清水が鹿島戦でのDF角田誠の中指立て挑発行為を謝罪…角田「人として本当にしてはいけない事」2017.03.19 20:01 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽清水エスパルスは19日、18日に行われた明治安田生命J1リーグ第4節の鹿島アントラーズ戦にて、DF角田誠が行なった挑発行為を謝罪した。また、角田本人も謝罪している。

▽角田は、鹿島戦に先発出場。しかし、試合中に鹿島FW鈴木優磨に対して中指を立てた行為が中継に映され、試合中から清水ファンを始め多くの人々がSNSなどで問題視していた。

▽清水の発表によると、角田は今回の行為を深く反省し、クラブを通じて鹿島アントラーズ選手、関係者の皆様に謝罪を行ったとのこと。クラブとしても角田に対し厳重注意を行うとともに、全選手、スタッフに対しても改めてフェアプレー精神、リスペクトの徹底を行ったとのことだ。角田、左伴繁雄代表取締役社長のコメントは以下の通り。

◆DF角田誠
「このたび、鹿島戦での私の軽率な行動で、鈴木優磨選手そして鹿島アントラーズの皆様、Jリーグをサポートして下さる皆様に多大なご迷惑をお掛けして、本当に申し訳ございませんでした。このような行為は、サッカー選手以前に、人として本当にしてはいけない事であったと反省しております。自分自身の未熟さをあらためて身に染みて感じました。もう一度サッカーをさせていただけるチャンスがあれば、今後は態度、行動で表していきたいと思います」

◆左伴繁雄代表取締役社長
「このたびは、鹿島アントラーズ選手の皆様、関係者の皆様、また、ファン・サポーターの皆様はもとより、エスパルスをご支援戴いております全ての皆様に多大なるご不快、ご迷惑をおかけ致しましたことを、深くお詫び申し上げます。J1復帰を果たし、シーズンを戦っていくこれからという時に、その出鼻を挫くような蛮行として、懲罰規定に則り、厳正なる処分を本人に科すとともに、チームのみならずクラブ全体で、こうした行為の撲滅に襟を正して取り組んで参ります。本件を通じて、エスパルスに籍を置く全ての人間が、スポーツマンとしてフェアプレー精神の徹底は勿論のこと、社会人として、そして人として、皆様にお認め戴けますよう、より一層の精進をして参ります」

コメント

関連ニュース

thumb

清水が屋久島出身の注目ドリブラー、神村学園FW髙橋大吾の来季加入内定を発表! 「エスパルスのために全力で頑張ります」

▽清水エスパルスは25日、神村学園高校FW髙橋大吾(18)が来シーズンからの加入で内定したことを発表した。 ▽世界自然遺産にも登録されている鹿児島県屋久島出身の髙橋は、島内の小学校でサッカーを始めた。中学進学時に名門校である神村学園の中等部に入学すると、頭角を現し、2013年にはU-14日本選抜に。神村学園高に進学後も、2016年には高円宮杯U-18サッカーリーグ2016プリンスリーグ九州で、17試合21得点を記録して得点王に輝き、今年6月にはU-18日本代表にも招集された。 ▽163cm、53kgと小柄ながら、切れ味の鋭いドリブルが特長のレフティーでもある髙橋が、クラブ公式サイトを通じて、以下のようなコメントをした。 「小さな頃からの夢であるプロサッカー選手になることができ、すごく嬉しく思います。そして、清水エスパルスという歴史あるクラブでスタートすることができることを誇りに思います」 「今までに支えてくださった多くの方々への感謝を忘れずに、恩返しができるよう1日でも早くピッチに立ち、チームの力になりたいと思います。清水サポーター皆さん、エスパルスのために全力で頑張りますので、これからよろしくお願いします」 2017.09.25 15:16 Mon
twitterfacebook
thumb

残留争い中の清水、MF六平光成の負傷を発表…全治約5週間の見込み

▽清水エスパルスは25日、MF六平光成が負傷したことを発表した。全治までは5週間を要する見込みだとのことだ。 ▽六平は16日に行われた明治安田生命J1リーグ第26節の川崎フロンターレ戦でプレー中に負傷。検査の結果、左足間接捻挫と診断された。 ▽俳優の六平直政氏を父親に持つ六平は、FC東京の下部組織出身で、前橋育英高校、中央大学でのプレーを経て、2013年に清水エスパルスに入団。以来クラブ一筋の六平は、今シーズンここまで、公式戦28試合に出場していた。 2017.09.25 14:42 Mon
twitterfacebook
thumb

チョン・テセ復帰弾の清水を下した広島がリーグ5戦負けなし《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第27節の清水エスパルスvsサンフレッチェ広島が23日にIAIスタジアム日本平で行われ、1-3で広島が勝利した。 ▽ここまで7勝7分け12敗で12位の清水と、5勝8分け13敗で15位の広島が相まみえた。清水は0-3で敗れた前節の川崎フロンターレ戦から村松、六平、長谷川、北川に代えて松原、枝村、金子、チアゴ・アウベスを起用。一方の広島は、1-0で勝利した前節のセレッソ大阪戦から高橋に代えて椋原を起用する1点を変更した。 ▽試合は、最初の決定機を広島がモノにしてスコアを動かす。6分、柴崎の右CKをニアサイドの水本がヘッド。これがネットを揺らし、水本の今季リーグ戦3得点目で広島がリードを手にした。 ▽ホームで先手を取られた清水はここから反撃。19分には、ゴール前での混戦で金子が粘り、最後は至近距離の白崎がシュート。しかし、これはわずかに枠をはずれる。 ▽すると、22分には広島が再びゴールに迫る。アンデルソン・ロペスの浮き球パスで最終ラインの背後を取ったパトリックがシュート。しかし、この枠内シュートはGK六反のビッグセーブに遭い、2点目とはならない。 ▽1点リードのまま前半を終えた広島は迎えた後半の立ち上がりにチャンスを演出する。バイタルエリアで柴崎とワンツーしたパトリックがボックス左からシュート。しかし、角度がないところから放たれたシュートはGK六反にブロックされる。 ▽対する清水は徐々に攻勢を強めると、53分に決定機。ボックス右角付近でFKを獲得すると、キッカーのチアゴ・アウベスが直接ゴールを狙う。しかし、鋭いシュートはバーに弾かれ、同点弾とはならない。 ▽さらに攻める清水は60分にミッチェル・デュークに代わって北川を投入。直後には、その北川の仕掛けからパスを受けた金子がわずかに枠をはずすシュートを放って相手を脅かす。さらに65分にもペナルティアーク付近で仕掛けたチアゴ・アウベスが際どいミドルシュートに持ち込む。 ▽対する広島は62分に柴崎に代わって登場したフェリペ・シウバが66分にゴール前で決定機を迎える。しかし、フェリペ・シウバのシュートはGK六反のセーブに阻まれる。 ▽終盤にかけては、金子、チアゴ・アウベスに代えて負傷明けの鄭大世、村田を投入した清水が広島を押し込む。しかし、千葉や水本らを中心に粘り強い守備を見せる広島を崩しきることができない。 ▽それでも、魂のストライカーがゴールをこじ開ける。84分、右サイドの北川が入れたクロスに正面の鄭大世がDFの前に出てヘッド。これが決まり、清水が同点に追いついた。 ▽しかし、ここから再び前に出た広島がアディショナルタイム1分に決める。フェリペ・シウバのパスで抜け出した稲垣が枠内シュート。これはGKに弾かれるもルーズボールをパトリックが押し込み、勝ち越しに成功した。 ▽さらに試合終了間際にフェリペ・シウバがダメ押し弾を決めた広島は、リーグ5戦負けなしで連勝。残留争いの直接対決で勝利し、清水との勝ち点差も2ポイントとしている。 2017.09.23 16:57 Sat
twitterfacebook
thumb

清水、ユース所属3選手の来季新加入内定を発表

▽清水エスパルスは18日、DF伊藤研太(18)、MF滝裕太(18)、FW平墳迅の2018シーズン新加入内定を発表した。 ▽3名は清水ユース所属の選手。トップチーム昇格を受けて、それぞれ次のようにコメントしている。 ◆DF伊藤研太 「小さい頃からの夢だったプロサッカー選手になることができ、大変嬉しく思います。自分の持ち味である、正確なパスとクロスを活かして積極的に攻撃に参加し、チームの勝利に貢献したいと思います。そして記憶に残るプレーヤーを目指します。これまでお世話になった、家族、監督、チームメイト、そして今まで応援して下さった全ての皆様に感謝し、日々努力して1日でも早くアイスタのピッチに立てるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」 ◆MF滝裕太 「スクールを含め9年間お世話になってきたクラブで、小さい頃から夢だったプロサッカー選手になることができ本当に嬉しく思います。今まで支えていただいた監督やスタッフ、チームメイト、家族、また応援していただいた皆様に感謝の気持ちを込め、ピッチで恩返ししたいと思います。まだまだ課題が沢山あるので、日々の練習を全力で取り組み、1日でも早くエスパルスに貢献できるよう努力していきます。どうぞよろしくお願いします」 ◆FW平墳迅 「エスパルスユースのセレクションに合格してから、トップチームに昇格することを目標にしてきたので、とても嬉しく思います。ここまで自分が成長できたのは、家族やスタッフの皆さん、そしてサポーターのおかげだと思っています。恩返しをするためにも、少しでも早く試合に出場し、チームの力になれるよう日々精進していきます。応援よろしくお願いします」 2017.09.18 16:52 Mon
twitterfacebook
thumb

清水に3-0完勝の川崎Fが鹿島を追走《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第26節の清水エスパルスvs川崎フロンターレが16日にIAIスタジアム日本平で行われ、0-3で川崎Fが勝利した。 ▽ここまで7勝7分け11敗で13位の清水と、14勝7分け4敗で2位につける川崎Fが相まみえた。清水は0-1で勝利した前節のヴァンフォーレ甲府戦から松原、清水航、枝村に代えて村松、竹内、北川を起用、対する川崎Fは3-0で勝利した前節の横浜F・マリノス戦から阿部とエドゥアルド・ネットをベンチスタートとし、長谷川と森谷をスタートから起用した。 ▽試合序盤から積極性を見せた川崎Fは、早い時間帯に先制することに成功する。14分、左サイド深くでFKを獲得すると、キッカーの中村が正面にクロス。ニアサイドに走り込んだ谷口がヘディングシュートを叩き込み、川崎Fがリードを手にした。 ▽これで勢いに乗った川崎Fは、続く25分に追加点。谷口のスルーパスからボックス左に抜け出した車屋が折り返しのボールを入れる。これに正面で合わせた小林が4試合連続弾となる得点を記録し、川崎Fがスコアを2-0とする。 ▽ハーフタイムにかけては清水が反撃に転じたが、川崎Fがゴールを許さず、2点リードのまま試合を折り返す。 ▽ハーフタイム明けに村松を下げて清水航を入れた清水は前への意識を高めるも、なかなかゴールに迫れない。64分には六平を下げて枝村を送り出す。 ▽だが、67分にゴールに近づいたのは川崎F。右サイドで抜け出したエウシーニョのクロスに正面に走り込んだ長谷川が合わせる。しかし、このシュートはGK六反の好セーブに遭う。 ▽まず1点を返したい清水は、71分に長谷川を下げてチアゴ・アウベスを投入。そのチアゴ・アウベスが76分に遠めの直接FKで強烈なシュートを枠内に飛ばすが、GKチョン・ソンリョンに防がれる。 ▽一方の川崎Fは78分に小林を下げて森本を投入。すると、すぐさま森本が仕事をする。79分、ボックス左の手前でロングボールを収めた森本が思い切りよく左足を振る。このシュートがDF角田にディフレクトすると、ボールがそのままネットに吸い込まれた。 ▽その後、川崎Fは試合をシャットアウト。共に勝利した首位の鹿島アントラーズとの勝ち点差は詰めれなかったものの、きっちりと追走している。 2017.09.16 20:07 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース