超ワールドサッカー

エース不在のスパーズがエリクセン&アリ弾で吉田フル出場のセインツ撃破! クラブ記録更新のホーム10連勝!《プレミアリーグ》2017.03.20 01:12 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第29節、トッテナムvsサウサンプトンが19日にホワイト・ハート・レーンで行われ、ホームのトッテナムが2-1で勝利した。なお、サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場した。

▽共にリーグ2連勝中の2位トッテナムと、10位サウサンプトンとの一戦。前節、エバートンとの打ち合いを制したトッテナムは、直近のFAカップ準々決勝でも3部のミルウォールを6-0で一蹴し、ベスト4進出を決定。だが、この試合でエースFWケインが右足首を負傷し、数週間の離脱を強いられることに。ポチェッティーノ監督はそのエースの代役にミルウォール戦でハットトリックを達成したソン・フンミンを起用した。

▽一方、前節ワトフォードとの打ち合いを制したサウサンプトンは、今季ホーム無敗を継続するトッテナムの要塞ホワイト・ハート・レーンでリーグ3連勝を狙う。この試合では吉田やデイビス、新エースFWガッビアディーニなど現状のベストメンバーがピッチに立った。

▽試合は開始早々に決定機が訪れる。開始3分、右サイドに流れたエリクセンの絶妙なスルーパスに抜け出したソン・フンミンがボックス内でGKと一対一になるが、右足のシュートはGKフォースターの見事なワンハンドセーブに阻まれた。

▽立ち上がりの決定機を逸したトッテナムだったが、その後も攻守両面で地力の差を見せつけると、14分に先制点を奪う。バイタルエリアでタメを作ったデンベレから縦パスを受けたエリクセンがボックス手前右から内に切り込みながら左足のシュートをゴール左隅に流し込んだ。勢い付くホームチームは、その後も押し込んでいくと24分にはエリクセンの左CKをアルデルヴァイレルトがドンピシャのヘッドで合わすが、これはGKフォースターが強靭で左手でかき出した。

▽一方、敵地で先制を許す厳しい入りとなったサウサンプトンは、要所で良いボールの奪い方をみせ、ショートカウンターでゴールを狙う。28分にはサイドをえぐった仕掛けからガッビアディーニ、タディッチに続けて決定機もシュートを枠に飛ばせない。すると、30分過ぎにはガッビアディーニが足を痛めてしまい、ロングとの負傷交代を強いられた。

▽新エースFWの負傷交代で流れを失ったサウサンプトンは、33分にボックス内でこぼれ球に反応したデイビスがデレ・アリを蹴ってしまい、痛恨のPK献上。これをデレ・アリに決められて点差を2点に広げられてしまう。

▽一方、セーフティーリードを得たトッテナムは、持ち味の堅守で相手の反撃をきっちり跳ね返していく。さらに、前半終了間際にはエリクセンが絶妙なスルーパスでソン・フンミンの決定機を演出するが、ここはわずかにパスが長く3点目とはならなかった。

▽互いに選手交代なしで迎えた後半立ち上がりもホームチームが押し込む入りとなる。49分にはボックス手前でウォーカーからマイナスの折り返しを受けたエリクセンが右足ダイレクトシュートを狙うが、これを枠に飛ばせない。

▽一方、2点のビハインドを追うサウサンプトンは、前半以上にリスクを冒して攻撃に出ると、早い時間帯に1点を返す。52分、左サイド深くでバートランドが入れた低いクロスを、ニアでDFアルデルヴァイレルトがクリアし損ねてファーに流れる。これをワントラップしたワード=プラウズが冷静に流し込んだ。

▽点差が1点に縮まったことで、試合はここから一気に拮抗した展開となる。高いボール支配率で主導権を握るトッテナムは、アタッキングサードまで容易にボールを運ぶものの、吉田を中心に中央を締めるサウサンプトンの守備を崩し切れない。対するサウサンプトンもロングに背後を狙わせる形での仕掛けで、幾度かチャンスシーンを作るが、こちらも決定機に持ち込むまでには至らず。

▽流れを変えたい両ベンチは、試合終盤にかけて交代カードを切っていく。逃げ切りを図るトッテナムは、疲れの見えたソン・フンミン、ウォーカー、エリクセンを下げてウィンクス、トリッピアー、ヤンセンを投入し、逃げ切りを図る。対するサウサンプトンは、より個で打開できるブファル、ジェイ・ロドリゲスをピッチに送り出す。

▽その後、試合終了間際にはトッテナムがヤンセン、サウサンプトンがロングの仕掛けで相手GKを脅かすが、試合は2-1のままタイムアップ。エース不在で苦しみながらもエリクセン、デレ・アリのゴールで勝ち切ったトッテナムが、クラブ記録を更新するホーム10連勝でリーグ3連勝を飾った。一方、敗れたサウサンプトンは連勝がストップした。

コメント

関連ニュース

thumb

2季連続得点王のケイン、ファン選出の年間最優秀選手に

トッテナムのFWハリー・ケインが、イングランド・プロサッカー選手協会(PFA)のファンが選ぶシーズン最優秀選手賞を受賞した。<br><br>今シーズンのゴールデンブーツを獲得したケインは、16378票を獲得し、同賞を初受賞。そして、PFAとイングランド・サッカー記者協会(FWA)の年間最優秀選手に輝いたチェルシーのヌゴロ・カンテが13515票で2位と続いた。以下、3位エデン・アザール、4位アレクシス・サンチェス、5位デレ・アリ、6位ロメル・ルカクとなっている。<br><br>上位6選手は、ポール・マーソン氏、ピーター・ビーグリー氏、マイク・ ライリー氏、マルコム・クラーク氏により選ばれ、49000以上もの票を集めていた。<br><br>ケインは今シーズン、29ゴール7アシストをマークし、トッテナムの躍進に貢献。クラブもプレミアリーグでの最高順位となる2位フィニッシュを決めていた。さらに、23歳のイングランド代表ストライカーは2シーズン連続でリーグ得点王も獲得し、PFA年間ベストイレブンにも選出されている。<br><br>また、各カテゴリーのファンが選ぶ年間最優秀選手には、リーグ2(4部)ポーツマスのエンダ・スティーブンス、リーグ1(3部)ボルトンのデヴィッド・ウィーター、チャンピオンシップ(2部)ニューカッスルのドワイト・ゲイルがそれぞれ選出された。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.28 19:02 Sun
twitterfacebook
thumb

マン・C、144億円でサンチェス&ウォーカー獲得か

▽マンチェスター・シティが、1億ポンド(約143億6000万円)の投資でアーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェス(28)とトッテナムのイングランド代表DFカイル・ウォーカー(26)の獲得を狙っているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽アーセナルとの契約が残り1年となっているサンチェスに関しては、今夏の移籍が取りざたされている。先日にはバイエルン移籍に近づいているとの報道が出たが、『ミラー』によれば、シティはサンチェス獲得レースでポールポジションに立っていると確信しているようだ。一方のアーセナルもサンチェスの慰留に力を入れる構えで、週給25万ポンド(約3600万円)の新契約をオファーしているとみられる。 ▽一方、ウォーカーに関しては、よりシティ移籍に近いようだ。ウォーカーはシーズン終盤、DFキーラン・トリッピアーとのポジション争いで劣勢となり、今夏に新天地を求めるとみられている。 ▽伝えられるところによれば、トッテナムはウォーカーを求めるクラブに対して、5000万ポンド(約71億8000万円)の移籍金を要求する。サイドバックとしては非常に高価な取引になるが、DFバカリ・サーニャとDFパブロ・サバレタが退団するシティにとっては、喉から手が出るほど手にしたい人材と言えるだろう。 2017.05.26 14:35 Fri
twitterfacebook
thumb

デレ・アリが残留示唆か? クラブの補強に「多額のお金を費やす必要なんてない」

▽今夏にトッテナム退団が噂されるイングランド代表MFデレ・アリ(21)が、残留を示唆するようなコメントを残している。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽今シーズンのトッテナムは、チェルシーに7ポイント差を付けられて優勝を奪われたものの、3位のマンチェスター・シティに8ポイント差となる勝ち点86を獲得してプレミアリーグで2位となった。 ▽来シーズンはプレミアリーグ制覇に加え、チャンピオンズリーグ(CL)での活躍も期待される。しかし、チームの躍進を支えたデレ・アリやリーグ得点王に輝いたイングランド代表FWハリー・ケイン、ベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルトら主力選手に移籍の噂が囁かれている。 ▽指揮官のマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、新たな選手の補強において、ビッグクラブと争うだけの資金力はないとコメント。しかし、「残したいと思った選手を残す」と移籍が噂される選手たちの引き留めを強調した。 ▽そんな中、レアル・マドリーから関心を寄せられているデレ・アリは、指揮官の考えに同調。大枚をはたいて選手を補強する必要はなく、現メンバーを残留させてチームとして成長していくことが重要だと語るなど、残留を示唆するコメントを残した。 「僕たちはここにいるメンバーを確保するべきであって、(選手の獲得のために)多額のお金を費やす必要なんてないよ」 「トッテナムには素晴らしい団結力を持った選手たちがいるからね。みんな覚悟を持って、一生懸命プレーする。そして、チームには高いクオリティがある」 「団結することが重要なんだ。それに成長し続けないとね。僕らは来シーズンに向けて新たに準備しなくてはいけないし、今までよりも強くならなくてはいけない」 2017.05.24 17:42 Wed
twitterfacebook
thumb

ケインが圧巻ハットで2年連続得点王獲得! スパーズが7発圧勝で有終の美《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ最終節、ハル・シティvsトッテナムが21日にKCスタジアムで行われ、アウェイのトッテナムが7-1で勝利した。 ▽前節、エースFWケインの圧巻の4発などで、昨季王者レスター・シティに完勝した2位トッテナム(勝ち点83)は、勝利で今シーズンを終えることを目標に既に降格が決定した18位ハル・シティ(勝ち点34)とのアウェイゲームに臨んだ。ポチェッティーノ監督はこの最終節に向けて、2位以下と2点差で得点ランキングトップに立つケイン、デレ・アリ、ソン・フンミンの公式戦20発トリオに加え、前節温存したエリクセンを起用した。 ▽前節に続き大きなモチベーションはないものの、立ち上がりから地力の差を見せ付けるトッテナムが、相手を自陣に押し込んでいく。すると11分、ボックス手前でエリクセンから横パスを受けたケインが左足を振り抜くと、この強烈なシュートがゴール右隅に突き刺さり、エースが早速ゴールをこじ開ける。直後の13分にはエリック・ダイアーの浮き球パスに反応したトリッピアーがボックス右でダイレクトの折り返しを入れると、これをゴール前に走り込んだケインがワンタッチで流し込み、瞬く間に2点目を奪取。今季のゴール数を28ゴールに伸ばした。 ▽獲るべき人の2ゴールで早々に試合を決めたトッテナムは、その後も勢いづいて相手を押し込む。ケイン以外にもゴールに貪欲なソン・フンミンやデレ・アリが再三の決定機を創出。すると、前半終了間際にはショートカウンターからボックス左に抜け出したソン・フンミンの折り返しから、中央のデレ・アリが右足のシュートを流し込み、前半だけで試合を決めた。 ▽迎えた後半、トッテナムがペースを落としたことで、ホーム最終戦で意地を見せたいハルが攻め込む場面が増えてくる。すると66分、左サイドでの崩しからゴール前に飛び込んだニアッセがシュート。これはGKとDFにブロックされるが、こぼれ球に反応したクルーカスのシュートが右隅に決まり、一矢報いるゴールを決めた。 ▽一方、クリーンシートを逃したトッテナムだが、ここから攻勢を強めると、69分に相手陣内右サイドで得たFKの場面でエリクセンのファーを狙ったクロスをワニャマが頭で流し込み、4点目を奪取。さらに72分にはカウンターからデレ・アリの絶妙なラストパスに抜け出したケインがGKとの一対一を難なく制し、4点を奪った前節に続きハットトリックを達成した。 ▽今季29点目を奪い、2年連続得点王をほぼ手中に収めたケインは、ダイアー、デレ・アリと共にピッチを退く。だが、主役退場後も攻撃の手を緩めないトッテナムは、84分にベン・デイビス、87分にはアルデルヴァイレルトがいずれも今季リーグ初ゴールを奪い、敵地で7-1の圧勝。前節のレスター戦に続き、敵地で大暴れのトッテナムが、クラブ新記録の86ポイントを獲得し、実り多き内容で今季を2位で終えた。なお、得点ランキング2位のエバートンFWルカクに4点差を付けたケインは、キャリアハイの今季29ゴールで2年連続の得点王を獲得した。 2017.05.22 02:11 Mon
twitterfacebook
thumb

D・ザグレブ元会長、最大の失敗はハリロビッチとイェドバイの移籍

元ディナモ・ザグレブ会長のズドラフコ・マミッチ氏は、トッテナムが2013年にガレス・ベイルの後釜としてアレン・ハリロビッチとティム・イェドバイの獲得を狙っていたと『アリーナ』に語っている。<br><br>ベイルを巨額の移籍金でレアル・マドリーに売却したトッテナムは、2人のクロアチアのホープでウェールズ代表FWの穴を埋めようと試みていた。しかし、移籍成立の数分前に突如ハリロビッチ側の気持ちが変わり、移籍は破談となっていた。<br><br>マミッチ氏は「一番の失敗はアレン・ハリロビッチとティン・イェドバイの移籍だ」と当時を振り返り、以下のように続けている。<br><br>「彼らがまだ16歳のころだった。トッテナムはレアルに1億ユーロでベイルを売り、2500万ユーロで彼らを獲得しようとした。それに私はすでに(トッテナム会長の)ダニエル・レヴィーとロンドンで話を済ませ、1000万ユーロのオファーを2500万ユーロまで引き上げてサインしていた。ザグレブに戻った後も、ハリロビッチとイェドバイに交渉結果を伝え、家族からも同意を得ていたんだ」<br><br>「しかし、数日後にハリロビッチの父親の考えが変わり、アレンはその契約に満足していないと語り出した。全てが無効となり、怒り狂ってしまいそうだった。そして我々は2年後に彼らをわずかな移籍金で手放した」<br><br>その後ハリロビッチはバルセロナへ移籍したものの、インパクトを残せずハンブルガーSVに売却され、現在はラス・パルマスにローンで加入。一方のイェドバイは、ローマに加入するも、その後バイヤー・レバークーゼンへ活躍の場を移している。<br><br>なお、トッテナムとディナモ・ザグレブは、2008年に2500万ユーロでルカ・モドリッチの移籍を成立させるなど、良好な関係が続いていた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.21 16:57 Sun
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース