ユナイテッド、前人未到のプレミア600勝達成…監督別内訳は528勝のファーガソンが断トツ2017.03.20 11:45 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドが19日に行われたプレミアリーグ第29節のミドルズブラ戦(3-1で勝利)で前人未到の通算600勝を達成した。クラブ公式サイトが伝えている。

▽1992-93シーズンのプレミアリーグ創設初年度から主戦場とするユナイテッドは、951試合目で600勝を達成。内訳は600勝204分け147敗で、プレミアリーグ史上初の“600勝”到達クラブとなった。

▽また、監督別勝利数を比べると、アレックス・ファーガソン元監督が528勝(810試合中)で断トツのトップ。次点に、ルイス・ファン・ハール前監督が39勝(76試合中)で続いている。

◆歴代監督の勝利数
アレックス・ファーガソン:528勝/810試合
ルイス・ファン・ハール:39勝/76試合
デイビッド・モイーズ:17勝/34試合
ジョゼ・モウリーニョ:14勝/27試合
ライアン・ギグス:2勝/4試合

コメント

関連ニュース

thumb

イブラ、普段使わない絵文字も使って感謝「一人ではここまで来れなかった」

▽重傷からの復帰を果たしたマンチェスター・ユナイテッドの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが周囲のサポートに感謝した。 ▽今年4月に右ヒザ前十字じん帯の損傷という大怪我を負ったイブラヒモビッチ。35歳という年齢から引退も囁かれたが、不屈の精神力と回復力を見せ、予定よりも早く18日に復帰した。 ▽復帰戦となったプレミアリーグ第12節のニューカッスル戦では、77分から出場して今季から背負う背番号10をお披露目。繊細なボールタッチや豪快なジャンピングボレーを放つなど、コンディションが良好であることをうかがわせた。 ▽試合後、イブラヒモビッチは自身のツイッターを更新。以下のように感謝の言葉を残した。 「この数カ月、俺の下にいてくれたみんなに感謝したい。家族、監督、チームメート、ミノ(代理人)、ダリオ・フォートやダハン、フー医師、ヴォルカー医師、マンチェスター・ユナイテッド、そしてファンのみんな」 「一人では今日プレーすることはできなかった。ありがとう。みんな、愛している(※ハートの絵文字)」 ▽イブラヒモビッチは、自身のSNSなどで普段はほとんど絵文字を使うことがない。ハートの絵文字を使ったことは、陰ながらの信じがたい努力があったことや周囲のサポートへの大きな感謝をうかがわせる。 2017.11.19 13:30 Sun
twitterfacebook
thumb

復帰戦で1G1Aのポグバ、オールド・トラフォードでのファンとの再会を喜ぶ

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバが、復帰戦となったニューカッスル戦を振り返った。イギリス『スカイ・スポーツ』がイギリス『BT sport』を引用して伝えた。 ▽今シーズン開幕から印象的な活躍を見せていたポグバ。だが、9月12日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループA第1節のバーゼル戦でハムストリングを痛めて以降、現在までに公式戦12試合の欠場を余儀なくされていた。 ▽そんな中、ポグバは18日に行われたプレミアリーグ第12節のニューカッスル戦で先発復帰した。すると、0-1のビハインドで迎えた37分にマルシャルの同点ゴールをアシスト。ユナイテッドが2-1で逆転に成功して迎えた54分には、リードを広げるチームの3点目を奪った。その後、ユナイテッドは1点を追加して4-1で勝利した。 ▽復帰戦で1ゴール1アシストを記録したポグバは試合後、復帰への喜びを口にした。 「ファンに再会するため、オールド・トラフォードで得点するために復帰を目指してきたんだ。とても幸せだよ」 「僕らは勝たなくてはいけなかった。それが最も重要なことだよ。プレミア・リーグはイタリアとは異なるし、しっかりと治さなくてはいけないんだ。とても激しいからね」 2017.11.19 12:33 Sun
twitterfacebook
thumb

イブラ、予定より2カ月以上早い復帰に「ライオンは人間のように回復しない」

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、復帰の喜びを語った。イギリス『スカイ・スポーツ』がイギリス『BT sport』を引用して伝えている。 ▽イブラヒモビッチは昨シーズン、4月に行われたヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのアンデルレヒト戦で右ヒザ前十字じん帯を損傷。当初は来年1月に復帰することが目されていたが、懸命なリハビリの末、最近になってユナイテッドを率いるモウリーニョ監督が「彼は今年中に戻ってくる」と年内での復帰を示唆していた。 ▽驚異的な回復力を見せるイブラヒモビッチは、18日に行われたプレミアリーグ第12節のニューカッスル戦でベンチ入りを果たす。3-1でリードして迎えた77分、大歓声の中でマルシャルに変わって途中出場し、216日ぶりにピッチに登場。その後、ユナイテッドは1点を追加して4-1で勝利した。 ▽終盤にはボレーシュートで見せ場を作ったイブラヒモビッチは試合後、長期離脱からの復帰に「特別な感覚だ」とコメント。また、復帰に対する心配について問われると、自身を称す「ライオン」に例えて否定した。 「特別な感覚だよ。これまでと同じクオリティを示すことができた。俺は全く心配していなかった。何をすべきかは理解していたからね」 「厳しいトレーニングを行い、多くのことを犠牲にしてきた。ヒザを守る必要があり、考えながらプレーしていた。ただ、まったく心配はしていない。復帰について心配していたかって? それはない。ライオンは人間のように回復しないからね」 2017.11.19 12:30 Sun
twitterfacebook
thumb

フェライニはユベントス移籍を希望か…一方ユーベが照準を定める新戦力とは?

マンチェスター・ユナイテッドに所属するベルギー代表MFマルアン・フェライニは今シーズン限りでクラブとの契約が満了となる。クラブ側はフェライニに新契約締結を提案したとされるが、本人はその打診を断ったと現地メディアで報じられていた。<br><br>その一方、フェライニはセリエA王者ユベントスでのプレーを希望しているという報道もある。だが、現時点でその移籍話は現実味を帯びていないようだ。<br><br>『Goal』記者の取材によると、ユベントスはフェライニに関心こそあるものの、今冬~来夏の移籍市場で獲得を狙うターゲットとして、他に本命がいる模様。イタリアの関係者筋によれば、ユベントスが補強の本命として照準を定めているのは、エムレ・ジャン(リバプール/ドイツ代表)と、レオン・ゴレツカ(シャルケ/ドイツ代表)とのこと。ジャンはリバプールと間もなく契約を更新する可能性も高まっており、もしそうなればゴレツカ獲得に本腰を入れるようだ。<br><br>23歳ジャン、22歳ゴレツカと、若いプレーメーカーの獲得をユベントスは望んでおり、現在29歳のフェライニにとっては、ユーベへの移籍はハードルが高いものと見られる。ただし、フェライニがこのまま新契約を結ばず、来夏フリーになった場合は移籍金ゼロで移籍可能となるだけに、意中のクラブへ新天地を求める可能性も十分にある。<br><br>果たして、ユナイテッドとの契約延長を拒否したフェライニは今後どのようなキャリアを歩むのか。来夏に向けて、その去就は今後も注目を集めることになりそうだ。<br><br>提供:goal.com 2017.11.18 22:19 Sat
twitterfacebook
thumb

デカい、強い、速い、上手い、怖い! イブラ&ルカク共存のファイヤーフォーメーション爆誕?

▽マンチェスター・ユナイテッドの超攻撃的布陣が見られる日が近い? ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は17日、翌日に行われるプレミアリーグ第12節のニューカッスル戦の招集メンバーに、長期離脱中だったFWズラタン・イブラヒモビッチとMFポール・ポグバ、DFマルコス・ロホが名を連ねることを明かした。 ▽ユナイテッドは今シーズン、ポグバの離脱後にそれまでの攻撃的なアプローチから守備的なアプローチで試合に臨むことが多くなり、得点力も同選手不在時から大きく減少した。そのため、同選手の復帰は大きな後押し。さらに、イブラヒモビッチに関しては、同選手の不在時に完全にチームの核となったFWロメル・ルカクとポジションが被るため、起用法が注目される。 ▽モウリーニョ監督は、イブラヒモビッチとルカクの共存について、以下のように語っている。ユナイテッド公式サイトが伝えた。 「イブラヒモビッチはどこでもプレーできる。今シーズンは2人のストライカーを使うことも何度もあった。とりわけ3バックの時は2人目のストライカーを使いやすい」 「共存させるつもりだよ。3バックも使っているし、プレシーズンから準備してきている。彼らは共にプレーできる。問題ない」 ▽イブラヒモビッチは1.5列目でもプレーできるため、[4-2-3-1]のトップ下として起用される可能性もありそうだ。また、発言から推測するに、[3-5-2]の布陣でイブラヒモビッチとルカクを前線に並べる形もモウリーニョ監督は考えているようだ。 ▽格下相手など場合によっては、上記画像のような超攻撃的布陣を見ることができるかもしれない。役者が揃ってきたユナイテッドの今後の戦いぶりに注目が集まりそうだ。 2017.11.18 09:15 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース