主力不在のユナイテッドがカランカ解任の19位ボロに辛勝!《プレミアリーグ》2017.03.19 23:09 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第29節、ミドルズブラvsマンチェスター・ユナイテッドが19日にリバーサイド・スタジアムで行われ、アウェイのユナイテッドが3-1で勝利した。

▽前節、10人のボーンマス相手に痛恨のドローとなった6位ユナイテッドは、FAカップ準々決勝でもチェルシーに敗れ、公式戦3戦未勝利と調子を落とす。それでも、直近のヨーロッパリーグ・ラウンド16でロストフに勝ち切り、ELベスト8進出を果たした。その試合から中2日で行われる19位のミドルズブラ戦に向けては、ロストフ戦から先発7人を変更。

▽イブラヒモビッチとエレーラが共に出場停止、ポグバとブリントが負傷でメンバー外となった。そのため、最終ラインにバイリー、スモーリング、フィル・ジョーンズ、中盤はバレンシア、キャリック、フェライーニ、ヤングが並び。3トップにはリンガード、ラッシュフォード、マタが入った。

▽カランカ監督解任でアグニュー暫定指揮官の初陣となったミドルズブラは、立ち上がりから積極的な入りを見せる。対して直近2戦と同じ[3-4-3]の布陣を採用したユナイテッドは、開始7分に最初の決定機を作り出す。リンガードのスルーパスに抜け出したラッシュフォードがGKバルデスと一対一になるが、ここは元ユナイテッドのベテランGKの好守に阻まれる。

▽すると直後の12分にはミドルズブラに決定機。左サイドからカットインしたガストン・ラミレスが右足を振り抜くが、枠の右隅を捉えたシュートはGKデ・ヘアのビッグセーブに阻まれた。

▽その後も拮抗した展開が続く中、23分にユナイテッドが続けて決定機を掴む。リンガードのスルーパスに抜け出したマタがボックス左でグラウンダーのクロス。これをゴール前に走り込んだラッシュフォードがワンタッチで合わすが、GKバルデスが見事な反応で弾き出す。このこぼれ球をファーで拾ったバレンシアが、すかさずシュートもニアを突いたシュートは再びバルデスに防がれた。

▽かつての同僚の牙城を破れないユナイテッドだったが、前半半ばを過ぎてようやくゴールをこじ開ける。30分、左サイド深くに侵攻したヤングが右足に持ち替えてクロスを上げる。これをファーサイドで待ち構えていたフェライーニが冷静に頭で流し込んだ。

▽フェライーニのゴールで幸先良く先制に成功したユナイテッドは、その後もラッシュフォードのスピードを生かしたロングカウンターで追加点に迫る。その一方で、攻撃的なウイングバックの裏のスペースを突かれて幾度か際どいクロスを許したものの、リーグワーストの19得点という相手の拙攻にも助けられ、敵地での前半を1点リードで終えた。

▽迎えた後半もビハインドを追うミドルズブラがボールを保持し、ユナイテッドがロングカウンターで応戦する形が続く。前半同様に長い距離をスプリントするラッシュフォードとリンガードを起点に、高速カウンターを繰り出すユナイテッドは、幾度も数的優位か、同数のカウンターを仕掛けていくが、ラッシュフォードの判断が悪く、なかなか2点目に繫がらない。

▽それでも、攻勢を続けるアウェイチームは62分、カウンターで中央を持ち上がったリンガードが並走するマタとラッシュフォードをおとりにボックス手前中央から右足を一閃。このミドルシュートがゴール右上隅に突き刺さった。

▽リンガードの豪快弾で貴重な2点目を奪ったユナイテッドは、69分にマタを下げてロホを投入。この交代でシステムを[4-2-3-1]に変更し、最終ラインをセンターバック4人で構成する超守備的な陣形で逃げ切りを図る。対するミドルズブラは、アダマ・トラオレ、ジェステデとフィジカル系アタッカーを同時投入し、ゴールを目指す。

▽その後はジェステデ、ネグレドの長身FWにシンプルなクロスとロングボールを蹴り込むミドルズブラがユナイテッドを押し込む展開に。すると77分、この形からゴール前で味方が競ったこぼれ球に反応したゴール前のジェステデが泥臭く流し込み、ホームチームが1点を返す。

▽この失点でバタ付き始めたユナイテッドは、試合終盤にかけてネグレドとジェステデのコンビにセンターバック4人の最終ラインが苦戦を強いられ、あわや同点というピンチを幾度も招く。88分と90分にはそのネグレドに続けてゴール前でシュートを許すが、何とか失点を免れる。

▽すると、後半アディショナルタイム3分、ユナイテッドのカウンターの流れからバックパスを受けたGKバルデスがボックス内で痛恨のスリップでボールロスト。これをかっさらったバレンシアが無人のゴールへ流し込み、試合を決定付ける3点目が入った。主力不在で格下ミドルズブラに大苦戦も何とか勝ち切ったユナイテッドが、リーグ戦2試合ぶりの勝利を収めた。

コメント

関連ニュース

thumb

【FIFA18体験記】赤い悪魔・ユナイテッドが圧巻の強さを見せるシティを迎える“マンチェスター・ダービー"

▽圧巻のグラフィックとリアルさを追求し、バーチャルとリアルの境界線を曖昧にするほどの表現を追求した『FIFA 18』。超ワールドサッカー編集部体験記の第3回は10日に行われるプレミアリーグの一戦。マンチェスター・ユナイテッドvsマンチェスター・シティの“マンチェスター・ダービー"に挑戦します。 <span style="font-weight:700;">◆今シーズンの覇権争いを左右するダービー</span> ▽ジョゼ・モウリーニョ監督に率いられ、2シーズン目を迎えるユナイテッドと、圧倒的な強さを誇りリーグ首位を独走するシティの一戦。 ▽今シーズン最初の“マンチェスター・ダービー"は、ユナイテッドのホームであるオールド・トラッフォードで行われます。 ▽2位のユナイテッドと首位のシティ。両チームの勝ち点差は15節を終えた時点で「8」となっており、結果次第ではシーズンの行方が左右されるでしょう。 <span style="font-weight:700;">◆ユナイテッドが牙をむく!</span> ▽ホームのユナイテッドを操作してまずはプレー。すでに、シティvsサウサンプトンをプレーしたことで、シティの強さは十分知り尽くしているつもりです。 ▽試合はユナイテッドが優勢に進めます。まずは17分、ヘンリク・ムヒタリャンのパスを受けたロメル・ルカクがボックス手前中央からシュート。これが決まり、ユナイテッドが先制します。 ▽さらに前半終了間際の42分には、フアン・マタがセンターサークル付近でボールを持つと、ロングスルーパス。これに反応したルカクが最終ラインの裏をとると、そのまま冷静に流し込み、ユナイテッドが2点リードで前半を終えます。 ▽圧倒的な強さを誇るシティに対し、リードしているユナイテッドは、76分にも追加点。アンソニー・マルシャルからのパスを受けたルカクがそのままダイレクトで叩くと、マルシャルが落ち着いて沈めて勝負あり。ユナイテッドが3-0でシティを下しました。ユナイテッド強し。 <span style="font-weight:700;">◆シティもやっぱり強かった…</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/ea20171210_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽ということで、例のごとくシティを使ってもプレー。するとやっぱり強いんですよ。シティは。 ▽まずは13分、右サイドを仕掛けたガブリエウ・ジェズスがグラウンダーのクロス。これを、セルヒオ・アグエロがシュート。GKダビド・デ・ヘアがセーブするも、アグエロが自ら詰めてシティが先制します。 ▽しかし35分、ユナイテッドが追いつきます。右サイドからのアシュリー・ヤングのクロスをマーカス・ラッシュフォードがファーで合わせて同点となります。 ▽それでもシティは強かった。前半終了間際の45分、CKからジョン・ストーンズがヘッドで折り返すと、最後はダビド・シルバが蹴り込み、シティが勝ち越しに成功。後半はこう着状態が続いたものの、93分にスルーパスに抜け出したリロイ・ザネが決めて勝負あり。3-1でシティが勝利しました。 <span style="font-weight:700;">◆ハイレベルな戦い</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/ea20171210_1_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽今回マンチェスターの両クラブを使用しましたが、どちらも選手個々のレベルの高さを感じました。ルカクはスピードだけでなくパワーと精度があり、シティのザネはテクニックとスピードに。どちらもチームも操作することで3得点を奪えたことを考えると、チームのレベルが高いことが分かります。ちなみに、サウサンプトンでの悔しさをユナイテッドで果たすことに成功しました! にしても、実際と同じでシティは強すぎるぞ…そんなところで、また次回です。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://goo.gl/pxonVw" target="_blank">『FIFA 18』をプレーしよう!</a><hr></div> <span style="font-weight:700;">★僕の「Alex Hunter」</span> ▽よもやのチェルシー退団、ロサンゼルス・ギャラクシー入りとなった「Alex Hunter」。しかし、世界中が注目する若き才能はMLSで爆発した。デビュー戦は途中出場ながら1ゴール1アシスト、2戦目には先発すると2ゴール3アシストと爆発。3戦目にしてハットトリックを達成するなど、アメリカでのキャリアは順風満帆なスタートとなった。 レーティング:78(2↑) 市場価格:$16,119,999(37%↑) 性格:情熱的 MLS:7試合14ゴール11アシスト プレミアリーグ:3試合出場4ゴール3アシスト <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://goo.gl/6oqwwj" target="_blank">『FIFA 18』で<br />「The Journey」をプレーしよう!</a><hr></div> 2017.12.11 16:00 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:マンチェスター・ユナイテッド 1-2 マンチェスター・シティ《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第16節、マンチェスター・ユナイテッドvsマンチェスター・シティの“マンチェスター・ダービー”が10日に行われ、1-2でシティが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽マンチェスター・ユナイテッド採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171211_7_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 デ・ヘア 6.0 2失点も70分のデ・ブライネのショットストップはさすがの対応 DF 25 バレンシア 5.5 対面のザネの対応に注力した 12 スモーリング 5.5 彼自身に大きなミスは見られなかった 5 ロホ 5.5 ややジェズスのアジリティに対応できない場面もあったが、一時同点となるゴール演出。頭部の負傷で前半のみの出場 (→リンデロフ 5.5) 大崩れすることなく耐えた 18 A・ヤング 6.0 スターリングとのマッチアップで上回る MF 11 マルシャル 5.0 84分のシーン以外チャンスに絡めず 21 エレーラ 5.5 広大なスペースを埋めるのに苦労。79分のジャッジは不運 (→マタ -) 14 リンガード 5.5 前線から献身的に守備をこなした (→イブラヒモビッチ 5.0) 見せ場は作れなかった 31 マティッチ 5.5 バックラインに吸収された 19 ラッシュフォード 6.0 少ないチャンスを確実に生かした。デルフとのマッチアップは上回る FW 9 ルカク 5.0 カウンターの起点になりきれず。さらにクリアミスに近い形で決勝点献上 監督 モウリーニョ 5.5 押し込まれる展開となったが、同点に追いつけるチャンスを作った ▽マンチェスター・シティ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171211_7_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 31 エデルソン 7.0 84分の顔面セーブは見事。直後のシュートへの対応も素早かった DF 2 ウォーカー 5.5 守備に専念してマルシャルに対応 4 コンパニ 5.5 無難な対応を見せていたが、負傷の影響か前半で交代 (→ギュンドアン 5.5) さほど攻撃に絡めず 30 オタメンディ 6.5 失点に関与も勝ち越しゴール。79分のジャッジは助かった 18 デルフ 5.0 失点に関与し、76分にもラッシュフォードにやられた MF 7 スターリング 5.0 やや空回りなパフォーマンス 17 デ・ブライネ 7.0 攻撃を牽引。シルバと絶妙な距離感を保った 25 フェルナンジーニョ 6.0 後半序盤はセンターバックでプレー。そつがなかった 21 シルバ 7.0 デ・ブライネと共にアタッキングサードで違いを生む。先制ゴールを決め、2点目を演出 19 ザネ 5.0 左サイドで効果的な崩しを見せることはなかった (→ベルナルド・シウバ -) FW 33 ガブリエウ・ジェズス 6.0 抜群のアジリティでユナイテッド守備陣を翻弄 (→マンガラ 6.0) ロングボールをしっかり跳ね返していた 監督 グアルディオラ 6.5 圧巻のパフォーマンスで妥当な勝利。コンパニ負傷も冷静な采配で乗り切る ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! シルバ(マンチェスター・シティ) ▽終盤にビッグセーブを見せたエデルソンもMOMに相応しいが、試合を通して好パフォーマンスを見せていたシルバを選出。デ・ブライネとのコンビでユナイテッド守備陣を翻弄した。 マンチェスター・ユナイテッド 1-2 マンチェスター・シティ 【マンチェスター・ユナイテッド】 ラッシュフォード(前47) 【マンチェスター・シティ】 シルバ(前43) オタメンディ(後9) 2017.12.11 03:38 Mon
twitterfacebook
thumb

プレミア天王山のマンチェスター・ダービーはシティに軍配! 新記録の14連勝で両軍のポイント差は11に拡大《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第16節、マンチェスター・ユナイテッドvsマンチェスター・シティの“マンチェスター・ダービー”が10日に行われ、1-2でシティが勝利した。 ▽前節アーセナル戦をリンガードの2ゴールなどで3-1と勝利した2位のユナイテッド(勝ち点35)は、5日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のCSKAモスクワ戦を主力を温存して2-1と勝利し、首位通過を決めた。公式戦4連勝とした中、CSKAモスクワ戦のスタメンから6選手を変更。前節のアーセナル戦で一発退場となったポグバが出場停止となった他、マタやGKロメロらに代えて、リンガードやGKデ・ヘア、マルシャルにA・ヤングら主力がスタメンに戻った。 ▽一方、前節ウェストハムに2-1と逆転勝利して首位を快走するシティ(勝ち点43)は、プレミアリーグのシーズン記録タイとなる13連勝を達成した。そのシティは4日前に行われた消化試合のCLシャフタール戦を敗戦。公式戦連勝が20試合で止まった中、シャフタール戦のスタメンから7選手を変更。温存されていたデ・ブライネやシルバ、スターリングにウォーカーら主力がスタメンに戻った。 ▽立ち上がりからボールを動かして仕掛けたのはアウェイチームのシティ。デ・ブライネとシルバがバイタルエリアでボールを受けながら、自陣に引いてカウンターを狙うユナイテッドを崩しにかかった。すると16分にはスターリングがジェズスとのパス交換で枠内シュートを浴びせると、17分にもジェズスがロホをドリブルで外してオンターゲットを記録。 ▽前半半ば以降も前がかるシティが押し込み続けると、フェルナンジーニョやオタメンディがミドルシュートを放って、ユナイテッドをけん制していく。 ▽水際で凌ぐユナイテッドに対し、ハーフタイムにかけても攻勢を続けたシティは43分に均衡を破る。デ・ブライネの右CKがルーズとなると、ゴール前のシルバが左足で蹴り込んだ。 ▽しかし前半追加タイム2分、ユナイテッドがすかさず同点に追いつく。左サイドからのロホのアーリークロスをオタメンディが被ると、後方のデルフは処理できず、ボックス右のラッシュフォードがダイレクトでゴール左にシュートを流し込んだ。 ▽1-1で迎えた後半、ユナイテッドは前半に頭部を痛めていたロホに代えてリンデロフを投入。対するシティも負傷した影響か、コンパニに代えてギュンドアンを投入し、センターバックにフェルナンジーニョを下げた。 ▽両チームが選手交代を行った中、54分にシティが勝ち越す。ボックス手前左からのシルバのFKをルカクのクリアが甘くなってルーズとなると、ゴール前のオタメンディがボレーで蹴り込んだ。 ▽リードしたシティはジェズスに代えてマンガラをセンターバックに投入。フェルナンジーニョを中盤アンカーの位置に戻し、シルバが最前線に入った。 ▽攻守のバランスを整えたシティは70分に決定機。バイタルエリア中央でボールを受けたデ・ブライネが持ち上がり、左足で一閃。強烈なミドルシュートがゴール左を捉えたが、GKデ・ヘアのファインセーブに阻まれた。 ▽守護神のセーブに救われたユナイテッドは76分にチャンス。デルフの緩慢な対応を突いてボックス右に侵入したラッシュフォードのシュートがGKエデルソンを強襲した。勝負に出るユナイテッドはリンガードに代えてイブラヒモビッチを投入。すると79分、エレーラがボックス内でオタメンディのトラップミスを突いて倒されるも、オリバー主審はノーファウルの判定を下した。 ▽微妙なジャッジで同点のチャンスを逸したユナイテッドは、84分にビッグチャンス。マタの浮き球パスをボックス左のマルシャルが折り返し、ルカクがボレー。しかし、GKエデルソンの顔面セーブに阻まれると、ルーズボールをプッシュしたマタのシュートもGKエデルソンのファインセーブに阻止された。 ▽これ以降はシティがユナイテッドに反撃のチャンスを許さずに2-1で逃げ切り。ダービーを制してプレミア記録の14連勝を達成し、ユナイテッドとのポイント差を11に広げた。 2017.12.11 03:37 Mon
twitterfacebook
thumb

どこまでデカくするのか…ユナイテッド、ラツィオ長身の逸材を144億円で獲得か

▽マンチェスター・ユナイテッドが、ラツィオに所属するセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(22)獲得に向けた巨額オファーを準備しているようだ。イギリス『エクスプレス』が報じた。 ▽ミリンコビッチ=サビッチは、トップ下、セントラルMF、セカンドトップを主戦場とする22歳の有望株。昨シーズン、ラツィオでリーグ戦34試合に出場し、4得点9アシストを記録して評価を高めた。今シーズンもここまでリーグ戦13試合に出場し、3得点を記録している。 ▽報道によれば、ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督がミリンコビッチ=サビッチの獲得を望んでいるようで、クラブレコードとなる9500万ポンド(約144億円)のオファーを準備しているようだ。マンチェスター・シティとユベントスも同選手に興味を持っているとのことだが、争奪戦をユナイテッドがリードしているという。 ▽なお、ユナイテッドでは現在、FWズラタン・イブラヒモビッチやFWロメル・ルカク、MFマルアン・フェライニ、MFネマニャ・マティッチ、MFポール・ポグバ、DFクリス・スモーリングなど190cmオーバーの選手を多く抱えている。191cmのミリンコビッチ=サビッチが加われば、よりフィジカル色と空中戦が強くなりそうだ。 2017.12.10 20:21 Sun
twitterfacebook
thumb

【プレビュー】プレミア天王山、マンチェスター・ダービー《マンチェスター・ユナイテッドvsマンチェスター・シティ》

▽プレミアリーグ第16節、マンチェスター・ユナイテッドvsマンチェスター・シティのマンチェスター・ダービーが10日の日本時間25時30分から行われる。2位のユナイテッドと、首位のシティによる天王山だ。 ▽シティを8ポイント差で追うユナイテッド(勝ち点35)は前節、敵地でアーセナルと対戦。バレンシア弾とリンガードの2ゴールにより、3-1で勝利した。火曜日にはチャンピオンズリーグ(CL)グループA最終節でCSKAモスクワに2-1で勝利しており、公式戦4連勝中と好調。ホームでは今季リーグ戦7戦全勝とパーフェクトな成績だ。2012-13シーズン以来となる優勝に向けては、ホーム戦のここで勝利し、その差を5ポイントまで縮めておきたい。 ▽対するシティ(勝ち点43)は前節、ホームでウェストハムと対戦。先制されたものの、後半にオタメンディとシルバがゴールを記録し、プレミアリーグのシーズン記録タイとなる13連勝を達成した。水曜日のCLグループF最終節ではシャフタールとアウェイで対戦し、1-2で敗戦。公式戦の連勝は「20」でストップした。メンバーを落としたこともあり悲観する必要はないが、中4日の相手に対して中3日でのアウェイ連戦と日程面では不利な状況だ。今季はここまで14勝1分けという圧倒的な成績。オールド・トラフォードで勝利となれば、年明けを待たずプレミア一強態勢に持ち込むことになる。 ◆マンチェスター・ユナイテッド◆ 【4-3-3】<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171208_19_tw4.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.</div>▽マンチェスター・ユナイテッド予想スタメン GK:デ・ヘア DF:バレンシア、スモーリング、フィル・ジョーンズ、A・ヤング MF:エレーラ、マティッチ、フェライニ FW:リンガード、ルカク、マルシャル 負傷者:DFバイリー、MFフェライニ、MFキャリック 出場停止者:ポグバ(1/3)<hr>▽前節のアーセナル戦で一発退場となったポグバが出場停止となる。負傷中のバイリーとフィル・ジョーンズは欠場となることをモウリーニョ監督が明かしている。一方で、離脱していたイブラヒモビッチとフィル・ジョーンズは復帰可能な状態。フェライニは当日判断とのことだ。システムは、ここ3試合で採用している3バックか、攻撃的にいくなら4バックに戻す可能性もあるだろう。 ◆マンチェスター・シティ◆ 【4-1-4-1】<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171208_19_tw5.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.</div>▽マンチェスター・シティ予想スタメン GK:エデルソン DF:ウォーカー、コンパニ、オタメンディ、デルフ MF:デ・ブライネ、フェルナンジーニョ、シルバ FW:スターリング、アグエロ、ザネ 負傷者:DFストーンズ、DFメンディ 出場停止者:なし<hr>▽負傷中のストーンズと長期離脱中のメンディが欠場する。ミッドウィークのシャフタール戦前に何らかの違和感を覚えたとされるコンパニと病気のデルフは出場が微妙。一方で、シャフタール戦を負傷欠場したシルバは起用可能となっており、[4-1-4-1]の布陣が濃厚だ。読みにくいのはガブリエウ・ジェズスとアグエロを擁する1トップの人選。ここでは、シャフタール戦で途中出場からゴールを奪ったアグエロが経験値を買われ、スタメンで起用されると予想した。 ★注目選手 ◆ユナイテッド: GKダビド・デ・ヘア<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171208_19_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ユナイテッドの注目選手はノリに乗っているデ・ヘアだ。数シーズンにわたって安定したパフォーマンスを披露し続けているデ・ヘアは、バイエルンGKマヌエル・ノイアーと並んで「世界最高のGK」と評されるほど。アーセナル戦では、2003-04シーズン以降のプレミアリーグで最高となる14セーブを叩きだすなど、鬼神の如き活躍を見せた。また『Opta』によれば、デ・ヘアは今季、チームが与えたチャンスからの予想失点数を11.2得点分も防いでいる。今回の一戦でも多くのシュートを浴びること必至だが、アーセナル戦のようなプレーを見せればユナイテッドが勝利に近づけるだろう。 ◆シティ:MFケビン・デ・ブライネ<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171208_19_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ダービーということもあり、チームベストプレーヤーのデ・ヘアに対して、シティでは同じくデ・ブライネのパフォーマンスに期待がかかる。シーズン毎にプレーの幅を広げるデ・ブライネは今シーズン、リーグトップの8アシストを記録。スルーパス、クロス、シュートと攻撃性能はどれをとってもワールドクラスで、遅攻でも速攻でも攻撃の核となる。今回の一戦では、エレーラあたりに厳しいマークを敢行されることが予想されるが、自身を囮にしつつ味方を生かすこともできる選手だけに、キープレーヤーとなることは間違いない。 2017.12.09 22:00 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース