レーティング:マンチェスター・シティ 1-1 リバプール《プレミアリーグ》2017.03.20 03:46 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第29節マンチェスター・シティvsリバプールが19日に行われ、1-1で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽マンチェスター・シティ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
13 カバジェロ 6.0
シュートへの反応の良さを示した

DF
25 フェルナンジーニョ 6.0
右サイドバックでプレー。攻守にそつなし

24 ストーンズ 6.0
攻撃時のセットプレーで存在感。守備面も及第点

30 オタメンディ 6.0
1度マネに独走を許すも概ねソリッドだった

22 クリシ 5.0
痛恨のPK献上。背後をフィルミノに取られた

MF
7 スターリング 5.5
スペースを突いていたが、決定機を逸す

21 シルバ 6.0
効果的にゴール前のスペースを突いていた

42 ヤヤ・トゥーレ 5.5
自身のところにプレスがかかり、思うようにビルドアップできなかった

(→サーニャ 5.5)
すんなりと試合に入った

17 デ・ブライネ 6.0
アグエロ弾を絶妙クロスでアシスト。ポスト直撃のシュートも放つ

19 L・ザネ 5.5
サイドで一定の起点となるも、決定的な仕事をするには至らず

(→フェルナンド -)

FW
10 アグエロ 6.0
サポートが少なかったが、数少ないチャンスを決めた

監督
グアルディオラ 6.0
モナコ戦の敗戦をさほど感じさせない内容を見せた

▽リバプール採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
22 ミニョレ 5.5
鋭い飛び出しで失点を防ぐ

DF
2 クライン 5.5
L・ザネの監視に努めた

32 マティプ 6.0
ポジショニング良くクロスボールを跳ね返す

17 クラバン 6.0
セーフティーなプレーを心掛けた

7 ミルナー 6.0
スターリングの動きを制限。PKを決める

MF
20 ララナ 5.5
攻守に絡んだが、80分の決定機は決めたい

23 カン 6.0
PKにつながるフィードを出した

5 ワイナルドゥム 5.5
攻守にさぼらず

FW
19 S・マネ 6.0
カウンター時に脅威となる

11 フィルミノ 6.0
PK獲得の他、チャンスメークも担う

(→ルーカス・レイバ -)

10 コウチーニョ 5.5
フィルミノやS・マネをまずまずうまく使っていた

(→オリジ -)

監督
クロップ 6.0
S・マネを生かしたロングカウンターで揺さぶった

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)
▽圧倒的な存在感を放った選手はいなかったが、引き分けでも悪くない結果のシティから同点弾を演出したデ・ブライネを選出。

マンチェスター・シティ 1-1 リバプール
【マンチェスター・シティ】
アグエロ(後24)
【リバプール】
ミルナー(後6[PK])

コメント

関連ニュース

thumb

アグエロが1月のプレミア月間最優秀選手賞を受賞

▽マンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが、1月のプレミアリーグ最優秀選手賞を受賞した。 ▽シティは1月、ワトフォード戦(3-1)、リバプール戦(3-4)、ニューカッスル戦(3-1)、WBA戦(3-0)の4試合を消化。リバプールにはリーグ戦今季初黒星を喫していたが、アグエロはこの4試合でニューカッスル戦でのハットトリックを含む計5ゴールを決め、チームを勝利に導いていた。 ▽今回で5度目の月間最優秀選手賞受賞となったアグエロは、FWウェイン・ルーニー、FWロビン・ファン・ペルシに並んだ。なお、6度受賞しているのはFWハリー・ケインとMFスティーブン・ジェラードのみとなっている。 2018.02.17 03:11 Sat
twitterfacebook
thumb

ガブリエウ・ジェズスがチーム練習に復帰

▽マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は16日、同クラブに所属するブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスがチーム練習に復帰したことを明かした。 ▽ガブリエウ・ジェズスは、昨年12月31日に行われたプレミアリーグ第21節のクリスタル・パレス戦(0-0でドロー)に先発出場。しかし、立ち上がりに左ヒザを痛めると、一度はプレーを再開したものの、ピッチに倒れ込み、涙を浮かべながらピッチを後にしていた。 ▽そのガブリエウ・ジェズスについてグアルディオラ監督は以下のように語っている。 「良いニュースだが、実際に彼がいつプレーできる準備が整うかはわからない。まだ、今日チーム練習に合流したばかりだからね」 ▽シティは19日にFAカップ5回戦のウィガン戦を控えるが、イギリス『スカイ・スポーツ』はガブリエウ・ジェズスの復帰はまだ先になるとの見解を示している。 2018.02.17 02:37 Sat
twitterfacebook
thumb

4冠の可能性残すマンチェスター・Cを絶賛するバートン「世界最高のチーム」

マンチェスター・シティの下部組織出身で、現在はフリーとなっているジョーイ・バートンが、古巣が現在世界最高のチームであると主張した。『OMNISPORT』が報じている。<br><br>ジョゼップ・グアルディオラ率いるシティは今シーズン、プレミアリーグを独走。さらに、FAカップ、リーグカップでも勝ち残り、チャンピオンズリーグでも決勝トーナメント1回戦でバーゼルを4-0と粉砕した。いまだすべてのタイトル獲得の可能性を残すチームに対してバートンは賛辞を惜しまない。<br><br>「シティは世界のサッカー界で最高のチームだと思う。彼らより優れたチームは現時点では世界にひとつも存在しない。今後の10試合か8試合くらいでリーグ優勝は決められるだろう。数試合を残して優勝を決めると思う」<br><br>「今のところ4冠の可能性を残している。試合を観たが、よほど良いチームでなければ止められない。欧州には良いチームがいくつかあり、シティにとっては大きなハードルになる。だが、シティはここからさらにギアを上げられると思う。シティは今の世界で最高のチームだ。あとはビッグゲームでその力を見せなければならない」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.15 11:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ザネ「パーフェクトなCLの夜だ」…6週間から7週間離脱かと思われたケガからわずか16日で復帰

▽マンチェスター・シティに所属するドイツ代表MFレロイ・ザネが、復帰を喜んだ。 ▽ザネは1月28日に行われたFA杯4回戦のカーディフ戦の前半終了間際に危険なタックルを受けて負傷。足首じん帯損傷と診断され、シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督からは「6週間から7週間はアウト」だと説明されていた。 ▽そんな中、ザネは13日に行われたチャンピオンズリーグ1回戦1stレグのバーゼル戦にベンチ入りすると、4-0と大量リードして迎えた57分にスターリングに代わって途中出場。負傷日からわずか16日で復帰を果たし、試合はそのまま4-0で終了した。 ▽試合後、復帰を果たしたザネは自身のツイッタ―(@LeroySane19)を更新。復帰を報告し、「パーフェクトなチャンピオンズリーグの夜」とコメントを残した。 「勝利と共にピッチに戻った。僕ら全員にとってパーフェクトなチャンピオンズリーグの夜だ」 2018.02.14 09:10 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング: バーゼル 0-4 マンチェスター・シティ《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・決勝トーナメント1回戦1stレグ、バーゼルvsマンチェスター・シティがザンクト・ヤコブ・パルクで行われ、0-4でシティが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽バーゼル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180214_6_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 バシリク 5.0 セットプレーから早々に失点を許したが好守を披露する場面も。3点目、4点目の責任を問うのは酷か DF 34 T・ジャカ 5.5 大きな失態はなかったが相手のクオリティに完敗 3 ラクロワ 5.0 ミドルシュートを放つアグエロに寄せ切れず 17 スヒー 5.0 ギュンドアンに競り負けて先制を許した MF 5 ラング 5.0 ベルナルド・シウバに太刀打ちできず 6 F・フライ 5.0 ギュンドアンの得点シーンでは慎重に対応したかった 20 ディエ 5.0 幾度も中央を突破された 25 B・リベロス 5.5 好守にハードワークしチャンスを作ろうと奮闘 FW 24 M・エルヨナッシ 5.0 持ちすぎて奪われるシーンも目立った (→ブア -) 19 オベルリン 5.5 快足を発揮して何度かチャンスを作り出した 14 シュトッカー 5.5 シンプルな判断でオベルリンとの好連係を披露 (→A・アイエティ 5.0) 状況を打開することはできず 監督 ヴィキー 5.0 守備を固めカウンターを狙うなど打てる手は打ったように思えるが結果は最悪のスコアに ▽マンチェスター・シティ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180214_6_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 31 エデルソン 6.0 良い判断の飛び出しで相手のカウンターをことごとくストップ DF 2 ウォーカー 6.0 無理をせず無難にプレー 4 コンパニ 6.5 幾度か裏を取られたが大きなピンチにはならず。対人での強さも見せた。 30 オタメンディ 5.5 PKを与えかねないシーンも 18 デルフ 6.0 クロスから好機を作り出した MF 17 デ・ブライネ 6.5 素晴らしいキックで先制点をアシスト (→シルバ 6.0) 巧くパスを散らして試合をクローズ 25 フェルナンジーニョ 6.5 機を見た上がりで相手に混乱をもたらした 8 ギュンドアン 7.0 2得点を挙げただけでなく、精力的な動きでチームのエンジンに FW 20 ベルナルド・シウバ 6.5 思い切りのいいシュートで1得点を記録 10 アグエロ 6.5 ストライカーとしての仕事を果たした (→ダニーロ -) 7 スターリング 6.0 鋭い動き出しから2点目をアシスト (→ザネ 5.5) 調子が戻り切ってはいないものの順調に回復中であることを示した 監督 グアルディオラ 6.5 危なげなく試合を進行してザネ、シルバを復帰させる余裕も。申し分ない結果を手にした ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ギュンドアン(マンチェスター・シティ) ▽貴重な先制点を記録。中盤の選手としての存在感を90分間保ち、後半にはゴラッソも決めた。 バーゼル 0-4 マンチェスター・シティ 【マンチェスター・シティ】 ギュンドアン(前14) ベルナルド・シウバ(前18) アグエロ(前23) ギュンドアン(後8) 2018.02.14 06:47 Wed
twitterfacebook


ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース