低調ラツィオ、格下カリアリにゴールレスドローで連勝が4でストップ《セリエA》2017.03.20 01:05 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ラツィオは19日、セリエA第29節でカリアリとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。

▽前節トリノ戦をインモービレの4戦連発弾などでリーグ戦4連勝とした4位ラツィオ(勝ち点56)は、トリノ戦のスタメンから出場停止のミリンコビッチ=サビッチに代えてケイタのみを変更した。

▽2連敗中の14位カリアリ(勝ち点31)が後方からポゼッションしてビルドアップするのに対し、ラツィオはハイプレスをかけてショートカウンターを狙っていく。

▽共にリスクを冒しきらないためにこう着状態が続く中、時間の経過とともにポゼッションを高めていったラツィオが敵陣でプレーするも、シュートには持ち込めず前半をゴールレスで終えた。

▽後半開始直後、フェリペ・アンデルソンの左足ミドルでゴールに迫ったラツィオは、51分にボックス内からパローロが決定的なシュートに持ち込み、攻勢をかけていく。

▽さらに60分にはルリッチのラストパスを受けたボックス内のフェリペ・アンデルソンがダイレクトシュートを放つも、GKの守備範囲に飛んでしまう。

▽ゴールに迫りながらも均衡を破れないラツィオは67分、ラドゥに代えてジョルジェビッチを投入し、攻撃の枚数を増やした。

▽それでもチャンスを生み出せないラツィオは82分にピンチ。しかし、ボックス左から打たれたパドインのシュートは枠を捉えきれず助かった。結局、カリアリのゴールを割れなかったラツィオは引き分け、5連勝を逃している。

コメント

関連ニュース

thumb

争奪戦必至か…、デ・フライが今季終了後フリー移籍へ

▽ラツィオに所属するオランダ代表DFステファン・デ・フライ(26)は今シーズン終了後の移籍が決定的となった。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽2014年にラツィオに加入して以降、主力センターバックとして活躍するデ・フライ。現行契約が今シーズン限りとなっていることもあり、ユベントスやインテルのほか、シティとユナイテッドのマンチェスター勢が関心を示しているとされてきた。 ▽ラツィオでスポーツ・ディレクター(SD)を務めるイグリ・ターレ氏がイタリア『Mediaset Premium』でデ・フライの去就に言及。水面下で続いた延長交渉の決裂により、今シーズン限りでラツィオを退団する見通しを明かしている。 「ラツィオは、デ・フライとの交渉から撤退する。理由は後で説明させてもらう。何カ月も交渉してきたが、いかなるものにも限界がある」 「彼は模範的なプロ選手。クラブに多大な貢献をしてくれた彼に感謝しているよ。我々は、6月をもって別々の道を歩むことになる」 2018.02.20 12:55 Tue
twitterfacebook
thumb

約1カ月半ぶりのゴールを含むインモービレのドッピエッタでラツィオが公式戦6試合ぶりの白星!《セリエA》

▽セリエA第25節のラツィオvsヴェローナが19日に行われ、2-0でラツィオが勝利した。 ▽公式戦5試合未勝利の5位ラツィオ(勝ち点46)が、降格圏の19位に沈むヴェローナ(勝ち点16)をホームに迎えた一戦。試合は地力に勝るラツィオが徐々に主導権を握ると7分、J・ルカクのパスをボックス左手前で受けたL・アルベルトがダイレクトで繋ぎ、ボックス左に抜け出したインモービレがシュート。しかし、これは相手GKの好守に阻まれた。 ▽攻勢を続けるラツィオは33分、ボックス左でボールを受けたL・アルベルトがカットインからシュートを放つと、これはクロスバーに直撃。さらにセカンドボールをマルシッチがヘディングで狙ったが、相手GKの正面に飛んでしまい、前半はゴールレスで終了した。 ▽後半に入っても主導権を握るラツィオは56分、L・アルベルトのパスをボックス左で受けたインモービレがカットインから右足を振り抜くと、これがゴール左隅に突き刺さった。 ▽先制点で勢い付くラツィオは60分にも、中盤からのロングパスをボックス左で受けたインモービレが中央を駆け上がったミリンコビッチ=サビッチへパス。これをミリンコビッチ=サビッチがワンタッチでボックス右に流すと、走り込んだルリッチがダイレクトシュート。これは相手GKの左足に阻まれたが、こぼれ球に反応したインモービレが頭で押し込み、追加点を奪った。 ▽結局、試合は2-0で終了。約1カ月半ぶりのゴールを含むインモービレのドッピエッタでラツィオが、公式戦6試合ぶりの白星を飾った。 2018.02.20 06:37 Tue
twitterfacebook
thumb

PSG、ラツィオのセルビア代表MFに1億ユ―ロ用意か

▽パリ・サンジェルマン(PSG)が、ラツィオのセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(22)に関心を寄せているようだ。『カルチョ・メルカート』が伝えている。 ▽2015年夏に、ベルギーのヘントから加入して以来、出色の活躍を見せているミリンコビッチ=サビッチ。セントラルMFやアタッキングMFを本職としながら、今シーズンはここまでリーグ戦22試合に出場して7ゴール3アシストを記録。現在5位のラツィオのダイナモとして輝きを放っている。 ▽『カルチョ・メルカート』によれば、ミリンコビッチ=サビッチには、これまでにマンチェスター・ユナイテッドやバルセロナといったビッグクラブが興味。最新の報道では、ここにPSGも加わるようで、中盤の補強に向けて、来夏に1億ユ―ロ(約132億円)の移籍金で獲得に動くと推測されている。 2018.02.16 21:18 Fri
twitterfacebook
thumb

レーティング: ナポリ 4-1 ラツィオ《セリエA》

▽セリエA第24節、ナポリvsラツィオが10日に行われ、4-1でナポリが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ナポリ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180211_11_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 25 レイナ 5.5 失点場面は反応しにくいシュートだった DF 23 ヒサイ 6.0 攻守に質の高いいつも通りのパフォーマンス 62 トネッリ 6.0 今季初出場。試合勘のなさは感じさせず、鋭い出足が目立った 26 クリバリ 6.0 難しい対応はさほどなかった 6 マリオ・ルイ 6.0 ミドルシュートで3点目を演出 MF 5 アラン 6.5 球際での強さが際立っていた (→ログ -) 8 ジョルジーニョ 6.0 正確なフィードで同点弾演出。パスワークの中心 17 ハムシク 5.5 一度インシーニェに決定機を演出も前半で交代 (→ジエリンスキ 6.5) 彼が投入された後半からチームのギアが上がった FW 7 カジェホン 6.5 消えていた前半に同点弾。逆転となるオウンゴールも誘発 (→マッジョ -) 14 メルテンス 6.0 トップの位置から降りてチャンスメイクを担い、4戦連発弾も決める 24 インシーニェ 6.0 ワラセに対応されていた中、何度も決定的なシュートに持ち込んだ 監督 サッリ 6.0 セリエA100試合目の指揮。退席処分を受けたが、後半の逆転劇は見事 ▽ラツィオ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180211_11_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ストラコシャ 5.5 4失点とも仕方ない DF 13 ワラセ 5.0 インシーニェにはまずまず対応できていたが、痛恨のオウンゴール献上 3 デ・フライ 6.0 先制点を挙げる。守備も彼自身に問題はなかった 26 ラドゥ 5.5 うまくカジェホンに対応していた MF 77 マルシッチ 5.5 インシーニェの対応に追われ、攻撃に出られなかった 16 パローロ 5.5 前半は飛び出す場面があったが、後半は守備に忙殺 6 ルーカス・レイバ 5.5 守備のバランスを保っていた (→ナニ 5.0) 特に見せ場は作れなかった 21 ミリンコビッチ=サビッチ 6.0 一定のキープ力を見せていた 19 ルリッチ 5.0 守備のバランスを考えた位置取りだったが、カジェホンのゴールを許した場面では軽率だった (→J・ルカク 5.0) 特に流れを変えられず FW 17 インモービレ 6.0 先制点をアシスト。前半はナポリの脅威に 18 L・アルベルト 5.0 何もできなかった (→カイセド 5.0) 投入された際の試合展開が厳しかった 監督 S・インザーギ 5.5 前半はカジェホンのゴールさえなければ完璧に近い内容だった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! カジェホン(ナポリ) ▽後半から投入のジエリンスキと迷ったが、1点目と2点目に関与して結果を残したカジェホンを選出。 ナポリ 4-1 ラツィオ 【ナポリ】 カジェホン(前43) OG(後9) ジエリンスキ(後11) メルテンス(後28) 【ラツィオ】 デ・フライ(前3) 2018.02.11 06:41 Sun
twitterfacebook
thumb

首位ナポリがラツィオとの上位対決を逆転で制し8連勝《セリエA》

▽セリエA第24節、ナポリvsラツィオが10日に行われ、4-1でナポリが勝利した。 ▽前節ベネヴェント戦をメルテンスの3戦連発弾などで7連勝とした首位ナポリ(勝ち点60)は、その試合で負傷したメルテンスが先発入り。コンディション不良のアルビオルに代えて今季初出場となるトネッリを先発で起用した。 ▽一方、ジェノアに追加タイム被弾で1-2と敗れて2連敗となった3位ラツィオ(勝ち点46)は、ベストメンバーを投入した。 ▽試合は開始3分、CKの流れからラツィオが先制する。右サイドからインモービレが左足で入れたインスウィングのクロスをデ・フライが右足の先でわずかに触ってネットを揺らした。続く9分にはインモービレがディフェンスライン裏を取ってけん制したラツィオが、ナポリのパスワークを出足の鋭い寄せで封じていく。 ▽攻めあぐねていたナポリだったが、23分にチャンス。ハムシクの浮き球パスをボックス左で受けたインシーニェが絶妙なトラップからループシュート。しかし、わずかに枠の右上に外れた。 ▽前半半ば以降、ナポリがポゼッションを高める展開で推移するも、ラツィオも縦に早い攻撃で応戦。なかなか攻め手を見いだせなかったナポリだったが、43分に追いついた。ジョルジーニョの浮き球フィードに対し、絶妙のタイミングで抜け出したカジェホンがボックス中央に侵入。GKとの一対一を制して1-1とし、前半を終えた。 ▽後半からハムシクに代えてジエリンスキを投入したナポリは、開始30秒にインシーニェのシュートでGKストラコシャを強襲。直後にもメルテンスのヘディングシュートでゴールに迫り、ギアを上げて攻め立ててくと、続く50分にはボックス右に侵入したインシーニェがDFを抜ききらずにシュート。タイミングを外す意表を突いたフィニッシュはわずかに枠の右に外れた。 ▽それでも54分に逆転する。右サイドからカジェホンが入れた鋭いグラウンダーのクロスがクリアにかかったワラセのオウンゴールを誘発した。 ▽さらに56分、マリオ・ルイのミドルシュートがジエリンスキに当たってゴールに吸い込まれ、ナポリが一気に突き放した。 ▽2点を追う展開となったラツィオは60分に2枚代えを敢行。L・アルベルトとルリッチに代えてカイセドとJ・ルカクを投入した。さらにルーカス・レイバに代えてナニを投入したラツィオだったが、ナポリのパスワークの前にいなされてしまう。 ▽そして、73分に4点目を奪った。ジエリンスキのスルーパスをボックス中央に走り込んだメルテンスが右足アウトに乗せたワンタッチシュートでゴール右へ流し込んだ。 ▽終盤にかけては意気消沈したラツィオが何もできず、ナポリが4-1で勝利。8連勝とし、首位をキープしている。 2018.02.11 06:40 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース