柴崎がついにテネリフェでデビュー!! 74分から途中出場もチームは惜敗《リーガエスパニョーラ2部》2017.03.20 08:46 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽19日にリーガエスパニョーラ2部のテネリフェvsレウスが行われた。日本代表MF柴崎岳が移籍後初出場を飾っている。

▽柴崎が2試合連続でベンチ入りを果たした一戦は、14分にテネリフェが失点を喫する。0-1のまま迎えた74分、ついに柴崎がピッチに立ち、スペインでのデビューを飾った。しかしチームは追いつくことはできず、リーグ戦では3試合未勝利となっている。

コメント

関連ニュース

thumb

セットプレーから3失点など低調エイバルが2戦連続大敗…乾は先発も37分に交代《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第6節のエイバルvsセルタが24日にエスタディオ・ムニシパル・デ・イプルーアで行われ、アウェイのセルタが4-0で圧勝した。エイバルのMF乾貴士は先発出場も37分に交代した。 ▽前節、バルセロナに1-6の大敗を喫したエイバルは、そのバルセロナで昨シーズンまで副官を務めていたウンスエ新監督率いるセルタとのホームゲームで今季3勝目を目指した。 ▽キケ・ガルシアとシャルレスの2トップに乾とベベを両翼に配置した[4-4-2]の布陣で臨んだエイバルは、立ち上がりから一進一退の攻防を見せる。 ▽しかし、17分に自陣中央で与えたFKの場面で相手との駆け引きに敗れ、キッカーのシストのボールをゴール前で完全にフリーとなったカブラルに頭で合わせられ、先制点を許す。続く24分には似たような位置で与えたFKの場面で再びオフサイドを取り損ねると、相手の飛び出しが気になったか、やや中途半端な対応となったGKドミトロビッチの脇を抜けたシストのフィードがそのままゴールネットに吸い込まれた。 ▽その後、セットプレーからパウロ・オリヴェイラのシュートがポストを叩くなど、反撃を試みるエイバルは、37分に乾を下げてセルジ・エンリクを投入し、前線に高さと強さを加えて、ゴールを目指す。だが、セルジ・エンリク投入直後の39分には左CKの流れから再びオフサイドを取り損ね、ピストの左クロスをドフリーのパブロ・エルナンデスにボレーで決められ、痛恨の3失点目を喫した。 ▽迎えた後半、ホセ・アンヘル、シャルレスに代えてフンカ、ホルダンを続けて投入したエイバルは、30分近くを残して3枚の交代カードを切り終える。だが、3点リードで余裕のボール回しを見せるセルタを前になかなか良い形でボールを奪えず、劣勢が続く。 ▽その後、主力を下げて試合を締めにかかるセルタに対して、思うように攻撃の形を作れないエイバルは、72分にも右サイドを破ったウーゴ・マージョの折り返しをボックス中央に走り込んだヴァスに絶妙な右足ダイレクトシュートで決められ、試合を決定付ける4点目を奪われた。 ▽攻守に戦えず、セットプレーの拙い対応でホーム完敗のエイバルは、バルセロナ戦に続き2試合連続の大敗となった。 2017.09.25 03:22 Mon
twitterfacebook
thumb

酒井高フル出場、伊藤達哉デビューのHSVがレバークーゼンに完敗で4連敗《ブンデスリーガ》

▽ハンブルガーSVは24日、ブンデスリーガ第6節でレバークーゼンとのアウェイ戦に臨み、0-3で完敗した。HSVのDF酒井高徳はフル出場し、FW伊藤達哉は82分からプレーしている。 ▽前節ドルトムント戦では今季初スタメンを飾りながらも後半開始3分に交代となったHSVの酒井高は、引き続き[4-2-3-1]の左サイドバックで先発となり、ベンチにはドルトムント戦に続きU-23チーム所属の伊藤達哉が入った。 ▽1勝1分け3敗と苦しいスタートとなったレバークーゼンに対し、押し込まれる入りとなったHSVは、15分にサリホビッチがミドルシュートでゴールに迫る。 ▽しかし20分、レバークーゼンに押し切られる。ヘンリクスの右クロスをファーサイドのベイリーに頭で落とされると、ボックス左のフォラントにゴール右へシュートを流し込まれた。さらに22分、ベイリーの左クロスを新戦力のアラリオにスライディングシュートでブンデス初ゴールを押し込まれ、HSVはリードを2点に広げられてしまう。 ▽ハーフタイムにかけてもウッドのミドルシュート以外でゴールに迫れなかったHSVは2点ビハインドのまま前半を終えた。 ▽迎えた後半からワルドシュミットとジャッタの両アタッカーを投入したHSVが前がかっていくと、59分にホルトビーがGKレノを強襲するシュートを浴びせた。 ▽その後もリスクを負って攻撃に出たHSVは、70分にハーンがフィードに抜け出してボックス右に侵入。決定的なシュートを浴びせるも枠の右に外れた。 ▽しかし、これ以降はチャンスを作れずにいると、82分にハーンに代えてブンデスデビューとなる伊藤を左ウイングに投入。ところが直後に決定的な3失点目を喫する。守備に戻った伊藤の背後をブラントのスルーパスで突かれ、最後はフォラントに決められた。 ▽このまま0-3で完敗したHSVは4連敗となっている。一方、勝利したレバークーゼンは今季2勝目を挙げている。 2017.09.25 02:55 Mon
twitterfacebook
thumb

柴崎不在のヘタフェがビジャレアルに4発快勝!《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第6節、ヘタフェvsビジャレアルが24日に行われ、4-0でヘタフェが勝利した。日本代表MF柴崎岳は負傷のため欠場した。 ▽ここまで1勝2敗2分けで14位のヘタフェは、2勝2敗1分けで10位に位置するビジャレアルとのホームゲームに臨んだ。前々節のバルセロナ戦で左足を痛めて途中交代していた柴崎は、前節に続き招集外となった。 ▽前半はホームのヘタフェがチャンスを演出する。11分、左CKの場面にカラがニアで合わせるが、惜しくも枠を捉えられず。26分にはアランバッリがボックス手前からボレーで狙うがGKにパンチングで防がれる。直後には、アンヘルがネットを揺らすもオフサイドの判定で先制ならず。前半はゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、ヘタフェが先制点を奪う。54分、ダミアン・スアレスの右CKをモリーナが逸らすと、ゴール前左からアンヘルが頭で押し込んだ。さらに64分には、ボックス手前でボールを奪ったモリーナが、そのままシュートを流し込んで追加点を挙げた。 ▽勢いに乗るヘタフェは直後の67分、右サイドのダミアン・スアレスのクロスに、カラが頭で合わせるが、これはGKにセーブされる。しかし、そのこぼれ球をマルケルが詰めて試合を決定づける3点目を沈めた。 ▽さらに試合終了間際には、FKからアンヘルがこの日2点目を決めて4-0。試合はこのまま終了。柴崎不在のヘタフェが、ビジャレアル相手に4発大勝を収めた。 2017.09.25 01:14 Mon
twitterfacebook
thumb

大迫先発ケルン、好調ハノーファーにゴールレスドローで開幕連敗を5でストップ《ブンデスリーガ》

▽ケルンは24日、ブンデスリーガ第6節でハノーファーとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。ケルンのFW大迫勇也は76分までプレーしている。 ▽前節フランクフルト戦では決定機を決めきれずチームが開幕5連敗となったケルンの大迫は引き続きコルドバと2トップを形成した。 ▽3勝2分けと好スタートを切った昇格組のハノーファーに対し、徐々に押し込まれる展開を強いられたケルンは12分にピンチ。ベビの右クロスに反応したファルカーケにボレーを許したが、シュートはわずかに枠の右に外れて助かった。 ▽その後も押し込まれたケルンは、27分にようやくチャンス。コルドバがS・サネからボールを奪ってボックス左に侵入。左足でシュートに持ち込んだが、枠を捉えきれなかった。 ▽ゴールに迫ったケルンだったが、31分にもピンチ。FKからS・サネのヘディングシュートがバーを直撃した。ハーフタイムにかけても流れを引き寄せられないケルンは、41分にファルカーケのミドルシュートでゴールを脅かされたがわずかに枠の上に外れ、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半も押し込まれたケルンだったが、56分に決定機。エーズカンのヒールパスを受けたクランターがボックス右に侵入してシュート。しかし、枠の右に外れて先制とはならなかった。続く59分にもビッテンコートのミドルシュートでゴールに迫ったケルンは、63分に大迫に決定機。 ▽ボックス左にドリブルで侵入したビッテンコートのクロスをゴール前の大迫がスライディングシュート。しかし、ゴール至近距離で合わせたシュートはGKの好ブロックに阻まれた。 ▽73分にS・サネの直接FKでゴールを脅かされたケルンは、大迫に代えてギラシーを投入。ところが、終盤にかけてはチャンスを作れずにそのままゴールレスでタイムアップ。勝利はならなかったが、勝ち点1を積み上げ、開幕からの連敗を5で止めている。 2017.09.25 00:28 Mon
twitterfacebook
thumb

長友不出場のインテルが終盤2人退場のジェノアに辛勝《セリエA》

▽セリエA第6節、インテルvsジェノアが24日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、ホームのインテルが1-0で勝利した。インテルのDF長友佑都は、ベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節、ボローニャ相手に辛くもドローに終わったインテルは、開幕からの連勝が「4」でストップ。仕切り直しを図る今節は、ホームに開幕から未勝利が続くジェノアを迎えた。スパレッティ監督はボローニャ戦から先発2人を変更。長友に代えてダウベルト・エンリケ、ジョアン・マリオに代えてブロゾビッチを起用した。 ▽試合は開始早々にインテルに決定機。右サイド深くに侵攻したカンドレーバの低いクロスに対して、ニアでイカルディが潰れてファーでフリーのペリシッチに通る。クロアチア代表FWは胸トラップから右足ボレーを狙うが、これはわずかにクロスバーの上を越えた。 ▽その後はカンドレーバの右サイドを起点に中央のイカルディや逆サイドのペリシッチがフィニッシュに絡むが、なかなかGKペリンの牙城を崩すまでには至らず。 ▽一方、注目の16歳の大型FWペッレグリを最前線に配したジェノアは、お馴染みの[3-4-3]のシステムから要所で相手を引っくり返しては、ワンチャンスを窺う。24分にはロングカウンターからオメオンガのパスに抜け出した左サイドのターラブトがDFの股間を抜くグラウンダーのクロスで決定機を演出するが、ここは必死の戻りを見せたイカルディのカバーリングに阻まれ、敵地での先制点とはならず。 ▽その後も拮抗した展開が続く中、39分には右サイドのビラスキからのアーリークロスを注目のペッレグリがダイビングヘッド、続く43分にはターラブトが強烈なミドルシュートでインテルゴールを襲う。一方のインテルも45分にはボックス手前のブロゾビッチが強烈な左足のシュートを放つが、これは惜しくも右ポストに阻まれた。 ▽試合は後半に入っても一進一退の攻防が続く。開始直後には右サイドをえぐったオメオンガのクロスをボックス左にフリーで走り込んだラクサールがボレーで合わせるが、枠を捉え切れない。その後も要所を締めた守備と鋭いカウンターを仕掛けるジェノアの時間が続く。 ▽後半に入って苦戦が目立つインテルは、60分にカンドレーバを下げてエデルを投入。この交代でトップ下のブロゾビッチを右サイドに出し、エデルとイカルディの2トップに変更。さらに72分にはボルハ・バレロに代えて、今夏カーンから獲得した19歳のフランス人ウイング、カラモーをデビューさせる。73分にはイカルディの落としからエデルが右足アウトにかけたミドルシュートで決定機に絡むが、ここはGKペリンの好守に遭う。 ▽一方、ペッレグリに代えて元インテルのパンデフを投入したジェノアは、そのパンデフが早速決定機を創出。78分、ペナルティアーク付近で縦パスを引き出したパンデフがボックス右に走り込むオメオンガに丁寧なスルーパス。抜け出したオメオンガが右足を振り抜くが、ニアを狙ったシュートはGKハンダノビッチのビッグセーブに遭う。 ▽81分に最後の交代カードとしてジョアン・マリオをピッチに送り出したインテルは、なかなか決定機を作り出せない中、引き分け濃厚と思われた試合終盤にセットプレーから試合を動かす。87分、右CKの場面でジョアン・マリオがファーに入れたクロスをダンブロージオが頭で左隅に流し込んだ。 ▽その後、エデルへの決定機阻止でオメオンガ、カラモーへの危険なタックルを見舞ったターラブトが共に一発退場となったジェノアの反撃を凌いだインテルが、ホームで苦しみながらも貴重な勝ち点3を手にした。 2017.09.25 00:07 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース