仲が、ピッチ上でのピケとメッシの間に亀裂を生んでいることは見受けられないものの、女性として許せない様子。招待されていないとは報じられたが、今年6月に予定されているメッシとロクソさんの挙式に大事なチームメイトでもあるピケの姿があるのかは注目だ。

コメント

関連ニュース

thumb

ポグバの移籍でユベントスに不正が発覚…FIFAの調査で明らかに

▽国際サッカー連盟(FIFA)は、昨年8月にユベントスからマンチェスター・ユナイテッドに移籍したフランス代表MFポール・ポグバの取引に関し、ユベントスに規律違反があったことを明らかにした。イギリス『BBC』など複数メディアが報じた。 ▽FIFAは、5月に史上最高額の8900万ポンド(当時のレートで約121億円)でユベントスからユナイテッドへと移籍したポグバに関して、両クラブに取引の明確化を求めていた。この結果、ユベントス側の違反が発覚し、懲戒手続きを開始するとのことだ。 ▽FIFAのスポークスマンは『ESPN』で「マンチェスター・ユナイテッドに対する懲戒処分はないことを確認している」とコメント。「ユベントスに対しては懲戒処分があることが確認された。手続きを進めている段階なので、これ以上のコメントはできない」と語り、ユベントスが処分されることを明かした。 ▽今回の件では、第三者の所有権の規則に抵触している可能性があるとのことで、不正に報酬を得ていたことが疑われている。 2017.06.21 11:37 Wed
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド、18億円の脱税容疑で7月31日に出廷へ

▽脱税容疑がかけられるレアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(32)の出廷日が決まったようだ。スペイン『アス』が報じている。 ▽伝えられるところによれば、出廷日は7月31日の現地時間11時。C・ロナウドに対しては、2011年から2014年にかけて、総額1470万ユーロ(約18億2000万円)にも及ぶ肖像権収入を不正申告した疑いがかけられている。 ▽そのC・ロナウドを巡っては、このたびの脱税疑惑の問題が引き金となり、クラブのサポート不十分として、今夏のレアル・マドリー退団を希望しているとみられている。今後もピッチ内外でトピックを飾ることになりそうだ。 2017.06.20 21:15 Tue
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、C・ロナウドに続き脱税の疑いで起訴

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督(54)が、脱税容疑でスペイン検察当局から起訴された。イギリス『BBC』など複数メディアが報じている。 ▽伝えられるところによれば、モウリーニョ監督は2011年から2012年の2年間にかけて、総額330万ポンド(約4億6000万円)を脱税。肖像権収入を不正申告した疑いがあるという。 ▽フットボール界では先日、1470万ユーロ(約18億2000万円)にも及ぶ脱税の疑いがあるとして、レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(32)も起訴されたばかりだ。 2017.06.20 20:55 Tue
twitterfacebook
thumb

ミランとの契約延長拒否のGKドンナルンマ、ライオラ氏が会見で真相を明かす

▽契約延長交渉を拒否したと報じられているミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマについて、代理人のミーノ・ライオラ氏が18日に会見を行った。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽18歳ながらミランの守護神を務め、イタリア代表でも将来の守護神になることが期待されているドンナルンマ。交渉を拒否した理由については、ミラン側が情報を漏えいさせ、交渉を急ぎすぎたとも報じられていた。 ▽ドンナルンマの退団報道を受け、ファンやサポーターが激怒。クラブ本部にはドンナルンマを批判するバナーが掲げられ、家族など周囲の人間にも嫌がらせが広がってしまっている状況だ。 ▽そんな中、ライオラ氏が今回の件について会見を実施。ミラン側に問題があったことを明かし、ドンナルンマの意見が変化していったことを明かした。 「当初、ジージョ(ジャンルイジ・ドンナルンマ)はミランと更新することを喜んでいた。それが彼の考えだった。そして、私は常にゼロ円で移籍することはないといってきた。なぜなら、彼は間違っていない。でも、色々な事があり、考えを変えた。そして、ミランが彼との契約延長を打ち切った」 「まず第一に、ミランはオフィスに掲げられているドンナルンマに対するバナーが掲示されている。ミランのようなクラブは、それを取り除くべきだった」 「それから、契約延長の交渉の際、ミランのリーダーの態度だ。彼らは我々を脅し、彼にプレーをさせないと言った。クラブが1人の選手との契約延長を望むならば、最善の策であるとは思えない」 「ミラベリSDとは感情が合わない。我々は完全に異なる波長だよ。経営者としての態度には同調できない。彼がしているのはモラルハラスメントだ」 「他のチームとはまだ話をしていない。我々は何の合意もしていない。我々はジージョのために新たなチームをすぐに見つけることはできない」 2017.06.19 13:08 Mon
twitterfacebook
thumb

マルディーニ氏が49歳でプロテニスデビュー! ワイルドカードでダブルスに出場

▽ミランのレジェンドであり、イタリア代表としても活躍したパオロ・マルディーニ氏がプロテニスプレーヤーとしてデビューするようだ。『ESPN』が報じた。 ▽マルディーニ氏は今月26日、49歳の誕生日を迎えるが、サッカーだけでなくテニスでも高い才能を見出したようだ。 ▽マルディーニ氏は、ミラノのアスプリア・ハーバー・クラブでアスプリア・テニスカップのワイルドカード(主催者推薦)を獲得したとのこと。元プロテニスプレーヤーのステファノ・ランドニオ氏(45)とダブルスに出場するようだ。 ▽マルディーニ氏のコーチを務めるランドニオ氏は「パオロは正確なショットに加え、良いサーブで才能を発揮している。ボレーも改善されているし。特別な部分で目を引くことはできないかもしれないが、いずれの弱点もない」とウェブサイト『テニス・イタリアーノ』に語った。 ▽また、「彼は5〜6年前にプレーを始めたばかりなので、技術面ではいくつか欠点がある」とコメント。「彼のバックグラウンドを考えれば、精神的にも体力的にも強さを持っており、微妙な状況でも精神的に苦しむことはない」と、長年トップクラスのサッカーを経験していたマルディーニ氏のメンタル面を称賛した。 ▽サッカー選手としてはミラン一筋で、チャンピオンズリーグで5回、セリエAで7回優勝するなど、26個のタイトルを獲得し、世界最高の左サイドバックとして長らく活躍した。テニスの腕前はどれほどのものなのだろうか。 2017.06.18 23:09 Sun
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース