清水が鹿島戦でのDF角田誠の中指立て挑発行為を謝罪…角田「人として本当にしてはいけない事」2017.03.19 20:01 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽清水エスパルスは19日、18日に行われた明治安田生命J1リーグ第4節の鹿島アントラーズ戦にて、DF角田誠が行なった挑発行為を謝罪した。また、角田本人も謝罪している。

▽角田は、鹿島戦に先発出場。しかし、試合中に鹿島FW鈴木優磨に対して中指を立てた行為が中継に映され、試合中から清水ファンを始め多くの人々がSNSなどで問題視していた。

▽清水の発表によると、角田は今回の行為を深く反省し、クラブを通じて鹿島アントラーズ選手、関係者の皆様に謝罪を行ったとのこと。クラブとしても角田に対し厳重注意を行うとともに、全選手、スタッフに対しても改めてフェアプレー精神、リスペクトの徹底を行ったとのことだ。角田、左伴繁雄代表取締役社長のコメントは以下の通り。

◆DF角田誠
「このたび、鹿島戦での私の軽率な行動で、鈴木優磨選手そして鹿島アントラーズの皆様、Jリーグをサポートして下さる皆様に多大なご迷惑をお掛けして、本当に申し訳ございませんでした。このような行為は、サッカー選手以前に、人として本当にしてはいけない事であったと反省しております。自分自身の未熟さをあらためて身に染みて感じました。もう一度サッカーをさせていただけるチャンスがあれば、今後は態度、行動で表していきたいと思います」

◆左伴繁雄代表取締役社長
「このたびは、鹿島アントラーズ選手の皆様、関係者の皆様、また、ファン・サポーターの皆様はもとより、エスパルスをご支援戴いております全ての皆様に多大なるご不快、ご迷惑をおかけ致しましたことを、深くお詫び申し上げます。J1復帰を果たし、シーズンを戦っていくこれからという時に、その出鼻を挫くような蛮行として、懲罰規定に則り、厳正なる処分を本人に科すとともに、チームのみならずクラブ全体で、こうした行為の撲滅に襟を正して取り組んで参ります。本件を通じて、エスパルスに籍を置く全ての人間が、スポーツマンとしてフェアプレー精神の徹底は勿論のこと、社会人として、そして人として、皆様にお認め戴けますよう、より一層の精進をして参ります」

コメント

関連ニュース

thumb

レアンドロ&金崎弾の鹿島が清水撃破で首位キープ《J1》

▽19日に県立カシマサッカースタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第23節の鹿島アントラーズvs清水エスパルスは、ホームの鹿島が2-0で勝利した。 ▽川崎フロンターレとの前節に大岩体制10試合目にして初黒星を喫した首位の鹿島(勝ち点46)。今回の清水戦は、仕切り直しの一戦となる。先発は川崎F戦から2名を変更。遠藤、レオ・シルバに代わり、小笠原、土居がスタメン復帰した。 ▽一方、13位の清水(勝ち点25)は、前節の柏レイソル戦を1-4の完敗。今節は、2試合ぶりの勝利を狙う。先発は前節から1名のみを入れ替え、鄭大世が引き続き負傷欠場。今夏加入の増田が初先発となり、清水がベンチから戦況をうかがった。 ▽日本代表のハリルホジッチ監督が視察した試合は、17分に動く。敵陣中央の低い位置で小笠原の縦パスに反応した金崎がワンタッチでボールを叩く。これを受けたレアンドロが中央を突破。その流れから冷静にボールを沈め、鹿島が先制する。 ▽見事な崩しから均衡を破った鹿島は、その後も清水を相手に試合の主導権を掌握。しかし、追加点を奪うことはできない。迎えた後半も同様の展開が続く。すると、鹿島は67分に中村に代えて鈴木を投入。清水を引き離しにかかる。 ▽その中で、清水は村田、清水、金子を立て続けに投入。しかし、次にネットを揺らしたのも鹿島だった。87分、三竿健斗が金崎にボールを供給する。ボックス右に持ち込んだ金崎が対面したDFの間をずらして右足シュートを決めた。 ▽結局、清水を相手に貫禄の戦いを見せた鹿島が連敗を阻止。首位の座を守った。 2017.08.19 20:28 Sat
twitterfacebook
thumb

清水が広島MF清水航平の期限付き移籍加入を発表!

▽清水エスパルスは14日、サンフレッチェ広島からMF清水航平(28)を期限付き移籍で加入したことを発表した。移籍期間は8月15日~2018年1月31日まで。背番号は「2」。なお、契約上、清水は2017シーズンの公式戦において、広島との対戦には出場することはできない。 ▽2008年の加入以降、これまで広島一筋だった清水は、公式戦通算128試合に出場するなど、近年の広島の黄金期を支える一翼に。今シーズンもここまで明治安田生命J1リーグ12試合に出場している。広島を離れることとなった清水は、両クラブの公式サイトで次のようにコメントしている。 ◆清水エスパルス 「サンフレッチェ広島から加入した清水航平です。一日でも早くチームの力になり、勝利に貢献できるよう頑張ります。応援をよろしくお願いいたします」 ◆サンフレッチェ広島 「このたび、清水エスパルスに移籍することになりました。僕は約10年間広島で育ち、3度のJ1優勝など貴重な経験をさせてくれた愛着のあるクラブを離れることにかなり悩みましたが、自分自身の成長のために移籍することを決めました。今のこの苦しい時期に移籍を許してくれたチームには感謝していますし、スタッフや選手、いつも応援してくれている家族にも感謝しています」 「また、10年間応援していただいたファン・サポーターの皆さんには挨拶もせずに移籍してしまうことになり、申し訳なく思っています。清水エスパルスで活躍できるよう頑張ってきます!」 2017.08.14 16:38 Mon
twitterfacebook
thumb

柏が伊東の独走弾やクリス2発で清水に快勝!《J1》

▽13日にIAIスタジアム日本平で行われた明治安田生命J1リーグ第22節の清水エスパルスvs柏レイソルは、アウェイの柏が4-1で勝利した。 ▽前節まで首位に立っていたセレッソ大阪を逆転勝利で下した清水は、ホーム3連勝中。今回の柏戦に向けては、C大阪戦で2ゴールの北川をベンチに置き、六平を先発起用した。一方、サガン鳥栖と引き分けた柏は、ディエゴ・オリヴェイラ、キム・ボギョンが出場停止となり、ハモン・ロペス、武富がスタメン入り。輪湖が欠場の左サイドバックには、ユン・ソギュンが起用された。 ▽12位の清水と5位につける柏の一戦は、激しく攻守が入れ替わる立ち上がりとなる。入りから攻め合う展開の中で、45分には柏がカウンターを発動。自陣で竹内の身体に跳ね返ったボールを拾った伊東が中央突破する。相手数人に囲まれながらもボックス右に侵攻した伊東がボールを沈め、柏が均衡を破った。 ▽リードして後半を迎えた柏は、52分に追加点。ハモン・ロペスが自陣から大きく蹴り出したボールをクリスティアーノが右サイドで受ける。クリスティアーノは二見を抜き去り、ボックス右に侵攻。六反との一対一を制した。ところが、引き離された清水も54分に反撃。枝村が右サイドの敵陣中央からクロスを送り、ボックス内に入り込んだ鎌田が胸トラップで受ける。右足シュートを決め、再び1点差とすると、61分にミッチェル・デュークを諦め、北川を投入する。 ▽だが、柏は66分、ユン・ソギョンが上げたクロスの跳ね返りを右サイドの小池がダイレクトで折り返す。クリスティアーノの頭上を越えたボールを中央の武富が頭で合わせて、柏が3点目。さらに、79分にはロングフィードに反応したクリスティアーノが鎌田との競り合いに勝ってボールを受ける。そのままボックス内に侵攻し、右足シュートをニアに突き刺した。 ▽後がなくなった清水は残る2枚の交代カードで村田、増田を投入するが、大津、細貝、中川をピッチに送り込んだ柏がゲームをクローズ。2試合ぶりの白星を手にした柏が4戦無敗で勝ち点を「42」に伸ばしている。 2017.08.13 20:15 Sun
twitterfacebook
thumb

若手躍動の清水が後半3発で首位C大阪に逆転勝ち!《J1》

▽9日にIAIスタジアム日本平で行われた明治安田生命J1リーグ第21節の清水エスパルスvsセレッソ大阪は、ホームの清水が3-2で勝利した。 ▽12位の清水(勝ち点22)と首位のC大阪(同44)が相対した。2戦未勝利の清水は、鄭大世が引き続き負傷欠場。六平も出場停止でメンバーから外れた。一方、2試合ぶりに白星を手にしたC大阪は、左足首痛の山村が先発復帰。直近5戦連発の杉本もメンバー入りした。 ▽試合を動かしたのはC大阪。24分、ソウザの左CKをファーサイドで松原に競り勝った田中が頭で折り返す。ゴール前でフリーの山村が押し込み、C大阪が先制した。続く33分には、再びセットプレーからC大阪に2点目。丸橋のFKにニアサイドで反応した木本が頭で合わせると、清水のゴールマウスに突き刺さり、C大阪が突き放した。 ▽しかし、2点ビハインドで迎えた清水がハーフタイム明けから反撃に出る。長谷川のゴールがオフサイドの判定で取り消された直後の51分には、ボックス内で相手数人に囲まれた松原がファウルを受けてPKのチャンスを獲得。これを金子が落ち着いてゴール左隅に沈め、清水が1点差に詰め寄る。 ▽これで勢いづいた清水は、60分に同点。ボックス内で味方からのスローインをワンタッチで落とした北川が鋭いターンで対面の木本を交わして、左足を振り抜く。ゴール左隅を狙ったシュートがGKキム・ジンヒョンの伸ばした手の先を抜けてゴールネットに突き刺さり、清水が試合を振り出しに戻した。 ▽追いつかれたC大阪は、62分に柿谷がヘディングシュート。枠の左を捉えるが、相手GKのファインセーブに阻まれてしまう。その後、C大阪は、柿谷、ソウザに代えて、関口、秋山を投入。しかし、清水は73分、左サイドの松原が低いクロスを送ると、北川がヒールで流し込み、清水が逆転する。 ▽結局、試合はそのまま終了し、逆転勝ちの清水が3試合ぶりの白星。敗れたC大阪は、鹿島アントラーズがヴィッセル神戸に今節勝利したため、2位に転落した。 2017.08.09 21:05 Wed
twitterfacebook
thumb

元日本代表MF増田誓志、清水加入で3年ぶりJリーグ復帰! 山形時代の恩師・小林伸二監督と再タッグ

▽清水エスパルスは9日、元日本代表MF増田誓志(32)の完全移籍加入を発表した。背番号は「24」となる。 ▽増田は、2004年に鵬翔高校から鹿島アントラーズに入団。2010年には出場機会を求め、期限付き移籍でモンテディオ山形に加わり、現在の清水指揮官である小林伸二監督の下でプレーした。 ▽その後、鹿島に復帰したが、2013年にKリーグの蔚山現代に完全移籍。2014年3月に大宮アルディージャへと期限付き移籍でJリーグに復帰したものの、翌年から再び蔚山現代でプレー。2017年1月からUAEのアル・シャルジャSCCに完全移籍した。 ▽また代表キャリアにおいては、2011年にアルベルト・ザッケローニ監督の下で日本代表候補に選出。2012年にA代表デビューを果たしている。J1通算200試合14得点、Kリーグ・クラシック通算98試合7得点を記録する増田は、クラブを通じてコメントしている。 「清水エスパルスを愛する皆さん、初めまして。このたび、清水エスパルスに加入することになりました、増田誓志と申します。伝統ある清水エスパルスというクラブに加入できたことを非常に嬉しく思います。これから先、クラブが素晴らしい歴史を築いていけるよう、共に闘っていきたいと思います。よろしくお願いします」 2017.08.09 15:20 Wed
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース