C大阪DF山下達也が左ハムストリング筋損傷で全治3週間2017.03.19 20:33 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽セレッソ大阪は19日、DF山下達也の負傷を発表した。

▽山下は、18日に行われた明治安田生命J1リーグ第4節のサガン鳥栖戦に先発出場。しかし、開始早々に山下が左足の大腿部を痛めてプレー続行不可能に。木本恭生と交代していた。

▽クラブの発表によると、山下は18日に大阪市内の病院で検査を行い、左ハムストリング筋損傷と診断。全治は3週間とのことだ。

▽今シーズンの山下は、開幕から明治安田生命J1リーグで4試合連続出場を果たしていた。

コメント

関連ニュース

thumb

C大阪MF山口蛍、負傷者続出のボランチに「できる選手で頑張るしかない」《ロシアW杯アジア最終予選》

▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は25日、埼玉スタジアム2002のサブグラウンドでトレーニングを再開した。 ▽練習終了後、MF山口蛍(セレッソ大阪)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。負傷者が続出のボランチに「ケガは仕方ないんで、できる選手で頑張るしかない」とコメントした。 <span style="font-weight:700;">◆MF山口蛍</span>(セレッソ大阪) <span style="font-weight:700;">──タイ戦に向けて</span> 「ケガは仕方ないんで、できる選手で頑張るしかない。自分が次出るかどうかもわからないので、あまり何も言えないけど、出ても出なくても自分の役割は変わらないし、誰と組んでもしっかりとやっていきたい」 <span style="font-weight:700;">──アンカーでのプレーについて</span> 「アンカーというポジションだったこともあって、色々考えながらプレーしていた。次に機会があれば、もう少しうまくプレーできるかなと。大きな問題はなくやることはできていたと思う」 <span style="font-weight:700;">──インサイドハーフの攻め上がりでどうしても守備時が手薄になる</span> 「ボールを取れなくても、攻撃を遅らせることだったり、空いているスペースを埋めることが僕の役割。それをやれたら良いと思って試合に入った」 <span style="font-weight:700;">──実際にプレーしてみて大変だった</span> 「いや、センターバックと話し合いながら、なるべく真ん中にいたし、あまりサイドに釣り出されるシーンもなかった。大変という気持ちも疲れもそれほどなかった」 <span style="font-weight:700;">──次のタイ戦に向けて</span> 「前回と一緒ですね。対戦相手がどこであっても、やることは変わらないですし、求められていることもほとんど一緒だと思っている」 <span style="font-weight:700;">──タイの印象は</span> 「僕の中で、それほど特長の印象がない。でも、チームでタイキャンプ行った時に、テクニカルな選手が多かった印象がある」 <span style="font-weight:700;">──今度は最下位のタイとの一戦。違ったプレッシャーがある</span> 「勝たなくちゃいけないことに変わりはない。どんな形であれ、勝ちにこだわりたい」 2017.03.26 00:05 Sun
twitterfacebook
thumb

C大阪MF水沼宏太が追突事故…双方ともにケガはなし

▽セレッソ大阪は25日、MF水沼宏太が運転する乗用車が交通事故を起こしたことを発表した。 ▽発表によると同日の13時30分ごろ、大阪府大阪市大正区泉尾付近にて、水沼の運転する乗用車が信号で停車後、青信号に変わり発進したところを停車中の前方乗用車の後部に接触したとのことだ。なお、水沼は事故発生後、警察へ届け出ており、相手乗用車の運転手、同選手共にケガはないようだ。 ▽水沼はクラブを通じてコメントしている。 「この度、私の不注意からこのような事故を起こしてしまい、乗用車の運転をされていた方に心よりお詫び申し上げます。深く反省しており、今後は改めて細心の注意をはらって運転いたします。大変申し訳ございませんでした」 2017.03.25 22:01 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FCがC大阪を退団したGK北野貴之の加入を発表

▽横浜FCは22日、GK北野貴之(34)が加入したことを発表した。背番号は45番となる。 ▽横浜FCに加入した北野は、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントした。 「初めまして。昨シーズンまでセレッソ大阪に在籍していた、北野貴之です。今回横浜FCさんから、ご縁、お話を頂き、心から感謝しております。今年掲げるチームの目標、自分が今日まで得た学びを横浜FCでいかし、チームの目標達成に際し、チームの推進力となれるよう、覚悟し精進して歩みたいと思います」 「横浜FCさんのサポーターの皆様、全国の応援してくださる皆様のお力をお借りし、今シーズン素晴らしい形で終えたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します」 ▽2003年にアルビレックス新潟でプロキャリアを歩み始めた北野は、その後、大宮、セレッソ大阪でプレー。2016年12月の契約満了に伴いC大阪を退団していた。 2017.03.22 17:52 Wed
twitterfacebook
thumb

イバルボ先発デビューの鳥栖を山村弾で下したC大阪が今季リーグ戦初白星《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第4節のセレッソ大阪vsサガン鳥栖が18日にキンチョウスタジアムで行われ、1-0でC大阪が勝利した。 ▽ここまで2分け1敗のC大阪と、1勝1分け1敗の鳥栖が相まみえた。C大阪は、杉本を最前線に、柿谷、清武、ソウザ、山村、山口を起用。一方の鳥栖は、新加入のイバルボが早速スタメン入り。そのほか、豊田、鎌田、原川らが先発に名を連ねた。 ▽アウェイの鳥栖が積極的な立ち上がりを見せた中、C大阪は早々にアクシデント。左足の大腿部を痛めた山下がプレー続行不可能となり、木本との交代でピッチを後にする。 ▽そのC大阪は、時間の経過とともに支配率を高めていく。17分には、清武が中距離から思い切りよく左足を振る。しかし、このミドルシュートは枠を捉えることができない。 ▽なかなかフィニッシュに持ち込めない鳥栖だが、27分には際どいチャンス。鎌田を起点としたプレーから、最後はボックス左の原川がシュート。ファーサイドを狙ったコントロールシュートだったが、わずかにポスト右へそれていく。 ▽ゴールレスのまま迎えた後半、鳥栖は56分にイバルボを下げて田川を投入。イバルボは要所で持ち前のフィジカルの強さを発揮したが、決定的なプレーはできなかった。 ▽すると、70分に試合の均衡を破ったのはC大阪だった。ソウザの左CKが流れると、ボックス右角付近から清武がクロス。ファーサイドの木本が折り返すと、最後はゴール前で飛び込んだ山村がヘディングシュートでネットを揺らした。 ▽終盤にかけては、ビハインドを背負う鳥栖がリスクを負って攻める展開となる。86分には、左サイドを崩して田川が入れたクロスに、ゴール正面の鎌田が合わせる。しかし、シュートはバーの上へはずれ、この決定機をモノにすることができない。 ▽その後、最後まで鳥栖に得点を許さなかったC大阪が山村のゴールを守り切って今季リーグ戦初白星を手にしている。 2017.03.18 16:58 Sat
twitterfacebook
thumb

UAE戦への思いを語るC大阪MF山口蛍「UAEに負けて1年を通して苦しみながら戦った」《ロシアW杯アジア最終予選》

▽日本サッカー協会(JFA)は16日、今月3月に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の2試合に臨む日本代表メンバー25名を発表した。 ▽日本代表に選出されたセレッソ大阪のMF山口蛍がクラブを通じてコメント。UAE戦への思いを語った。 ◆MF山口蛍(セレッソ大阪) 「(最終予選が)UAE戦からスタートしてホームで負けているし、個人としてはホームでやった時に試合に出られていないので、しっかり試合に出て勝利に貢献したいです。昨年はUAEに負けて1年を通して苦しみながら戦ったので、スタートで決まってくると思います。しっかり勝てば流れに乗っていけるし、大事な一戦になることは間違いないと思います」 2017.03.16 21:57 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース