超ワールドサッカー

清水が鹿島戦でのDF角田誠の中指立て挑発行為を謝罪…角田「人として本当にしてはいけない事」2017.03.19 20:01 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽清水エスパルスは19日、18日に行われた明治安田生命J1リーグ第4節の鹿島アントラーズ戦にて、DF角田誠が行なった挑発行為を謝罪した。また、角田本人も謝罪している。

▽角田は、鹿島戦に先発出場。しかし、試合中に鹿島FW鈴木優磨に対して中指を立てた行為が中継に映され、試合中から清水ファンを始め多くの人々がSNSなどで問題視していた。

▽清水の発表によると、角田は今回の行為を深く反省し、クラブを通じて鹿島アントラーズ選手、関係者の皆様に謝罪を行ったとのこと。クラブとしても角田に対し厳重注意を行うとともに、全選手、スタッフに対しても改めてフェアプレー精神、リスペクトの徹底を行ったとのことだ。角田、左伴繁雄代表取締役社長のコメントは以下の通り。

◆DF角田誠
「このたび、鹿島戦での私の軽率な行動で、鈴木優磨選手そして鹿島アントラーズの皆様、Jリーグをサポートして下さる皆様に多大なご迷惑をお掛けして、本当に申し訳ございませんでした。このような行為は、サッカー選手以前に、人として本当にしてはいけない事であったと反省しております。自分自身の未熟さをあらためて身に染みて感じました。もう一度サッカーをさせていただけるチャンスがあれば、今後は態度、行動で表していきたいと思います」

◆左伴繁雄代表取締役社長
「このたびは、鹿島アントラーズ選手の皆様、関係者の皆様、また、ファン・サポーターの皆様はもとより、エスパルスをご支援戴いております全ての皆様に多大なるご不快、ご迷惑をおかけ致しましたことを、深くお詫び申し上げます。J1復帰を果たし、シーズンを戦っていくこれからという時に、その出鼻を挫くような蛮行として、懲罰規定に則り、厳正なる処分を本人に科すとともに、チームのみならずクラブ全体で、こうした行為の撲滅に襟を正して取り組んで参ります。本件を通じて、エスパルスに籍を置く全ての人間が、スポーツマンとしてフェアプレー精神の徹底は勿論のこと、社会人として、そして人として、皆様にお認め戴けますよう、より一層の精進をして参ります」

コメント

関連ニュース

thumb

清水DF犬飼智也が左足肉離れで全治4週間の見込み

▽清水エスパルスは19日、DF犬飼智也が左ハムストリングス肉離れで全治4週間の見込みと診断されたと発表した。 ▽犬飼は、14日のトレーニング中に負傷。翌15日に静岡市内の病院で検査を受けた。今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグ11試合に出場している。 2017.06.19 15:27 Mon
twitterfacebook
thumb

C大阪、土壇場PKで勝ち点1も首位追走に手痛いドロー…清水は鄭大世弾守り切れずリーグ戦9試合白星なし《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第15節のセレッソ大阪vs清水エスパルスが17日にヤンマースタジアム長居で行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽ここまで8勝4分け2敗で2位につけるC大阪(勝ち点28)が、3勝5分け6敗で13位につける清水(勝ち点14)をホームに迎えた。前節のアルビレックス新潟戦を4-0で圧勝したリーグ4連勝中のC大阪は、その一戦から先発メンバーを2人変更。田中に代えて松田、累積警告により出場停止となったソウザに代えて木本を起用した。 ▽一方、前節のFC東京戦黒星(0-2)でリーグ8試合白星なしの清水は、その一戦から先発メンバーを3人変更。村松と角田、右脛腓じん帯結合部損傷で全治約3カ月と診断された白崎に代えて、カヌと二見、鄭大世が起用された。 ▽試合は立ち上がりから両者共に積極的にプレスをかける中、清水がいきなり先制点を奪う。3分、敵陣左深い位置で松原のスローインを受けたチアゴ・アウベスがそのままクロス。これをニアサイドに走り込んだ鄭大世が頭でゴール左へと流し込んだ。 ▽出鼻をくじかれたC大阪もすぐさま反撃。8分、最終ラインからのスルーパスに反応し、右サイドを突破した水沼がダイレクトでグラウンダーのクロスを供給。これを杉本が右足で合わせるも、GK六反がブロック。こぼれ球に山村が飛び込むもゴールネットを揺らすことができない。 ▽先制を許して以降、敵陣への侵攻が増えたC大阪だったが、決定機を作り出すことができない。対する清水は25分、松原のパスを受けたチアゴ・アウベスがボックス左でのキープから強引に左足でシュートに持ち込むも、ゴール右を逸れてしまう。 ▽同点に追いつきたいC大阪は35分、ボックス手前やや左でFKを獲得すると、キッカーの柿谷が右足を振り抜く。これが枠を捉えるが、GK六反の好守に阻まれる。 ▽その後も清水ゴールに迫るC大阪は41分、敵陣中央右でFKを獲得するとリスタートから右サイドを突破した松田のクロスにファーサイドの杉本がヘディングシュート。さらにその直後、柿谷からの左CKをゴール前の杉本が頭で合わせるも、どちらも枠を捉えることができない。 ▽後半に入っても、1点ビハインドのC大阪がサイドからゴール前にクロスを送るが、清水の粘り強いディフェンスに跳ね返されてしまう。61分には左サイドを突破した柿谷のパスを受けた杉本がボックス付近から右足を振り抜くが、枠を捉えることができない。 ▽押し込まれる展開が続く清水は71分、敵陣中央左でFKを獲得すると、キッカーのチアゴ・アウベスがクロスを選択。ボックス手前にこぼれたボールを金子がダイレクトでシュートを放つも、GKキム・ジンヒョンンの冷静な対応に阻まれる。 ▽ホームで勝ち点を落とすわけにはいかないC大阪は77分、山口のサイドチェンジをボックス左外で受けた柿谷がカットインから右足を振り抜く。これが枠を捉えるも、GK六反のファインセーブに防がれる。 ▽幾度となくゴールを脅かすも、なかなか追いつけないC大阪は終盤、パワープレーを開始。すると迎えた後半アディショナルタイム2分、山口がゴール前にふわりと放り込んだボールを藤本が競ると、ボールが松原の手に当たり、ハンドの判定。キッカーの清武が落ち着いてゴール左隅へと突き刺し、土壇場で同点に追いついた。結局、試合は1-1で終了。これで、清水は9試合白星なしとなった一方で、対するC大阪は首位追走へ手痛いドローに終わった。 2017.06.17 21:15 Sat
twitterfacebook
thumb

清水新10番のMF白崎凌兵、右足じん帯損傷で全治約3カ月

▽清水エスパルスは5日、MF白崎凌兵が右脛腓じん帯結合部損傷で全治約3カ月と診断されたと発表した。 ▽白崎は、4日に行われた明治安田生命J1リーグ第14節のFC東京戦(0-2で清水が敗戦)で負傷。その後、静岡市内の病院で検査を受けた。 ▽白崎は今シーズン、39番から10番に変更。ここまでJ1リーグ14試合3ゴール、JリーグYBCルヴァンカップ2試合の出場を記録していた。 2017.06.05 13:20 Mon
twitterfacebook
thumb

大久保2発! 清水に快勝のFC東京が4戦ぶり白星《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第14節の清水エスパルスvsFC東京がIAIスタジアム日本平で4日に行われ、0-2でFC東京が勝利した。 ▽ここまで3勝5分け5敗で13位の清水と、同6勝3分け4敗で6位のFC東京が激突した。清水は、1-3で敗れた前節の横浜Fマリノス戦から2選手を変更。負傷の鄭大世とフレイレに代えて、枝村と村松を起用した。対するFC東京は、1-1で引き分けた前節のヴァンフォーレ甲府戦から4カ所を変更。丸山、永井、田邉、ピーター・ウタカに代えて、吉本、中島、橋本、前田を先発させた。 ▽試合序盤は、積極性を見せた清水がチアゴ・アウベスのプレースキックなどでゴールを狙うが、18分に決定機を迎えたのはFC東京だった。太田がゴール前に入れたFKに合わせた森重がヘディングシュートを枠に飛ばす。これがGKに弾かれると、正面のこぼれ球に反応した中島がダイレクトボレーでゴールを狙ったが、シュートはわずかに枠をはずれた。 ▽冷や汗をかかされた清水は、負傷でプレー続行不可能となった白崎が20分に北川と交代。その清水に対して、FC東京は33分に再びビッグチャンスを迎える。右サイドの室屋が鋭い好クロスを入れると、ファーに流れたボールに飛び込んだ大久保がヘッド。このシュートが枠を捉えるも、ここも清水GK六反のファインセーブに遭い、先制点とはならなかった。 ▽ゴールレスのまま迎えた後半も好勝負が展開される。そんな中、スコアを動かしたのは59分に前田を下げてピーター・ウタカを投入したFC東京だった。68分、カウンターからスルーパスを受けた大久保がボックス内に進入。DF2人のプレッシャーを受けながらも、GK六反の牙城を崩し、大久保の今季5ゴール目となる得点でFC東京が先行する。 ▽終盤はビハインドを背負う清水が前に出る。77分には、遠めの位置からチアゴ・アウベスがゴール前に入れたFKに村松がヘッド。しかし、このヘディングシュートはわずかに枠を外す。すると、再び大久保が清水に牙をむく。84分、ボックス左手前で東が入れたクロスに正面の大久保が厳しい態勢ながらも頭で合わせる。バックヘッド気味のシュートがネットに吸い込まれ、FC東京がリードを広げた。 ▽その後、FC東京は清水の反撃をシャットアウトして逃げ切り。FC東京がリーグ戦4試合ぶりの白星を手にした。 2017.06.04 14:54 Sun
twitterfacebook
thumb

清水、大卒ルーキーDF飯田貴敬とプロA契約! 「プロ選手として一流になれるように」

▽清水エスパルスは2日、DF飯田貴敬(22)とのプロA契約締結を発表した。5月24日に行われたJリーグYBCルヴァンカップ2017のグループA第6節の大宮アルディージャ戦で、公式試合時間450分以上出場のプロA契約変更条件を満たした。 ▽茨城県出身の飯田は、専修大学から今シーズン入団。プロ初年度の今シーズンは、ここまで明治安田生命J1リーグ1試合、YBCルヴァンカップ5試合に出場している。クラブは飯田のコメントを次のように伝えている。 「プロに入って一番最初の目標であったA契約になり、とても嬉しく思います。しかし、まだまだ未熟なので、これからもっと成長していかなければいけないと感じています。プロ選手として一流になれるように、日々努力します」 2017.06.02 14:55 Fri
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース