超ワールドサッカー

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第4節】開幕4連勝の神戸&多摩川クラシコ制したFC東京から最多選出2017.03.20 17:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽明治安田生命J1リーグ第4節の全9試合が18日から19日にかけて開催された。超WS編集部が第4節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。

◆第4節の超WS選定J1週間ベストイレブン
GK:林彰洋
DF:山村和也、平岡康裕、岩波拓也
MF:遠藤康、小椋祥平、今野泰幸、大森晃太郎
FW:都倉賢、ラファエル・シルバ、ピーター・ウタカ

◆寸評
GK林彰洋(FC東京/初)
▽大柄な体格を生かしたショットストップを披露。川崎フロンターレの攻撃陣を完封

DF山村和也(セレッソ大阪/初)
▽チームを今季初白星に導く一発。さらに、ユーティリティぶりも遺憾なく発揮した

DF平岡康裕(ベガルタ仙台/初)
▽相手のシュートをことごとく身体でブロック。そういったプレーがチームの勝利に繋がった

DF岩波拓也(ヴィッセル神戸/初)
▽空陸ともに上々の出来。新加入のDF渡部博文との連携も試合ごとに安定感

MF遠藤康(鹿島アントラーズ/初)
▽セットプレーとクロスから2アシスト。チームを奮い立たせた

MF小椋祥平(ヴァンフォーレ甲府/2回目)
▽自身の前で食い止めるディフェンス力を発揮。チームの活力となり、反発力を生んだ

MF今野泰幸(ガンバ大阪/2回目)
▽守備的MFとしてはもちろん、攻撃時の存在感。34歳でさらなる覚醒

MF大森晃太郎(ヴィッセル神戸/2回目)
▽2戦連発。定評の足技で狭いスペースを掻い潜るドリブルスキルで異彩を放った

FW都倉賢(北海道コンサドーレ札幌/初)
▽2戦連発でエースの仕事をきっちりと遂行。さすがのひと言

FWラファエル・シルバ(浦和レッズ/初)
▽開幕から4戦連発で早くも今季5ゴール。今後も対戦相手に猛威の予感

FWピーター・ウタカ(FC東京/初)
▽今季リーグ戦初出場で1ゴール1アシスト。新天地での活躍も間違いなさそうだ

コメント

関連ニュース

thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第15節】磐田に勝利呼び込んだ2選手が選出! フィニッシャーとして開花の川崎Fアタッカーも!

▽明治安田生命J1リーグ第15節の全9試合が17日から18日にかけて開催された。超WS編集部が第15節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆第15節の超WS選定J1週間ベストイレブン GK:シュミット・ダニエル DF:昌子源、中澤佑二、谷口彰悟 MF:倉田秋、松浦拓弥、阿部浩之、中村充孝 FW:ペドロ・ジュニオール、江坂任、アダイウトン ◆寸評 GK<span style="font-weight:700;">シュミット・ダニエル</span>(ベガルタ仙台/初) ▽1失点こそ許したが、好セーブを連発。判断の良さが光った DF<span style="font-weight:700;">昌子源</span>(鹿島アントラーズ/5度目) ▽鋭いチェックでキーマンを完封。余裕さえ感じさせるプレーぶり DF<span style="font-weight:700;">中澤佑二</span>(横浜F・マリノス/4度目) ▽終始安定。経験に裏打ちされた手綱捌きで守備陣をリードした DF<span style="font-weight:700;">谷口彰悟</span>(川崎フロンターレ/初) ▽試合を通じて安定感。守備の要としてしっかりと役割を果たした MF<span style="font-weight:700;">倉田秋</span>(ガンバ大阪/3度目) ▽代表の疲労を感じさせないマルチロールな活躍。決勝点をアシスト MF<span style="font-weight:700;">松浦拓弥</span>(ジュビロ磐田/初) ▽監督の期待に即回答。会心の2発で浦和レッズ撃破のヒーローに MF<span style="font-weight:700;">阿部浩之</span>(川崎フロンターレ/3度目) ▽ワールドクラスの一発が決勝点に。直近5試合で4発目 MF<span style="font-weight:700;">中村充孝</span>(鹿島アントラーズ/初) ▽2アシスト。攻守両面で出色のパフォーマンス FW<span style="font-weight:700;">ペドロ・ジュニオール</span>(鹿島アントラーズ/初) ▽新指揮官の下で2発。決定力の部分で違いに FW<span style="font-weight:700;">江坂任</span>(大宮アルディージャ/2度目) ▽勝ち点3が求められる大事な試合で2ゴール。まさにエースの働き FW<span style="font-weight:700;">アダイウトン</span>(ジュビロ磐田/初) ▽相手のミスを突いてゴールをゲット。さらに、松浦の2ゴールをお膳立て 2017.06.19 10:45 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第14節】柏の無尽蔵な小兵とビッグセーバーがノミネート! G大阪蹂躙の磐田ストライカーも!

▽明治安田生命J1リーグ第14節の全9試合が4日に開催された。超WS編集部が第14節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆第14節の超WS選定J1週間ベストイレブン GK:中村航輔 DF:高橋祥平、中澤佑二、山下達也、永戸勝也 MF:レアンドロ、ニウトン、ムサエフ、中川寛斗 FW:川又堅碁、大久保嘉人 ◆寸評 GK<span style="font-weight:700;">中村航輔</span>(柏レイソル/6度目) ▽安定感抜群のショットストップでゴールマウスに鍵をかけた DF<span style="font-weight:700;">高橋祥平</span>(ジュビロ磐田/初) ▽冷静かつ安定感伴う守備。クリーンシート達成の立役者に DF<span style="font-weight:700;">中澤佑二</span>(横浜F・マリノス/3度目) ▽ベテランらしくラインコントロールを徹底した守備でクラブ伝統の堅守を体現 DF<span style="font-weight:700;">山下達也</span>(セレッソ大阪/初) ▽締まった守備を見せる中で1ゴール。最終ラインから攻守に充実の内容 DF<span style="font-weight:700;">永戸勝也</span>(ベガルタ仙台/2度目) ▽クロス精度が冴え渡る。幾度もゴールチャンスを創出するなど相手の脅威に MF<span style="font-weight:700;">レアンドロ</span>(鹿島アントラーズ/初) ▽2ゴールの結果で先発起用に一発回答。新指揮官の下で生き生きとプレーした MF<span style="font-weight:700;">ニウトン</span>(ヴィッセル神戸/3度目) ▽勝ち点3を呼び込む土壇場決勝弾。攻守に好パフォーマンス MF<span style="font-weight:700;">ムサエフ</span>(ジュビロ磐田/2度目) ▽攻守にエネルギッシュな働きを見せて相手中盤を圧倒 MF<span style="font-weight:700;">中川寛斗</span>(柏レイソル/初) ▽決勝点。無尽蔵のスタミナでプレッシングサッカーの旗手としての存在感も絶大 FW<span style="font-weight:700;">川又堅碁</span>(ジュビロ磐田/2度目) ▽2ゴール1アシストの全得点を演出するなど相手守備陣を蹂躙 FW<span style="font-weight:700;">大久保嘉人</span>(FC東京/2度目) ▽2発躍動。ストライカーとしての嗅覚を生かしてゴール前で違いに 2017.06.05 09:00 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第13節】7連勝柏のMF武富孝介が出色のパフォーマンス! C大阪MF山村和也も文句なしの選出

▽明治安田生命J1リーグ第13節の延期分を除く7試合が27日から28日にかけて開催された。超WS編集部が第13節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆第13節の超WS選定J1週間ベストイレブン GK:飯倉大樹 DF:松原健、中澤佑二、マテイ・ヨニッチ、永戸勝也 MF:山村和也、ソウザ、武富孝介 FW:ウーゴ・ヴィエイラ、クリスラン、クリスティアーノ ◆寸評 GK<span style="font-weight:700;">飯倉大樹</span>(横浜F・マリノス/初) ▽勝利を呼び込むビッグセーブ。落ち着いた対応でピンチの芽を摘んだ DF<span style="font-weight:700;">松原健</span>(横浜F・マリノス/初) ▽左足の強烈シュートでプロ初ゴール。攻守にアグレッシブさを貫いた DF<span style="font-weight:700;">中澤佑二</span>(横浜F・マリノス/2度目) ▽J通算550試合の出場。経験に裏打ちされた冷静な対応が光った DF<span style="font-weight:700;">マテイ・ヨニッチ</span>(セレッソ大阪/3度目) ▽正確なロングフィードでアシスト。Kリーグベストイレブンの実績は伊達じゃない DF<span style="font-weight:700;">永戸勝也</span>(ベガルタ仙台/初) ▽1アシスト。クロッサーとして多くのシュートチャンスを作り出しつつ、守備面も◎ MF<span style="font-weight:700;">ソウザ</span>(セレッソ大阪/2度目) ▽読みの鋭い動き出しでボールの回収役として広範囲をカバー MF<span style="font-weight:700;">山村和也</span>(セレッソ大阪/3度目) ▽1ゴール1アシスト。動きはもはやストライカー MF<span style="font-weight:700;">武富孝介</span>(柏レイソル/初) ▽2ゴール1アシストの大活躍で今節のMOM。攻撃センスを遺憾なく発揮した FW<span style="font-weight:700;">クリスティアーノ</span>(柏レイソル/2度目) ▽1ゴール。全4得点に絡むハイパフォーマンス FW<span style="font-weight:700;">ウーゴ・ヴィエイラ</span>(横浜F・マリノス/初) ▽スクランブル出場で2発。抜け目のないストライカーとして十分な働き FW<span style="font-weight:700;">クリスラン</span>(ベガルタ仙台/2度目) ▽途中出場からの2ゴールで逆転勝利を呼び込む。2点目は圧巻だった 2017.05.29 12:30 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第12節】G大阪を首位に導くボレー弾の新10番や今季2度目ハットの浦和エースが選出

▽明治安田生命J1リーグ第12節の全9試合が19日から20日にかけて開催された。超WS編集部が第12節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆第12節の超WS選定J1週間ベストイレブン GK:中村航輔 DF:オ・ジェソク、大岩一貴、富澤清太郎、車屋紳太郎 MF:ソウザ、大谷秀和、倉田秋 FW:興梠慎三、鄭大世、長谷川竜也 ◆寸評 GK<span style="font-weight:700;">中村航輔</span>(柏レイソル/5度目) ▽ここ数試合と同様、驚異的なレスポンスを披露。ビッグセーバーぶりを発揮した DF<span style="font-weight:700;">オ・ジェソク</span>(ガンバ大阪/初) ▽一対一の場面で無類の強さ。また、攻め上がりからゴールチャンスを演出するなど攻撃面でも◎ DF<span style="font-weight:700;">大岩一貴</span>(ベガルタ仙台/初) ▽ヘディングシュートで同点弾。チームとして失点こそ許したものの、個人としては大きな破城なし DF<span style="font-weight:700;">富澤清太郎</span>(アルビレックス新潟/2度目) ▽安定した守備だけでなく、絶妙なパスから決勝弾を演出。呂比須ワグナー体制初陣で勝利を呼び込む活躍 DF<span style="font-weight:700;">車屋紳太郎</span>(川崎フロンターレ/初) ▽攻守に読みを効かせたプレーぶりでチームパフォーマンス向上の一翼に。役割を見事に遂行した MF<span style="font-weight:700;">ソウザ</span>(セレッソ大阪/初) ▽CKから2ゴールを演出。中盤の底で組み立て役を担い、タレント揃いの前線を好フォロー MF<span style="font-weight:700;">大谷秀和</span>(柏レイソル/初) ▽バランスを意識しつつ、攻守に存在感。老獪なプレーでチームをリードした MF<span style="font-weight:700;">倉田秋</span>(ガンバ大阪/2度目) ▽豊富な運動量とドリブルスキルで鳥栖守備陣を翻弄。右足ハーフボレーで叩き込んだゴールでもファンを魅了 FW<span style="font-weight:700;">興梠慎三</span>(浦和レッズ/3度目) ▽今季2度目のハットトリックで早くも11ゴール。相手からしてみれば手がつけられない状況 FW<span style="font-weight:700;">鄭大世</span>(清水エスパルス/3度目) ▽真っ赤に染める敵地でチームを窮地から救う2発。まさにエースに相応しい活躍ぶり FW<span style="font-weight:700;">長谷川竜也</span>(川崎フロンターレ/初) ▽前節に続きゴールをゲット。機動力と俊敏性でチームの攻撃にアクセントを加えた 2017.05.22 11:15 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第11節】止まぬ柏守護神の輝き! 大宮に今季2勝目を呼び込んだ新10番も選出!

▽明治安田生命J1リーグ第11節の全9試合が14日に開催された。超WS編集部が第11節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆第11節の超WS選定J1週間ベストイレブン GK:中村航輔 DF:中谷進之介、マテイ・ヨニッチ、ファビオ MF:阿部浩之、ニウトン、喜田拓也、チアゴ・アウベス FW:大前元紀、杉本健勇、興梠慎三 ◆寸評 GK<span style="font-weight:700;">中村航輔</span>(柏レイソル/4回目) ▽驚異的なレスポンスで2つのビッグセーブ。チームを5連勝に導くと共にファンを魅了 DF<span style="font-weight:700;">中谷進之介</span>(柏レイソル/2回目) ▽相方のDF中山雄太が不在だった中、いつも通り冷静かつテクニカルな対応で最終ラインをリード DF<span style="font-weight:700;">マテイ・ヨニッチ</span>(セレッソ大阪/2回目) ▽セットプレーから2発。守備面よりも攻撃面で存在感を際立たせた試合に DF<span style="font-weight:700;">ファビオ</span>(ガンバ大阪/初選出) ▽判定に助けられる場面もあったが、相手のハイボール戦術を封殺。鉄壁の守備を見事に体現した MF<span style="font-weight:700;">阿部浩之</span>(川崎フロンターレ/2回目) ▽日を追うごとに増す存在感。川崎フロンターレで習得しつつあるゴールへの意識が相手の脅威に MF<span style="font-weight:700;">ニウトン</span>(ヴィッセル神戸/2回目) ▽ボールの回収役という黒子の役割を見事に完遂。鹿島アントラーズ攻撃陣から自由を奪った MF<span style="font-weight:700;">喜田拓也</span>(横浜F・マリノス/初選出) ▽ボールハンターとして傑出したパフォーマンス。ことごとく相手の攻撃の芽を摘み取る働き MF<span style="font-weight:700;">チアゴ・アウベス</span>(清水エスパルス/2回目) ▽圧巻ミドルで2戦連発の今シーズン3ゴール目。ボールが足下に入れば手がつけられない存在に FW<span style="font-weight:700;">大前元紀</span>(大宮アルディージャ/初選出) ▽後半頭から出場で移籍後初ゴール含む2得点に絡む。逆転勝利を呼び込み、新天地で待望の活躍 FW<span style="font-weight:700;">杉本健勇</span>(セレッソ大阪/2回目) ▽2発含む4得点演出の圧巻パフォーマンス。試合ごとに存在感が際立つ FW<span style="font-weight:700;">興梠慎三</span>(浦和レッズ/2回目) ▽J1得点王争いで独走態勢に入る決勝ゴール。多彩な攻撃バリエーションで味方の得点チャンスも作り出す 2017.05.15 14:00 Mon
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース