サンチェスにじん帯損傷の恐れ…ヴェンゲルが明かす2017.03.20 12:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェスが右足首を負傷した。アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督が明かしている。

▽サンチェスは18日に行われたプレミアリーグ第29節のWBA戦に先発。1ゴールを挙げたものの、1-3で直近の公式戦5試合で4つ目の黒星を喫した。

▽WBA戦後の会見に出席したヴェンゲル監督は、サンチェスの状態について次のように言及いした。イギリス『BBC』が伝えている。

「彼は本来、後半プレーすべきじゃなかったが、彼自身が出たいと主張した。最後に交代せざるを得なかったんだ」

▽また、招集を受けているチリ代表としてロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選に臨めるか否かについても以下のようにコメントしている。

「単なる打撲だけであればプレーできるだろうが、じん帯を損傷しているようであればプレーできないだろう」

コメント

関連ニュース

thumb

サンチェスが逮捕…法定オーバーの155キロ走行で運転免許没収

▽アーセナルに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェスが車のスピード違反で逮捕されたようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽報道によれば、サンチェスはロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選に臨むチリ代表合流で帰国中の25日、練習後に首都サンティアの法定速度120キロの高速道路を時速155キロで走行。運転免許を没収されたという。これにより、罰金も科された挙げ句、4月12日に裁判所出廷も命じられたとのことだ。 ▽チリは、24日に行われたロシアW杯南米予選の第13節でアルゼンチン代表に0-1で敗戦。続く28日にはベネズエラ代表戦を控えているが、契約延長交渉の難航が伝えられているアーセナルでの去就問題も含めて、いらぬ出来事に苛まれる格好となっている。 2017.03.27 14:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲル、スアレス獲得を試みた当時を回想「彼はアーセナルに加入したがっていた」

アーセン・ヴェンゲル監督は、当時リバプールで活躍していたルイス・スアレスがアーセナルに加入したがっていたと『beIN スポーツ』で主張している。<br><br>アーセナルは2013年、リバプールがスアレスの違約金として設定していた4000万ポンド(当時約76億円)からわずかに1ポンド加えた額でオファーを提示していたが、獲得は失敗に終わっていた。のちにリバプールのオーナー、ジョン・ヘンリー氏がガナーズからオファーがあったことを認めたが、クラブにはストライカーを放出する意思がなかったと語っている。しかしヴェンゲル監督は、ウルグアイ代表FWはアーセナル加入に間近であったことを強調した。<br><br>「彼はアーセナル加入にとても近づいていた。選手との間では合意していた。ただ彼の移籍にはある条項が含まれていた。とても小さなものだったが、すでに選手とは合意していた。当時は彼が我々のチームに加入することを熱望していたと理解している。しかしリバプールは彼をもう1年間残留させ、契約を見直し、翌年には海外のクラブへ売却すると約束した」<br><br>最終的にレッズに残留したスアレスは、2013/14シーズンにプレミアリーグ年間最優秀選手に輝き、シーズン終了後に7500万ポンド(当時約138億円)でバルセロナへ移籍している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.26 16:50 Sun
twitterfacebook
thumb

今季2度退場のジャカ、批判に対して反論「僕を愚か者にしようとしている」

アーセナルに所属するスイス代表MFグラニト・ジャカは、イギリスメディアを通じて続けられる批判が自身を愚か者にしようとしているとスイスの『24 Heures』で語っている。<br><br>昨年5月に3500万ポンド(約48億5000万円)の移籍金でボルシア・メンヒェングラッドバッハから移籍したジャカは、昨年10月のスウォンジー・シティ戦と1月のバーンリー戦で2度退場し、全公式戦で警告を8回受けている。ここ3シーズンで合計9回退場処分を命じられたスイス代表MFは、アーセナルOBのマーティン・キーオン氏から「怠慢だ」と揶揄されるなど同選手を非難する声は高まっている。<br><br>「行き過ぎた批判を受けている。もちろん自分のクラブからではない。クラブに以前所属していて、僕のことを全く知らない人からだ。僕のプレーを知らない人たちが僕を攻撃し、愚か者にしようとしている」<br><br>しかしアーセン・ヴェンゲル監督はジャカの味方になっている人物の一人だ。スイス代表MFが出場可能な時は、信頼を置き、ビッグマッチでも起用している。ジャカは指揮官に対して以下のように感謝の言葉を述べた。<br><br>「アーセン・ヴェンゲルは自信を与えるようなことはしない。でも出場停止を受けて2週間チーム練習とは別にトレーニングしていたあと、彼は&ldquo;試合に出る準備を始めろ&rdquo;って言ってきた。環境にもよるが、退場によって選手のキャリアは大きく左右すると思う。監督は僕をクビにもできるけど、彼は僕を励まし、信用し、大切な試合にも起用してくれている」<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.25 17:32 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナルOB、ヴェンゲルの去就に言及…1年続投で次はレジェンドへ橋渡し?

現役時代にアーセナルで活躍したポール・マーソン氏は、アーセン・ヴェンゲル監督が来季もクラブを指揮し、その後は元主将のパトリック・ヴィエラに監督の席を譲るべきだという考えを『スカイスポーツ』で語っている。<br><br>20年間アーセナルを率いるヴェンゲル監督だが、チームの低調なパフォーマンスを受け、解任を求める声が日々高まっている。クラブは契約延長をオファーを検討しているものの、サポーターからの抗議は高まるばかりだ。しかしアーセナルOBのマーソン氏は、フランス人指揮官があと12カ月チームを指揮し、ノース・ロンドンで3度のプレミア王者に輝いたヴィエラ氏が復帰することを望んでいるようだ。<br><br>「私の考えでは、彼は来季もチームを指揮するべきだ。実際に彼が来季も残り、パトリック・ヴィエラがアーセナルに帰還しても驚かない。彼はニューヨーク・シティで経験を積んでいる。それに彼には勝者のメンタリティが宿っているからね。アーセナルは今まで以上に良いクラブになるだろうし、ファンもその提案に賛成すると思う」<br><br>「残念だが、今選手たちは監督のためにプレーをしているようには見えない。しかしレジェンドであるヴィエラがクラブに戻れば、チームに多くをもたらすことができる。彼は現役時代のようにチームに闘争心を植え付けられると思う。それは今のチームが必要としていることだ」<br><br>ここ9試合で3勝しか挙げていないアーセナルだが、インターナショナルブレイク明けには、3位マンチェスター・シティとの上位対決を控えている。マーソン氏は「絶対に勝利が必要」と現在6位に沈むチームを鼓舞した。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.25 16:17 Sat
twitterfacebook
thumb

エジル、今季終了後にクラブとの会談予定…「アーセナルで幸せ。ロンドンは居心地良い」

▽アーセナルに所属するドイツ代表MFメスト・エジル(28)が注目を集める去就に口を開いた。イギリスのロンドン地元紙『イブニング・スタンダード』が伝えている。 ▽チリ代表FWアレクシス・サンチェスや、アーセン・ヴェンゲル監督とともに去就問題に揺れるエジル。泥沼化の様相を呈している状況だ。 ▽しかし、ドイツ人プレーメーカーは去就について、次のようにコメント。今シーズン終了後にクラブと会談予定であることを明かした。 「実際、まだロンドンでの契約が残っている。将来を考えるのは今じゃない。シーズンが終わったら、会談を予定している。僕はアーセナルでとても幸せだし、ロンドンにとても居心地の良さを感じているんだ」 2017.03.25 14:15 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース