C大阪DF山下達也が左ハムストリング筋損傷で全治3週間2017.03.19 20:33 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽セレッソ大阪は19日、DF山下達也の負傷を発表した。

▽山下は、18日に行われた明治安田生命J1リーグ第4節のサガン鳥栖戦に先発出場。しかし、開始早々に山下が左足の大腿部を痛めてプレー続行不可能に。木本恭生と交代していた。

▽クラブの発表によると、山下は18日に大阪市内の病院で検査を行い、左ハムストリング筋損傷と診断。全治は3週間とのことだ。

▽今シーズンの山下は、開幕から明治安田生命J1リーグで4試合連続出場を果たしていた。

コメント

関連ニュース

thumb

C大阪MF清原翔平が徳島に期限付き移籍

▽徳島ヴォルティスは24日、セレッソ大阪からMF清原翔平(30)が期限付き移籍で加入したことを発表した。期限は2018年1月31日までとなる。 ▽JFLに属するSAGAWA SHIGA FCで59試合29得点を記録した清原は、2013年にツエーゲン金沢へ移籍し、Jリーグデビュー。それ以来、Jリーグ通算112試合で26得点を挙げている。C大阪には2016年に加入。今シーズンは公式戦10試合のみの出場にとどまっている。清原は両クラブを通してコメントしている。 ◆徳島ヴォルティス 「この度、セレッソ大阪から加入することになりました。徳島ヴォルティスがJ1に昇格出来るよう自分の出来る限りを尽くしていきます。チーム、ファン、サポーター、全員の力で昇格しましょう」 ◆セレッソ大阪 「この度、徳島ヴォルティスに期限付き移籍することになりました。チームの力になれていなく、そして自分の力不足を感じ、新しいチャレンジを選択させてもらいました。ファン、サポーターの皆さん熱い応援本当に感謝しています。ありがとうございました」 2017.07.24 19:25 Mon
twitterfacebook
thumb

元ドルトムントのC大阪MF丸岡満が長崎に期限付き移籍!

▽V・ファーレン長崎は24日、セレッソ大阪から元U-17日本代表MF丸岡満(21)が期限付き移籍で加入したことを発表した。期限は2018年1月31日まで。背番号は「39」を着用することが決定している。 ▽C大阪の下部組織で育った丸岡は、2014年にドルトムントへレンタル移籍をした経歴を持つ。ドルトムントには2014年から2016年までの2シーズンにわたって所属していたが、ブンデスリーガ1試合のみの出場にとどまり、昨シーズンからC大阪に復帰。今シーズンは公式戦13試合に出場していた。丸岡は両クラブを通してコメントしている。 ◆V・ファーレン長崎 「セレッソ大阪から来ました丸岡満です。今回、このような機会をいただき、ありがとうございます。V・ファーレン長崎の一員としてチームのために全身全霊を懸けて戦いたいと思います。ファン・サポーターの皆さんに少しでも早く『丸岡満』の存在を認めていただけるように、全力でプレーして結果を残していきたいです。よろしくお願いします!」 ◆セレッソ大阪 「この度、V・ファーレン長崎に期限付き移籍をすることになりました。僕はユースからセレッソ大阪で育ち、2014年にはドイツへの挑戦もさせてもらいました。今の自分がより成長するために何が必要かを考えて、今回長崎での挑戦を決断しました。いつも応援してくださったサポーターの皆様に成長した姿をお見せできるように、本気で頑張ってきます」 2017.07.24 18:12 Mon
twitterfacebook
thumb

首位・C大阪、前半4発のゴールラッシュでリーグ4連勝! 不安定さ露呈の浦和は連勝飾れず《J1》

▽22日にヤンマースタジアム長居で行われた明治安田生命J1リーグ第22節のセレッソ大阪vs浦和レッズは、4-2でホームのC大阪が勝利した。 ▽中断期間直前に行われた第18節の柏レイソル戦を2-1で勝利し、リーグ3連勝で2005年以来の首位に立ったC大阪(勝ち点38)が、アルビレックス新潟戦を2-1で勝利した8位の浦和(勝ち点29)をホームに迎えた。リーグ戦8試合無敗を継続しているC大阪は、17日に行われたStubHubワールドマッチ2017のセビージャ戦(1-3で敗北)から、先発メンバーを1人のみ変更。木本に代えてソウザを起用した。 ▽一方、前節勝利したものの、不安定な状況が続く浦和は、15日に行われた明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017のドルトムント戦(2-3で敗北)から、先発メンバーを1人のみ変更した。武藤に代えてズラタンを起用。興梠が2シャドーの一角に下がり、ズラタンが1トップに入った。 ▽昨シーズンのJリーグYBCルヴァンカップ王者である浦和が8月15日に行われるスルガ銀行チャンピオンシップに出場するため、先立って開催されたこの一戦。試合はアウェイの浦和がポゼッションを高めようとした矢先、C大阪があっさりと先制する。6分、ボックス右手前からソウザがクロスを試みるが、相手DFに当たってボールはボックス右へと転がる。これに反応した水沼がダイレクトで中央に折り返すと、ニアサイドに走りこんだ杉本が右足で流し込んだ。 ▽幸先良いスタートを切ったC大阪は直後にも追加点。8分、細かいパス回しからボックス左でパスを受けた柿谷が右足でクロスを供給。これをボックス中央の杉本が頭で合わせ、ゴール左隅へと押し込んだ。 ▽早い時間帯に2点を奪い、序盤から不安定な守備を露呈する浦和を攻め立てるC大阪は9分、柿谷のスルーパスに抜け出した杉本がボックス内でシュート。これは右ポストに嫌われる。さらに13分、セカンドボールをボックス手前で拾ったマテイ・ヨニッチがボックス内へボールを流すと、走りこんだ水沼がゴールネットを揺らす。しかし、今度はオフサイドの判定が下され、追加点とはならない。 ▽ここまで簡単にボックス内への侵攻を許してしまった浦和も徐々に落ち着きを取り戻し、攻勢へと転じる。すると18分、ボックス右手前の森脇がファーサイドにクロスを供給。これをラファエル・シルバが頭で落とし、中央の興梠が左足で合わせる。これはGKキム・ジンヒョンに弾かれるも、こぼれ球をズラタンがプッシュした。 ▽1点を返されたC大阪はすぐさま応戦。27分、山口が敵陣中央で興梠からボールを奪うと、ボックス手前やや右まで運んで右足を振り抜いてゴール左隅へと突き刺さった。さらに35分、右サイド敵陣深い位置から水沼がクロス。これをファーサイドに走りこんだ丸橋が胸で収め、左足で追加点を奪った。 ▽前半だけで4得点を奪われた浦和は43分、ボックス手前でパスを受けたラファエル・シルバが対峙した相手DFをかわし、抑えの効いた右足のシュートで点差を2に縮める。 ▽4-2でC大阪がリードして試合を折り返すと後半、2点を追う浦和がボールを保持して相手ゴールへと迫る。51分、後半から投入された駒井が右サイド敵陣深い位置からクロス。これをファーサイドのラファエル・シルバが胸でワントラップし、右足でシュートを放つもGKキム・ジンヒョンの正面に飛んでしまう。 ▽浦和はその後もサイドから執拗にボックス内へと放り込み、相手ゴールに迫るが、C大阪ディフェンスにことごとく跳ね返されてしまう。85分には柏木の右CKに途中出場の那須が頭で合わせるも、枠の上を逸れた。 ▽浦和は最後まで猛攻を仕掛けたが、守備に徹したC大阪を最後まで脅かすことができず、そのまま試合終了。前半だけで4ゴールを奪ったC大阪がリーグ戦4連勝を飾った。 2017.07.22 21:00 Sat
twitterfacebook
thumb

セビージャ指揮官、セレッソ大阪の前線を称賛「印象に残ったのは柿谷と杉本」

StubHubワールドマッチ2017が7月17日にヤンマースタジアム長居で行われ、セレッソ大阪とセビージャFC(スペイン)が対戦した。試合は3-1でセビージャが勝利。試合後、セビージャのエドゥアルド・ベリッソ監督が記者会見に臨んだ。<br><br>「攻撃面では何回もチャンスがあって、新シーズンに向けた準備ができたと思っています」と総括するベリッソ監督。「印象に残ったのはFWの選手、前半の2人(柿谷曜一朗と杉本健勇)。チームとしては非常に速く動いたり、守備面の強さを感じた。守備から攻撃の切り替えが早く、危険だと感じました」と対戦相手の印象を語った。<br><br>セビージャに連れていきたい選手はいるかという質問には「名前を言うのは好きじゃない。言ったら値段が高くなってしまいますので」と笑わせ、「今のところ、いくつかのポジションがまだ埋まっていないので、そこを考えています」と今後の補強をにおわせた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.17 23:10 Mon
twitterfacebook
thumb

C大阪戦で得点のセビージャFWムリエル、日本は「人々が親切で素晴らしいホスピタリティーがある」

17日に「StubHubワールドマッチ2017」セレッソ大阪vsセビージャFCが行われ、セビージャが3-1で勝利を果たした。後半アディショナルタイムにセビージャの3点目を決めたFWルイス・ムリエルは、プレシーズンの初戦となったこの試合で、良い感触をつかむことができたようだ。<br><br>今夏にサンプドリアからセビージャに加わったムリエル。この試合がセビージャとともに臨む初めての試合になったが、91分にGKセルヒオ・リコのロングフィードを起点にワンタッチでネットを揺らし、加入後初得点もマークしている。<br><br>試合後、ミックスゾーンに姿を現したムリエルは、自身のゴールを次のように振り返った。<br><br>「セビージャとの最初の試合でゴールを決めることは、僕にとってもチームにとっても重要だと考えていました。このゴールをしっかりと噛み締めたいと考えましたし、良い形で新しい冒険を始められたと思います」<br><br>コロンビア代表FWはまた、このセレッソ大阪戦がチームにとって有益なものであったとの考えを述べている。<br><br>「僕たちにとって重要な試合でした。今は親善試合をこなしながら準備を進めていく段階で、リーグ戦をこなしているチームが試合に持ち込んでくるリズムは、僕たちにとって大きく役立つものです。チームは良い準備ができていることを示したと思いますし、試合に勝ちながら自信を深めていくことは大切ですね」<br><br>セビージャが次に臨むプレシーズンマッチは、「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017」鹿島戦だ。その試合の前には、マンチェスター・シティから獲得したFWノリートがチームに合流する。<br><br>「ノリートが素晴らし過ぎる選手であることは秘密でも何でもないですし、チームに大きく貢献してくれるはずです。次の試合で彼を加えられることは、僕たちにとって重要です。監督が標榜し、チームが実践するプレーのメカニズムを早い段階で飲み込むことができますから」<br><br>ムリエルはまた、今回の日本滞在で印象に残っていることを問われ、ホスピタリティーを挙げている。<br><br>「僕たちはいつもホテルにいて、外出する機会は限られています。ただ日本の人々との少しの触れ合いで印象に残ったのは、とても親切で、素晴らしいホスピタリティーがあるということです。日本人がどういった人たちかは聞いていたのですが、実際にここに滞在してみると、また違いますね」<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.17 23:05 Mon
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース