エース不在のスパーズがエリクセン&アリ弾で吉田フル出場のセインツ撃破! クラブ記録更新のホーム10連勝!《プレミアリーグ》2017.03.20 01:12 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第29節、トッテナムvsサウサンプトンが19日にホワイト・ハート・レーンで行われ、ホームのトッテナムが2-1で勝利した。なお、サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場した。

▽共にリーグ2連勝中の2位トッテナムと、10位サウサンプトンとの一戦。前節、エバートンとの打ち合いを制したトッテナムは、直近のFAカップ準々決勝でも3部のミルウォールを6-0で一蹴し、ベスト4進出を決定。だが、この試合でエースFWケインが右足首を負傷し、数週間の離脱を強いられることに。ポチェッティーノ監督はそのエースの代役にミルウォール戦でハットトリックを達成したソン・フンミンを起用した。

▽一方、前節ワトフォードとの打ち合いを制したサウサンプトンは、今季ホーム無敗を継続するトッテナムの要塞ホワイト・ハート・レーンでリーグ3連勝を狙う。この試合では吉田やデイビス、新エースFWガッビアディーニなど現状のベストメンバーがピッチに立った。

▽試合は開始早々に決定機が訪れる。開始3分、右サイドに流れたエリクセンの絶妙なスルーパスに抜け出したソン・フンミンがボックス内でGKと一対一になるが、右足のシュートはGKフォースターの見事なワンハンドセーブに阻まれた。

▽立ち上がりの決定機を逸したトッテナムだったが、その後も攻守両面で地力の差を見せつけると、14分に先制点を奪う。バイタルエリアでタメを作ったデンベレから縦パスを受けたエリクセンがボックス手前右から内に切り込みながら左足のシュートをゴール左隅に流し込んだ。勢い付くホームチームは、その後も押し込んでいくと24分にはエリクセンの左CKをアルデルヴァイレルトがドンピシャのヘッドで合わすが、これはGKフォースターが強靭で左手でかき出した。

▽一方、敵地で先制を許す厳しい入りとなったサウサンプトンは、要所で良いボールの奪い方をみせ、ショートカウンターでゴールを狙う。28分にはサイドをえぐった仕掛けからガッビアディーニ、タディッチに続けて決定機もシュートを枠に飛ばせない。すると、30分過ぎにはガッビアディーニが足を痛めてしまい、ロングとの負傷交代を強いられた。

▽新エースFWの負傷交代で流れを失ったサウサンプトンは、33分にボックス内でこぼれ球に反応したデイビスがデレ・アリを蹴ってしまい、痛恨のPK献上。これをデレ・アリに決められて点差を2点に広げられてしまう。

▽一方、セーフティーリードを得たトッテナムは、持ち味の堅守で相手の反撃をきっちり跳ね返していく。さらに、前半終了間際にはエリクセンが絶妙なスルーパスでソン・フンミンの決定機を演出するが、ここはわずかにパスが長く3点目とはならなかった。

▽互いに選手交代なしで迎えた後半立ち上がりもホームチームが押し込む入りとなる。49分にはボックス手前でウォーカーからマイナスの折り返しを受けたエリクセンが右足ダイレクトシュートを狙うが、これを枠に飛ばせない。

▽一方、2点のビハインドを追うサウサンプトンは、前半以上にリスクを冒して攻撃に出ると、早い時間帯に1点を返す。52分、左サイド深くでバートランドが入れた低いクロスを、ニアでDFアルデルヴァイレルトがクリアし損ねてファーに流れる。これをワントラップしたワード=プラウズが冷静に流し込んだ。

▽点差が1点に縮まったことで、試合はここから一気に拮抗した展開となる。高いボール支配率で主導権を握るトッテナムは、アタッキングサードまで容易にボールを運ぶものの、吉田を中心に中央を締めるサウサンプトンの守備を崩し切れない。対するサウサンプトンもロングに背後を狙わせる形での仕掛けで、幾度かチャンスシーンを作るが、こちらも決定機に持ち込むまでには至らず。

▽流れを変えたい両ベンチは、試合終盤にかけて交代カードを切っていく。逃げ切りを図るトッテナムは、疲れの見えたソン・フンミン、ウォーカー、エリクセンを下げてウィンクス、トリッピアー、ヤンセンを投入し、逃げ切りを図る。対するサウサンプトンは、より個で打開できるブファル、ジェイ・ロドリゲスをピッチに送り出す。

▽その後、試合終了間際にはトッテナムがヤンセン、サウサンプトンがロングの仕掛けで相手GKを脅かすが、試合は2-1のままタイムアップ。エース不在で苦しみながらもエリクセン、デレ・アリのゴールで勝ち切ったトッテナムが、クラブ記録を更新するホーム10連勝でリーグ3連勝を飾った。一方、敗れたサウサンプトンは連勝がストップした。

コメント

関連ニュース

thumb

インテル、ムサ・デンベレ獲得へポルトガル代表MFを差し出す?

▽インテルがトッテナムのベルギー代表MFムサ・デンベレ(30)の獲得に向けてポルトガル代表MFジョアン・マリオ(25)を差し出すことを考慮しているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。 ▽対人プレーと推進力が魅力のムサ・デンベレは、2012年夏からトッテナムでプレー。2014年からトッテナムの指揮を執るポチェッティーノ監督から重宝されており、今シーズンもここまで公式戦39試合の出場をマークしていた。 ▽来シーズンで契約満了となるデンベレに対して、トッテナムは以前から契約延長交渉を行っていたが、この交渉が難航。そのため移籍金が見込める今夏での売却を検討していた。 ▽これを受けてインテルは、1000万ユーロ(約13億円)のオファーをトッテナム側に提示したが、トッテナムはムサ・デンベレの移籍金を少なくとも3000万ユーロ(約38億6000万円)と見込んでおり、これを拒否。 ▽しかし、ムサ・デンベレの獲得を諦めていないインテルは、ジョアン・マリオを交渉の一部に加えることで移籍金の引き下げを目論んでいると同メディアは主張している。 ▽2016年の夏にスポルティングからインテルに加入したジョアン・マリオ。加入初年度こそ公式戦33試合に出場したものの、今シーズンはなかなかパフォーマンスが上がらず、今冬にウェストハムへレンタル移籍。 ▽ウェストハムでは、プレミアリーグ13試合に出場して2ゴールを記録。一定の結果を残したジョアン・マリオは、来季もイングランドでプレーを続けることを熱望しており、今夏でのインテルの退団を希望していた。 2018.06.18 01:20 Mon
twitterfacebook
thumb

インテル、CL出場権獲得弾のヴェシーノの移籍を容認? 来季は構想外か

▽インテルのウルグアイ代表MFマティアス・ヴェシーノ(26)に対して複数のプレミアクラブが獲得に動いているようだ。イタリア『トゥットスポルト』やイギリス『サン』が報じている。 ▽昨夏にフィオレンティーナからインテルに移籍したヴェシーノは、今シーズンのセリエAで29試合に出場し、3ゴールを記録。来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権のかかる最終節のラツィオ戦では、81分に値千金の勝ち越しゴールを決めるなど、一定の結果を残した。 ▽しかし、今回の報道によれば、インテルを率いるルチアーノ・スパレッティ監督は、ヴェシーノを来季の構想に含んでおらず、インテルも移籍を容認する構えのようだ。 ▽『トゥットスポルト』や『サン』によると、現在ヴェシーノにはトッテナムやエバートンなどプレミアリーグのクラブが獲得に興味を示している模様。さらにナポリを退任したマウリツィオ・サッリ氏がチェルシーの指揮官に就任すれば、この獲得レースに参戦すると同紙は予想している。 ▽なお、インテルはヴェシーノの移籍金として昨夏にフィオレンティーナから獲得した際の2400万ユーロ(当時レート:約31億2700万円)を上回る3000万ユーロ(約38億5700万円) に設定しているようだ。 2018.06.17 04:30 Sun
twitterfacebook
thumb

スパーズ、グリーリッシュ獲得に関心か

▽トッテナムがアストン・ビラに所属するイングランド人MFジャック・グリーリッシュ(22)の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽アストン・ビラのアカデミー出身である攻撃的MFのグリーリッシュは、16歳でトップチーム昇格を果たした将来を嘱望されるタレント。ピッチ外での問題行為が目立つ一方、ピッチ内では卓越したテクニックと創造性を発揮するイングランドでは珍しいファンタジスタタイプのチャンスメーカーだ。今季は腎臓の問題でシーズン序盤戦を棒に振るも、チャンピオンシップ(イングランド2部)で27試合に出場し3ゴール5アシストを記録した。 ▽なお、クラブ売却が伝えられるビラの窮状を察知したトッテナムは、ビラが3000万ポンド(約44億3000万円)を望んでいるグリーリッシュに対して、1500万ポンド(約22億1500万円)のオファーを掲示したようだ。 ▽ただ、グリーリッシュに関してはチェルシーも関心を示しており、より好条件のオファーと共に来シーズンはレンタルという形でビラに残留させるという魅力的な提案で逸材確保を目指しているようだ。 2018.06.14 19:50 Thu
twitterfacebook
thumb

年代別日本代表にも招集された元トッテナムMFサイ・ゴダードがセリエB降格ベネヴェント加入へ

▽年代別日本代表への招集歴もあるMFサイ・ゴダード(21)がセリエBに降格したベネヴェントに加入することが濃厚なようだ。イタリア『gianlucadimarzio.com』が伝えている。 ▽イギリス人の父と日本人の母親を持つサイ・ゴダードは、過去にU-16日本代表招集歴があり、2020年に開催される東京五輪で日本代表入りも期待される逸材だ。下部組織から在籍したトッテナムではU-18チームで背番号10を背負うなど将来を嘱望されていたもののトップチームへの昇格は叶わず、現在はフリーの状態だ。 ▽『gianlucadimarzio.com』が伝えるところによれば、そのサイ・ゴダードは今季のセリエAを最下位で終え、来シーズンに再びセリエBの舞台で戦うベネヴェント入りが迫っているという。 ▽なお、ベネヴェントでは今季途中に加入した元フランス代表DFバカリ・サーニャが来季も残留する可能性が浮上しており、かつてアーセナルに在籍したサーニャと元トッテナムのサイ・ゴダードによるノースロンドンコンビで1年でのセリエA復帰を目指すことになるかもしれない。 2018.06.10 06:27 Sun
twitterfacebook
thumb

スパーズに忠誠誓う! ケインが2024年までの新契約にサイン!

▽トッテナムは8日、イングランド代表FWハリー・ケイン(24)が2024年6月30日までの新契約にサインしたことを発表した。 ▽2004年にアカデミーに加入したケインはレイトン・オリエント、ミルウォール、ノリッジ、レスター・シティへの武者修行を経て2013-14シーズンからトッテナムのトップチームに定着。2014-15シーズンにリーグ戦21ゴールを挙げる活躍で完全にブレイクを果たすと、2015-16シーズンと2016-17シーズンには2年連続でプレミアリーグ得点王を獲得。 ▽今季はリバプールFWモハメド・サラーに2ゴール及ばず、3年連続得点王を逃がすもキャリアハイとなるリーグ戦30ゴールを記録していた。また、2017年にはトッテナムとイングランド代表で合計56ゴールを記録し、レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウド、バルセロナFWリオネル・メッシを抑えて欧州年間得点王を獲得すると共に、2017年のプレミアリーグで39ゴールを挙げ、イングランド代表のレジェンド、アラン・シアラー氏を抜きプレミアリーグ年間得点記録まで樹立した。 ▽2015年にデビューを飾ったイングランド代表ではここまで24試合に出場し13ゴールを記録。ロシア・ワールドカップではイングランド代表の新キャプテンに任命されている。 ▽なお、今回の新契約発表前に行われたイギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューでケインは「僕の来シーズンの大きな目標はトロフィーを獲得することだ。ここ4年、トップレベルでプレーできているけど、まだトロフィーを勝ち得ていないからね」と、トッテナムでのタイトル獲得に向けた意気込みを語っていた。 ▽なお、2016年12月に週給10万ポンド(約1460万円)といわれる2022年までの新契約にサインしていたケインだが、その現行契約からさらに2年間延長した今回の契約によって10万ポンドから倍以上のサラリーを受け取ることになるようだ。 2018.06.08 23:28 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース