C大阪DF山下達也が左ハムストリング筋損傷で全治3週間2017.03.19 20:33 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽セレッソ大阪は19日、DF山下達也の負傷を発表した。

▽山下は、18日に行われた明治安田生命J1リーグ第4節のサガン鳥栖戦に先発出場。しかし、開始早々に山下が左足の大腿部を痛めてプレー続行不可能に。木本恭生と交代していた。

▽クラブの発表によると、山下は18日に大阪市内の病院で検査を行い、左ハムストリング筋損傷と診断。全治は3週間とのことだ。

▽今シーズンの山下は、開幕から明治安田生命J1リーグで4試合連続出場を果たしていた。

コメント

関連ニュース

thumb

C大阪MF清武弘嗣、タイ戦のポイントに「いかに相手を食いつかせるか」《ロシアW杯アジア最終予選》

▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は27日、埼玉スタジアム2002でトレーニングを実施した。 ▽練習終了後、MF清武弘嗣(セレッソ大阪)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。タイとの一戦に向けてのポイントや中央の選手が重要になってくると提言。また、自身についてはワールドカップ出場のためにいつでも出られる準備をしておくとコメントした。 <span style="font-weight:700;">◆MF清武弘嗣</span>(セレッソ大阪) <span style="font-weight:700;">──タイ戦に向けて</span> 「相手が引いてくるか、攻撃的にくるかはわからないが、やることは変わらない。日本のスタイルを一試合を通して発揮しなくてはいけない」 <span style="font-weight:700;">──日本のスタイルとは</span> 「監督が言ってきたように縦に速いサッカーというのも必要だが、引いた相手に対してボールの出し入れを多くしていきたい。ボールを握る時間帯のほうが多いと思うので、相手が出てきた時に裏を狙える。まずはボールの出し入れを多くして相手を食いつかせていかなくてはいけない」 <span style="font-weight:700;">──UAE戦とは戦い方が変わると思うが</span> 「もちろん戦い方は違う。相手も違う。日本がボールを持つ時間帯が長くなると考えている。その中で、いかに相手を食いつかせたり、ラインを上げさせるかがポイントになる」 「ボランチだったり、トップ下が配球や出し入れをしなくてはいけない。明日はボランチとトップ下の3枚が重要な役割になる」 <span style="font-weight:700;">──セレッソ大阪に戻ってきて、日本で調整して代表戦に臨むことになるが</span> 「海外にいたころとあまり変わらない。飛行機の移動がなくなっただけ」 <span style="font-weight:700;">──コンディションはどうか</span> 「コンディションは良いし、常に試合に出たいと思っている。それがないとここにいる意味がない。今はみんながワールドカップを目指している中で、試合に出たいという気持ちはもちろんあるが、チームのためにという気持ちもある。自分がやれることをやりたいと思う」 <span style="font-weight:700;">──香川真司選手(ドルトムント/ドイツ)はトップ下での競争を意識しているようだが</span> 「もちろん、ずっと真司くんとトップ下をやってきたので、試合には出たい。その中で、ピッチの上で絡みたいという気持ちもある。その気持ちはあるが、まずはワールドカップに行く切符を掴まなくてはいけない。ずっとここ数年代表にいるが、この気持ちは初めてではない。自分が出ても出なくても、自分が考えているトップ下の像とかイメージは常に持ちながら、試合に絡める準備はやっていきたい」 2017.03.27 22:15 Mon
twitterfacebook
thumb

北九州が新スタ初勝利! 池元弾でC大阪U-23を撃破《J3》

▽明治安田生命J3リーグ第3節の4試合が各地で行われた。 ▽ミクニワールドスタジアム北九州で行われたギラヴァンツ北九州vsセレッソ大阪U-23は、1-0で北九州が勝利した。試合はC大阪U-23が9分、温井の左CKを岸本が頭で合わせるも、枠を捉えきれない。対する北九州は10分、ボックス内でパスを受けた小松が2度シュートを放つも、決めることができなかった。 ▽前半半ばに差し掛かると、C大阪U-23がビックチャンスを迎える。24分、敵陣左深い位置へのスルーパスに反応した温井が中央にクロスを送ると、ボックス内で収めた35が右足で押し込む。しかし、これがバーに嫌われる。対する北九州も40分、最終ラインからボックス右へのロングフィードに反応した小松が切り返して左足を振り抜くと、バーに直撃。両チームともにバーに嫌われ、決定機をモノにすることができない。 ▽後半に入るとC大阪U23が北九州を攻め立てる。55分、左サイドでパスを受けた斧澤がボックス中央にクロスを供給。これをフリーで走り込んだ岸本頭で合わせるも、GK山岸の好守に阻まれる。 ▽迎えた60分、ピンチを防いだ北九州が均衡を破る。敵陣中央からの縦パスを小谷がそのまま反転。ボックス右に侵攻して、シュートを放つと、GKキム・ジンヒョンに弾かれるも、こぼれ球に反応した池元が押し込んだ。 ▽これで流れを掴んだ北九州がその後押し込む展開に。C大阪U-23も北九州ゴールに迫るも、前半ほどの怖さを見せられず、最後は北九州がうまく時間を使い、試合終了。池元の今季初ゴールを守り切った北九州が初勝利を挙げた。 ▽3/26(日) グルージャ盛岡 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 カターレ富山</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">福島ユナイテッド 1</span>-0 FC琉球 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ガイナーレ鳥取 1</span>-0 AC長野パルセイロ <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ギラヴァンツ北九州 1</span>-0 セレッソ大阪U-23 ▽3/25(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">栃木SC 1</span>-0 Y.S.C.C.横浜 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アスルクラロ沼津 4</span>-1 藤枝MYFC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">鹿児島ユナイテッドFC 1</span>-0 ガンバ大阪U-23 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC東京U-23 1</span>-0 SC相模原 2017.03.26 17:07 Sun
twitterfacebook
thumb

C大阪MF山口蛍、負傷者続出のボランチに「できる選手で頑張るしかない」《ロシアW杯アジア最終予選》

▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は25日、埼玉スタジアム2002のサブグラウンドでトレーニングを再開した。 ▽練習終了後、MF山口蛍(セレッソ大阪)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。負傷者が続出のボランチに「ケガは仕方ないんで、できる選手で頑張るしかない」とコメントした。 <span style="font-weight:700;">◆MF山口蛍</span>(セレッソ大阪) <span style="font-weight:700;">──タイ戦に向けて</span> 「ケガは仕方ないんで、できる選手で頑張るしかない。自分が次出るかどうかもわからないので、あまり何も言えないけど、出ても出なくても自分の役割は変わらないし、誰と組んでもしっかりとやっていきたい」 <span style="font-weight:700;">──アンカーでのプレーについて</span> 「アンカーというポジションだったこともあって、色々考えながらプレーしていた。次に機会があれば、もう少しうまくプレーできるかなと。大きな問題はなくやることはできていたと思う」 <span style="font-weight:700;">──インサイドハーフの攻め上がりでどうしても守備時が手薄になる</span> 「ボールを取れなくても、攻撃を遅らせることだったり、空いているスペースを埋めることが僕の役割。それをやれたら良いと思って試合に入った」 <span style="font-weight:700;">──実際にプレーしてみて大変だった</span> 「いや、センターバックと話し合いながら、なるべく真ん中にいたし、あまりサイドに釣り出されるシーンもなかった。大変という気持ちも疲れもそれほどなかった」 <span style="font-weight:700;">──次のタイ戦に向けて</span> 「前回と一緒ですね。対戦相手がどこであっても、やることは変わらないですし、求められていることもほとんど一緒だと思っている」 <span style="font-weight:700;">──タイの印象は</span> 「僕の中で、それほど特長の印象がない。でも、チームでタイキャンプ行った時に、テクニカルな選手が多かった印象がある」 <span style="font-weight:700;">──今度は最下位のタイとの一戦。違ったプレッシャーがある</span> 「勝たなくちゃいけないことに変わりはない。どんな形であれ、勝ちにこだわりたい」 2017.03.26 00:05 Sun
twitterfacebook
thumb

C大阪MF水沼宏太が追突事故…双方ともにケガはなし

▽セレッソ大阪は25日、MF水沼宏太が運転する乗用車が交通事故を起こしたことを発表した。 ▽発表によると同日の13時30分ごろ、大阪府大阪市大正区泉尾付近にて、水沼の運転する乗用車が信号で停車後、青信号に変わり発進したところを停車中の前方乗用車の後部に接触したとのことだ。なお、水沼は事故発生後、警察へ届け出ており、相手乗用車の運転手、同選手共にケガはないようだ。 ▽水沼はクラブを通じてコメントしている。 「この度、私の不注意からこのような事故を起こしてしまい、乗用車の運転をされていた方に心よりお詫び申し上げます。深く反省しており、今後は改めて細心の注意をはらって運転いたします。大変申し訳ございませんでした」 2017.03.25 22:01 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FCがC大阪を退団したGK北野貴之の加入を発表

▽横浜FCは22日、GK北野貴之(34)が加入したことを発表した。背番号は45番となる。 ▽横浜FCに加入した北野は、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントした。 「初めまして。昨シーズンまでセレッソ大阪に在籍していた、北野貴之です。今回横浜FCさんから、ご縁、お話を頂き、心から感謝しております。今年掲げるチームの目標、自分が今日まで得た学びを横浜FCでいかし、チームの目標達成に際し、チームの推進力となれるよう、覚悟し精進して歩みたいと思います」 「横浜FCさんのサポーターの皆様、全国の応援してくださる皆様のお力をお借りし、今シーズン素晴らしい形で終えたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します」 ▽2003年にアルビレックス新潟でプロキャリアを歩み始めた北野は、その後、大宮、セレッソ大阪でプレー。2016年12月の契約満了に伴いC大阪を退団していた。 2017.03.22 17:52 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース