【超WS選定週間ベストイレブン/J1第4節】開幕4連勝の神戸&多摩川クラシコ制したFC東京から最多選出2017.03.20 17:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽明治安田生命J1リーグ第4節の全9試合が18日から19日にかけて開催された。超WS編集部が第4節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。

◆第4節の超WS選定J1週間ベストイレブン
GK:林彰洋
DF:山村和也、平岡康裕、岩波拓也
MF:遠藤康、小椋祥平、今野泰幸、大森晃太郎
FW:都倉賢、ラファエル・シルバ、ピーター・ウタカ

◆寸評
GK林彰洋(FC東京/初)
▽大柄な体格を生かしたショットストップを披露。川崎フロンターレの攻撃陣を完封

DF山村和也(セレッソ大阪/初)
▽チームを今季初白星に導く一発。さらに、ユーティリティぶりも遺憾なく発揮した

DF平岡康裕(ベガルタ仙台/初)
▽相手のシュートをことごとく身体でブロック。そういったプレーがチームの勝利に繋がった

DF岩波拓也(ヴィッセル神戸/初)
▽空陸ともに上々の出来。新加入のDF渡部博文との連携も試合ごとに安定感

MF遠藤康(鹿島アントラーズ/初)
▽セットプレーとクロスから2アシスト。チームを奮い立たせた

MF小椋祥平(ヴァンフォーレ甲府/2回目)
▽自身の前で食い止めるディフェンス力を発揮。チームの活力となり、反発力を生んだ

MF今野泰幸(ガンバ大阪/2回目)
▽守備的MFとしてはもちろん、攻撃時の存在感。34歳でさらなる覚醒

MF大森晃太郎(ヴィッセル神戸/2回目)
▽2戦連発。定評の足技で狭いスペースを掻い潜るドリブルスキルで異彩を放った

FW都倉賢(北海道コンサドーレ札幌/初)
▽2戦連発でエースの仕事をきっちりと遂行。さすがのひと言

FWラファエル・シルバ(浦和レッズ/初)
▽開幕から4戦連発で早くも今季5ゴール。今後も対戦相手に猛威の予感

FWピーター・ウタカ(FC東京/初)
▽今季リーグ戦初出場で1ゴール1アシスト。新天地での活躍も間違いなさそうだ

コメント

関連ニュース

thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第26節】広島残留のブラジル人キーマン選出! 青黒の怪物やハットの鹿島助っ人も!

▽明治安田生命J1リーグ第26節の全9試合が16日、17日にかけて開催された。超WS編集部が第26節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆第26節の超WS選定J1週間ベストイレブン GK:キム・スンギュ DF:渡部博文、チャン・ヒョンス、谷口彰悟、高橋壮也 MF:森谷賢太郎、高橋秀人、井手口陽介、レアンドロ、フェリペ・シウバ FW:クリスティアーノ ◆寸評 GK<span style="font-weight:700;">キム・スンギュ</span>(ヴィッセル神戸/初) ▽兵藤の直接FKや早坂のコントロールショットなどを好セーブで阻止。連勝を呼び込んだ DF<span style="font-weight:700;">渡部博文</span>(ヴィッセル神戸/2度目) ▽セットプレーからシーズン3得点目。守備面においてもソリッドさ DF<span style="font-weight:700;">チャン・ヒョンス</span>(FC東京/2度目) ▽復帰後初ゴールが決勝点に。守備面もソリッドな対応で◎ DF<span style="font-weight:700;">谷口彰悟</span>(川崎フロンターレ/2度目) ▽3得点に絡む活躍。守備だけでなく、ロングフィードやセットプレー時のターゲットとして躍動した DF<span style="font-weight:700;">高橋壮也</span>(サンフレッチェ広島/初) ▽39分に決定機阻止のシュートブロック。持ち前の攻撃参加でもクオリティを示した MF<span style="font-weight:700;">森谷賢太郎</span>(川崎フロンターレ/初) ▽17試合ぶりの先発ながら攻守にハイパフォーマンス。MF大島僚太と中盤を制圧した MF<span style="font-weight:700;">高橋秀人</span>(ヴィッセル神戸/初) ▽ボールの刈り取り役を担いつつ、機を見た縦パスなどで散らし手としても存在感 MF<span style="font-weight:700;">井手口陽介</span>(ガンバ大阪/4度目) ▽ラッキーゴールながらシーズン4得点目。不調に喘ぐチームの中で出色の輝きを放つ MF<span style="font-weight:700;">レアンドロ</span>(鹿島アントラーズ/3度目) ▽失点に絡んだものの、後半にハットトリック。鹿島アントラーズOBのジーコ氏の金言が更なる力に MF<span style="font-weight:700;">フェリペ・シウバ</span>(サンフレッチェ広島/初) ▽途中出場からわずか2分後に決勝点。燻り続けた才能の片鱗を見せ付ける。残留のキーマンに? FW<span style="font-weight:700;">クリスティアーノ</span>(柏レイソル/5度目) ▽起死回生の同点弾。流血しながら攻守に全力で戦い続ける姿勢でも味方を鼓舞した 2017.09.18 13:15 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第25節】“神奈川ダービー”勝利の立役者3名が選出! 代表帰りの2選手もノミネート

▽明治安田生命J1リーグ第25節の全9試合が9日、10日にかけて開催された。超WS編集部が第25節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆第25節の超WS選定J1週間ベストイレブン GK:曽ヶ端準 DF:藤谷壮、奈良竜樹、昌子源 MF:大島僚太、ソウザ、古林将太、中村憲剛、ハモン・ロペス FW:石原直樹、杉本健勇 ◆寸評 GK<span style="font-weight:700;">曽ヶ端準</span>(鹿島アントラーズ/3度目) ▽序盤のビッグセーブを筆頭に抜群のショットストップで大宮アルディージャの前に立ちはだかった。FW金崎夢生の値千金の先制弾を死守 DF<span style="font-weight:700;">藤谷壮</span>(ヴィッセル神戸/初) ▽持ち味である縦への推進力で2得点を演出。FWルーカス・ポドルスキとの連携も徐々に上向きに DF<span style="font-weight:700;">奈良竜樹</span>(川崎フロンターレ/2度目) ▽DF谷口彰悟との好連携で4試合ぶりのクリーンシート。幾度のクロスボールにも冷静に対応して見せた DF<span style="font-weight:700;">昌子源</span>(鹿島アントラーズ/6度目) ▽帰国直後の一戦にも粘り強いディフェンスとカバーリングで無失点勝利に貢献 MF<span style="font-weight:700;">大島僚太</span>(川崎フロンターレ/4度目) ▽攻守において卓越した技術を披露。自身の今シーズン初ゴールで5試合無失点の守備をこじ開けた MF<span style="font-weight:700;">ソウザ</span>(セレッソ大阪/5度目) ▽安定したボール捌きで周囲に余裕を与えた。正確な左CKから勝利を決定づけるゴールもアシスト MF<span style="font-weight:700;">古林将太</span>(ベガルタ仙台/初) ▽クロッサーとしての本領を発揮し、3得点に絡む大活躍。豊富なスタミナで右サイドを制圧 MF<span style="font-weight:700;">中村憲剛</span>(川崎フロンターレ/3度目) ▽質の高いスルーパスに加え、積極的なプレスで相手の混乱を招いた。鋭い読みを駆使したボール奪取から3点目をお膳立て MF<span style="font-weight:700;">ハモン・ロペス</span>(柏レイソル/初) ▽今シーズン初ゴールがチームの貴重な先制点に。ダメ押し弾もアシストし、3位浮上の立役者となった FW<span style="font-weight:700;">石原直樹</span>(ベガルタ仙台/初) ▽優れたゴールへの嗅覚で先制点含む2ゴールをマーク。ゴールラッシュへの口火となった FW<span style="font-weight:700;">杉本健勇</span>(セレッソ大阪/5度目) ▽高さを生かしたポストプレーや巧みな駆け引きで得点ランクトップタイに躍り出る2得点。代表たる所以を示した 2017.09.11 13:30 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第24節】“14戦無敗”横浜FMから2人の堅守体現者が選出!

▽明治安田生命J1リーグ第24節の全9試合が26日から27日にかけて開催された。超WS編集部が第24節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆第24節の超WS選定J1週間ベストイレブン GK:曽ケ端準 DF:高橋祥平、中澤佑二、ミロシュ・デゲネク MF:兵藤慎剛、三竿健斗、レアンドロ、井手口陽介、扇原貴宏 FW:川又堅碁、興梠慎三 ◆寸評 GK<span style="font-weight:700;">曽ケ端準</span>(鹿島アントラーズ/初) ▽健在ぶりをアピール。抜群のショットストップを連発し、ゴールに鍵をかけた DF<span style="font-weight:700;">高橋祥平</span>(ジュビロ磐田/2度目) ▽闘志溢れる守備と機を見た攻撃参加を披露。アグレッシブな姿勢が際立った DF<span style="font-weight:700;">中澤佑二</span>(横浜F・マリノス/8度目) ▽衰えなし。格の違いを見せつける盤石の守備で最終ラインを“完全”統率 DF<span style="font-weight:700;">ミロシュ・デゲネク</span>(横浜F・マリノス/2度目) ▽相方の中澤と抜群の連携で最終ラインをリード。中央に陣取り、鉄壁の壁を構築した MF<span style="font-weight:700;">兵藤慎剛</span>(北海道コンサドーレ札幌/2度目) ▽中盤の主軸を司り、決勝点をアシスト。ボールの繋ぎ手としてもかなり効いていた MF<span style="font-weight:700;">三竿健斗</span>(鹿島アントラーズ/2度目) ▽高いボール奪取力を生かして最終ラインの前で広範囲をカバー。印象的だった MF<span style="font-weight:700;">レアンドロ</span>(鹿島アントラーズ/2度目) ▽セレッソ大阪との直接対決で決勝弾。ミスもあったが、攻撃陣の中で出色の存在に MF<span style="font-weight:700;">井手口陽介</span>(ガンバ大阪/3度目) ▽右足アウトサイドの曲芸アシスト。ボールの回収役はもちろん、繋ぎ手としても躍動した MF<span style="font-weight:700;">扇原貴宏</span>(横浜F・マリノス/2度目) ▽ロングパスでファンを魅了すれば、絶妙なクロスから決勝点を演出。創出者ぶりを発揮した FW<span style="font-weight:700;">川又堅碁</span>(ジュビロ磐田/3度目) ▽同点弾でシーズン二桁得点に到達。攻撃の基準点としてもチームをリードした FW<span style="font-weight:700;">興梠慎三</span>(浦和レッズ/5度目) ▽ゴールこそなかったが、高水準のプレーぶり。要所で異彩を放ち、決勝弾を演出 2017.08.28 12:15 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第23節】今節は柏から最多 ついに覚醒した鳥栖のコロンビア人アタッカーも!

▽明治安田生命J1リーグ第23節の全9試合が19日から20日にかけて開催された。超WS編集部が第23節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆第23節の超WS選定J1週間ベストイレブン GK:中村航輔 DF:キム・ミンヒョク、奈良竜樹、中澤佑二、中山雄太 MF:伊東純也、大谷秀和、家長昭博 FW:ビクトル・イバルボ、興梠慎三、金崎夢生 ◆寸評 GK<span style="font-weight:700;">中村航輔</span>(柏レイソル/7度目) ▽ミスもあったが、MF倉田秋との一対一を確実に阻止するなど持ち前の安定したショットストップを披露 DF<span style="font-weight:700;">キム・ミンヒョク</span>(サガン鳥栖/3度目) ▽身体を張った守備で抜群の安定感。強度の高いプレーで守備を締めた DF<span style="font-weight:700;">奈良竜樹</span>(川崎フロンターレ/初) ▽闘志むき出しのディフェンスで最終ラインをリード。積極的な守備が光った DF<span style="font-weight:700;">中澤佑二</span>(横浜F・マリノス/7度目) ▽相方のDFミロシュ・デゲネクと共に鉄壁を構築。安定感は高まるばかり DF<span style="font-weight:700;">中山雄太</span>(柏レイソル/初) ▽地に足をつけた守備と出足の鋭いボールカットで存在感 MF<span style="font-weight:700;">伊東純也</span>(柏レイソル/初) ▽2戦連発弾が決勝点に。抜群の突破力で対面のDF藤春廣輝を攻略した MF<span style="font-weight:700;">大谷秀和</span>(柏レイソル/2度目) ▽中盤の底から潰し役、ビルドアップ役、両面で活躍。かなり効いていた MF<span style="font-weight:700;">家長昭博</span>(川崎フロンターレ/2度目) ▽チームトップのスプリント回数(22回)を記録するなど前節に続き好調。流動的な動きで相手を翻弄した FW<span style="font-weight:700;">ビクトル・イバルボ</span>(サガン鳥栖/初) ▽ついに覚醒のリーグ戦初得点を含む2ゴール。ポストプレーやスピードでも秀逸ぶりを発揮した FW<span style="font-weight:700;">興梠慎三</span>(浦和レッズ/4度目) ▽キャリアハイの15ゴールに到達。卓越したシュートスキルで違いに FW<span style="font-weight:700;">金崎夢生</span>(鹿島アントラーズ/4度目) ▽1得点1アシストの活躍。視察に訪れた日本代表監督に好アピール 2017.08.21 13:00 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第22節】ついに川崎Fレフティがノミネート! “FK名手”俊輔も

▽明治安田生命J1リーグ第22節の全9試合が7月22日、8月13日に開催された。超WS編集部が第22節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆第22節の超WS選定J1週間ベストイレブン GK:大久保択生 DF:小池龍太、大井健太郎、ミロシュ・デゲネク、山中亮輔 MF:中村俊輔、大島僚太、家長昭博 FW:江坂任、杉本健勇、クリスティアーノ ◆寸評 GK<span style="font-weight:700;">大久保択生</span>(FC東京/初) ▽プロ10年目でJ1初出場。ビッグセーブ連発で勝利を呼び込む DF<span style="font-weight:700;">小池龍太</span>(柏レイソル/2度目) ▽真骨頂とする無尽蔵のスタミナを発揮。攻守にフル回転した DF<span style="font-weight:700;">大井健太郎</span>(ジュビロ磐田/4度目) ▽セットプレーから今季4得点目。抜群の安定感で守備面も卒なし DF<span style="font-weight:700;">ミロシュ・デゲネク</span>(横浜F・マリノス/初) ▽中央に構えて対応。DF中澤佑二との好連携で鉄壁を築いた DF<span style="font-weight:700;">山中亮輔</span>(横浜F・マリノス/3度目) ▽決勝点お膳立て&イバルボ封殺。文句なしの出来 MF<span style="font-weight:700;">大島僚太</span>(川崎フロンターレ/3度目) ▽秀逸。的確なボール捌きで中盤を司り、オウンゴールを誘発 MF<span style="font-weight:700;">中村俊輔</span>(ジュビロ磐田/4度目) ▽FKから圧巻の2アシスト。流れを一瞬にして変えてしまう左足の精度に脱帽 MF<span style="font-weight:700;">家長昭博</span>(川崎フロンターレ/初) ▽今季リーグ初得点。ボールの出し入れに多く関与し、存在感を高めた FW<span style="font-weight:700;">江坂任</span>(大宮アルディージャ/4度目) ▽4試合ぶりの一発。61分のピンチを身体で阻むなど守備面でも活躍 FW<span style="font-weight:700;">杉本健勇</span>(セレッソ大阪/4度目) ▽開始8分間で2発を奪って浦和レッズを粉砕。躍動した FW<span style="font-weight:700;">クリスティアーノ</span>(柏レイソル/4度目) ▽今季初の1試合2得点で3季ぶりの二桁得点に到達。一度乗ったら手がつけられない 2017.08.14 14:00 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース