サンチェスにじん帯損傷の恐れ…ヴェンゲルが明かす2017.03.20 12:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェスが右足首を負傷した。アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督が明かしている。

▽サンチェスは18日に行われたプレミアリーグ第29節のWBA戦に先発。1ゴールを挙げたものの、1-3で直近の公式戦5試合で4つ目の黒星を喫した。

▽WBA戦後の会見に出席したヴェンゲル監督は、サンチェスの状態について次のように言及いした。イギリス『BBC』が伝えている。

「彼は本来、後半プレーすべきじゃなかったが、彼自身が出たいと主張した。最後に交代せざるを得なかったんだ」

▽また、招集を受けているチリ代表としてロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選に臨めるか否かについても以下のようにコメントしている。

「単なる打撲だけであればプレーできるだろうが、じん帯を損傷しているようであればプレーできないだろう」

コメント

関連ニュース

thumb

エジル、ユナイテッド移籍希望か

▽アーセナルのドイツ代表MFメスト・エジル(28)は、プレミアリーグの宿敵に移籍することを希望しているようだ。イギリス『ミラー』が報じている。 ▽アーセナルとの現行契約が2018年で満了を迎えるエジル。同僚のFWアレクシス・サンチェスと共に、以前から取り沙汰される延長合意にいまだ至っておらず、インテルの関心など様々な憶測が取り沙汰されているところだ。 ▽アーセナルとの延長交渉の打ち切ったエジルは、メジャータイトル獲得を夢見て、来夏のフリー移籍を決意。レアル・マドリー時代の恩師であるジョゼ・モウリーニョ監督のマンチェスター・ユナイテッド移籍を望んでいるという。 ▽一方で、モウリーニョ監督もエジルの才能を高く評価。ユナイテッド上層部も、エジル獲得に乗り出す意向を示しているようで、アーセナルが難色を示す週給25万ポンド(約3700万円)の要求額にも応じるとのことだ。 ▽アーセナルは、過去にFWロビン・ファン・ペルシをユナイテッドに流失。そのファン・ペルシは、ユナイテッド移籍初年度にプレミアリーグ優勝を経験した。エジルもファン・ペルシの後に続いてしまうのだろうか。 2017.09.24 09:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲルが獲得を望んだ鉄人MFバリー、アーセナル入りに迫った過去を告白

▽プレミアリーグの出場記録更新がかかるWBAの元イングランド代表MFガレス・バリーが、アーセナル加入の可能性が2度もあったことを明かした。『ESPN』が報じた。 ▽これまでバリーは、アストン・ビラやマンチェスター・シティ、エバートンでプレー。今夏エバートンからWBAへと移籍加入した。 ▽鉄人として知られるバリーは、アストン・ビラで365試合、マンチェスター・シティで132試合、エバートンで131試合のプレミアリーグに出場。WBAでは4試合に出場しており、あと1試合で元マンチェスター・ユナイテッドのライアン・ギグス氏が持つ最多出場記録の633試合に並ぶことになる。 ▽バリーがギグス氏の記録に並ぶ可能性がある試合は、25日に開催されるアーセナル戦。アーセナルと言えば、アーセン・ヴェンゲル監督が先日、過去にバリーを獲得するつもりだったと発言。しかし、シティの資金力の前に屈したと明かしていた。 ▽そんなヴェンゲル監督の発言を受けたバリーは、そのことが事実であったとコメント。さらに、シティからエバートンに移籍する際にもアーセナル入りの可能性があったことを明かし、ヴェンゲル監督への尊敬の念を語った。 「代表と何度か話をしたんだ。そしてアーセン(・ヴェンゲル)が興味を持ってくれていた。僕がアストン・ビラを去る前、そしてマンチェスター・シティを去り、エバートンに行くときにも興味を持ってくれていた」 「でも、それは実現しなかった。僕はアーセン・ヴェンゲルがイギリスでの試合に対して起こしたことに敬意を抱いている。そして、彼の下で働くことはうまくいっただろう。でも、何も起こらなかった」 「彼は信頼に値するんだ。なぜなら、彼は当時の試合で先を行っていたからね。もし1990年代に彼とともに働いた人に話をするならば、物事を見ていて、当時のイギリス人監督がやっていなかったことをしていたと話すだろう」 ▽相思相愛であったことが発覚したヴェンゲル監督とバリー。25日の試合では2人の絡みがあるのか、そしてバリーが最多出場記録に並ぶのか注目が集まる。 2017.09.23 21:31 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナル、サンチェス代役にメルテンス獲得へ?

▽アーセナルが今夏、ナポリに所属するベルギー代表FWドリエス・メルテンス(30)の獲得を狙っていたようだ。イタリア『calciomercato』が報じている。 ▽伝えられるところによれば、アーセナルは今夏にウインガーを目指していた。しかし、移籍報道が出ていたFWアレクシス・サンチェスが最終的に残留し、新たなウインガーを補強することはなかった。 ▽『calciomercato』によれば、アーセナルはユベントスMFフアン・クアドラードやレスター・シティMFリヤド・マフレズらと共にメルテンスもリストアップしていたという。ただ、メルテンスは昨シーズン終了後にナポリとの契約を更新したため、アーセナルは交渉に持ち込むことができなかったようだ。 ▽それでも、メルテンスの現行契約には3000万ユーロ(約40億円)の解除条項があるとのことで、アーセナルはサンチェス流出の可能性が高い今シーズン終了後、再びメルテンス獲得の動きを進める可能性があるとのことだ。 ▽マウリシオ・サッリ監督の下で輝きを放っているメルテンスは昨シーズン、セリエAで35試合に出場して28得点11アシストを記録。今シーズンもここまでリーグ戦5試合で6得点を挙げている。 2017.09.23 14:45 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナル、エジルをインテルに来冬売却か

▽アーセナルに所属するドイツ代表MFメスト・エジル(28)に来冬のインテル移籍の可能性が浮上した。イギリス『デイリー・スター』がイタリア『トゥットメルカート』の情報をもとに伝えている。 ▽アーセナルとの現行契約が2018年で満了を迎えるエジル。同僚のFWアレクシス・サンチェスと共に以前から取り沙汰される延長合意にいまだ至っておらず、様々な憶測が飛び交い続けているところだ。 ▽このままの状況が続けば来夏にフリーでドイツ人プレーメーカーを失うアーセナルだが、延長交渉から既に撤退。エジル獲得を狙っているとされるインテルに来冬売却することで、移籍金を手にする意向があるという。 ▽また、インテルは、トップ下を務めるMFジョアン・マリオのパフォーマンス内容に満足していない様子。そこで、新たな司令塔としてアーセナルの“創造者”の引き入れを興味を示しているとのことだ。 2017.09.23 10:00 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナルが3部相手に辛勝! チェルシーはバチュアイ3発で2部相手に快勝! ロンドン勢が順当に4回戦へ《EFLカップ》

▽EFLカップ(カラバオ・カップ)3回戦、アーセナルvsドンカスター・ローバーズが20日に行われ、1-0で勝利したアーセナルが4回戦進出を決めた。 ▽前節、チェルシーとの壮絶な“ビッグロンドン・ダービー”をゴールレスドローで終えたアーセナルは、今季のEFLカップ初戦となるリーグ1(イングランド3部)所属のドンカスター戦に向けてダービーからスタメン全員を変更。GKオスピナやサンチェス、ジルー、ウィルシャー、ウォルコットらと共に17歳の逸材MFネルソンがトップチームデビューを飾った。 ▽立ち上がりにウォルコットの一対一、ジルーの豪快なクロスバー直撃のバイシクルシュートなど、格下相手に押し込むアーセナルだが、粘り強い相手の守備を崩し切れない。 ▽それでも、攻勢を続けるホームチームは25分、バイタルエリア左でボールを持ったサンチェスから絶妙なフィードがボックス右に走り込むウォルコットに通ると、ウォルコットはGKとの一対一を冷静に制した。 ▽前半を1点リードで終えたアーセナルは、後半立ち上がりにチャンバースに代えて若手DFダ・シルバを投入し、ネルソンに続いてデビューさせる。だが、前半に引き続き最後の場面で決め切れないアーセナルは、なかなか試合を決定付ける追加点を奪えない。 ▽逆に、前がかりなところを相手のカウンターで突かれるが、ダ・シルバが快足を活かしたカバーリングで防ぐなど、失点を許さない。 ▽その後、イウォビ、ウィルロックをピッチに送り出して試合を締めにかかるアーセナルだが、試合終盤にかけてはなりふり構わずに仕掛けてくる相手の攻撃に晒される。後半アディショナルタイムにはセットプレーからクロスバー直撃のヘディングシュートを許すなど、最後までバタついたホームチームだが、何とか1-0で逃げ切った。3部相手に辛勝のアーセナルが4回戦進出を決めた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170921_5_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽また、同日行われたチェルシーvsノッティンガム・フォレストは、5-1で勝利したチェルシーが4回戦進出を決めた。 ▽前節、アーセナルとのダービーを引き分け公式戦の連勝が4試合でストップしたチェルシーは、チャンピオンシップ(イングランド2部)のノッティンガム戦に向けてその試合からケイヒルとセスクを除く9人を変更。アザールが今季初先発を飾ったほか、GKカバジェロがデビューを飾り、ケネディやムソンダがリュディガー、ザッパコスタの新加入選手と共にピッチに立った。 ▽立ち上がりから相手を押し込むチェルシーは12分、右サイドを攻め上がったリュディガーからのクロスをボックス左に走り込んだケネディが冷静なトラップからニアに蹴り込み、早々にゴールをこじ開ける。 ▽これで完全に勢いづいたチェルシーは18分、ボックス手前中央のアザールの縦パスに抜け出したバチュアイが冷静に蹴り込み、追加点を奪取。さらに前半終了間際の40分にはボックス右でセスクから短いパスを受けたムソンダがファーポストに低い弾道の強烈なシュートを突き刺し、前半のうちに試合を決めた。 ▽後半に入っても攻撃の手を緩めないチェルシーは52分、セスクのロングフィードに抜け出したアザールがそのままボックス内に持ち込みGKとDFを引き付けてフリーのバチュアイにプレゼントパス。これをバチュアイが難なく流し込む。 ▽その後、アンパドゥ、クラーク・ソルター、スターリングと期待の若手をトップチームデビューさせたチェルシーは、85分にはケネディのシュートの跳ね返りをバチュアイが泥臭く押し込んでハットトリック達成。試合終了間際にはノッティンガムに一矢報いるゴールを許すも、5-1の大勝で4回戦進出を決めた。 2017.09.21 06:56 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース