清水が鹿島戦でのDF角田誠の中指立て挑発行為を謝罪…角田「人として本当にしてはいけない事」2017.03.19 20:01 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽清水エスパルスは19日、18日に行われた明治安田生命J1リーグ第4節の鹿島アントラーズ戦にて、DF角田誠が行なった挑発行為を謝罪した。また、角田本人も謝罪している。

▽角田は、鹿島戦に先発出場。しかし、試合中に鹿島FW鈴木優磨に対して中指を立てた行為が中継に映され、試合中から清水ファンを始め多くの人々がSNSなどで問題視していた。

▽清水の発表によると、角田は今回の行為を深く反省し、クラブを通じて鹿島アントラーズ選手、関係者の皆様に謝罪を行ったとのこと。クラブとしても角田に対し厳重注意を行うとともに、全選手、スタッフに対しても改めてフェアプレー精神、リスペクトの徹底を行ったとのことだ。角田、左伴繁雄代表取締役社長のコメントは以下の通り。

◆DF角田誠
「このたび、鹿島戦での私の軽率な行動で、鈴木優磨選手そして鹿島アントラーズの皆様、Jリーグをサポートして下さる皆様に多大なご迷惑をお掛けして、本当に申し訳ございませんでした。このような行為は、サッカー選手以前に、人として本当にしてはいけない事であったと反省しております。自分自身の未熟さをあらためて身に染みて感じました。もう一度サッカーをさせていただけるチャンスがあれば、今後は態度、行動で表していきたいと思います」

◆左伴繁雄代表取締役社長
「このたびは、鹿島アントラーズ選手の皆様、関係者の皆様、また、ファン・サポーターの皆様はもとより、エスパルスをご支援戴いております全ての皆様に多大なるご不快、ご迷惑をおかけ致しましたことを、深くお詫び申し上げます。J1復帰を果たし、シーズンを戦っていくこれからという時に、その出鼻を挫くような蛮行として、懲罰規定に則り、厳正なる処分を本人に科すとともに、チームのみならずクラブ全体で、こうした行為の撲滅に襟を正して取り組んで参ります。本件を通じて、エスパルスに籍を置く全ての人間が、スポーツマンとしてフェアプレー精神の徹底は勿論のこと、社会人として、そして人として、皆様にお認め戴けますよう、より一層の精進をして参ります」

コメント

関連ニュース

thumb

清水が中指立て挑発行為のDF角田誠への処分を発表…1試合の出場自粛と制裁金で磐田との“静岡ダービー”を欠場

▽清水エスパルスは21日、DF角田誠に対する処分を発表した。1試合の出場自粛と制裁金の処分が科される。 ▽角田は、18日に行われた明治安田生命J1リーグ第4節の鹿島アントラーズ戦にて、鹿島FW鈴木優磨に対して中指を立てる挑発行為を行い、試合中継などにもその様子が映されていた。 ▽クラブと角田は19日に謝罪を発表し、左伴繁雄代表取締役社長は「懲罰規定に則り、厳正なる処分を本人に科す」とコメントしていた。対象試合は4月1日(土)に行われる明治安田生命J1リーグ第5節のジュビロ磐田との“静岡ダービー”となる。 ▽なお、清水は今回の件に対し「改めまして、鹿島アントラーズ選手・関係者の皆様、ファン・サポーターの皆様にお詫び申上げるとともに、クラブ全体としてフェアプレー精神の徹底に努めて参ります」と声明を発表している。 2017.03.21 17:39 Tue
twitterfacebook
thumb

清水FW北川航也が左内転筋肉離れで全治7週間

▽清水エスパルスは19日、FW北川航也が左内転筋肉離れで全治7週間と診断されたことを発表した。 ▽クラブの報告によれば、北川は12日のトレーニング中に負傷。静岡市内の病院で検査を受けた。 ▽静岡県出身の北川は、2015年に清水ユースから昇格。今シーズンのここまで明治安田生命J1リーグ3試合に出場していた。 2017.03.19 15:25 Sun
twitterfacebook
thumb

敵地で2点差をひっくり返した鹿島が清水撃破で3連勝!《J1》

▽18日にIAIスタジアム日本平で行われた明治安田生命J1リーグ第4節の清水エスパルスvs鹿島アントラーズは、アウェイの鹿島が3-2の逆転勝利を収めた。 ▽清水と鹿島の開幕から3試合で2勝1敗同士の両雄が激突した。清水は先のルヴァンカップ戦で出場機会がなかった鄭大世が先発復帰。対する鹿島は、ACLでケガした金崎に代わり、鈴木がスターティングメンバーに名を連ねた。 ▽両者ともに3連勝が懸かった試合は、ホームの清水が守備に重きを置き、アウェイの鹿島が比較的ボールの主導権を握る展開で立ち上がる。しかし、鹿島の攻撃は迫力を欠き、幾度かのシュートシーンも空砲が続く。 ▽そうした状況の中、清水は41分に先制。植田がクリアしようとしたところを見逃さなかった金子が高い位置でプレッシング。ボールを奪い取り、その流れで迎えたGKクォン・スンテとの一対一を冷静に制した。 ▽その後、鈴木の決定機はGK六反のファインセーブに遭い、清水の1点リードでハーフタイムを迎えた鹿島。ビハインドで試合を折り返すと、ハーフタイム明けから山本に代えて西を投入し、より攻勢を強める。 ▽劣勢を強いられる清水だが、63分に鄭大世が追加点のチャンス。右サイドからのクロスに合わせたヘディングシュートはGKの正面を突き、追加点のチャンスを不意にしてしまう。 ▽早いうちに追いつきたい鹿島は、ペドロ・ジュニオールを下げて金崎を途中起用。清水は71分、カウンターから鄭大世のクロスが小笠原の身体にあたり、こぼれ球を拾った金子のパスを白崎がゴールに結びつけた。 ▽それでも、鹿島は74分、右サイドで得たFKから遠藤がクロスを供給。これに反応した植田が頭で押し込み、1点差に詰め寄ると、79分に追いつく。左サイドの永木が浮き球パスを送り、これを鈴木が頭でねじ込んだ。 ▽これで押せ押せムードになった鹿島は85分、右サイドで得たFKから遠藤が右足でクロスを上げる。西がスルーすると、金崎が右足で押し込んで逆転。王者の力を見せつけた鹿島が3連勝を飾った。 2017.03.18 15:55 Sat
twitterfacebook
thumb

プロデビューの手塚が鮮やかボレー弾! 清水を下した柏が白星スタート《YBCルヴァンカップ》

▽15日、JリーグYBCルヴァンカップが開幕。グループAの柏レイソルvs清水エスパルスが日立台サッカー場で行われ、ホームの柏が1-0で勝利した。 ▽J1リーグ開幕から1勝2敗で連敗中の柏と、2連勝中の清水が激突した。悪い流れをここで断ち切りたい柏は、8選手を入れ替え。対する清水は、10選手のメンバー変更を行い、リーグカップ戦白星スタートを狙った。 ▽試合は早々に動く。3分、小池が右サイドの敵陣深くからクロスを供給する。これは相手にクリアされたものの、この試合がプロデビュー戦の手塚がセカンドボールに反応。バイタルエリア中央からダイレクトで左足を振り抜くと、ゴール右に沈めた。 ▽早々に先制した柏は、その後も15分に手塚、20分に大島が積極的にシュート。しかし、いずれも決め切ることができずにいると、清水も反撃に出る。しかし、柏の高い守備意識に阻まれ、同点に追いつくことができない。 ▽1点ビハインドで試合を折り返した清水は、ハーフタイム明けから金子を下げて野津田を投入。さらに、60分に二見を下げて松原をピッチに送り込み、流れを引き寄せにかかるが、柏が手放さない。 ▽大津の推進力を生かしたカウンターで清水ゴールに迫る柏。しかし、何度か迎えた決定機を武富がモノにすることができない。結局、試合はそのまま終了。J1連勝中の清水を止めた柏が白星スタートを切った。 2017.03.15 21:30 Wed
twitterfacebook
thumb

千葉、DFキム・ボムヨンの期限付き移籍加入を発表…3つのクラブが絡んだ移籍に

▽ジェフユナイテッド千葉は13日、清水エスパルスに所属する韓国人DFキム・ボムヨン(26)の期限付き移籍加入を発表した。背番号は「37」に決定。契約により、清水との公式戦に出場することはできない。 ▽2013年にモンテディオ山形でプロキャリアをスタートさせたキム・ボムヨンは昨年、サンフレッチェ広島に移籍。同年夏から期限付き移籍で清水に加入し、明治安田生命J2リーグ8試合に出場していた。 ▽なお、清水エスパルスは同日、キム・ボムヨンが広島から完全移籍で加入することを発表。そのため、キム・ボムヨンは清水からのレンタルプレーヤーとして千葉に加わることになる。 ▽千葉でプレーすることになったキム・ボムヨンは、クラブの公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆ジェフユナイテッド千葉 「清水から加入しましたキム ボムヨンです。山形や清水でのJ1昇格経験を活かして、今シーズンは、千葉で昇格達成できるように最善を尽くします。自分が試合に出場することでチームに貢献するだけでなく、日頃の練習からチームにプラスの力を与えられるように努力したいと思います。よろしくお願いします」 ◆清水エスパルス 「今シーズンがまだ始まったばかりにも関わらず、移籍することになり残念な気持ちもあります。清水のサポーターは熱く、試合中もよく声が聞こえてくるので、とても感動したことを覚えています。エスパルスのことをいつも応援しています」 2017.03.13 15:01 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース