超ワールドサッカー

C大阪DF山下達也が左ハムストリング筋損傷で全治3週間2017.03.19 20:33 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽セレッソ大阪は19日、DF山下達也の負傷を発表した。

▽山下は、18日に行われた明治安田生命J1リーグ第4節のサガン鳥栖戦に先発出場。しかし、開始早々に山下が左足の大腿部を痛めてプレー続行不可能に。木本恭生と交代していた。

▽クラブの発表によると、山下は18日に大阪市内の病院で検査を行い、左ハムストリング筋損傷と診断。全治は3週間とのことだ。

▽今シーズンの山下は、開幕から明治安田生命J1リーグで4試合連続出場を果たしていた。

コメント

関連ニュース

thumb

福岡大GK永石拓海が来季加入内定のC大阪に特別指定で加入

▽日本サッカー協会(JFA)は26日、福岡大学サッカー部のGK永石拓海(21)を、25日付けで2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。受け入れ先はセレッソ大阪となる。 ▽永石は山口県出身で、高川学園高校から福岡大学へと進学。U-17日本代表や全日本大学選抜にも選出された経験がある。今月16日には、来シーズンからのC大阪加入内定が発表されていた。 ▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。 2017.05.26 19:26 Fri
twitterfacebook
thumb

大事なイラク戦での勝利を誓うC大阪MF山口蛍「次は勝てばかなり前に進める」

▽日本サッカー協会(JFA)は25日、来月7日に行われるキリンチャレンジカップ2017のシリア戦及び同13日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のイラク代表戦に臨む日本代表メンバー25名を発表した。 ▽日本代表に選出されたセレッソ大阪のMF山口蛍クラブを通じコメント。イラク戦での必勝を誓った。 <span style="font-weight:700;">◆MF山口蛍(セレッソ大阪)</span> 「次は勝てばかなり前に進めると思うので、大事な試合になってくると思います。それだけ大事な試合に選ばれたことはすごくうれしいですし、それに向けて自分もしっかりコンディションを合わせて、100%に持っていきたいと思います」 2017.05.26 10:49 Fri
twitterfacebook
thumb

C大阪が神戸を下し、グループB首位浮上!《YBCルヴァンカップ》

▽JリーグYBCルヴァンカップ2017グループBの第6節セレッソ大阪vsヴィッセル神戸が24日に行われ、1-0でホームのC大阪が勝利を収めた。 ▽グループBの上位対決となったこの試合。首位の神戸を勝ち点1差で追う2位のC大阪は前節1-0で勝利したアルビレックス新潟戦から、GKキム・ジンヒョン、マテイ・ヨニッチ、舩木、山口、清原、リカルド・サントスの6選手に代え、GK丹野、藤本、酒本、水沼、西本、澤上を起用して臨んだ。 ▽一方、ここまで4戦全勝の神戸はC大阪より消化が1試合少ないながらも首位に立ち有利な状況。2-1でヴァンフォーレ甲府に勝利した前節から藤谷、渡部、松下、中坂に代えて、高橋、伊野波、田中順、ウエスクレイを先発に起用した。 ▽序盤はパスを回しながら相手の出方を窺う両チーム。神戸はDFラインからパスを繋ぎながら攻撃を試みるが、なかなかシュートまで運べない。対するC大阪は、ロングボールを活用しながら、効果的な攻撃を見せる。 ▽すると11分、C大阪が敵陣中央左でFKを得ると、田中裕がロングボールをファーサイドへ送ると、木本が頭で折り返し、待ち構えた藤本が倒れ込みながらダイレクトシュート。勢いはなかったものの、GKキム・スンギュの手の届かないコースへ飛び、ネットを揺らしてC大阪が先制した。 ▽先制を許した神戸は、細かくパスを繋ぎながらC大阪ゴールへ迫るも、高い集中力を見せる守備陣を崩すことが出来ない。前半を通して、神戸がC大阪を押し込む時間がほとんどだったが、シュートまで持ち込むことが出来ず、1-0のまま後半へ向かう。 ▽迎えた後半も、神戸が小気味よくパスを回して相手を敵陣に押し込むが、決定的なパスが出せないため、思うようにシュートを打つことが出来ない。そんな中、渡邉やウエスクレイがシュートを狙うが、GK丹野を脅かすまでには至らず。 ▽時間が経つにつれて守備に重心を据えるC大阪が何度かカウンターで攻撃に転じると31分、そのカウンターを止めようとした三原が相手を倒してしまう。すでに1枚イエローカードを受けていた三原はこのプレーで退場に。1点を追う神戸が、一人少ない状況となった。 ▽それでも攻め続ける神戸は84分、右サイドのクロスに渡邉が頭で合わせると、シュートは枠を捉えたが、GK丹野のビッグセーブに遭い同点にすることはできなかった。 ▽終盤にかけても攻め続ける神戸だったが、粘り強いC大阪の牙城を落とすことが出来ずこのまま試合終了。前半のゴールを守り切ったC大阪が、神戸を下し逆転で首位に立った。 2017.05.24 22:23 Wed
twitterfacebook
thumb

C大阪、清武の2試合連続ゴール含む3発快勝! 大宮は最下位転落《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第12節の大宮アルディージャvsセレッソ大阪が20日にNACK5スタジアム大宮で行われ、3-0でC大阪が勝利した。 ▽ここまで2勝1分8敗で16位に沈む大宮(勝ち点7)と、5勝4分2敗で7位につけるC大阪(勝ち点19)が対戦した。前節、仙台戦で逆転勝利を果たした大宮は、流れそのままスタメンを1名のみ変更。ムルジャを外して、前節の決勝点を挙げた大前を起用した。 ▽一方、前節の広島戦で5-2と大勝したC大阪は、前節のメンバーをそのまま送り込んだ。これでリーグ戦4試合連続、同じスタメンとなる。 ▽日本代表のハリルホジッチ監督が視察する中での試合は、ゆったりとしたペースで始まった。カウンターに備え待ち構える大宮に対し、ショートパスを主体に攻めるC大阪は攻めあぐねる。 ▽膠着する中で30分、C大阪にチャンスが訪れた。左サイドからボックス内へ侵入をした丸橋が、DFを4人引き付けつつ杉本へパスを送る。フリーで右足を振り抜いたが、吹かしてしまい、ゴールとはならなかった。 ▽ゴールレスで迎えた後半、53、55分にC大阪に決定機が生まれる。ヨイッチ、山村が立て続きにGKとの1対1となるが、どちらもファインセーブに阻まれた。 ▽攻勢を強めたC大阪は、ついに均衡を破ることに成功。63分、ソウザの蹴った左CKを、清武が頭で合わせネットを揺らした。清武は2試合連続の得点となった。 ▽勢いに乗るC大阪は76分、大宮をさらに突き放す。ソウザの蹴った右CKを、マークを外した山村が打点の高いヘッドで打ち付け、追加点を奪取。ゴールを決めた山村は、82分に関口と交代してお役御免となった。 ▽すると86分、交代で入った関口が、試合を決定付ける貢献を見せる。清武と柿谷のパス交換から、右サイドの関口へと展開。抜け出した関口が速めのクロスを入れると、これに杉本が右足で合わせ、ゴールに突き刺さった。杉本の2試合連続となる得点で、試合を確実なものとした。 ▽試合はそのまま終了。計3発の得点を奪ったC大阪は、2連勝で暫定4位まで浮上した。ホームでの手痛い敗北となった大宮は、リーグ9敗目となり最下位に沈んでしまった。 2017.05.20 18:21 Sat
twitterfacebook
thumb

元C大阪の豪州MFがコカイン所持で逮捕

▽『FOX Sports』は17日、元オーストラリア代表MFミッチ・ニコルス(28)がコカイン所持で逮捕されたと報じた。 ▽報道によれば、警察は14日の24時頃、シドニーのナイトクラブで抜き打ち検査を行ったところ、客だったM・ニコルスから3つのビニール袋に小分けされた1.1gの白い粉末を押収。6月9日に地方裁判所への出頭を命じられたという。 ▽2014年にセレッソ大阪でもプレーしていたM・ニコルスは、2015年夏からウェスタン・シドニー・ワンダラーズに所属。しかし、先日に退団が決まり、今夏の欧州移籍を模索しているとみられていた。 ▽なお、伝えられるところによれば、M・ニコルスは6月30日までオーストラリアサッカー協会の管轄下にある選手としてみなされるため、国内残留を果たしたとしても出場停止など何らかの処分が科されることになるようだ。 2017.05.18 08:45 Thu
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース