レーティング:アトレティコ・マドリー 3-1 セビージャ《リーガエスパニョーラ》2017.03.20 02:24 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第28節、アトレティコ・マドリーvsセビージャが19日にビセンテ・カルデロンで行われ、ホームのアトレティコが3-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽アトレティコ・マドリー採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
13 オブラク 5.5
枠内シュートがほとんどなかった中、コレアに一矢報いられる

DF
16 ヴルサリコ -
足を痛めて開始2分に負傷交代…

(→フアンフラン 6.0)
緊急投入も攻守に安定感が光った。3点目をお膳立て

15 サビッチ 6.0
チームが押し込んでいたことで、常に優位な形で守れていた

2 ゴディン 6.5
値千金の先制点を奪取。守備でもタイトなチェックで相手攻撃陣に仕事をさせず

3 フィリペ・ルイス 6.5
相手に削られる場面も多かったが、積極果敢な仕掛けとソリッドな守備で躍動

MF
10 カラスコ 6.5
縦への鋭い仕掛けでチームに推進力を与えた

(→ガイタン -)

14 ガビ 6.5
コンディション万全の状態で読みの利いた守備など、中盤を掌握した

8 サウール・ニゲス 6.5
球際の強さを生かして相手のボールロストを誘う。随所にカウンターの起点となった

6 コケ 6.5
ごっつぁんゴールでダメ押しの3点目を記録。闘争心溢れる守備に加え、高精度の繫ぎでリズムを作った

FW
7 グリーズマン 7.0
圧巻の直接FK含めて全ゴールを演出。まさにエースの仕事ぶり

21 ガメイロ 6.5
ゴールこそなかったが、鋭い仕掛けで相手のファウルを誘うなど、相手の脅威となった

(→トーレス 6.0)
脳震とうから待望の戦列復帰。早速、ゴールチャンスに絡んだ

監督
シメオネ 6.5
普段と微妙に配置を変えるなど、サンパオリ監督との戦術家対決に完勝

▽セビージャ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 セルヒオ・リコ 6.0
守備陣が崩された中、再三に渡る好セーブで一人気を吐いた

DF
3 マリアーノ 5.0
流動的なポジショニングで攻撃に絡んだが、効果的ではなかった

24 メルカド 5.0
2失点目に繫がるファウルを犯すなど、スピードに乗った相手の対応に苦戦

23 ラミ 5.5
繫ぎの場面での貢献や球際での粘りなど、意地は見せた

5 ラングレ 5.5
可もなく不可もない出来

(→ヨベティッチ 5.0)
後半スタートからの投入もうまく試合に入れず、ほぼ消えていた

17 サラビア 5.5
左ウイングバックに右サイドハーフと便利屋としてマルチタスクを担ったが、効果的に機能せず

(→イボーラ 5.5)
球際で闘う姿勢は見せた

MF
15 エンゾンジ 5.5
中盤のリスク管理を一手に背負い、攻撃面に絡めなかった

10 ナスリ 5.0
スタートは1トップ。途中からボランチを務めるが、ほとんど決定機に絡めなかった

20 ビトロ 5.0
両ウイングでプレーもチームに推進力を与えられず

18 エスクデロ 5.5
慣れないボランチと本職の左サイドでプレー。後半は持ち直した

FW
12 イェデル 5.0
指揮官の難解な戦術の犠牲者となり、ほぼ見せ場はなかった

(→コレア 6.0)
見事な仕掛けから一矢報いる1ゴール

監督
サンパオリ 4.5
相手をかく乱させる意図の配置換えで、逆に自チームを混乱に陥れてしまった…

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
グリーズマン(アトレティコ・マドリー)
▽流れの中での貢献に加え、プレースキッカーとしても異次元のレベルにあることを証明。ビッグマッチで見事にチームを勝たせた。

アトレティコ・マドリー 3-1 セビージャ
【アトレティコ・マドリー】
ゴディン(前37)
グリーズマン(後16)
コケ(後32)
【セビージャ】
コレア(後40)

コメント

関連ニュース

thumb

レーティング:アトレティコ・マドリー 2-0 セビージャ《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第6節、アトレティコ・マドリーvsセビージャが23日にワンダ・メトロポリターノで行われ、ホームのアトレティコが2-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽アトレティコ・マドリー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170923_48_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 オブラク 5.5 難しい枠内シュートは皆無。危なげなくゴールを守った DF 16 ヴルサリコ 6.5 攻撃の貢献がいまひとつも守備はソリッドだった 15 サビッチ 6.5 中盤のフィルターが効いていたこともあり、余裕を持って対応できた 19 リュカ 6.5 ゴディンの代役を無難にこなす。積極的な持ち上がりで攻撃に変化を加える試みもあった 3 フィリペ・ルイス 7.0 1アシストを記録。ポスト直撃の惜しいシュートを放つなど、カラスコとのコンビで攻め手に MF 6 コケ 6.0 攻守に仕事量が多くきっちり攻撃をけん引 14 ガビ 6.5 中盤で相手の起点をきっちり潰す。攻守のリズムを作った 8 サウール 6.5 守備面では球際の強さが光り、攻撃ではシンプルな捌きで貢献 10 カラスコ 7.0 相手のミスを見逃さず、貴重な先制点を奪取。サイドに開いてボールを引き出し、幾度か惜しい仕掛けを披露 (→ガメイロ -) FW 7 グリーズマン 6.5 前半は苦戦を強いられたが、献身的な守備とフィニッシュの精度を発揮し、新スタジアムで2戦連発 (→トーマス 5.5) 与えられた役目をきっちりこなした 17 ビエット 5.5 仕掛ける姿勢や背後を狙う意図は感じられたが、なかなかチャンスに絡めず (→コレア 5.5) 幾つかチャンスに顔を出した 監督 シメオネ 6.5 堅守同士の一戦できっちり勝ち切る。逃げ切りの安定感は抜群 ▽セビージャ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170923_48_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 セルヒオ・リコ 5.5 自身に大きなミスはなかったが、結果的に2失点 DF 25 メルカド 6.0 前半は守備の局面で存在感を披露。球際の強さはさすが (→クローン=デリ -) 6 カリソ 5.5 後半は全体が前がかりな中でバランスを取ることに腐心 5 ラングレ 6.0 攻守にいつも通りの安定感 3 キャロル 5.5 難敵相手の一戦だったが、攻守に及第点の出来 MF 16 ヘスス・ナバス 5.5 献身的に守備はこなしたが、単独での局面打開には至らず 10 バネガ 6.0 課題の守備で奮闘しつつ、無難にボールを捌いた 15 エンゾンジ 5.0 不用意なバックパスで失点に絡み、試合の流れを大きく変えてしまった 22 フランコ・バスケス 5.5 要所で攻撃の起点となったが、最後の場面でもっとできるはず 17 サラビア 5.0 序盤にポスト直撃のシュートがあったが、その後は沈黙 (→コレア 5.5) 積極的な仕掛けで攻撃を活性化させた FW 20 ムリエル 5.0 良い形でボールを引き出せず、完全に消された (→イェデル 5.0) 目立った活躍を見せられず 監督 ベリッソ 5.5 最低限勝ち点1を持ち帰るプランを遂行できていたが、後半立ち上がりの失点が全てだった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! カラスコ(アトレティコ・マドリー) ▽抜群のインテンシティを見せたドブレピボーテやフィリペ・ルイスの活躍も見事だったが、試合の流れを決める先制点を奪ったカラスコをMOMに選出。 アトレティコ・マドリー 2-0 セビージャ 【アトレティコ・マドリー】 カラスコ(後1) グリーズマン(後25) 2017.09.23 22:09 Sat
twitterfacebook
thumb

カラスコ&グリーズマン弾でセビージャ撃破のアトレティコが3連勝!《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第6節、アトレティコ・マドリーvsセビージャが23日にワンダ・メトロポリターノで行われ、ホームのアトレティコが2-0で勝利した。 ▽前節、難所サン・マメスでビルバオと対戦したアトレティコは、2-1のスコアで接戦を制して今季初の2連勝を飾った。そして、勢いづくチームは前々節のマラガ戦で初陣を飾ったワンダ・メトロポリターノでセビージャを迎え撃った。来週ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)チェルシー戦を控える中、シメオネ監督は中2日での一戦に向けて先発5人を変更。ゴディンやフアンフラン、アンヘル・コレアらをベンチに置き、リュカやヴルサリコ、ビエットを先発で起用した。 ▽一方、4戦連続無失点で4連勝と快進撃が続くセビージャは、今季初の格上との対戦でワンダ・メトロポリターノ初攻略を目指した。来週ミッドウィークのCLでは格下マリボルと対戦するセビージャだが、新加入の左サイドバックのキャロルや、フランコ・バスケス、ムリエルを起用するなど、若干のメンバー変更を施した。 ▽今週にチェルシーからの移籍合意が発表されたジエゴ・コスタもスタンド観戦に訪れた注目のビッグマッチは、立ち上がりから拮抗した状況が続く。後方からショートパスを繋いで攻撃を組み立てるアウェイチームに対して、ホームチームは出足鋭い守備からカウンターで応戦する。12分にはボックス手前でサラビアが放った左足のシュートがゴール前のDFサビッチにディフレクトしてゴール左隅に向かうが、これはポストを叩いた。 ▽一方、受けに回る状況が続くアトレティコだが、18分にこの試合最初の決定機を作る。左サイドに張っていたカラスコへ大きく展開されると、ドリブルで切り込んだカラスコがマイナスの折り返しを送る。これをボックス中央のフィリペ・ルイスが左足ダイレクトで合わすが、これは枠の右上角を叩いた。 ▽互いに枠を叩く際どいシュートで決定機を作り合ったが、その後は中盤での潰し合いが目立ち、試合は完全に膠着状態に陥る。共にアタッキングサードまではボールを運べるものの、集中した守備陣を前にグリーズマンやムリエルらキープレーヤーがなかなか良い形で仕掛けに絡めず。38分にはロングフィードに抜け出したグリーズマンがボックス右でシュートを放つが、相手DFのブロックに遭う。結局、互いにやや見せ場を欠いた前半はゴールレスで終了した。 ▽停滞感漂う前半とは打って変わって、後半は開始早々にいきなりゴールが生まれる。46分、ハーフウェイライン付近の左サイドで味方のパスに反応したカラスコがエンゾンジの中途半端なGKへのバックパスを奪い、飛び出したGKセルヒオ・リコをかわして放ったシュートが無人のゴールへ吸い込まれた。 ▽相手の緩慢な入りを急襲して幸先良く先制に成功したアトレティコは、52分にもビエットがフィニッシュに絡むなど、気落ちした相手に畳みかける。57分にはやや精彩を欠いたビエットを下げて、アンヘル・コレアをピッチに送り込む。 ▽一方、後半に入ってなかなか攻撃の形を作れないセビージャは58分、サラビアを下げてホアキン・コレアを投入。63分にはバネガのFKの流れからゴール前に混戦が生まれ、ラングレらにシュートチャンスも打ち切れない。さらに68分にはムリエルを下げてイェデルを投入するが、この交代直後に決定的な2点目を奪われる。 ▽70分、ボックス右に抜け出したアンヘル・コレアの折り返しはグリーズマンの後方に流れるも、相手DFと競り合ったグリーズマンがスライディングで背後のフィリペ・ルイスに繋ぐと、すぐに立ち上がってフィリペ・ルイスのパスを受け直したグリーズマンがボックス左から左足のシュートを流し込んだ。 ▽この追加点で試合を決めたアトレティコは、来週のCLチェルシー戦を見据えてグリーズマンとカラスコを下げて、トーマスとガメイロをピッチに送り込み、試合を締めにかかる。その後、持ち味の堅守で相手の攻撃を難なく凌いだアトレティコが、難敵セビージャに今季初黒星を与えるとともに、リーグ3連勝を飾った。 2017.09.23 22:08 Sat
twitterfacebook
thumb

アトレティコ帰還のジエゴ・コスタが意気込む「クラブに全てを捧げたい」

▽チェルシーからアトレティコ・マドリーに復帰するスペイン代表FWジエゴ・コスタが、現在の心境を語った。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽完全移籍で合意したジエゴ・コスタは、メディカルチェック受診のためマドリッドに帰還。検査をパスすれば、正式にアトレティコ復帰が決定する。 ▽古巣への復帰が実現したジエゴ・コスタは、クラブに対して感謝のコメントを残すとともに、全力でチームに貢献すると語った。 「アトレティコは僕の家であり、僕はここに居る。ミゲル・アンヘル・ヒル(アトレティコのCEO)はとても努力してくれた。そして、僕は彼にとても感謝しており、クラブには全てを捧げたい」 「僕は常に厭わないでやるし、どんなことでも常にチームに貢献するつもりだ。僕の全てを与えるだろう。いつだってやるし、希望を持ってくれることが僕にとっては良いことだよ」 ▽また、チェルシーではトレーニングも行なっておらず、フィットネスが心配されるジエゴ・コスタだが、冗談を交えながらも意気込みを語った。 「僕はオッケーだ。プロフェ・オルテガ(アトレティコのフィジカルコーチ)が僕をシャープにしてくれるはずだよ。体重計を恐れているわけではなく、彼のトレーニングを恐れているよ」 2017.09.23 20:50 Sat
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第6節プレビュー】アトレティコvsセビージャのビッグマッチ開催!

▽ミッドウィークに行われた第5節では、唯一開幕から連勝を続けるバルセロナがエースFWメッシの圧巻の4ゴールでMF乾貴士を擁するエイバルに圧勝し、5連勝を達成。また、セビージャがMFヘスス・ナバスの復帰後初ゴールで4連勝、ビルバオとの強豪対決を制したアトレティコ・マドリーが2連勝と首位チームを追走している。その一方で、昨季王者のレアル・マドリーはエースFWクリスティアーノ・ロナウドの復帰を追い風にできず、ホームでベティス相手にまさかの今季初黒星を喫することになった。 ▽来週ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第2節を控える中で行われる今週末の第6節では、中3日での戦いが続くビッグクラブにとって厳しい試合となる。今節最大の注目カードは、アトレティコとセビージャが対峙する今季最初のトップ4同士によるビッグマッチだ。 ▽前節、難所サン・マメスでビルバオと対戦したアトレティコは、前半にPKを与えるピンチもGKオブラクのビッグセーブで凌ぐと、後半にFWコレアとMFカラスコの2ゴールでリードを奪い、1点を返されたものの、見事に接戦を制して今季初の2連勝を飾った。そして、勢いづくチームは前々節のマラガ戦で初陣を飾ったワンダ・メトロポリターノでセビージャを迎え撃つ。ただ、来週ミッドウィークにCLチェルシー戦を控えるため、ローマとの初戦をドローで終えたアトレティコとしては、メンバー選考を含めて難しい判断が求められる。なお、21日にクラブ間合意が発表されたFWジエゴ・コスタはすでにマドリッド入りしており、新スタジアムのスタンドから観戦する予定だ。 ▽一方、4戦連続無失点で4連勝と、攻撃力と変幻自在のシステムで注目を集めた昨季と異なるアプローチでの快進撃が続くセビージャは、格上のアトレティコとの対戦でその真価が試される。アトレティコとは異なり、来週ミッドウィークのCLで格下マリボルと対戦するベリッソ監督としては、同胞のシメオネ監督との直接対決に向けて全力を注げるはずだ。今夏の移籍市場ではFWビトロ(現ラス・パルマス)の移籍を巡って新たな因縁が生まれているだけに、敵地とはいえ勝ち点3を持ち帰りたい。 ▽前述のビッグマッチでの潰し合いを利用して首位の座を確固たるものとしたいバルセロナは、開幕6連勝を目指して昇格組ジローナとのカタルーニャ自治州ダービーに臨む。来週に敵地でCLスポルティング・リスボン戦を控えるため、バルベルデ監督はMFイニエスタやDFジョルディ・アルバなど、一部主力を温存する可能性が高い。そのため、MFパウリーニョやDFネウソン・セメドら新加入組に押され気味な既存の控え選手たちにとって、格好のアピールの場となるはずだ。格下相手の一戦で活躍し、バルベルデ監督に嬉しい悩みの種を与える選手は出てくるか。 ▽また、ホーム3試合で1敗2分けと思わぬ苦戦を強いられているレアル・マドリーは、今季連勝中のアウェイゲームで立て直しを図る。幸い、対戦相手のアラベスは開幕から5連敗中のうえ、未だ無得点という泥沼に陥っている。そのため、来週ミッドウィークにCLドルトムント戦を控えるチームとしては主力を温存したいところだが、すでに首位バルセロナと7ポイント差離されているだけに大幅なターンオーバーでこれ以上勝ち点を取りこぼすことは許されない。そのため、勝負師ジダン監督のメンバー選考には俄然注目が集まる。なお、アラベスには今夏レアル・マドリーから完全移籍したジダン家長男のMFエンツォ・ジダンが在籍しており、ジダン監督にとっては初の親子対決となる。 ▽日本人選手所属クラブでは、乾のエイバルがセルタ、MF柴崎岳のヘタフェがビジャレアルと対戦する。前節、バルセロナ相手にフル出場も完敗した乾は、ここまでわずかに1勝とウンスエ新体制で苦戦するセルタ相手に勝利を目指す。一方、負傷で柴崎不在2戦目となるヘタフェは、強豪ビジャレアルをホームで迎え撃つ。 ▽その他の注目カードは、開幕から2勝3分けで無敗を継続するバレンシアとレバンテのバレンシア勢の戦いに注目したい。前節、FWザザのハットトリックなどでマラガに大勝のバレンシアは、開幕3連勝から2連敗と失速傾向のレアル・ソシエダとのアウェイゲームで今季初の連勝を目指す。一方、そのソシエダに前節3-0の快勝を収めたレバンテは、前節レアル・マドリー相手に大金星を挙げたベティスとのアウェイゲームに挑む。 <div style="text-align:left;font-size:small;">《リーガエスパニョーラ第6節》 ▽9/23(土) 《20:00》 アトレティコ・マドリー vs セビージャ 《23:15》 アラベス vs レアル・マドリー 《25:30》 マラガ vs ビルバオ 《27:45》 ジローナ vs バルセロナ ▽9/24(日) 《19:00》 エスパニョール vs デポルティボ 《23:15》 ヘタフェ vs ビジャレアル 《25:30》 エイバル vs セルタ ラス・パルマス vs レガネス 《27:45》 レアル・ソシエダ vs バレンシア ▽9/25(月) 《28:00》 ベティス vs レバンテ</div> 2017.09.23 12:00 Sat
twitterfacebook
thumb

コンテ監督、アトレティコ復帰決定のジエゴ・コスタに感謝 「昨シーズン、共にトロフィーを獲得したことは忘れない」

▽チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督が、前日にアトレティコ・マドリーへの復帰が決定したスペイン代表FWジエゴ・コスタ(28)について語った。同監督がストーク・シティ戦の前日会見で語ったコメントを公式サイトが伝えている。 ▽昨シーズン終了後にチェルシーのアントニオ・コンテ監督から構想外を言い渡されたジエゴ・コスタは、今夏の移籍市場でアトレティコ復帰を求めるもクラブ間の交渉がまとまらず、チェルシー残留が決定。 ▽しかし、その後も母国ブラジルに籠城を続けたジエゴ・コスタの強硬姿勢が実ったのか、5500万ユーロ(約73億6000万円)+ボーナス1000万ユーロ(約13億4000万円)といわれるオファーを受け入れたチェルシーは、21日にアトレティコとのクラブ間での合意を発表。数日後にメディカルチェックを受診した後、同選手は選手登録が認められる来年1月に再びアトレティコの一員になることが決定した。 ▽コンテ監督は、昨季のプレミアリーグ制覇の立役者の1人であり、今夏自ら構想外を言い渡した愛憎相半ばするジエゴ・コスタに関して、これまでの貢献に対して素直に感謝の言葉を口にした。 「ジエゴ・コスタには、これまでの功績に感謝するとともに、今後のさらなる活躍を祈っている」 「昨シーズン、共にトロフィーを獲得したことは忘れない。あの姿勢には感謝しないといけない。昨シーズンに限らず、チェルシーに在籍した時間は素晴らしい働きぶりだった」 2017.09.22 23:45 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース