モウリーニョ「ここに居続けることを望んでいる」マンチェスター・Uでの長期政権を希望2017.03.19 20:58 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
今シーズンからマンチェスター・ユナイテッドの指揮官に就任したジョゼ・モウリーニョが、母国ポルトガルのTV局『SIC』の取材で、ユナイテッドにおける今後の展望を語っている。

「少なくとも3年後はここにまだいると思う。チームに安定感をもたらすことの重要性をクラブ側も理解しているはずだからね」

「私がここにいたいと思う限り、ずっと居続けるだろう。ただし、私とクラブ、両方が幸せでいる状態が理想的だ。これから10年、15年と実際に成功し続けるかどうかは分からないがね」

モウリーニョは「私はこれまで成功を求める人生を送ってきて、それはこれからも変わらない。物事がすべてうまく進んで、ここに居続けることを望んでいるよ」と語り、マンチェスター・Uでの長期政権を望んでいることを明かした。

その一方で、「プレミアリーグは他のクラブが財政的に恵まれており、それがリーグの様相を大きく変えてしまった。成功を収めていたアレックス(ファーガソン)が指導していた時から、ユナイテッドはタイトル争いを常にしていたから、他のクラブがビッグになったことを相対的に把握することは難しかったかもしれないが」と続け、かつて指導したファーガソン監督へのリスペクトを示しながら、プレミアリーグでタイトル争いを続けることの難しさを強調している。


提供:goal.com

コメント



FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース