サンチェスにじん帯損傷の恐れ…ヴェンゲルが明かす2017.03.20 12:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェスが右足首を負傷した。アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督が明かしている。

▽サンチェスは18日に行われたプレミアリーグ第29節のWBA戦に先発。1ゴールを挙げたものの、1-3で直近の公式戦5試合で4つ目の黒星を喫した。

▽WBA戦後の会見に出席したヴェンゲル監督は、サンチェスの状態について次のように言及いした。イギリス『BBC』が伝えている。

「彼は本来、後半プレーすべきじゃなかったが、彼自身が出たいと主張した。最後に交代せざるを得なかったんだ」

▽また、招集を受けているチリ代表としてロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選に臨めるか否かについても以下のようにコメントしている。

「単なる打撲だけであればプレーできるだろうが、じん帯を損傷しているようであればプレーできないだろう」

コメント

関連ニュース

thumb

ヴェンゲル、エジルの残留を希望も…来季以降の去就は「オープンな状態」

アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、騒がしくなっているドイツ代表MFメスト・エジルの去就について語った。<br><br>今シーズン終了後にアーセナルとの契約が満了を迎えるエジルだが、依然としてクラブと契約延長に至っていない。そのため、1月にマンチェスター・ユナイテッドに渡ってしまうのではないかなど、さまざまな憶測が飛び交っている。<br><br>さらに、来夏フリーで移籍する可能性があるため、エジルは1月から他クラブとの交渉を開始する。それを受け、ヴェンゲル監督は同選手が今冬にクラブから離れることを否定したものの、来シーズン以降はクラブに残っているかわからないと考えているようだ。<br><br>エジルの契約交渉の進捗状況について問われたヴェンゲル監督は「どのくらい合意に近づいたか私にはわからない。少なくともマンチェスター・ユナイテッドからの接触はないから、なぜそのようなうわさが流れているのか不明だ」と1月のライバルクラブへの移籍を否定。そして「彼はシーズン終了後までここにいるが、それ以降はオープンだ」と来シーズン以降の去就は未定と明かした。<br><br>また、エジル同様、アレクシス・サンチェスもシーズン終了後に契約が切れる。その後、フリーでマンチェスター・シティへの移籍が取り沙汰されている同選手も6月まではチームに残ると強調した同指揮官は「個人的にいかなるシチュエーションも想定しているが、全員残ることが私の希望であり、願望だ」と話している。<br><br>提供:goal.com 2017.12.16 13:35 Sat
twitterfacebook
thumb

どうなるウィルシャー…年末から延長交渉がスタート

▽アーセナルは、イングランド代表MFジャック・ウィルシャー(25)と将来に関して、遂に話し合いをスタートさせるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽若くして才能を評価されながら度重なる故障で伸び悩むウィルシャー。今シーズン限りで契約が満了を迎えることから、今後の去就に注目が集まってきた。 ▽アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督は、そのウィルシャーについて次のように言及。まもなく延長交渉に入ることを明かした。 「私は彼と話し合っている。(時期は)12月末になると言った」 「(交渉開始は)間違いなく遠くない。彼がどれほど貢献できるのか、そしてどれくらいフィジカル的に耐えられるのかを見たい」 「私は彼をアーセナルの男をみなし、彼がここでの日々に幸せを感じることも重要になってくる」 2017.12.16 09:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ラムジーがハムストリング負傷で最大3週間の離脱…ウォルコットもそ径部負傷で次節回避か

▽アーセナルのウェールズ代表MFアーロン・ラムジーが、ハムストリングの負傷により最大3週間の離脱を余儀なくされている。15日にイギリス『BBC』が報じた。 ▽ラムジーは、1-1のドローで終えた10日のプレミアリーグ第16節のサウサンプトン戦で負傷。最大3週間離脱する見込みであり、年内のプレミア4試合、ウェストハムとのカラバオ・カップ準々決勝、さらに来年1月3日のプレミア第22節チェルシー戦にも黄信号が点灯中とのことだ。 ▽アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は「彼(アーロン・ラムジー)は少し時間がかかる。3週間は試合に出られないかもしれない」とコメント。離脱が長期になることを認めている。 ▽また、イングランド代表FWテオ・ウォルコットもそ径部に問題を抱えており、16日の第18節ニューカッスル戦を回避する見込みとのことだ。 2017.12.16 04:43 Sat
twitterfacebook
thumb

ムンドと真っ向から対立!! メールはエジルの移籍先にユナイテッド有力と報道

▽今冬の人気銘柄となっているアーセナルのドイツ代表MFメスト・エジル(29)に対して、イギリス『デイリー・メール』はマンチェスター・ユナイテッド移籍が最有力だと報じた。 ▽アーセナルとの契約が2018年6月までとなっているエジルは、以前よりアーセナルから契約延長のオファーを受け取っているものの合意には至っていない。 ▽このまま2018年1月を迎えると、全てのクラブとの交渉が可能となり、契約満了を迎えてフリートランスファーとしてアーセナルを去る可能性もある。この状況から、アーセナルが移籍金を望み、1月の移籍市場で同選手を手放すのではないかとも伝えられている。 ▽そんなエジルに対しては、ユナイテッドやバルセロナなどが獲得に興味を持っていると報じられてきた。スペイン『ムンドデポルティボ』はバルセロナがすでにエジルの代理人と接触していると報じており、移籍先の最有力に挙げた。 ▽一方、『デイリー・メール』は、ユナイテッドが最有力であると主張。レアル・マドリー時代にエジルを指導したジョゼ・モウリーニョ監督が獲得を熱望しているという。 ▽さらにモウリーニョ監督は先日行われたマンチェスター・シティとのダービーマッチに敗れたことで攻撃ユニットを再構成しなければいけないと考えているようだ。そのため指揮官はエド・ウッドワードCEO(最高経営責任者)に、冬の移籍市場でエジルの獲得を最優先にしてほしいとリクエストを出したようだ。 ▽スペイン、イングランドのメディアでそれぞれ主張が違うが、果たしてエジルの決断は? 2017.12.14 14:25 Thu
twitterfacebook
thumb

バルセロナがエジルの意思確認のために2週間の回答期限を設定

▽バルセロナがアーセナルのドイツ代表MFメスト・エジル(29)に対して、移籍に関する回答期限を2週間に設定したようだ。スペイン『ムンドデポルティボ』が伝えている。 ▽アーセナルとの2018年6月までとなっているエジルは、このままアーセナルとの契約を延長しなければ同年1月より全てのクラブと契約交渉が可能となる。 ▽アーセナル側はエジルとの契約延長を望んでいるとされてきたが、契約を延長できなければ来年6月には移籍金を得られずにプレーメーカーを失うことになる。そのため、来冬の移籍市場でエジルを手放すのではないかと言われている。 ▽以前からエジルの獲得に興味を示していたバルセロナは、エジルの代理人と接触している模様。同選手が今冬に移籍する意思があるかどうかの確認を行っているようで、その回答期限を今後2週間。つまり今年いっぱいに設定したという。なお、『ムンドデポルティボ』はエジルの移籍先の最有力はバルセロナであると報じており、この2週間で大きな動きがあるとみている。 2017.12.14 14:02 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース