インシーニェが2戦連続ドッピエッタもナポリが格下相手に薄氷勝利《セリエA》2017.03.19 22:32 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第29節、エンポリvsナポリが19日にスタディオ・カルロ・カステラーニで開催され、アウェイのナポリが3-2で勝利した。

▽リーグ2連勝で2位ローマを勝ち点2差で追う3位のナポリが、指揮官の古巣である17位エンポリのホームに乗り込んだ一戦。前節、クロトーネを3-0で一蹴したナポリは、アンカーにジョルジーニョ、インサイドハーフにアランを起用した以外、現状のベストメンバーを起用してきた。

▽開始3分に古巣対戦のエル・カドゥーリに不用意なバックパスをヘディングシュートされるなど、ややバタ付く入りとなったナポリだったが、開始6分にいきなりゴールに迫る。ディオッセの不用意なバックパスをかっさらったメルテンスがボックス内でDFコスタに倒され、PKを獲得。だが、中央を狙ったメルテンスのキックはGKスコルプスキが懸命に残した足に防がれ、痛恨のPK失敗となった。

▽メルテンスのPK失敗でリズムを失うかに思われたアウェイチームだったが、セリエA屈指の攻撃力を誇る攻撃陣がこの逆境を難なく跳ね除ける。19分、左サイドのグラムが入れたクロスがボックス内で相手DFのクリアミスを誘うと、ゴール前でこぼれ球を拾ったインシーニェが巧みなファーストタッチから右足のシュートをニアサイドの絶妙なコースに流し込んだ。

▽勢い付くナポリは24分、過去にクラブOBのゾラ氏が残した「PKよりもFKのほうが簡単」という名言を再現するかのように、先ほどPK失敗のメルテンスが魅せる。ボックス手前やや右の位置で得たFKの場面でメルテンスが右足を振り抜くと、縦回転のかかったボールがゴール右上隅の捉え、GKの手を弾いたボールがネットを揺らした。

▽畳みかける攻めで余裕の展開となったナポリは、ここからややペースを落としてゲームコントロールしながらカウンターで3点目を狙う。すると38分、インシーニェのパスを受けたカジェホンがボックス右でDFパスクアルのファウルを誘い、この試合2本目のPKを獲得。これを今度はインシーニェがキッカーを務め、冷静にゴール左隅に流し込んだ。格下相手に攻撃陣が躍動したナポリが、前半のうちに試合を決めた。

▽大量リードの影響か、後半に入って攻守に集中力を欠き始めるナポリだが、必死に攻めるホームチームの反撃をきっちり受け止めて、失点は許さない。その後もエンポリペースが続くものの、試合はこう着したまま後半半ばへと突入していく。

▽押し込みながらも攻め手がないエンポリだったが、70分に古巣対戦のエル・カドゥーリが魅せる。ボックス手前中央で得たFKの場面で右足を振り抜くと、壁の間を抜けたシュートがゴール左隅に吸い込まれ、ホームチームが一矢報いる。

▽悪い流れの中で1点を返されたナポリは、ディアワラに続き77分にメルテンスに代えてジャッケリーニを投入、このまま逃げ切りを図る。だが、83分にはDFグラムがクルニッチをボックス内で倒してしまい、痛恨のPK献上。これをキッカーのマッカローネに決められ、点差を1点に縮められる。

▽前半の大勝ムードから一転してまさかの厳しい展開となったナポリは、メルテンスを下げてセットプレーでも戦えるミリクを投入。試合終盤にかけては相手のパワープレーに晒されて大苦戦も、身体を張った守備で何とか失点を凌いだ。集中力の欠如から格下相手にまさかの薄氷勝利も、きっちり勝ち切ったナポリが、クラブ記録となるアウェイ5連勝を達成した。

コメント

関連ニュース

thumb

インシーニェのゴラッソなどシャフタールに3発快勝のナポリが最終節に一縷の望みをつなぐ《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループF第5節、ナポリvsシャフタールが21日に行われ、3-0でナポリが勝利した。 ▽ここまで1勝3敗で既に自力突破の可能性が消滅している3位のナポリ。グループステージ突破には、少なくともこの試合2点差以上での勝利が絶対条件と厳しい状況に立たされていた。わずかな望みをかけて戦うホームチームは直近のセリエAのミラン戦から4選手を変更。マリオ・ルイ、クリバリ、アラン、ジョルジーニョに代えて、マッジョ、キリケシュ、ジエリンスキ、A・ディアワラが先発起用となった。 ▽一方、ここまで3勝1敗で、引き分け以上でグループステージ突破が決まる2位のシャフタールは国内リーグ戦でも首位に立つなど好調を維持。3シーズンぶりの決勝トーナメント進出を目指して戦うこの試合は、前回のナポリ戦で得点を挙げたタイソンとファクンド・フェレイラといった選手が先発に名を連ねた。 ▽是が非でも先制したいナポリは開始1分でチャンスを演出する。左サイドのインシーニェの右足クロスを、ファーサイドに飛び込んだカジェホンが押し込みにかかるがGKに詰められてしまう。対するシャフタールも中盤での巧みなパス回しからナポリに迫る。5分にタイソンがボックス手前からシャフタールのファーストシュートを放った。 ▽10分にはシャフタールに決定機。敵陣でボールを奪ってすぐさま攻撃に転じ、最後はファクンド・フェレイラがボックス左から迫る。しかし、DFが詰めていたためコースがなくシュートは枠を外れてしまった。 ▽ナポリは何度も相手の最終ラインの裏を取る動きを見せたが、得点への焦りからかにことごとくオフサイドにかかってしまう。そんな中、28分にオフサイドをギリギリで掻い潜ったメルテンスがボックス左からゴールファーサイドを狙った絶妙なシュートを放つが、GKピアトフにファインセーブで阻まれてしまう。 ▽その後、シャフタールにもビッグチャンス。32分、左サイドからのクロスの流れ球をボックス右で拾ったマルロスがDFを1人かわしてシュートに持ち込む。しかし、ナポリGKレイナもファインセーブで対応。ゴールを割らせない。 ▽ゴールレスで迎えた後半、53分にA・ディアワラがクロスのこぼれ球を豪快に振り抜き積極的にゴールを狙っていく。すると56分、左ウイングのインシーニェにボールが渡ると、ここからドリブルを開始。右足でカットインし、DFのチェックを外したところで右足を一閃。ボールは綺麗な弧を描きゴール右上隅に決まった。 ▽ようやく1点を奪ったナポリは65分に最初の交代枠を使用。得点したインシーニェを下げてアランを投入した。さらにナポリは69分に最大の決定機を迎える。相手選手がGKに戻したところに、直前のプレーでゴールに残っていたメルテンスがGKの後ろからボールを奪い取り、こぼれ球をジエリンスキが狙いに行くが、枠を外してしまい絶好のチャンスを逃してしまった。 ▽それでも攻め続けるナポリに、待望の2点目が生まれた。81分、ジエリンスキが敵陣中央右でボールを受けると、メルテンスとのワンツーでゴール前に侵攻、そこから冷静に流し込み最低条件だった2点目をもぎ取った。 ▽さらにナポリは直後の83分にも、右CKかアルビオルが頭で狙い、GKピアトフが弾いたところに最後はメルテンスが頭で押し込み3点目を追加した。 ▽試合はここで終了。崖っぷちに立たされていたナポリだったが、3-0の快勝で何とか最終節にグループステージ突破の望みを残した。 2017.11.22 06:51 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリDFが公約を堂々宣言! スクデット獲得なら「子作りします」

▽ナポリに所属する元スペイン代表DFラウール・アルビオルが大胆な公約を掲げた。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 ▽ナポリは、18日に行われたセリエA第13節のミラン戦を2-1で勝利を収め、開幕から13戦無敗で首位の座をキープ。クラブのレジェンドである元アルゼンチン代表FWのディエゴ・マラドーナ氏を擁した1989-99シーズン以来となるスクデット獲得への期待感が高まるばかりだ。 ▽『Kiss Kiss Napoli』のインタビューに応じたアルビオルは、スクデット獲得時の公約として「子作り」を宣言。ナポリのセリエA制覇に意欲を示した。 「もしスクデットを獲得できたら、僕は5人目の子供を作ろう」 「勝ち取ることは常に難しいものだけど、僕らは正しい物の見方ができている」 「僕らは毎年成長を続けることで、ユーべにとても近いところにいる」 「5月のシーズン終わりまでスクデット争いを演じていけるように集中したい」 2017.11.19 15:05 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:ナポリ 2-1 ミラン《セリエA》

▽セリエA第13節、ナポリvsミランが18日に行われ、2-1でナポリが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ナポリ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171119_10_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 25 レイナ 6.0 惜しくもアシストにはならなかったが、インシーニェに好フィードを通す DF 23 ヒサイ 6.0 攻守に安定していた 33 アルビオル 6.0 カリニッチとのマッチアップで優勢に 26 クリバリ 6.0 フィジカルでアンドレ・シウバを消した 6 マリオ・ルイ 6.0 攻撃センスを示した (→マッジョ 5.5) 右サイドバックに投入。守備を重点にプレー MF 5 アラン 6.0 ボールホルダーへの寄せが鋭かった 8 ジョルジーニョ 6.5 先制点をアシスト。正確なフィードを通していた 17 ハムシク 6.0 攻撃にうまく絡んでいた (→ジエリンスキ 6.5) 勝負を決める2点目を挙げた FW 7 カジェホン 5.5 インシーニェからのパスをシュートに結び付けた (→ログ -) 14 メルテンス 6.0 決定機を決めきれなかったが、2点目をアシスト 24 インシーニェ 6.5 攻撃をけん引。ディフェンスライン裏を狙った 監督 サッリ 6.0 ミラン守備陣の背後を積極的に突いた ▽ミラン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171119_11_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 99 ドンナルンマ 6.0 2失点も防げるシュートは止めていた DF 22 ムサッキオ 5.0 インシーニェの動き出しに付ききれず 19 ボヌッチ 5.0 緩慢な統率でインシーニェに裏を狙われた 13 ロマニョーリ 5.5 最後に豪快なボレーシュート弾も、オフサイドトラップをかけ損なって先制点献上 MF 11 ボリーニ 5.0 守備に追われた (→アバーテ -) 79 ケシエ 5.0 攻守にどっち付かずだった 8 スソ 5.5 太ももを負傷して前半終了間際に交代 (→アンドレ・シウバ 5.5) 前線でまずまずのキープ力を見せた 18 モントリーボ 5.5 ボールをつなぐ意識は高かった (→ビリア -) 73 ロカテッリ 5.5 シャドーの位置でキープ力をある程度見せるも怖さはなかった 5 ボナヴェントゥーラ 5.0 左サイドから打開を試みるもボールをこねるシーンが目立った FW 7 カリニッチ 5.0 アルビオルに潰された 監督 モンテッラ 5.0 ボールをつなぐ意識は高かったがそれだけだった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! インシーニェ(ナポリ) ▽イタリア代表ではヴェントゥーラ監督に評価されず出場機会がなかったが、自身がイタリア屈指のタレントであることを直後の試合で証明した。 ナポリ 2-1 ミラン 【ナポリ】 インシーニェ(前34) ジエリンスキ(後28) 【ミラン】 ロマニョーリ(後47) 2017.11.19 06:44 Sun
twitterfacebook
thumb

インシーニェ&ジエリンスキ弾のナポリがミランに勝利で首位キープ《セリエA》

▽セリエA第13節、ナポリvsミランが18日に行われ、2-1でナポリが快勝した。 ▽前節キエーボ戦を痛いゴールレスドローで終えた首位ナポリ(勝ち点32)は、火曜日に生き残りを懸けたチャンピオンズリーグ(CL)のシャフタール戦を控える中、現状のベストメンバーを送り込んだ。 ▽対する7位ミラン(勝ち点19)は前節サッスオーロ戦をスソのファインゴールなどもあって2-0と快勝し、公式戦3試合ぶりの勝利を飾った。何とかモンテッラ監督の首がつながった中、コンディション不良のチャルハノールが欠場となって負傷明けのボナヴェントゥーラが先発となった。その他、ワールドカップ予選プレーオフ明けのR・ロドリゲスがベンチスタートとなり、ロカテッリがスタメンとなった。 ▽[3-4-2-1]を継続したミランは、2シャドーの一角にロカテッリを、中盤アンカーにモントリーボを配した。ポゼッション重視の布陣を敷いたミランに対し、徐々にボール保持率を高めていったナポリは、13分に決定機。左サイドからのインシーニェのフィードにカジェホンがヘッド。しかし、GKドンナルンマにセーブされた。 ▽その後もナポリがボールを持つ展開とすると、29分にアランが、32分にハムシクがそれぞれミドルシュートでゴールに迫っていく。するとその1分後、ジョルジーニョのフィードを受けたインシーニェがGKドンナルンマと一対一に。確実にネットを揺らすと、一度はオフサイドと判定されるも、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によってゴールが認められ、ナポリが先制した。 ▽ハーフタイムにかけてもナポリが主導権を握ると、追加タイム2分にも決定機。GKレイナのキックを受けたインシーニェがディフェンスライン裏を取って独走。再びGKドンナルンマと一対一となったが、シュートは右ポストを直撃し、1点をリードしたまま前半を終えた。 ▽前半終了間際にスソが足を負傷してアンドレ・シウバを投入していたミランに対し、ナポリは迎えた後半開始3分に追加点のチャンス。ジョルジーニョのスルーパスをメルテンスが受けると、インシーニェとのワンツーでGKと一対一に。しかし、シュートはドンナルンマに止められてしまった。 ▽引き続きグラウンダーのパスをつなぎながら攻撃を組み立てにかかるミランだったが、シュートに持ち込むには至らない。 ▽すると73分、ナポリが突き放す。メルテンスの浮き球パスに抜け出したジエリンスキがボックス左に侵入。GKドンナルンマの股間を抜くシュートが決まった。 ▽終盤にかけてはナポリがミランに何もさせていなかったが、追加タイム2分にロマニョーリに豪快なボレーシュートを決められて一矢を報いられてしまう。それでも、ナポリが2-1で勝利し、首位をキープしている。 2017.11.19 06:43 Sun
twitterfacebook
thumb

【プレビュー】首位キープか、モンテッラ体制継続か《ナポリvsミラン》

▽セリエA第13節、ナポリvsミランが日本時間18日の28:45にサン・パオロでキックオフされる。首位を走るナポリと、首の皮一枚でモンテッラ監督の続投が続いているミランによる一戦だ。 ▽前節キエーボ戦を直前のマンチェスター・シティ戦の敗戦と、グラムの負傷離脱が響いて痛恨のゴールレスドローで終えた首位ナポリ(勝ち点32)。そのナポリは火曜日に生き残りを懸けたCLのシャフタール戦を控える中、ミランとのビッグマッチで首位キープのための勝利を取り戻しにかかる。 ▽対する7位ミラン(勝ち点19)は前節サッスオーロ戦をスソのファインゴールなどもあって2-0と快勝し、公式戦3試合ぶりの勝利を飾った。何とかモンテッラ監督の首がつながった中、首位に立つナポリ相手に説得力のある戦いを見せられるか。ここで敗れるようだと解任報道が再燃しかねない。 ◆ナポリ◆ 【4-3-3】<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171117_33_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽ナポリ予想スタメン GK:レイナ DF:ヒサイ、アルビオル、クリバリ、マリオ・ルイ MF:アラン、ジョルジーニョ、ハムシク FW:カジェホン、メルテンス、インシーニェ 負傷者:DFグラム、FWミリク 出場停止者:なし ▽負傷者は長期離脱となっているグラムとミリクの両選手。グラムの代役にはマリオ・ルイが起用されるものと思われる。 ◆ミラン◆ 【3-4-2-1】<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171117_41_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽ミラン予想スタメン GK:ドンナルンマ DF:ムサッキオ、ボヌッチ、ロマニョーリ MF:ボリーニ、ケシエ、ビリア、リカルド・ロドリゲス MF:スソ、ボナヴェントゥーラ FW:カリニッチ 負傷者:DFコンティ、DFカラブリア、MFチャルハノール 出場停止者:なし ▽負傷者はカラブリアとチャルハノール、長期離脱しているコンティの3選手。一方でビリアとボナヴェントゥーラが戦列に復帰している。システムは[3-4-2-1]を継続するものと思われる。 ★注目選手 ◆ナポリ:FWロレンツォ・インシーニェ<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171117_31_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽イタリア屈指のタレントながら、ヴェントゥーラ監督との戦術に合わず、スウェーデンとのプレーオフ2戦で1stレグのわずか15分の出場時間しか与えらず、ワールドカップ行きを逃がしたインシーニェに注目したい。プレー時間すら与えてもらえずに悔しい思いをした鬱憤を、ミラン相手にぶつけられるか。 ◆ミラン:DFレオナルド・ボヌッチ<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171117_32_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽一方、ミランの注目選手にはボヌッチを挙げたい。こちらもイタリア代表の一員としてスウェーデンとのプレーオフを戦ったが、2戦ともにフル出場した末に悔しい結果に終わった。2ndレグでは鼻骨骨折をカバーするフェイスガードをしての強行出場となったものの、結果には結びつかなかった。ミランでも思うようなパフォーマンスができずに苦しい状況が続くが、リーグ最強の攻撃陣を封じ込め、モンテッラ監督の首をつなげたい。 2017.11.18 18:01 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース