【超WS選定週間ベストイレブン/J1第4節】開幕4連勝の神戸&多摩川クラシコ制したFC東京から最多選出2017.03.20 17:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽明治安田生命J1リーグ第4節の全9試合が18日から19日にかけて開催された。超WS編集部が第4節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。

◆第4節の超WS選定J1週間ベストイレブン
GK:林彰洋
DF:山村和也、平岡康裕、岩波拓也
MF:遠藤康、小椋祥平、今野泰幸、大森晃太郎
FW:都倉賢、ラファエル・シルバ、ピーター・ウタカ

◆寸評
GK林彰洋(FC東京/初)
▽大柄な体格を生かしたショットストップを披露。川崎フロンターレの攻撃陣を完封

DF山村和也(セレッソ大阪/初)
▽チームを今季初白星に導く一発。さらに、ユーティリティぶりも遺憾なく発揮した

DF平岡康裕(ベガルタ仙台/初)
▽相手のシュートをことごとく身体でブロック。そういったプレーがチームの勝利に繋がった

DF岩波拓也(ヴィッセル神戸/初)
▽空陸ともに上々の出来。新加入のDF渡部博文との連携も試合ごとに安定感

MF遠藤康(鹿島アントラーズ/初)
▽セットプレーとクロスから2アシスト。チームを奮い立たせた

MF小椋祥平(ヴァンフォーレ甲府/2回目)
▽自身の前で食い止めるディフェンス力を発揮。チームの活力となり、反発力を生んだ

MF今野泰幸(ガンバ大阪/2回目)
▽守備的MFとしてはもちろん、攻撃時の存在感。34歳でさらなる覚醒

MF大森晃太郎(ヴィッセル神戸/2回目)
▽2戦連発。定評の足技で狭いスペースを掻い潜るドリブルスキルで異彩を放った

FW都倉賢(北海道コンサドーレ札幌/初)
▽2戦連発でエースの仕事をきっちりと遂行。さすがのひと言

FWラファエル・シルバ(浦和レッズ/初)
▽開幕から4戦連発で早くも今季5ゴール。今後も対戦相手に猛威の予感

FWピーター・ウタカ(FC東京/初)
▽今季リーグ戦初出場で1ゴール1アシスト。新天地での活躍も間違いなさそうだ

コメント

関連ニュース

thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第18節】ミシャ救った浦和主将が初ノミネート!

▽明治安田生命J1リーグ第18節の全9試合が8日から9日にかけて開催された。超WS編集部が第18節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆第18節の超WS選定J1週間ベストイレブン GK:六反勇治 DF:鎌田翔雅、岩波拓也、福森晃斗、車屋紳太郎 MF:ソウザ、阿部勇樹、橋本拳人 FW:小林悠、ラファエル・シルバ、ペドロ・ジュニオール ◆寸評 GK<span style="font-weight:700;">六反勇治</span>(清水エスパルス/初) ▽ガンバ大阪の波状攻撃に動じることなく完封。相手の戦意を喪失させた DF<span style="font-weight:700;">鎌田翔雅</span>(清水エスパルス/初) ▽プロ初ゴールをゲット。守備も大崩れすることなく、カバーリングや寄せも的確だった DF<span style="font-weight:700;">岩波拓也</span>(ヴィッセル神戸/3度目) ▽復帰戦で安定感抜群のパフォーマンス。代えの効かない選手であることを改めて証明した DF<span style="font-weight:700;">福森晃斗</span>(北海道コンサドーレ札幌/初) ▽直接FKから圧巻の2発。守備面で脆さを露呈したが、売りとする左足でチームを救う DF<span style="font-weight:700;">車屋紳太郎</span>(川崎フロンターレ/2度目) ▽好クロスから殊勲の2アシスト。後半に入って息を吹き返した MF<span style="font-weight:700;">ソウザ</span>(セレッソ大阪/4度目) ▽攻守に躍動。2戦連発弾で柏レイソルとの大一番で勝利を呼び込む MF<span style="font-weight:700;">阿部勇樹</span>(浦和レッズ/初) ▽今季3得点目。ミスもあったが、強い気持ちがチームの士気を高ぶらせた MF<span style="font-weight:700;">橋本拳人</span>(FC東京/初) ▽2得点の活躍。災異を通じて攻守に好パフォーマンスを披露した FW<span style="font-weight:700;">小林悠</span>(川崎フロンターレ/2度目) ▽直近3戦5発と絶好調。今回のサガン鳥栖戦でも秀逸さな動き出しでアクセントに FW<span style="font-weight:700;">ラファエル・シルバ</span>(浦和レッズ/2度目) ▽第8節以来の一発が逆転弾に。古巣との一戦で復活をアピールした FW<span style="font-weight:700;">ペドロ・ジュニオール</span>(鹿島アントラーズ/2度目) ▽2発。直近5戦6発の数字が示すとおり、止められない存在になりつつある 2017.07.10 12:45 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第17節】7戦6発の川崎Fアタッカーや“6人抜き弾”の浦和ドリブラーが選出!

▽明治安田生命J1リーグ第17節の全9試合が1日から2日にかけて開催された。超WS編集部が第17節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆第17節の超WS選定J1週間ベストイレブン GK:ク・ソンユン DF:櫻内渚、中澤佑二、ファビオ、山中亮輔 MF:大島僚太、ソウザ、水沼宏太、関根貴大、阿部浩之 FW:金崎夢生 ◆寸評 GK<span style="font-weight:700;">ク・ソンユン</span>(北海道コンサドーレ札幌/初) ▽これぞ守護神という活躍。幾度かのファインセーブで勝利を呼び込む DF<span style="font-weight:700;">櫻内渚</span>(ジュビロ磐田/初) ▽今季初ゴールとなる華麗なボレー弾で4連勝を決定付ける DF<span style="font-weight:700;">中澤佑二</span>(横浜F・マリノス/5度目) ▽J1連続フル出場記録でFP初&最多の140試合達成。パフォーマンスも上々でまさに鉄人 DF<span style="font-weight:700;">ファビオ</span>(ガンバ大阪/2度目) ▽強さと巧さを武器に防波堤となりつつ、後半ATに決勝弾。ヒーローに DF<span style="font-weight:700;">山中亮輔</span>(横浜F・マリノス/初) ▽目の覚める豪快なミドル弾が加入後初ゴールに。強烈な印象を残した MF<span style="font-weight:700;">大島僚太</span>(川崎フロンターレ/2度目) ▽確かな技術と視野を武器にチームの攻撃を自分の色に。中盤で異彩を放ち続けた MF<span style="font-weight:700;">ソウザ</span>(セレッソ大阪/3度目) ▽得意のミドルシュートでFC東京の息の根を止めるなど攻守に躍動。存在感は抜群だ MF<span style="font-weight:700;">水沼宏太</span>(セレッソ大阪/初) ▽古巣相手に惜別の2アシスト。運動量も豊富で申し分のない出来 MF<span style="font-weight:700;">関根貴大</span>(浦和レッズ/3度目) ▽圧巻の“6人抜き弾”を含む1ゴール1アシストの活躍。不振のチームを救った MF<span style="font-weight:700;">阿部浩之</span>(川崎フロンターレ/4度目) ▽フル回転の2ゴール2アシストでここ7戦6発。生かし生かされの関係構築でFW小林悠の復活にもひと役 FW<span style="font-weight:700;">金崎夢生</span>(鹿島アントラーズ/初) ▽絶好調の柏レイソル守護神も撃ち抜くパワーシュートが逆転劇の足がかりに。久々の先発ながら圧巻の働き 2017.07.03 12:00 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第16節】5年ぶり3連勝の磐田から3選手が選出!3戦連発好調の大宮エースも!

▽明治安田生命J1リーグ第16節の全9試合が25日に一斉に開催された。超WS編集部が第16節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆第16節の超WS選定J1週間ベストイレブン GK:飯倉大樹 DF:中谷進之介、大井健太郎、カヌ MF:エウシーニョ、福田晃斗、扇原貴宏、川辺駿、アダイウトン FW:江坂任、柿谷曜一朗 ◆寸評 GK<span style="font-weight:700;">飯倉大樹</span>(横浜F・マリノス/2度目) ▽安定したゴールキーピングでクリーンシート。前半終了間際の一対一では好守でリーグ戦4連勝を手繰り寄せた DF<span style="font-weight:700;">中谷進之介</span>(柏レイソル/3度目) ▽冷静な危機察知で攻撃の芽を摘んだ。チームを救うシュートカバーで首位堅持に貢献 DF<span style="font-weight:700;">大井健太郎</span>(ジュビロ磐田/2度目) ▽体を張ったディフェンスで強力な攻撃陣を封鎖。上位キラーを後方で支えた DF<span style="font-weight:700;">カヌ</span>(清水エスパルス/初) ▽決勝点を挙げた二見と好連携で完封。空中を制圧し、得点シーンでも潰れ役に MF<span style="font-weight:700;">エウシーニョ</span>(川崎フロンターレ/初) ▽一進一退の攻防の中でも違いを見せる。質の高いクロスで先制点を含む決定機を演出。 MF<span style="font-weight:700;">福田晃斗</span>(サガン鳥栖/初) ▽機動力で嫌な存在に。プロ初ゴールとなった終盤のスプリントには脱帽 MF<span style="font-weight:700;">扇原貴宏</span>(横浜F・マリノス/初) ▽攻守において存在感。低い位置からゲームをコントロールした MF<span style="font-weight:700;">川辺駿</span>(ジュビロ磐田/2度目) ▽高精度なパスで2アシスト。随所に顔を出し5年ぶりのリーグ3連勝の立役者に MF<span style="font-weight:700;">アダイウトン</span>(ジュビロ磐田/2度目) ▽スピードを生かしたハードワークで脅威に。相手に流れが傾きかけた中での追加点でチームを助けた FW<span style="font-weight:700;">江坂任</span>(大宮アルディージャ/3度目) ▽3戦連発でチームを今季初の連勝に導く。決定力の高さを見せつけエースとして仕事を遂行 FW<span style="font-weight:700;">柿谷曜一朗</span>(セレッソ大阪/初) ▽華麗なシュートでゴールラッシュの口火。守備もいとわない献身性でチームを引っ張った 2017.06.26 14:45 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第15節】磐田に勝利呼び込んだ2選手が選出! フィニッシャーとして開花の川崎Fアタッカーも!

▽明治安田生命J1リーグ第15節の全9試合が17日から18日にかけて開催された。超WS編集部が第15節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆第15節の超WS選定J1週間ベストイレブン GK:シュミット・ダニエル DF:昌子源、中澤佑二、谷口彰悟 MF:倉田秋、松浦拓弥、阿部浩之、中村充孝 FW:ペドロ・ジュニオール、江坂任、アダイウトン ◆寸評 GK<span style="font-weight:700;">シュミット・ダニエル</span>(ベガルタ仙台/初) ▽1失点こそ許したが、好セーブを連発。判断の良さが光った DF<span style="font-weight:700;">昌子源</span>(鹿島アントラーズ/5度目) ▽鋭いチェックでキーマンを完封。余裕さえ感じさせるプレーぶり DF<span style="font-weight:700;">中澤佑二</span>(横浜F・マリノス/4度目) ▽終始安定。経験に裏打ちされた手綱捌きで守備陣をリードした DF<span style="font-weight:700;">谷口彰悟</span>(川崎フロンターレ/初) ▽試合を通じて安定感。守備の要としてしっかりと役割を果たした MF<span style="font-weight:700;">倉田秋</span>(ガンバ大阪/3度目) ▽代表の疲労を感じさせないマルチロールな活躍。決勝点をアシスト MF<span style="font-weight:700;">松浦拓弥</span>(ジュビロ磐田/初) ▽監督の期待に即回答。会心の2発で浦和レッズ撃破のヒーローに MF<span style="font-weight:700;">阿部浩之</span>(川崎フロンターレ/3度目) ▽ワールドクラスの一発が決勝点に。直近5試合で4発目 MF<span style="font-weight:700;">中村充孝</span>(鹿島アントラーズ/初) ▽2アシスト。攻守両面で出色のパフォーマンス FW<span style="font-weight:700;">ペドロ・ジュニオール</span>(鹿島アントラーズ/初) ▽新指揮官の下で2発。決定力の部分で違いに FW<span style="font-weight:700;">江坂任</span>(大宮アルディージャ/2度目) ▽勝ち点3が求められる大事な試合で2ゴール。まさにエースの働き FW<span style="font-weight:700;">アダイウトン</span>(ジュビロ磐田/初) ▽相手のミスを突いてゴールをゲット。さらに、松浦の2ゴールをお膳立て 2017.06.19 10:45 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第14節】柏の無尽蔵な小兵とビッグセーバーがノミネート! G大阪蹂躙の磐田ストライカーも!

▽明治安田生命J1リーグ第14節の全9試合が4日に開催された。超WS編集部が第14節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆第14節の超WS選定J1週間ベストイレブン GK:中村航輔 DF:高橋祥平、中澤佑二、山下達也、永戸勝也 MF:レアンドロ、ニウトン、ムサエフ、中川寛斗 FW:川又堅碁、大久保嘉人 ◆寸評 GK<span style="font-weight:700;">中村航輔</span>(柏レイソル/6度目) ▽安定感抜群のショットストップでゴールマウスに鍵をかけた DF<span style="font-weight:700;">高橋祥平</span>(ジュビロ磐田/初) ▽冷静かつ安定感伴う守備。クリーンシート達成の立役者に DF<span style="font-weight:700;">中澤佑二</span>(横浜F・マリノス/3度目) ▽ベテランらしくラインコントロールを徹底した守備でクラブ伝統の堅守を体現 DF<span style="font-weight:700;">山下達也</span>(セレッソ大阪/初) ▽締まった守備を見せる中で1ゴール。最終ラインから攻守に充実の内容 DF<span style="font-weight:700;">永戸勝也</span>(ベガルタ仙台/2度目) ▽クロス精度が冴え渡る。幾度もゴールチャンスを創出するなど相手の脅威に MF<span style="font-weight:700;">レアンドロ</span>(鹿島アントラーズ/初) ▽2ゴールの結果で先発起用に一発回答。新指揮官の下で生き生きとプレーした MF<span style="font-weight:700;">ニウトン</span>(ヴィッセル神戸/3度目) ▽勝ち点3を呼び込む土壇場決勝弾。攻守に好パフォーマンス MF<span style="font-weight:700;">ムサエフ</span>(ジュビロ磐田/2度目) ▽攻守にエネルギッシュな働きを見せて相手中盤を圧倒 MF<span style="font-weight:700;">中川寛斗</span>(柏レイソル/初) ▽決勝点。無尽蔵のスタミナでプレッシングサッカーの旗手としての存在感も絶大 FW<span style="font-weight:700;">川又堅碁</span>(ジュビロ磐田/2度目) ▽2ゴール1アシストの全得点を演出するなど相手守備陣を蹂躙 FW<span style="font-weight:700;">大久保嘉人</span>(FC東京/2度目) ▽2発躍動。ストライカーとしての嗅覚を生かしてゴール前で違いに 2017.06.05 09:00 Mon
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース