超ワールドサッカー

激しくぶつかり合ったG大阪と浦和、両者譲らずの痛み分け《J1》2017.03.19 19:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽19日に市立吹田サッカースタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第4節のガンバ大阪vs浦和レッズは、1-1のドローに終わった。

▽開幕から2勝1分け無敗で2位のG大阪と、2勝1敗で4位の浦和が激突した。G大阪は、藤春がメンバー外となり、オ・ジェソクが先発。その他、ケガから復帰の井手口、鹿島アントラーズから電撃加入の赤崎がベンチ入りとなった。対する浦和は、武藤がベンチスタート。故障で欠場が続いていた柏木が先発復帰を果たした。

▽試合は、序盤から互いに睨み合うような展開となる。遠藤のアンカーシステムを見据えてか、柏木の1シャドーに布陣変更した浦和は7分に決定機。興梠がボックス右から上げた左足のクロスはDFに触られたものの、ファーサイドで反応した柏木が右足ダイレクトで合わせる。しかし、枠に飛ばせない。

▽肝を冷やしたG大阪。引きすぎることなく、適度なライン設定からカウンターで応戦する。そうした流れの中で、13分に左CKのチャンスを獲得。遠藤のクロスにニアサイドの密集地帯で反応した今野が頭で合わせる。これがファーサイドのゴールマウスに向かったものの、惜しくもクロスバーの上に外れてしまう。

▽前半の半ば以降も互いに持ち味を消し合う展開の中で、浦和は金正也のミスパスから絶好機。興梠がバイタルエリア中央から左足を振り抜くが、惜しくもクロスバーの上側を叩く。さらに、37分にもG大阪の連携ミスからゴールに迫った浦和だが、これも先制ゴールに結びつけることができない。

▽前半の終盤にかけても一進一退の攻防が続いた試合は、浦和が前半アディショナルタイムに決定的なシーン。左サイドで起点を作り、相手を押し込んだ状態から槙野が右足のミドルシュートを放つ。クロスバーを叩いた跳ね返りを興梠が頭で押し込みにかかるが、ゴールマウス左の外側に流れた。

▽前半の終盤に続いたミスからリズムを崩しかけたG大阪。それでも、ゴールレスで試合を折り返すと、均衡を破る。敵陣中央からドリブルで持ち上がった倉田が相手を引きつけて左サイドに展開。これを受けたオ・ジェソクの折り返しから、正面で槙野の背後に飛び込んだ今野が頭でネットを揺らした。

▽先制を許した浦和は62分、興梠のポストプレーから同点機。宇賀神がバイタルエリア中央に切り込み、右足のシュートを放つが、GK藤ヶ谷に弾かれてしまう。すると、今度はその直後、G大阪にチャンス。左サイドを突破した長沢がカットインを試みるが、シュートの形に持ち込むことができない。

▽緊迫した展開が続く中、G大阪は73分にアクシデントが発生する。左足を痛めた藤ヶ谷のプレー続行が不可能となり、J1初出場のGK田尻をスクランブル起用。しかし、トップチームデビューの田尻が幾度のピンチにも動じることなく、冷静なシュートストップで浦和に得点を許さない。

▽しかし、後半アディショナルタイム2分、浦和は宇賀神のシュートがブロックに入った倉田の手に当たって、PKのチャンスを獲得。これをラファエル・シルバがゴール右隅に決め切り、土壇場で1-1の同点に追いついた。結局、試合は痛み分けで終了。互いに勝ち点1ずつを分け合い、中断期間に入ることになった。

コメント

関連ニュース

thumb

“大阪ダービー”はスコアレスドロー…パトリック復帰も不発《J3》

▽明治安田生命J3リーグ第10節の8試合が28日に行われた。 ▽前節、沼津戦で4失点となる大敗を喫し、最下位の17位に沈むガンバ大阪U-23(勝ち点3)と、直近3戦で2勝1分と好調なセレッソ大阪U-23(勝ち点9)との、“大阪ダービー”が行われ、0-0のスコアレスドローに終わった。 ▽G大阪U-23はOA枠を今季初めて使用し、トップチームからパトリックと金正也を招集し、スタメン起用した。パトリックは昨年12月に負った怪我からの復帰戦となる。 ▽ファーストシュートはそのG大阪U-23だった。4分、ボックス手前中央から呉屋がミドルシュート放ったが、GKにキャッチされた。反撃に出たC大阪U-23は、サイドを起点に素早い攻めを繰り返す。14分、ボックス手前左で得たFKを丸岡が蹴り、右足で巻くようなシュートを放つが、これはGKに弾かれた。 ▽一進一退の攻防が続いたが、スコアは動かずに試合は後半を迎える。負傷明けのパトリックに代えて岩本を投入したG大阪U-23は、短いパスを主体にC大阪U-23を押し込み始める。57分、左サイドに侵入した嫁阪が上げたクロスを呉屋がミートさせるも、GKのファインセーブに阻まれた。さらに58分、62分と続けざまに食野がシュートを放つが、決め切れない。 ▽85分、失点こそないものの劣勢を跳ね返したいC大阪U-23は、サイドから繋いで行き、ボックス内でクロスを受けた沖野がシュート。力のこもったシュートだったが、GKの正面に飛んでしまう。 ▽92分、G大阪U-23は自陣中央付近で得たFKを、GK林が蹴る。味方を全員上げ、何とかゴールへ押し込もうとしたが、逆に跳ね返されカウンターを受けてしまう。しかし、C大阪U-23もこれをシュートまで持ち込めず。結局、試合はスコアレスドローに終わり、ガンバ大阪U-23は勝ち点4となり、最下位脱出とはならなかった。 ▽5/28(日) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">秋田 1</span>-0 鹿児島 YS横浜 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 沼津</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">相模原 1</span>-0 栃木 藤枝 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 琉球</span> 鳥取 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 福島</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">長野 1</span>-0 富山 G大阪U-23 0-0 C大阪U-23 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">北九州 1</span>-0 FC東京U-23 2017.05.28 16:58 Sun
twitterfacebook
thumb

A代表初選出のG大阪DF三浦弦太「嬉しいですが、クラブでの力を代表でも出せるように」

▽日本サッカー協会(JFA)は25日、来月7日に行われるキリンチャレンジカップ2017のシリア戦及び同13日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のイラク代表戦に臨む日本代表メンバー25名を発表した。 ▽日本代表に初選出されたガンバ大阪のDF三浦弦太がクラブを通してコメント。クラブでの力を代表でも出せるように集中し、遠慮しないことを宣言した。 <span style="font-weight:700;">◆DF三浦弦太(ガンバ大阪)</span> 「サムライブルーと言われるこのカテゴリーにはじめて選出されました。すごく嬉しいですが、喜ぶだけでなく、クラブで出してきた力を代表でも出せるように集中して臨みたいです。W杯出場に向けての結果も求めつつ試合に出場し、また呼ばれるように、遠慮せずに過ごしてきたいと思います!!」 2017.05.25 17:51 Thu
twitterfacebook
thumb

仲間4人と戦うG大阪GK東口順昭「出場できるようにしっかりと準備して臨む」

▽日本サッカー協会(JFA)は25日、来月7日に行われるキリンチャレンジカップ2017のシリア戦及び同13日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のイラク代表戦に臨む日本代表メンバー25名を発表した。 ▽日本代表に選出されたガンバ大阪のGK東口順昭がクラブを通じてコメント。「出場できるように準備をして臨む」と意気込みを見せた。 <span style="font-weight:700;">◆GK東口順昭(ガンバ大阪)</span> 「選出されて光栄です。今回は僕以外に4人の仲間たちと、W杯出場に向けてしっかりと戦ってきます。勝利し、日本サッカーの歴史に足跡を残すこともですが、自分自身が出場できるようにしっかりと準備して臨みたいと思います!」 2017.05.25 17:51 Thu
twitterfacebook
thumb

出場を目標に誓うG大阪MF井手口陽介「また代表に呼ばれて嬉しい。今回は出場することも目標」

▽日本サッカー協会(JFA)は25日、来月7日に行われるキリンチャレンジカップ2017のシリア戦及び同13日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のイラク代表戦に臨む日本代表メンバー25名を発表した。 ▽日本代表に選出されたガンバ大阪のMF井手口陽介がクラブを通してコメント。試合に出場することを目標に、自分をアピールすることを誓った。 <B>◆MF井手口陽介(ガンバ大阪)</B> 「また代表に呼ばれることができて嬉しいです。予選を勝ち抜くことがチームとして最大の目標ですが、前回は出場機会がなかったので、今回は試合に出場することも目標に、また、自分自身がこのチームの中で勝ち残れるよう、しっかりアピールしてきたいです!」 2017.05.25 17:51 Thu
twitterfacebook
thumb

チームの連係見せたいG大阪MF倉田秋「ガンバらしさを代表でも」

▽日本サッカー協会(JFA)は25日、来月7日に行われるキリンチャレンジカップ2017のシリア戦及び同13日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のイラク代表戦に臨む日本代表メンバー25名を発表した。 ▽日本代表に選出されたガンバ大阪のMF倉田秋がクラブを通じてコメントした。「ガンバらしさを代表でも」とチームの連係に自信を見せた。 <B>◆MF倉田秋(ガンバ大阪)</B> 「代表に選出されて光栄です。チームが勝利するために自分の力を全て出して、貢献できるように練習からしっかりと取り組んでいきます! 今回、ガンバのメンバーが多く、リーグで出せている結果、連携を見ていただいたと思うので、ガンバらしさを代表の中でもしっかり出していきたいです。」 2017.05.25 17:51 Thu
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース