マンチェスター・Cのグアルディオラ、来シーズンのチーム大刷新を否定2017.03.20 07:22 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、来シーズンに向けてチームを刷新するというわさを否定した。

マンチェスター・Cは15日、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグレグでモナコに1-3の敗戦を喫した。2戦合計スコアは6-6だったが、アウェイゴールの差で敗退が決定。グアルディオラ監督にとって、ベスト16での敗退は初めてのこととなり、来季メンバーの大刷新を予想する報道もあった。しかし本人が大幅なメンバーの入れ替えはあり得ないと話した。

まず「多くの選手が初めてCLでプレーしたんだよ。多くのことを学んだはずで、来シーズンはもっと良くなるだろう」と選手にまだ成長の余地があることを指摘し、金銭面でも大幅な入れ換えは現実的ではないと説明した。

「CLの早期敗退が決定したことで、我々が10数人の選手を交換すると予想する人間もいるが、そのようなことは起きないと約束する。移籍金と給料は払える額でなければならない。1人あたり、4500万ユーロ~6000万ユーロ(約55億円~73億円)の投資が必要になるとしたら、合計で6億ユーロ~8億ユーロ(730億円~1000億円)が必要となる。不可能だ」

指揮官は大幅な選手の入れ換えを否定し、現有戦力をベースに来季を戦うことを明言したが、全ての大前提は来季CLに出場することとなるだろう。第29節で3位マンチェスター・Cは4位のリバプールと激突し、1-1のドローに終わった。順位こそ変わらなかったものの、CL出場圏内でフィニッシュできるかどうか、予断を許さない展開が続く。


提供:goal.com

コメント



Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース