C大阪DF山下達也が左ハムストリング筋損傷で全治3週間2017.03.19 20:33 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽セレッソ大阪は19日、DF山下達也の負傷を発表した。

▽山下は、18日に行われた明治安田生命J1リーグ第4節のサガン鳥栖戦に先発出場。しかし、開始早々に山下が左足の大腿部を痛めてプレー続行不可能に。木本恭生と交代していた。

▽クラブの発表によると、山下は18日に大阪市内の病院で検査を行い、左ハムストリング筋損傷と診断。全治は3週間とのことだ。

▽今シーズンの山下は、開幕から明治安田生命J1リーグで4試合連続出場を果たしていた。

コメント

関連ニュース

thumb

仙台が4得点大勝! C大阪はホームで手痛い連敗に…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第27節のセレッソ大阪とベガルタ仙台の試合が23日にキンチョウスタジアムで行われ、4-1で仙台が勝利した。 ▽4位のC大阪(勝ち点48)は前節、残留争い中のサンフレッチェ広島に0-1で敗北。それでも、ミッドウィークの天皇杯には控え主体のメンバーで臨み、コンディション面に不安はない。首位追走に向けて仕切り直しとなる今節、C大阪は前節からスタメンを変更せず。同様のメンバーを送り出した。 ▽対する12位の仙台(勝ち点32)は、前節のFC東京戦で0-1の敗北を喫している。それでも、直近の5戦でみれば3勝2敗と徐々に調子は上がっている。仙台は前節からスタメンを2名変更。シュミット・ダニエル、西村に代えて、関、梁勇基を送り出した。 ▽試合開始早々にC大阪にチャンスが訪れた。1分、右サイド深くでボールを受けた水沼がボックス内にクロスを供給。待ち構えていた杉本がボレーで合わせたが、GKにキャッチされた。10分には、杉本がボックス右をドリブルで突破。中に折り返したところ、ニアで待っていた山村がDFとの競り合いで潰され、こぼれたボールが柿谷の足元に。フリーでシュートを放ったが、大きく枠を外れた。 ▽仙台は細かくパスを繋ぎ応戦するものの、シュートチャンスはなかなか訪れず。21分には、左サイド深くに侵攻した野津田がクロスを上げたが、反応した梁勇基は足をもつれさせ、シュートまで持ち込むことができず。好機を逸することとなった。 ▽試合が動いたのは前半終了間際、42分だった。三田が左サイド高い位置から上げたクロスは、ボックスを通り過ぎ右サイドの古林の下に。古林が中央にグラウンダーのパスを送ると、石原が右足でダイレクトシュート。先制に成功した。 ▽追いつきたいC大阪は、直後の44分にチャンスを迎えた。カウンターの場面から山村がボックス内でGKとの一対一に。右足を振り抜いたが、シュートはポストに阻まれた。前半の内に同点にすることはできず。試合は仙台のリードで折り返すことになった。 ▽後半は、開始早々からC大阪が攻勢をかけた。47分、味方のフィードを最前線で拾った山村が、再びGKとの一対一となった。至近距離から左足でシュートを放ったが、GK関のファインセーブに阻まれた。 ▽山村や杉本をターゲットにして猛攻をかけるC大阪に対し、仙台はラインを下げ、守備に人数を割いて対応。なかなかゴールを割ることができないC大阪の攻勢がさらに強まると、仙台のカウンターが火を吹いた。ボックス手前右でボールを受けた古林が速いクロスを供給すると、左サイドでフリーとなっていた野津田に渡る。トラップ際にやや浮いたボールに対し、左足アウトサイドで振り抜き、追加点とした。 ▽それでも74分、C大阪が1点を返した。ボックス手前でボールを受けた杉本が鋭いターンでDFを剥がし、ボックス内右に侵攻。強烈なシュートを放つと、反応したGK関が一度は弾いたが、詰めていた水沼が押し込んだ。 ▽しかし、C大阪が得点を決めた3分後に、仙台が点差を元に戻した。77分、ボックス手前右で獲得したFKから梁勇基がファーに高い弾道のクロスを上げた。推橋が頭で合わせると、ボールは放物線を描いてGKの頭上を越え、ゴールに吸い込まれた。 ▽さらに、試合終了間際の90分、仙台が4点目を奪い切った。C大阪が前がかりになったところで、再び仙台のカウンターが発動。ボールを奪取した西村が、ドリブルでボックス手前まで持ち上がりスルーパスを送る。ボックス内左でフリーとなっていた野沢がパスを受け、右足で巻くようなシュート。ボールは弧を描きつつ、ゴール右端に決まった。 ▽直後に試合が終了。C大阪から4得点を奪って勝利した仙台(勝ち点35)は、順位こそ12位で変動しないものの、13位・清水エスパルス(勝ち点28)との勝ち点差を「7」に広げた。対するC大阪(勝ち点48)は連敗となり、3位・柏レイソル(勝ち点53)との勝ち点差を「5」に広げる結果となった。 2017.09.23 21:04 Sat
twitterfacebook
thumb

大宮が清水の2ゴールで躍進の筑波大を下しベスト8進出! C大阪は福満弾で名古屋を下す!《天皇杯》

▽20日、第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会のラウンド16(4回戦)、筑波大学(茨城)vs大宮アルディージャ(J1)が行われ、0-2で大宮が勝利した。 ▽1回戦でY.S.C.C.横浜(神奈川)、2回戦でベガルタ仙台(J1)、3回戦でアビスパ福岡(J2)を下した筑波大学と、2回戦でtonan前橋、3回戦で愛媛FCを下した大宮が対戦。大宮は17日のガンバ大阪戦からスタメン11人を変更して臨んだ。 ▽試合は6分、大宮がFKを得ると岩上のクロスを清水がファーサイドで折り返すも、GKがキャッチする。8分には黒川が敵陣でボール奪取。そのまま仕掛けると、ボックス内から折り返すも、DFがブロックする。 ▽筑波大学はディフェンスラインの裏を狙う攻撃や、両サイドを使った攻撃で大宮を押し込んでいく。すると15分、FKを得ると戸嶋のクロスを野口がヘッド。シュートはゴールを捉えるも、GK塩田がセーブする。 ▽21分、岩上のロングスローから大宮はチャンス。ニアサイドで清水がヘッドですらすと、高山が飛び込むもわずかに合わずにゴールとはならない。 ▽筑波大学も押し込む展開を見せていたが28分、清水が放ったシュートがハンドの判定に。これで得たPKを清水が落ち着いて沈め、大宮が先制する。 ▽35分、大宮はクリアボールを大屋がダイレクトで右に展開。ボックス右から岩上がダイレクトでグラウンダーのクロスを入れると、ボックス中央から清水がダイレクトシュート。しかし、シュートはクロスバーに嫌われる。 ▽40分にはボックス手前から清水がミドルシュート。しかし、これをGK阿部がわずかに触ると、シュートは左ポストを叩きゴールとはならない。 ▽大宮の1点リードで迎えた後半、50分に長谷川が前プレスでボールを奪うと、そのままループシュートも枠を越えていく。筑波大学は51分、スルーパスに中野が反応。裏に抜け出すも、GK塩田が飛び出しキャッチする。52分には左サイドでボールを持った三苫がドリブルでボックス内に侵入。渡部をかわしてシュートを放つも、GK塩田がキャッチする。 ▽54分、大宮は左サイドを崩すと、ボックス内左で相手ボールを奪った長谷川がパス。これを黒川がシュートも、DFがブロックする。 ▽62分、押し込む筑波大学はボックス手前でこぼれ球を拾った会津がシュート。しかし、これはわずかに左に外れる。 ▽73分、ボックス手前で中野がミドルシュート。これはGK塩田がわずかに触れるとクロスバーを直撃。跳ね返ったボールはラインを越えたように見えたが、ノーゴールの判定となった。 ▽互いに停滞感が漂う中、大宮は85分、左サイドを抜けたマテウスがボックス付近までドリブルで持ち込むと、グラウンダーのクロスが相手DFに当たって浮き球に。これに反応した清水がバイシクルシュートを叩き込み、大宮が土壇場で追加点を奪う。 ▽筑波大学は後半アディショナルタイムに決定機。鈴木大がヘッドで合わせるも、わずかに枠を外れる。その後は大宮が時間を使い試合終了。0-2で勝利し、2年連続でベスト8に進出した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170920_30_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽また、セレッソ大阪vs名古屋グランパスは1-0でC大阪が勝利した。C大阪はサンフレッチェ広島戦からスタメンを全員変更。名古屋も大きく選手を入れ替えて臨んだ。 ▽試合は6分、リカルド・サントスのスルーパスに反応した福満が抜け出すと、ボックス手前からシュートを沈めてC大阪が先制する。 ▽C大阪は39分、カウンターを仕掛けると関口のパスを受けたリカルド・サントスがシュート。しかし、GK武田にセーブされる。42分には秋山のパスを受けた福満がボックス内右からシュート。しかし、これは再びGK武田がセーブ。木本がこぼれ球に詰めるも枠を外れる。 ▽C大阪が1点リードで迎えた後半は、名古屋が攻勢に出る。しかし、精度を欠いてしまい得点を奪えない。C大阪は上手く時間を進めると、85分には負傷離脱していた清武が復帰。結局その後もゴールは生まれず、C大阪が1-0で勝利してベスト8に進んだ。 ▽この結果、準々決勝では10月25日にC大阪と大宮が対戦することとなる。 2017.09.20 21:03 Wed
twitterfacebook
thumb

C大阪の韓国代表GKキム・ジンヒョンが入籍 「これからは家庭とゴールマウスを守る」

▽セレッソ大阪は18日、韓国代表GKキム・ジンヒョン(30)が今月9月に一般女性と結婚・入籍したことを発表した。C大阪の絶対的守護神は次のようにコメントしている。 「この度入籍したことをご報告させていただきます。30歳になり家庭を持つことになりました。これからは家庭を守り、ゴールマウスもしっかり守っていきたいと思います。これからも応援よろしくお願いいたします」 ▽キム・ジンヒョンは2009年に加入したC大阪でプロキャリアをスタート。それ以来、C大阪一筋でプレーし、今シーズンもここまで守護神として、明治安田生命J1リーグ23試合に出場している。 2017.09.18 14:55 Mon
twitterfacebook
thumb

C大阪、残留争い中の広島に屈して優勝遠のく《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第26節のサンフレッチェ広島vsセレッソ大阪が16日にエディオンスタジアム広島で行われ、1-0で広島が勝利した。 ▽ここまで4勝8分け13敗で16位の広島と14勝6分け5敗で4位のC大阪が激突した。広島は、0-0で引き分けた前節のアルビレックス新潟戦と同様のメンバーを起用。対するC大阪は、1-4で勝利した前節のFC東京戦から木本に代えて山下を起用する1点を変更した。 ▽先にゴールを迫ったのはアウェイのC大阪。5分、左サイドの柿谷が入れたクロスにニアサイドの山村が合わせる。しかし、厳しい態勢から放ったヘディングシュートはバーの上にはずれる。 ▽ハーフタイムにかけては一進一退の攻防が繰り広げられる。広島は柏を生かしたサイド攻撃、C大阪はソウザのセットプレーやクロスからゴールに迫ろうとするも、いずれも決定打を欠き、試合はゴールレスのまま折り返す。 ▽迎えた後半は、広島が押し気味に試合を進める。すると59分にゴールに近づく。青山のパスからボックス右に抜けたアンデルソン・ロペスが折り返すと、最後はゴール至近距離のパトリックがシュート。しかし、DFに寄せられたこともあり、シュートは枠をはずれる。 ▽ゴールレスの時間が続く中、先に動いたのは広島。68分、柴崎を下げてフェリペ・シウバを投入する。すると、この交代が的中。70分、フェリペ・シウバ起点のカウンターからパトリックがボールを収める。走り込んだペナルティアークのフェリペ・シウバが横パスをダイレクトシュート。左足でのシュートがネットを揺らし、フェリペ・シウバの今季リーグ戦初ゴールで広島が先行する。 ▽これで乗ったフェリペ・シウバは78分、ペナルティアーク付近で左足を振り、強烈なシュートでゴールを強襲。しかし、これはバーに弾かれた。反撃したいC大阪は80分に山村とソウザに代えて木本と澤上を入れて巻き返しを図る。 ▽しかし、最後まで広島が凌いで逃げ切りに成功。広島が貴重な勝ち点3を手にし、リーグ4試合負けなしとした。一方のC大阪は首位の鹿島との勝ち点差が10ポイントに広がり、優勝が遠のく痛恨の黒星となっている。 2017.09.16 20:30 Sat
twitterfacebook
thumb

台風18号の影響でJ3第23節C大阪U-23vs北九州が延期に…代替日は10月11日

▽Jリーグは16日、9月17日(日)に和歌山県立紀三井寺公園陸上競技場で行われる予定だった明治安田生命J3リーグ第23節のセレッソ大阪U-23vsギラヴァンツ北九州の開催を台風18号の影響により中止し、延期したことを発表した。 ▽なお、代替日について、10月11日(水)にヤンマースタジアム長居で19時から開催することが決定したことも併せて発表している。 ▽また、チケットについては、9月17日分のチケットでそのままご利用できるとのこと。払い戻し期間については、20日の10時から10月11日の23時59分までとなっている。 ◆変更前 明治安田生命J3リーグ第23節 ▽9月17日(日) 《15:30》 セレッソ大阪U-23 vs ギラヴァンツ北九州 [和歌山県立紀三井寺公園陸上競技場] ◆代替日 明治安田生命J3リーグ第23節 ▽10月11日(水) 《19:00》 セレッソ大阪U-23 vs ギラヴァンツ北九州 [ヤンマースタジアム長居] 2017.09.16 12:12 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース