超ワールドサッカー

3位シティと4位リバプールの上位対決はドロー決着《プレミアリーグ》2017.03.20 03:45 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第29節マンチェスター・シティvsリバプールが19日に行われ、1-1で引き分けた。

▽前節ストーク・シティ戦をゴールレスドローで終えた3位シティ(勝ち点56)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のモナコ戦を1-3と敗れて痛恨のベスト16敗退に終わった。ここ2試合低調なチームはそのモナコ戦のスタメンから2選手を変更。サーニャとコラロフに代えてヤヤ・トゥーレとオタメンディを起用した。

▽一方、前節バーンリー戦を苦戦しながらも2-1で勝利した4位リバプール(勝ち点55)は、1試合消化が多いながらシティに1ポイント差に詰め寄った。そのリバプールはバーンリー戦のスタメンからオリジに代えて負傷明けのフィルミノを起用した。

▽雨が降る中キックオフされたビッグマッチ。右サイドバックにフェルナンジーニョを起用したシティが仕掛ける立ち上がりとなると、サイド攻撃を起点にリバプールを揺さぶりにかかる。すると20分に決定機。ボックス左に抜け出したL・ザネがGKミニョレを強襲すると、ルーズボールをシルバがボレー。しかし、わずかに枠の左上に外れた。

▽一方、機を見てハイプレスをかけていたリバプールは23分、スルーパスに抜け出したS・マネがオタメンディを振り切ってボックス左へ侵入。GKと一対一となったが、カバジェロにセーブされた。

▽引き続き押し込むシティは39分に決定機。デ・ブライネのスルーパスをボックス左で受けたシルバの折り返しをスターリングとフェルナンジーニョが詰めるも、いずれもシュートを枠に押し込めない。その後、41分にCKの流れからルーズボールをララナにボレーで狙われたが、GKカバジェロが好守で阻止し、前半をゴールレスで終えた。

▽迎えた後半、開始2分にS・マネが決定的なシュートを浴びせたリバプールは、49分にPKを獲得する。カンのフィードに抜け出したフィルミノが胸トラップでボールをうまく収めると、クリシに後方から足を入れられて倒された。このPKをミルナーがゴール左へ決めて、リバプールが先制する。

▽リードしたリバプールは56分、右CKからストーンズに際どいヘディングシュートを浴びせられるも枠を外れて助かると、61分にコウチーニョのスルーパスに抜け出したフィルミノがGKとの一対一を迎える。しかし、これを決めきれない。

▽助かったシティは65分にヤヤ・トゥーレに代えてサーニャを投入。フェルナンジーニョを中盤アンカーに入れた。すると69分、シティは右サイドでボールを受けたデ・ブライネの絶妙なクロスをアグエロが合わせて試合を振り出しに戻す。ここから攻勢を強めると、77分には分厚い攻めを見せてデ・ブライネのシュートが右ポストを直撃する決定機を演出。

▽一方、劣勢のリバプールは80分に勝ち越しのチャンス。ワイナルドゥムの浮き球パスに抜け出したフィルミノがボックス左からダイレクトに折り返すも、ララナはミートできなかった。

▽対するシティも82分、シルバの浮き球パスに抜け出したスターリングがボックス中央へ侵入したが、飛び出したGKミニョレに阻まれ、シュートを打ちきれない。そして追加タイム1分の右サイドからのクロスをアグエロがボレーで合わせたシュートは枠を大きく外れ、1-1のままタイムアップ。3位と4位の上位対決はドロー決着に終わっている。

コメント

関連ニュース

thumb

ダニエウ・アウベス獲得目前と報道のシティ、ウォーカー獲得へ交渉継続か?

▽マンチェスター・シティは、トッテナムに所属するイングランド代表DFカイル・ウォーカー(27)の交渉を継続する意向のようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じている。 ▽ウォーカーは今シーズン、リーグ戦の33試合に出場し、チームの2位躍進と来シーズンのチャンピオンズリーグへのストレートインに貢献した。そんな同選手には現在、ユベントス所属のブラジル代表DFダニエウ・アウベス(34)と並んでシティから獲得への関心が寄せられている。 ▽そうした中、21日にユベントスのジュゼッペ・マロッタCEO(最高経営責任者)がダニエウ・アウベスの移籍を容認したと報道されるなど、同選手の獲得が確実視されている。伝えるところによると、シティはそれでもウォーカーの獲得を熱望しており、アルゼンチン代表DFパブロ・サバレタ(32)とフランス代表DFバカリ・サーニャ(34)の抜けた右サイドバックの強化に向けて注力するようだ。 ▽現在、トッテナムは、ウォーカーの移籍金として4500万ポンド(約63億6000万円)程度を要求。しかし、同メディアはシティの本拠地であるマンチェスターがウォーカーの故郷であるシェフィールドに近いことや予測として給与が現在の3倍になることが移籍の可能性を高めていると見解を示している。 2017.06.23 19:54 Fri
twitterfacebook
thumb

岡崎慎司にライバル出現!? レスターがイヘアナチョ獲得へ35億円用意か

▽日本代表FW岡崎慎司のレスターが、マンチェスター・シティのナイジェリア代表FWケレチ・イヘアナチョ(20)の獲得に動いているようだ。イギリス『テレグラフ』が報じた。 ▽同メディアによると、レスターのクレイグ・シェイクスピア新監督はイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディの負担を軽減させたいと考えているようで、強豪チームでのプレー経験を持つイヘアナチョに目をつけた。同選手に関しては、エバートンやクリスタル・パレス、ウェストハムからも関心が寄せられていると言われているが、レスターは2500万ポンド(約35億2000万円)の移籍金を用意し、獲得を試みる模様だ。 ▽2014年にシティのユースチームに加入したイヘアナチョは、15-16シーズンからトップチームでプレー。そのシーズンはリーグ戦にコンスタントに出場し、26試合で8ゴール2アシストを記録した。しかし今シーズンは、ドイツ代表FWレロイ・サネやブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスが加入したことにより、出場機会が減少。リーグ戦20試合の出場で、4ゴール3アシストに留まった。 ▽また、アーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェス(28)の獲得が噂されているシティ。もしこの移籍が実現するようであれば、イヘアナチョの退団の可能性は高まるだろうと『テレグラフ』は考えているようだ。 2017.06.22 14:07 Thu
twitterfacebook
thumb

マロッタCEOがダニエウ・アウベスの移籍を認める

▽ユベントスのジュゼッペ・マロッタCEO(最高経営責任者)は21日、ブラジル代表DFダニエウ・アウベス(34)の移籍を認めた。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽昨年の夏にバルセロナからユベントスにフリーで加入したD・アウベスは、公式戦33試合に出場して6ゴール7アシストを記録し、セリエAの優勝やチャンピオンズリーグ準優勝に大きく貢献していた。 ▽しかし、バルセロナ時代に師弟関係にあったジョゼップ・グアルディオラ監督率いるマンチェスター・シティが獲得を望み、移籍金500万ポンド(約7億円)の2年契約を準備していると報じられている。 ▽ユベントスとの契約を1年残しているD・アウベスについてマロッタCEOは次のように語っている。 「彼が我々に新たな挑戦をしてみたいと言ってきて、双方合意の下で契約を解除するに至った。彼の成功を願っている。もちろん、彼がクラブを離れたいと言ってきたことに対して失望はあった。しかし、ダニ・アウベスと関係が悪化したわけではない」 2017.06.22 03:44 Thu
twitterfacebook
thumb

ペップとの再会に近づくD・アウベス、ユベントスは契約解除なら7億円を“貯金”

ユベントスDFダニエウ・アウベスが、マンチェスター・シティ移籍に近づいている。<br><br>今夏のユベントス退団を望むD・アウベスは先日、ソーシャルメディアを通じて「お金も喝采もいらない。欲しいのは健康と質の良いソファだけ」と意味深なコメントを残した。<br><br>それだけでなく、2015年に達成したチャンピオンズリーグ制覇の写真(バルセロナ所属時、決勝の相手はユベントス)を載せ、ユベントスとの別れを示唆する行動に出ている。一方、ユベントスは契約解除でD・アウベスの年俸550万ユーロ(約6億7000万円)を&ldquo;貯金&rdquo;に回すことができる。<br><br>イタリア『トゥットスポルト』は、ユベントスがD・アウベスの一連の行動に辟易して契約解除を容認すると報道。「サヨナラ、Danni Alves」と銘打ち、イタリア語で「傷つける」を意味するDanniと選手の名前をかけてブラジル代表DFの振る舞いを批判した。<br><br>イギリスでは、シティがD・アウベス獲得を確実なものとしたと報じられている。シティはD・アウベスと2年契約を結び、契約解除ならフリーで、そうでなければ移籍金600万ユーロ(約7億3000万円)を支払って同選手を確保することになるという。<br><br>D・アウベスは2008年から2012年までバルセロナでグアルディオラ監督の指導を受けている。その間、リーガエスパニョーラ(3回)、スペイン・スーパーカップ(3回)、ヨーロッパ・スーパーカップ(2回)、チャンピオンズリーグ(2回)、クラブ・ワールドカップ(2回)を制覇して数多のタイトルを獲得した。<br><br>D・アウベスはグアルディオラ監督が率いたバルセロナで208試合に出場して15得点67アシストを記録。スペイン人指揮官の下で驚異的なアシスト数を記録している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.21 19:32 Wed
twitterfacebook
thumb

マン・C、56億円でのフランス代表DFメンディ獲得が間近か

▽フランス『le10sport』は20日、モナコに所属するフランス代表DFバンジャマン・メンディ(22)のマンチェスター・シティ移籍が近づいていることを報じた。 ▽シティでは、今オフシーズンにDFバカリ・サーニャ、DFパブロ・サバレタ、DFガエル・クリシといったサイドバックが退団。左右共に新たなサイドバックを探す中、左サイドバックを主戦場とする有望株のメンディの獲得を狙っているようだ。 ▽『le10sport』によれば、シティはメンディの獲得交渉に関して、最終局面を迎えているとのこと。4500万ユーロ(約56億円)ほどの移籍金でクラブ間合意に近づいているという。 ▽2016年の夏にマルセイユからモナコ入りしたメンディは、2016-17シーズンに公式戦39試合に出場。クラブのリーグ・アン制覇やチャンピオンズリーグ4強入りに大きく貢献し、今年3月にはフランスのフル代表デビューも果たした。 2017.06.21 12:52 Wed
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース