レーティング:マンチェスター・シティ 1-1 リバプール《プレミアリーグ》2017.03.20 03:46 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第29節マンチェスター・シティvsリバプールが19日に行われ、1-1で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽マンチェスター・シティ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
13 カバジェロ 6.0
シュートへの反応の良さを示した

DF
25 フェルナンジーニョ 6.0
右サイドバックでプレー。攻守にそつなし

24 ストーンズ 6.0
攻撃時のセットプレーで存在感。守備面も及第点

30 オタメンディ 6.0
1度マネに独走を許すも概ねソリッドだった

22 クリシ 5.0
痛恨のPK献上。背後をフィルミノに取られた

MF
7 スターリング 5.5
スペースを突いていたが、決定機を逸す

21 シルバ 6.0
効果的にゴール前のスペースを突いていた

42 ヤヤ・トゥーレ 5.5
自身のところにプレスがかかり、思うようにビルドアップできなかった

(→サーニャ 5.5)
すんなりと試合に入った

17 デ・ブライネ 6.0
アグエロ弾を絶妙クロスでアシスト。ポスト直撃のシュートも放つ

19 L・ザネ 5.5
サイドで一定の起点となるも、決定的な仕事をするには至らず

(→フェルナンド -)

FW
10 アグエロ 6.0
サポートが少なかったが、数少ないチャンスを決めた

監督
グアルディオラ 6.0
モナコ戦の敗戦をさほど感じさせない内容を見せた

▽リバプール採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
22 ミニョレ 5.5
鋭い飛び出しで失点を防ぐ

DF
2 クライン 5.5
L・ザネの監視に努めた

32 マティプ 6.0
ポジショニング良くクロスボールを跳ね返す

17 クラバン 6.0
セーフティーなプレーを心掛けた

7 ミルナー 6.0
スターリングの動きを制限。PKを決める

MF
20 ララナ 5.5
攻守に絡んだが、80分の決定機は決めたい

23 カン 6.0
PKにつながるフィードを出した

5 ワイナルドゥム 5.5
攻守にさぼらず

FW
19 S・マネ 6.0
カウンター時に脅威となる

11 フィルミノ 6.0
PK獲得の他、チャンスメークも担う

(→ルーカス・レイバ -)

10 コウチーニョ 5.5
フィルミノやS・マネをまずまずうまく使っていた

(→オリジ -)

監督
クロップ 6.0
S・マネを生かしたロングカウンターで揺さぶった

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)
▽圧倒的な存在感を放った選手はいなかったが、引き分けでも悪くない結果のシティから同点弾を演出したデ・ブライネを選出。

マンチェスター・シティ 1-1 リバプール
【マンチェスター・シティ】
アグエロ(後24)
【リバプール】
ミルナー(後6[PK])

コメント

関連ニュース

thumb

9カ月ぶりスタメン復帰のギュンドアン、再負傷もペップは「深刻なものではない」

マンチェスター・シティに所属するMFイルカイ・ギュンドアンが、再び負傷したようだ。しかし、指揮官はそれほど問題視していない。<br><br>シティは20日、カラバオ・カップ3回戦でWBAと対戦。16日に行われたワトフォード戦で実戦に復帰していたギュンドアンは、ついにスタメン復帰を果たした。だが、54分に相手MFクラウディオ・ヤコブと交錯。すぐにベンチへ合図を送り、カイル・ウォーカーとの交代を余儀なくされた。<br><br>しかし、指揮官のジョゼップ・グアルディオラはそれほど深刻なものになるとは考えていないようだ。試合後に明かしている。<br><br>「深刻なものではないと思う。8カ月もかからないとは思うが、少しの負傷だ。すぐに復帰できるだろう。明日には検査だ。ドクターは『大きな問題ではない』と言っていたよ」<br><br>ギュンドアンは昨年12月に行われたワトフォード戦で負傷して以来、8カ月以上実戦から離れていた。なお、試合はマンチェスター・シティが2-1で勝利している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.09.21 15:46 Thu
twitterfacebook
thumb

前回王者ユナイテッドが快勝発進! ザネ2発のシティがWBA撃破! マンチェスター勢が揃って4回戦へ《EFLカップ》

▽EFLカップ(カラバオ・カップ)3回戦、マンチェスター・ユナイテッドvsバートンが20日に行われ、4-1で快勝したユナイテッドが4回戦進出を決めた。 ▽連覇を目指す昨季王者のユナイテッドは、今大会初戦でチャンピオンシップ(イングランド2部)のバートンと対戦した。モウリーニョ監督は4-0で大勝した直近のエバートン戦からマタとラッシュフォードを除く先発9人を変更。GKにロメロが入ったほか、ダルミアンやリンデロフ、エレーラ、キャリックなど控えメンバーが名を連ね、1トップにはラッシュフォードが入った。 ▽立ち上がりから相手を押し込むユナイテッドは5分、リンガードのクロスのこぼれ球に反応したボックス右のラッシュフォードが冷静に流し込み、開始早々にゴールを奪う。さらに17分にはボックス手前左角でブリントから短いパスを受けたラッシュフォードが反転気味に右足を振り抜くと、これがニアサイドの絶妙なコースに決まった。 ▽ラッシュフォードの2ゴールで完全に流れを掴んだユナイテッドは、相手をいなしながら積極的にゴールを狙う。すると36分、マルシャルの個人技からボックス中央でリンガードがパスを受けると、右足のシュートが相手DFに当たってGKの逆を突く形でゴールネットに吸い込まれた。 ▽3点リードで後半に入ったユナイテッドは、マタに代えて負傷明けのショーをピッチに送り込む。60分にはボックス手前でDFと入れ替わったラッシュフォードのスルーパスに抜け出したマルシャルが冷静にシュートを決め、後半最初のゴールを奪った。 ▽その後、若手MFマクトミネイ、78分にはGKロメロに代えてGKペレイラを投入する余裕の試合運びを見せたユナイテッドは、試合終了間際の失点でクリーンシートを逃すも、格下相手に4-1の大勝。連覇に向けて順調な歩みを見せた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170921_6_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽また、同日行われたWBAvsマンチェスター・シティは、2-1で勝利したシティが4回戦進出を決めている。 ▽直近の公式戦3試合を4得点以上無失点での3連勝と絶好調のシティは、プレミア勢同士の対戦となったWBAとのEFLカップ初戦に向けて直近のワトフォード戦から先発7人を変更。シルバやアグエロ、デ・ブライネらが招集外となり、シティでの通算300試合出場となるヤヤ・トゥーレが今季初出場を飾り、2トップにはガブリエウ・ジェズスとスターリングが起用された。 ▽試合は開始早々に動く。右サイドからのクロスを中央のギュアンドアンがダイレクトで合わせると、これはGKに弾かれるもこぼれ球をザネが冷静に流し込んだ。 ▽早い時間帯の先制点で守備的なWBAを前につり出すことに成功したシティだが、球際で粘りを見せる相手になかなかチャンスを決めきれず、1点リードのまま前半を終えた。 ▽すると72分、相手の右CKからギブスのクロスをヤコブに決められ、同点ゴールを許す。それでも、慌てないアウェイチームは失点から数分後の77分にベルナルド・シウバからパスを受けたザネがボックス手前右から内に切れ込んで得意の左足のシュートを突き刺した。 ▽その後、ザネの2点目をきっちり守り切ったシティが敵地でのWBAとのプレミア勢対決を制し、4回戦進出を決めた。 2017.09.21 07:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、サンチェス強奪を計画か

▽マンチェスター・ユナイテッドが、アーセナルに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェス(28)の獲得を目指すようだ。イギリス『ザ・サン』が報じた。 ▽アーセナルとの契約が今季限りとなっているサンチェスに関しては、契約延長交渉が進んでいないとみられる。今夏にはマンチェスター・シティが獲得に近づいているとみられていたが、最終的にサンチェスは残留。しかし、契約の更新には至っておらず、今冬の移籍市場か来夏のフリートランスファーでのシティ入りが濃厚とみられている。 ▽しかし、『ザ・サン』によれば、マンチェスター・ユナイテッドもサンチェスの獲得を目指す可能性があるようだ。ジョゼ・モウリーニョ監督は、サンチェス獲得に向けて、2500万ポンド(約37億7000万円)を移籍金を提示してシティを出し抜く意向があるという。 2017.09.20 11:49 Wed
twitterfacebook
thumb

シティ、ジェズスの週給7万ポンドの給与見直しへ交渉開始か

▽マンチェスター・シティが、ブラジル代表FWガブリエウ・ジェズス(20)との新契約の締結に向けて交渉をスタートさせたようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 ▽シティとの契約が2021年6月までとなっているガブリエウ・ジェズス。今回伝えられるところによると、シティは現在支払っている週給7万ポンド(約1050万円)の給与とボーナスの見直しを検討しているとのことだ。 ▽ガブリエウ・ジェズスは、2017年1月にパルメイラスから移籍金2700万ポンド(当時約36億4400万円)でシティに加入。すると、昨シーズンは右足中足骨の骨折により離脱期間があった中で、プレミアリーグの10試合で7ゴール4アシストというセンセーショナルな活躍を見せた。今シーズンもここまでの公式戦6試合全てに先発出場を果たし、5ゴールをマークしている。 2017.09.19 22:13 Tue
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキ、ペップと再会か

▽バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(29)にマンチェスター・シティ移籍の可能性が浮上した。イギリス『ミラー』が伝えている。 ▽バイエルンで絶対的な点取り屋として不動の地位を確立するレヴァンドフスキ。だが、クラブの補強方針に対する批判が上層部の怒りを買うなど、フロントとの軋轢が取り沙汰されている。 ▽その状況に付け入る隙を見いだしたのがシティだ。シティのジョゼップ・グアルディオラ監督とレヴァンドフスキはバイエルン時代の師弟関係。早ければ、シティは来年1月の移籍市場で獲得に乗り出すという。 ▽そのシティには、FWセルヒオ・アグエロとFWガブリエウ・ジェズスという2大ストライカーが在籍している。だが、アグエロにおいては、グアルディオラ監督就任後、信頼感が薄く、退団が囁かれている状況だ。 ▽なお、レヴァンドフスキを巡っては現在、シティのほかにも、チェルシーとマンチェスター・ユナイテッドが興味を示している模様。だが、現時点でグアルディオラ監督との関係性からシティが優位な情勢とのことだ。 2017.09.18 17:15 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース