サラーの今季10点目にゼコが2戦連発! サッスオーロに逆転勝ちのローマが連勝で2位死守!《セリエA》2017.03.20 06:46 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第29節、ローマvsサッスオーロが19日にスタディオ・オリンピコで開催され、ホームのローマが3-1で勝利した。

▽前節、パレルモ相手に快勝し、公式戦の連敗を「3」でストップした2位ローマ。直近のヨーロッパリーグ・ラウンド16の2ndレグ、リヨン戦では2-1で勝利を飾るも、1stレグの敗戦が響きラウンド16での敗退が決定した。

▽EL敗退からのバウンスバックが期待される今節では、3戦未勝利の15位サッスオーロをホームに迎えた。リヨン戦からのメンバー変更は4点。GKにシュチェスニーが戻り、マリオ・ルイ、デ・ロッシ、ゼコに代わってエメルソン・パルミエリ、レアンドロ・パレデス、エル・シャーラウィが先発に入り、システムは[3-5-2]を採用した。

▽開始2分に相手の連係ミスからボックス内に侵入したサラーにいきなり決定機が訪れるが、ここはGKコンシーリのビッグセーブに阻まれる。さらに、こぼれ球をサラーがダイレクトで蹴り込むが、このシュートはサイドネットを叩いた。

▽立ち上がりにいきなり決定機を演出したローマだったが、この直後にベラルディのクロスからデフレルに決定機を許す。すると9分、再び左サイドのベラルディのクロスから中央でポリターノがスルーして空けたスペースに入ってきたデフレルに見事な左足ダイレクトシュートをゴール左隅に流し込まれ、ホームで先制を許してしまった。

▽すぐさま反撃に出るローマは、サラーのスピードを生かした攻めで相手の最終ラインに揺さぶりをかける。16分には右サイドでボールを受けたブルーノ・ペレスを起点にした攻めからサラーが丁寧に落とすと、パレデスがボックス手前で右足を一閃。地を這う弾道のミドルシュートがゴール左隅に吸い込まれた。

▽早い時間帯に勝ち越したいローマは、19分にナインゴランがボックス右で折り返したボールがファーサイドに流れると、これをエメルソンが左足ダイレクトで合わすが、この強烈なシュートはクロスバーを叩く。さらに、29分にも再びボックス左でボールを持ったエメルソンが強烈な左足のシュートを狙う。

▽一方、追いつかれたものの、前線からのハイプレスや3トップのスピードを生かした攻めで果敢にゴールを目指すサッスオーロは、20分に最終ライン裏へ抜け出したポリターノが際どいシーンを作ると、前半終盤にかけてもダンカンの折り返しからデフレルがヒールシュート、さらにこのプレーで得たCKの流れからポリターノが際どいミドルシュートも、GKシュチェスニーの牙城を破れない。

▽このまま1-1のイーブンで前半終了かに思われたが、ローマが一瞬の隙を突いて勝ち越しに成功する。前半アディショナルタイム2分、ファシオからの絶妙なスルーパスに抜け出したエル・シャーラウィがボックス内に持ち込んでシュート。これはGKに弾かれるも、こぼれ球を奪ったサラーが冷静に流し込み、今季リーグ戦10点目を奪った。

▽ローマがリードして折り返した試合は、後半も打ち合いの様相を呈す。51分にはストロートマンのスルーパスに抜け出したサラーが、ボックス右から利き足とは逆の右足でファーポストを狙うが、このシュートはわずかに枠の左に外れた。

▽一方、後半に入って攻撃的右サイドバックのリロラを投入するなど、攻撃な布陣でゴールを目指すサッスオーロは、度々ボックス内を陥れてデフレルに決定機も、DFファシオとDFマノラスの好守に阻まれる。だが、攻勢を強める中でデフレルが負傷してしまい、マトリとの負傷交代を強いられた。

▽一方、早い時間帯に追加点を奪って試合を決めたいローマは、60分にブルーノ・ペレスを下げて、ここまで温存していたエースFWゼコを投入。この交代でシステムを[4-2-3-1]に変更した。ゼコは投入直後にいずれもセットプレーからヘディングシュートとボレーシュートでゴールに迫ると、さすがの決定力を発揮してチームに3点目をもたらす。

▽68分、ボックス手前でDF3人を引きずりながら強引に仕掛けたゼコは、近くのストロートマンにボールを預けてゴール前に走り込む。ここにストロートマンから絶妙な浮き球のリターンパスが届き、最後はヒザを使ったワントラップから右足シュートを流し込み、2試合連続となる今季のリーグ戦21ゴール目を奪った。

▽この3点目で試合を決めたローマは、殊勲のサラーとパレデスを下げてペロッティ、デ・ロッシを投入し、逃げ切り態勢に入る。その後は自身にゴールがほしいエル・シャーラウィやペロッティが積極的にゴールを狙うも、試合はこのまま3-1でタイムアップ。ホームで先制を許すなど、厳しい展開を強いられた一戦をサラーやゼコのゴールで逆転し、リーグ2連勝で2位キープに成功した。

コメント

関連ニュース

thumb

新星ジェンギズが圧巻ミドルでセリエA3連発! ウディネ撃破で3連勝ローマがCLシャフタール戦に弾み《セリエA》

▽セリエA第25節、ウディネーゼvsローマが17日にダチア・アレーナで行われ、アウェイのローマが2-0で勝利した。 ▽前節、最下位ベネヴェント相手に公式戦12試合ぶりとなる複数得点を記録し5-2で大勝した4位のローマ。3連勝を目指す今節は公式戦2戦勝利がない10位のウディネーゼとのアウェイゲームに臨んだ。来週ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)のシャフタール戦を控えるチームは、前節から先発4人を変更。出場停止明けのナインゴラン、ペッレグリーニに加え、デ・ロッシが復帰。また、コラロフに代わってファン・ジェズスが左サイドバックで起用された。 ▽立ち上がりから拮抗した展開が続く中、アウェイのローマは開始6分に最初の決定機を作る。カウンターからエル・シャーラウィのスルーパスに抜け出したジェンギズ・ユンデルがボックス内に侵入。細かい切り返しから左足でシュートを狙うが、これはDFにディフレクトして枠の左に外れる。すると、直後にはジェズスの不用意なバックパスからペリカに決定機を許すが、ここはGKアリソンの飛び出しで事なきを得た。 ▽その後は攻守の切り替えが速いオープンな試合展開が続く。25分にはローマのカウンターからボックス右でパスを受けたジェンギズが鋭いカットインから左足を振り抜くが、枠の右を捉えたシュートはGKビザーリのファインセーブに防がれる。続く29分には左サイド深くでクロスのこぼれを回収したナインゴランがうまくDFと入れ替わってマイナスに折り返す。これをボックス内のエル・シャーラウィが右足ダイレクトで狙うが、ボールは左ポストを掠める。 ▽前半終盤にかけても見応えある球際の攻防、カウンターの応酬が続いたものの、互いに決定機を作り切れないまま前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、前半同様に主導権を握るローマ。しかし、51分には相手の素早いスローインのリスタートからボックス左でDFファシオをかわしたペリカに決定機を許すが、ここはGKアリソンが勇敢な飛び出しでシュートまで持ち込ませない。 ▽その後もボールを支配するローマは鋭いカウンターからジェンギズのクロスやエル・シャーラウィのシュートで幾度となく相手ゴールに迫る。だが、決め手を欠くチームは69分、エル・シャーラウィを下げてペロッティを投入した。 ▽すると、この交代直後に絶好調の新星が魅せる。70分、ボックス手前でデ・ロッシから短いパスを受けたジェンギズが内に切り込みながら左足を一閃。低い弾道の強烈なシュートがゴール左隅を射抜きセリエA初ゴールから3試合連続となる今季4点目を記録した。 ▽ジェンギズの鮮烈な一撃でウディネーゼの堅守をこじ開けたローマは直後にデ・ロッシを下げてストロートマンを投入。対するウディネーゼはマキシ・ロペス、バリッチと攻撃的なカードを切って同点を目指す。 ▽試合終盤にかけて殊勲のジェンギズを下げてデフレルを投入し逃げ切り態勢に入るローマは90分、デフレルの高い位置でのボール奪取からショートカウンターを発動。ナインゴランからの丁寧なスルーパスに抜け出したペロッティが冷静にGKとの一対一を制し、試合を決める2点目を奪った。 ▽ジェンギズの3試合連続の決勝点で勝ち切ったローマがリーグ3連勝で暫定3位に浮上。シャフタールとのCL決勝トーナメント1回戦1stレグに向けて大きな弾みを付けた。 2018.02.18 01:01 Sun
twitterfacebook
thumb

リバプールがセレソン正守護神と合意か…移籍金はGK史上最高額

▽リバプールが、ローマに所属するブラジル代表GKアリソン・ベッカー(25)の獲得に動いているようだ。個人条件で合意したことを『ESPN』が伝えている。 ▽2016年の夏にインテルナシオナウからローマ入りしたアリソンは今シーズン、セリエAとチャンピオンズリーグの全試合でゴールマウスを守っており、出色のパフォーマンスを継続。ブラジル代表のチッチ監督が明かしたとされる15名のロシア・ワールドカップ行き“内定者”の中にも唯一GKとして選出されており、セレソンでも正守護神の座を掴んでいる。 ▽そのアリソンに関して、リバプールが獲得に迫っているようだ。リバプールでは現在、GKヨリス・カリウスがGKシモン・ミニョレとのポジション争いでリードしてゴールマウスを守っているが、ユルゲン・クロップ監督からの信頼を勝ち取っているとは考えられていない。リバプールは、多くのクラブが狙っているとみられるアリソンの獲得に動いているようで、選手の代理人と個人条件に関して合意したようだ。 ▽しかし、クラブ間合意は移籍実現に向けて小さくない壁だ。ローマはGKとして世界最高額となる7000万ユーロ(約92億円)を求める構えのようで、リバプールがこの金額に対してどのように交渉に臨むか注目される。 2018.02.17 17:08 Sat
twitterfacebook
thumb

優勝争いを断念? ローマMFストロートマンが現状を分析「ユーベやナポリと違って…」

ローマに所属するオランダ代表MFケビン・ストロートマンが、イタリアメディア『スカイ・スポーツ』のインタビューに応じた。<br><br>ローマは現在、リーグ戦において47ポイントと4位につけるが、首位のナポリ、2位ユベントスとは15ポイント差以上の開きがある。ストロートマンは2クラブとの実力の差を認めている。<br><br>「当然、ナポリやユベントスの方が強い。これは明らかだ。だが僕らは3位の座を懸けて戦うつもりだ。さもなければ4位に食い込みたい。ローマは、チャンピオンズリーグ(CL)に相応しいクラブだからね。残念ながら、ナポリやユーベとは競えない」<br><br>優勝争いを断念し、CL出場権が与えられる4位以内を目標とすることを強調する一方、ローマが2強に劣る理由を明かした。<br><br>「ローマでは難しい。なぜなら、ローマは選手を買うだけのクラブではないからだ。近年のように、選手を売らなければならない場面が時たまやって来る。その点がナポリやユーベと違う。彼らは無理に売る必要はないからね。こっちは、(ミラレム)ピャニッチ、(メージ)ベナティア、それから(モハメド)サラー、(アントニオ)リュディガー、(レアンドロ)パレデスを失った」<br><br>続いて、自身の去就について問われると言葉を濁した。<br><br>「サッカーでは分からないからね。ローマは僕を引き留めるより、お金を選ぶかもしれない。でもサッカーでは何が起こるか分からないよ。僕の契約書の内容を教えるわけにはいかないけど、もしローマが別の選手の獲得を望んだり、僕がここで満足できなくなったらどうなるかな。でも今は移籍について考える必要はない」<br><br>最後にオランダ代表MFは、ローマでの夢を明かした。<br><br>「皆、いつも言っているけど、タイトルを獲得できたら格別だろう。残念だが、今年、僕らにはCLしか残されていないが、困難を極める。まだ1度も優勝できていないが、実現できるよう努力を続けたい」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.17 16:43 Sat
twitterfacebook
thumb

4クラブ間移籍の可能性があった!? ローマのモンチ氏が移籍の裏舞台を明かす

▽例年よりも大きな移籍があった今冬の移籍市場で、さらなる移籍が行われる可能性があったようだ。『フットボール・・イタリア』が報じている。 ▽1月31日に終了を迎えた今冬の移籍市場では、アーセナルがドルトムントからガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンを獲得。エースを引き抜かれたドルトムントはチェルシーからベルギー代表FWミッチー・バチュアイをレンタルで獲得し、チェルシーはアーセナルからフランス代表FWオリヴィエ・ジルーを獲得している。 ▽3クラブ間による選手の動きが注目を集めたが、ここにもう1クラブが加わる可能性があったようだ。それはローマで、チェルシーが以前から興味を示していたボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコが移籍した場合は、アーセナルからジルーを獲得する可能性があったようだ。同クラブのモンチSD(スポーツ・ディレクター)は次のように移籍の裏事情を明かしている。 「本来であれば、最高の選手を売却することは喜ばしいことではない。しかし正当なオファーであればそれを考慮して売却することも考える。ゼコに対して正しいオファーが届いていれば、我々は彼に代わる選手の獲得に動いていた。おそらくジルーの獲得に動いていたと思う」 ▽モンチ氏が明かした通りに移籍市場が動いていれば、アーセナルはオーバメヤン、ドルトムントはバチュアイ、チェルシーはゼコ、ローマはジルーを獲得し、4クラブ間で前線の入れ替えが行われたことになる。 2018.02.15 09:20 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマ、守護神アリソン流出阻止へ新契約を準備か? 契約解除金は120億円に引き上げ

▽ローマがブラジル代表GKアリソン・ベッカー(25)との契約延長交渉を進めているようだ。イタリア『calciomercato.com』が伝えている。 ▽2016年夏にインテルナシオナウから800万ユーロ(約10億6000万円)でローマに加入したアリソンは、加入1年目こそポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニー(現ユベントス)のバックアッパーに甘んじたものの、今シーズンはここまでセリエAとチャンピオンズリーグ(CL)全試合に出場し、ここまでのチームMVP級の働きを見せている。 ▽卓越したゴールキーピングに加え、足下の技術にも長けた現セレソンの正GKにはリバプールやパリ・サンジェルマン、レアル・マドリーといった国外のビッグクラブが来夏の獲得に動いているとも報じられている。 ▽この状況を受けて、ローマは守護神の残留および安価での流出を避けるために大幅な昇給と高額な契約解除金の設定を目的として新契約の準備を進めているようだ。 ▽『calciomercato.com』の伝えるところによれば、現行の契約で年俸150万ユーロ(約2億円)を受け取っているアリソン側は、ボーナス含め総額500万ユーロ(約6億6000万円)という3倍以上のサラリーアップを要求しているという。一方、ローマは同選手の契約解除金を9000万ユーロ(約120億円)に設定することを求めているようだ。 ▽現時点でアリソンはローマ残留を希望しているものの、仮にローマが来季のCL出場権を逃がすようであれば、ファイナンシャル・フェアプレー問題を抱えるクラブが高額な換金対象として守護神の放出に踏み切る可能性は十分にある。 2018.02.14 01:19 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース