インシーニェが2戦連続ドッピエッタもナポリが格下相手に薄氷勝利《セリエA》2017.03.19 22:32 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第29節、エンポリvsナポリが19日にスタディオ・カルロ・カステラーニで開催され、アウェイのナポリが3-2で勝利した。

▽リーグ2連勝で2位ローマを勝ち点2差で追う3位のナポリが、指揮官の古巣である17位エンポリのホームに乗り込んだ一戦。前節、クロトーネを3-0で一蹴したナポリは、アンカーにジョルジーニョ、インサイドハーフにアランを起用した以外、現状のベストメンバーを起用してきた。

▽開始3分に古巣対戦のエル・カドゥーリに不用意なバックパスをヘディングシュートされるなど、ややバタ付く入りとなったナポリだったが、開始6分にいきなりゴールに迫る。ディオッセの不用意なバックパスをかっさらったメルテンスがボックス内でDFコスタに倒され、PKを獲得。だが、中央を狙ったメルテンスのキックはGKスコルプスキが懸命に残した足に防がれ、痛恨のPK失敗となった。

▽メルテンスのPK失敗でリズムを失うかに思われたアウェイチームだったが、セリエA屈指の攻撃力を誇る攻撃陣がこの逆境を難なく跳ね除ける。19分、左サイドのグラムが入れたクロスがボックス内で相手DFのクリアミスを誘うと、ゴール前でこぼれ球を拾ったインシーニェが巧みなファーストタッチから右足のシュートをニアサイドの絶妙なコースに流し込んだ。

▽勢い付くナポリは24分、過去にクラブOBのゾラ氏が残した「PKよりもFKのほうが簡単」という名言を再現するかのように、先ほどPK失敗のメルテンスが魅せる。ボックス手前やや右の位置で得たFKの場面でメルテンスが右足を振り抜くと、縦回転のかかったボールがゴール右上隅の捉え、GKの手を弾いたボールがネットを揺らした。

▽畳みかける攻めで余裕の展開となったナポリは、ここからややペースを落としてゲームコントロールしながらカウンターで3点目を狙う。すると38分、インシーニェのパスを受けたカジェホンがボックス右でDFパスクアルのファウルを誘い、この試合2本目のPKを獲得。これを今度はインシーニェがキッカーを務め、冷静にゴール左隅に流し込んだ。格下相手に攻撃陣が躍動したナポリが、前半のうちに試合を決めた。

▽大量リードの影響か、後半に入って攻守に集中力を欠き始めるナポリだが、必死に攻めるホームチームの反撃をきっちり受け止めて、失点は許さない。その後もエンポリペースが続くものの、試合はこう着したまま後半半ばへと突入していく。

▽押し込みながらも攻め手がないエンポリだったが、70分に古巣対戦のエル・カドゥーリが魅せる。ボックス手前中央で得たFKの場面で右足を振り抜くと、壁の間を抜けたシュートがゴール左隅に吸い込まれ、ホームチームが一矢報いる。

▽悪い流れの中で1点を返されたナポリは、ディアワラに続き77分にメルテンスに代えてジャッケリーニを投入、このまま逃げ切りを図る。だが、83分にはDFグラムがクルニッチをボックス内で倒してしまい、痛恨のPK献上。これをキッカーのマッカローネに決められ、点差を1点に縮められる。

▽前半の大勝ムードから一転してまさかの厳しい展開となったナポリは、メルテンスを下げてセットプレーでも戦えるミリクを投入。試合終盤にかけては相手のパワープレーに晒されて大苦戦も、身体を張った守備で何とか失点を凌いだ。集中力の欠如から格下相手にまさかの薄氷勝利も、きっちり勝ち切ったナポリが、クラブ記録となるアウェイ5連勝を達成した。

コメント

関連ニュース

thumb

1.5軍で挑み完敗のナポリ…指揮官が選手に失望「ハングリーさがない。誇りを持て」

ナポリ指揮官のマウリツィオ・サッリは15日、イタリアメディア『スカイ・スポーツ』のインタビューに応じ、敗戦の弁を述べた。<br><br>ナポリは15日、UEFAヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦で、ライプツィヒをホームに迎えた。セリエAで首位につけるナポリは、1ポイント差で追いかけるユベントスとのスクデット争いを優先し、ドリース・メルテンスやロレンツォ・インシーニェら、多数の主力選手をスタメンから外し、ELライプツィヒ戦では控えメンバー主体で臨んだ。<br><br>しかし、21歳のアルジェリア代表MFアダム・ウナスが期待に応え、52分に先制点を挙げたものの、9分後には同点に追いつかれると、さらに2失点。本拠地「スタディオ・サン・パオロ」の一戦を、1-3で落としている。<br><br>サッリ監督は、想定以上の苦戦について選手たちのメンタル面での課題を指摘した。<br><br>「こんな形で失点するなんてありえない。試合にはがっかりだ。メンタル面も整えて臨まなければならないが、今夜の選手たちを見ると仕事だからプレーしているだけで、熱意やハングリー精神が感じられなかった。<br><br>「ナポリのユニフォームに対し、もっと誇りを持つべきだ。メンタリティでも、ビッグクラブになれるよう成長していかなくてはならない」<br><br>一方、MFピョートル・ジエリンスキは、対戦相手のライプツィヒについて、セリエAであれば優勝候補の一角になれるレベルだと脱帽した。<br><br>「ライプツィヒは非常に良いクラブだ。クオリティは高く、選手個人で違いを出せる。セリエAだったら、スクデット争いに加われるだろう」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.16 17:32 Fri
twitterfacebook
thumb

CL敗退組の好カードはヴェルナー2発のライプツィヒがナポリに敵地で3発先勝《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の1stレグ、ナポリvsライプツィヒが15日に行われ、1-3でライプツィヒが勝利した。 ▽マンチェスター・シティ、シャフタールの前に3位でチャンピオンズリーグ敗退となったナポリは、セリエAで首位に立ちユベントスと激しいスクデット争いを展開中。そのナポリは4-1で勝利した直近のラツィオ戦のスタメンから5選手を変更。インシーニェやジョルジーニョ、アルビオルらがベンチスタートとなり、出場停止のメルテンスが欠場となった。 ▽一方、ベシクタシュやポルト、モナコらと同居したグループで3位に終わったライプツィヒは、ブンデスリーガで2位に浮上。そのライプツィヒは2-0で勝利した直近のアウグスブルク戦のスタメンからイルザンカーに代えてサビツァーのみを変更した。 ▽開始2分、ヴェルナーに際どいシュートを打たれたナポリは、3トップに右からウナス、カジェホン、ジエリンスキと並べた。そのナポリが立ち上がりからボールを保持し、ライプツィヒがカウンターを狙う構図で試合は展開していく。しかし、攻撃の核であるメルテンスとインシーニェを欠くことから、なかなかシュートに持ち込むには至らない。 ▽すると18分、ロングボールに抜け出したY・ポウルセンがボックス左まで侵攻し、シュートを浴びせる。 ▽ひやりとしたナポリは20分、カジェホンがGKを強襲するシュートを浴びせたが、前半半ば以降はこう着状態が続き、静かな展開で推移。ハーフタイムにかけても互いにチャンスが生まれず前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半もライプツィヒがショートカウンターで流れを引き寄せると、51分にヴェルナーが際どいシュートを浴びせていく。 ▽しかし52分、ナポリがワンチャンスを決め切った。ログの縦パスを受けたボックス右のウナスが右足でシュート。これがポスト内側に当たってゴールに吸い込まれた。ウナスの移籍後初ゴールで先制したナポリは、ハムシクとヒサイに代えてインシーニェとマリオ・ルイを投入。 ▽だが、ここからライプツィヒが攻勢に出ると、61分に追いついた。ショートカウンターに転じ、右サイドに流れたカンプルのマイナスの折り返しをヴェルナーが受け、ゴール左へシュートを流し込んだ。 ▽その後、ナポリの反撃を受けたライプツィヒだったが、74分に逆転する。ロングボールに抜け出したY・ポウルセンがボックス内まで侵攻。並走していたブルマにラストパスを送り、シュートを蹴り込んだ。 ▽アウェイゴール2つを獲得したライプツィヒは、負傷明けのフォルスベリを投入。終盤にかけてはナポリの反撃を許さずにいると、終了間際に突き放した。ロングカウンターに転じ、フォルスベリが中央を持ち上がってラストパス。これをボックス左のヴェルナーが決めて3-1で勝利。来週ホームで行われる2ndレグに向けて大きなアドバンテージを得ている。 2018.02.16 07:08 Fri
twitterfacebook
thumb

「アッレグリかサッリを代表監督に? 悪くない」。コスタクルタの選択肢に

▽イタリアサッカー連盟(FIGC)のサブコミッショナーを務めるアレッサンドロ・コスタクルタ氏が、同国の代表監督選びについて話した。 ▽現役時代にミランで活躍したコスタクルタ氏は、ロシア・ワールドカップ出場を逃して解任されたジャンピエロ・ヴェントゥーラ前監督の後任を探している。 ▽イタリア代表は大きな失望のあとで実績のある監督を招へいするつもりだ。同氏は最近、候補者が「6、7人」と話していたが、「新しいことは何もない」と語り、まだ進展はないと述べた。 ▽それでも、セリエAで結果を残す2チームの指揮官に興味があるようで、「(ナポリのマウリツィオ・)サッリと(ユベントスのマッシミリアーノ・)アッレグリ? そうなったら悪くないね。私はイタリア人監督というのが、世界で最も準備のできたものだと考えている」と語った。 ▽3月の代表戦ではU-21代表を指揮するルイジ・ディ・ビアージョ氏が監督を務めることが決まったアッズーリ。正式な監督は誰になるだろうか。 2018.02.13 23:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ナポリ、長期離脱グラムの代役は誰?

▽ナポリは、左サイドバックを担っていたアルジェリア代表DFファウジ・グラムが右膝蓋骨骨折で長期離脱が余儀なくされてしまった。同クラブはその代役として2選手をピックアップしているという。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽ナポリは9日、グラムの右膝蓋骨骨折を発表した。左サイドバックの主力を担っていただけに、同選手の長期離脱はセリエA制覇に向けて痛恨だ。現在はポルトガル人DFマリオ・ルイやアルバニア代表DFエルセイド・ヒサイが務めているが、心許ない状態と言える。 ▽直ちに補強したいナポリだが、現在は移籍期間ではないため、他クラブから選手を獲得することは不可能。そこでナポリは現在フリーのブラジル人DFギジェルメ・シケイラ(31)とアルジェリア代表DFジャメル・メスバフ(33)をリストアップ。 ▽インテルの下部組織出身のシケイラはこれまでウディネーゼやバレンシア、アトレティコ・マドリーでプレー。昨年9月まで所属していたアトレティコでは、クラブが補強禁止処分を受けてしまったため、昨シーズン終了後に、レンタル先のバレンシアから復帰できず、フリーとなっている。 ▽メスバフはこれまで、ミランやパルマ、サンプドリアといったイタリアクラブを渡り歩いてきた。直近ではスイスのローザンヌ・スポルトに所属していたが、ケガの影響もあってか昨年10月に双方合意の下でクラブと契約解除していた。 2018.02.11 18:19 Sun
twitterfacebook
thumb

ナポリの団結力に感動

▽ナポリの選手たちが見せた団結力が「素晴らしい」と話題になっている。 ▽10日に、セリエA第24節でラツィオと対戦したナポリ。試合はナポリが4-1で逆転勝利したのだが、話題となっているのは試合前にナポリの選手たちが見せた団結力だった。 ▽キックオフ直前、アルジェリア代表DFファウジ・グラムのユニフォームを着たナポリの選手たちが肩を組んで整列。これは、9日に発表されたグラムの右膝蓋骨骨折を受けてのことだった。元々、昨年11月に右ヒザ前十字じん帯を断裂してしまっていた同選手は驚異的な回復を見せて復帰まで目前に迫っていたのだ。 ▽今季の復帰は絶望との見方もある中、チームメイトが見せた感動的な姿勢にグラムは自身のインスタグラムやツイッターを更新。 「僕は落ち着いているよ。なぜなら、僕を支えてくれる特別な仲間と、できるだけ早く戻って来られるための強さと想いを与えてくれたこの街があるからね。ありがとうみんな、フォルツァ・ナポリ」 ▽この投稿に多くのファンやサポーターから励ましの声が寄せられた。 「頑張れ!」 「グラム、あなたを愛しています。早く戻ってきて」 「ナポリは君を愛しているんだ。みんなが一緒なら夢は叶えられるはずさ。いつまでも待つ。だから今よりも強くなって戻ってきて欲しい」 「私たちはいつだってあなたのそばに」 「君は独りじゃない」 「強くなって戻って来なくたっていいんだ。君はもう十分にすごい選手なんだ。僕らはみんな君が何を言いたいのか分かっている。頑張れ」 ▽現在、2位のユベントスと勝ち点1差で首位に立っているナポリ。28年ぶりのセリエA優勝に向けて、チームの雰囲気は最高のようだ。 2018.02.11 16:22 Sun
twitterfacebook


ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース