エース不在のスパーズがエリクセン&アリ弾で吉田フル出場のセインツ撃破! クラブ記録更新のホーム10連勝!《プレミアリーグ》2017.03.20 01:12 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第29節、トッテナムvsサウサンプトンが19日にホワイト・ハート・レーンで行われ、ホームのトッテナムが2-1で勝利した。なお、サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場した。

▽共にリーグ2連勝中の2位トッテナムと、10位サウサンプトンとの一戦。前節、エバートンとの打ち合いを制したトッテナムは、直近のFAカップ準々決勝でも3部のミルウォールを6-0で一蹴し、ベスト4進出を決定。だが、この試合でエースFWケインが右足首を負傷し、数週間の離脱を強いられることに。ポチェッティーノ監督はそのエースの代役にミルウォール戦でハットトリックを達成したソン・フンミンを起用した。

▽一方、前節ワトフォードとの打ち合いを制したサウサンプトンは、今季ホーム無敗を継続するトッテナムの要塞ホワイト・ハート・レーンでリーグ3連勝を狙う。この試合では吉田やデイビス、新エースFWガッビアディーニなど現状のベストメンバーがピッチに立った。

▽試合は開始早々に決定機が訪れる。開始3分、右サイドに流れたエリクセンの絶妙なスルーパスに抜け出したソン・フンミンがボックス内でGKと一対一になるが、右足のシュートはGKフォースターの見事なワンハンドセーブに阻まれた。

▽立ち上がりの決定機を逸したトッテナムだったが、その後も攻守両面で地力の差を見せつけると、14分に先制点を奪う。バイタルエリアでタメを作ったデンベレから縦パスを受けたエリクセンがボックス手前右から内に切り込みながら左足のシュートをゴール左隅に流し込んだ。勢い付くホームチームは、その後も押し込んでいくと24分にはエリクセンの左CKをアルデルヴァイレルトがドンピシャのヘッドで合わすが、これはGKフォースターが強靭で左手でかき出した。

▽一方、敵地で先制を許す厳しい入りとなったサウサンプトンは、要所で良いボールの奪い方をみせ、ショートカウンターでゴールを狙う。28分にはサイドをえぐった仕掛けからガッビアディーニ、タディッチに続けて決定機もシュートを枠に飛ばせない。すると、30分過ぎにはガッビアディーニが足を痛めてしまい、ロングとの負傷交代を強いられた。

▽新エースFWの負傷交代で流れを失ったサウサンプトンは、33分にボックス内でこぼれ球に反応したデイビスがデレ・アリを蹴ってしまい、痛恨のPK献上。これをデレ・アリに決められて点差を2点に広げられてしまう。

▽一方、セーフティーリードを得たトッテナムは、持ち味の堅守で相手の反撃をきっちり跳ね返していく。さらに、前半終了間際にはエリクセンが絶妙なスルーパスでソン・フンミンの決定機を演出するが、ここはわずかにパスが長く3点目とはならなかった。

▽互いに選手交代なしで迎えた後半立ち上がりもホームチームが押し込む入りとなる。49分にはボックス手前でウォーカーからマイナスの折り返しを受けたエリクセンが右足ダイレクトシュートを狙うが、これを枠に飛ばせない。

▽一方、2点のビハインドを追うサウサンプトンは、前半以上にリスクを冒して攻撃に出ると、早い時間帯に1点を返す。52分、左サイド深くでバートランドが入れた低いクロスを、ニアでDFアルデルヴァイレルトがクリアし損ねてファーに流れる。これをワントラップしたワード=プラウズが冷静に流し込んだ。

▽点差が1点に縮まったことで、試合はここから一気に拮抗した展開となる。高いボール支配率で主導権を握るトッテナムは、アタッキングサードまで容易にボールを運ぶものの、吉田を中心に中央を締めるサウサンプトンの守備を崩し切れない。対するサウサンプトンもロングに背後を狙わせる形での仕掛けで、幾度かチャンスシーンを作るが、こちらも決定機に持ち込むまでには至らず。

▽流れを変えたい両ベンチは、試合終盤にかけて交代カードを切っていく。逃げ切りを図るトッテナムは、疲れの見えたソン・フンミン、ウォーカー、エリクセンを下げてウィンクス、トリッピアー、ヤンセンを投入し、逃げ切りを図る。対するサウサンプトンは、より個で打開できるブファル、ジェイ・ロドリゲスをピッチに送り出す。

▽その後、試合終了間際にはトッテナムがヤンセン、サウサンプトンがロングの仕掛けで相手GKを脅かすが、試合は2-1のままタイムアップ。エース不在で苦しみながらもエリクセン、デレ・アリのゴールで勝ち切ったトッテナムが、クラブ記録を更新するホーム10連勝でリーグ3連勝を飾った。一方、敗れたサウサンプトンは連勝がストップした。

コメント

関連ニュース

thumb

オーリエ退場で終盤に大苦戦も“ダービーキング”ケインの2発などでスパーズがハマーズとのダービー制す!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第6節、ウェストハムvsトッテナムのロンドン・ダービーが23日にロンドン・オリンピックスタジアムで行われ、アウェイのトッテナムが3-2で勝利した。 ▽前節、鬼門ウェンブリーでスウォンジーとゴールレスドローに終わったトッテナムだが、ミッドウィークに行われたEFLカップではチャンピオンシップ(イングランド2部)のバーンズリー相手にそのウェンブリーで辛勝し、一先ず悪い流れを断ち切った。昨季のアウェイゲームで苦杯を舐めたハマーズとのダービーに向けては、前節のスウォンジー戦から先発2人を変更。トリッピアーとソン・フンミンの両ウイングバックをオーリエ、ベン・デイビスに変更した。 ▽トッテナムはここ最近、採用しているケインとデレ・アリを2トップに配し、アンカーのエリック・ダイアーの前にムサ・シッソコとエリクセンが並ぶ[3-3-2-2]の布陣で臨み、序盤からボールを支配していく。 ▽しかし、自陣で堅牢な守備ブロックを築くウェストハムの守備を崩し切れないトッテナムは、17分にアルナウトビッチの突破をDFオーリエが見事なカバーリングで防ぐなど、相手のカウンターに手を焼くも失点は許さない。 ▽その後、28分に内転筋を痛めたアントニオがプレー続行不可能となり、ウェストハムがキャロルの投入を余儀なくされると、30分過ぎにトッテナムのダービーキングがようやく本領を発揮する。 ▽まずは34分、オフサイドポジションのケインをおとりに右サイドで絶妙な飛び出しを見せたデレ・アリにエリクセンからスルーパスが出る。これに抜け出したデレ・アリの正確なクロスをゴール前にフリーで走り込んだケインが頭で合わせた。さらに38分には相手GKのクリアを奪ったヴェルトンゲンが左サイドを持ち上がってデレ・アリにスルーパス。デレ・アリの一対一はGKハートに阻まれるが、こぼれ球をケインが無人のゴールへ流し込んだ。 ▽ケインの2ゴールでセーフティーリードを奪って後半を迎えたトッテナムは、立ち上がりからきっちり主導権を握る。すると60分、セットプレーの流れからペナルティアーク付近でルーズボールに反応したエリクセンが抑えの利いた右足のシュートをゴール右隅に突き刺した。 ▽この3点目で試合の大勢は決したと思われたが、ホームのウェストハムがここから意地を見せる。65分、右CKの場面でフォンテがニアでフリックしたボールがファーに流れると、これをフリーのエルナンデスが頭で流し込んだ。 ▽この1点で完全に息を吹き返したウェストハムに対して、トッテナムは64分に1枚カードをもらっていたオーリエがキャロルへのアフターチャージで2枚目のカードをもらい、70分に退場処分となる。 ▽すると、ここから防戦一方の展開を強いられたトッテナムはウィンクス、トリッピアー、ジョレンテと交代カードを切って逃げ切りを図る。だが、キャロルやクヤテといった屈強なプレーヤーへのロングボールで圧力をかけるウェストハムに押し込まれると、87分にはマスアクの左クロスをクヤテに豪快なヘディングで決められ、点差を1点に縮められる。 ▽それでも、粘り強い守備で試合終盤のリードらの決定機を何とか凌ぎ切ったトッテナムが、ダービーキングのケインの2ゴールの活躍で勝ち切り、2試合ぶりの白星を手にした。 2017.09.23 22:31 Sat
twitterfacebook
thumb

デレ・アリ弾でバーンズリーを下したスパーズが4回戦進出《EFLカップ》

▽トッテナムは19日、EFLカップ3回戦でバーンズリーとウェンブリーで対戦し、1-0で勝利した。 ▽チャンピオンシップ(イングランド2部)のバーンズリー戦に向けて、3日前に行われ、0-0で引き分けたスウォンジー戦のスタメンからトッテナムは6選手を変更。ケインやエリクセン、アルデルヴァイレルトらをベンチスタートとし、ジョレンテやウィンクスらバックアッパーを起用した。 ▽時間の経過とともに攻勢を強めたトッテナムは、CKからフォイスとジョレンテが決定的なヘディングシュートを浴びせていく。いずれも枠を外れて先制とはならなかったが、デレ・アリのミドルシュートでゴールに近づいていくと、迎えた後半の65分に均衡を破った。 ▽CKの流れからボックス右に侵入したトリッピアーのグラウンダークロスをデレ・アリが押し込んだ。その後もソン・フンミンがGKを強襲するシュートを浴びせるなど、主導権を渡さなかったトッテナムが1-0で勝利。順当に4回戦へ進出している。 2017.09.20 07:13 Wed
twitterfacebook
thumb

ソン・フンミンが偉大な先輩に並ぶ可能性…ネビル氏「彼らは似ている」

元マンチェスター・ユナイテッドのフィリップ・ネビル氏は、韓国代表のウィンガーであるソン・フンミンのプレミアリーグでの鮮烈な活躍に驚きはないようだ。<br><br>ソン・フンミンは2015年にレバークーゼンからトッテナムへ2200万ポンド(約33億2000万円)で加入して以来、プレミアリーグでセンセーショナルな活躍を続けている。ネビル氏は同選手について初めて見たときからポテンシャルの大きさを感じていたと『Goal』に語ってくれた。<br><br>「私がユナイテッドでコーチをしているときに、レバークーゼンでプレーしている彼を初めて見た。とても印象的だったね。そしてバレンシアでコーチをやったときに、ソン・フンミンを獲得するように提言したんだ。素晴らしい若手だと思ったからね」<br><br>さらに、ネビル氏はユナイテッドでレジェンド的存在となった韓国人選手とも重ね合わせているようだ。<br><br>「パク・チソンとはユナイテッドで一緒にプレーしたが、彼らは似ているね。姿勢が素晴らしいんだ。彼らはエネルギーをチームに注入してくれる。パクは自己犠牲の姿勢でビッグマッチで活躍し、ユナイテッドでレジェンドになった。チャンピオンズリーグで(アンドレア)ピルロを止めたのは全員が覚えているだろう。彼を相手にするのは悪夢だ」<br><br>「ソンはパクがユナイテッドでやったことと同じ方向を向いているように思える。おそらくソンのほうがゴールを奪えて、パクはよりチームプレイヤーだ。でも彼らは似ているね」<br><br>ソン・フンミンがプレミアリーグの歴史に名を残す選手になると語ったネビル氏。今後の活躍に期待したいところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.09.19 19:05 Tue
twitterfacebook
thumb

スワンズ戦ドローを悔やむポチェッティーノ…PK見逃し判定には不満

▽トッテナムは16日、ウェンブリー・スタジアムで行われたプレミアリーグ5節でスウォンジーと対戦し、ゴールレスドローに終わった。同クラブを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、チームパフォーマンスに満足感を示しつつも、試合を決め切れなかったことを悔やんでいる。 ▽ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグのドルトムント戦でウェンブリーでの今季初勝利を収めたトッテナムは、相性の良いスウォンジー相手にリーグ戦でのホーム初勝利を目指した。試合を通して75パーセントのボールポゼッション、26本のシュートとアウェイチームを圧倒したトッテナムだが、FWハリー・ケインのシュートがクロスバーに阻まれるなど、好守連発の相手GKウカシュ・ファビアンスキの牙城を最後まで崩せなかった。 ▽試合後、クラブ公式サイトのインタビューを受けたポチェッティーノ監督は、パフォーマンスに満足感を示しながらも、「2ポイントを逃したことが残念」と結果への失望を認めた。 「我々は多くのシュート、11本のCK、75パーセントのボールポゼッションなど、全てを支配した。うまくプレーしてチャンスを作り、試合を支配したが、これもフットボールだ」 「勝利を手にするにはより効率的にゴールを奪う必要があった。パフォーマンスは素晴らしかったが、2ポイントを失ったことを残念に思っている」 ▽その一方で、ポチェッティーノ監督は相手DFマルティン・オルセンの2度に渡るボックス内でのハンド、試合終盤にボックス内でDFセルジュ・オーリエが相手DFに倒されるも、胸トラップがハンドと判断されるなど、マイク・ディーン主審の微妙なレフェリングに不満を示している。 「(オーリエのプレーに関して)あれはハッキリしたものだった。マイク・ディーンがなぜオーリエのハンドを取ったのか理解できない。状況がハッキリしていないならば、あそこでハンドを取るべきではなかった」 「我々はそれ以外にも明確なPKが見逃されるなど、不運だった。我々にとってはあまり良いレフェリングとはならなかった」 ▽また、アルゼンチン人指揮官はこの試合で起用を見送ったDFベン・デイビスに関して、「彼はドルトムント戦で足首に強い打撲を負った。ただ、我々には今後多くの試合があり、それをこなすうえでローテーションの必要があるし、1人の出場の可否で勝敗が決まるわけではない」と、同選手が軽傷を抱えていることを明かした。 2017.09.17 19:18 Sun
twitterfacebook
thumb

仮住まいウェンブリーで勝てないスパーズ、スウォンジーとドローでホームでのリーグ戦3戦未勝利《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第5節のトッテナムvsスウォンジーが16日にウェンブリー・スタジアムで行われ、0-0で終了した。 ▽前節のエバートン戦を3-0と快勝したスパーズは、水曜日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)でもドルトムントを相手に3-1で勝利した。勢いに乗り始めたチームを率いるポチェッティーノ監督は、そのドルトムント戦からオーリエとデンベレに代えてトリッピアーとムサ・シッソコを起用する2点を変更。アンカーにエリック・ダイアーを据えて、ソン・フンミンを左サイドバックとする [3-5-1-1]を採用した。 ▽序盤からスパーズが積極的に仕掛けていく。9分にはゴール正面のペナルティアーク手前から得たFKでキッカーのケインが直接狙う。しかし、ゴール右隅を捉えた見事なコントロールシュートは、GKファビアンスキのファインセーブに阻まれる。 ▽攻めるトッテナムは直後にもボックス左に抜けたソン・フンミンがGKファビアンスキの好セーブを強いる枠内シュートを放つ。トッテナムはエリクセンのパス出しを起点に、ソン・フンミンを高い位置に張り出させて攻撃的に振る舞わせる。 ▽しかし、時間の経過とともにスパーズは攻めあぐねていく。重心を下げるスウォンジーのブロックをなかなか崩すことができず、前半はゴールレスのまま終了した。 ▽迎えた後半、ポチェッティーノ監督はトリッピアーを左に回し、インサイドMFを務めていたムサ・シッソコを右ウイングバックに配置。E・ダイアーとエリクセンの2センターでソン・フンミンとデレ・アリの2シャドーとする攻撃的な布陣に変更する。 ▽その後半の序盤も攻めあぐねたが、58分には決定機を演出する。ボックス右に流れたソン・フンミンが縦パスを受けてシュート。これはGKに弾かれるも、ボックス右でルーズボールを拾ったムサ・シッソコの折り返しをゴール至近距離のケインが合わせる。しかし、今度はバーに直撃し、先制とはならない。 ▽ゴールが欲しい展開の中、ポチェッティーノ監督は64分にムサ・シッソコに代えてプレミアリーグデビューとなるオーリエを同ポジションに投入。直後にはエリクセンの左CKにニアサイドで合わせたケインのヘディングシュートが枠に飛ぶが、ここもGKファビアンスキの好守に遭う。 ▽74分にはソン・フンミンに代えて新戦力のジョレンテを送り込んだスパーズ。しかし、81分にケインが放ったミドルシュートはわずかにゴール左。アディショナルタイムにCKのこぼれ球を叩いたトリッピアーの強烈なミドルシュートも枠を捉えきれない。 ▽結局、試合はそのままゴールレスドローで終了。スパーズはこれで、仮住まいウェンブリーでリーグ戦2分け1敗と未勝利が続いている。 2017.09.17 03:23 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース