レーティング:マンチェスター・シティ 1-1 リバプール《プレミアリーグ》2017.03.20 03:46 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第29節マンチェスター・シティvsリバプールが19日に行われ、1-1で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽マンチェスター・シティ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
13 カバジェロ 6.0
シュートへの反応の良さを示した

DF
25 フェルナンジーニョ 6.0
右サイドバックでプレー。攻守にそつなし

24 ストーンズ 6.0
攻撃時のセットプレーで存在感。守備面も及第点

30 オタメンディ 6.0
1度マネに独走を許すも概ねソリッドだった

22 クリシ 5.0
痛恨のPK献上。背後をフィルミノに取られた

MF
7 スターリング 5.5
スペースを突いていたが、決定機を逸す

21 シルバ 6.0
効果的にゴール前のスペースを突いていた

42 ヤヤ・トゥーレ 5.5
自身のところにプレスがかかり、思うようにビルドアップできなかった

(→サーニャ 5.5)
すんなりと試合に入った

17 デ・ブライネ 6.0
アグエロ弾を絶妙クロスでアシスト。ポスト直撃のシュートも放つ

19 L・ザネ 5.5
サイドで一定の起点となるも、決定的な仕事をするには至らず

(→フェルナンド -)

FW
10 アグエロ 6.0
サポートが少なかったが、数少ないチャンスを決めた

監督
グアルディオラ 6.0
モナコ戦の敗戦をさほど感じさせない内容を見せた

▽リバプール採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
22 ミニョレ 5.5
鋭い飛び出しで失点を防ぐ

DF
2 クライン 5.5
L・ザネの監視に努めた

32 マティプ 6.0
ポジショニング良くクロスボールを跳ね返す

17 クラバン 6.0
セーフティーなプレーを心掛けた

7 ミルナー 6.0
スターリングの動きを制限。PKを決める

MF
20 ララナ 5.5
攻守に絡んだが、80分の決定機は決めたい

23 カン 6.0
PKにつながるフィードを出した

5 ワイナルドゥム 5.5
攻守にさぼらず

FW
19 S・マネ 6.0
カウンター時に脅威となる

11 フィルミノ 6.0
PK獲得の他、チャンスメークも担う

(→ルーカス・レイバ -)

10 コウチーニョ 5.5
フィルミノやS・マネをまずまずうまく使っていた

(→オリジ -)

監督
クロップ 6.0
S・マネを生かしたロングカウンターで揺さぶった

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)
▽圧倒的な存在感を放った選手はいなかったが、引き分けでも悪くない結果のシティから同点弾を演出したデ・ブライネを選出。

マンチェスター・シティ 1-1 リバプール
【マンチェスター・シティ】
アグエロ(後24)
【リバプール】
ミルナー(後6[PK])

コメント

関連ニュース

thumb

国外で初のマンチェスター・ダービー開催へ!! 2017年7月にテキサスで激突!!

▽今年7月にアメリカのテキサスで初めてとなる国外でのマンチェスター・ダービーが実施されるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽マンチェスター・ユナイテッドとマンチェスター・シティは2016年7月に中国の北京で開催されたインターナショナル・チャンピオンズカップで、初の国外でのマンチェスター・ダービーを行う予定だった。しかし試合は、悪天候の影響で中止となっており、以降も国外でダービーマッチは実施されていない。 ▽『スカイ・スポーツ』によれば、ユナイテッドとシティは今年のプレシーズンツアーでアメリカを訪れる模様。そこで行われるインターナショナル・チャンピオンズカップに参加するようで、2チームのほかにレアル・マドリー、バルセロナといった強豪と対戦。ダービーマッチは7月21日(現地20日)に実施される予定となっているようだ。 ▽同メディアでは、ユナイテッドのエド・ウッドワード副会長のコメントを掲載している。 「この時期のツアーは、シーズンを戦うチームを構築するうえで非常に重要となる。世界基準の素晴らしいスタジアムで、トップクラスのチームと対戦できることを嬉しく思う。これは監督も望んでいることで、環境面を含めて素晴らしい準備期間となる」 「誰もがこのツアーを心待ちにしている。クラブとしても、アメリカにいるユナイテッドサポーターの前でプレーできることを嬉しく思っている」 2017.03.22 08:52 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプール戦でPK判定に猛抗議のマンC、FAはクラブに対して処分を発表

イングランド・サッカー協会(FA)は、19日土曜日のリバプール戦におけるマンチェスター・シティの選手の振る舞いに対して処分を科すことを発表している。<br><br>エティハド・スタジアムで行われた3位シティと4位リバプールの上位対決は1-1の引き分けに終わり、勝ち点1ずつを分け合っている。後半開始直後の50分、ロベルト・フィルミノに対するガエル・クリシのファウルでマイケル・オリバー主審がリバプールにペナルティキックを与えた際に、ヤヤ・トゥーレとダビド・シルバを含むシティの選手が主審を囲み、執拗に抗議をしていた。<br><br>FAはこれを受け「50分前後の行動に関して、クラブは選手をコントロールできなかったと断定し、処分を科す。クラブは木曜日6時までに異議申し立てを行うことができる」と声明を発表している。<br><br>昨年12月、首位チェルシーに1-3で敗れた試合でも、セルヒオ・アグエロの危険なタックルを皮切りに、小競り合いから乱闘に発展した件で、シティは3.5万ポンド(約510万円)の罰金を受けていた。また、13日に行われたFAカップ準々決勝でもマンチェスター・ユナイテッドに対して、試合中にオリバー主審に執拗な抗議をしたとして2万ポンド(約280万円)の罰金をFAは科している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.21 07:13 Tue
twitterfacebook
thumb

“マンチェスター・ダービー”は4月27日木曜開催に! FA杯開催に伴い、延期されたリーグ戦の日程が確定《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグは20日、FAカップとEFLカップ決勝戦開催に伴い、延期されていた一部リーグ戦の日程が確定したことを発表した。この結果、第26節延期分のマンチェスター・シティvsマンチェスター・ユナイテッドの“マンチェスター・ダービー”は、4月27日(木)に開催されることになった。 ▽今回新たに発表された日程は、FAカップを勝ち進んでいたチェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、トッテナム、アーセナル、ミドルズブラのリーグ戦延期試合と、EFLカップ決勝(マンチェスター・ユナイテッドvsサウサンプトン)開催に伴い、延期されていた前述の“マンチェスター・ダービー”。 ▽なお、同様に延期されているアーセナルvsサウサンプトン(第26節)、マンチェスター・ユナイテッドvsサウサンプトン(第28節)の新たな日程は、後日に発表される予定だ。今回発表された日程は、以下のとおり。 ◆プレミアリーグ第34節 ▽4/25(火) 《27:45》 チェルシー vs サウサンプトン ※チェルシーがFAカップ準決勝出場のため、前倒し開催 ◆プレミアリーグ第28節延期分 ▽4/26(水) 《27:45》 アーセナル vs レスター・シティ ミドルズブラ vs サンダーランド 《28:00》 クリスタル・パレス vs トッテナム ◆プレミアリーグ第26節延期分 ▽4/27(木) 《28:00》 マンチェスター・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド ◆プレミアリーグ第35節 ▽4/30(日) 《22:05》 ミドルズブラ vs マンチェスター・シティ ※27日の“マンチェスター・ダービー”開催の影響で29日開催予定から1日ずれることに 2017.03.20 23:22 Mon
twitterfacebook
thumb

マンチェスター・Cのグアルディオラ、来シーズンのチーム大刷新を否定

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、来シーズンに向けてチームを刷新するというわさを否定した。<br><br>マンチェスター・Cは15日、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグレグでモナコに1-3の敗戦を喫した。2戦合計スコアは6-6だったが、アウェイゴールの差で敗退が決定。グアルディオラ監督にとって、ベスト16での敗退は初めてのこととなり、来季メンバーの大刷新を予想する報道もあった。しかし本人が大幅なメンバーの入れ替えはあり得ないと話した。<br><br>まず「多くの選手が初めてCLでプレーしたんだよ。多くのことを学んだはずで、来シーズンはもっと良くなるだろう」と選手にまだ成長の余地があることを指摘し、金銭面でも大幅な入れ換えは現実的ではないと説明した。<br><br>「CLの早期敗退が決定したことで、我々が10数人の選手を交換すると予想する人間もいるが、そのようなことは起きないと約束する。移籍金と給料は払える額でなければならない。1人あたり、4500万ユーロ~6000万ユーロ(約55億円~73億円)の投資が必要になるとしたら、合計で6億ユーロ~8億ユーロ(730億円~1000億円)が必要となる。不可能だ」<br><br>指揮官は大幅な選手の入れ換えを否定し、現有戦力をベースに来季を戦うことを明言したが、全ての大前提は来季CLに出場することとなるだろう。第29節で3位マンチェスター・Cは4位のリバプールと激突し、1-1のドローに終わった。順位こそ変わらなかったものの、CL出場圏内でフィニッシュできるかどうか、予断を許さない展開が続く。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.20 07:22 Mon
twitterfacebook
thumb

3位シティと4位リバプールの上位対決はドロー決着《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第29節マンチェスター・シティvsリバプールが19日に行われ、1-1で引き分けた。 ▽前節ストーク・シティ戦をゴールレスドローで終えた3位シティ(勝ち点56)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のモナコ戦を1-3と敗れて痛恨のベスト16敗退に終わった。ここ2試合低調なチームはそのモナコ戦のスタメンから2選手を変更。サーニャとコラロフに代えてヤヤ・トゥーレとオタメンディを起用した。 ▽一方、前節バーンリー戦を苦戦しながらも2-1で勝利した4位リバプール(勝ち点55)は、1試合消化が多いながらシティに1ポイント差に詰め寄った。そのリバプールはバーンリー戦のスタメンからオリジに代えて負傷明けのフィルミノを起用した。 ▽雨が降る中キックオフされたビッグマッチ。右サイドバックにフェルナンジーニョを起用したシティが仕掛ける立ち上がりとなると、サイド攻撃を起点にリバプールを揺さぶりにかかる。すると20分に決定機。ボックス左に抜け出したL・ザネがGKミニョレを強襲すると、ルーズボールをシルバがボレー。しかし、わずかに枠の左上に外れた。 ▽一方、機を見てハイプレスをかけていたリバプールは23分、スルーパスに抜け出したS・マネがオタメンディを振り切ってボックス左へ侵入。GKと一対一となったが、カバジェロにセーブされた。 ▽引き続き押し込むシティは39分に決定機。デ・ブライネのスルーパスをボックス左で受けたシルバの折り返しをスターリングとフェルナンジーニョが詰めるも、いずれもシュートを枠に押し込めない。その後、41分にCKの流れからルーズボールをララナにボレーで狙われたが、GKカバジェロが好守で阻止し、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、開始2分にS・マネが決定的なシュートを浴びせたリバプールは、49分にPKを獲得する。カンのフィードに抜け出したフィルミノが胸トラップでボールをうまく収めると、クリシに後方から足を入れられて倒された。このPKをミルナーがゴール左へ決めて、リバプールが先制する。 ▽リードしたリバプールは56分、右CKからストーンズに際どいヘディングシュートを浴びせられるも枠を外れて助かると、61分にコウチーニョのスルーパスに抜け出したフィルミノがGKとの一対一を迎える。しかし、これを決めきれない。 ▽助かったシティは65分にヤヤ・トゥーレに代えてサーニャを投入。フェルナンジーニョを中盤アンカーに入れた。すると69分、シティは右サイドでボールを受けたデ・ブライネの絶妙なクロスをアグエロが合わせて試合を振り出しに戻す。ここから攻勢を強めると、77分には分厚い攻めを見せてデ・ブライネのシュートが右ポストを直撃する決定機を演出。 ▽一方、劣勢のリバプールは80分に勝ち越しのチャンス。ワイナルドゥムの浮き球パスに抜け出したフィルミノがボックス左からダイレクトに折り返すも、ララナはミートできなかった。 ▽対するシティも82分、シルバの浮き球パスに抜け出したスターリングがボックス中央へ侵入したが、飛び出したGKミニョレに阻まれ、シュートを打ちきれない。そして追加タイム1分の右サイドからのクロスをアグエロがボレーで合わせたシュートは枠を大きく外れ、1-1のままタイムアップ。3位と4位の上位対決はドロー決着に終わっている。 2017.03.20 03:45 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース