激しくぶつかり合ったG大阪と浦和、両者譲らずの痛み分け《J1》2017.03.19 19:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽19日に市立吹田サッカースタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第4節のガンバ大阪vs浦和レッズは、1-1のドローに終わった。

▽開幕から2勝1分け無敗で2位のG大阪と、2勝1敗で4位の浦和が激突した。G大阪は、藤春がメンバー外となり、オ・ジェソクが先発。その他、ケガから復帰の井手口、鹿島アントラーズから電撃加入の赤崎がベンチ入りとなった。対する浦和は、武藤がベンチスタート。故障で欠場が続いていた柏木が先発復帰を果たした。

▽試合は、序盤から互いに睨み合うような展開となる。遠藤のアンカーシステムを見据えてか、柏木の1シャドーに布陣変更した浦和は7分に決定機。興梠がボックス右から上げた左足のクロスはDFに触られたものの、ファーサイドで反応した柏木が右足ダイレクトで合わせる。しかし、枠に飛ばせない。

▽肝を冷やしたG大阪。引きすぎることなく、適度なライン設定からカウンターで応戦する。そうした流れの中で、13分に左CKのチャンスを獲得。遠藤のクロスにニアサイドの密集地帯で反応した今野が頭で合わせる。これがファーサイドのゴールマウスに向かったものの、惜しくもクロスバーの上に外れてしまう。

▽前半の半ば以降も互いに持ち味を消し合う展開の中で、浦和は金正也のミスパスから絶好機。興梠がバイタルエリア中央から左足を振り抜くが、惜しくもクロスバーの上側を叩く。さらに、37分にもG大阪の連携ミスからゴールに迫った浦和だが、これも先制ゴールに結びつけることができない。

▽前半の終盤にかけても一進一退の攻防が続いた試合は、浦和が前半アディショナルタイムに決定的なシーン。左サイドで起点を作り、相手を押し込んだ状態から槙野が右足のミドルシュートを放つ。クロスバーを叩いた跳ね返りを興梠が頭で押し込みにかかるが、ゴールマウス左の外側に流れた。

▽前半の終盤に続いたミスからリズムを崩しかけたG大阪。それでも、ゴールレスで試合を折り返すと、均衡を破る。敵陣中央からドリブルで持ち上がった倉田が相手を引きつけて左サイドに展開。これを受けたオ・ジェソクの折り返しから、正面で槙野の背後に飛び込んだ今野が頭でネットを揺らした。

▽先制を許した浦和は62分、興梠のポストプレーから同点機。宇賀神がバイタルエリア中央に切り込み、右足のシュートを放つが、GK藤ヶ谷に弾かれてしまう。すると、今度はその直後、G大阪にチャンス。左サイドを突破した長沢がカットインを試みるが、シュートの形に持ち込むことができない。

▽緊迫した展開が続く中、G大阪は73分にアクシデントが発生する。左足を痛めた藤ヶ谷のプレー続行が不可能となり、J1初出場のGK田尻をスクランブル起用。しかし、トップチームデビューの田尻が幾度のピンチにも動じることなく、冷静なシュートストップで浦和に得点を許さない。

▽しかし、後半アディショナルタイム2分、浦和は宇賀神のシュートがブロックに入った倉田の手に当たって、PKのチャンスを獲得。これをラファエル・シルバがゴール右隅に決め切り、土壇場で1-1の同点に追いついた。結局、試合は痛み分けで終了。互いに勝ち点1ずつを分け合い、中断期間に入ることになった。

コメント

関連ニュース

thumb

G大阪、鎖骨スポンサーに大阪の大手化学メーカー 2018シーズンより2年契約

▽ガンバ大阪は20日、ダイヤモンドパートナーとして、大阪に本社を構える株式会社ダイセルとのユニフォーム広告(鎖骨)の契約締結合意を発表した。 ▽Jリーグは、新シーズンよりクラブのユニホーム鎖骨部分のスポンサー広告を許可。各クラブは、更なる大幅な増収が期待でき、スポンサー側も選手の顔に近く比較的露出度の高い部分の広告掲載となるため、社としてのブランド力向上も見込める。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180121_23_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽G大阪が鎖骨部分のユニフォーム広告におけるパートナー契約を結んだのは、大手化学品メーカーの株式会社ダイセルだ。新体制発表会見が行われた記者会見場にて、2018シーズンより2年契約を締結。これにより、ユニフォームには「DAICEL」のロゴが追加される。 ▽契約締結の調印式後、G大阪の山内隆司社長と株式会社ダイセルの福田眞澄代表取締役専務執行役員は、次のようにコメントしている。 ◆<span style="font-weight:700;">福田眞澄</span>代表取締役専務執行役員(株式会社ダイセル)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180121_23_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「2018シーズンよりJリーグでもトップクラスのガンバ大阪様のダイアモンドパートナーの仲間入りを果たすことになったことを大変喜ばしく、誇りに思う。弊社は来年2019年に創立100周年を迎える。1919年当時、セルロイド会社の8社が合併し、大日本セルロイドになった。その後、会社名がダイセル株式会社、ダイセル化学工業から現在の株式会社ダイセルとなり、戦前戦後の日本経済の発展、それから日本の化学産業と共に弊社も発展していった」 「ところで、この大阪は創業の1つの地であり、大阪の代表的なクラブチームであるガンバ大阪様をサポートできることを嬉しく誇りに思っている。今年はロシアでワールドカップが開催される。サッカーの人気が一段と盛り上がることが予想されるが、ガンバ大阪の選手のみなさまも是非とも代表になり、ワールドカップに出場していただきたい」 「最後に、ガンバ大阪の今年のスローガン『奪還』ですが、クルピ新監督の下、Jリーグ優勝を目指していると思うが、そんな小さいことを言わないでもらいたい。アジアチャンピオン、その先のクラブ・ワールドカップに出場してヨーロッパ王者、あるいは南米王者を決勝で破り、チャンピオンになっていただきたいと考えている」 「弊社は1万人を超える従業員一丸となり、熱いファン・サポーターと共にガンバ大阪をサポートしていく所存。今日はありがとうございました」 ◆<span style="font-weight:700;">山内隆司</span>社長(ガンバ大阪)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180121_23_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「昨年からJリーグの競争原理が大きく変わった。クラブの置かれた位置付けも大きく変わってきたという認識がある。そして、今日からユニフォームの鎖骨部分に協賛が可能となった。勝った者が更に成長スピードを早められるスパイラルという仕組みの中で、タイトルを獲ることの重要性、ガンバ大阪としても必須だと思っている」 「今回、株式会社ダイセル様にダイアモンドパートナーとしてサポートしていただけることを大変心強く思っている。株式会社ダイセル様は、大阪発祥の化学メーカーとして、高い技術と開発力で常に新しい可能性を切り開き、また世界に活躍の場を広げられ、来年に100周年を迎える伝統ある会社。高い技術とチームワーク、そしてフェアプレーで見ているみなさまを魅了し、世界に挑戦するガンバ大阪の目指す姿と重なる」 「大変心強いサポートをいただき、今シーズンにかける意気込みも一入。ダイセル様とのパートナー契約は今回が初めてだが、ガンバ大阪の歴史やサポーターの方々の熱気、スタジアムのスピタリティに対して高い評価をいただき、サポートいただくことになった。2018シーズンは先ほどご紹介したとおり、『奪還』。必ず成し遂げるといったものに、福田様から更なる高みを目指すべきとの力強いお言葉を頂戴した」 「我々、ガンバ大阪もダイセル様のブランド力向上のため、社員のモチベーションアップのため、全力を尽くしたい。必ずやダイセル様のご期待にも応えられるよう頑張ってまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます」 2018.01.21 14:00 Sun
twitterfacebook
thumb

“浦和っ子”矢島慎也、G大阪移籍真相 「引っかかりが…」

▽ガンバ大阪に加入したMF矢島慎也(23)が胸中を明かした。 ▽矢島は、浦和生まれで浦和レッズユース育ちの“浦和っ子”。ファジアーノ岡山への期限付き移籍期間を除けば、“レッズ一色”のプロキャリアを歩んできた。将来的に、MF柏木陽介の正当なる後継者との期待も集まっていたが、移籍を決断。しかも、行くと決めた移籍先は、浦和と数々の激戦を繰り広げてきた因縁多きクラブ“G大阪”だった。 ▽両クラブのファンの間でも話題に挙がった矢島のG大阪への完全移籍。渦中の矢島は、20日に行われたG大阪の新体制発表会に出席し、改めて移籍決断の経緯を問われると、青黒のエンブレムを胸に次のように応えた。 「浦和にいたし、ユース育ちだし、浦和で続けることも考えていた。でも、自分の中で慣れ親しんだ環境でやっていることにちょっと引っかかりがあった。その中で、ガンバ大阪から2年連続で早めにオファーをいただいて、熱意を感じた」 「ガンバ大阪は浦和と肩を並べるというか、自分が小さい頃から見てきたライバルチームで、間違いなくビッグクラブ。ここに身を置くことで、周りと競争することで成長できると思った。誰も知らない場所に飛び込んでやってみることが大事だと思い、移籍を決めた」 2018.01.20 22:25 Sat
twitterfacebook
thumb

G大阪加入9名が抱負、MF矢島慎也「1日1日努力を」

▽ガンバ大阪は20日、クラブハウスにて新体制発表会見を行い、2018シーズンにおける選手背番号を発表した ▽新シーズンよりG大阪入りしたのは、GK谷晃生、DF松田陸、DF菅沼駿哉、DF山口竜弥、MF芝本蓮、MF福田湧矢、MF矢島慎也、FW中村敬斗、FW白井陽斗の9名。それぞれ抱負を語った。 ◆FW中村敬斗<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/shintaisei_gamba_nakamura_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> 「自分の長所はドリブルで仕掛けてからのシュート。ガンバ大阪の勝利に貢献できるよう頑張りますので、よろしくお願いします」 <span style="font-weight:700;">──目標とする選手について</span> 「好きな選手は特にいないが、堂安律選手はガンバで活躍されていたので、目標にしている」 ◆MF芝本蓮<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/shintaisei_gamba_shibamoto_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「特徴はスルーパス。少しでも早くJ1のピッチに立てるよう頑張りますので、よろしくお願いします」 <span style="font-weight:700;">──目標とする選手について</span> 「ガンバ大阪の遠藤保仁選手です」 ◆MF福田湧矢<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/shintaisei_gamba_fukuda_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「特徴は、直面を打開するドリブルやシュート。ガンバ大阪の多くのタイトルに貢献できるように日々努力します。よろしくお願いします」 <span style="font-weight:700;">──目標とする選手について</span> 「ガンバ大阪の倉田秋選手。国外だと、フィリペ・コウチーニョが好きです」 ◆MF矢島慎也<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/shintaisei_gamba_yajima_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「パスやトラップの基礎技術と、ゲームを作るところを見てもらいたい。ガンバ大阪で成長できるように、1日1日努力を続けていきたいと思います。よろしくお願いします」 <span style="font-weight:700;">──目標とする選手について</span> 「あまりいないですけど、ここにうまい選手がたくさんいるので、練習から盗んでいきたいです」 <span style="font-weight:700;">──ガンバ大阪というチームの印象について</span> 「僕は昨年の試合に出ていないんですけど、対戦をベンチから見ていたイメージは、1人1人足下の技術があって、テンポ良くパスを繋ぎながら攻めているなと。自分もあそこに入ったら楽しくできるなと思っていました」 ◆DF松田陸<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/shintaisei_gamba_matsuda_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「特徴は競り合いと球際。チームに貢献できるように頑張りますので、よろしくお願いします」 <span style="font-weight:700;">──目標とする選手について</span> 「自分はハビエル・マスチェラーノ。潰しのところとかを真似していきたい」 ◆DF菅沼駿哉<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/shintaisei_gamba_suganuma_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「一対一の対人に自信を持って、このチームに戻ってきた。一生懸命頑張ります。よろしくお願いします」 <span style="font-weight:700;">──目標とする選手について</span> 「僕は海外の選手のプレーをよく見ています」 <span style="font-weight:700;">──ガンバ大阪というチームの印象</span> 「僕もずっとDAZNで見させてもらっていました。知っている選手は3人ぐらいしかいないけど、すごくレベルの高いチームだと思っていました。そのチームに戻ってこれるチャンスがあったので、チャレンジしたいという思いで戻ってきました」 ◆DF山口竜弥<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/shintaisei_gamba_yamaguchi_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「特徴は、攻守の一対一やキック。ガンバを代表する選手になるので、応援よろしくお願いします」 <span style="font-weight:700;">──目標とする選手について</span> 「僕はドリブルが好きなので、ドグラス・コスタが好きです。ガンバだと、藤春廣輝選手が好きなんですけど、アデミウソン選手も好きです」 ◆FW白井陽斗<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/shintaisei_gamba_shirai_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「得意なのは、スピードを生かしたプレー。そういったプレーでチームの勝利に頑張りますので、応援よろしくお願いします」 <span style="font-weight:700;">──目標とする選手について</span> 「僕はガンバ大阪にいた宇佐美貴史選手が好きです」 ◆GK谷晃生<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/shintaisei_gamba_tani_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「得意なプレーはシュートストップとハイボール処理。1日でも早くチームの勝利に貢献できるように精一杯努力していきます。よろしくお願いします」 <span style="font-weight:700;">──目標とする選手について</span> 「僕が目標とする選手は、(マーク=アンドレ・)テア・シュテーゲン選手です」 2018.01.20 21:30 Sat
twitterfacebook
thumb

スローガンは「奪還」 G大阪社長が再起誓う 「タイトルを奪い返す」

▽ガンバ大阪は20日、クラブハウスにて新体制発表会見を行い、2018シーズンにおける選手背番号を発表した。 ▽G大阪の山内隆司社長は、新任のレヴィー・クルピ監督と共に新体制発表会に出席。新シーズンのスローガンを明らかにし、不本意な1年に終わった昨シーズンからの再起を期した。 <span style="font-weight:700;">◆山内隆司社長</span>(ガンバ大阪) 「スローガンを『勝』とし、タイトル獲得を目標に戦った2017シーズンは、AFCチャンピオンズリーグを予選突破できず、国内でもJ1で10位に沈み、天皇杯とルヴァンカップでも共にタイトルを獲ることができなかった。シーズンのスタートこそ順調だったものの、中盤からガンバ大阪らしい攻撃的なサッカーや勝負強さを発揮できず、応援をいただく多くのみなさまの期待を裏切る不本意なシーズンとなり、たいへん申し訳ありませんでした」 「昨シーズンの成績を振り返ると、ガンバ大阪は常にタイトルを争い、獲得しなければならないクラブであることを痛切に感じた。この悔しさを胸に刻み、2018シーズンを戦わなければならないと感じている。そこで、2018シーズンにおけるガンバ大阪のスローガンは、『奪還』に致します」 「ボールを保持しながら試合の主導権を握り、アグレッシブにゴールを奪う魅力的なサッカーを復活、再構築し、2年間失っているタイトルを奪い返す。それこそがスタジアムにおいでいただいているファン・サポーターはもちろん、チームを支えるパートナーやホームタウンのみなさまの熱い思いであると考えている」 「2018シーズンから、ガンバ大阪は名将レヴィー・クルピを指揮官に迎える。そして、スタジアムの名称も『パナソニックスタジアム吹田』として、愛されるスタジアム作りを目指して新たにスタートする。ロシア・ワールドカップ開催の2018年、ガンバ大阪はクラブ一丸となり、輝かしい歴史を作っていく。熱い応援を何とぞよろしくお願い申し上げます」 2018.01.20 19:56 Sat
twitterfacebook
thumb

「勝者=攻め抜く姿勢」 レヴィー・クルピがG大阪指揮官として所信表明

▽ガンバ大阪は20日、クラブハウスにて新体制発表会見を行い、2018シーズンにおける選手背番号を発表した。 ▽新シーズンよりG大阪を指揮するレヴィー・クルピ新監督。「勝者と呼ばれるのは最後まで攻め抜く姿勢を持つチーム」と語り、常勝軍団の再構築を誓った。 <span style="font-weight:700;">◆レヴィー・クルピ監督</span>(ガンバ大阪) 「ミナサン、コンニチワ。もうちょっと明るい雰囲気でも良いかと思うが、みなさん深刻な表情をされている(笑) まず日本に帰ってこれたことを本当に嬉しく思う。日本という国は世界に誇れる、すべてにおいて見本になれる国。その日本にまた帰ってこれた喜びを感じている」 「以前にも日本にいたが、ブラジルのサッカー界に復帰したとき、ブラジルのマスコミから『日本に長くいた時代遅れの監督』だと言われた。だが、私は笑い飛ばしてやった。『私は日本にサッカーを教えに行ったのではなく、日本から学ぶために行き、多くのことを学んできた』と彼らに伝えた。今でも、私は学び続けている」 「こうしてまた日本に来たことで、もっと学べる機会を得た。ガンバ大阪は、数々のタイトルを獲ってきた歴史あるチーム。もう一度タイトルを獲るという目標のために、全力を尽くして貢献していきたい。それと同時に、今までのガンバがそうであったように、若い選手をどんどん育てていけるクラブだと思う」 「私のキャリアの中でラッキーなことに、有望な若い選手に巡り合ってきたが、このクラブでも同じことができるんじゃないかとすごく楽しみにしている。そして、最後にこだわりたいのはタイトル。タイトルにこだわり、1年間を戦い抜いていきたい」 <span style="font-weight:700;">──ガンバ大阪というチームの印象について</span> 「昨年の試合を何試合か見た。本当に良い選手が揃っている印象を受けたが、シーズン終盤になり、なぜかわからないが、なかなか結果が出ない試合が続いていた。ただ、間違いなく言えるのは、クオリティのある選手が揃っていること、そして、タイトル争いできるチームであること。これからの練習で選手を見極めながら、過去を振り返ることなく、しっかりと前を向いて戦っていきたい」 <span style="font-weight:700;">──今のチームに足りないものについて</span> 「すいません。社長、私は喋りすぎているかもしれない(笑) 足りなかったのは、監督がまだ来日できていなかったことじゃないかなと(笑)」 <span style="font-weight:700;">──ガンバ大阪をどういうチームに作っていくイメージか</span> 「口で言うのは簡単だが、『しっかり攻め、しっかり守れるのが良いチーム』だと、今日選手たちに話した。ただし、勝者と呼ばれるチーム、優勝するチームは、最後まで攻め抜く姿勢を貫くと思っている。そういうチームを作っていきたい」 <span style="font-weight:700;">──育成の手腕にも期待が集まるが、今のチームで期待している若手は</span> 「ここで名前を挙げることはないが、私は『年齢はサッカーに一切関係ない。1番大事なのはクオリティ』だと、いつも言っている。それがあれば、年齢を重ねていようが、いまいが、試合に出るべきだと考えている」 <span style="font-weight:700;">──2018シーズンの目標について</span> 「これはガンバ大阪に伝統として根付いていると思うが、タイトル争いをすること、最後にタイトルを勝ちとってシーズンを終えること」 <span style="font-weight:700;">──ガンバ大阪の指揮を執るに至った決め手は</span> 「まずは以前に日本で幸せな時間を過ごすことができた。それはピッチの中だけでなく、プライベートにおいてもそうだ」 「そして、日本という国は国としてしっかりと機能している。残念ながら、ブラジルはそうじゃなく、政治の腐敗もひどく、国としても後退していっている印象がある」 「なので、日本からのオファーということに、迷いはなかったし、さらにガンバ大阪というビッグクラブからのオファーということで、迷いなく受けることにさせてもらった」 <span style="font-weight:700;">──無冠の要因として、絶対的なFW不足が挙げられるが、ここまで即戦力の補強はない。リクエストはあるか。近年、リアクションサッカーが続いたが、攻撃的なサッカーを取り戻す上で大事になるポイントはあるか</span> 「まず1つ目の質問だが、まだ直接選手を見ていない。それをする前のリクエストは早過ぎる。なので、リクエストは出していない。今のチームには、外国籍選手も含めてクオリティのある選手が揃っている。まずは直接、私自身の目で選手を見極めていきたい」 「まず選手の特徴を見極めた上で、攻撃においても、守備においても、しっかりとポジショニングを伝えていく。そして、攻守において、しっかりとチームとして機能する選手を私の目で選ぶ。それが昨年までの特徴を生かしながら私の味を加えていく過程になるかと思っている」 <span style="font-weight:700;">──どうすればスタジアムが満員になるか</span> 「それは私のようにカッコ良い監督を迎え入れること(笑) さらに、カッコ良い選手を揃えることだ。だが、サッカーで輝かなければならない。もちろん、私が来たことにより、女性サポーターが増えるだろうが、男性サポーターも駆けつけてもらいたい。だが、1番大事なのは選手たちがピッチで輝くこと。それがスタジアムを満員にするために必要なことだと思う」 <span style="font-weight:700;">──MF遠藤保仁やMF今野泰幸といったベテランの印象と起用法について</span> 「話しておきたいのだが、私は決して若い選手を起用するのが好きというわけじゃない。それは偶然。どのチームに行っても能力が高く、実力を示せる若い選手に巡り合えてきただけのこと。したがって、年齢は関係ない。遠藤や今野であっても、十代の選手であっても、同じ視点で選手としての実力を見極めて起用する。年齢を問わず、彼らのクオリティと実力を見ていきたい」 <span style="font-weight:700;">──セレッソ大阪とのダービーを楽しみにしているか</span> 「セレッソとのダービーは、私だけじゃなく、みんなも楽しみにしている試合。ダービーというのは、サッカーの1番面白いことの1つだと思う」 「2つのビッグクラブがサポーターを含めて色々な思いを背負いながら戦うのがダービー。私自身も今年のダービーを楽しみにしているが、サポーターも含めて一丸となって戦うことが勝利を手にする1番の方法だと、サポーターに伝えたい」 「シーズンを通してサポーターのみなさんと一緒に戦うこと、そして、ダービーにおいても1つになってセレッソ大阪というライバルを倒すために、みんなで戦うことを楽しみにしている」 2018.01.20 19:55 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース