【超WS選定週間ベストイレブン/J1第4節】開幕4連勝の神戸&多摩川クラシコ制したFC東京から最多選出2017.03.20 17:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽明治安田生命J1リーグ第4節の全9試合が18日から19日にかけて開催された。超WS編集部が第4節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。

◆第4節の超WS選定J1週間ベストイレブン
GK:林彰洋
DF:山村和也、平岡康裕、岩波拓也
MF:遠藤康、小椋祥平、今野泰幸、大森晃太郎
FW:都倉賢、ラファエル・シルバ、ピーター・ウタカ

◆寸評
GK林彰洋(FC東京/初)
▽大柄な体格を生かしたショットストップを披露。川崎フロンターレの攻撃陣を完封

DF山村和也(セレッソ大阪/初)
▽チームを今季初白星に導く一発。さらに、ユーティリティぶりも遺憾なく発揮した

DF平岡康裕(ベガルタ仙台/初)
▽相手のシュートをことごとく身体でブロック。そういったプレーがチームの勝利に繋がった

DF岩波拓也(ヴィッセル神戸/初)
▽空陸ともに上々の出来。新加入のDF渡部博文との連携も試合ごとに安定感

MF遠藤康(鹿島アントラーズ/初)
▽セットプレーとクロスから2アシスト。チームを奮い立たせた

MF小椋祥平(ヴァンフォーレ甲府/2回目)
▽自身の前で食い止めるディフェンス力を発揮。チームの活力となり、反発力を生んだ

MF今野泰幸(ガンバ大阪/2回目)
▽守備的MFとしてはもちろん、攻撃時の存在感。34歳でさらなる覚醒

MF大森晃太郎(ヴィッセル神戸/2回目)
▽2戦連発。定評の足技で狭いスペースを掻い潜るドリブルスキルで異彩を放った

FW都倉賢(北海道コンサドーレ札幌/初)
▽2戦連発でエースの仕事をきっちりと遂行。さすがのひと言

FWラファエル・シルバ(浦和レッズ/初)
▽開幕から4戦連発で早くも今季5ゴール。今後も対戦相手に猛威の予感

FWピーター・ウタカ(FC東京/初)
▽今季リーグ戦初出場で1ゴール1アシスト。新天地での活躍も間違いなさそうだ

コメント

関連ニュース

thumb

超WS選定! 今季J1を彩った年間ベストイレブンはこれだ!

▽2017シーズンの明治安田生命J1リーグは、最終節まで優勝争いがもつれ込んだ結果、川崎フロンターレの劇的な初載冠で幕を閉じた。 ▽今シーズン、毎節ベストイレブンを選出してきた超ワールドサッカー編集部が、厳正なる(?)選考に基づき、年間を通じて最も印象的な活躍を披露した11名をセレクトした。(お気に召さない選出はあしからず) ◆超WS選定年間ベストイレブン(J1) GK中村航輔(22歳/柏レイソル)<div style="overflow: hidden; display: table; width: 100%; border-top: 1px solid #000000; border-bottom: 1px solid #000000; padding: 5px 0pt; text-align: left;"><div style="vertical-align: middle; display: table-cell; padding: 5px;"><img class="yui-img" src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/nakamura_lm.jpg" height="100px"></div>明治安田生命J1リーグ出場数:34(先発回数:34)/失点数:33 超WS選定週間ベストイレブン選出回数:10</div>▽反応スピードと的確なポジショニングによる安定したシュートストップで飛躍。クリーンシートは11試合。チームの4位に大きく貢献した。日本代表デビューも飾り、堂々たるパフォーマンスで実力を証明。Jリーグを代表する守護神となった。 DFエウシーニョ(28歳/川崎フロンターレ)<div style="overflow: hidden; display: table; width: 100%; border-top: 1px solid #000000; border-bottom: 1px solid #000000; padding: 5px 0pt; text-align: left;"><div style="vertical-align: middle; display: table-cell; padding: 5px;"><img class="yui-img" src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/elson_lm.jpg" height="100px"></div>明治安田生命J1リーグ出場数:21(先発回数:21)/得点数:5 超WS選定週間ベストイレブン選出回数:3</div>▽右サイドバックという型にはまらない圧倒的な攻撃スキルを遺憾なく発揮。雑さの目立つ守備面を余りあるほどにカバーした。ウイングさながらの攻撃力はチームの武器の1つに。 DF大井健太郎(33歳/ジュビロ磐田)<div style="overflow: hidden; display: table; width: 100%; border-top: 1px solid #000000; border-bottom: 1px solid #000000; padding: 5px 0pt; text-align: left;"><div style="vertical-align: middle; display: table-cell; padding: 5px;"><img class="yui-img" src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/ohi_lm.jpg" height="100px"></div>明治安田生命J1リーグ出場数:32(先発回数:32)/得点数:5 超WS選定週間ベストイレブン選出回数:5</div>▽最終ラインを統率する守備面はもちろん、攻撃面でもMF中村俊輔という名キッカーを味方につけてセットプレーからキャリアハイの5ゴールを記録。攻守両面で獅子奮迅の働きを披露。 DF昌子源(25歳/鹿島アントラーズ)<div style="overflow: hidden; display: table; width: 100%; border-top: 1px solid #000000; border-bottom: 1px solid #000000; padding: 5px 0pt; text-align: left;"><div style="vertical-align: middle; display: table-cell; padding: 5px;"><img class="yui-img" src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/shoji_lm.jpg" height="100px"></div>明治安田生命J1リーグ出場数:34(先発回数:34)/得点数:1 超WS選定週間ベストイレブン選出回数:8</div>▽J1全試合フルタイム出場を達成。チームは最後の最後でタイトルを逃したものの、リーダーとしてより自覚が芽生えたシーズンに。悔しさをバネに来季はタイトル奪還へ。 DF丸橋祐介(27歳/セレッソ大阪)<div style="overflow: hidden; display: table; width: 100%; border-top: 1px solid #000000; border-bottom: 1px solid #000000; padding: 5px 0pt; text-align: left;"><div style="vertical-align: middle; display: table-cell; padding: 5px;"><img class="yui-img" src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/maruhashi_lm.jpg" height="100px"></div>明治安田生命J1リーグ出場数:33(先発回数:33)/得点数:1 超WS選定週間ベストイレブン選出回数:1</div>▽今シーズンのJ1でプレーするDF陣の中で最多の10アシストをマーク。左足の多彩なキックでFW杉本健勇ら攻撃陣を援護。チームのリーグ3位、ルヴァンカップ優勝に貢献。 MF伊東純也(24歳/柏レイソル)<div style="overflow: hidden; display: table; width: 100%; border-top: 1px solid #000000; border-bottom: 1px solid #000000; padding: 5px 0pt; text-align: left;"><div style="vertical-align: middle; display: table-cell; padding: 5px;"><img class="yui-img" src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/ito_lm.jpg" height="100px"></div>明治安田生命J1リーグ出場数:34(先発回数:32)/得点数:6 超WS選定週間ベストイレブン選出回数:1</div>▽爆発的なスピードを生かして縦に突破するだけでなく、カットインからのシュート意識が向上。圧巻のカウンター攻撃は見るものを驚かせた。日本代表デビューも果たし、飛躍の1年に。 MFソウザ(29歳/セレッソ大阪)<div style="overflow: hidden; display: table; width: 100%; border-top: 1px solid #000000; border-bottom: 1px solid #000000; padding: 5px 0pt; text-align: left;"><div style="vertical-align: middle; display: table-cell; padding: 5px;"><img class="yui-img" src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/souza_lm.jpg" height="100px"></div>明治安田生命J1リーグ出場数:33(先発回数:32)/得点数:4 超WS選定週間ベストイレブン選出回数:6</div>▽相方のMF山口蛍とJリーグ屈指のボランチコンビを形成。守っても良し、攻めても良しと躍進を遂げたチームの中でも出色の存在感を示した。 MF大島僚太(24歳/川崎フロンターレ)<div style="overflow: hidden; display: table; width: 100%; border-top: 1px solid #000000; border-bottom: 1px solid #000000; padding: 5px 0pt; text-align: left;"><div style="vertical-align: middle; display: table-cell; padding: 5px;"><img class="yui-img" src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/oshima_lm.jpg" height="100px"></div>明治安田生命J1リーグ出場数:25(先発回数:25)/得点数:1 超WS選定週間ベストイレブン選出回数:4</div>▽今シーズンも故障で離脱する時期があったが、ピッチに立てばパスサッカーの中心に。1つのパスで試合を動かせるプレーぶりは目を見張るものがある。 MF阿部浩之(28歳/川崎フロンターレ)<div style="overflow: hidden; display: table; width: 100%; border-top: 1px solid #000000; border-bottom: 1px solid #000000; padding: 5px 0pt; text-align: left;"><div style="vertical-align: middle; display: table-cell; padding: 5px;"><img class="yui-img" src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/abe_lm.jpg" height="100px"></div>明治安田生命J1リーグ出場数:28(先発回数:26)/得点数:10 超WS選定週間ベストイレブン選出回数:5</div>▽ガンバ大阪でハードワーカーに徹していた姿が嘘のようなシーズンに。1トップから左サイドまでプレーし、キャリアハイの10ゴールを挙げ、アタッカーとしての評価を上げた。 FW小林悠(30歳/川崎フロンターレ)<div style="overflow: hidden; display: table; width: 100%; border-top: 1px solid #000000; border-bottom: 1px solid #000000; padding: 5px 0pt; text-align: left;"><div style="vertical-align: middle; display: table-cell; padding: 5px;"><img class="yui-img" src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/kobayashi_lm.jpg" height="100px"></div>明治安田生命J1リーグ出場数:34(先発回数:33)/得点数:23(PK:4) 超WS選定週間ベストイレブン選出回数:4</div>▽今シーズンから主将を任され、チーム初タイトルのリーグ優勝だけでなく、得点王とMVPの個人賞をも総なめ。2017シーズンの主役となり、勢いそのままに日本代表初ゴールも記録。 FW杉本健勇(25歳/セレッソ大阪)<div style="overflow: hidden; display: table; width: 100%; border-top: 1px solid #000000; border-bottom: 1px solid #000000; padding: 5px 0pt; text-align: left;"><div style="vertical-align: middle; display: table-cell; padding: 5px;"><img class="yui-img" src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/sugimoto_lm.jpg" height="100px"></div>明治安田生命J1リーグ出場数:34(先発回数:34)/得点数:22(PK:2) 超WS選定週間ベストイレブン選出回数:8</div>▽初のJリーグ得点王こそ逃したものの、器用なストライカーから本格派ストライカーに変貌。日本代表にも定着しつつあり、名実ともにJリーグを代表する点取り屋に。 監督 尹晶煥(44歳/セレッソ大阪)<div style="overflow: hidden; display: table; width: 100%; border-top: 1px solid #000000; border-bottom: 1px solid #000000; padding: 5px 0pt; text-align: left;"><div style="vertical-align: middle; display: table-cell; padding: 5px;"><img class="yui-img" src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/yoon_lm.jpg" height="100px"></div></div>▽個性派かつ技巧派集団に泥臭さと規律を落とし込み、ルヴァンカップ優勝で悲願の初タイトルを獲得。見事な手綱捌きが目を引き、来シーズンのさらなる飛躍に期待大。 2017.12.13 22:40 Wed
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1最終節】無冠脱却の川崎Fから小林悠、家長昭博、阿部浩之をセレクト!

▽明治安田生命J1リーグ最終節の9試合が2日に一斉開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆J1最終節の超WS選定J1週間ベストイレブン GK:中村航輔 DF:森下俊、中澤佑二、横山知伸 MF:小泉慶、中町公祐、増田誓志、山中亮輔、家長昭博、阿部浩之 FW:小林悠 ◆寸評 GK<span style="font-weight:700;">中村航輔</span>(柏レイソル/10度目) ▽最終戦でもビッグセーバーぶりを発揮。チームの4位フィニッシュに大きく導いた DF<span style="font-weight:700;">森下俊</span>(ジュビロ磐田/初選出) ▽激しい守備で鹿島アントラーズ攻撃陣に対抗。結果、FW金崎夢生を封殺した DF<span style="font-weight:700;">中澤佑二</span>(横浜F・マリノス/9度目) ▽安定感抜群のストッパーぶりを披露。ほぼパーフェクトな出来だった DF<span style="font-weight:700;">横山知伸</span>(北海道コンサドーレ札幌/初選出) ▽決勝点。ただ、何よりディフェンスラインをまとめ上げる統率力が光った MF<span style="font-weight:700;">小泉慶</span>(アルビレックス新潟/2度目) ▽ホニの攻撃を後方からフォロー。攻守にアグレッシブな姿勢を貫いた MF<span style="font-weight:700;">中町公祐</span>(横浜F・マリノス/2度目) ▽役割遂行。スペースを巧みに使い、ボールの繋ぎ手として潤滑油に MF<span style="font-weight:700;">増田誓志</span>(清水エスパルス/初選出) ▽J1残留を呼び込む逆転弾をマーク。そのほかにもゲームコントロールの巧さも MF<span style="font-weight:700;">山中亮輔</span>(横浜F・マリノス/4度目) ▽サイドハーフでプレー。攻撃センスを最大限に発揮し、決勝点をアシスト MF<span style="font-weight:700;">家長昭博</span>(川崎フロンターレ/3度目) ▽キープ力抜群。圧倒的攻撃センスを武器にFW小林悠に2アシスト MF<span style="font-weight:700;">阿部浩之</span>(川崎フロンターレ/5度目) ▽開始46秒弾でゴールラッシュの火口を切る。大きな意味を持つ一発に FW<span style="font-weight:700;">小林悠</span>(川崎フロンターレ/4度目) ▽圧巻のハットトリックで初優勝と得点王をダブル獲り。文句のつけようがない出来 2017.12.04 20:30 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第33節】鹿島V阻止の柏守護神や得点王邁進のC大阪FWが選出

▽明治安田生命J1リーグ第33節の8試合が26日(29日開催の浦和レッズvs川崎フロンターレを除く)に開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆第33節の超WS選定J1週間ベストイレブン GK:中村航輔 DF:大岩一貴、マテイ・ヨニッチ、丸橋祐介 MF:稲垣祥、柴崎晃誠、加藤大、アダイウトン、フェリペ・シウバ FW:杉本健勇、ジェイ ◆寸評 GK<span style="font-weight:700;">中村航輔</span>(柏レイソル/10度目) ▽神プレーで無失点を演出。相手の連覇を見事に阻んだ DF<span style="font-weight:700;">大岩一貴</span>(ベガルタ仙台/2度目) ▽1ゴール。チームとして2失点も相手のカウンター機会を阻むなど上々の働き DF<span style="font-weight:700;">マテイ・ヨニッチ</span>(セレッソ大阪/5度目) ▽DF陣の長として抜群の存在感。2戦連発の攻撃面でも脚光を浴びた DF<span style="font-weight:700;">丸橋祐介</span>(セレッソ大阪/初) ▽18回のスプリント回数が示すとおり、高い攻撃意識で前線をフォロー MF<span style="font-weight:700;">加藤大</span>(アルビレックス新潟/初) ▽目が覚めるような左足弾丸の直接FK。その後の逆転勝利を呼び込む一発に MF<span style="font-weight:700;">稲垣祥</span>(サンフレッチェ広島/初) ▽J1残留を決める勝ち越し弾。そのほか、フィルター役としても◎ MF<span style="font-weight:700;">柴崎晃誠</span>(サンフレッチェ広島/2度目) ▽今季4ゴール目。的確なポジショニングでチームの潤滑油に MF<span style="font-weight:700;">アダイウトン</span>(ジュビロ磐田/4度目) ▽馬力あるドリブルでDFを翻弄。決定的な部分でもOGを含む2ゴールを演出 MF<span style="font-weight:700;">フェリペ・シウバ</span>(サンフレッチェ広島/2度目) ▽2ゴールに絡む活躍。ボールを受ければチームに新たなリズムをもたらした FW<span style="font-weight:700;">ジェイ</span>(北海道コンサドーレ札幌/5度目) ▽2戦連発となるゴールが決勝点。2002年以来15年ぶりのG大阪討ちに貢献 FW<span style="font-weight:700;">杉本健勇</span>(セレッソ大阪/9度目) ▽圧巻の2発で得点王単独トップに浮上。手がつけられない存在に 2017.11.27 17:00 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第32節】ルヴァン王者の勢い止まらず、C大阪から最多

▽明治安田生命J1リーグ第32節の全9試合が5日と18日に開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆今節の超WS選定J1週間ベストイレブン GK:中村航輔 DF:エウシーニョ、鎌田次郎、山本脩斗 MF:水沼宏太、エドゥアルド・ネット、三田啓貴、清武弘嗣 FW:石原直樹、ジェイ、杉本健勇 ◆寸評 GK<span style="font-weight:700;">中村航輔</span>(柏レイソル/8度目) ▽出色のパフォーマンスを見せたガンバ大阪のGK東口順昭と悩んだが、5試合ぶりの白星を呼び込んだ点を評価 DF<span style="font-weight:700;">エウシーニョ</span>(川崎フロンターレ/3度目) ▽この試合でも右サイドバックと思えぬ攻撃性能を発揮。終盤に逆転優勝に望みを繋ぐ決勝点の大仕事 DF<span style="font-weight:700;">鎌田次郎</span>(柏レイソル/初選出) ▽身体を張ったディフェンスで守備陣を引き締めた。ベテランの味が光るMOM級の働き DF<span style="font-weight:700;">山本脩斗</span>(鹿島アントラーズ/初選出) ▽守備に綻びなく、攻撃でも高い位置取りから基本に忠実なプレーでサイドを活性化 MF<span style="font-weight:700;">水沼宏太</span>(セレッソ大阪/3度目) ▽ゴールはもちろん、清武と遜色ないパフォーマンスで攻撃の中心に。まさに出色の出来 MF<span style="font-weight:700;">エドゥアルド・ネット</span>(川崎フロンターレ/初選出) ▽G大阪の起点潰し、ボールの散らし役、バックラインのサポートで中盤を完全に支配 MF<span style="font-weight:700;">三田啓貴</span>(ベガルタ仙台/初選出) ▽ボックス・トゥ・ボックスの動きで攻撃をけん引。突き刺したミドルシュートも精度抜群 MF<span style="font-weight:700;">清武弘嗣</span>(セレッソ大阪/2度目) ▽コンディション良好。ゴール、アシストと秀でた攻撃スキルをフル活用した FW<span style="font-weight:700;">石原直樹</span>(ベガルタ仙台/2度目) ▽キープ力を生かしたプレーがアクセントに。チームの攻撃の完成度を高めた FW<span style="font-weight:700;">ジェイ</span>(北海道コンサドーレ札幌/3度目) ▽今夏加入ながら3試合目となる1試合2発。もはやチームにとって、スペシャルな存在に FW<span style="font-weight:700;">杉本健勇</span>(セレッソ大阪/7度目) ▽代表での欧州遠征の疲れもどこ吹く風。バースデー弾を決め、得点王争いのトップタイに 2017.11.20 14:00 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第31節】勝負強さ発揮の鹿島の縦ライン、再び新潟を救った2人の立役者選出!

▽明治安田生命J1リーグ第31節の全9試合が29日に開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆第31節の超WS選定J1週間ベストイレブン GK:大谷幸輝 DF:小泉慶、徳永悠平、昌子源、車屋紳太郎 MF:三竿健斗、ソウザ、ハモン・ロペス FW:川又堅碁、ハーフナー・マイク、金崎夢生 ◆寸評 GK<span style="font-weight:700;">大谷幸輝</span>(アルビレックス新潟/初選出) ▽要所でビッグセーブ連発。窮地に立たされるチームの延命に大きく貢献した DF<span style="font-weight:700;">小泉慶</span>(アルビレックス新潟/初選出) ▽タイミングの良い攻撃参加で攻撃にアクセント。強烈なミドルシュートで新潟の首の皮を一枚繋げた DF<span style="font-weight:700;">徳永悠平</span>(FC東京/初選出) ▽経験に裏打ちされたカバーリングで2度の決定機阻止。体を張ったディフェンスでチームの残留を確定させた DF<span style="font-weight:700;">昌子源</span>(鹿島アントラーズ/8度目) ▽相棒DF植田直通と共に札幌のツインタワーに対して冷静に対応 DF<span style="font-weight:700;">車屋紳太郎</span>(川崎フロンターレ/4度目) ▽劣悪なピッチコンディションの中で正確なクロスを披露。2アシストで最悪の事態を免れた MF<span style="font-weight:700;">三竿健斗</span>(鹿島アントラーズ/3度目) ▽J1初ゴール。球際の強さと好判断な攻め上がりで攻守に躍動 MF<span style="font-weight:700;">ソウザ</span>(セレッソ大阪/6度目) ▽持ち前の配球力でリズムを加えた。鋭い左CKで先制点となるオウンゴールを誘発 MF<span style="font-weight:700;">ハモン・ロペス</span>(柏レイソル/2度目) ▽力強いプレーで左サイドを攻略。川崎Fの脅威になり続けて1ゴール1アシストを記録 FW<span style="font-weight:700;">川又堅碁</span>(ジュビロ磐田/4度目) ▽厳しいピッチ状況の中でも献身性を発揮。ゴールへの強い姿勢が2ゴールを呼び込んだ FW<span style="font-weight:700;">ハーフナー・マイク</span>(ヴィッセル神戸/初選出) ▽先日の天皇杯でのJ復帰後初ゴールに続き古巣相手に復帰後リーグ戦初弾含む2ゴール。オランダで磨いた決定力をまざまざと見せつけた FW<span style="font-weight:700;">金崎夢生</span>(鹿島アントラーズ/5度目) ▽抜群の存在感と勝負強さで暗雲立ち込めていたチームを救う決勝弾。先制点も自身の泥臭いキープから 2017.10.30 16:30 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース