超ワールドサッカー

サンチェスにじん帯損傷の恐れ…ヴェンゲルが明かす2017.03.20 12:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェスが右足首を負傷した。アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督が明かしている。

▽サンチェスは18日に行われたプレミアリーグ第29節のWBA戦に先発。1ゴールを挙げたものの、1-3で直近の公式戦5試合で4つ目の黒星を喫した。

▽WBA戦後の会見に出席したヴェンゲル監督は、サンチェスの状態について次のように言及いした。イギリス『BBC』が伝えている。

「彼は本来、後半プレーすべきじゃなかったが、彼自身が出たいと主張した。最後に交代せざるを得なかったんだ」

▽また、招集を受けているチリ代表としてロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選に臨めるか否かについても以下のようにコメントしている。

「単なる打撲だけであればプレーできるだろうが、じん帯を損傷しているようであればプレーできないだろう」

コメント

関連ニュース

thumb

シュツットガルト、FW浅野拓磨の残留を発表 「1日1日を100%で」

▽シュツットガルトは22日、2016-17シーズンにアーセナルからレンタルで加入していた日本代表FW浅野拓磨(22)が来シーズンも残留することを発表した。 ▽昨夏にサンフレッチェ広島からアーセナル移籍した浅野だが、労働許可が下りなかったこともあり、シュツットガルトにレンタル移籍。ドイツ2部リーグで26試合4ゴールを記録し、クラブの1部昇格に貢献した。 ▽なお、浅野は同日、自身のブログで以下のように記している。 「来季もシュツットガルトでプレーすることに決めました!」 「色々と考えましたが、2部優勝を果たしたこのチームで、来季1部で戦いたいという思いもあり決断しました」 「今季の自分自身のプレー、結果には満足していないので、もっと良いパフォーマンスを見せられるよう、1日1日を100%で頑張って行きたいなと思います」 「来季もシュツットガルト、浅野拓磨を応援して頂けると嬉しいです!」 2017.06.22 19:38 Thu
twitterfacebook
thumb

プーマがアーセナルの2017-18シーズン新ホームキットを発表!

▽プーマは21日、アーセナルの2017-18シーズン用ホームキットを発表した。 ファンの心に刻まれた伝統的かつ象徴的なホームシャツをベースに、歴史あるホームカラーのレッドを採用した新しい2017-18シーズン用のホームシャツをデザイン。両袖のカラーにはチーム伝統のホワイトを採用し、両肩にはプーマの伝統的なアパレルフォームストライプを同系色のドットプリントで表現している。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20170621_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽さらに、ドットプリントのアパレルフォームストライプの中心には、アーセナルの歴史あるホームカラーのレッドが施され、両袖のキャットロゴとともにアクセントになっている。また、ポロ襟のような首周りのデザインも特徴的だ。 ▽選手がピッチ上で着用するこの新しいシャツには、プーマのアパレルテクノロジー、ACTVサーモRを採用。ACTVサーモRはシャツのフロントとバック両方に戦略的に配置され、選手が最適な体温を維持できるようサポートする。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20170621_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽また、昨シーズンに引き続き“We Are THE Arsenal”をコミュニケーションワードとしたキャンペーンを継続。このキャンペーンはフットボールの歴史の中でも特筆すべき、アーセナルがクラブの登録名として“THE”をつけて登録した最初のクラブであることが由来となっている。アーセナルの新ホームキットは、7月3日(月)よりプーマ取り扱いショップにて販売開始予定となっている。 2017.06.21 19:35 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナルがラムジーと契約延長交渉をスタート…現契約は来シーズンまで

▽アーセナルがウェールズ代表MFアーロン・ラムジー(26)との契約延長交渉をスタートさせたようだ。イギリス『テレグラフ』が報じた。 ▽主力選手の去就が騒がれているアーセナル。今回、来シーズン終了後の2018年6月30日で契約が満了を迎えるラムジーとの契約延長交渉をスタートさせたとのことだ。 ▽ラムジーと同じく来シーズンで契約が切れるのは、DFキーラン・ギブス、MFジャック・ウィルシャー、GKヴォイチェフ・シュチェスニーの3選手となっており、各選手とも他クラブへの移籍の噂が挙がっている。 ▽また、同様に来シーズンが契約の最終年となるFWアレクシス・サンチェス、MFメスト・エジル、MFアレックス・オックスレイド=チェンバレンとの契約延長交渉を進めているアーセナルだが、なかなか思うように交渉が進んでいないのが現状だ。 ▽さらに、FWオリヴィエ・ジルー、FWテオ・ウォルコット、FWダニー・ウェルベックの3選手は2019年6月30日までの契約となっており、あと数年で多くの主力の契約期間が終わりを迎えてしまう状況だ。 ▽今回契約延長交渉がスタートしたラムジーは、アーセン・ヴェンゲル監督のプランの中で中心を担うと考えられており、今回の契約延長交渉がスタートしたとのこと。昨シーズン終盤で[3-4-2-1]を試したアーセナルだが、ラムジーはセントラルミッドフィルダーとしてプレーし、FAカップ決勝のチェルシー戦では決勝ゴールを決め、チームにタイトルをもたらせていた。 ▽ラムジーは、来夏にはフリーで移籍できるため、アーセナル契約を延長し、来夏の不確定要素を減らしたい考えがあるようだが、ラムジーがどの様な決断を下すのだろうか。 2017.06.21 16:42 Wed
twitterfacebook
thumb

判定に泣かされた3試合を振り返るヴェンゲル、ビデオ判定導入を歓迎

アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、チャンピオンズリーグの3試合を振り返り、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の導入を望むと語っている。<br><br>アーセナルで21年目を迎えるヴェンゲル監督は、1100試合以上でチームを指揮してきた。いくつかの試合で判定に泣かされたことがある同指揮官は、現在FIFAが導入を進めているVARの採用を歓迎しているようだ。<br><br>フランス人指揮官は『アーセナル・プレーヤー』に「1つは2006年のチャンピオンズリーグ決勝、バルセロナ戦だ。あの同点ゴールはオフサイドだった。あれがトロフィーを逃した瞬間で、今でも最も重要な場面だ」とサミュエル・エトーが挙げた疑惑の同点ゴールで、ビッグイヤーを逃したと語った。<br><br>続けて「2つ目は2011年のチャンピオンズリーグのバルセロナ戦でロビン・ファン・ペルシが受けた2枚目のイエローカードだ。とても強いチームに勝てるチャンスだった。だが、あの判定は我々のチャンスをつぶし、とても受け入れがたいものだ」と1stレグでバルセロナに勝利したものの、カンプ・ノウでの2ndレグで数的不利に立たされ、敗戦を余儀なくされた一戦を挙げている。<br><br>最後に「あと1つは、ローラン・コシールニーが(ロベルト・)レヴァンドフスキを倒して退場を命じられた場面だ。あれもオフサイドだった。今思い出せるのはこの3試合だが、もっと、もっと、もっとたくさんの試合で不可解な判定があったと思うが、忘れてしまった」と昨シーズンのチャンピオンズリーグベスト16で2試合合計2-10と大敗を喫したバイエルン戦の判定に異議を唱えた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.21 13:24 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ、ベジェリン獲得へラフィーニャ+金銭のオファー提示か

▽スペイン『マルカ』は19日、アーセナルに所属するスペイン代表DFエクトル・ベジェリン(22)の獲得オペレーションに関して、1つの策を講じると報じた。 ▽今夏、サイドバックを1つの補強ポジションに掲げているとみられるバルセロナ。その筆頭として以前から挙がっているのがベジェリンだ。伝えられるところによれば、バルセロナは価格を3000万ユーロ(約37億3000万円)と見積もるブラジル代表MFラフィーニャ(24)をベジェリンの取引に盛り込むことを検討。アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督も以前からラフィーニャを評価していただけに、この案に前向きだという。 ▽また、バルセロナに関しては、パリ・サンジェルマンに所属するイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティ(24)の獲得に動いていると伝えられている。『マルカ』によれば、ヴェッラッティの獲得費用は推定で1億ユーロ(約124億4000万円)。そういった背景から、必要以上の出費を避けるべく、プレミアリーグ行きに関心を示すラフィーニャを差し出すことでベジェリン獲得の資金を捻出したい思惑があるとみられる。 2017.06.20 19:30 Tue
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース