ヴェンゲル、来季も続投か…WBA指揮官が証言2017.03.20 17:45 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督(67)は、来シーズンもエミレーツ・スタジアムのテクニカルエリアで選手に指示を送っているのかもしれない。イギリス『サン』が伝えている。

▽ヴェンゲル監督の去就問題に揺れるアーセナルは、18日に敵地で行われたプレミアリーグ第29節でWBAに1-3で敗れ、直近の公式戦5試合で4つ目の黒星を喫した。試合後会見ではヴェンゲル監督から去就決断済みとのコメントが飛び出したことから、退任との見方が強まっていたが、どうやら違うようだ。

▽WBAを率いるトニー・ピュリス監督は、18日のアーセナル戦でやり取りしたヴェンゲル監督との会話の中で続投の意思を確認したことを明かした。

「彼が出て行ったら驚くよ。なぜなら、彼は私に(続投を)話してくれたのだから」

コメント

関連ニュース

thumb

規律違反続くオーバメヤンは移籍すべき?地元記者が放出を推奨「もう我慢の限界だ」

アーセナルからの関心が伝えられるドルトムントFWピエール=エメリク・オーバメヤンについて、ドイツメディア『Bild』のヘニング・ファイント記者は移籍するのが最善との見解を示している。<br><br>今冬の移籍市場で、アレクシス・サンチェスのマンチェスター・ユナイテッド移籍が濃厚となっているアーセナルは、エースの代役探しに奔走している。その候補の1人として、オーバメヤンをリストアップしていると伝えられており、ドルトムントに6000万ユーロ(約81億円)という移籍金を提示して獲得を目指しているという。<br><br>そんな中、『Bild』のファイント記者は、ドルトムントにとってガボン代表ストライカーを放出することが最善の策だとの見解を示している。<br><br>オーバメヤンは、13日に参加が義務付けられていたチームミーティングを無断欠席し、クラブから規律違反のため制裁処分を受けている。これにより、翌日のヴォルフスブルク戦では欠場となり、ドルトムントは3度目となるオーバメヤンの規律違反を重く考えているという。ファイント記者は、これらの行為で監督やクラブの信頼を失ってしまったと綴っている。<br><br>「ペーター・シュテーガー監督は、オーバを残したいと考えている。しかし、彼は監督らと握手をかわすのではなく、その期待をすべて裏切った。ファンのお気に入りだが、彼はすべての同情を失い、クラブももう我慢の限界だ。&ldquo;エゴメヤン&rdquo;は(昨夏無断で練習を欠席し続けバルセロナへ移籍した)ウスマン・デンベレに続き、クラブがプレー意欲のないスター選手に対しいかに無力であるか示す好例だ」<br><br>そして、「ファンの愛情を獲得できない」とし、高額で売却できるうちに放出するべきだとの見解を示している。<br><br>「可能な限り高額で放出するべきだろう。新天地でオーバが幸せになれるかはわからない。しかし、この移籍で彼はファンの愛情と感謝を得ることはできないだろう。オーバは自身の行いで両方を失ってしまった」<br><br>これまで何度となく移籍希望ともとれる発言をしてきたオーバメヤン。果たして、今冬ついにドルトムントを離れることになるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.18 08:20 Thu
twitterfacebook
thumb

エバートン、ウォルコット獲得を発表! クラブ在籍12年でアーセナルに別れ

▽エバートンは17日、アーセナルからイングランド代表FWセオ・ウォルコット(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの3年半となる。 ▽なお、移籍金は公表されていないが、イギリス『スカイ・スポーツ』は2000万ポンド(約30億5000万円)と推定。また、背番号はオリンピアコスにレンタル移籍したベルギー代表FWケビン・ミララスが着用していた11番を着用する見込みだ。 ▽アーセナルを離れてエバートン加入を決断したウォルコットは、クラブ公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「僕はとても野心的で、このクラブを次のレベルに押し上げるためにここに来た」 「ここで新たな章を始められることに興奮しているし、ここが自分にとって正しい場所だと感じているよ」 「エバートンは素晴らしい歴史を持っており、サポーターはいつも情熱的で素晴らしいね。僕はこれまで対戦相手として、ここでプレーしたときはいつも厳しいプレーを強いられていたよ」 「これまでクラブはトロフィーを獲得してきたけど、僕はこれから新たなトロフィーを獲得したい。監督もトロフィーに飢えているし、僕たちにとって必要なものだ」 「個人的に自分の全てをチームに捧げるつもりだ。それはこれまでと同じことだよ」 「アーセナルから移籍するべきときが来たと感じていたんだ。もちろん、それは悲しいことだけど、それは同時にエキサイティングなことでもあるんだ。自分のキャリアを再点火させ、エバートンが再び過去に手にしてきた栄光を掴むためチームを押し上げていきたい」 ▽2006年1月に16歳でサウサンプトンからアーセナルに加入したウォルコットは、卓越したスピードとドリブルテクニックを武器に在籍12年で公式戦396試合に出場し108ゴールを記録するなど、長年ガナーズの両翼を支えてきた。また、在籍期間には3度のFAカップ制覇を成し遂げていた。 ▽クラブ生え抜きではないものの、元オランダ代表MFデニス・ベルカンプ氏、元フランス代表MFパトリック・ヴィエラ氏に次ぐアーセン・ヴェンゲル監督率いるスカッドで3番目のプレミアリーグ出場数を誇る最古参のウォルコットは常々クラブ愛を語ってきた。しかし、今季のプレミアリーグ出場が6試合のみという出場機会の少なさ、6月に行われるロシア・ワールドカップのメンバー入りを考慮し、愛するクラブを旅立つ決断をした。 2018.01.18 02:47 Thu
twitterfacebook
thumb

「控室で主審を恥さらしと罵った」FAがヴェンゲルの“愚行”と処分理由を公開

イングランドサッカー協会(FA)がアーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督に重い処分を科した理由を公表した。<br><br>12月31日のWBA戦で、ヴェンゲル監督は終了間際にPKを与えた主審のマーク・ディーン氏に対して「不適切な振る舞い&rdquo;」行い、さらに試合後にレフェリー控室に乗り込んだとして3試合のベンチ入り禁止と4万ポンドの罰金処分を受けている。<br><br>そしてFAは16日、年末の試合でヴェンゲル監督が主審やオフィシャルにとった言動の詳細と処分理由を公開。ディーン主審の試合後のマッチレポートには、68歳のフランス人指揮官の&ldquo;愚行&rdquo;が記されている。<br><br>「試合後に控え室に入ると、ヴェンゲル氏がドアの向こう側に立っていた。彼は非常に攻撃的で、私の面と向かって『あなたは誠実ではない』と言ってきた」<br><br>「私が『私が不正をしたとでも言いたいのか?』と言うと、彼は同じことを繰り返し言い続けた。さらに『以前からこのようなことを我々にしてきた。恥さらしだ』と食って掛かってきた。彼はその直後にウェストブロムのセキュリティーに連れていかれた」<br><br>ヴェンゲル監督は、2-4で敗れたFAカップのノッティンガム・フォレスト戦、0-0で分けたリーグカップのチェルシー戦、1-2で逆転負けを喫したボーンマス戦の3試合で処分を消化。20日のクリスタル・パレス戦からベンチ入りが可能になる。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.17 07:16 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがサンチェスと合意と報道 しかし移籍成立へ障壁が

▽マンチェスター・ユナイテッドは、アーセナルに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェス(29)と合意に達しているようだ。イギリス『BBC』のデイビッド・オーンステイン記者が伝えた。 ▽今季限りでアーセナルとの契約が切れるサンチェスは、当初マンチェスター・シティへの移籍が濃厚とみられてきたが、ユナイテッドが参戦したことでオペレーションの費用が高騰し、シティが撤退。チェルシーとリバプールも関心を寄せているとみられる中、ユナイテッドが争奪戦で優位に立ったとみられている。 ▽今回の報道によれば、ユナイテッドは既にサンチェス側と個人合意。しかし、サンチェスの獲得オペレーションに両クラブが含めようとしているMFヘンリク・ムヒタリアンがアーセナル行きに同意していない状況だとのことだ。 ▽今のところ、取引にはムヒタリアンを含めたいと両者は考えている模様。だがムヒタリアン側は決定を急ぐ様子はないようだ。ムヒタリアンがアーセナルのオファーを受け入れた時点で、サンチェスのユナイテッド移籍は加速するとみられている。 2018.01.16 19:06 Tue
twitterfacebook
thumb

サンチェス獲得に自信? モウリーニョ、チェルシー参戦報道も「ただリラックスしている」

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、今冬でのアーセナルFWアレクシス・サンチェスの獲得に自信を覗かせた。<br><br>今冬での去就が注目されていたサンチェス。市場開幕当初は、昨夏にも加入が間近まで迫っていたマンチェスター・シティへの移籍が濃厚と見られていたが、先日同都市のライバルであるマンチェスター・ユナイテッドが獲得競争に参戦。そして、シティ側はアーセナルの要求する移籍金や、選手サイドの求める給与やボーナスが高額すぎたため、獲得競争から撤退されたと報じられている。<br><br>アーセン・ヴェンゲル監督が「48時間以内に去就は決まる」とコメントしたこともあり、サンチェスはユナイテッドへ加入することが濃厚と見られていた。しかし、ここへ来てチェルシーも獲得に乗り出したと伝えられるなど、チリ代表FWの状況は目まぐるしく変わっている。<br><br>それでも、モウリーニョ監督は『スカイ・スポーツ』に対し、獲得に自信を覗かせている。<br />「自信があるわけではない。だが、自信がないわけでもない。ただリラックスしているだけだ。彼は今アーセナルのプレーヤーだ。残留することもできるし、移籍することもできる。もし移籍することになれば、私たちにチャンスがあるだろう。他のビッグクラブも狙っているかもしれないが、それは誰にもわからないことだ」<br><br>15日のプレミアリーグ第23節ストーク戦に3-0と快勝し、今季初黒星を喫したシティと12ポイント差まで縮めたユナイテッド。逆転優勝へ向け、ライバルクラブのエース獲得を無事に決めることができるだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.16 16:50 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース