【超WS選定週間ベストイレブン/J1第4節】開幕4連勝の神戸&多摩川クラシコ制したFC東京から最多選出2017.03.20 17:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽明治安田生命J1リーグ第4節の全9試合が18日から19日にかけて開催された。超WS編集部が第4節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。

◆第4節の超WS選定J1週間ベストイレブン
GK:林彰洋
DF:山村和也、平岡康裕、岩波拓也
MF:遠藤康、小椋祥平、今野泰幸、大森晃太郎
FW:都倉賢、ラファエル・シルバ、ピーター・ウタカ

◆寸評
GK林彰洋(FC東京/初)
▽大柄な体格を生かしたショットストップを披露。川崎フロンターレの攻撃陣を完封

DF山村和也(セレッソ大阪/初)
▽チームを今季初白星に導く一発。さらに、ユーティリティぶりも遺憾なく発揮した

DF平岡康裕(ベガルタ仙台/初)
▽相手のシュートをことごとく身体でブロック。そういったプレーがチームの勝利に繋がった

DF岩波拓也(ヴィッセル神戸/初)
▽空陸ともに上々の出来。新加入のDF渡部博文との連携も試合ごとに安定感

MF遠藤康(鹿島アントラーズ/初)
▽セットプレーとクロスから2アシスト。チームを奮い立たせた

MF小椋祥平(ヴァンフォーレ甲府/2回目)
▽自身の前で食い止めるディフェンス力を発揮。チームの活力となり、反発力を生んだ

MF今野泰幸(ガンバ大阪/2回目)
▽守備的MFとしてはもちろん、攻撃時の存在感。34歳でさらなる覚醒

MF大森晃太郎(ヴィッセル神戸/2回目)
▽2戦連発。定評の足技で狭いスペースを掻い潜るドリブルスキルで異彩を放った

FW都倉賢(北海道コンサドーレ札幌/初)
▽2戦連発でエースの仕事をきっちりと遂行。さすがのひと言

FWラファエル・シルバ(浦和レッズ/初)
▽開幕から4戦連発で早くも今季5ゴール。今後も対戦相手に猛威の予感

FWピーター・ウタカ(FC東京/初)
▽今季リーグ戦初出場で1ゴール1アシスト。新天地での活躍も間違いなさそうだ

コメント

関連ニュース

thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第3節】FC東京を止めたG大阪から最多3選手

▽明治安田生命J1リーグ第3節の全9試合が10日から11日にかけて開催された。超WS編集部が第3節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆第3節の超WS選定J1週間ベストイレブン GK:東口順昭 DF:関根貴大、三浦弦太、昌子源、松原后 MF:中村俊輔、原川力、中村憲剛、大森晃太郎 FW:鄭大世、アデミウソン ◆寸評 GK<span style="font-weight:700;">東口順昭</span>(ガンバ大阪/初) ▽終盤に自身プロ初のPKストップ含むビッグセーブ3連発。圧巻だった DF<span style="font-weight:700;">関根貴大</span>(浦和レッズ/初) ▽守備が売りの甲府を相手に3アシスト。切れ味鋭いドリブルで右サイドを制圧した DF<span style="font-weight:700;">三浦弦太</span>(ガンバ大阪/2回目) ▽永井謙佑とのスピード勝負に物怖じすることなく封殺。ポテンシャルの高さを改めて証明した DF<span style="font-weight:700;">昌子源</span>(鹿島アントラーズ/初) ▽局面で抜群の安定感。勢いに乗る横浜FMの攻撃に対してもディフェンスリーダーぶりが光った DF<span style="font-weight:700;">松原后</span>(清水エスパルス/初) ▽前半から積極的な攻撃参加を披露。終盤に試合の行方を決定付けた一発は自身にとって嬉しいプロ初ゴール MF<span style="font-weight:700;">中村俊輔</span>(ジュビロ磐田/初) ▽ゲームメーカーとして輝きを放ちつつ、J1最多記録更新の直接FK弾。正確無比な左足は今季も健在だ MF<span style="font-weight:700;">原川力</span>(サガン鳥栖/初) ▽今季3戦目にして早くも2本目の直接FK弾。出場機会を求めて移籍した鳥栖でブレイクの予感 MF<span style="font-weight:700;">中村憲剛</span>(川崎フロンターレ/2回目) ▽1ゴール1アシストの活躍。チームの戦いに手応えを感じると共に、自身の新パフォーマンスも板についてきた MF<span style="font-weight:700;">大森晃太郎</span>(ヴィッセル神戸/初) ▽神戸移籍後初ゴール。独特なボールタッチとドリブルスキルで異彩を放つ FW<span style="font-weight:700;">鄭大世</span>(清水エスパルス/初) ▽チームをJ1舞台に3年ぶりの連勝に導く一発。“ここぞ”という場面で役割を全うできるあたりはさすがのひと言 FW<span style="font-weight:700;">アデミウソン</span>(ガンバ大阪/2回目) ▽好パフォーマンスを継続。まさにキレキレで、ひとたびボールを受ければFC東京の守備陣を混乱に陥れた 2017.03.13 13:45 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第2節】6年ぶり日立台攻略のG大阪から最多4選手が選出

▽明治安田生命J1リーグ第2節の全9試合が4日から5日にかけて開催された。超WS編集部が、第2節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆第2節の超WS選定J1週間ベストイレブン GK:クォン・スンテ DF:三浦弦太、森重真人、遠藤航 MF:初瀬亮、高橋義希、奥埜博亮、ダビド・バブンスキー、齋藤学 FW:長沢駿、アデミウソン ◆寸評 GK<span style="font-weight:700;">クォン・スンテ</span>(鹿島アントラーズ/初) ▽殊勲のPKストップでチームの今季リーグ戦初勝利に貢献。公式戦2連敗中というチーム状況からしても、悪い流れを断ち切るビッグプレーだった DF<span style="font-weight:700;">遠藤航</span>(浦和レッズ/初) ▽クロスへの対応や一対一、カバーリングの部分で抜群の安定感。さらに、自身の縦パスが武藤のゴールに直結 DF<span style="font-weight:700;">森重真人</span>(FC東京/2回目) ▽こう着状態を打ち破る強烈なミドルシュートで今季ホーム戦第1号。的確なラインコントロールもさすが DF<span style="font-weight:700;">三浦弦太</span>(ガンバ大阪/初) ▽J屈指のドリブラーであるクリスティアーノを完封。ビルドアップ能力だけでなく、守備力の部分でポテンシャルの高さを示した MF<span style="font-weight:700;">奥埜博亮</span>(ベガルタ仙台/初) ▽ポストを掠める右足のビューティフルゴールでチームを2012年以来5年ぶりの開幕2連勝に導く。また、走行距離もチーム最多 MF<span style="font-weight:700;">高橋義希</span>(サガン鳥栖/初) ▽右足の抑えの利いた右足ボレーシュートで今季初ゴール。さらに、試合終了間際には身体を張ったブロックで失点を阻止するなど攻守にわたって存在感を示した MF<span style="font-weight:700;">初瀬亮</span>(ガンバ大阪/初) ▽今シーズン初先発で勝ち越し弾をお膳立て。両足からそん色なく繰り出される高精度のクロスは今後、相手の脅威になる予感。また、守備面の向上も◎ MF<span style="font-weight:700;">ダビド・バブンスキー</span>(横浜F・マリノス/初) ▽開幕から2戦連発。随所で、バルセロナのカンテラ仕込みの高い技術を披露し、ファンの歓声を誘った MF<span style="font-weight:700;">齋藤学</span>(横浜F・マリノス/2回目) ▽開幕節に続き圧巻のパフォーマンスを披露。フィニッシュの精度こそ欠いたものの、1アシストを含む全得点に絡む。まさにキレキレ FW<span style="font-weight:700;">長沢駿</span>(ガンバ大阪/初) ▽相手との駆け引きで巧みさが際立つ2得点。日本代表を率いるハリルホジッチ監督の御前試合で異彩を放ち続け、チームの6年ぶりとなる鬼門・日立台攻略に貢献 FW<span style="font-weight:700;">アデミウソン</span>(ガンバ大阪/初) ▽チームが苦手とする柏を相手に今季最高とも言えるパフォーマンスを披露。ピッチを退くまで、試合を通じて切れ味するドリブルで相手を翻弄し続けた 2017.03.06 17:00 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第1節】G大阪を追い込んだ甲府から最多の3名を選出

▽明治安田生命J1リーグ開幕節の全9試合25日から26日にかけて開催された。超WS編集部が、第1節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆超WS選定J1週間ベストイレブン GK:岡大生 DF:渡部博文、森重真人、丸山祐市 MF:中村憲剛、小椋祥平、兵働昭弘、今野泰幸 FW:前田直輝、クリスティアーノ、齋藤学 GK<span style="font-weight:700;">岡大生</span>(ヴァンフォーレ甲府/初選出) ▽昨シーズンはリーグ戦の出場機会なしに終わるも開幕スタメンに抜擢されると、好セーブを連発。後半アディショナルタイムに失点も、新守護神としてチームの勝ち点獲得に一役を買った DF<span style="font-weight:700;">渡部博文</span>(ヴィッセル神戸/初選出) ▽新加入ながらCBとして先発出場。セットプレー時には惜しいヘッドも放つなど、攻守両面で活躍。チームの無失点開幕戦勝利に貢献 DF<span style="font-weight:700;">森重真人</span>(FC東京/初選出) ▽新加入選手が多い中、さすがの安定感を披露。FWペドロ・ジュニオール、FW金崎夢生と王者・鹿島アントラーズの攻撃陣を封じた DF<span style="font-weight:700;">丸山祐市</span>(FC東京/初選出) ▽森重とともに鹿島アントラーズの攻撃陣をシャットアウト。新守護神・林彰洋や左サイドバックに入った太田宏介との連携も良かった MF<span style="font-weight:700;">中村憲剛</span>(川崎フロンターレ/初選出) ▽昨シーズンのMVPが開幕戦から躍動。CKから小林悠の先制ゴールをアシストすると、後半アディショナルタイムにはとどめを刺すゴールを記録。新パフォーマンス“ジャスティス”も華麗に披露した MF<span style="font-weight:700;">小椋祥平</span>(ヴァンフォーレ甲府/初選出) ▽開幕戦で昨シーズンまで在籍したガンバ大阪といきなり対戦。かつての異名である“マムシ”らしさを存分に見せ、元本拠地のピッチで古巣封じに躍動した MF<span style="font-weight:700;">兵働昭弘</span>(ヴァンフォーレ甲府/初選出) ▽小椋とともにガンバ大阪の攻撃陣を封じ込めることに成功。ベテランらしい読みの鋭さと落ち着いたプレーで、アウェイでの勝ち点獲得を呼び込んだ MF<span style="font-weight:700;">今野泰幸</span>(ガンバ大阪/初選出) ▽新システムで一皮むけた印象の今野は攻守に躍動。後半アディショナルタイムにはチームを敗戦から救う貴重な同点ゴールを記録した FW<span style="font-weight:700;">前田直輝</span>(横浜F・マリノス/初選出) ▽壮絶な打ち合いとなった開幕ゲームを締めくくった男。途中出場ながらチームの逆転勝利を決める決勝ゴールを冷静に沈めた FW<span style="font-weight:700;">クリスティアーノ</span>(柏レイソル/初選出) ▽同点ゴールとなるPK弾、ダメ押しゴールとなる武富孝介のゴールをアシストと活躍。柏の攻撃陣をけん引するクリスティアーノは今シーズンも健在 FW<span style="font-weight:700;">齋藤学</span>(横浜F・マリノス/初選出) ▽新たに10番を背負い、日産のピッチで躍動。2得点をアシストするなど、圧巻のパフォーマンスは文句なしの選出。開幕節のMVP 2017.02.27 12:00 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース