レーティング:アトレティコ・マドリー 3-1 セビージャ《リーガエスパニョーラ》2017.03.20 02:24 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第28節、アトレティコ・マドリーvsセビージャが19日にビセンテ・カルデロンで行われ、ホームのアトレティコが3-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽アトレティコ・マドリー採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
13 オブラク 5.5
枠内シュートがほとんどなかった中、コレアに一矢報いられる

DF
16 ヴルサリコ -
足を痛めて開始2分に負傷交代…

(→フアンフラン 6.0)
緊急投入も攻守に安定感が光った。3点目をお膳立て

15 サビッチ 6.0
チームが押し込んでいたことで、常に優位な形で守れていた

2 ゴディン 6.5
値千金の先制点を奪取。守備でもタイトなチェックで相手攻撃陣に仕事をさせず

3 フィリペ・ルイス 6.5
相手に削られる場面も多かったが、積極果敢な仕掛けとソリッドな守備で躍動

MF
10 カラスコ 6.5
縦への鋭い仕掛けでチームに推進力を与えた

(→ガイタン -)

14 ガビ 6.5
コンディション万全の状態で読みの利いた守備など、中盤を掌握した

8 サウール・ニゲス 6.5
球際の強さを生かして相手のボールロストを誘う。随所にカウンターの起点となった

6 コケ 6.5
ごっつぁんゴールでダメ押しの3点目を記録。闘争心溢れる守備に加え、高精度の繫ぎでリズムを作った

FW
7 グリーズマン 7.0
圧巻の直接FK含めて全ゴールを演出。まさにエースの仕事ぶり

21 ガメイロ 6.5
ゴールこそなかったが、鋭い仕掛けで相手のファウルを誘うなど、相手の脅威となった

(→トーレス 6.0)
脳震とうから待望の戦列復帰。早速、ゴールチャンスに絡んだ

監督
シメオネ 6.5
普段と微妙に配置を変えるなど、サンパオリ監督との戦術家対決に完勝

▽セビージャ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 セルヒオ・リコ 6.0
守備陣が崩された中、再三に渡る好セーブで一人気を吐いた

DF
3 マリアーノ 5.0
流動的なポジショニングで攻撃に絡んだが、効果的ではなかった

24 メルカド 5.0
2失点目に繫がるファウルを犯すなど、スピードに乗った相手の対応に苦戦

23 ラミ 5.5
繫ぎの場面での貢献や球際での粘りなど、意地は見せた

5 ラングレ 5.5
可もなく不可もない出来

(→ヨベティッチ 5.0)
後半スタートからの投入もうまく試合に入れず、ほぼ消えていた

17 サラビア 5.5
左ウイングバックに右サイドハーフと便利屋としてマルチタスクを担ったが、効果的に機能せず

(→イボーラ 5.5)
球際で闘う姿勢は見せた

MF
15 エンゾンジ 5.5
中盤のリスク管理を一手に背負い、攻撃面に絡めなかった

10 ナスリ 5.0
スタートは1トップ。途中からボランチを務めるが、ほとんど決定機に絡めなかった

20 ビトロ 5.0
両ウイングでプレーもチームに推進力を与えられず

18 エスクデロ 5.5
慣れないボランチと本職の左サイドでプレー。後半は持ち直した

FW
12 イェデル 5.0
指揮官の難解な戦術の犠牲者となり、ほぼ見せ場はなかった

(→コレア 6.0)
見事な仕掛けから一矢報いる1ゴール

監督
サンパオリ 4.5
相手をかく乱させる意図の配置換えで、逆に自チームを混乱に陥れてしまった…

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
グリーズマン(アトレティコ・マドリー)
▽流れの中での貢献に加え、プレースキッカーとしても異次元のレベルにあることを証明。ビッグマッチで見事にチームを勝たせた。

アトレティコ・マドリー 3-1 セビージャ
【アトレティコ・マドリー】
ゴディン(前37)
グリーズマン(後16)
コケ(後32)
【セビージャ】
コレア(後40)

コメント

関連ニュース

thumb

アトレティコFWガメイロが感じる強さの秘密…シメオネという存在の大きさ語る

アトレティコ・マドリーに所属するFWケビン・ガメイロは、ディエゴ・シメオネ監督がクラブを今のレベルに引き上げたと考えているようだ。『Goal』で語ってくれている。<br><br>ガメイロは昨夏セビージャから移籍し、アトレティコに加入した。2016-17シーズン、公式戦39試合に出場し、14得点7アシストの活躍を見せている。加入1年目からチームの主力として活躍するガメイロだが、過去数シーズンに渡るクラブの躍進の秘密は、シメオネ監督の情熱とハードワークによるものだと明かした。<br><br>「シメオネは勝者のメンタリティーを教えてくれた。彼は情熱家だ。そして毎試合前、僕らの闘志に火を灯してくれるんだ。彼はサッカーに生きている。食事の時も寝る時もサッカーのことを考えている。彼はアトレティコに来て、偉大なことを成し遂げてきた。クラブを高いレベルに導いたことに尊敬の念を抱いているよ。長きに渡ってクラブを率いて欲しい」<br><br>アトレティコは今季、チャンピオンズリーグで準々決勝進出を決めた。しかし、リーグ戦では1位のレアル・マドリーと勝ち点差が「10」と優勝争いからは後れを取っている。シーズン終盤の猛追が求められるが、まずは4月1日に敵地でマラガと対戦する。<br><br>提供:goal.com 2017.03.29 14:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ガメイロ「グリーズマンは共にプレーした中で最高の選手ではない」その理由とは?

アトレティコ・マドリーに所属するFWケビン・ガメイロはチームメートのアントワーヌ・グリーズマンが、まだズラタン・イブラヒモビッチの域には到達していないと思っている。しかし同時に、いずれバロンドールを取る選手になると考えている。<br><br>「今まで一緒にプレーしてきた中で最高の選手として、グリーズマンの名前を挙げることはできない。なぜならば僕はズラタン・イブラヒモビッチやデイビッド・ベッカムなど、パリ・サンジェルマンで多くの素晴らしい選手たちとプレーしてきたからね。それでも、アントワーヌは、昨年バロンドールで3位だったし、いつか同賞に輝いて欲しいと思っているよ。彼はとても素晴らしいクオリティを持っているし、まだまだ成長すると思う」<br><br>また、ガメイロはフランス代表チームについて「この世代はオフェンスにもディフェンスにも良い選手がそろっている。とても良いことだし、将来が楽しみだよ」と現在の状況を分析した。<br><br>フランス代表は28日、スペインとの親善試合で0-2の敗戦を喫した。グリーズマンもビデオ判定によってゴールが取り消されるなど、得点を挙げることができなかった。グリーズマンのバロンドールへの道はクラブに帰ってから再び始まる。アトレティコは4月1日、敵地でマラガと対戦する。<br><br>提供:goal.com 2017.03.29 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

DAZNが4月1日からリーガを放映! 毎節注目5試合をライブ放映

▽ブンデスリーガやJリーグ全試合を放送するスポーツのライブストリーミングサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」は、4月1日(土)からラ・リーガ サンタンデール(リーガ・エスパニョーラ)を2019-2020シーズンまで放送することを発表した。毎節5試合以内の注目試合をライブ放映する。 ▽レアル・マドリーやバルセロナなど、世界最高峰のリーグとしても知られるリーガ・エスパニョーラ。今シーズンは首位争いも白熱し、シーズン終盤に向けて注目が高まっている。 ▽「DAZN」では、これまでコパ・デル・レイを放送していたが、リーグ戦であるリーガ・エスパニョーラの放映も決定。ブンデスリーガ、セリエA、リーグ・アン、Jリーグ(J1・J2・J3)などに続いて、サッカー中継を楽しめる事となった。 ▽なお、4月1日、2日に予定されているリーガエスパニョーラ第29節では、ビジャレアルvsエイバルやマラガvsアトレティコ・マドリー、セビージャvsスポルティング・ヒホン、レアル・マドリーvsアラベス、グラナダvsバルセロナの5試合を放映する。 ◆放映スケジュール ▽4月1日(土) 《20:00》 ビジャレアル vs エイバル ※日本語実況解説 《27:45》 マラガ vs アトレティコ・マドリー ※日本語実況解説 ▽4月2日(日) 《19:00》 セビージャ vs スポルティング・ヒホン ※日本語実況 《23:15》 レアル・マドリー vs アラベス ※日本語実況解説+DAZN独自のリプレイ映像 《27:45》 グラナダ vs バルセロナ ※日本語実況解説 2017.03.28 12:02 Tue
twitterfacebook
thumb

選手登録禁止処分を科されるアトレティコだが…レンタル組の復帰確定者はテオ・エルナンデスのみ

FIFAによって選手登録禁止処分を科され、今夏に選手を補強できるか不透明なアトレティコ・マドリーだが、頼みのレンタル組は芳しい結果を挙げられていないようだ。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>スポーツ仲裁裁判所(CAS)にFIFAによる処分の不当を訴えるアトレティコ。CASの判決は4月24日に下されるが、処分が解除されない場合にはレンタル組を戻す以外に陣容を厚くする術はなくなる。しかしながら、今季のレンタル組の調子は芳しくなく、『マルカ』によれば復帰が確定しているのは一選手のみであるという。<br><br>レンタル組で唯一合格と言える成果を挙げているのは、アラベスで存在感を放つ左サイドバック、DFテオ・エルナンデスのみで、同選手を復帰させることは確定している模様。またテネリフェFWアマス、ポルトFWディオゴ・ジョッタにも復帰の可能性があるが、補強禁止処分が解かれず、チームの陣容が不足する場合に戦力に加えることを考慮するようだ。<br><br>そのほかセビージャFWルシアーノ・ビエット、同MFマティアス・クラネビッテル、ビジャレアルFWサントス・ボレ、バレンシアDFギリェルメ・シケイラらについては、それぞれのクラブで満足な出場機会を確保していないため、アトレティコは失望を覚えている様子。復帰させる可能性は限りなく低いとみられる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.27 22:40 Mon
twitterfacebook
thumb

ガメイロがアトレティコ退団を希望…中国から年俸24億円の破格オファー届く

アトレティコ・マドリーFWケヴィン・ガメイロが、中国への移籍を希望しているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>『マルカ』によれば、ガメイロは中国のクラブから年俸2000万ユーロ(約24億円)ともされる破格のオファーを受け取ったという。ガメイロはその魅力に抗いきれず、アトレティコに自身の売却を検討するよう求めたようだ。<br><br>これを受けたアトレティコはリヨンFWアレクサンドル・ラカゼットなど、すでにガメイロの後釜獲得に動いている様子。ただし、問題はFIFAから科された選手登録禁止処分となる。アトレティコはスポーツ仲裁裁判所(CAS)によって今夏の補強が認められなければ、次の冬の移籍市場までチームに留まるよう、ガメイロを説得する方針とみられる。<br><br>なおアトレティコがガメイロを中国のクラブに売却する場合、少なくとも後釜となる選手の移籍金額を求めるようだ。ラカゼットであれば、移籍金は4000万ユーロとされている。<br><br>&nbsp;<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.26 10:03 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース