主力不在のユナイテッドがカランカ解任の19位ボロに辛勝!《プレミアリーグ》2017.03.19 23:09 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第29節、ミドルズブラvsマンチェスター・ユナイテッドが19日にリバーサイド・スタジアムで行われ、アウェイのユナイテッドが3-1で勝利した。

▽前節、10人のボーンマス相手に痛恨のドローとなった6位ユナイテッドは、FAカップ準々決勝でもチェルシーに敗れ、公式戦3戦未勝利と調子を落とす。それでも、直近のヨーロッパリーグ・ラウンド16でロストフに勝ち切り、ELベスト8進出を果たした。その試合から中2日で行われる19位のミドルズブラ戦に向けては、ロストフ戦から先発7人を変更。

▽イブラヒモビッチとエレーラが共に出場停止、ポグバとブリントが負傷でメンバー外となった。そのため、最終ラインにバイリー、スモーリング、フィル・ジョーンズ、中盤はバレンシア、キャリック、フェライーニ、ヤングが並び。3トップにはリンガード、ラッシュフォード、マタが入った。

▽カランカ監督解任でアグニュー暫定指揮官の初陣となったミドルズブラは、立ち上がりから積極的な入りを見せる。対して直近2戦と同じ[3-4-3]の布陣を採用したユナイテッドは、開始7分に最初の決定機を作り出す。リンガードのスルーパスに抜け出したラッシュフォードがGKバルデスと一対一になるが、ここは元ユナイテッドのベテランGKの好守に阻まれる。

▽すると直後の12分にはミドルズブラに決定機。左サイドからカットインしたガストン・ラミレスが右足を振り抜くが、枠の右隅を捉えたシュートはGKデ・ヘアのビッグセーブに阻まれた。

▽その後も拮抗した展開が続く中、23分にユナイテッドが続けて決定機を掴む。リンガードのスルーパスに抜け出したマタがボックス左でグラウンダーのクロス。これをゴール前に走り込んだラッシュフォードがワンタッチで合わすが、GKバルデスが見事な反応で弾き出す。このこぼれ球をファーで拾ったバレンシアが、すかさずシュートもニアを突いたシュートは再びバルデスに防がれた。

▽かつての同僚の牙城を破れないユナイテッドだったが、前半半ばを過ぎてようやくゴールをこじ開ける。30分、左サイド深くに侵攻したヤングが右足に持ち替えてクロスを上げる。これをファーサイドで待ち構えていたフェライーニが冷静に頭で流し込んだ。

▽フェライーニのゴールで幸先良く先制に成功したユナイテッドは、その後もラッシュフォードのスピードを生かしたロングカウンターで追加点に迫る。その一方で、攻撃的なウイングバックの裏のスペースを突かれて幾度か際どいクロスを許したものの、リーグワーストの19得点という相手の拙攻にも助けられ、敵地での前半を1点リードで終えた。

▽迎えた後半もビハインドを追うミドルズブラがボールを保持し、ユナイテッドがロングカウンターで応戦する形が続く。前半同様に長い距離をスプリントするラッシュフォードとリンガードを起点に、高速カウンターを繰り出すユナイテッドは、幾度も数的優位か、同数のカウンターを仕掛けていくが、ラッシュフォードの判断が悪く、なかなか2点目に繫がらない。

▽それでも、攻勢を続けるアウェイチームは62分、カウンターで中央を持ち上がったリンガードが並走するマタとラッシュフォードをおとりにボックス手前中央から右足を一閃。このミドルシュートがゴール右上隅に突き刺さった。

▽リンガードの豪快弾で貴重な2点目を奪ったユナイテッドは、69分にマタを下げてロホを投入。この交代でシステムを[4-2-3-1]に変更し、最終ラインをセンターバック4人で構成する超守備的な陣形で逃げ切りを図る。対するミドルズブラは、アダマ・トラオレ、ジェステデとフィジカル系アタッカーを同時投入し、ゴールを目指す。

▽その後はジェステデ、ネグレドの長身FWにシンプルなクロスとロングボールを蹴り込むミドルズブラがユナイテッドを押し込む展開に。すると77分、この形からゴール前で味方が競ったこぼれ球に反応したゴール前のジェステデが泥臭く流し込み、ホームチームが1点を返す。

▽この失点でバタ付き始めたユナイテッドは、試合終盤にかけてネグレドとジェステデのコンビにセンターバック4人の最終ラインが苦戦を強いられ、あわや同点というピンチを幾度も招く。88分と90分にはそのネグレドに続けてゴール前でシュートを許すが、何とか失点を免れる。

▽すると、後半アディショナルタイム3分、ユナイテッドのカウンターの流れからバックパスを受けたGKバルデスがボックス内で痛恨のスリップでボールロスト。これをかっさらったバレンシアが無人のゴールへ流し込み、試合を決定付ける3点目が入った。主力不在で格下ミドルズブラに大苦戦も何とか勝ち切ったユナイテッドが、リーグ戦2試合ぶりの勝利を収めた。

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッドMFリンガード、新契約について交渉中であることを認める

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表MFジェシー・リンガード(24)は、新契約の交渉が進行中であることを認めている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽2015-16シーズンにチャンピオンシップ(イングランド2部)のダービー・カウンティへのレンタル移籍から復帰したリンガードは同シーズン、リーグ戦で25試合に出場し、4得点1アシストを記録した。復帰2年目となる今シーズンも序盤こそケガで出遅れたものの、ここまで15試合に出場し、1得点2アシストを記録している。 ▽そんなリンガードは現在、契約の延長について交渉を行っていることを認めたようだ。また、同選手はユナイテッドでの生活に満足感を示している。 「契約の話はしているよ」 「僕はユナイテッドでのプレーを楽しんでいるし、僕の心はユナイテッドにある。レギュラーを獲るためには多くの競争があるんだ。でも、それはチームにとって良いことなんだ。周りに偉大な選手がいることは良いことだよ」 「レギュラーを獲るためには戦わなくてはいけない。それが練習の中でよりハングリーにさせるんだ。そして、そのチャンスが巡ってきたとき、戦わなくてはいけないことを知っているよ」 「このチームには(ヘンリク・)ムヒタリャン、ズラタン(・イブラヒモビッチ)、(ポール・)ポグバのようなビックな選手がいる。彼らのような何かを成し遂げた選手が上にいることは良いことで、僕らは彼らからいろいろな経験を積ませてもらっているよ。特に若い選手たちはね」 「そのようなチームに割り込もうとするハングリーさがあることは素晴らしいことだよ」 2017.03.26 20:28 Sun
twitterfacebook
thumb

元マンチェスター・U主将がポグバを擁護「移籍市場が狂っている」

かつてマンチェスター・ユナイテッドでキャプテンを務めたネマニャ・ヴィディッチは、現在マンチェスター・Uでプレーするポール・ポグバを擁護し、来シーズンの活躍を保証した。<br><br>ポグバは昨夏史上最高額でユヴェントスからマンチェスター・Uに加入。ここまで公式戦41試合に出場し、7得点5アシストを記録している。ポグバの活躍について金額に見合ったものかどうか様々な意見が聞かれるが、ヴィディッチはポグバについて以下のように語った。<br><br>「現在の移籍市場は狂っている。ポールは素晴らしい選手だよ。彼の能力はシーズンで25ゴールを挙げるようなものではない。彼はフィールドのあらゆる場所でボールに絡み、10得点から15得点を決める選手だ。試合を変え、20点から25点を取れる選手になれるポテンシャルも持っている。今シーズン彼は良い仕事をしてる。ベストの力を発揮しているわけではないが、40試合以上に出場している。ピッチ上での存在感と同様に大事なこと。中盤には誰かしらパワフルで大きく、存在感のある選手が必要だ。彼が来シーズンさらに良いプレーをすると確信しているよ」<br><br>ポグバは19日に行われたヨーロッパリーグのロストフ戦で負傷し戦線を離れている。代表戦ウィーク明けの復帰が見込まれている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.26 16:30 Sun
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、クロアチアvsウクライナを観戦…ラキティッチらの視察を否定

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、インターナショナルウィークはクロアチアを訪れていたようだ。『Goal』の取材によって明らかになった。<br><br>モウリーニョは休暇を生かして、24日に行われたロシア・ワールドカップ欧州予選のクロアチアvsウクライナを観戦。先日、『Goal』ではクロアチア代表のMFイヴァン・ラキティッチ、イヴァン・ペリシッチがマンチェスター・Uに加入する可能性があると報じられたが、モウリーニョは視察のためでなく、イングランドの気候を逃れ、友人を訪れていただけだと『HNTV』で説明している。<br><br>「隠された理由なんてないよ。私は休暇を楽しみたかっただけで、友人を訪れていたんだ。すべての人が、私が何人かの選手を見るために来たと信じているが、数人の選手を見るために旅行する必要なんてない。彼ら全員をよく知っているからね」<br><br>続けて「雨の多いマンチェスターとは違う良い天気の場所でリラックスしたかったんだ」と天気を理由にクロアチアを訪れたとしている。<br><br>なお、クロアチアはイヴァン・ラキティッチのアシストによるニコラ・カリニッチのゴールで、ウクライナを1-0で下している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.26 10:22 Sun
twitterfacebook
thumb

ファーガソン、欧州でスペイン勢強しの現状に「ロナウドもメッシも歳をとる。サイクルは変わる」

▽元マンチェスター・ユナイテッド監督のアレックス・ファーガソン氏が、『ESPN』のインタビューでプレミアリーグ勢のヨーロッパレベルにおける低迷について、スペイン勢を比較対象に持論を転じた。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽スペイン勢は、過去3年間でチャンピオンズリーグ(CL)決勝に5チームが進出。ヨーロッパリーグ(EL)においては、セビージャが3連覇を成し遂げており、近年のヨーロッパレベルの戦いで他を寄せ付けない好成績で主役の座を射止めている状況だ。 ▽しかし、かつてユナイテッドに2つのビッグイヤーをもたらしたファーガソン氏は、「サイクルは変わりゆくもの」と述べ、レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウド、バルセロナFWリオネル・メッシという2人のスーパースターの加齢により、勢力図も変化していくとの見解を示した。 「今はスペインのサイクルにあるね。彼らはベストであり、だからこそ勝てている。しかしながら、変化のときが訪れるだろう」 「ロナウドだって、メッシだって歳を重ねる。彼らの代わりになれる選手がいるだろうか。サイクルは変わりゆくものだよ」 2017.03.24 16:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ファーガソン氏、移籍を発表したシュバインシュタイガーについて言及「大きなインパクトをMLSに与える」

元マンチェスター・ユナイテッド監督のアレックス・ファーガソン氏は、先日アメリカ移籍を発表したバスティアン・シュバインシュタイガーについて『ESPN』で語っている。<br><br>2015年からマンチェスター・ユナイテッドに在籍していたシュバインシュタイガーは、21日にメジャーリーグ・サッカー(MLS)のシカゴ・ファイアーへ移籍することを発表した。今季から就任したジョゼ・モウリーニョ監督の下では、多くの出場機会は得られなかったものの、ファーガソン氏は32歳の元ドイツ代表選手はアメリカで活躍できると信じているようだ。<br><br>「彼は多くのものをクラブに残してくれた。残念なことに昨シーズンは負傷し、1年間を棒に振っていた。新指揮官のジョゼには彼なりの考えがあったと思う。この移籍は良いタイミングだった。彼の功績は偉大で、アメリカの選手たちやサポーターに人気があるはずだ。彼は大きな影響をMLSに与えられると信じている」<br><br>シュバインシュタイガーは、今シーズンはわずかカップ戦に4試合出場したのみで、リーグ戦では出場機会に恵まれなかった。2月22日に行われたヨーロッパリーグのサンテチェンヌ戦での途中出場がレッド・デビルズのメンバーとして戦った最後の試合となっていた。<br><br>提供:goal.com 2017.03.24 13:00 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース