超ワールドサッカー

低調ラツィオ、格下カリアリにゴールレスドローで連勝が4でストップ《セリエA》2017.03.20 01:05 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ラツィオは19日、セリエA第29節でカリアリとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。

▽前節トリノ戦をインモービレの4戦連発弾などでリーグ戦4連勝とした4位ラツィオ(勝ち点56)は、トリノ戦のスタメンから出場停止のミリンコビッチ=サビッチに代えてケイタのみを変更した。

▽2連敗中の14位カリアリ(勝ち点31)が後方からポゼッションしてビルドアップするのに対し、ラツィオはハイプレスをかけてショートカウンターを狙っていく。

▽共にリスクを冒しきらないためにこう着状態が続く中、時間の経過とともにポゼッションを高めていったラツィオが敵陣でプレーするも、シュートには持ち込めず前半をゴールレスで終えた。

▽後半開始直後、フェリペ・アンデルソンの左足ミドルでゴールに迫ったラツィオは、51分にボックス内からパローロが決定的なシュートに持ち込み、攻勢をかけていく。

▽さらに60分にはルリッチのラストパスを受けたボックス内のフェリペ・アンデルソンがダイレクトシュートを放つも、GKの守備範囲に飛んでしまう。

▽ゴールに迫りながらも均衡を破れないラツィオは67分、ラドゥに代えてジョルジェビッチを投入し、攻撃の枚数を増やした。

▽それでもチャンスを生み出せないラツィオは82分にピンチ。しかし、ボックス左から打たれたパドインのシュートは枠を捉えきれず助かった。結局、カリアリのゴールを割れなかったラツィオは引き分け、5連勝を逃している。

コメント

関連ニュース

thumb

9人のラツィオに完勝のインテルがリーグ9試合ぶりの白星! 長友はフル出場で勝利に貢献《セリエA》

▽セリエA第37節のラツィオvsインテルが21日に行われ、1-3でインテルが勝利した。インテルの日本代表DF長友佑都はフル出場した。 ▽4位ラツィオ(勝ち点70)が、本拠地スタディオ・オリンピコでの今季最終戦で8位インテル(勝ち点56)を迎えた一戦。ミッドウィークにコッパ・イタリア決勝でユベントスに敗戦(0-2)したラツィオは、その試合からスタメンを4人変更。GKストラコシャ、バストス、バスタ、パローロに代えてGKバルギッチ、ホード、フェリペ・アンデルソン、L・アルベルトを起用した。 ▽一方、リーグ戦8試合勝利のないインテルは、前節のサッスオーロ戦からスタメンを2人変更。ケガで招集外となったイカルディ、ジョアン・マリオに代わりエデルとメデルが起用された。 ▽試合は立ち上がりから一進一退の攻防が展開される。そんな中、先にチャンスを迎えたのはラツィオ。17分、右サイドから仕掛けたフェリペ・アンデルソンがボックス内でムリージョに倒され、PKを獲得。このPKをケイタが冷静にゴール右に決めた。 ▽先制を許したインテルは23分にアクシデント。PKを与えたプレーでフェリペ・アンデルソンと接触したムリージョが左足を痛め、サントンとの交代を余儀なくされる。 ▽嫌な流れになるかと思われたインテルだったが31分、ブロゾビッチの左CKをニアでペリシッチがフリックすると、これに走り込んだアンドレオッリが頭でゴールネットを揺らした。 ▽同点に追いつき勢いづくインテルは37分、ボックス右付近でボールを拾ったカンドレーバが縦に仕掛けグラウンダーのクロスを供給。これがニアサイドでブロックに入ったホードの左足に当たり、そのままゴールに吸い込まれた。 ▽アウェイチームが逆転して迎えた後半、最初のチャンスはインテルに生まれる。47分、エデルがペナルティアーク内で倒され、FKを獲得。このFKをトリックプレーでエデルが狙うも、ボールはゴール右に逸れた。 ▽対するラツィオは57分、バイタルエリア中央でパスを受けたケイタがツータッチでインモービレに繋ぐと、ゴール前まで持ち上がりシュートを放ったが、これはクロスバーを叩いた。すると65分、FKの流れからボックス内でケイタが倒されるも、主審はシミュレーションの判定でケイタにこの試合2枚目のイエローカードを提示した。 ▽数的優位となった73分、ボックス右深くまで持ち込んだブロゾビッチの折り返しをペリシッチがシュート。これはゴールライン手前でロンバルディのブロックに阻まれるも、こぼれ球をエデルが押し込んだ。 ▽リードを広げられたラツィオは78分、ガリアルディーニへ後方からスライディングタックルを仕掛けたルリッチに2枚目のイエローカードが提示され、2人目の退場処分となる。 ▽9人のラツィオに対し、インテルは最後まで危なげない試合運びで逃げ切り、3-1で勝利。インテルが敵地で9試合ぶりの白星を手にした。 2017.05.22 06:01 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:ユベントス 2-0 ラツィオ《コッパ・イタリア》

▽コッパ・イタリア決勝、ユベントスvsラツィオが17日にスタディオ・オリンピコで行われ、ユベントスが2-0で完勝し、史上初の3連覇を達成している。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ユベントス採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170518_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 25 ネト 6.5 57分の至近距離からのシュートをファインセーブで阻止。その他の枠内シュートも確実にセーブした DF 15 バルザーリ 6.5 鉄壁の守備を見せた 19 ボヌッチ 6.5 追加点をマーク。守備面も問題なし 3 キエッリーニ 6.5 対人の強さを遺憾なく発揮 12 アレックス・サンドロ 6.5 2アシストをマーク。前半は攻め、後半は守った MF 23 ダニエウ・アウベス 6.5 先制点を決めるなど絶好調を維持 8 マルキジオ 5.5 攻守にそつなし 21 ディバラ 6.0 バイタルエリアで頻繁にボールを受けてアクセントに (→レミナ -) 28 リンコン 5.5 やや味方へのパスがずれる傾向がある 17 マンジュキッチ 6.0 負傷で出場が危ぶまれるも、それを感じさせないパフォーマンス FW 9 イグアイン 6.0 決定的なシュートを2本止められたが、身体の強さを活かしたポストプレーで起点に 監督 アッレグリ 6.5 現状のベストメンバーを送り込んで完勝 ▽ラツィオ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170518_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ストラコシャ 6.0 イグアインのシュートを2本、好守で止めた DF 15 バストス 5.0 マンジュキッチ、アレックス・サンドロの侵攻に苦戦 (→フェリペ・アンデルソン 5.5) 投入直後はチャンスメークも徐々に消える 3 デ・フライ 5.0 イグアインとのマッチアップで後手を踏んだ (→L・アルベルト 5.5) 1本強烈なミドルシュートを浴びせた 13 ワラセ 5.0 ダニエウ・アウベスの侵攻に苦戦 MF 8 バスタ 5.0 アレックス・サンドロとのマッチアップで劣勢に 16 パローロ - (→ラドゥ 5.0) 左サイドバックでスタートし、終盤はセンターバックでプレー。印象に残るプレーは少なかった 20 ビリア 5.5 そつなくゲームを組み立てる 21 ミリンコビッチ=サビッチ 5.5 2度、高さを活かして決定的なシュートを放つもネトに止められた 19 ルリッチ 5.0 ダニエウ・アウベスのマークに付き切れずに先制点献上 FW 17 インモービレ 5.0 2つあった決定機のうちの一つは決めたかった 14 ケイタ 5.0 開始6分のシュート以外見せ場なし 監督 S・インザーギ 5.0 ユベントスとの相性の悪さが顕著。カウンターをさせてもらえなかった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ダニエウ・アウベス(ユベントス) ▽先制ゴールを決めたダニエウ・アウベスを選出。1列前でのプレーがかなり馴染んできており、ユベントスの武器となっている。 ユベントス 2-0 ラツィオ 【ユベントス】 ダニエウ・アウベス(前12) ボヌッチ(前25) ※ユベントスが3年連続12度目の優勝 2017.05.18 06:01 Thu
twitterfacebook
thumb

ラツィオに完勝のユベントスが史上初の3連覇達成《コッパ・イタリア》

▽コッパ・イタリア決勝、ユベントスvsラツィオが17日にスタディオ・オリンピコで行われ、ユベントスが2-0で完勝し、史上初の3連覇を達成して12度目の優勝を飾っている。 ▽準決勝でナポリを敗り、史上初の3連覇を目指すユベントスは、1-3と敗れた3日前のローマ戦のスタメンから8選手を変更。イグアインとボヌッチ、負傷で欠場が危ぶまれたマンジュキッチが引き続きスタメンとなって、GKブッフォンと出場停止のピャニッチ、負傷のケディラを除いてベストメンバーを送り込んだ。システムはバルザーリを右サイドバックに配置する[4-2-3-1]を採用した。 ▽一方、準決勝でローマとのダービーを制し、4シーズンぶり7度目の優勝を目指すラツィオは、2-3と敗れた4日前のフィオレンティーナ戦のスタメンから7選手を変更。インモービレやビリア、ミリンコビッチ=サビッチら主力がスタメンに戻った。 ▽試合は6分、ラツィオはボックス左に侵入したケイタが左ポスト直撃のシュートを浴びせれば、ユベントスは7分にイグアインが強烈なミドルシュートでGKストラコシャを強襲。互いに一度ずつゴールに迫った中、12分にユベントスが先制する。左サイドからのアレックス・サンドロのアーリークロスを、ファーサイドのダニエウ・アウベスがボレーで合わせたシュートがゴール左に決まった。 ▽その後もディバラがミドルシュートでGKストラコシャを強襲していくと、18分にはイグアインがダニエウ・アウベスの右クロスに合わせる決定機を演出。しかし、ゴール至近距離からのシュートはGKストラコシャのファインセーブに阻まれた。 ▽劣勢のラツィオは21分に負傷したパローロがプレー続行不可能となりラドゥを左サイドに投入。ルリッチをインサイドに回した。 ▽すると25分、ディバラの左CKをニアサイドのアレックス・サンドロが頭で逸らすと、後方のボヌッチが左足で蹴り込んで、ユベントスに追加点が生まれた。 ▽2点を追う展開となったラツィオは32分にインモービレがダイビングヘッドでゴールに迫ると、ここから反撃開始。ハーフタイムにかけて押し込むと、追加タイム3分に右CKからミリンコビッチ=サビッチがヘディングシュートを浴びせるも、GKネトの正面を突き、前半を0-2で終えた。 ▽迎えた後半、攻め手のないラツィオは53分にDFのバストスを削ってフェリペ・アンデルソンを投入。4バックとすると、直後にフェリペ・アンデルソンがミドルシュートでGKネトを強襲。続く57分には右サイドからのクロスにインモービレが頭で合わせる決定機を演出するも、GKネトのファインセーブに阻まれる。 ▽良い流れから徐々にトーンダウンしていったラツィオは69分、DFのデ・フライを削ってL・アルベルトを投入。ラドゥをセンターバックに回した。攻撃的な布陣としたラツィオはL・アルベルトのボレーシュートやインモービレのミドルシュートでGKネトを強襲していくが、ゴールを脅かすには至らない。 ▽終盤、ディバラに代えてレミナを投入し、試合をクローズにかかったユベントスは、79分にCKの流れからインモービレのヘディングシュートがバーを叩くも、それ以降は隙を見せずにシャットアウト。2-0で完勝し、史上初のコッパ・イタリア3連覇を成し遂げた。 2017.05.18 06:00 Thu
twitterfacebook
thumb

パウロ・ソウザ采配的中のフィオレンティーナがラツィオに逆転勝利でEL出場権獲得に望み《セリエA》

▽セリエA第36節、フィオレンティーナvsラツィオが13日に行われ、3-2でフィオレンティーナが勝利した。 ▽前節サッスオーロに終了間際弾で追いつき、ヨーロッパリーグ(EL)出場圏内の6位ミランに3ポイント差とした8位フィオレンティーナ(勝ち点56)が、EL出場権獲得を決め4日後にユベントスとのコッパ・イタリア決勝を控える4位ラツィオ(勝ち点70)をホームに迎えた一戦。 ▽立ち上がりからオープンな攻防が続いた試合は11分、まずはフィオレンティーナがベルナルデスキのミドルシュートでGKストラコシャを強襲。対するラツィオも12分にボックス内に進入したパローロが際どいシュートを浴びせて牽制した。 ▽その後も互角の攻防が続くと、19分にフィオレンティーナはボルハ・バレロの右クロスをババカルがボレーで合わせたシュートが枠を捉える決定機を演出。だが、GKストラコシャのセーブに阻まれた。 ▽対するラツィオは21分、左サイド角度のない位置からL・アルベルトが直接狙ったFKはバーを掠める。さらに28分、ボックス右からL・アルベルトの枠を捉えた鋭いシュートはGKタタルサヌのファインセーブに阻まれた。 ▽ハーフタイムにかけてはフィオレンティーナが圧力をかけ、32分にはキエーザがコントロールシュートを浴びせると、40分にもアストーリの左クロスからババカルがボレーシュート。しかし、枠を捉えきれず前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半開始4分、ラツィオはJ・ルカクが右足太ももを痛めてロンバルディとの交代を強いられた。それでも55分、L・アルベルトのスルーパスに抜け出したケイタがボックス右に侵入して放ったシュートがGKタタルサヌの手を弾いてネットを揺らし、先制した。 ▽リードされたフィオレンティーナは58分、ストラコシャのゴールキックをカットした流れからババカルがコントロールシュートを浴びせるも、ストラコシャにセーブされる。そこで65分、パウロ・ソウザ監督は大胆に3枚代えを敢行。すると67分、ボックス右からヴェシーノの上げたクロスをババカルがヘディングで合わせたシュートが枠を捉えると、GKストラコシャの手を弾いてネットを揺らした。 ▽試合を振り出しに戻されたラツィオは70分、パトリックのシュートが右ポストに直撃。直後に2枚代えを敢行し、ケイタとジョルジェビッチに代えてインモービレとフェリペ・アンデルソンを投入した。 ▽しかし73分、フィオレンティーナが交代選手たちの活躍で逆転する。カットインしたテージョがボックス左から放ったシュートがGKを強襲し、ルーズボールをカリニッチが押し込んだ。さらに76分、ボックス右からカットインしたカリニッチが左足で放ったシュートは左ポストに阻まれるも、ルーズボールをクリアにかかったロンバルディのオウンゴールを誘って3点目を奪った。 ▽一気に3点を失ったラツィオは81分、L・アルベルトの浮き球パスをムルジャが頭で合わせて1点差に詰め寄る。 ▽それでも1点のリードを守り切ったフィオレンティーナが勝利し、ミランに暫定ながら勝ち点で並んでEL出場権獲得に望みをつないだ。 2017.05.14 03:02 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:ローマ 1-3 ラツィオ《セリエA》

▽セリエA第34節、ローマvsラツィオの“デルビー・デッラ・カピターレ”が30日にスタディオ・オリンピコで行われ、アウェイのラツィオが3-1で快勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽ローマ採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170430_39_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 シュチェスニー 5.5 失点はいずれも防ぐのが困難だった。できる仕事はきっちりこなした DF 2 リュディガー 4.5 サイドバックとセンターバックでプレー。機動力を生かしてカウンターに対応したが、最後に悪質タックルで退場 44 マノラス 5.5 劣勢の中でケイタのスピードにきっちり対応した 20 ファシオ 5.0 相手のスピードに苦戦し、遅れての対応が目立った (→ペロッティ 5.0) 流れを変えられず 33 エメルソン・パルミエリ 5.0 曖昧な対応で1失点目に関与。攻撃面でもアクセントになれず MF 6 ストロートマン 5.5 ダイブで疑惑のPKを獲得。流れの中では効果的な配球も見せた 16 デ・ロッシ 6.0 プレッシャーがかかるPKを決め、今季初得点。要所を締めた (→トッティ 5.0) ラストダービーと噂された中、チームを勝利に導くプレーは見せられず 4 ナインゴラン 5.5 持ち味のハードワークを見せたが、プラスアルファが欲しかった FW 11 サラー 6.0 鋭い仕掛けから再三の決定機を創出 9 ゼコ 4.5 2度のゴール前での決定機を逃がすなど、ビッグマッチで輝けず。空中戦でも苦戦 92 エル・シャーラウィ 5.0 バスタとのマッチアップで苦戦。前半のみの出場に (→ブルーノ・ペレス 5.0) 守備面での拙さが目立ち、攻撃も不発 監督 スパレッティ 5.0 3つのシステムを使い分けて臨むも完敗… ▽ラツィオ採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170430_40_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ストラコシャ 6.5 ゼコの2度の絶好機をビッグセーブで阻むなど、ゴールに鍵をかけた DF 15 バストス 6.5 屈強なフィジカルを生かした守備でゼコを封殺 3 デ・フライ 6.0 後半半ばに負傷交代するまで、最終ラインを見事に統率 (→ホード 5.5) サラーに苦戦したが、大崩れせず 13 ワラセ 6.0 不運なPK献上も速さと強さを兼ね備えた堅守を披露 MF 8 バスタ 6.5 値千金の今季初ゴール。攻守に持ち味の献身性を発揮 16 パローロ 6.5 献身的なプレスバックで守備を助け、持ち味の豪快ミドルでゴールにも迫った 21 ミリンコビッチ=サビッチ 6.5 先制点をアシスト。フィジカルとテクニックを生かして中盤で存在感 20 ビリア 7.0 カピターノとして気迫のこもったプレー。とりわけ、読みの利いた守備は見事 19 ルリッチ 7.0 3点目をアシスト。インサイドハーフとウイングバックで質と量を兼ね備えたパフォーマンス 6 J・ルカク 5.5 インモービレの体調不良を受けて急きょ先発も前半に負傷交代… (→フェリペ・アンデルソン 6.0) ケイタと共に高速カウンターの担い手に FW 14 ケイタ 7.0 前節のトリプレッタの勢いを生かしてドッピエッタ達成。カウンターの場面で相手の脅威に (→F・ジョルジェビッチ -) 監督 S・インザーギ 6.5 コッパ・イタリアの戦いを継続し、宿敵に見事な完勝 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ビリア(ラツィオ) ▽チームを勝利に導くドッピエッタを記録したケイタと共に勝利の立役者に。相手の起点を潰すクリーンな守備に加え、急所を射抜く縦パスで再三のカウンターチャンスを演出。カピターノとして宿敵撃破に大貢献した。 ローマ 1-3 ラツィオ 【ローマ】 デ・ロッシ(前45[PK]) 【ラツィオ】 ケイタ(前12) バスタ(後5) ケイタ(後40) 2017.04.30 21:44 Sun
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース