超ワールドサッカー

C大阪DF山下達也が左ハムストリング筋損傷で全治3週間2017.03.19 20:33 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽セレッソ大阪は19日、DF山下達也の負傷を発表した。

▽山下は、18日に行われた明治安田生命J1リーグ第4節のサガン鳥栖戦に先発出場。しかし、開始早々に山下が左足の大腿部を痛めてプレー続行不可能に。木本恭生と交代していた。

▽クラブの発表によると、山下は18日に大阪市内の病院で検査を行い、左ハムストリング筋損傷と診断。全治は3週間とのことだ。

▽今シーズンの山下は、開幕から明治安田生命J1リーグで4試合連続出場を果たしていた。

コメント

関連ニュース

thumb

C大阪GKアン・ジュンスが右腓骨骨折で手術…全治3カ月

▽セレッソ大阪は23日、元U-20韓国代表GKアン・ジュンスが右腓骨骨折で22日に大阪府内の病院で手術を行ったことを発表した。全治は3カ月だ。 ▽アン・ジュンスは、18日に行われた明治安田生命J3リーグ第13節のAC長野パルセイロ戦で先発出場するも、26分にGK茂木と負傷交代していた。 ▽2016年7月に韓国の議政府FC U-18から加入したアン・ジュンスは今シーズンここまで、明治安田生命J3リーグの3試合に出場していた。 2017.06.23 16:44 Fri
twitterfacebook
thumb

C大阪、土壇場PKで勝ち点1も首位追走に手痛いドロー…清水は鄭大世弾守り切れずリーグ戦9試合白星なし《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第15節のセレッソ大阪vs清水エスパルスが17日にヤンマースタジアム長居で行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽ここまで8勝4分け2敗で2位につけるC大阪(勝ち点28)が、3勝5分け6敗で13位につける清水(勝ち点14)をホームに迎えた。前節のアルビレックス新潟戦を4-0で圧勝したリーグ4連勝中のC大阪は、その一戦から先発メンバーを2人変更。田中に代えて松田、累積警告により出場停止となったソウザに代えて木本を起用した。 ▽一方、前節のFC東京戦黒星(0-2)でリーグ8試合白星なしの清水は、その一戦から先発メンバーを3人変更。村松と角田、右脛腓じん帯結合部損傷で全治約3カ月と診断された白崎に代えて、カヌと二見、鄭大世が起用された。 ▽試合は立ち上がりから両者共に積極的にプレスをかける中、清水がいきなり先制点を奪う。3分、敵陣左深い位置で松原のスローインを受けたチアゴ・アウベスがそのままクロス。これをニアサイドに走り込んだ鄭大世が頭でゴール左へと流し込んだ。 ▽出鼻をくじかれたC大阪もすぐさま反撃。8分、最終ラインからのスルーパスに反応し、右サイドを突破した水沼がダイレクトでグラウンダーのクロスを供給。これを杉本が右足で合わせるも、GK六反がブロック。こぼれ球に山村が飛び込むもゴールネットを揺らすことができない。 ▽先制を許して以降、敵陣への侵攻が増えたC大阪だったが、決定機を作り出すことができない。対する清水は25分、松原のパスを受けたチアゴ・アウベスがボックス左でのキープから強引に左足でシュートに持ち込むも、ゴール右を逸れてしまう。 ▽同点に追いつきたいC大阪は35分、ボックス手前やや左でFKを獲得すると、キッカーの柿谷が右足を振り抜く。これが枠を捉えるが、GK六反の好守に阻まれる。 ▽その後も清水ゴールに迫るC大阪は41分、敵陣中央右でFKを獲得するとリスタートから右サイドを突破した松田のクロスにファーサイドの杉本がヘディングシュート。さらにその直後、柿谷からの左CKをゴール前の杉本が頭で合わせるも、どちらも枠を捉えることができない。 ▽後半に入っても、1点ビハインドのC大阪がサイドからゴール前にクロスを送るが、清水の粘り強いディフェンスに跳ね返されてしまう。61分には左サイドを突破した柿谷のパスを受けた杉本がボックス付近から右足を振り抜くが、枠を捉えることができない。 ▽押し込まれる展開が続く清水は71分、敵陣中央左でFKを獲得すると、キッカーのチアゴ・アウベスがクロスを選択。ボックス手前にこぼれたボールを金子がダイレクトでシュートを放つも、GKキム・ジンヒョンンの冷静な対応に阻まれる。 ▽ホームで勝ち点を落とすわけにはいかないC大阪は77分、山口のサイドチェンジをボックス左外で受けた柿谷がカットインから右足を振り抜く。これが枠を捉えるも、GK六反のファインセーブに防がれる。 ▽幾度となくゴールを脅かすも、なかなか追いつけないC大阪は終盤、パワープレーを開始。すると迎えた後半アディショナルタイム2分、山口がゴール前にふわりと放り込んだボールを藤本が競ると、ボールが松原の手に当たり、ハンドの判定。キッカーの清武が落ち着いてゴール左隅へと突き刺し、土壇場で同点に追いついた。結局、試合は1-1で終了。これで、清水は9試合白星なしとなった一方で、対するC大阪は首位追走へ手痛いドローに終わった。 2017.06.17 21:15 Sat
twitterfacebook
thumb

金沢がC大阪からDF庄司朋乃也を育成型期限付き移籍で獲得! 今季はルヴァン杯で3試合出場

▽ツエーゲン金沢は10日、セレッソ大阪に所属するDF庄司朋乃也(19)の育成型期限付き移籍での加入が決定したことを発表した。同期間は、2018年1月31日までとし、当該間で対戦する全ての公式戦に出場することができない。 ▽群馬県出身の庄司は、2016年にC大阪下部組織からトップチーム昇格。加入初戦度は、新設されたセレッソ大阪U-23を中心に明治安田生命J3リーグで16試合に出場。今季は3月11日に行われたルヴァンカップ第1節の横浜F・マリノス戦でトップチームデビューを飾ると、ルヴァンカップ3試合に出場していた。 ▽金沢への育成型期限付き移籍が決定した庄司は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントした。 ◆ツエーゲン金沢 「セレッソ大阪より育成型期限付移籍をしてきました、庄司朋乃也です。チームの勝利に貢献できるよう全力で頑張ります。よろしくお願いいたします」 ◆セレッソ大阪 「ツエーゲン金沢に育成型期限付移籍をすることになりました。金沢でいろいろな経験を積み、成長してセレッソに帰ってきます!引き続き応援をよろしくお願いいたします」 2017.06.10 17:44 Sat
twitterfacebook
thumb

大ケガを負ったシリア戦を前にC大阪MF山口蛍「乗り越えていかなくてはいけない」《キリンチャレンジカップ2017》

▽日本代表は6日、翌7日に行われるシリア代表戦とのキリンチャレンジカップ2017に向け、試合会場となる東京スタジアムで最終調整を行った。 ▽練習終了後、MF山口蛍(セレッソ大阪)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。大ケガを負ったシリア代表との一戦については「普通の状態ではない」と心境を語った。 <span style="font-weight:700;">◆MF山口蛍</span>(セレッソ大阪) <span style="font-weight:700;">──昨日の練習では[4-3-3]をやっていたが、アンカーに入ることになると思うが</span> 「まだどれで行くか分からないのでなんとも言えないです。スタメンが発表されないとなんとも言えないので、分からないですね」 <span style="font-weight:700;">──前の2人をどうやって使いたいか</span> 「自由に前に行ってもらいたいですし、後ろはセンターバックと1枚居れば十分だと思うので。そこで上手く守って、2人は比較的攻撃的に居てもらえればと思います」 <span style="font-weight:700;">──アンカーとダブルボランチでやるときの違いは</span> 「2枚だと前にも行けるし、サイドを追い越してということもできます。アンカーの場合は基本的に真ん中にいると思います。ポジショニングは違いはあるかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──去年苦しんだイラク戦への準備となるが、どんなことを想定してやりたいか</span> 「イラクと似ているという話もありますし、それを頭に入れながらやらなくちゃいけないと思います。自分たちがボールを持つ時間が長くて、押し込む時間が長くなると思いますが、カウンターは脅威になると思います。カウンターをさせないというのが一番大事かなと思います。その前にも、自分たちが簡単にボールを失わないというのがあると思います」 <span style="font-weight:700;">──シリアは大ケガをした相手で、相手の選手は今回も招集されている</span> 「恐怖感とかはないですが、苦い思い出はあります。もちろん普通の状態ではないかなと。でも、それを乗り越えていかなくてはいけないかなと思います」 2017.06.06 20:56 Tue
twitterfacebook
thumb

新潟に4-0圧勝のC大阪が公式戦6連勝《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第14節のセレッソ大阪vsアルビレックス新潟がキンチョウスタジアムで4日に行われ、4-0でC大阪が勝利した。 ▽ここまで7勝4分け2敗で3位のC大阪と、同2勝2分け9敗で17位の新潟が対戦した。C大阪は、2-1で勝利した前節のヴィッセル神戸戦の先発から、松田と清武に代えて田中と水沼を起用。対する新潟も変更は2カ所。右足関節インピンジメント症候群の手術を行ったGK大谷、そしてロメロ・フランクに代えてGK守田と原を起用した。 ▽試合は、立ち上がりからC大阪が積極的に前へ出ていく。すると、12分に新潟を脅かす。左サイドのソウザが入れたクロスに正面の山村がヘッド。このシュートがゴール右に決まるも、ここは山村がオフサイドを取られ、得点は認められない。 ▽対する新潟は、21分に反撃。ボックス左の手前から堀米がシュートを放つと、DFに当たってコースが変わる。ゴール至近距離でホニがこぼれ球を押し込みにかかるが、これはGKキム・ジンヒョンの好ブロックに阻まれてチャンスを生かせない。 ▽ゴールレスのまま迎えた後半も好勝負が繰り広げられる。C大阪は、65分に杉本に代えて澤上を投入。積極的にゴールを狙うと、67分にCKからボックス内でマテイ・ヨニッチがソン・ジュフンに倒されてPKを獲得する。キッカーの柿谷がこのPKを冷静に沈めて、C大阪が試合の均衡を破った。 ▽ビハインドを背負った新潟は、70分に同点弾のチャンス。ボックス右手前のチアゴ・ガリャルドが、ゴール右上隅を捉える鋭いミドルシュートを放つ。しかし、これはGKキム・ジンヒョンのビッグセーブに遭い、ゴールとはならない。 ▽すると、C大阪が追加点を奪う。ボックス左で水沼が入れたクロスにファーサイドの山下が頭で合わせる。このヘディングシュートが決まり、C大阪がスコアを2-0とした。 ▽完全に勢いに乗ったC大阪は80分、ボックス左に走り込んだ山村に柿谷がFKからクイックリスタートでパス。ボールを受けた山村がそのままシュートをゴールに流し込み、3-0とする。 ▽その後、86分にペナルティアーク手前からソウザが壁を越す直接FKで今季初ゴールを記録したC大阪は、新潟の反撃をシャットアウトして逃げ切り。リーグ戦4連勝、公式戦では6連勝となる白星を手にした。 2017.06.04 16:58 Sun
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース