サラーの今季10点目にゼコが2戦連発! サッスオーロに逆転勝ちのローマが連勝で2位死守!《セリエA》2017.03.20 06:46 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第29節、ローマvsサッスオーロが19日にスタディオ・オリンピコで開催され、ホームのローマが3-1で勝利した。

▽前節、パレルモ相手に快勝し、公式戦の連敗を「3」でストップした2位ローマ。直近のヨーロッパリーグ・ラウンド16の2ndレグ、リヨン戦では2-1で勝利を飾るも、1stレグの敗戦が響きラウンド16での敗退が決定した。

▽EL敗退からのバウンスバックが期待される今節では、3戦未勝利の15位サッスオーロをホームに迎えた。リヨン戦からのメンバー変更は4点。GKにシュチェスニーが戻り、マリオ・ルイ、デ・ロッシ、ゼコに代わってエメルソン・パルミエリ、レアンドロ・パレデス、エル・シャーラウィが先発に入り、システムは[3-5-2]を採用した。

▽開始2分に相手の連係ミスからボックス内に侵入したサラーにいきなり決定機が訪れるが、ここはGKコンシーリのビッグセーブに阻まれる。さらに、こぼれ球をサラーがダイレクトで蹴り込むが、このシュートはサイドネットを叩いた。

▽立ち上がりにいきなり決定機を演出したローマだったが、この直後にベラルディのクロスからデフレルに決定機を許す。すると9分、再び左サイドのベラルディのクロスから中央でポリターノがスルーして空けたスペースに入ってきたデフレルに見事な左足ダイレクトシュートをゴール左隅に流し込まれ、ホームで先制を許してしまった。

▽すぐさま反撃に出るローマは、サラーのスピードを生かした攻めで相手の最終ラインに揺さぶりをかける。16分には右サイドでボールを受けたブルーノ・ペレスを起点にした攻めからサラーが丁寧に落とすと、パレデスがボックス手前で右足を一閃。地を這う弾道のミドルシュートがゴール左隅に吸い込まれた。

▽早い時間帯に勝ち越したいローマは、19分にナインゴランがボックス右で折り返したボールがファーサイドに流れると、これをエメルソンが左足ダイレクトで合わすが、この強烈なシュートはクロスバーを叩く。さらに、29分にも再びボックス左でボールを持ったエメルソンが強烈な左足のシュートを狙う。

▽一方、追いつかれたものの、前線からのハイプレスや3トップのスピードを生かした攻めで果敢にゴールを目指すサッスオーロは、20分に最終ライン裏へ抜け出したポリターノが際どいシーンを作ると、前半終盤にかけてもダンカンの折り返しからデフレルがヒールシュート、さらにこのプレーで得たCKの流れからポリターノが際どいミドルシュートも、GKシュチェスニーの牙城を破れない。

▽このまま1-1のイーブンで前半終了かに思われたが、ローマが一瞬の隙を突いて勝ち越しに成功する。前半アディショナルタイム2分、ファシオからの絶妙なスルーパスに抜け出したエル・シャーラウィがボックス内に持ち込んでシュート。これはGKに弾かれるも、こぼれ球を奪ったサラーが冷静に流し込み、今季リーグ戦10点目を奪った。

▽ローマがリードして折り返した試合は、後半も打ち合いの様相を呈す。51分にはストロートマンのスルーパスに抜け出したサラーが、ボックス右から利き足とは逆の右足でファーポストを狙うが、このシュートはわずかに枠の左に外れた。

▽一方、後半に入って攻撃的右サイドバックのリロラを投入するなど、攻撃な布陣でゴールを目指すサッスオーロは、度々ボックス内を陥れてデフレルに決定機も、DFファシオとDFマノラスの好守に阻まれる。だが、攻勢を強める中でデフレルが負傷してしまい、マトリとの負傷交代を強いられた。

▽一方、早い時間帯に追加点を奪って試合を決めたいローマは、60分にブルーノ・ペレスを下げて、ここまで温存していたエースFWゼコを投入。この交代でシステムを[4-2-3-1]に変更した。ゼコは投入直後にいずれもセットプレーからヘディングシュートとボレーシュートでゴールに迫ると、さすがの決定力を発揮してチームに3点目をもたらす。

▽68分、ボックス手前でDF3人を引きずりながら強引に仕掛けたゼコは、近くのストロートマンにボールを預けてゴール前に走り込む。ここにストロートマンから絶妙な浮き球のリターンパスが届き、最後はヒザを使ったワントラップから右足シュートを流し込み、2試合連続となる今季のリーグ戦21ゴール目を奪った。

▽この3点目で試合を決めたローマは、殊勲のサラーとパレデスを下げてペロッティ、デ・ロッシを投入し、逃げ切り態勢に入る。その後は自身にゴールがほしいエル・シャーラウィやペロッティが積極的にゴールを狙うも、試合はこのまま3-1でタイムアップ。ホームで先制を許すなど、厳しい展開を強いられた一戦をサラーやゼコのゴールで逆転し、リーグ2連勝で2位キープに成功した。

コメント

関連ニュース

thumb

ユベントスがマノラスと個人間で合意報道

▽イタリア『SportItalia』は25日、ユベントスがローマのギリシャ代表DFコスタス・マノラス(26)と個人間で合意に達していると報じた。 ▽ユベントスでは先日、イタリア代表DFレオナルド・ボヌッチがミランへ電撃移籍しており、その穴を埋める存在を探している。 ▽一方、マノラスは今夏、ゼニトへの移籍が決まりかけていたものの、サラリーの面で合意に達せず破断に終わっていた。 ▽なお、マノラスの獲得にかかる移籍金は3000万ユーロ(約39億1000万円)と報じている。 2017.07.26 00:56 Wed
twitterfacebook
thumb

元ラツィオDFコラロフ、宿敵ローマへ加入も気に留めず「ピッチ上ではライバル」

ローマに加入したセルビア代表DFアレクサンダル・コラロフは、過去は否定できないとしながらも、ラツィオは今やライバルであるとしている。<br><br>コラロフは今夏、マンチェスター・シティからローマへ移籍。マンチェスター・シティで7年に渡ってプレーする前は、ラツィオに3年間所属してコッパ・イタリア制覇を経験している。そのため、セリエA復帰の舞台が古巣の最大のライバルクラブとなったことには驚きの声も聞こえたが、コラロフは『ローマTV』でこのように話す。<br><br>「過去は否定できないし、したくもない。でも今はローマにいて100%を注ぐだけだ。ラツィオにいたときと同じようにね。ラツィオは僕にとって良い経験だった。でももうピッチではライバルだよ」<br><br>また、ローマ移籍の背景にはスポーツディレクターのモンチ氏の影響があったことも認め、「彼の存在は重要だった」と語っている。<br><br>「明瞭かつオープンだったから、僕も彼に対してはオープンになれた。2分で基本的な合意に至れたよ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.24 23:33 Mon
twitterfacebook
thumb

デ・ロッシ「ユーベは弱点がない」ライバルチームの強さに嘆き節

現在、インターナショナル・チャンピオンズカップでアメリカに遠征しているローマのMFダニエレ・デ・ロッシが、新シーズンのセリエA展望について語っている。<br><br>「リーグではユベントスより上に行くことは難しい。彼らに弱点がないから、優勝することは並大抵のことではないんだ」<br><br>デ・ロッシは会見で「ナポリのような他のチームが優勝することもあるかもしれないが、もしユベントスからタイトルを奪うチームがあるとしたら、やはりローマがその1番手でありたい」と語り、打倒ユベントスに闘志を燃やしている。<br><br>また、昨シーズン限りでローマを去った盟友フランチェスコ・トッティについて問われると、「彼がいなくても僕はいつも彼の存在を心に抱いている。トッティがいなくなったことで僕らにまた違った形で問題が出てくるかもしれない。だけど、彼がピッチの外で新しい道に進もうとしているし、僕らは僕らで頑張らなければならない」と続け、バンディエラの不在を嘆きながらも飛躍を誓った。<br><br>ローマは現地時間25日、インターナショナル・チャンピオンズカップでトッテナムと激突する。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.24 23:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ローマ、マン・Cからセルビア代表DFコラロフを完全移籍で獲得!

▽ローマは22日、マンチェスター・シティからセルビア代表DFアレクサンダル・コラロフ(31)を獲得した。契約期間は2020年6月30日までの3年間で、移籍金は500万ユーロ(約6億5000万円)と発表している。 ▽2010年にローマの宿敵ラツィオからシティに加入した左サイドバックのコラロフは、在籍7年で公式戦247試合に出場し、21ゴール37アシストをマーク。2016-17シーズンは公式戦29試合に出場し、本職でないセンターバックでもプレーした。 ▽ローマ加入を決めたコラロフは、ローマの公式サイトで次のようなコメントをしている。 「ローマに加入できたことを嬉しく思っている。常に勝利することが僕の目標だ。ローマのために全力を尽くすことを約束するよ」 ▽移籍先のローマは、ポルトガル人DFマリオ・ルイ(26)をナポリに売却。また、昨シーズンに左サイドバックのレギュラーを務めたイタリア代表DFエメルソン・パルミエリ(23)が昨季のリーグ最終節のジェノア戦で負った前十字じん帯断裂の重傷によって長期離脱となっており、左サイドバックの補強が急務となっていた。 2017.07.23 07:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ローマ、シティから元ラツィオDFコラロフ獲得に迫る! 買い取り義務付きのレンタルでの獲得に

▽ローマが、マンチェスター・シティからセルビア代表DFアレクサンダル・コラロフ(31)の獲得に迫っているようだ。 ▽先日にポルトガル人DFマリオ・ルイ(26)をナポリに売却したローマは、昨シーズンに左サイドバックのレギュラーを務めたイタリア代表DFエメルソン・パルミエリ(23)が昨季のリーグ最終節のジェノア戦で負った前十字じん帯断裂の重傷によって長期離脱となっている。この状況を受けて、今夏の補強が急務となっている。 ▽現時点でローマの獲得候補に浮上しているのが、バレンシアのスペイン人DFホセ・ルイス・ガヤ(22)と、ホッフェンハイムのドイツ人DFジェレミー・トルヤン(22)、トリノのイタリア人DFアントニオ・バレッカ(22)の3選手だ。 ▽だが、若く伸び盛りな3選手に関しては相応の移籍金が必要となり、ウイングやセンターバックなどその他にも補強の必要性があるローマとしては、あくまでエメルソンのバックアップの補強に資金を投入したくないようだ。 ▽イタリア『Tuttomercatoweb』の伝えるところによれば、そこでローマはシティで出場機会の減少が見込まれ、より安価な金額で獲得可能なコラロフをリストアップ。そして、シーズン終了後に700万ユーロ(約9億1000万円)での買い取り義務が発生する1年間のレンタル移籍という条件で交渉をまとめ上げたようだ。 ▽なお、コラロフは2007年から2010年までローマの宿敵であるラツィオに所属。在籍3シーズンで公式戦104試合に出場して11ゴールを記録し、2008-09シーズンにはコッパ・イタリアのタイトルを獲得していた。 2017.07.21 06:25 Fri
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース