インシーニェが2戦連続ドッピエッタもナポリが格下相手に薄氷勝利《セリエA》2017.03.19 22:32 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第29節、エンポリvsナポリが19日にスタディオ・カルロ・カステラーニで開催され、アウェイのナポリが3-2で勝利した。

▽リーグ2連勝で2位ローマを勝ち点2差で追う3位のナポリが、指揮官の古巣である17位エンポリのホームに乗り込んだ一戦。前節、クロトーネを3-0で一蹴したナポリは、アンカーにジョルジーニョ、インサイドハーフにアランを起用した以外、現状のベストメンバーを起用してきた。

▽開始3分に古巣対戦のエル・カドゥーリに不用意なバックパスをヘディングシュートされるなど、ややバタ付く入りとなったナポリだったが、開始6分にいきなりゴールに迫る。ディオッセの不用意なバックパスをかっさらったメルテンスがボックス内でDFコスタに倒され、PKを獲得。だが、中央を狙ったメルテンスのキックはGKスコルプスキが懸命に残した足に防がれ、痛恨のPK失敗となった。

▽メルテンスのPK失敗でリズムを失うかに思われたアウェイチームだったが、セリエA屈指の攻撃力を誇る攻撃陣がこの逆境を難なく跳ね除ける。19分、左サイドのグラムが入れたクロスがボックス内で相手DFのクリアミスを誘うと、ゴール前でこぼれ球を拾ったインシーニェが巧みなファーストタッチから右足のシュートをニアサイドの絶妙なコースに流し込んだ。

▽勢い付くナポリは24分、過去にクラブOBのゾラ氏が残した「PKよりもFKのほうが簡単」という名言を再現するかのように、先ほどPK失敗のメルテンスが魅せる。ボックス手前やや右の位置で得たFKの場面でメルテンスが右足を振り抜くと、縦回転のかかったボールがゴール右上隅の捉え、GKの手を弾いたボールがネットを揺らした。

▽畳みかける攻めで余裕の展開となったナポリは、ここからややペースを落としてゲームコントロールしながらカウンターで3点目を狙う。すると38分、インシーニェのパスを受けたカジェホンがボックス右でDFパスクアルのファウルを誘い、この試合2本目のPKを獲得。これを今度はインシーニェがキッカーを務め、冷静にゴール左隅に流し込んだ。格下相手に攻撃陣が躍動したナポリが、前半のうちに試合を決めた。

▽大量リードの影響か、後半に入って攻守に集中力を欠き始めるナポリだが、必死に攻めるホームチームの反撃をきっちり受け止めて、失点は許さない。その後もエンポリペースが続くものの、試合はこう着したまま後半半ばへと突入していく。

▽押し込みながらも攻め手がないエンポリだったが、70分に古巣対戦のエル・カドゥーリが魅せる。ボックス手前中央で得たFKの場面で右足を振り抜くと、壁の間を抜けたシュートがゴール左隅に吸い込まれ、ホームチームが一矢報いる。

▽悪い流れの中で1点を返されたナポリは、ディアワラに続き77分にメルテンスに代えてジャッケリーニを投入、このまま逃げ切りを図る。だが、83分にはDFグラムがクルニッチをボックス内で倒してしまい、痛恨のPK献上。これをキッカーのマッカローネに決められ、点差を1点に縮められる。

▽前半の大勝ムードから一転してまさかの厳しい展開となったナポリは、メルテンスを下げてセットプレーでも戦えるミリクを投入。試合終盤にかけては相手のパワープレーに晒されて大苦戦も、身体を張った守備で何とか失点を凌いだ。集中力の欠如から格下相手にまさかの薄氷勝利も、きっちり勝ち切ったナポリが、クラブ記録となるアウェイ5連勝を達成した。

コメント

関連ニュース

thumb

ナポリ、ローマからDFマリオ・ルイを買い取り義務付きのレンタルで獲得! エンポリ時代の恩師サッリと再会

▽ナポリは13日、ローマからポルトガル人DFマリオ・ルイ(26)を買い取り義務付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽ローマの発表によると、レンタル料は375万ユーロ(約4億8000万円)となり、同選手の出場時間などのパフォーマンスに応じ、シーズン終了後に550万ユーロ(約7億円)での買い取り義務が発生するという。さらに、同契約には追加ボーナスとして100万ユーロ(約1億3000万円)を支払う条項も盛り込まれている。 ▽2016年夏にエンポリから買い取り義務付きのレンタルでローマに加入したマリオ・ルイだったが、プレシーズンにヒザ前十字じん帯断裂の重傷を負い、ローマデビューを飾ったのは今年1月に行われたコッパ・イタリア5回戦のサンプドリア戦だった。さらに、復帰後もイタリア代表DFエメルソン・パルミエリとのポジション争いに敗れ、ローマでの公式戦出場はわずか9試合だった。 ▽なお、ナポリを率いるマウリツィオ・サッリ監督とは、2013年から2015年までエンポリで指導を受けていた間柄だ。 2017.07.14 02:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ナポリ、スペイン代表のGKレイナと契約更新へ…新契約は2019年まで延長

スペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナは所属先のナポリと契約延長を行う見込みであると、イタリア紙『コリエレ・デロ・スポルト』が11日、伝えている。<br><br>ナポリでは、第1GKレイナとの契約延長へ向けて準備が進められている。現行契約は新シーズン終了後の2018年6月末までと残り1年を切っており、今夏の去就が注目されていた。レイナは2016-17シーズン、セリエAで37試合に出場したほか、チャンピオンズリーグにも8試合出場している。<br><br>現在はイタリア北部ディマーロで行われている夏季合宿に参加しており、指揮官のマウリツィオ・サッリ監督も活動を通じてベテランGKのリーダーシップやカリスマ性を再認識しているところ。そのため契約は2019年まで延長される模様で、正式発表を待つのみのようだ。<br><br>ただ、ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長とレイナの間で不和が生じていたことから、両者が面会しお互いに誤解を解くことが先決となる。また今夏の移籍市場において、ナポリがレイナの控えとなる若手第2GKの獲得に動くかどうかも注目されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.11 18:27 Tue
twitterfacebook
thumb

ナポリ、ローマDF獲得に12億円で合意か…指揮官がエンポリ時代の教え子加入を熱望

ローマに所属するポルトガル人DFマリオ・ルイのナポリ移籍がほぼ合意に至ったと6日、イタリアメディア『スカイスポーツ』が伝えている。<br><br>エンポリ時代の恩師であるナポリの指揮官マウリツィオ・サッリは今夏、マリオ・ルイの獲得を熱望している。移籍に関して両クラブの間ではほぼ合意に至っており、移籍金は925万ユーロ(約12億円)プラスボーナスとなる。これはローマ加入の際に生じたレンタル料および移籍金とほぼ同額となる。交渉は残すところあとわずかとなっており、支払い方法についての調整が今後行われる予定だ。<br><br>マリオ・ルイは2013年夏、サッリ指揮下のエンポリに加入。1年目はセリエBでプレーしたが、翌年チームはセリエAへ昇格し、2年間プレーした。そして2016-17シーズン、強豪ローマへレンタル加入を果たすも、プレシーズン中のアメリカ遠征で膝十字靭帯を負傷する不運に見舞われてしまう。12月に復帰したものの、22歳のブラジル人DFエメルソンの急成長もあり、出番を勝ち取ることができず、公式戦の出場はわずか9試合にとどまっていた。<br><br>なお、ローマにはレンタル期間終了後の買い取りが義務づけられていたため、マリオ・ルイは2021年6月末までの4年契約を結び、ローマに完全移籍していた。マリオ・ルイはローマの夏季合宿には参加せず、ナポリへ合流する予定となっている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.07 19:53 Fri
twitterfacebook
thumb

GKを探すナポリ、ユーベGKネト獲得に関心?

▽ナポリが、ユベントスのブラジル代表GKネト(27)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『gianlucadimarzio.com』が伝えている。 ▽ブラジルのアトレティコ・パラナエンセでデビューしたネトは、2010-11シーズンにフィオレンティーナに移籍。加入4年目の2013-14シーズンにレギュラーの座を掴むと、その活躍が認められ、2015-16シーズンにはユベントスに移った。ユベントスではイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンの控えに努めたが、出場した試合では安定したセービングを見せ、昨季は公式戦14試合の出場で8度のクリーンシートを記録した。 ▽しかし報道によると、ネト自身はプレー機会を求めているようで、今夏にユベントス退団を考えている模様。そこに目を付けたナポリが獲得に向けた動きを見せているという。 ▽ナポリはスペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナ(34)が守護神として活躍しており、昨シーズンはリーグ戦37試合に出場した。チームは、当面はレイナを守護神とする考えだが、将来的にネトを据えることも考えているという。なお、同メディアは6日にミラノでネトの移籍に関する会談を行うという。 2017.07.05 18:53 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリ、ボルドーからアルジェリア代表MFウナス獲得! ユナイテッド関心の“NEXTロッベン”

▽ナポリは3日、ボルドーからアルジェリア代表MFアダム・ウナス(20)を完全移籍で獲得した。ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が自身の『ツイッター』で加入を認め、ボルドーの公式サイトも同選手の売却を発表した。 ▽2015年にボルドーでトップデビューを飾ったウナスは、卓越した左足の精度とテクニックを併せ持った若手アタッカー。右サイドからのカットインを得意とする左利きのウイングは、フランス国内で“NEXTロッベン”と評されている。昨季はリーグ戦26試合に出場し、3ゴール2アシストを記録していた。 ▽また、フランスとアルジェリアの二重国籍を持つウナスは、過去にU-20フランス代表でプレーをしていたものの、先日にアルジェリアのフル代表でプレーすることを選択した。 ▽なお、『フットボールイタリア』の伝えるところによれば、ナポリは移籍金として1000万ユーロ(約12億9000万円)をボルドーに支払い、チャンピオンズリーグ本大会出場が決定した場合、追加で200万ユーロ(約2億5000万円)をボーナスとして支払うことになるようだ。また、ウナスとは2022年6月30日までの5年契約にサインする予定だ。 2017.07.04 06:09 Tue
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース