ディバラ負傷のユベントス、難所ルイジ・フェラリスを辛くも攻略《セリエA》2017.03.20 00:56 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスは19日、セリエA第29節でサンプドリアとのアウェイ戦に臨み、1-0で辛勝した。

▽前節ミラン戦をディバラの終了間際のPK弾で競り勝った首位ユベントス(勝ち点70)は、5日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグのポルト戦をディバラのPK弾で制し、ベスト8進出を決めた。そのユベントスはローマやインテルを飲み込んだ難所ルイジ・フェラリスでの一戦に向けて、ポルト戦のスタメンから4選手を変更。ボヌッチやアレックス・サンドロがベンチスタートとなってピャニッチやバルザーリが先発となった。

▽前節ジェノヴァ・ダービーを制してここ7試合5勝2分けと好調な9位サンプドリア(勝ち点41)に対し、ユベントスは開始3分にイグアインが枠内シュートを浴びせる。その後、6分にボックス右へ抜け出したクアリアレッラに決定的なシュートを浴びるも枠を外れて助かると、直後の7分に先制した。左サイドからのアサモアのクロスに反応したクアドラードのダイビングヘッドでのシュートが豪快に決まった。

▽続く15分にはディバラのスルーパスを受けてボックス右深くまでえぐったクアドラードの折り返しにイグアイン、マンジュキッチが立て続けにシュートに持ち込むも、相手GKの好守もあって追加点とはならない。

▽さらに20分にはクアドラードのクロスのルーズボールに反応したボックス右のイグアインが決定的なシュートを浴びせるが、ここもGKプッジョーニの好守に阻まれる。良いリズムで試合を運んでいたユベントスだったが、27分に足を負傷したディバラがプレー続行不可能となってピアツァを左ウイングに投入せざるを得なくなると、ハーフタイムにかけては攻撃が停滞。

▽逆にサンプドリアにブルーノ・フェルナンデスの枠内シュートやクアリアレッラのバイシクルシュートでゴールに迫られてしまう。そんな中、前半終了間際の45分にイグアインがピアツァとのパス交換でボックス中央から決定的なシュートを浴びせたユベントスだったが、GKプッジョーニの好守に阻まれて追加点は奪えずに前半を終えた。

▽迎えた後半は、自陣に引いて構えるユベントスが、サンプドリアの圧力を受け止めていく展開が続く。

▽守勢に回るユベントスは、72分にクアドラードに代えてレミナを投入し、守備の強度を上げにかかる。そして1点のリードを保って迎えた85分にはイグアインに代えてリヒトシュタイナーを投入し、さらに守備重視の布陣として逃げ切りを図った。結局、5分の追加タイムまで凌ぎ切ったユベントスが逃げ切り。難所を辛くも攻略して首位を堅持している。

コメント

関連ニュース

thumb

ユーべ所属25年のマルキジオの退団が近づく…将来は先輩ピルロに倣いMLSへ?

ユベントスに所属する元イタリア代表MFクラウディオ・マルキジオがシーズン終了後のMLS移籍を検討していると、イタリア紙『トゥット・スポルト』が報じている。<br><br>マルキージオは地元トリノ出身で7歳の時からユべントスに所属する。2007-08シーズンにエンポリへレンタル移籍したものの、翌年には復帰し、以降ユベントス一筋を貫いている。<br><br>2015-16シーズン終盤に左ひざ十字靭帯を断裂する重傷を負い、昨シーズンの大部分を棒に振った。今シーズンこそ再起の年として期待されたが、開幕直後に古傷を負傷するアクシデントにも見舞われた。長年にわたり、ユベントスの中盤において代えのきかない存在として君臨していたマルキジオだが、厳しいポジション争いの中、本来のフィジカルコンディションを取り戻すことができず、ベンチを温める日々が続いている。<br><br>現状を踏まえ、31歳のマルキージオは今シーズン終了後の移籍を検討している。2015年夏にニューヨーク・シティへと渡り、昨年11月に38歳で現役引退を迎えた先輩、アンドレア・ピルロのようにMLSでの新たな冒険に意欲を示していると見られる。ユベントスでのラストシーズンとなるかもしれない今年、マルキジオは有終の美を飾るべく復活へ望みをかける。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.17 13:02 Wed
twitterfacebook
thumb

ディバラ&マルキジオは30~40日の離脱に…ユーベが検査結果を発表

▽ユベントスは16日、負傷者に関する最新の検査結果を発表した。 ▽現在、ユベントスでは筋肉系に問題を抱えるFWパウロ・ディバラとMFクラウディオ・マルキジオ、コンディションに問題を抱えるGKジャンルイジ・ブッフォン、MFフアン・クアドラードの4人の主力が戦線離脱を強いられている。 ▽そして、ユベントスは16日、その4選手に関する最新の検査結果を明かした。 ▽前述のディバラとマルキジオに関しては、復帰まで30~40日を要すると発表しており、2月13日に行われるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグ、トッテナム戦での復帰に向けて照準を合わせているようだ。 ▽一方、ブッフォンとクアドラードに関しては経過が良好と伝えているが、現時点では別メニュー調整が続いており、復帰までにはもうしばらく時間がかかる見込みだ。 ▽なお、ユベントスはウインターブレーク明け初戦となる22日のセリエA第21節でジェノアとホームゲームを戦う予定だ。 2018.01.17 02:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ユーベ移籍濃厚の報道も、エムレ・ジャンは契約延長を示唆「リバプールは素晴らしいクラブ」

リバプールのドイツ代表MFエムレ・ジャンが、来季に向けた契約延長についてクラブと交渉中であることを明かした。&nbsp;<br><br>ジャンとリバプールの契約は2017-18シーズン終了までとなっており、契約満了となればフリーで移籍することができる。今冬にも来季に向けた事前契約が可能であり、セリエA王者・ユベントスへの移籍が噂されていた。<br><br>しかし、首位のマンチェスター・シティ相手に勝利を収めた試合後のインタビューで、ジャンは来季の契約について延長の可能性があることを示唆した。<br><br>「(来季の去就については)代理人にまかせているが、夏までリバプールにいることは間違いない。まだどのクラブとも契約をしていないし、全員と話をしている。もちろん、リバプールともそうだ。しない理由があるかい? 今はリバプールの選手で、ここは素晴らしいクラブなんだ。あとは代理人がやってくれるから、自分はプレーに集中するのみだよ」<br><br>プレミアリーグの首位を独走するマンチェスター・シティに初黒星をつけたリバプールの中心選手であるカンは来季もレッズに残るのか、それともユベントスへ移籍するのか、今後の動向に注目が集まる。<br>提供:goal.com 2018.01.16 17:58 Tue
twitterfacebook
thumb

マルキジオ、出場機会を求めてアメリカへ?

▽ユベントスに所属するイタリア代表MFクラウディオ・マルキジオ(31)に移籍の可能性が浮上した。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 ▽中盤の一角としてユベントスの常勝を支えてきたマルキジオだが、今シーズンはMFサミ・ケディラや、MFミラレム・ピャニッチ、MFブレーズ・マテュイディとのポジション争いを強いられ、出場機会が減少。セリエA8試合に出場しているが、そのうち3度しか先発機会を得られていない。 ▽伝えられるところによれば、苦境に立たされるイタリア人のベテランMFに対して、現時点でメジャーリーグ・サッカー(MLS)の数クラブが獲得に関心を示しているという。 2018.01.16 16:15 Tue
twitterfacebook
thumb

バロンドーラー・ネドベド「私に決定権があるならブッフォンへ」

▽かつてユベントスやチェコ代表として活躍し、現在はユベントスの副会長を務めるパベル・ネドベド氏が、かつてのチームメートであるイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンにエールを送った。 ▽ブッフォンは、ユベントスで8度のセリエA優勝に加え、コッパ・イタリアも3度制するなど多くのタイトルを獲得。イタリア代表としてもワールドカップ(W杯)に5大会出場し、2006年のドイツ大会では優勝を成し遂げた。 ▽世界最高のGKとして高い評価を得ているブッフォンだが、これまでバロンドールの候補者には選出されるも同賞を受賞したことはない。さらに、今月28日には節目となる40歳を迎える同選手は今シーズン限りで現役を退く考えを明かしており、最高の栄誉とされているバロンドールを受賞できないまま現役を終える可能性が高まっている。 ▽2003年にそのバロンドールを獲得したことがあるネドベド氏は、ブッフォンが来シーズンも現役を続けるだろうとコメント。さらにブッフォンがバロンドールを受賞する選手に値すると強調した。 「彼はシーズン終了後に引退するとは言っていない。それは彼と会長が話し合って決めることだ」 「バロンドールについては、もし私に決定権があるのであればジジに送る。彼の功績をもってしても受賞できていないことは本当に残念だ」 2018.01.16 09:18 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース