清水が鹿島戦でのDF角田誠の中指立て挑発行為を謝罪…角田「人として本当にしてはいけない事」2017.03.19 20:01 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽清水エスパルスは19日、18日に行われた明治安田生命J1リーグ第4節の鹿島アントラーズ戦にて、DF角田誠が行なった挑発行為を謝罪した。また、角田本人も謝罪している。

▽角田は、鹿島戦に先発出場。しかし、試合中に鹿島FW鈴木優磨に対して中指を立てた行為が中継に映され、試合中から清水ファンを始め多くの人々がSNSなどで問題視していた。

▽清水の発表によると、角田は今回の行為を深く反省し、クラブを通じて鹿島アントラーズ選手、関係者の皆様に謝罪を行ったとのこと。クラブとしても角田に対し厳重注意を行うとともに、全選手、スタッフに対しても改めてフェアプレー精神、リスペクトの徹底を行ったとのことだ。角田、左伴繁雄代表取締役社長のコメントは以下の通り。

◆DF角田誠
「このたび、鹿島戦での私の軽率な行動で、鈴木優磨選手そして鹿島アントラーズの皆様、Jリーグをサポートして下さる皆様に多大なご迷惑をお掛けして、本当に申し訳ございませんでした。このような行為は、サッカー選手以前に、人として本当にしてはいけない事であったと反省しております。自分自身の未熟さをあらためて身に染みて感じました。もう一度サッカーをさせていただけるチャンスがあれば、今後は態度、行動で表していきたいと思います」

◆左伴繁雄代表取締役社長
「このたびは、鹿島アントラーズ選手の皆様、関係者の皆様、また、ファン・サポーターの皆様はもとより、エスパルスをご支援戴いております全ての皆様に多大なるご不快、ご迷惑をおかけ致しましたことを、深くお詫び申し上げます。J1復帰を果たし、シーズンを戦っていくこれからという時に、その出鼻を挫くような蛮行として、懲罰規定に則り、厳正なる処分を本人に科すとともに、チームのみならずクラブ全体で、こうした行為の撲滅に襟を正して取り組んで参ります。本件を通じて、エスパルスに籍を置く全ての人間が、スポーツマンとしてフェアプレー精神の徹底は勿論のこと、社会人として、そして人として、皆様にお認め戴けますよう、より一層の精進をして参ります」

コメント

関連ニュース

thumb

清水のチーム内得点王FW鄭大世が右ヒザ内側側副じん帯損傷で全治4週間

▽清水エスパルスは17日、FW鄭大世の負傷を発表した。 ▽鄭大世は、14日に行われた明治安田生命J1リーグ第29節のジュビロ磐田戦に先発出場。しかし、67分に途中交代していた。クラブの発表によると、鄭大世は静岡市内の病院で精密検査を行い、右ヒザ内側側副じん帯損傷と診断。全治4週間とのことだ。 ▽今シーズンの鄭大世は、J1で20試合に出場しチーム最多の9得点を記録している。 2017.10.17 18:26 Tue
twitterfacebook
thumb

磐田、松原退場の清水撃破で今季ダービー3連勝! 山田が交代直後のJ復帰初弾!《J1》

▽14日に明治安田生命J1リーグ第29節の清水エスパルスvsジュビロ磐田がIAIスタジアム日本平で行われ、磐田が3-0で勝利した。 ▽ここまで7勝8分け13敗で13位につける清水(勝ち点29)と、13勝8分け7敗で6位につける磐田が激突した。前節の大宮アルディージャ戦を0-0で引き分け、3試合白星がない清水はその一戦から先発メンバーを3人変更。カヌとチアゴ・アウベス、白崎に代えて二見と金子、北川を起用した。 ▽一方、前節のFC東京戦を0-0で引き分けて3試合無敗中の磐田は、その一戦から先発メンバーを1人のみ変更。山田に代えて右半膜様筋肉離れから復帰した大井を起用した。 ▽46回目を迎えた静岡ダービー。試合は開始からダービーらしい球際の激しさを両者見せる中、3分に磐田のアダイウトンがドリブルで仕掛けてボックス左からシュートを放つが、相手DFの足に当たってGK六反に正面で処理される。 ▽前半立ち上がりを経過すると、ルヴァンカップでの対戦も含めて磐田相手に2連敗中の清水が敵陣への侵攻回数を増加させるがチャンスを作り切ることができない。それでも21分には、左サイドで仕掛けた松原のパスをボックス手前で受けた竹内が右足で強烈なシュート。これがゴール左隅を捉えるも、GKカミンスキーのファインセーブに阻まれてしまう。 ▽このピンチを凌いだ磐田がペースを引き寄せ始めた27分、この日が28歳の誕生日である川又がチームの先制点を演出する。ハーフウェイライン付近やや左でアダイウトンからパスを受けた川又が混戦を切り裂くスルーパス。これにアダイウトンが抜け出してボックス左から中央へと切り込み、右足でバーを叩きながらゴール右上へと突き刺した。 ▽磐田は先制点を奪って以降、流動したパスワークから清水のプレスをいなして押し込む時間帯が続く。この状況に対して、なんとか耐え続ける清水だったが、前半終了間際により苦しい状況に見舞われる。前半アディショナルタイム、左サイドでボールをキープした松原が高橋の執拗なマークに対して報復。この行為に対してレッドカードが提示された。 ▽後半に入ると、数的不利の状況を強いられる清水が攻勢を強めて同点ゴールを狙う。しかし、動じない磐田がセットプレーから追加点を奪う。62分、右CKを中村がゴールに向かうクロスを供給。鋭いボールはニアサイドにカバーに入った角田の両足の間を抜けてそのままゴールに吸い込まれた。 ▽リードを広げられた清水は直後に白崎、67分にチアゴ・アウベスを投入。一方、試合を決定づけたい磐田は73分に山田を投入する。 ▽この交代が奏功したのは磐田。直後、右サイドでボールを受けた櫻内が巧みなドリブルから敵陣深くへと切れ込み、クロスを送る。ファーサイドの宮崎がボレーシュートを放つと、一度はGK六反に弾かれるが、4年ぶりの静岡ダービーとなった交代直後の山田がこぼれ球をプッシュした。 ▽勝利を大きく手繰り寄せた磐田は、数的有利の状況もあり最後まで攻勢を続けて試合をクローズ。シーズントリプルを達成した磐田が4試合無敗を継続させた。 2017.10.14 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

降格危機の大宮、清水にゴールレスで勝ち点3ならず《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第28節の大宮アルディージャvs清水エスパルスが30日にNACK5スタジアム大宮で行われ、0-0で終了した。 ▽ここまで5勝6分け16敗で17位と苦しむ大宮(勝ち点21)と、7勝7分け13敗で13位に位置する清水(勝ち点28)が相まみえた。大宮は、2-1で敗れた前節のジュビロ磐田戦から大屋、大山、マテウス、岩上に代えて渡部、横谷、カウエ、トスカーノを起用。対する清水は、1-3で敗れた前節のサンフレッチェ広島戦から二見、金子に代えてカヌ、鄭大世をスタメンで使った。 ▽試合はホームの大宮が力強い入りを見せる。縦に速く攻める大宮は早めにゴール前のトスカーノにボールを集めていく。しかし、時間の経過とともに清水も盛り返し、前半の半ばにかけては激しい中盤の潰し合いとなり、一進一退の好勝負が展開される。 ▽拮抗した状態の中、決定機創出は個の力から。34分、右サイドのタッチライン付近からカットインしたチアゴ・アウベスが得意の左足を一閃。強烈なブレ球シュートがファーサイドに飛んだが、わずかにゴール左上を捉えることができず逸れていき、清水の先行弾とはならない。 ▽ゴールレスで迎えた後半、立ち上がりは清水が優勢に試合を進める。58分にはセットプレーからチャンスを演出。左サイドのチアゴ・アウベスがゴール前に鋭いFKを入れると、正面の鄭大世が頭で飛び込む。しかし、鄭大世のヘディングシュートは枠を捉えられない。 ▽3ポイントが欲しい状況で苦しい大宮だが、徐々に盛り返す。63分にはセットプレーから決定機。右CKに正面の江坂が頭で合わせる。このヘディングシュートがゴール右のGKが届かない位置に飛んだが、ゴールラインにカバーに入っていた鄭大世にぎりぎりでクリアされてしまう。 ▽さらに大宮は67分にもゴールに迫る。ボックス内のゴール正面でパスを受けた江坂が反転してシュート。DFにブロックされたボールがゴールに向かうが、これはバーに直撃する。 ▽終盤も白熱の戦いが続くが、両者共に集中を切らさず、そのまま0-0で試合終了。両者譲らず、ゴールレスドローで勝ち点を分け合った。 2017.09.30 21:13 Sat
twitterfacebook
thumb

清水が屋久島出身の注目ドリブラー、神村学園FW髙橋大吾の来季加入内定を発表! 「エスパルスのために全力で頑張ります」

▽清水エスパルスは25日、神村学園高校FW髙橋大吾(18)が来シーズンからの加入で内定したことを発表した。 ▽世界自然遺産にも登録されている鹿児島県屋久島出身の髙橋は、島内の小学校でサッカーを始めた。中学進学時に名門校である神村学園の中等部に入学すると、頭角を現し、2013年にはU-14日本選抜に。神村学園高に進学後も、2016年には高円宮杯U-18サッカーリーグ2016プリンスリーグ九州で、17試合21得点を記録して得点王に輝き、今年6月にはU-18日本代表にも招集された。 ▽163cm、53kgと小柄ながら、切れ味の鋭いドリブルが特長のレフティーでもある髙橋が、クラブ公式サイトを通じて、以下のようなコメントをした。 「小さな頃からの夢であるプロサッカー選手になることができ、すごく嬉しく思います。そして、清水エスパルスという歴史あるクラブでスタートすることができることを誇りに思います」 「今までに支えてくださった多くの方々への感謝を忘れずに、恩返しができるよう1日でも早くピッチに立ち、チームの力になりたいと思います。清水サポーター皆さん、エスパルスのために全力で頑張りますので、これからよろしくお願いします」 2017.09.25 15:16 Mon
twitterfacebook
thumb

残留争い中の清水、MF六平光成の負傷を発表…全治約5週間の見込み

▽清水エスパルスは25日、MF六平光成が負傷したことを発表した。全治までは5週間を要する見込みだとのことだ。 ▽六平は16日に行われた明治安田生命J1リーグ第26節の川崎フロンターレ戦でプレー中に負傷。検査の結果、左足間接捻挫と診断された。 ▽俳優の六平直政氏を父親に持つ六平は、FC東京の下部組織出身で、前橋育英高校、中央大学でのプレーを経て、2013年に清水エスパルスに入団。以来クラブ一筋の六平は、今シーズンここまで、公式戦28試合に出場していた。 2017.09.25 14:42 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース