レーティング:アトレティコ・マドリー 3-1 セビージャ《リーガエスパニョーラ》2017.03.20 02:24 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第28節、アトレティコ・マドリーvsセビージャが19日にビセンテ・カルデロンで行われ、ホームのアトレティコが3-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽アトレティコ・マドリー採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
13 オブラク 5.5
枠内シュートがほとんどなかった中、コレアに一矢報いられる

DF
16 ヴルサリコ -
足を痛めて開始2分に負傷交代…

(→フアンフラン 6.0)
緊急投入も攻守に安定感が光った。3点目をお膳立て

15 サビッチ 6.0
チームが押し込んでいたことで、常に優位な形で守れていた

2 ゴディン 6.5
値千金の先制点を奪取。守備でもタイトなチェックで相手攻撃陣に仕事をさせず

3 フィリペ・ルイス 6.5
相手に削られる場面も多かったが、積極果敢な仕掛けとソリッドな守備で躍動

MF
10 カラスコ 6.5
縦への鋭い仕掛けでチームに推進力を与えた

(→ガイタン -)

14 ガビ 6.5
コンディション万全の状態で読みの利いた守備など、中盤を掌握した

8 サウール・ニゲス 6.5
球際の強さを生かして相手のボールロストを誘う。随所にカウンターの起点となった

6 コケ 6.5
ごっつぁんゴールでダメ押しの3点目を記録。闘争心溢れる守備に加え、高精度の繫ぎでリズムを作った

FW
7 グリーズマン 7.0
圧巻の直接FK含めて全ゴールを演出。まさにエースの仕事ぶり

21 ガメイロ 6.5
ゴールこそなかったが、鋭い仕掛けで相手のファウルを誘うなど、相手の脅威となった

(→トーレス 6.0)
脳震とうから待望の戦列復帰。早速、ゴールチャンスに絡んだ

監督
シメオネ 6.5
普段と微妙に配置を変えるなど、サンパオリ監督との戦術家対決に完勝

▽セビージャ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 セルヒオ・リコ 6.0
守備陣が崩された中、再三に渡る好セーブで一人気を吐いた

DF
3 マリアーノ 5.0
流動的なポジショニングで攻撃に絡んだが、効果的ではなかった

24 メルカド 5.0
2失点目に繫がるファウルを犯すなど、スピードに乗った相手の対応に苦戦

23 ラミ 5.5
繫ぎの場面での貢献や球際での粘りなど、意地は見せた

5 ラングレ 5.5
可もなく不可もない出来

(→ヨベティッチ 5.0)
後半スタートからの投入もうまく試合に入れず、ほぼ消えていた

17 サラビア 5.5
左ウイングバックに右サイドハーフと便利屋としてマルチタスクを担ったが、効果的に機能せず

(→イボーラ 5.5)
球際で闘う姿勢は見せた

MF
15 エンゾンジ 5.5
中盤のリスク管理を一手に背負い、攻撃面に絡めなかった

10 ナスリ 5.0
スタートは1トップ。途中からボランチを務めるが、ほとんど決定機に絡めなかった

20 ビトロ 5.0
両ウイングでプレーもチームに推進力を与えられず

18 エスクデロ 5.5
慣れないボランチと本職の左サイドでプレー。後半は持ち直した

FW
12 イェデル 5.0
指揮官の難解な戦術の犠牲者となり、ほぼ見せ場はなかった

(→コレア 6.0)
見事な仕掛けから一矢報いる1ゴール

監督
サンパオリ 4.5
相手をかく乱させる意図の配置換えで、逆に自チームを混乱に陥れてしまった…

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
グリーズマン(アトレティコ・マドリー)
▽流れの中での貢献に加え、プレースキッカーとしても異次元のレベルにあることを証明。ビッグマッチで見事にチームを勝たせた。

アトレティコ・マドリー 3-1 セビージャ
【アトレティコ・マドリー】
ゴディン(前37)
グリーズマン(後16)
コケ(後32)
【セビージャ】
コレア(後40)

コメント

関連ニュース

thumb

ジエゴ・コスタがハムストリング負傷でラス・パルマス戦を欠場へ

▽アトレティコ・マドリーのスペイン代表FWジエゴ・コスタが、ハムストリングを負傷したようだ。『フットボール・エスパーニャ』が伝えた。 ▽ジエゴ・コスタは、20日に行われたリーガエスパニョーラ第20節のジローナ戦に先発で出場。しかし61分に負傷してフランス代表FWケヴィン・ガメイロとの交代を余儀なくされた。ジエゴ・コスタは23日に行われたコパ・デル・レイ準々決勝2ndレグのセビージャ戦(1-3でアトレティコが敗戦)を欠場していた。 ▽報道によると同選手はハムストリングに違和感がある模様。10日前後の離脱となるようで、28日に行われるリーガエスパニョーラ第21節のラス・パルマス戦も欠場することが濃厚となっている。 2018.01.24 10:09 Wed
twitterfacebook
thumb

要塞サンチェス・ピスファンで完勝のセビージャがアトレティコを下し準決勝進出!《コパ・デル・レイ》

▽コパ・デル・レイ準々決勝2ndレグのセビージャvsアトレティコ・マドリーが23日に行われ、3-1でセビージャが勝利した。この結果、2戦合計5-3でセビージャが準決勝進出を決めた。 ▽17日に行われた1stレグをホアキン・コレア弾で逆転勝利したセビージャは、直近に行われたリーグ戦のエスパニョール戦から先発を1人変更。コルシアに代えてヘスス・ナバスを先発で起用した。 ▽一方、終盤被弾で1stレグを落としたアトレティコは、直近のジローナ戦から先発を5人変更。ジローナ戦で負傷したジエゴ・コスタやカラスコ、トーマスらに代えてガメイロやガビ、コケらを先発で起用した。 ▽試合は開始早々の26秒に動きを見せる。フランコ・バスケスのパスをボックス右付近で受けたサラビアがクロスを供給。これをファーサイドから中央に走り込んだエスクデロが右足のボレーシュートで流し込み、セビージャが先制に成功した。 ▽先制を許したアトレティコだがすぐに反撃に転じる。すると13分、ホセ・ヒメネスのロングフィードをバイタルエリア左でガメイロが落とすと、グリーズマンがワントラップから右足でシュート。これがGKセルヒオ・リコの頭上を越し、そのままゴールネットに突き刺さった。 ▽グリーズマンのゴラッソで振り出しに戻った試合は、ここから一気にヒートアップ。追いついて勢い付くアトレティコは31分、コケのパスでゴール右に侵攻したアンヘル・コレアに決定機が生まれるも、これは枠の左に大きく外した。 ▽対するセビージャは37分、サラビアのパスで右サイドを抜け出したヘスス・ナバスのクロスを中央に走り込んだフランコ・バスケスが頭で合わせたが、これはわずかにゴール右に逸れた。 ▽1-1で迎えた後半も、セビージャが開始早々にスコアを動かす。46分、ドリブルでボックス左から仕掛けたJ・コレアがボックス内でサウールに倒され、PKを獲得。このPKをバネガがゴール右隅に決め、勝ち越しに成功した。 ▽勝ち越しを許したアトレティコは52分、サウールの左クロスをボックス中央フリーのA・コレアがワントラップから右足を振り抜いたが、これは飛び出したGKセルヒオ・リコの好セーブに阻まれる。 ▽準決勝進出に3点が必要なアトレティコは、56分にトーレスを投入。さらに60分にカラスコ、64分にトーマスと立て続けにピッチに送り出した。しかし、再びスコアを動かしたのはセビージャ。 ▽79分、トーマスのパスを中盤でカットしたエンゾンジが素早く繋ぐと、フランコ・バスケスのロングスルーパスに抜け出したサラビアがボックス内まで持ち上がりシュート。ゴディンにディフレクトしたボールがそのままゴール左隅に吸い込まれた。 ▽結局、試合はそのまま3-1で終了。要塞サンチェス・ピスファンで完勝のセビージャが、2戦合計5-3で準決勝進出を決めた。なお、セビージャはこの試合の勝利でコパ・デル・レイのホーム連勝記録を「12」に伸ばしている。 2018.01.24 07:45 Wed
twitterfacebook
thumb

シメオネ、ジエゴ・コスタ不在を心配せず...「彼抜きで我々は2位に位置していた」

アトレティコ・マドリーを率いるディエゴ・シメオネ監督は、FWジエゴ・コスタの負傷離脱を気に留めていないようだ。<br><br>ジエゴ・コスタは20日のリーガエスパニョーラ第20節ジローナ戦(1-1)で負傷交代。10日ほどの離脱が見込まれており、23日に行われるコパ・デル・レイ準々決勝第2戦セビージャ戦には出場できない。<br><br>シメオネ監督はスペイン人FWに関して、以下のように語っている。<br><br>「これまで同様、競争に身を置けるだけの選手が我々には揃っている。ジエゴ抜きで、我々はリーガで2位に位置していた。チャンピオンズリーグでは敗退することになったが、そこでも最後まで戦った」<br><br>コパ準々決勝第1戦では、セビージャがアトレティコの本拠地ワンダ・メトロポリターノで2-1と先勝している。<br><br>「コパはモチベーションを上げてくれる。我々の考えは変わっていない。難しい試合になると予想している。優勢なのはセビージャだ。だが試合が残されている限り、巻き返しを目指して我々はプレーする」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.23 23:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ジエゴ・コスタが内転筋の負傷で10日間の離脱へ…

▽アトレティコ・マドリーは21日、リーガエスパニョーラ第20節のジローナ戦で負傷交代したスペイン代表FWジエゴ・コスタが右足内転筋の負傷と診断されたことを発表した。 ▽ジエゴ・コスタは1-1のドローに終わったジローナ戦で先発出場するも、後半立ち上がりの61分に右足の痛みを訴えてFWケビン・ガメイロとの交代でピッチを後にした。そして、試合翌日に行われた精密検査の結果、右足内転筋に軽い損傷が確認されたという。 ▽なお、アトレティコは現時点で離脱期間を明らかにしていないが、スペイン『マルカ』はジエゴ・コスタの離脱が10日間ほどになると伝えている。 ▽アトレティコでの再デビュー後の公式戦5試合で3ゴール2アシストの活躍を披露していたジエゴ・コスタだが、今回の負傷によって逆転を目指すコパ・デル・レイ準々決勝2ndレグのセビージャ戦(23日)、次節のラス・パルマス戦(28日)の公式戦2試合を欠場する見込みだ。 2018.01.21 22:47 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサ、グリーズマン個人合意を公式否定

▽バルセロナは20日、アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(26)を取り巻く加入内定報道を否定した。 ▽グリーズマンを巡っては最近、今シーズン終了後のバルセロナ移籍で個人合意に達したとの報道が加熱している。 ▽これを受け、バルセロナは声明を公式サイトに掲載。グリーズマンの加入内定および接触の噂を次のように否定している。 「バルセロナは、アトレティコ・マドリーのアントワーヌ・グリーズマンに関する複数メディアの報道を強く否定する」 「クラブは、これらの報道に対して異議を表明すると共に、アトレティコ・マドリーに対する敬意を改めて表する」 2018.01.21 15:30 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース