ヴェンゲル、来季も続投か…WBA指揮官が証言2017.03.20 17:45 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督(67)は、来シーズンもエミレーツ・スタジアムのテクニカルエリアで選手に指示を送っているのかもしれない。イギリス『サン』が伝えている。

▽ヴェンゲル監督の去就問題に揺れるアーセナルは、18日に敵地で行われたプレミアリーグ第29節でWBAに1-3で敗れ、直近の公式戦5試合で4つ目の黒星を喫した。試合後会見ではヴェンゲル監督から去就決断済みとのコメントが飛び出したことから、退任との見方が強まっていたが、どうやら違うようだ。

▽WBAを率いるトニー・ピュリス監督は、18日のアーセナル戦でやり取りしたヴェンゲル監督との会話の中で続投の意思を確認したことを明かした。

「彼が出て行ったら驚くよ。なぜなら、彼は私に(続投を)話してくれたのだから」

コメント

関連ニュース

thumb

レノに続くGK補強か アーセナルがゾンマー獲得交渉

▽新シーズンからアーセナルを率いるウナイ・エメリ監督は、さらなるGK補強に動いているようだ。イギリス『エクスプレス』が伝えた。 ▽22年間のアーセン・ヴェンゲル体制に終止符を打ったアーセナル。今夏、レバークーゼンからドイツ代表GKベルント・レノ(26)を獲得した。 ▽しかし、エメリ監督は依然、ボルシアMGに所属するスイス代表ヤン・ゾンマー(29)の獲得にも向かっている模様だ。 ▽そのアーセナルは、バルセロナも関心を寄せているとされるゾンマー獲得に向け、先進的な交渉に開始したという。 ▽スイス代表としてロシア・ワールドカップを戦ったゾンマーは、2014年からボルシアMGでプレー。2017-18シーズンは公式戦33試合に出場した。 2018.07.22 11:35 Sun
twitterfacebook
thumb

「22億円ならバーゲン」退団濃厚のウェルベック、争奪戦に発展か…アーセナルOBが予想

元アーセナルのレイ・パーラー氏は、今夏に放出されることが濃厚なダニー・ウェルベックを多くのクラブが注視するだろうと話した。<br><br>今夏に就任したウナイ・エメリ監督の下、新戦力獲得に向けて資金を調達する必要のあるアーセナルは、数名の選手の放出を検討。その中の1人に長く負傷に苦しみ、出場機会が限定的なウェルベックが含まれていると考えられている。<br><br>戦力を刷新する可能性が高まる中、現役時代にアーセナルでプレーしたパーラー氏は、ウェルベックの退団に関してイギリス『トーク・スポーツ』で「彼は27歳で、本来ならピークに達しているべきときだ。レギュラーで出場することが必要だが、アーセナルでは多くの選手が彼よりも優先して試合に出ているから彼自身はスタメンでのプレーを望んでるだろう」と理解を示した。<br><br>「今は移籍金が高騰し、素晴らしい選手でなくても5000万ポンド(約73億円)+&alpha;が掛かるが、今なら彼の獲得は1500万ポンド(約22億円)程度であり、これをチャンスだと考えるべきだ。ロッカールームでも模範的な振る舞いができる選手で、何よりもエネルギッシュだ。彼はチームに多くをもたらせるから非常に多くのクラブが彼の獲得に乗り出すと思っている」<br><br>2014年にマンチェスター・ユナイテッドから加入したウェルベックは、アーセナルでの4シーズンで112試合に出場し、27ゴールを記録。17-18シーズンは途中出場が多かったものの公式戦43試合でピッチに立っている。<br><br>放出のうわさが絶えないウェルベックは、今夏新天地を求めることになるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.07.22 11:30 Sun
twitterfacebook
thumb

エメリ・ガナーズ、ユーベの新進気鋭ドリブラーに117億準備?

▽アーセナルがユベントスに所属するブラジル代表MFドグラス・コスタ(27)に目を光らせているようだ。イタリア『カルチョメルカート』がイングランドのレポートを情報源に報じた。 ▽卓越したドリブルスキルが魅力のドグラス・コスタ。ウナイ・エメリ新体制を発足したアーセナルは、ブラジル代表でのパフォーマンスに感銘を受け、より関心を強めている模様。移籍金9000万ユーロ(約117億5000万円)を準備しているという。 ▽だが、ドグラス・コスタはマッシミリアーノ・アッレグリ監督のお気に入り選手。そのため、アーセナルが獲得に動いたとしても、オペレーションは困難を極める様相だ。 2018.07.22 09:45 Sun
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ツアー不帯同のバルサMFアンドレ・ゴメスに注目?

▽アーセナルが、バルセロナに所属するポルトガル代表MFアンドレ・ゴメス(24)の獲得に動く可能性があるようだ。スペイン『アス』が伝えている。 ▽2016年夏にバレンシアから加入したアンドレ・ゴメスは2016-17シーズンは途中出場が多くもリーグ戦30試合に出場した。しかし、17-18シーズンはエルネスト・バルベルデ監督の信頼を得ることが出来ず、リーグ戦出場は16試合にとどまった。 ▽伝えられるところによると、アーセナルのウナイ・エメリ新監督は、アンドレ・ゴメスに興味。すでに数週間にわたって調査しており、正式なオファーを提示することを画策しているようだ。 ▽『フットボール・エスパーニャ』によるとアンドレ・ゴメスは7月24日から予定されているアメリカツアーのメンバーに含まれていないようで、今夏での退団が確実視されている。 ▽ウナイ・エメリ新体制を迎えるアーセナルはこれまで、スイス代表DFシュテファン・リヒトシュタイナー、ドイツ代表GKベルント・レノ、ギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロス、ウルグアイ代表MFルーカス・トレイ、U-20フランス代表MFマッテオ・グエンドウジと次々と新戦力を獲得している。『フットボール・エスパーニャ』によるとバルセロナはアンドレ・ゴメスの放出へ2000万ユーロ(約26億円)要求しているというが、果たして移籍は実現するだろうか。 2018.07.21 20:30 Sat
twitterfacebook
thumb

17年在籍のアーセナルを退団したウィルシャー、ウェストハム移籍の理由とは?

ウェストハム・ユナイテッドのMFジャック・ウィルシャーは、移籍を決めた経緯などについて話した。<br><br>幼少時代からアーセナルで過ごし、若くしてファーストチームデビューを果たすなど将来を嘱望されていたウィルシャーだが、ケガによりその大半のキャリアを棒に振った。2016-17シーズンは再起を懸けてローンでチームを離れると、2017-18シーズンにはアーセナルで復調。しかし今夏、同選手はアーセナルを離れる決断を下し、ウェストハムへと移籍した。<br><br>イギリス『インディペンデント』に対して、ウィルシャーはウェストハムへの移籍について「しばらくの間考えて、退団の決意を固め、ここに来ることを決めた」と振り返った。<br><br>ワールドカップのメンバーには落選したものの、イングランド代表でも多くの試合に出場したウィルシャーに対していくつものクラブが獲得に興味。最終的にウェストハムがこの争奪戦に勝利したが、この移籍を決断した決め手についても明かした。<br><br>「子供のころからアップトン・パークに足を運び、多くの選手を尊敬しながら育ってきたからウェストハムとは絆があった。もちろん、海外に行くのかイングランドに残るのか僕は選択しなければならなかったが、交渉の席に着いたとき、全てがはっきりした」<br><br>「彼らは真の野心を持ち、ビッグスタジアムで素晴らしいサポーターの前でプレーしている。これからも僕たちは何か特別なことを築き上げられるんじゃないかと考えている。チームの結びつきも強いため、先を目指す僕たちの強みになるはずだ」<br><br>また、同選手はケガに泣かされた過去についても口を開いた。<br><br>「以前は難しかった。でも、この2年間は良い状態を続けられている。ボーンマスで最高の時間を過ごした。あのレベルでプレーできることを証明することだけを考えていた。そして、アーセナルに戻ってからもポジション確保のために戦い、30試合以上に出場した」<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.20 23:05 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース