超ワールドサッカー

府中アスレティックFCが宮田弾でデウソン神戸との接戦をものにして3位入賞!!《第22回全日本フットサル選手権》2017.03.20 13:45 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽20日に東京の国立代々木競技場第一体育館で、第22回全日本フットサル選手権3位決定戦の府中アスレティックFC(Fリーグ/東京都)vsデウソン神戸(Fリーグ/兵庫県)が行われ、1-0で府中が勝利した。

▽前日に行われたフウガドールすみだとの東京ダービーを落とした府中と、シュライカー大阪との関西ダービーに敗れた神戸が3位決定戦に臨んだ。試合は1分に府中が早速チャンスを作る。皆本の仕掛けから右サイドの完山に展開し、完山がゴール前にシュート性のパスを通すと、渡邉がフィニッシュに持ち込むが、手にボールが当たってしまった。

▽神戸も3分に左CKの流れから逆サイドの相井がボレーシュートを放地、同じく3分には稲田が右サイドから仕掛けてカットインからシュートを放つがどちらのチャンスも決めきれず。府中も4分に横パスを奪った皆本がカウンターでシュートに持ち込むがシュートは枠を外すなど攻撃的な入りを見せた両チームだがゴールは奪えず。

▽前半の中盤以降は府中が主導権を握る展開となる。10分、自陣でのパス回しから左サイドの徳獄が入れたスルーパスに渡辺が反応。GKと一対一を迎えるが、右隅を狙ったシュートはGK小石峯がセーブした。13分には相手陣内浅い位置から岡山の浮き玉のパスを、ボックス右の上福元がダイレクトで狙うがここも枠をとらえきれない。

▽すると府中は16分に5つ目のファウルを犯して、次のファウルから神戸に第2PKが当てられる状況となる。そのため、ディフェンスを激しく行けなくなったことから、神戸が主導権を握り返すと、20分には裏に抜け出した松宮がGKとの一対一を迎えるが、ここはGK田中がブロックし、前半はゴールレスで終えた。

▽迎えた後半は中盤でのつぶし合いが多く、前半とは一転して決定機が少ない展開となった。それでも26分、神戸は原田へのピヴォ当てから相井が強烈なシュートを放つなど、神戸が府中を押し込んでいく。27分にも原田が左サイドから狙うが、ここも決めきれない。府中も27分に宮田がパス交換からボックス手前正面の位置で左足を振り抜く。シュートは相手にブロックされたが、府中も徐々に勢いを取り戻していった。

▽迎えた31分に虞仲が決定機。高い位置でボールを奪ってカウンターに持ち込むと、徳獄からのボールを左サイドの渡邉が落とし、中央の皆本がミドルレンジから狙う。しかしシュートは徳獄に当たってしまい、府中はまたも決定機を決めきれなかった。神戸も32分に斜めのパスに反応した森修、稲田が立て続けに狙ったが、GK田中が体を張ってブロックした。

▽試合が動いたのは33分だった。府中は右サイドの深い位置でボールを受けた徳獄の折り返しを受けた皆本が後方にパスを送る。これに反応した宮田が右足を振り抜くと、ゴールマウス左隅に決まって、府中がついに先制点を奪った。

▽特典が必要となった神戸は、36分に原田、37分に稲田がゴール付近で決定機を迎えたが、GK田中が立ちはだかる。すると神戸は残り2分28秒からはGKに松宮を入れたパワープレーに入った。しかし追いつくことはできずに試合は終了。勝利した府中が3位の座を得た。

コメント

関連ニュース

thumb

町田が大量9発で北海道撃破! ホーム開幕戦を白星で飾る《DUARIG Fリーグ》

▽DUARIG Fリーグ2017/2018の第3節の2試合が24日に開催。同日開催となったペスカドーラ町田vsエスポラーダ北海道は、町田が9-1で勝利した。バルドラール浦安vs府中アスレティックFCは、4-4の引き分けに終わった。 ◆ペスカドーラ町田vsエスポラーダ北海道<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170624_1_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽町田vs北海道は、9-1で町田が勝利した。前節の浦安戦を2-2のドローで終え、開幕連勝を飾ることができなかった町田と、ホーム開幕戦となったバサジィ大分戦を6-3で勝利し、今シーズン初白星を飾った北海道の一戦。試合は6分、ホームの町田が室田祐のゴールで先制点を奪う。さらに10分、GKピレス・イゴールからのフィードをゴール前に走り込んだ中井が頭で合わせてリードを広げる。このゴールで勢いに乗った町田は、13分に金山、18分に森岡、19分には三浦憂がゴールネットを揺らし、町田が5-0でリードして試合を折り返す。後半に入っても攻勢を続ける町田は29分に中井が追加点。さらに西村が30分にリーグ戦初ゴールを記録すると、35分にも右足を一閃した。北海道は37分にパワープレーを開始したが、40分には町田の中井にパワープレー返しを決められてしまう。試合終了間際には北海道の十川が一矢報いるも反撃はここまで。ホームの町田が9-1で白星を飾った。 ◆バルドラール浦安vs府中アスレティックFC<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170624_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽浦安vs府中は、4-4のドローに終わった。前節の町田戦で試合終盤のゴールでドローに持ち込んだ浦安と、昨年王者・シュライカー大阪から今シーズン初勝利を手にした府中のダービーマッチ。試合は1分、府中の皆本の鋭いパスを渡邉がヒールで流し込んで先制する。対する浦安も9分、敵陣でボールを奪った星が左サイドから右サイドネットへ突き刺して試合を振り出しに戻した。同点に追いついた浦安は15分、左CKのチャンスでゴール前に入り込んだの村が逆転ゴールを奪い、浦安が2-1でリードして前半を終えた。後半に入ると試合が一気に動く。22分に浦安の加藤が、23分に府中の花嶋がネットを揺らす。さらに25分には浦安のディドゥダ、28分には府中の皆本がシュートをねじ込み、試合は4-3となる。このまま浦安勝利かと思われた39分、渡邉のシュートパスを上福元がプッシュし、土壇場で府中が追いつく。その後も互いに攻め合うが決着はつかず試合は終了。勝ち点1を分け合った。 ◆DUARIG Fリーグ第3節 ▽6月24日(土) ペスカドーラ町田 9-1 エスポラーダ北海道 バルドラール浦安 4-4 府中アスレティックFC ▽6月25日(日) 《13:00》 アグレミーナ浜松 vs デウソン神戸 バサジィ大分 vs ヴォスクオーレ仙台 《13:30》 フウガドールすみだ vs シュライカー大阪 《16:00》 湘南ベルマーレ vs 名古屋オーシャンズ 2017.06.24 20:10 Sat
twitterfacebook
thumb

ホームの湘南が終盤の横澤初ゴール含む5発ですみだを撃破! 開幕連勝を飾る《DUARIG Fリーグ》

▽DUARIG Fリーグ2017/2018の第2節2日目が18日に開催。同日開催となったシュライカー大阪vs府中アスレティックFCは、府中が4-3で勝利した。エスポラーダ北海道vsバサジィ大分は、北海道が6-3で勝利した。名古屋オーシャンズvsアグレミーナ浜松は、6-3で名古屋が勝利した。湘南ベルマーレvsフウガドールすみだは、5-2で湘南が勝利した。バルドラール浦安vsペスカドーラ町田は、2-2の引き分けに終わっている。 ◆シュライカー大阪vs府中アスレティックFC ▽シュライカー大阪vs府中アスレティックFCは、3-4で府中が勝利した。開幕戦で北海道に勝利した大阪が、名古屋に敗戦した府中を迎えた一戦。試合は前半2分にサイドチェンジを受けた皆本がシュートを突き刺し、府中が先制に成功する。追い掛ける展開となった大阪は、攻勢に転じるもゴールを奪うことができない。すると府中は前半15分、ロングパスをフリーで受けた柴田がループ気味のシュートで2-0にして大阪を突き放す。後半、2点ビハインドの大阪は24分にヴィニシウスが1点を返すが、25分に皆本、26分に渡邊と府中に立て続けにゴールを決められ、リードを3点に広げられる。追いつきたい大阪は33分にパワープレーを開始し、36分に相井が40分にはヴィニシウスがゴールを挙げるも、このまま試合終了。府中が昨季王者の大阪に競り勝った。 ◆エスポラーダ北海道vsバサジィ大分 ▽エスポラーダ北海道vsバサジィ大分は、6-3で北海道が勝利した。開幕戦を落とした両者の一戦は2分、北海道が鈴木のゴールで先制に成功する。しかし、追いかける大分も11分、森村がゴールネットを揺らし、試合を振り出しに戻す。それでも北海道は13分、鈴木が第2PK手前あたりから右足を振り抜いて、2-1と再びリードを奪う。後半に入ると大分は26分、白方が地を這うようなシュートをネットに突き刺し、同点に追いつく。試合をイーブンに戻された北海道だったが、28分の小幡を皮切りに水上が2得点、その後再び小幡がゴールを奪い、6-2とリードを広げる。直後、大分の山蔦に1点を返されるが、それ以上の反撃を許さず、北海道が今シーズン初勝利を飾った。 ◆名古屋オーシャンズvsアグレミーナ浜松 ▽名古屋オーシャンズvsアグレミーナ浜松は、6-3で名古屋が勝利した。府中との開幕戦を1-0で勝利した名古屋と、浦安に1-0で勝利した浜松の一戦。試合は名古屋が2分、西谷が先制点を挙げると、3分にもラファが追加点を奪い、いきなり試合を2-0とする。11分にも八木のゴールでリードを広げた名古屋に対し、浜松も反撃。17分に須藤、20分に中村がゴールネットを揺らし、1点差に縮めて試合を折り返した。迎えた後半、早い段階で同点にしたかった浜松だったが、なかなかゴールを奪うことができず。すると終盤、名古屋は32分にラファ、35分に橋本、37分に安藤と立て続けにゴールを奪い、6-2で試合を決定づけた。直後、浜松に1点を返されるもそのまま試合をクローズ。6-3で名古屋が連勝を飾った。 ◆湘南ベルマーレvsフウガドールすみだ<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170618_1_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽湘南ベルマーレvsフウガドールすみだは、5-2で湘南が勝利した。開幕戦を大量得点で圧勝した両者の一戦は、ホームの湘南が本田真琉虎洲のファー詰めで先制点を奪う。幸先良いスタートを切った湘南は14分、GKフィウーザのオーバーラップから見事な崩しを見せて最後は内村がネットを揺らした。2点ビハインドで試合を折り返したすみだは22分、ボラが左サイドの突破から1点を返す。しかし、すぐさま湘南が25分にロドリゴ、27分に小門がゴールを奪い、4-1としてすみだを突き放す。試合が苦しくなったすみだは33分にボラのゴールで点差を縮めるも、試合終盤に湘南の横澤にとどめを刺されてしまい、試合終了。5-2で湘南が連勝を飾った。 ◆バルドラール浦安vsペスカドーラ町田<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170618_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽バルドラール浦安vsペスカドーラ町田は、2-2のドローに終わった。浜松との開幕戦を0-1で落とした浦安と、神戸に4-1と快勝した町田の関東ダービー。試合は5分、相手のバックパスを奪った森岡のゴールで町田が先制に成功する。さらに11分、右サイドからの鋭いクロスをファーサイドで待ち構えていた金山がゴールを奪い、2-0で試合を折り返す。後半に入ると、2点ビハインドの浦安が圧力を強めるも、決めきることができない。それでも32分、星がドリブルで左サイドを突破すると、そのままゴールに流し込んだ。1点差に迫った浦安はパワープレーを開始。すると試合終了間際、左サイドからのクロスを野村が頭で押し込み、土壇場で試合を振り出しに戻した。試合は直後に終了し、土壇場で追いついた浦安がホーム開幕戦で勝ち点1をもぎ取った。 ◆DUARIG Fリーグ第2節 ▽6月18日(日) シュライカー大阪 3-4 府中アスレティックFC エスポラーダ北海道 6-3 バサジィ大分 名古屋オーシャンズ 6-3 アグレミーナ浜松 湘南ベルマーレ 5-2 フウガドールすみだ バルドラール浦安 2-2 ペスカドーラ町田 ▽6月17日(土) ヴォスクオーレ仙台 1-2 デウソン神戸 2017.06.18 22:10 Sun
twitterfacebook
thumb

稲田2発の神戸が仙台撃破で今季初白星!!《DUARIG Fリーグ》

▽DUARIG Fリーグ2017/2018の第2節が17日に開催。同日唯一の開催となったヴォスクオーレ仙台vsデウソン神戸はアウェイの神戸が2-1で勝利した。 ▽先の開幕戦で湘南ベルマーレに0-6の大敗を喫した仙台と、ペスカドーラ町田に1-4で敗北の神戸という今シーズン黒星スタートの両者が激突した。ホーム開幕戦での今シーズン初白星を目指す仙台だったが、2分に今シーズンから10番を背負うFP稲田瑞穂が右サイドからシュートを沈め、神戸が幸先良く先取する。 ▽あっさりとリードを許した仙台だったが、その3分後にFP内野脩麻が同点弾。ところが、19分にはFP森洸のパスから稲田がこの試合2点目を決め、神戸が再びリードした。その後、迎えた後半も一進一退の攻防戦となるが、最後までスコアに動きなく試合終了。稲田の2発で仙台に競り勝った神戸が今シーズン初白星を手にした。 ◆DUARIG Fリーグ第2節 ▽6月17日(土) ヴォスクオーレ仙台 1-2 デウソン神戸 ▽6月18日(日) 《13:30》 シュライカー大阪 vs 府中アスレティックFC 《14:00》 エスポラーダ北海道 vs バサジィ大分 名古屋オーシャンズ vs アグレミーナ浜松 《16:00》 湘南ベルマーレ vs フウガドールすみだ 《17:00》 バルトラール浦安 vs ペスカドーラ町田 2017.06.17 17:45 Sat
twitterfacebook
thumb

Fリーグ開幕節2日目!!すみだが大量9発でリーグ戦好スタートを切る《DUARIG Fリーグ》

▽11日に東京・国立代々木競技場第一体育館でDUARIG Fリーグ2017/2018が開幕した。2日目第1試合のフウガドールすみだvsバサジィ大分は9-1ですみだが勝利。第2試合の名古屋オーシャンズvs府中アスレティックFCは1-0で名古屋が勝利し、最終試合の湘南ベルマーレvsヴォスクオーレ仙台は6-0で湘南が勝利している。 ◆フウガドールすみだvsバサジィ大分<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170611_1_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽昨シーズンのプレーオフで4位/5位決定戦に敗れたすみだと、チーム史上最低成績となる8位で終えた大分の一戦。試合はすみだが3分に丹羽のゴールで先制すると、4分にも大薗が頭でネットを揺らす。立て続けに得点が生まれたすみだは7分と14分に宮崎、11分に大薗、15分にボラが決めて、前半だけで6点差とする。前半終了間際に大分が1点返したものの、後半はすみだが3得点を追加し、すみだのゴールラッシュととなった試合は9-1で終了。すみだが大量得点で好スタートを切った。 ◆名古屋オーシャンズvs府中アスレティックFC<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170611_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽昨シーズンにリーグ戦を2位で終え、プレーオフでもFinal Round進出を逃し、10連覇を阻まれた名古屋と、プレーオフで名古屋に敗れて、決勝進出を逃した府中の一戦。試合は両ゴレイロが躍動する展開となった。均衡が破れたのは33分、右サイドでボールを収めた平田から星に展開。星は縦に抜けて右サイドの深い位置からマイナスのボールを入れると、GKクロモトが一度は止める。しかしこぼれたボールを齋藤が反転して押し込み、名古屋がついに先制した。待望の先制点を奪った名古屋は、その後府中のパワープレーを凌ぎ、試合終了。名古屋が1-0で府中に競り勝った。 ◆湘南ベルマーレvsヴォスクオーレ仙台<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170611_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽昨シーズン10位の湘南と最下位の仙台の一戦。湘南は昨シーズンまで監督を務めていた横澤が選手登録されベンチ入りした。試合は湘南が4分、GKフィウーザのフィードを横澤が頭で落とすと、受けたロドリゴが仕掛けてシュートを放ち、先制に成功する。主導権を握る湘南は14分に本田真琉虎洲 、20分に刈込がシュートのこぼれ球を押し込んで、3-0で湘南がリードして試合を折り返す。前半で3点差にした湘南は、崩れ始めた仙台のスキを見逃さなかった。25分には、ロドリゴのパスがオウンゴールを誘発。31分には本田真琉虎洲のシュートが相手DFのハンドを誘ってPKを獲得し、ロドリゴが沈めた。37分にもカウンターからネットを揺らし、6-0と仙台を一蹴。湘南が仙台を寄せ付けず、リーグ戦白星スタートを切った。 ◆DUARIG Fリーグ第1節 シュライカー大阪 4-3 エスポラーダ北海道 ペスカドーラ町田 4-1 デウソン神戸 バルドラール浦安 0-1 アグレミーナ浜松 フウガドールすみだ 9-1 バサジィ大分 名古屋オーシャンズ 1-0 府中アスレティックFC 湘南ベルマーレ 6-0 ヴォスクオーレ仙台<hr>◆JSPORTSではFリーグ開幕節を放送! ▽6月13日(火) 《22:00〜》 フウガドールすみだ vs バサジィ大分 [JSPORTS2] ▽6月14日(水) 《22:00〜》 名古屋オーシャンズ vs 府中アスレティックFC [JSPORTS2] ▽6月15日(木) 《22:00〜》 湘南ベルマーレ vs ヴォスクオーレ仙台 [JSPORTS2] 2017.06.11 20:15 Sun
twitterfacebook
thumb

元AKB48・宮澤佐江さんがFリーグスポンサーのスポーツブランド“sfida”のイメージガールに就任

▽スポーツブランド“sfida”を手掛ける株式会社イミオは10日、イメージガールとして元AKB48の宮澤佐江さんが就任したことを発表した。 ▽就任記者会見に出席した株式会社イミオの代表取締役社長を務める倉林啓士郎氏と、宮澤佐江さんは就任による挨拶を行った。その後、メディア陣による質疑応答にも応対している。 ◆倉林啓士郎氏(株式会社イミオ 代表取締役社長) 「sfidaは、Fリーグのスポンサーになって3年目になります。もっともっとフットサルやFリーグを盛り上げていきたいということで宮澤佐江さんにイメージガールとして就任していただくことになりました」 ――イメージガールとしてどのように広げていきたいか 「その商品を使って頂いて、撮影したものをポスターや企画で広めさせて頂きたいなと思います。例えば、sfidaでは今、FC琉球というチームをサプライヤーしていますけど、沖縄に来ていただいたりとかそういうことを考えています」 ◆宮澤佐江さん <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170610_15_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「この度、sfidaのイメージガールに就任させて頂きました。私は、サッカーの経験がある訳でも、フットサルの経験がある訳でもないですけど、スポーツ観戦が大好きです。今回、初めてフットサルの試合を観させて頂きましたけど、室内スポーツをやっていた経験もあって、自分がやっていたスポーツと似ている部分があったりとか、選手の声が客席まで届いていて、そのリアルさや激しさがこれからももっと色々な試合を観たいなと思わせていただきました。一生懸命、イメージガールを務めさせていただきます」 ――実際フットサルの試合を観てみての感想 「ピッチとスパイクのキュッキュッキュッという室内ならではの音であったり、応援してくださっているお客さんと選手が近いことによって、観てる人もリアルに感情移入ができるなと感じました。その近さというのは、大きくなってしまえばしまう程、なかなか感じられない感情だなというのはあったので、フットサルのそういうところにハマっていくんだろうなということを感じました」 2017.06.11 11:10 Sun
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース