C大阪DF山下達也が左ハムストリング筋損傷で全治3週間2017.03.19 20:33 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽セレッソ大阪は19日、DF山下達也の負傷を発表した。

▽山下は、18日に行われた明治安田生命J1リーグ第4節のサガン鳥栖戦に先発出場。しかし、開始早々に山下が左足の大腿部を痛めてプレー続行不可能に。木本恭生と交代していた。

▽クラブの発表によると、山下は18日に大阪市内の病院で検査を行い、左ハムストリング筋損傷と診断。全治は3週間とのことだ。

▽今シーズンの山下は、開幕から明治安田生命J1リーグで4試合連続出場を果たしていた。

コメント

関連ニュース

thumb

C大阪、FCソウルから獲得のMFオスマルが完全移籍ではなく期限付き移籍での加入に訂正

▽セレッソ大阪は22日、21日にKリーグ1のFCソウルからの獲得を発表していたスペイン人MFオスマル(29)が完全移籍ではなく、期限付き移籍であると訂正している。なお、移籍期間については明かされていない。 ▽オスマルは、2007年にラシンでプロキャリアをスタートさせると、ブリーラム・ユナイテッド(タイ)を経て、2014年からFCソウルでプレー。センターバックを主戦場としながら守備的MFもこなせ、2016年のKリーグクラッシックにおける年間ベストイレブン受賞した。 ▽なお、C大阪にはブラジル人MFソウザやブラジル人FWリカルド・サントス、韓国代表FWヤン・ドンヒョン、同GKキム・ジンヒョン、クロアチア人DFマテイ・ヨニッチ、U-23タイ代表MFチャウワット・ヴィラチャードが所属しており、オスマルを選手登録するためには、「Jリーグ提携国」のタイ国籍であるチャウワットを除いた5選手のうち、1名の登録を抹消しなければならない。 ▽C大阪は、21日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018・グループG第2節で広州恒大(中国)とホームで対戦し、0-0で引き分けた。グループステージ2節を終えて1勝1分けと負けなしで、グループGの首位に立っている。なおC大阪の次戦は、25日に行われる明治安田生命J1リーグ第1節で横浜F・マリノスをホーム戦に迎える。 2018.02.22 13:47 Thu
twitterfacebook
thumb

C大阪、FCソウルからスペイン人MFオスマルを完全移籍で獲得!

▽セレッソ大阪は21日、Kリーグ1のFCソウルからスペイン人MFオスマル・イバニェス・バルバ(29)を完全移籍で獲得した。なお、登録名は『オスマル』となるようだ。 ▽オスマルは、2007年にラシンでプロキャリアをスタートさせると、ブリーラム・ユナイテッド(タイ)を経て、2014年からFCソウルでプレー。センターバックを主戦場としながら守備的MFもこなせ、2016年のKリーグクラッシックにおける年間ベストイレブン受賞した。 ▽なお、C大阪にはブラジル人MFソウザやブラジル人FWリカルド・サントス、韓国代表FWヤン・ドンヒョン、同GKキム・ジンヒョン、クロアチア人DFマテイ・ヨニッチ、U-23タイ代表MFチャウワット・ヴィラチャードが所属しており、オスマルを選手登録するためには、「Jリーグ提携国」のタイ国籍であるチャウワットを除いた5選手のうち、1名の登録を抹消しなければならない。 ▽C大阪は、21日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018・グループG第2節で広州恒大(中国)とホームで対戦し、0-0で引き分けた。グループステージ2節を終えて1勝1分けと負けなしで、グループGの首位に立っている。なおC大阪の次戦は、25日に行われる明治安田生命J1リーグ第1節で横浜F・マリノスをホーム戦に迎える。 2018.02.22 00:19 Thu
twitterfacebook
thumb

連勝目指したC大阪はグループ最大の難敵広州恒大とゴールレスドロー《ACL2018》

▽セレッソ大阪は21日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018・グループG第2節で広州恒大(中国)とホームで対戦し、0-0で引き分けた。 ▽第1節の済州ユナイテッドFC戦で日本勢で唯一白星を手にしたC大阪。グループ最大の強豪である広州恒大との一戦に向けて、前節から4選手を変更。清武、木本、柿谷、杉本に代えて、山下、山村、高木、ヤン・ヒョンジンを起用した。 ▽早々から激しい攻防が展開される中、C大阪は自分たちのミスから相手にチャンスを与えてしまう。14分、自陣でパスを回すC大阪は、ソウザがヘディングでGKに戻したバックパスをアランに奪われる。アランはこれを押し込みにかかるが、上手くミートさせることが出来ず、シュートはGKキム・ジンヒョンがしっかりキャッチする。 ▽17分にもC大阪はピンチを迎える。1本のロングボールからグラル、アランと繋げられシュートまで持ち込まれるが、ここはわずかに枠の外。C大阪はヒヤリとする場面が続いた。 ▽C大阪がチャンスを迎えたのは23分、ソウザの強烈なシュートのこぼれ球を山村が畳み掛けるが、GKリウ・ディアンズオに左足で防がれてしまう。29分には広州恒大がチャンス。味方のパスに反応したガオ・リンが至近距離からシュートを放つも、守護神キム・ジンヒョンがここでもゴールを死守する。 ▽時間が進むにつれて防戦一方になっていくC大阪だが、広州恒大もフィニッシュに精彩を欠き、ネットを揺らすまでは至らない。結局、スコアに動きはないまま、前半は終了した。 ▽後半に入って、やや息を吹き返したC大阪。61分には相手のミスを奪ったソウザがボックス外左からシュートを放つが、相手に当たり枠を捉えることができない。65分に得たFKも、ソウザが壁に当ててしまい、なかなかゴールに結びつけることができない。 ▽C大阪は75分に高木に代えて柿谷を投入。その柿谷は、投入後すぐにドリブルで見せ場を作りCKを獲得。そのCKをソウザが頭で合わせてネットを揺らしたが、クロスがゴールラインを割っていると判定され、ノーゴールとなった。 ▽その直後の67分、山下が相手を倒してしまい、危険な位置でFKを与えてしまう。ボックス外右という広州恒大にとって絶好の位置。これをグデリが狙うと、GKキム・ジンヒョンがゴールラインギリギリのところでセーブし事無きを得る。 ▽その後、C大阪は山下を下げて杉本をピッチに送り出す。すると87分、左サイドの柿谷のクロスにニアで杉本が頭で合わせるが、枠を捉えたこのシュートはGKリウ・ディアンズオにビッグセーブで防がれる。 ▽さらに水沼に代えて福満を投入し、残り時間で猛攻を仕掛けるC大阪。終了間際のCKに丸橋が飛び込むも、シュートは相手に弾かれて試合終了。両チームとも決め手に欠き、ゴールレスで痛み分けに終わった。 セレッソ大阪 0-0 広州恒大 2018.02.21 21:14 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1開幕直前クラブガイド】“ジンクス“連破”で桜軍団黄金期構築へ《セレッソ大阪》

▽2018シーズンの明治安田生命J1リーグが史上初となる金曜開催の23日を皮切りに幕を開ける。“蹴”春到来に先駆けて、超WS編集部が今シーズンのJ1を彩る全18クラブを徹底分析。チームのノルマ、補強達成度、イチオシ選手、予想布陣をお届けしていく。第14弾はセレッソ大阪を紹介する。 <span style="font-weight:700;">◆継続&発展で真価証明を</span><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">【ノルマ:優勝争い】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_cerezo_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽J1復帰初年度の昨シーズンは明治安田生命J1リーグで3位と躍進。さらに、YBCルヴァンカップと天皇杯を制覇してクラブ初タイトル獲得と共に、2冠を達成した充実したシーズンを送った。規律とハードワークを重んじる尹晶煥監督の下、魅せるサッカーから勝つサッカーへ変貌を遂げて、J1昇格プレーオフ覇者の1年での降格というジンクスも破った。 ▽最高の1年を過ごして迎える新シーズンのテーマは「継続」と「発展」。その一つとして尹晶煥監督は「ポゼッションの向上」を掲げており、先日行われたFUJI XEROX SUPERCUPの川崎フロンターレ戦(3-2)、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)開幕戦となった済州ユナイテッドFC戦(1-0)では早くもその兆候が見られ、その仕上がり具合に期待は高まるばかりだ。 ▽しかし、C大阪にはもう一つ破らなくてはいけないジンクスがある。それは「優勝争いした翌年の低迷」だ。4年ぶりに参戦するACLを含め、昨シーズンよりも試合数が増加。さらに、ワールドカップイヤーということもあり、序盤戦は過密日程が組まれている。C大阪としては真価が問われるシーズンとなるが、築き上げた堅守速攻を発展させ、タイトル獲得によって得た勝負強さを発揮することができれば、2つ目のジンクス破りももちろん、さらなるタイトル獲得で黄金期の到来も期待できる。 <span style="font-weight:700;">◆充実した補強で選手層拡充</span><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">【補強達成度:A】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_cerezo_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽海外移籍が噂されたエースFW杉本健勇の残留に加え、右サイドを活性化させ続けたMF水沼宏太を完全移籍で確保し、昨季の主力全員の慰留に成功。さらにACLを並行する戦いに向けて、DF片山瑛一、MF田中亜土夢、FW高木俊幸、そして尹晶煥監督の教え子でもあるFWヤン・ドンヒョンといった上積みを期待できる実力者を獲得して厳しい戦いを乗り切るための陣容を整えた。 ▽若手ではU-23タイ代表のチャウワット・ヴィラチャードの他に、大卒のGK永石拓海、ユース出身のFW中島元彦やFW山田寛人、高卒の高校No.1FW安藤瑞季といった年代別日本代表の逸材も獲得。当面はU-23チームでのプレーがメインとなりそうだが、将来を見据えた充実したメンバーを揃えている。<hr>【IN】 GK永石拓海(21)←福岡大学/新加入 DF片山瑛一(26)←ファジアーノ岡山/完全 MF田中亜土夢(30)←HJKヘルシンキ(フィンランド)/完全 MFチャウワット・ヴィラチャード(21)←バンコク・グラス(タイ)/期限付き MF水沼宏太(27)←FC東京/期限付き→完全 MF魚里直哉(22)←関西国際大学/新加入 FW中島元彦(18)←セレッソ大阪ユース/昇格 FW山田寛人(17)←セレッソ大阪ユース/昇格 FW安藤瑞季(18)←長崎総合科学大附属高校/新加入 FW高木俊幸(26)←浦和レッズ/完全 FWヤン・ドンヒョン(31)←浦項スティーラース(韓国)/完全 【OUT】 GKアン・ジュンス(20)→鹿児島ユナイテッドFC/期限付き GK圍謙太朗(26)→アビスパ福岡/期限付き GK武田博行(34)→東京ヴェルディ/完全移籍 DF温井駿斗(21)→栃木SC/完全 DF庄司朋乃也(20)→ツエーゲン金沢/期限付き延長 DF池田樹雷人(21)→愛媛FC/完全 DF椋原健太(28)→ファジアーノ岡山/完全 MF関口訓充(32)→契約満了 MF阪本将基(21)→鹿児島ユナイテッドFC/完全 MF前川大河(21)→徳島ヴォルティス/期限付き延長 MF丸岡満(22)→レノファ山口FC/期限付き MF清原翔平(30)→ツエーゲン金沢/完全 FW岸本武流(20)→水戸ホーリーホック/期限付き<hr><span style="font-weight:700;">◆超WS編集部イチオシ選手</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_cerezo_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>MF山口蛍(27) 2017シーズン(J1) 32試合出場2得点<hr>▽昨季に続くタイトル獲得のキーマンになるのは日本代表MF山口蛍だ。昨季は明治安田生命J1リーグ32試合に出場して2ゴールを記録。リーグ最多となるインターセプト数を誇り、幾度となく攻撃を加速させた。また、日本代表としてはアジア最終予選8試合に出場してロシア・ワールドカップ出場に貢献。厳しいアジアの戦いを潜り抜けてきただけに、ACLでの活躍にも期待がかかる。 ▽そして今季は3年ぶりにキャプテン就任。「去年と一昨年に(柿谷)曜一朗くんがやって結果が出ているのでプレッシャーはある」と語るように、一昨年のJ1昇格、そして昨季の2冠を達成して大躍進を見せたチームを引っ張るのはかなりの重責だ。それでも4年前にキャプテンを務めながら負傷でシーズン後半を棒に振り、チームもJ2降格となった苦い思い出があるだけに、主将を託された今季に懸ける思いは強いはずだ。 ▽10日に行われたFUJI XEROX SUPERCUPの川崎F戦では精力的なプレーで存在感を発揮し、先制点を記録するなど個人としても好スタートを切った今季の活躍は、期待せずにはいられない。 <span style="font-weight:700;">◆2018シーズンの予想布陣</span>[4-4-2] <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_cerezo_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、マテイ・ヨニッチ、木本恭生、丸橋祐介 MF:水沼宏太、山口蛍、ソウザ、清武弘嗣 FW:杉本健勇、柿谷曜一朗<hr>▽ここまでの公式戦2試合から今年も[4-4-2]がベースとなり、スターティングメンバーも変化がないことを予想する。最終ラインではDFマテイ・ヨニッチがセンターバックの一角に当確で、相棒はベテランDF山下達也と昨季台頭したDF木本泰生が争うことになりそうだ。前線では川崎F戦で得点を奪った高木俊幸とアシストを記録したヤン・ドンヒョンが済州戦にも出場。すでにレギュラー争いに参戦している。19日にMF清武弘嗣が全治6週間のケガを負ったことからも、開幕序盤の左MFは高木が務めることとなりそうだ。 ▽昨季の尹晶煥監督は、「リーグ戦組」と「ルヴァン組」にチームを二分した戦略でシーズンを戦った。今季の戦い方にも注目が集まるが、新加入を含めて多種多様な選手が存在しており、対戦相手や試合状況、コンディションに応じて様々な入れ替えが行われそうだ。 2018.02.21 18:05 Wed
twitterfacebook
thumb

「今は正直何も考える事ができません」右腓腹筋筋損傷のC大阪MF清武弘嗣、胸中を明かす

▽セレッソ大阪のMF清武弘嗣が、度重なる負傷に心境を吐露している。 ▽2017年2月にセビージャから4年半ぶりとなるセレッソ大阪復帰を果たした清武。日本屈指のゲームメーカーの帰還に活躍が期待されたが、開幕直後の3月末に左大腿四頭筋損傷すると、6月には左ハムストリング筋を損傷。その後は戦線に復帰し、2017シーズンの明治安田生命J1リーグでは18試合6ゴール4アシストを記録して、12月に行われたEAFF E-1サッカー選手権大会2017に臨む日本代表にも選出された。しかし、練習中での脳震とうが原因で大会を迎える前に離脱していた。 ▽復活を誓った今シーズンは背番号10を与えられ、今月10日に行われた川崎フロンターレとのFUJI XEROX SUPERCUPでは1ゴール。14日に行われた、AFCチャンピオンズリーグ第1節の済州ユナイテッド(韓国)戦にも出場し、順調にリーグ戦の開幕を迎えようとしていたが、19日に右腓腹筋筋損傷と診断されて、全治6週間が発表された。 ▽6月にはロシア・ワールドカップ本大会を控えているだけに痛い負傷を負った清武はインスタグラム(kiyotake_hiroshi_official)を更新。苦しい胸の内を明かしている。 「去年から何をしてるんだ。怪我ばっかり。そう思っている人はたくさんいるはずです。でも、自分でもそう思っています。キャンプから順調にきて、コンディションも良かったのですが。今は正直何も考える事ができません。また元気な姿を見せれるように頑張ります」 2018.02.19 21:48 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース