【超WS選定週間ベストイレブン/J1第4節】開幕4連勝の神戸&多摩川クラシコ制したFC東京から最多選出2017.03.20 17:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽明治安田生命J1リーグ第4節の全9試合が18日から19日にかけて開催された。超WS編集部が第4節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。

◆第4節の超WS選定J1週間ベストイレブン
GK:林彰洋
DF:山村和也、平岡康裕、岩波拓也
MF:遠藤康、小椋祥平、今野泰幸、大森晃太郎
FW:都倉賢、ラファエル・シルバ、ピーター・ウタカ

◆寸評
GK林彰洋(FC東京/初)
▽大柄な体格を生かしたショットストップを披露。川崎フロンターレの攻撃陣を完封

DF山村和也(セレッソ大阪/初)
▽チームを今季初白星に導く一発。さらに、ユーティリティぶりも遺憾なく発揮した

DF平岡康裕(ベガルタ仙台/初)
▽相手のシュートをことごとく身体でブロック。そういったプレーがチームの勝利に繋がった

DF岩波拓也(ヴィッセル神戸/初)
▽空陸ともに上々の出来。新加入のDF渡部博文との連携も試合ごとに安定感

MF遠藤康(鹿島アントラーズ/初)
▽セットプレーとクロスから2アシスト。チームを奮い立たせた

MF小椋祥平(ヴァンフォーレ甲府/2回目)
▽自身の前で食い止めるディフェンス力を発揮。チームの活力となり、反発力を生んだ

MF今野泰幸(ガンバ大阪/2回目)
▽守備的MFとしてはもちろん、攻撃時の存在感。34歳でさらなる覚醒

MF大森晃太郎(ヴィッセル神戸/2回目)
▽2戦連発。定評の足技で狭いスペースを掻い潜るドリブルスキルで異彩を放った

FW都倉賢(北海道コンサドーレ札幌/初)
▽2戦連発でエースの仕事をきっちりと遂行。さすがのひと言

FWラファエル・シルバ(浦和レッズ/初)
▽開幕から4戦連発で早くも今季5ゴール。今後も対戦相手に猛威の予感

FWピーター・ウタカ(FC東京/初)
▽今季リーグ戦初出場で1ゴール1アシスト。新天地での活躍も間違いなさそうだ

コメント

関連ニュース

thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第22節】ついに川崎Fレフティがノミネート! “FK名手”俊輔も

▽明治安田生命J1リーグ第22節の全9試合が7月22日、8月13日に開催された。超WS編集部が第22節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆第22節の超WS選定J1週間ベストイレブン GK:大久保択生 DF:小池龍太、大井健太郎、ミロシュ・デゲネク、山中亮輔 MF:中村俊輔、大島僚太、家長昭博 FW:江坂任、杉本健勇、クリスティアーノ ◆寸評 GK<span style="font-weight:700;">大久保択生</span>(FC東京/初) ▽プロ10年目でJ1初出場。ビッグセーブ連発で勝利を呼び込む DF<span style="font-weight:700;">小池龍太</span>(柏レイソル/2度目) ▽真骨頂とする無尽蔵のスタミナを発揮。攻守にフル回転した DF<span style="font-weight:700;">大井健太郎</span>(ジュビロ磐田/4度目) ▽セットプレーから今季4得点目。抜群の安定感で守備面も卒なし DF<span style="font-weight:700;">ミロシュ・デゲネク</span>(横浜F・マリノス/初) ▽中央に構えて対応。DF中澤佑二との好連携で鉄壁を築いた DF<span style="font-weight:700;">山中亮輔</span>(横浜F・マリノス/3度目) ▽決勝点お膳立て&イバルボ封殺。文句なしの出来 MF<span style="font-weight:700;">大島僚太</span>(川崎フロンターレ/3度目) ▽秀逸。的確なボール捌きで中盤を司り、オウンゴールを誘発 MF<span style="font-weight:700;">中村俊輔</span>(ジュビロ磐田/4度目) ▽FKから圧巻の2アシスト。流れを一瞬にして変えてしまう左足の精度に脱帽 MF<span style="font-weight:700;">家長昭博</span>(川崎フロンターレ/初) ▽今季リーグ初得点。ボールの出し入れに多く関与し、存在感を高めた FW<span style="font-weight:700;">江坂任</span>(大宮アルディージャ/4度目) ▽4試合ぶりの一発。61分のピンチを身体で阻むなど守備面でも活躍 FW<span style="font-weight:700;">杉本健勇</span>(セレッソ大阪/4度目) ▽開始8分間で2発を奪って浦和レッズを粉砕。躍動した FW<span style="font-weight:700;">クリスティアーノ</span>(柏レイソル/4度目) ▽今季初の1試合2得点で3季ぶりの二桁得点に到達。一度乗ったら手がつけられない 2017.08.14 14:00 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第21節】首位に痛快勝利の清水から若手2名ノミネート!

▽明治安田生命J1リーグ第21節の全9試合が9日に開催された。超WS編集部が第21節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆第21節の超WS選定J1週間ベストイレブン GK:権田修一 DF:チャン・ヒョンス、中澤佑二、車屋紳太郎、松原后 MF:アンデルソン・ロペス、柏木陽介、カウエ、齋藤学 FW:北川航也、金崎夢生 ◆寸評 GK<span style="font-weight:700;">権田修一</span>(サガン鳥栖/3度目) ▽被シュート20本も好セーブ連発で零封。勝ち点獲得の呼び水に DF<span style="font-weight:700;">チャン・ヒョンス</span>(FC東京/初) 4年ぶりFC東京復帰戦で躍動。強さはもちろん、ビルドアップ能力でも違いに DF<span style="font-weight:700;">中澤佑二</span>(横浜F・マリノス/6度目) ▽衰え知らずの安定感。要所の締め方はさすがのひと言 DF<span style="font-weight:700;">車屋紳太郎</span>(川崎フロンターレ/3度目) ▽推進力あふれる突破からアシスト。高い攻撃意識で自サイドを活性化 DF<span style="font-weight:700;">松原后</span>(清水エスパルス/2度目) ▽PK奪取&好クロスからアシスト。出色のパフォーマンス MF<span style="font-weight:700;">アンデルソン・ロペス</span>(サンフレッチェ広島/初) ▽研ぎ澄まされたシュートテクニックを披露。2発でチームを救う MF<span style="font-weight:700;">柏木陽介</span>(浦和レッズ/2度目) ▽ゲームメーカーとしての働きを担いながら技ありループで勝利を呼び込む MF<span style="font-weight:700;">カウエ</span>(大宮アルディージャ/初) ▽的確な散らしと縦パスが印象的。強烈ボレーで嬉しい加入後初ゴール MF<span style="font-weight:700;">齋藤学</span>(横浜F・マリノス/4度目) ▽抜群の存在感。ゴール欠乏症を真骨頂のドリブルでカバー FW<span style="font-weight:700;">北川航也</span>(清水エスパルス/初) ▽後半にフィニッシャーとして開眼で2発。好インパクト FW<span style="font-weight:700;">金崎夢生</span>(鹿島アントラーズ/3度目) ▽移籍騒動の渦中にあったチームから会心の2発。圧巻だった 2017.08.10 13:00 Thu
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第20節】広島の救世主に名乗り!? 躍動の怪人パトリックが初選出!

▽明治安田生命J1リーグ第20節の全9試合が5日に開催された。超WS編集部が第20節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆第20節の超WS選定J1週間ベストイレブン GK:権田修一 DF:中谷進之介、新井涼平、エデル・リマ、山中亮輔 MF:三竿健斗、天野純、土居聖真 FW:クリスティアーノ、パトリック、杉本健勇 ◆寸評 GK<span style="font-weight:700;">権田修一</span>(サガン鳥栖/2度目) ▽安定したセーブを披露。防戦一方の後半を1失点にまとめ上げた DF<span style="font-weight:700;">中谷進之介</span>(柏レイソル/4度目) ▽前節2得点衝撃デビューのFWルーカス・ポドルスキを封殺。頼もしかった DF<span style="font-weight:700;">新井涼平</span>(ヴァンフォーレ甲府/初) ▽タレント揃いのガンバ大阪攻撃陣をシャットアウト。終始ブレなし DF<span style="font-weight:700;">エデル・リマ</span>(ヴァンフォーレ甲府/3度目) ▽高い身体能力を生かした堅守を披露。機を見た攻撃参加でも相手にダメージ DF<span style="font-weight:700;">山中亮輔</span>(横浜F・マリノス/2度目) ▽2試合連続アシスト。課題の守備面も大崩れすることなく◎ MF<span style="font-weight:700;">三竿健斗</span>(鹿島アントラーズ/初) ▽ボール奪取能力で存在感を発揮。ボール捌きも上々 MF<span style="font-weight:700;">天野純</span>(横浜F・マリノス/初) ▽2試合連続ゴール。周囲と異なるプレービジョンがアクセントに MF<span style="font-weight:700;">土居聖真</span>(鹿島アントラーズ/初) ▽流れるような一連の動作から均衡破る一発。持ち味を生かしたゴールだった FW<span style="font-weight:700;">クリスティアーノ</span>(柏レイソル/3度目) ▽1得点1アシストの活躍。J屈指のミドルシューターぶりが光った FW<span style="font-weight:700;">パトリック</span>(サンフレッチェ広島/初) ▽新天地初ゴールを含めて全得点に関与。救世主としての活躍に期待大 FW<span style="font-weight:700;">杉本健勇</span>(セレッソ大阪/3度目) ▽5戦連発で得点ランキングトップタイの13得点目。勢い止まる気配なし 2017.08.07 09:00 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第19節】夏の新戦力から2名ノミネート! 川崎F粉砕の磐田からも続々!

▽明治安田生命J1リーグ第19節の全9試合が29日から30日にかけて開催された。超WS編集部が第19節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆第19節の超WS選定J1週間ベストイレブン GK:権田修一 DF:三浦弦太、キム・ミンヒョク、大井健太郎 MF:宮澤裕樹、田中英雄、兵藤慎剛、川辺駿 FW:金崎夢生、ルーカス・ポドルスキ、ファン・ウィジョ ◆寸評 GK<span style="font-weight:700;">権田修一</span>(サガン鳥栖/初) ▽危ない場面で安定感抜群のセービングで失点阻止。チームをアウェイ初勝利に導く DF<span style="font-weight:700;">三浦弦太</span>(ガンバ大阪/4度目) ▽ケガの不安を抱えての出場だったが、CKから逆転弾。要所での存在感は絶大だった DF<span style="font-weight:700;">キム・ミンヒョク</span>(サガン鳥栖/2度目) ▽FWパトリックの対応に手を焼いたが、最後まで戦い抜く。上々の内容だった DF<span style="font-weight:700;">大井健太郎</span>(ジュビロ磐田/3度目) ▽身体を張ったディフェンスで防波堤としてそびえ立つ。守備陣を引き締めた MF<span style="font-weight:700;">宮澤裕樹</span>(北海道コンサドーレ札幌/2度目) ▽高い危機察知能力で中盤をコントロール。MF兵藤慎剛と共にかなり効いたプレーぶり MF<span style="font-weight:700;">田中英雄</span>(ヴィッセル神戸/初) ▽鮮やかミドルで試合を決定付ける3点目をマーク。試合を通じて攻守に際立つ活躍 MF<span style="font-weight:700;">兵藤慎剛</span>(北海道コンサドーレ札幌/初) ▽冷静かつ的確なボール捌きでMF宮澤裕樹と阿吽の呼吸。チームを落ち着かせた MF<span style="font-weight:700;">川辺駿</span>(ジュビロ磐田/3度目) ▽13年ぶり6連勝を呼び込むプロ初のマルチ弾。攻守に躍動し続けた FW<span style="font-weight:700;">金崎夢生</span>(鹿島アントラーズ/2度目) ▽1得点1アシストの活躍でここ最近の移籍騒動もどこ吹く風 FW<span style="font-weight:700;">ルーカス・ポドルスキ</span>(ヴィッセル神戸/初) ▽初先発でいきなりドッペルパックの衝撃なJデビュー。さすがのひと言 FW<span style="font-weight:700;">ファン・ウィジョ</span>(ガンバ大阪/初) ▽夏の新戦力が大阪ダービーで1ゴールの躍動。サポーターの心もキャッチ 2017.07.31 11:30 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定前半戦ベストイレブン/特別編】10〜18位クラブから選んでみた! 奮闘際立つ11人

▽明治安田生命J1リーグ第17節が終わり、早くもシーズン折り返しに。超WS編集部が前半戦(第1節〜17節)までを査定対象に、特別編として10〜18位クラブから印象に残った選手でベストイレブンを選んでみた。 ◆10位〜18位クラブ選出のベストイレブン GK岡大生(ヴァンフォーレ甲府) 明治安田生命J1リーグ:17試合(先発17回)/18失点 ▽得点力不足のチーム状況下で踏ん張りの効いたセーブを披露 DF渡部博文(ヴィッセル神戸) 明治安田生命J1リーグ:16試合(先発16回)/1得点 ▽読みの鋭いカバーリングでDF岩波拓也の良き相棒に DFエデル・リマ(ヴァンフォーレ甲府) 明治安田生命J1リーグ:15試合(先発14回)/1得点 ▽個のスキルで見劣りするチーム内で、対人プレーの強さと高い攻撃力で異彩を放つ DF福森晃斗(北海道コンサドーレ札幌) 明治安田生命J1リーグ:17試合(先発17回)/1得点 ▽代名詞のプレースキックがチームの攻撃パターンの1つに。精度はJリーグ屈指 MF大森晃太郎(ヴィッセル神戸) 明治安田生命J1リーグ:15試合(先発15回)/3得点 ▽半シーズンながらキャリアハイの5得点に迫る3ゴールを記録。元々のドリブルスキルに質が加わった MF福田晃斗(サガン鳥栖) 明治安田生命J1リーグ:16試合(先発12回)/1得点 ▽マッシモ・フィッカデンティ采配の体現者に。売りとする無尽蔵の運動量は目を見張る MF原川力(サガン鳥栖) 明治安田生命J1リーグ:17試合(先発15回)/3得点 ▽新天地でコンダクターとしての輝きを取り戻す。すでに不可欠な存在となりつつある MF永戸勝也(ベガルタ仙台) 明治安田生命J1リーグ:17試合(先発16回)/0得点 ▽今シーズンの最優秀若手候補。正確無比なキックは一級品で、ルーキーとは思えぬ働きぶり FW鄭大世(清水エスパルス) 明治安田生命J1リーグ:16試合(先発16回)/7得点 ▽少ないチャンスを確実に決めていく姿はまさにエース。堂々たるプレーぶりで存在感も際立っている FWクリスラン(ベガルタ仙台) 明治安田生命J1リーグ:13試合(先発7回)/7得点 ▽圧倒的なシュートセンスで瞬く間にチーム内で地位を確率。この男の決定力はチームの強みに FW江坂任(大宮アルディージャ) 明治安田生命J1リーグ:17試合(先発17回)/5得点 ▽苦しいチーム状況の中、一人気を吐く5ゴール。より“恐い選手”に覚醒しつつある 2017.07.28 18:01 Fri
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース