エース不在のスパーズがエリクセン&アリ弾で吉田フル出場のセインツ撃破! クラブ記録更新のホーム10連勝!《プレミアリーグ》2017.03.20 01:12 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第29節、トッテナムvsサウサンプトンが19日にホワイト・ハート・レーンで行われ、ホームのトッテナムが2-1で勝利した。なお、サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場した。

▽共にリーグ2連勝中の2位トッテナムと、10位サウサンプトンとの一戦。前節、エバートンとの打ち合いを制したトッテナムは、直近のFAカップ準々決勝でも3部のミルウォールを6-0で一蹴し、ベスト4進出を決定。だが、この試合でエースFWケインが右足首を負傷し、数週間の離脱を強いられることに。ポチェッティーノ監督はそのエースの代役にミルウォール戦でハットトリックを達成したソン・フンミンを起用した。

▽一方、前節ワトフォードとの打ち合いを制したサウサンプトンは、今季ホーム無敗を継続するトッテナムの要塞ホワイト・ハート・レーンでリーグ3連勝を狙う。この試合では吉田やデイビス、新エースFWガッビアディーニなど現状のベストメンバーがピッチに立った。

▽試合は開始早々に決定機が訪れる。開始3分、右サイドに流れたエリクセンの絶妙なスルーパスに抜け出したソン・フンミンがボックス内でGKと一対一になるが、右足のシュートはGKフォースターの見事なワンハンドセーブに阻まれた。

▽立ち上がりの決定機を逸したトッテナムだったが、その後も攻守両面で地力の差を見せつけると、14分に先制点を奪う。バイタルエリアでタメを作ったデンベレから縦パスを受けたエリクセンがボックス手前右から内に切り込みながら左足のシュートをゴール左隅に流し込んだ。勢い付くホームチームは、その後も押し込んでいくと24分にはエリクセンの左CKをアルデルヴァイレルトがドンピシャのヘッドで合わすが、これはGKフォースターが強靭で左手でかき出した。

▽一方、敵地で先制を許す厳しい入りとなったサウサンプトンは、要所で良いボールの奪い方をみせ、ショートカウンターでゴールを狙う。28分にはサイドをえぐった仕掛けからガッビアディーニ、タディッチに続けて決定機もシュートを枠に飛ばせない。すると、30分過ぎにはガッビアディーニが足を痛めてしまい、ロングとの負傷交代を強いられた。

▽新エースFWの負傷交代で流れを失ったサウサンプトンは、33分にボックス内でこぼれ球に反応したデイビスがデレ・アリを蹴ってしまい、痛恨のPK献上。これをデレ・アリに決められて点差を2点に広げられてしまう。

▽一方、セーフティーリードを得たトッテナムは、持ち味の堅守で相手の反撃をきっちり跳ね返していく。さらに、前半終了間際にはエリクセンが絶妙なスルーパスでソン・フンミンの決定機を演出するが、ここはわずかにパスが長く3点目とはならなかった。

▽互いに選手交代なしで迎えた後半立ち上がりもホームチームが押し込む入りとなる。49分にはボックス手前でウォーカーからマイナスの折り返しを受けたエリクセンが右足ダイレクトシュートを狙うが、これを枠に飛ばせない。

▽一方、2点のビハインドを追うサウサンプトンは、前半以上にリスクを冒して攻撃に出ると、早い時間帯に1点を返す。52分、左サイド深くでバートランドが入れた低いクロスを、ニアでDFアルデルヴァイレルトがクリアし損ねてファーに流れる。これをワントラップしたワード=プラウズが冷静に流し込んだ。

▽点差が1点に縮まったことで、試合はここから一気に拮抗した展開となる。高いボール支配率で主導権を握るトッテナムは、アタッキングサードまで容易にボールを運ぶものの、吉田を中心に中央を締めるサウサンプトンの守備を崩し切れない。対するサウサンプトンもロングに背後を狙わせる形での仕掛けで、幾度かチャンスシーンを作るが、こちらも決定機に持ち込むまでには至らず。

▽流れを変えたい両ベンチは、試合終盤にかけて交代カードを切っていく。逃げ切りを図るトッテナムは、疲れの見えたソン・フンミン、ウォーカー、エリクセンを下げてウィンクス、トリッピアー、ヤンセンを投入し、逃げ切りを図る。対するサウサンプトンは、より個で打開できるブファル、ジェイ・ロドリゲスをピッチに送り出す。

▽その後、試合終了間際にはトッテナムがヤンセン、サウサンプトンがロングの仕掛けで相手GKを脅かすが、試合は2-1のままタイムアップ。エース不在で苦しみながらもエリクセン、デレ・アリのゴールで勝ち切ったトッテナムが、クラブ記録を更新するホーム10連勝でリーグ3連勝を飾った。一方、敗れたサウサンプトンは連勝がストップした。

コメント

関連ニュース

thumb

トッテナムがICCに臨むメンバーを発表! 負傷のソン・フンミンやローズが招集外《ICC2017》

▽トッテナムは19日、アメリカツアーに臨むメンバーを発表した。 ▽今回のメンバーには、GKウーゴ・ロリスやMFデレ・アリ、FWハリー・ケイン、MFクリスティアン・エリクセン、DFトビー・アルデルヴァイレルトら主力がメンバー入り。また、今夏の去就が注目されるDFエリック・ダイアーも招集された。 ▽その一方で、負傷を抱えるFWソン・フンミンやMFエリク・ラメラ、DFダニー・ローズに加え、ウイルス性の体調不良を訴えるMFムサ・シッソコがメンバー外となった。 ▽トッテナムは、アメリカでインターナショナル・チャンピオンズカップ2017に出場。同地でパリ・サンジェルマンとローマ、マンチェスター・シティと対戦する予定だ。今回招集されたメンバーは以下のとおり。 GK ウーゴ・ロリス ミシェル・フォルム アルフィー・ホワイトマン ブランドン・オースティン DF トビー・アルデルヴァイレルト ヤン・ヴェルトンゲン エリック・ダイアー キーラン・トリッピアー ケビン・ヴィマー ベン・デイビス カイル・ウォーカー=ピータース キャメロン・カーター=ヴィッカーズ ウィリアム・ミラー ジョナサン・ディンゼイ ジェイデン・ブラウン アンソニー・ジョージウー MF ビクター・ワニャマ ムサ・デンベレ デレ・アリ クリスティアン・エリクセン ジョシュア・オノマー ハリー・ウィンクス タシャン・オークリー=ブース FW フィンセント・ヤンセン ハリー・ケイン ジョルジュ=ケヴィン・エンクドゥ 2017.07.20 05:30 Thu
twitterfacebook
thumb

トッテナム、イングランド代表DFトリッピアーと2022年まで契約延長!

▽トッテナムは18日、イングランド代表DFキーラン・トリッピアー(26)と2022年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽マンチェスター・シティのユース出身で、バーンズリーなどでプレーした後に、2012年からバーンリーに加入したトリッピアーは、2012-13シーズンから2シーズン連続でチャンピオンシップのPFA年間ベストイレブンに選出されるなど飛躍的な成長を遂げると、2015年の夏にトッテナムへ完全移籍。 ▽トッテナムでは、イングランド代表DFカイル・ウォーカーのサブとしてプレーが続いたが、昨シーズンの終盤にはウォーカーからポジションの奪取に成功。リーグ戦12試合に出場し5アシストを記録した。 2017.07.18 23:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、E・ダイアー獲得へ88億円の最終オファー?

▽マンチェスター・ユナイテッドが、トッテナムに所属するイングランド代表DFエリック・ダイアー(23)に対する最終オファーを検討していると報じた。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽今夏、守備的MFの補強が見込まれるユナイテッド。その候補としてチェルシーのMFネマニャ・マティッチと共に以前から名前が上がっているのが、守備的MFとしての才能を開花させたE・ダイアーだ。 ▽しかし、トッテナムは、E・ダイアー売却に関して、以前から否定的な姿勢を固めている。そういった背景もあり、ユナイテッド側も引き抜きの希望が希薄になりつつあるようだ。 ▽伝えられるところによれば、ユナイテッドはE・ダイヤー獲得に向け、6000万ポンド(約88億円)を用意。これが最後のオファーになることを考慮しているという。 2017.07.18 12:15 Tue
twitterfacebook
thumb

マルセイユ、トッテナムからカメルーン代表FWエンジエを完全移籍で獲得! 昨季レンタル加入で22試合4ゴール

▽トッテナムは16日、カメルーン代表FWクリントン・エンジエ(23)がマルセイユに完全移籍することを発表した。 ▽2015年にリヨンから完全移籍でトッテナムに加入したエンジエだったが、加入初年度は負傷の影響もあり、公式戦14試合の出場にとどまった。昨夏にはトッテナムがマルセイユからフランス人FWジョルジュ=ケビン・エンクドゥ(22)を完全移籍で獲得した際に、同選手との交換という形でマルセイユへ1年間のレンタルで加入していた。 ▽圧倒的なスピードとドリブルテクニックを特長とする快速FWは、昨季のリーグ・アンで22試合に出場し、4ゴール1アシストを記録。そして、同選手のポテンシャルを高く評価するマルセイユが完全移籍での買い取りを決断した。 2017.07.17 15:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ローマがファシオの買い取りオプションを行使

▽ローマは15日、トッテナムからアルゼンチン代表DFフェデリコ・ファシオ(30)の買い取りオプションを行使し、完全移籍となったことを発表した。買い取る際にかかる移籍金は320万ユーロ(約4億1000万円)に設定されていた。 ▽2016年夏にトッテナムに120万ユーロ(約1億5000万円)のレンタル料を支払うことでローマに加入したファシオは2016-17シーズン、セリエAで37試合に出場して2ゴール、ヨーロッパリーグで8試合に出場して2ゴールとフル稼働。ローマの守備の要として加入前の予想を上回る活躍を見せた。この活躍を受けて、5月には約2年半ぶりにアルゼンチン代表に復帰していた。 2017.07.16 05:09 Sun
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース