サラーの今季10点目にゼコが2戦連発! サッスオーロに逆転勝ちのローマが連勝で2位死守!《セリエA》2017.03.20 06:46 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第29節、ローマvsサッスオーロが19日にスタディオ・オリンピコで開催され、ホームのローマが3-1で勝利した。

▽前節、パレルモ相手に快勝し、公式戦の連敗を「3」でストップした2位ローマ。直近のヨーロッパリーグ・ラウンド16の2ndレグ、リヨン戦では2-1で勝利を飾るも、1stレグの敗戦が響きラウンド16での敗退が決定した。

▽EL敗退からのバウンスバックが期待される今節では、3戦未勝利の15位サッスオーロをホームに迎えた。リヨン戦からのメンバー変更は4点。GKにシュチェスニーが戻り、マリオ・ルイ、デ・ロッシ、ゼコに代わってエメルソン・パルミエリ、レアンドロ・パレデス、エル・シャーラウィが先発に入り、システムは[3-5-2]を採用した。

▽開始2分に相手の連係ミスからボックス内に侵入したサラーにいきなり決定機が訪れるが、ここはGKコンシーリのビッグセーブに阻まれる。さらに、こぼれ球をサラーがダイレクトで蹴り込むが、このシュートはサイドネットを叩いた。

▽立ち上がりにいきなり決定機を演出したローマだったが、この直後にベラルディのクロスからデフレルに決定機を許す。すると9分、再び左サイドのベラルディのクロスから中央でポリターノがスルーして空けたスペースに入ってきたデフレルに見事な左足ダイレクトシュートをゴール左隅に流し込まれ、ホームで先制を許してしまった。

▽すぐさま反撃に出るローマは、サラーのスピードを生かした攻めで相手の最終ラインに揺さぶりをかける。16分には右サイドでボールを受けたブルーノ・ペレスを起点にした攻めからサラーが丁寧に落とすと、パレデスがボックス手前で右足を一閃。地を這う弾道のミドルシュートがゴール左隅に吸い込まれた。

▽早い時間帯に勝ち越したいローマは、19分にナインゴランがボックス右で折り返したボールがファーサイドに流れると、これをエメルソンが左足ダイレクトで合わすが、この強烈なシュートはクロスバーを叩く。さらに、29分にも再びボックス左でボールを持ったエメルソンが強烈な左足のシュートを狙う。

▽一方、追いつかれたものの、前線からのハイプレスや3トップのスピードを生かした攻めで果敢にゴールを目指すサッスオーロは、20分に最終ライン裏へ抜け出したポリターノが際どいシーンを作ると、前半終盤にかけてもダンカンの折り返しからデフレルがヒールシュート、さらにこのプレーで得たCKの流れからポリターノが際どいミドルシュートも、GKシュチェスニーの牙城を破れない。

▽このまま1-1のイーブンで前半終了かに思われたが、ローマが一瞬の隙を突いて勝ち越しに成功する。前半アディショナルタイム2分、ファシオからの絶妙なスルーパスに抜け出したエル・シャーラウィがボックス内に持ち込んでシュート。これはGKに弾かれるも、こぼれ球を奪ったサラーが冷静に流し込み、今季リーグ戦10点目を奪った。

▽ローマがリードして折り返した試合は、後半も打ち合いの様相を呈す。51分にはストロートマンのスルーパスに抜け出したサラーが、ボックス右から利き足とは逆の右足でファーポストを狙うが、このシュートはわずかに枠の左に外れた。

▽一方、後半に入って攻撃的右サイドバックのリロラを投入するなど、攻撃な布陣でゴールを目指すサッスオーロは、度々ボックス内を陥れてデフレルに決定機も、DFファシオとDFマノラスの好守に阻まれる。だが、攻勢を強める中でデフレルが負傷してしまい、マトリとの負傷交代を強いられた。

▽一方、早い時間帯に追加点を奪って試合を決めたいローマは、60分にブルーノ・ペレスを下げて、ここまで温存していたエースFWゼコを投入。この交代でシステムを[4-2-3-1]に変更した。ゼコは投入直後にいずれもセットプレーからヘディングシュートとボレーシュートでゴールに迫ると、さすがの決定力を発揮してチームに3点目をもたらす。

▽68分、ボックス手前でDF3人を引きずりながら強引に仕掛けたゼコは、近くのストロートマンにボールを預けてゴール前に走り込む。ここにストロートマンから絶妙な浮き球のリターンパスが届き、最後はヒザを使ったワントラップから右足シュートを流し込み、2試合連続となる今季のリーグ戦21ゴール目を奪った。

▽この3点目で試合を決めたローマは、殊勲のサラーとパレデスを下げてペロッティ、デ・ロッシを投入し、逃げ切り態勢に入る。その後は自身にゴールがほしいエル・シャーラウィやペロッティが積極的にゴールを狙うも、試合はこのまま3-1でタイムアップ。ホームで先制を許すなど、厳しい展開を強いられた一戦をサラーやゼコのゴールで逆転し、リーグ2連勝で2位キープに成功した。

コメント

関連ニュース

thumb

レーティング:アトレティコ・マドリー 2-0 ローマ《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループC第5節、アトレティコ・マドリーvsローマが22日にワンダ・メトロポリターノで行われ、2-0でアトレティコが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽アトレティコ・マドリー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171123_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 オブラク 5.5 特に見せ場はなく及第点 DF 5 トーマス 5.5 本職でない右サイドバックながら積極的な攻撃の姿勢を見せた 24 ホセ・ヒメネス 6.0 あまり攻め込まれなかったが的確なポジショニングで無失点に抑えた 19 リュカ 6.0 攻勢を強めるチームの中しっかり役割をこなしバランスを保った 3 フィリペ・ルイス 5.5 攻撃参加もあまり効果出ず MF 8 サウール 5.5 右サイドであまり攻撃の起点にならなかった 12 A・フェルナンデス 6.0 中盤からの激しいプレスでローマの攻撃を防いだ (→コレア 6.5) 途中出場で決勝弾をアシスト 6 コケ 5.5 ローマの堅い守備を前にアイデアが足りなかった (→ガビ 5.5) 途中出場も見せ場なく 10 カラスコ 6.0 攻撃の中心で左サイドで起点となった。後半は縦横無尽に攻め続けた (→ガメイロ 6.5) 貴重な追加点で監督の期待に応えた FW 7 グリーズマン 7.5 完璧なバイシクルシュートで決勝弾。2点目のアシストも 9 トーレス 5.5 パスを呼び込む動きが悪くチャンスをつかめなかった 監督 シメオネ 6.5 交代選手がズバリ的中。流れを変えた立役者に ▽ローマ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171123_6_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 アリソン 5.5 守勢のチームで2失点、守り切れなった DF 25 ブルーノ・ペレス 4.5 守備重視が裏目に出たか2度の警告で退場処分に 44 マノラス 5.5 集中した守りで何度もピンチを防いだ 20 ファシオ 5.0 失点まではよかったが2失点目は裏を取られてしまった 11 コラロフ 5.5 今回は守りに専念。後半は足が止まったか MF 4 ナインゴラン 5.5 豊富な運動量でアトレティコの攻撃に食らいついた。ポスト直撃のシュートも 21 ゴナロン 5.5 ストッパーとして最終ラインの前に壁を作った (→エル・シャーラウィ -) 7 ペッレグリーニ 5.0 多くの時間帯で守備に奮闘。持ち味出せず (→ストロートマン 5.0) 守備固めの交代も出場後に失点、中盤で存在感示せず FW 30 ジェルソン 5.0 まったく見せ場がなくシュートらしいシュートもなかった (→デフレル 5.0) 失点後の出場で攻撃に期待がかかったが何もできず 9 ゼコ 5.0 守備的な戦術でチャンスがほとんどなかった 8 ペロッティ 5.0 攻撃のチャンスはあまりなく得意のサイド攻撃ができなかった 監督 ディ・フランチェスコ 5.0 守備的采配が裏目に。守り切れなかった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! グリーズマン(アトレティコ・マドリー) ▽少ないチャンスをモノにした決勝点のバイシクルシュートで勝利を手繰り寄せると、決定的な2点目のアシストも記録し、文句なしでこの試合のMOMに選出。 アトレティコ・マドリー 2-0 ローマ 【アトレティコ・マドリー】 グリーズマン(後24) ガメイロ(後41) 2017.11.23 06:39 Thu
twitterfacebook
thumb

グリーズマンのゴラッソで勝利を手繰り寄せたアトレティコ、最終節にGS突破の望みをつなぐ《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループC第5節、アトレティコ・マドリーvsローマが22日にワンダ・メトロポリターノで行われ、2-0でアトレティコが勝利した。 ▽すでにグループステージの自力突破の可能性が消滅しているアトレティコ。引き分け以下で敗退が決まってしまうという背水の陣で臨むローマとのホームゲームは、直近のレアル・マドリーとのダービー戦から5選手を変更。フィリペ・ルイスやホセ・ヒメネス、A・フェルナンデスが先発に名を連ねたほか、トーレスがグリーズマンと2トップを組んだ。 ▽一方、前節グループC最大の難敵であるチェルシーを撃破し首位に立ったローマは、その後のリーグ戦でも2連勝を収め、現在公式戦6連勝中と勢いに乗る。今節でのグループステージ突破を目指し、直近のラツィオとのローマ・ダービーから4人を入れ替え、ブルーノ・ペレス、ペッレグリーニ、ゴナロン、ジェルソンが先発起用となった。 ▽勝利が絶対条件のアトレティコは5分にトーレスがカウンターから前に運ぶが、ここはローマがファウルで止める。7分にはローマにもチャンス。左ウイングのペロッティがボックス左を深くをえぐりマイナスのクロスを供給。ファーサイドで受けたペッレグリーニが狙うがDFにブロックされる。 ▽互角の戦いを見せる中、早く点を取りたいアトレティコと、守るローマといった構図に。そんなローマの徹底した守りを前に攻めあぐねるアトレティコは20分に、カラスコがボックス左から鋭いシュートでトライするがサイドネットを叩く。22分には左サイドからのクロスをコケがヘディングシュート。しかしGKの正面に。 ▽攻撃のリズムができてきたアトレティコは今度は左サイドのカラスコのグラウンダーのクロスにグリーズマンとコケが飛び込むが触れることができずボールはそのままタッチラインを割った。42分にはA・フェルナンデスがネットを揺らすが、直前にハンドがあったとしてゴールは認められず、ゴールレスで前半を終えた。 ▽後半もアトレティコが攻勢をかけ、ローマが守勢をとる展開を見せる中、アトレティコはカウンターからチャンスを生み出す。50分、ハーフウェイライン付近からカウンターを仕掛けると、グリーズマンとカラスコの2人で運ぶがここはローマに軍配。その直後にもカラスコがカウンターで単独突破を仕掛けるが、マノラスのスライディングタックルに潰されてしまう。 ▽守勢のローマも64分、右サイドでボールを持ったナインゴランがGKの意表を突いて直接ゴールを狙う。するとこのシュートがポストを直撃し、惜しくもス―パーゴールとはならなかった。その直後はトーレスがカラスコとのパス交換からミドルシュートを狙うが、こちらはボール2つ分枠の左を外れた。 ▽積極的に交代枠を使い、コレア、ガビ、ガメイロを次々と投入していくアトレティコ。するとこの交代が功を奏す。69分、味方のパスからボックス左深くまで侵入したコレアがタッチラインギリギリで中に折り返すと、これに合わせたのがグリーズマン。エースがこのクロスをバイシクルシュートで合わせ、ローマの鉄壁を突き破った。 ▽予定が狂ったローマはその後立て続けにデフレルとエル・シャーラウィをピッチに送り出し攻勢を図る。しかし、前がかりになったローマにアトレティコが牙をむく。86分、ボックス手前でグリーズマンにボールが渡ると、ディフェンスラインの裏に抜け出したガメイロにスルーパス。パスを受けたガメイロはGKもかわして無人のゴールに流し込んだ。 ▽試合はここでタイムアップ。アトレティコが2-0でローマを下し、グループステージ突破に向けて最終節に望みを残した。 2017.11.23 06:38 Thu
twitterfacebook
thumb

【CLグループ第5節プレビュー②】ユーベvsバルサの頂上対決、アトレティコは生き残りを懸けたローマ戦

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループA~Dの第5節が22日に開催される。ここではA~Dの第5節のマッチプレビューを紹介していく。 ★CLグループステージ第5節 ▽11/22(水) ◆グループA 《26:00》 CSKAモスクワ vs ベンフィカ 《28:45》 バーゼル vs マンチェスター・ユナイテッド ◆グループB 《28:45》 アンデルレヒト vs バイエルン パリ・サンジェルマン vs セルティック ◆グループC 《26:00》 カラバフ vs チェルシー 《28:45》 アトレティコ・マドリー vs ローマ ◆グループD 《28:45》 ユベントス vs バルセロナ スポルティング・リスボン vs オリンピアコス ◆グループA:バーゼルとCSKAの2位争い<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171121_51_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽前節グループステージ突破を決めたマンチェスター・ユナイテッド(勝ち点12)の一強となっているグループAでは、2位通過を懸けて2位バーゼル(勝ち点6)と3位CSKAモスクワが争っている。前節CSKAモスクワとのホーム戦を1-2と痛恨の逆転負けを喫し、勝ち点でCSKAモスクワに並ばれたバーゼルは、ホームにユナイテッドを迎える。ユナイテッドは引き分け以上で首位通過が決まる状況のため、さほど戦力を落とすことは考えにくいが、ベンフィカとのアウェイ戦を最終戦に控えるバーゼルは勝ち点を積み上げて2位を死守できるか。 ▽一方、CSKAモスクワはここまで全敗とふるわないベンフィカとのホーム戦に臨む。CSKAモスクワは最終戦がユナイテッドとのアウェイ戦となるだけにベンフィカ戦は必勝となる。なお、ベンフィカは勝利を逃がすと最下位が確定し、グループステージ敗退が決まる。 ◆グループB:首位通過を狙うPSGとバイエルンの動向は<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171121_52_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽前節、2強のパリ・サンジェルマン(勝ち点12)とバイエルン(勝ち点9)の決勝トーナメント進出が決まったグループB。勝利すれば最終節のバイエルンとの首位通過を懸けたアウェイ戦を前に余裕を持って戦えるPSGは、セルティックとのホーム戦に臨む。内弁慶の相手を確実に叩いてバイエルンとの最終戦に臨みたい。 ▽一方、セルティックとの連戦を制してPSG同様に2試合を残してグループステージ突破を決めたバイエルンは、ここまで全敗のアンデルレヒトとのアウェイ戦に臨む。最終戦での逆転での首位通過を狙うためにもアンデルレヒト戦は必勝を期したい。仮にPSGとの3ポイント差が維持された場合、バイエルンはPSG戦で4点以上を奪わなければ首位通過は果たせない。 ◆グループC:崖っぷちアトレティコ、生き残りを懸けたローマ戦<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171121_53_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽3強と思われたグループCだったが、アトレティコ・マドリー(勝ち点3)がグループ最弱と目されていたカラバフに2戦連続ドローに終わったことで、ローマ(勝ち点8)とチェルシー(勝ち点7)がグループステージ突破に王手をかけている。 ▽前節チェルシーに3-0と快勝して首位に浮上したローマは、アトレティコとのアウェイ戦に臨む。共に直近のリーグ戦でダービーを戦ったが、ローマはラツィオとのダービーを2-1で制し、アトレティコはレアル・マドリーとのダービーをゴールレスドローで終えた。 ▽ゼコにこそ約2カ月ゴールが生まれていないものの、公式戦6連勝と好調を維持するローマは、ここでアトレティコを蹴落とし、最終戦のカラバフとのホーム戦で首位通過を目指したい。 ▽一方、深刻な得点力不足に陥るアトレティコは、ローマ戦、チェルシー戦と残り2連勝することでしかグループステージ突破の可能性はないが、望みをつなげられるか。 ▽ローマに完敗して首位陥落となったチェルシーは、カラバフとのアウェイ戦を勝利すれば、決勝トーナメント進出が決まる。最終戦のアトレティコ戦を前にグループステージ突破となるか。 ◆グループD:ユーベvsバルサの頂上対決<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171121_54_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽前節はグループ本命のバルセロナ(勝ち点10)とユベントス(勝ち点7)が、共に敵地での試合を引き分けで終えた。決勝トーナメント進出がお預けとなった中、今節は2強が激突する。 ▽前節スポルティング・リスボン戦を辛くも引き分けに持ち込んだユベントスは、直近のサンプドリア戦を2-3と敗戦。セリエAで今季2敗目を喫した。一時は0-3と惨敗ムードからイグアインとディバラが終盤にゴールを決めたのはせめてもの救いで、とりわけコンディションを上げているイグアインがここに来て公式戦5試合連続ゴールを決めているのは心強い。敗戦すればスポルティング(勝ち点4)が迫っているだけに相手がバルセロナといえど、勝ち点が欲しい。 ▽一方、オリンピアコスに今季初めてのゴールレスドローに終わったバルセロナは、直近のレガネス戦を3-0と勝利。リーガで首位を快走している。不調のスアレスにも約1カ月半ぶりにゴールが生まれており、チーム状態は良好。レガネス戦では流し気味にプレーしていたメッシもユベントス戦に照準を合わせていたと見られ、引き分け以上で首位通過となる一戦に向けて磐石の状態となっている。 2017.11.22 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

チームが殊勲のナインゴランを絶賛! 「人間じゃない」、「スーパーヒーロー」

▽ローマは、18日にスタディオ・オリンピコで行われたセリエA第12節、ラツィオとの“デルビー・デッラ・カピターレ”に2-1で勝利した。同試合後、殊勲の決勝点を奪ったベルギー代表MFラジャ・ナインゴランをローマの同僚やエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督が絶賛した。 ▽共に1試合未消化ながらナポリ、ユベントス、インテルの上位3チームを追走する5位のローマ(勝ち点27)と、4位のラツィオ(勝ち点28)が激突した今季最初の首都デルビー。前半からローマがボールを支配する展開ながら、試合はゴールレスで後半へと折り返す。 ▽それでも、後半立ち上がりの49分に古巣対戦となったセルビア代表DFアレクサンデル・コラロフの獲得したPKを、アルゼンチンFWディエゴ・ペロッティが決めてローマが先制に成功する。さらに54分にはペロッティのボール奪取から仕掛けたショートカウンターの場面でナインゴランが豪快なミドルシュートを突き刺し、瞬く間に2点のリードを奪った。その後、ギリシャ代表DFコスタス・マノラスが与えた軽率なPKをイタリア代表FWチーロ・インモビーレに決められるも、ホーム扱いのローマが2-1で勝利を飾った。 ▽同試合でPKによる先制点を奪ったペロッティは、『スカイ・スポルト・イタリア』でその得点シーンを振り返っている。 「PKを蹴るとき、決して僕の足は震えていなかったよ。ただ、あの瞬間にチームメートやサポーター、スタンドに対する責任を感じていた。もちろん、失敗する可能性もあったし、そうなっていれば大きな失望となっていたはずだね」 ▽さらに、ペロッティは欠場の可能性があった中、驚異的な回復を見せてスタメン入りしたうえ、決勝点まで奪ったナインゴランを称賛している。 「彼の身体が何でできているかわからないね。彼はケガをしたとき、いつでもすぐに回復してしまう。個人的に科学的な検査が必要だと思うよ。彼は人間じゃないからね」 ▽ディ・フランチェスコ監督はペロッティと同じくナインゴランの回復力と勝負強さに舌を巻いている。 「ナインゴランは8日前にそ径部の痛みを訴えていた。しかし、今日は痛みを乗り越えて素晴らしい能力を見せてくれた。多くの人は彼を“Ninja”と呼んでいるが、個人的にはスーパーヒーローだと思うよ」 ▽また、選手と監督の両方でデルビー制覇を達成した同監督は、立場の違いで感じ方は異なるものの宿敵相手の勝利に満足感を示した。 「個人的にピッチでプレーするのとは別の感覚だと言わざるを得ない。しかし、今日の試合で監督として勝利を手にできたことを心から誇りに思うし、満足しているよ」 「フランチェスコ・トッティと試合前に話していたけど、彼は今回初めてプレーヤーとしてではなくこの一戦に絡むことになったが、とても落ち着いていたしリラックスしていたよ。あとで彼と一緒に勝利を祝いたいと思う」 2017.11.19 15:49 Sun
twitterfacebook
thumb

強行出場で決勝点奪ったナインゴラン、「逃すことができない試合でプレーするためすべてを捧げた」

▽ローマは、18日にスタディオ・オリンピコで行われたセリエA第12節、ラツィオとの“デルビー・デッラ・カピターレ”に2-1で勝利した。同試合後、殊勲の決勝点を奪ったベルギー代表MFラジャ・ナインゴランが、イタリア『Mediaset Premium』でダービーでの勝利を振り返った。 ▽共に1試合未消化ながらナポリ、ユベントス、インテルの上位3チームを追走する5位のローマ(勝ち点27)と、4位のラツィオ(勝ち点28)が激突した今季最初の首都デルビー。前半からローマがボールを支配する展開ながら、試合はゴールレスで後半へと折り返す。 ▽それでも、後半立ち上がりの49分に古巣対戦となったセルビア代表DFアレクサンデル・コラロフの獲得したPKを、アルゼンチンFWディエゴ・ペロッティが決めてローマが先制に成功する。さらに54分にはペロッティのボール奪取から仕掛けたショートカウンターの場面でナインゴランが豪快なミドルシュートを突き刺し、瞬く間に2点のリードを奪った。その後、ギリシャ代表DFコスタス・マノラスが与えた軽率なPKをイタリア代表FWチーロ・インモビーレに決められるも、ホーム扱いのローマが2-1で勝利を飾った。 ▽同試合で殊勲の決勝点を挙げたナインゴランは、直近のインターナショナルウィークでそ径部を痛め、試合当日まで先発出場が危ぶまれたものの、「逃すことができない試合」とデルビーへの熱き想いが回復を後押ししたと語った。 「僕たちは素晴らしいスピリットを見せた。現在、チームは素晴らしい時期を過ごしているし、これを継続していきたい。僕は常にチームメートを助けたいと思っているし、決して逃すことができない試合でプレーするためにすべてを捧げていたんだ」 「ゴールを決めることは僕にとって重要なことではない。それ以上にチームの勝利、昨シーズンよりも良いシーズンを送ることが重要なんだ。現在、僕たちは正しい道を歩んでいる」 ▽また、試合全体を振り返っては結果に満足しながらも、追加点を奪うことでより快適な試合運びができたと反省点を挙げている。 「チームとしての素晴らしい勝利だった。終盤には少し苦しんだけど、僕たちはアグレッシブに戦い続け、エネルギーを使い果たすまで戦った。ただ、もっとゴールを挙げるチャンスもあったし、最後の精度に少し問題を抱えていたね」 ▽今回の勝利によって1試合未消化ながら4位に浮上したローマは、来週ミッドウィークに行われるチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦でCL決勝トーナメント進出を目指す。 2017.11.19 15:48 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース