超ワールドサッカー

ディバラ負傷のユベントス、難所ルイジ・フェラリスを辛くも攻略《セリエA》2017.03.20 00:56 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスは19日、セリエA第29節でサンプドリアとのアウェイ戦に臨み、1-0で辛勝した。

▽前節ミラン戦をディバラの終了間際のPK弾で競り勝った首位ユベントス(勝ち点70)は、5日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグのポルト戦をディバラのPK弾で制し、ベスト8進出を決めた。そのユベントスはローマやインテルを飲み込んだ難所ルイジ・フェラリスでの一戦に向けて、ポルト戦のスタメンから4選手を変更。ボヌッチやアレックス・サンドロがベンチスタートとなってピャニッチやバルザーリが先発となった。

▽前節ジェノヴァ・ダービーを制してここ7試合5勝2分けと好調な9位サンプドリア(勝ち点41)に対し、ユベントスは開始3分にイグアインが枠内シュートを浴びせる。その後、6分にボックス右へ抜け出したクアリアレッラに決定的なシュートを浴びるも枠を外れて助かると、直後の7分に先制した。左サイドからのアサモアのクロスに反応したクアドラードのダイビングヘッドでのシュートが豪快に決まった。

▽続く15分にはディバラのスルーパスを受けてボックス右深くまでえぐったクアドラードの折り返しにイグアイン、マンジュキッチが立て続けにシュートに持ち込むも、相手GKの好守もあって追加点とはならない。

▽さらに20分にはクアドラードのクロスのルーズボールに反応したボックス右のイグアインが決定的なシュートを浴びせるが、ここもGKプッジョーニの好守に阻まれる。良いリズムで試合を運んでいたユベントスだったが、27分に足を負傷したディバラがプレー続行不可能となってピアツァを左ウイングに投入せざるを得なくなると、ハーフタイムにかけては攻撃が停滞。

▽逆にサンプドリアにブルーノ・フェルナンデスの枠内シュートやクアリアレッラのバイシクルシュートでゴールに迫られてしまう。そんな中、前半終了間際の45分にイグアインがピアツァとのパス交換でボックス中央から決定的なシュートを浴びせたユベントスだったが、GKプッジョーニの好守に阻まれて追加点は奪えずに前半を終えた。

▽迎えた後半は、自陣に引いて構えるユベントスが、サンプドリアの圧力を受け止めていく展開が続く。

▽守勢に回るユベントスは、72分にクアドラードに代えてレミナを投入し、守備の強度を上げにかかる。そして1点のリードを保って迎えた85分にはイグアインに代えてリヒトシュタイナーを投入し、さらに守備重視の布陣として逃げ切りを図った。結局、5分の追加タイムまで凌ぎ切ったユベントスが逃げ切り。難所を辛くも攻略して首位を堅持している。

コメント

関連ニュース

thumb

「ヒデは日本酒を極めている」…伊誌が引退後のサッカー選手特集で中田英寿氏に注目

引退後のサッカー選手の現在について、イタリア誌『ヴァニティ・フェア』が22日、特集を組み、元日本代表の中田英寿氏にも注目した。<br><br>中田氏は1998年からペルージャ、ローマ、パルマ、フィオレンティーナ、ボローニャと渡り歩き、イタリアで7シーズンを過ごした。セリエAデビュー戦となったユベントス戦(4-3でユベントスが勝利)では、ドッピエッタ(1試合2得点)の活躍を見せて強烈なインパクトを残した。<br><br>ローマ在籍時には、将来のイタリアのレジェンド、トッティとポジション争いを繰り広げている。また2001-02シーズン、パルマではコッパ・イタリア制覇に大きく貢献。引退から10年が過ぎた今も中田氏は「不滅の選手だ」とイタリアメディアから称えられるほど評価が高い。<br><br>特集では、「ヒデ・ナカタは彼が愛する&ldquo;サケ(日本酒)&rdquo;のプロデュースを極めている」と紹介している。また中田氏のコーナーでは「日出ずる国から」と題し、「セリエAのピッチを踏んだ日本人選手の先駆者。現役を退いた後は、日本酒のプロデュースを行っている」として、中田氏が日本伝統の酒造りに関わる活動をしていることを改めて伝えた。<br><br>このほか、元イタリア代表のフランチェスコ・ココがトスカーナの靴下販売メーカーとコラボし、所属したクラブチームのイメージカラーを使用した靴下の企画を行っていることや、元フランス代表のエリック・カントナが俳優として活躍していることを伝えている。また3Dプリンターの技術者となった元ユベントスのハサン・サリハミジッチ、プロレスラーに転身した元ドイツ代表のティム・ヴィーゼ、聖職者となった元アルゼンチン代表のカルロス・ロアらにも触れている。<br><br>提供:goal.com 2017.06.23 19:10 Fri
twitterfacebook
thumb

放出容認報道のクアドラード、代理人が現状を説明「ユーベは売ろうとしていない」

ユベントスに所属するコロンビア代表MFフアン・クアドラードの代理人が『Gianluca Di Marzio』で現状を明かした。<br><br>ユベントスは5月末、チェルシーから2シーズンのレンタルで加入していたクアドラードを2000万ユーロ(約24億8000万円)で獲得した。しかし、バイエルンのMFドグラス・コスタ、フィオレンティーナのFWフェデリコ・ベルナルデスキの獲得に近づいていることから、マッシミリアーノ・アッレグリ監督はクアドラードの放出を許可したと報じられていた。しかし、代理人のアレッサンドロ・ルッチ氏は以下のようなコメントを残している。<br><br>「フアンは退団を望んでいないし、ユーベも彼を売ろうとは考えていない。今の所、取り引きは何もない。誰もクラブや私にコンタクトを取ってきてないんだ。そして、フアンの将来については私を通してでなければ話をつけることはできない」<br><br>クアドラードは2015年2月、フィオレンティーナからチェルシーへ加入するも、イングランドに馴染むことはできず、昨季からユベントスでプレー。マッシミリアーノ・アッレグリの元で、通算85試合に出場し、8ゴールをマークしている。ユベントスとの契約は2020年までとなっている。<br><br>提供:goal.com 2017.06.23 15:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ユベントス、新星パトリック・シックのメディカルチェックを公式発表

▽ユベントスは22日、サンプドリアのチェコ代表FWパトリック・シック(21)が加入のためのメディカルチェックに臨んでいることを画像と共に発表した。 ▽今シーズン、チェコのスパルタ・プラハからサンプドリアに加入したシックは公式戦35試合に出場し、13得点をマーク。185センチという体格ながら足元の技術も高く、鋭いゴールへの嗅覚を持つ期待の若手だ。チェコ代表では各下部年代で選ばれており、2016年5月にデビューしたフル代表では5試合1得点を記録している。 ▽なお、『フットボール・イタリア』によれば、移籍金は3000万ユーロ(約37億円)とみられている。 2017.06.22 17:20 Thu
twitterfacebook
thumb

ユベントス、フィオレンティーナのU21伊代表FWに50億円のビッグオファーを用意か

ユベントスはフィオレンティーナに所属するU-21イタリア代表FWフェデリコ・ベルナルデスキ獲得に興味を持っているようだ。『Goal』の取材で明らかとなった。<br><br>ベルナルデスキは2016-17シーズン、セリエAで32試合に出場し、11ゴール4アシストを記録。現在はU21イタリア代表の一員として、U21欧州選手権に参加している。<br><br>ユベントスはベルナルデスキにオファーを出す構えを見せており、その額は4000万ユーロ(約50億円)にも及ぶ模様。ベルナルデスキのフィオレンティーにおける契約は2019年までとなっている。<br><br>2016-17シーズン、セリエA前人未到の6連覇、史上初のコッパイタリア3連覇を達成したユベントスではあるが、チャンピオンズリーグ制覇は成し遂げられなかった。さらに、今夏でのダニエウ・アウベスの移籍が確実視され、フアン・クアドラード、アレックス・サンドロ、レオナルド・ボヌッチも退団の可能性が報じられている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.22 14:58 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサ、プレミアからアンドレ・ゴメスに約43億円オファー届くも拒否「市場に出ていない」

▽バルセロナはポルトガル代表MFアンドレ・ゴメス(23)に届いたオファーを拒否したようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽アンドレ・ゴメスは、今シーズンにバレンシアから3500万ユーロ(現在のレートで約43億5000万円)でバルセロナに加入。リーグ戦では30試合3ゴールを奪った。しかしバルセロナが今夏に、パリ・サンジェルマンのイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティの獲得に動いていると報じられており、移籍が実現すればアンドレ・ゴメスは出場機会を失うだろうとの見方が強まっている。 ▽そんな同選手に対して、セビージャのフランス人MFスティーブン・エンゾンジの獲得に迫るユベントスが、プランBとしてアンドレ・ゴメスに興味を示していると報じられていた。 ▽ところが『マルカ』によると、今回バルセロナにオファーを出したのはユベントスではなく、プレミアリーグのクラブだったようだ。『マルカ』はオファーを出したチーム名を明かしていないものの、3500万ユーロのオファーを提示したと伝えた。 ▽なお、バルセロナ側は今回のオファーを拒否した模様。さらに「アンドレ・ゴメスは市場に出ていない」と発言したようで、同選手の残留が濃厚となっている。一方、『フットボール・エスパーニャ』はアンドレ・ゴメスに加えて、トルコ代表MFアルダ・トゥランは今夏の放出候補だと主張している。それだけにアンドレ・ゴメスの今後の動向は注目を集めそうだ。 2017.06.22 10:53 Thu
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース