レーティング:アトレティコ・マドリー 3-1 セビージャ《リーガエスパニョーラ》2017.03.20 02:24 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第28節、アトレティコ・マドリーvsセビージャが19日にビセンテ・カルデロンで行われ、ホームのアトレティコが3-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽アトレティコ・マドリー採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
13 オブラク 5.5
枠内シュートがほとんどなかった中、コレアに一矢報いられる

DF
16 ヴルサリコ -
足を痛めて開始2分に負傷交代…

(→フアンフラン 6.0)
緊急投入も攻守に安定感が光った。3点目をお膳立て

15 サビッチ 6.0
チームが押し込んでいたことで、常に優位な形で守れていた

2 ゴディン 6.5
値千金の先制点を奪取。守備でもタイトなチェックで相手攻撃陣に仕事をさせず

3 フィリペ・ルイス 6.5
相手に削られる場面も多かったが、積極果敢な仕掛けとソリッドな守備で躍動

MF
10 カラスコ 6.5
縦への鋭い仕掛けでチームに推進力を与えた

(→ガイタン -)

14 ガビ 6.5
コンディション万全の状態で読みの利いた守備など、中盤を掌握した

8 サウール・ニゲス 6.5
球際の強さを生かして相手のボールロストを誘う。随所にカウンターの起点となった

6 コケ 6.5
ごっつぁんゴールでダメ押しの3点目を記録。闘争心溢れる守備に加え、高精度の繫ぎでリズムを作った

FW
7 グリーズマン 7.0
圧巻の直接FK含めて全ゴールを演出。まさにエースの仕事ぶり

21 ガメイロ 6.5
ゴールこそなかったが、鋭い仕掛けで相手のファウルを誘うなど、相手の脅威となった

(→トーレス 6.0)
脳震とうから待望の戦列復帰。早速、ゴールチャンスに絡んだ

監督
シメオネ 6.5
普段と微妙に配置を変えるなど、サンパオリ監督との戦術家対決に完勝

▽セビージャ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 セルヒオ・リコ 6.0
守備陣が崩された中、再三に渡る好セーブで一人気を吐いた

DF
3 マリアーノ 5.0
流動的なポジショニングで攻撃に絡んだが、効果的ではなかった

24 メルカド 5.0
2失点目に繫がるファウルを犯すなど、スピードに乗った相手の対応に苦戦

23 ラミ 5.5
繫ぎの場面での貢献や球際での粘りなど、意地は見せた

5 ラングレ 5.5
可もなく不可もない出来

(→ヨベティッチ 5.0)
後半スタートからの投入もうまく試合に入れず、ほぼ消えていた

17 サラビア 5.5
左ウイングバックに右サイドハーフと便利屋としてマルチタスクを担ったが、効果的に機能せず

(→イボーラ 5.5)
球際で闘う姿勢は見せた

MF
15 エンゾンジ 5.5
中盤のリスク管理を一手に背負い、攻撃面に絡めなかった

10 ナスリ 5.0
スタートは1トップ。途中からボランチを務めるが、ほとんど決定機に絡めなかった

20 ビトロ 5.0
両ウイングでプレーもチームに推進力を与えられず

18 エスクデロ 5.5
慣れないボランチと本職の左サイドでプレー。後半は持ち直した

FW
12 イェデル 5.0
指揮官の難解な戦術の犠牲者となり、ほぼ見せ場はなかった

(→コレア 6.0)
見事な仕掛けから一矢報いる1ゴール

監督
サンパオリ 4.5
相手をかく乱させる意図の配置換えで、逆に自チームを混乱に陥れてしまった…

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
グリーズマン(アトレティコ・マドリー)
▽流れの中での貢献に加え、プレースキッカーとしても異次元のレベルにあることを証明。ビッグマッチで見事にチームを勝たせた。

アトレティコ・マドリー 3-1 セビージャ
【アトレティコ・マドリー】
ゴディン(前37)
グリーズマン(後16)
コケ(後32)
【セビージャ】
コレア(後40)

コメント

関連ニュース

thumb

アトレティコ、モナコのフランス代表MFトマ・レマル獲得を正式発表

▽アトレティコ・マドリーは19日、モナコに所属するフランス代表MFトマ・レマル(22)のメディカルチェックを終え、正式にサインしたことを発表した。具体的な条件については明かされていない。 ▽2015年にカーンからモナコに加入したレマルは、卓越した左足の技術とパス精度、攻撃センスを武器にリーグ・アン屈指の攻撃的MFに成長。昨夏にはレアル・マドリーやプレミアリーグのビッグクラブからの関心が伝えられた中、チリ代表FWアレクシス・サンチェス(現マンチェスター・ユナイテッド)の後釜としてアーセナル加入寸前にまで迫ったものの、結局交渉は破談となり、移籍は実現しなかった。 ▽今シーズンも公式戦38試合3ゴール10アシストを記録したレマルにはアトレティコが強い関心を示しており、先日にスペイン『アス』は9000万ユーロ(約115億円)の巨額オファーを掲示する準備があると報道。そんな中、 アトレティコとモナコは12日に条件面で大筋合意に至ったことを発表していた。 ▽なお、フランス『レキップ』の12日の報道によると、具体的な金額に関しては言及していないものの、今回の契約には2年間の買い戻しオプションが組み込まれている模様。また、背番号10を着用する見込みであることも伝えられていた。 2018.06.19 09:20 Tue
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、フランス代表のグリーズマン&リュカと契約延長!

▽アトレティコ・マドリーは19日、フランス代表FWアントワーヌ・グリーマン(27)と同国代表DFリュカ・エルナンデス(22)の契約を延長したことを発表した。契約期間はグリーズマンが2023年6月30日、リュカが2024年6月30日まで。 ▽2014年7月にレアル・ソシエダからアトレティコ・マドリーに加入したグリーズマン。これまで公式戦209試合に出場して112ゴール40アシストを記録している。今シーズンも29ゴール15アシストという成績を残し、ヨーロッパリーグ優勝にも貢献。これまでマンチェスター・ユナイテッドやバルセロナへの移籍が有力となっていた中で、14日にはアトレティコ残留を明言していた。 ▽アトレティコの下部組織出身であるリュカは、2014-15シーズンにトップチームデビュー。今シーズンは公式戦44試合に出場して、フランス代表にも初招集された。現在はグリーズマンと共にロシア・ワールドカップに参戦している。 2018.06.19 08:31 Tue
twitterfacebook
thumb

今夏の去就が注目されたグリーズマンがアトレティコ残留を明言! 「僕はアトレティコに留まることを決めた」

▽フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(27)は14日、スペインの放送局『Cero』のミニドキュメンタリー『Movistar+』にて、来季もアトレティコ・マドリーに残留することを明言した。 ▽2022年までアトレティコ・マドリーとの契約を残しているグリーズマン。だが、事前の報道でマンチェスター・ユナイテッドの関心も取り沙汰される中で、今夏のバルセロナ移籍が有力的な情勢として、去就に注目が集まっていた。 ▽以前からロシア・ワールドカップを目途に去就を決定すると明かしていたグリーズマンは、14日に自身のツイッターで「14日の21時15分(日本時間:15日4時15分)に自身の去就について語るビデオが公開される」と発表していた。 ▽今回公開されたビデオでグリーズマンは、「僕はアトレティコに留まることを決めた。もう我慢することはない。僕はアトレティコに残留すると多くの人に伝えたいね」と、残留を明言した。 2018.06.15 05:30 Fri
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、宿敵レアル・マドリーが興味を示していたウルグアイ代表DFホセ・ヒメネスと2023年まで契約延長!

▽アトレティコ・マドリーは13日、ウルグアイ代表DFホセ・ヒメネス(23)との契約を2023年まで延長したことを発表した。 ▽今夏の移籍市場でレアル・マドリーやユベントスらが獲得に興味を示していたホセ・ヒメネスは、クラブ公式サイトで今回の契約延長への満足感を示した。 「アトレティコと新たな契約を結べてとても幸せだよ。クラブが僕のことを信用してくれていることを感じているし、感謝しているよ」 「アトレティコに加入してから僕は成長を実感しているし、クラブとしても多くのタイトルも獲得した。僕たちはヨーロッパで地位を確立しているし、素晴らしいスタジアムも立てた。そして、今後もアトレティコの大きなプロジェクトに参加できることは僕にとって名誉なことだよ」 ▽母国のダヌービオFCで17歳の若さにしてプロデビューを果たしたヒメネスは、2013年夏にアトレティコ・マドリーに移籍した。しかし、公式戦17試合のみの出場に終わった昨シーズンには、インテルやマンチェスター・ユナイテッド、リバプールへの移籍の噂が噴出。それでも今シーズンは公式戦38試合に出場し、チームの堅守に大きく貢献した。 2018.06.14 04:40 Thu
twitterfacebook
thumb

レマルがロヒブランコの新10番に! アトレティコとモナコがプレ合意を発表!

▽アトレティコ・マドリーとモナコは12日、フランス代表MFトマ・レマル(22)の移籍に関して条件面で大筋合意に至ったことを発表した。両クラブは今後数日以内に条件面の細部を詰めて正式発表を行う予定だ。 ▽2015年にカーンからモナコに加入したレマルは、卓越した左足の技術とパス精度、攻撃センスを武器にリーグ・アン屈指の攻撃的MFに成長。昨夏にはレアル・マドリーやプレミアリーグのビッグクラブからの関心が伝えられた中、チリ代表FWアレクシス・サンチェス(現マンチェスター・ユナイテッド)の後釜としてアーセナル加入寸前にまで迫ったものの、結局交渉は破談となり、移籍は実現しなかった。 ▽今シーズンも公式戦38試合3ゴール10アシストを記録したレマルにはアトレティコが強い関心を示しており、先日にスペイン『アス』は9000万ユーロ(約115億円)の巨額オファーを掲示する準備があると伝えていた。 ▽なお、フランス『レキップ』は12日、具体的な金額に関しては言及していないものの、アトレティコとモナコがレマルの移籍金に関して合意に至ったと主張。なお、今回の契約では2年間の買い戻しオプションが組み込まれているようだ。また、レマルはアトレティコ加入が決定した場合、背番号10を着用することになるようだ。 2018.06.13 04:48 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース