超ワールドサッカー

清水が鹿島戦でのDF角田誠の中指立て挑発行為を謝罪…角田「人として本当にしてはいけない事」2017.03.19 20:01 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽清水エスパルスは19日、18日に行われた明治安田生命J1リーグ第4節の鹿島アントラーズ戦にて、DF角田誠が行なった挑発行為を謝罪した。また、角田本人も謝罪している。

▽角田は、鹿島戦に先発出場。しかし、試合中に鹿島FW鈴木優磨に対して中指を立てた行為が中継に映され、試合中から清水ファンを始め多くの人々がSNSなどで問題視していた。

▽清水の発表によると、角田は今回の行為を深く反省し、クラブを通じて鹿島アントラーズ選手、関係者の皆様に謝罪を行ったとのこと。クラブとしても角田に対し厳重注意を行うとともに、全選手、スタッフに対しても改めてフェアプレー精神、リスペクトの徹底を行ったとのことだ。角田、左伴繁雄代表取締役社長のコメントは以下の通り。

◆DF角田誠
「このたび、鹿島戦での私の軽率な行動で、鈴木優磨選手そして鹿島アントラーズの皆様、Jリーグをサポートして下さる皆様に多大なご迷惑をお掛けして、本当に申し訳ございませんでした。このような行為は、サッカー選手以前に、人として本当にしてはいけない事であったと反省しております。自分自身の未熟さをあらためて身に染みて感じました。もう一度サッカーをさせていただけるチャンスがあれば、今後は態度、行動で表していきたいと思います」

◆左伴繁雄代表取締役社長
「このたびは、鹿島アントラーズ選手の皆様、関係者の皆様、また、ファン・サポーターの皆様はもとより、エスパルスをご支援戴いております全ての皆様に多大なるご不快、ご迷惑をおかけ致しましたことを、深くお詫び申し上げます。J1復帰を果たし、シーズンを戦っていくこれからという時に、その出鼻を挫くような蛮行として、懲罰規定に則り、厳正なる処分を本人に科すとともに、チームのみならずクラブ全体で、こうした行為の撲滅に襟を正して取り組んで参ります。本件を通じて、エスパルスに籍を置く全ての人間が、スポーツマンとしてフェアプレー精神の徹底は勿論のこと、社会人として、そして人として、皆様にお認め戴けますよう、より一層の精進をして参ります」

コメント

関連ニュース

thumb

清水DFカヌが右内転筋肉離れ…全治は3週間の見込み

▽清水エスパルスは28日、DFカヌが静岡市内の病院にて検査を行った結果、右内転筋肉離れと診断されたことを発表した。全治は3週間の見込みだ。 ▽カヌは、26日に行われたYBCルヴァンカップ第3節のベガルタ仙台戦(3-1で仙台が勝利)で試合前のウォーミングアップ中に負傷していた。 ▽今シーズンにチョンブリFCから加入したカヌは、明治安田生命J1リーグにここまで1試合出場している。 2017.04.28 21:42 Fri
twitterfacebook
thumb

清水がユース所属のFW鈴木魁人を2種登録

▽清水エスパルスは28日、清水ユースに所属するFW鈴木魁人(17)をトップチームに2種登録したことを発表した。 ▽静岡県出身の鈴木は、ジュニアユース時代から清水の下部組織に所属している。 2017.04.28 17:38 Fri
twitterfacebook
thumb

仙台が椎橋の初ゴールなどで逆転勝利! 清水はフレイレの退場が響き3連敗《YBCルヴァンカップ》

▽26日、JリーグYBCルヴァンカップ グループA第3節のベガルタ仙台vs清水エスパルスがユアテックスタジアム仙台で行われ、3-1で仙台が勝利した。 ▽ルヴァンカップでは2試合を終えて1勝1敗の4位につける仙台と、2試合で2連敗の6位につける清水の一戦。仙台はU-21枠として椎橋、茂木、西村を起用。一方の清水はユースから昇格した立田、そして2種登録の新関を起用した。 ▽試合は立ち上がりからアウェイの清水がペースを握る。8分、ミッチェル・デュークのパスに反応したチアゴ・アウベスが走り込むも、GK関が対応する。 ▽仙台は15分、三田がスペースにパスを出すと、走り込んだ茂木がボックス内左からシュートも、GK植草が対応する。仙台が攻め込む時間帯が続くものの、フィニッシュの精度を欠いて得点を奪えない。すると31分、ミッチェル・デュークからのパスを受けた村田が右サイドをドリブルで持ち上がると、マイナスのボールをチアゴ・アウベスが蹴り込んで、清水が先制する。 ▽先制した清水は34分、この試合がデビュー戦となった新関が前線でボールを奪うとそのまま持ち込みシュート。しかし、GK関がビッグセーブを見せて得点を許さない。その後も清水が攻め込むが、前半アディショナルタイムにアクシデント。セットプレーからバイシクルシュートを狙ったフレイレがこの試合2枚目のイエローカードをもらい、前半で退場となってしまう。 ▽数的不利ながらリードを得て後半を迎えた清水は、新関に代えて村松を投入。しかし、仙台がその立ち上がりを狙い同点ゴールを奪う。46分、ボックス付近で細かくパスをつなぐと、三田が冷静に沈めて同点に追いつく。 ▽同点に追いついた仙台は数的有利の状況を生かして攻勢を強める。すると68分、左サイドでFKを得ると、三田のクロスを椎橋がダイビングヘッド。プロ初ゴールで逆転に成功する。 ▽反撃に出たい清水だったが、選手交代もなかなかはまらず。80分には村田に代えてプロ初出場となる滝を投入。しかし83分、佐々木がセンターサークル付近でスルーパスを出すと、上手く抜けだしたクリスランがそのまま独走。冷静に沈め、リードを2点に広げる。 ▽その後も試合の主導権を握り続けた仙台が、得点を許さずに試合終了。3-1で清水を下した。 2017.04.26 21:20 Wed
twitterfacebook
thumb

清水GK西部洋平が左ハムストリングス肉離れで全治3カ月

▽清水エスパルスは24日、GK西部洋平が左ハムストリングス肉離れで全治3カ月と診断されたことを発表した。 ▽クラブの報告によれば、西部は23日に行われたトレーニング中に負傷。静岡市内の病院にて検査を受けた。 ▽西部は昨年に川崎フロンターレから清水に復帰。今シーズンはここまで出場機会がない。 2017.04.25 14:20 Tue
twitterfacebook
thumb

金子が2万弾の清水、逆転を許すもラストワンプレーで追いつき川崎Fとドロー!《J1》

▽21日に明治安田生命J1リーグ第8節の川崎フロンターレvs清水エスパルスが等々力陸上競技場で行われ、2-2のドローに終わった。 ▽第7節終了時点で、3勝1敗3分で6位につける川崎F(勝ち点12)と、3勝3敗1分で9位につける清水(勝ち点10)の一戦。前節のコンサドーレ札幌戦を1-1で引き分け、公式戦を3戦連続ドローと勝ち切れない試合が続く川崎Fは、先発メンバーを3人変更。田坂と長谷川に変えて阿部と大塚を起用した。また、累積警告により出場停止となったハイネルに変えて三好が今シーズン初先発を果たした。 ▽一方、前節の大宮アルディージャ戦を1-1のドローで終え、今季2度目の連勝を飾ることができなかった清水は、先発メンバーを2人のみ変更。二見と村田に変えて角田と枝村を起用した。 ▽J1通算2万ゴールの達成も注目されているこの一戦。試合は川崎Fがボールを支配するも、清水の積極的なプレスに苦しみ、シュートまでつなげられない低調な立ち上がりとなる。 ▽すると、最初に仕掛けたのは清水。7分、金子からのスルーパスを受けた枝村がボックス右からシュートも枠を外す。対する川崎Fは8分、ボックス左外からの小林のクロスを阿部が頭で合わせるも、枠を捉えることができない。 ▽その後は、再び川崎Fがパスを回して相手の隙を探るも、安易なミスが見受けられ、不安定なビルドアップを繰り返してしまう。すると清水が一瞬の隙から先制点を奪う。14分、ボックス右外でパスを受けた鄭大世がゴール前にグラウンダーのクロスを供給。ファーサイドに流れたボールを走り込んだ金子が左足で合わせると、GKチョン・ソンリョンの手を弾いてネットを揺らした。この得点がJ1通算2万ゴール目となった。 ▽先制を許した川崎Fは攻勢を強める。18分、最終ラインからのロングボールを強引に収めた小林が右足でシュートを放つも枠外に。さらに29分、敵陣中央でパスを奪った三好がボックス手前に侵攻し、左足を振り抜くも、わずかにゴールを外れる。 ▽立て続けにチャンスを作られた清水は34分、敵陣中央でパスを受けた野津田が左足を振り抜き、強烈なシュートでゴールを強襲。GKチョン・ソンリョンに落ち着いて対処されるも、川崎Fをけん制する。 ▽攻勢を続ける川崎Fは終盤、持ち味であるパスワークから決定機を迎える。40分、左サイドを突破した小林から阿部、大塚、三好を経由してボックス右に迫ると、登里が相手DFの股を抜いてゴール前にパスを供給。走り込んだ小林が足を伸ばすも、わずかに届かず。1-0で清水がリードして試合を折り返す。 ▽後半に入ってもボールを保持する川崎Fだが、中央を固めた清水の守備にてこずり、攻めあぐねる時間帯が続く。それでも辛抱強く清水ゴールへ迫ると、阿部の移籍後初ゴールで同点に追いつく。62分、ボックス右手前でパスを受けた三好が左足でボックス左にクロスを供給。これを走り込んだ阿部が左足で合わせると、GK六反に触られるも、左ポストに当たってゴールに吸い込まれた。 ▽試合が振り出しに戻ると、両者の攻防は激しさを増す。すると、リズムを取り戻した川崎Fが逆転に成功する。73分、右サイドでパスを受けた三好が左足でクロスを供給。これを収めた小林がゴール前右で粘りボックス中央に落とすと、反応した中村が右足で合わせゴール左隅へ突き刺した。 ▽逆転を許した清水は猛攻を仕掛けたいものの、応戦する川崎Fに時間を使われてしまう。このまま終了かと思われたが、試合終了間際のラストプレーにドラマが待っていた。後半アディショナルタイム5分、白崎のスルーパスにボックス右外へと抜け出した途中出場のチアゴ・アウベスがカットインから左足を振り抜くと、これがニアサイドを射抜き、Jリーグ初ゴールで同点に追いつく。 ▽結局そのまま試合が終了。一度は逆転をした川崎Fだったが、ラストワンプレーで追いつかれ、これで公式戦4戦連続ドロー。一方の清水は、なんとか引き分けに持ち込んだものの、金子のJ1通算2万ゴール目を勝利で飾ることはできなかった。 2017.04.21 21:36 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース