激しくぶつかり合ったG大阪と浦和、両者譲らずの痛み分け《J1》2017.03.19 19:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽19日に市立吹田サッカースタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第4節のガンバ大阪vs浦和レッズは、1-1のドローに終わった。

▽開幕から2勝1分け無敗で2位のG大阪と、2勝1敗で4位の浦和が激突した。G大阪は、藤春がメンバー外となり、オ・ジェソクが先発。その他、ケガから復帰の井手口、鹿島アントラーズから電撃加入の赤崎がベンチ入りとなった。対する浦和は、武藤がベンチスタート。故障で欠場が続いていた柏木が先発復帰を果たした。

▽試合は、序盤から互いに睨み合うような展開となる。遠藤のアンカーシステムを見据えてか、柏木の1シャドーに布陣変更した浦和は7分に決定機。興梠がボックス右から上げた左足のクロスはDFに触られたものの、ファーサイドで反応した柏木が右足ダイレクトで合わせる。しかし、枠に飛ばせない。

▽肝を冷やしたG大阪。引きすぎることなく、適度なライン設定からカウンターで応戦する。そうした流れの中で、13分に左CKのチャンスを獲得。遠藤のクロスにニアサイドの密集地帯で反応した今野が頭で合わせる。これがファーサイドのゴールマウスに向かったものの、惜しくもクロスバーの上に外れてしまう。

▽前半の半ば以降も互いに持ち味を消し合う展開の中で、浦和は金正也のミスパスから絶好機。興梠がバイタルエリア中央から左足を振り抜くが、惜しくもクロスバーの上側を叩く。さらに、37分にもG大阪の連携ミスからゴールに迫った浦和だが、これも先制ゴールに結びつけることができない。

▽前半の終盤にかけても一進一退の攻防が続いた試合は、浦和が前半アディショナルタイムに決定的なシーン。左サイドで起点を作り、相手を押し込んだ状態から槙野が右足のミドルシュートを放つ。クロスバーを叩いた跳ね返りを興梠が頭で押し込みにかかるが、ゴールマウス左の外側に流れた。

▽前半の終盤に続いたミスからリズムを崩しかけたG大阪。それでも、ゴールレスで試合を折り返すと、均衡を破る。敵陣中央からドリブルで持ち上がった倉田が相手を引きつけて左サイドに展開。これを受けたオ・ジェソクの折り返しから、正面で槙野の背後に飛び込んだ今野が頭でネットを揺らした。

▽先制を許した浦和は62分、興梠のポストプレーから同点機。宇賀神がバイタルエリア中央に切り込み、右足のシュートを放つが、GK藤ヶ谷に弾かれてしまう。すると、今度はその直後、G大阪にチャンス。左サイドを突破した長沢がカットインを試みるが、シュートの形に持ち込むことができない。

▽緊迫した展開が続く中、G大阪は73分にアクシデントが発生する。左足を痛めた藤ヶ谷のプレー続行が不可能となり、J1初出場のGK田尻をスクランブル起用。しかし、トップチームデビューの田尻が幾度のピンチにも動じることなく、冷静なシュートストップで浦和に得点を許さない。

▽しかし、後半アディショナルタイム2分、浦和は宇賀神のシュートがブロックに入った倉田の手に当たって、PKのチャンスを獲得。これをラファエル・シルバがゴール右隅に決め切り、土壇場で1-1の同点に追いついた。結局、試合は痛み分けで終了。互いに勝ち点1ずつを分け合い、中断期間に入ることになった。

コメント

関連ニュース

thumb

G大阪、鹿島に続きJ1通算1400ゴール達成…MF泉澤仁の惜別弾が記念すべき一発に

▽ガンバ大阪が21日にホームで行われた明治安田生命J1リーグ第8節の大宮アルディージャ戦でJ1クラブ通算1400ゴールを達成した。 ▽今シーズンのリーグ戦でここまでわずか1勝のホームで勝利を狙ったG大阪は、16分にMF井手口陽介のゴールで均衡を破ると、圧巻のゴールショー。記念すべき1400ゴール目となったMF泉澤仁の惜別弾となる移籍後初の1発やMF堂安律のJ1初ゴール含む2発など、計6発で大宮を一蹴した。 ▽なお、J1で1400ゴールに到達したのは、鹿島アントラーズに続きG大阪で2クラブ目。鹿島は1438ゴールでトップに立ち、1404ゴールでG大阪が続いている。 2017.04.22 09:00 Sat
twitterfacebook
thumb

堂安のJ1初ゴールを含む2得点&泉澤の古巣弾などG大阪が6発圧勝! 大宮は為す術なく8戦未勝利でダービーへ《J1》

▽21日、明治安田生命J1リーグ第8節のガンバ大阪vs大宮アルディージャが市立吹田サッカースタジアムで行われ、6-0でG大阪が圧勝した。 ▽16日に行われた“大阪ダービー”で政治的思想を連想させるフラッグの掲出があり、今節から一切の掲出物が禁止されたG大阪。悪いニュースが流れる中、長谷川健太監督はシステムを[3-5-2]から[4-4-2]に変更。ファビオ、初瀬、遠藤、長沢の4名に変えて、オ・ジェソク、藤本、泉澤、堂安を先発起用した。 ▽一方の大宮は前節の清水エスパルス戦で1-1と引き分け連敗をストップ。今シーズン初勝利を目指して臨む一戦は、GK加藤、横谷、ムルジャに変えてGK塩田、岩上、そして黒川を初先発させる。 ▽開始30秒、G大阪がいきなり決定機を迎える。河本のクリアボールを岩上が胸でDFに戻そうとするも、これを堂安がカットしそのままシュート。しかし、シュートは大きく枠を外す。 ▽対する大宮は11分、左サイドでパスを受けた黒川が中央へ切れ込みながらミドルシュート。しかし、シュートは枠を大きく外してしまう。 ▽オープンな展開になりかけた16分、G大阪が一瞬の隙を突いてゴールを奪う。左サイドでボールを持った泉澤が井手口にパス。ボックス手前パスを受けた井手口が右足を振り抜くと、これが左隅に突き刺さりG大阪が先制する。 ▽惜しくもJ1通算2万ゴールを逃した形となったが、その後もG大阪が鋭い出足とプレスで大宮の攻撃を寸断。ショートカウンターや細かいパス交換で大宮ゴールに攻める。すると41分、右サイドでボールを持った藤本が中央へ運びながらボックス手前でパス。ボックス内でフリーでパスを受けた泉澤が右足を振り抜くと、これがネットを揺らし、古巣相手に移籍後初ゴールを決めてリードを2点とする。 ▽ほとんどチャンスを作れなかった大宮は45分に渡部のクロスからチャンスを作るが、GK東口が落ち着いて対応。G大阪が2点リードで前半を終える。 ▽後半に入ると、大宮は2選手を変更。初先発の黒川に代えて大山、茨田に代えて横谷をピッチに送り出し、流れを変えに行く。すると53分、左サイドからのパスを受けた岩上がするすると抜け出てボックス内に侵入。シュートを狙うも、身体を入れた三浦を倒してしまい決定機を逸する。 ▽すると直後の54分、ボックス手前でパスを受けた藤本が左足シュート。これがゴール右を突くもGK塩田がセーブ。しかし、倉田がしっかりと詰めて、G大阪が3点目を奪う。さらに62分には持ち上がった倉田が堂安へパス。堂安はボックス手前から左足で狙うと、河本の股間を抜けたシュートがゴール右隅へ。GK塩田は反応できず、G大阪がリードを4点に広げる。 ▽G大阪は攻撃の手を緩めることなく大宮を押し込むと、65分には左CKを獲得すると、クリアボールを拾った井手口が再びクロス。これをファーサイドで三浦が豪快にヘッドで合わせ、5点目を奪う。 ▽大宮は72分に渡部のクロスに江坂がヘッドで合わせるもゴールならず。75分には、清水のスルーパスに反応した大前がシュートも、力なくGK東口にセーブされる。すると77分、GK東口が前線にボールを送ると、和田のトラップミスを狙っていた堂安がボールを奪い、ボックス手前から左足一閃。これが決まり、G大阪が6点目を奪う。 ▽その後も大宮の攻撃はパスがズレるなどミスが目立ち効果を発揮せず。G大阪は前掛かりになった大宮守備陣の裏をつくカウンターで攻め込む展開が続き試合終了。G大阪が6得点を奪って大宮を圧倒し6-0で勝利。大宮はゴールが遠く、無得点で今シーズン7敗目を喫した。 2017.04.21 20:58 Fri
twitterfacebook
thumb

G大阪が全公式戦での掲出物禁止を発表…政治的思想を連想させるフラッグの掲出を受け

▽ガンバ大阪は21日、当面の試合にて全てのエリアにおけるガンバ大阪を応援する横断幕や旗などの掲出物の禁止を発表した。 ▽G大阪は、16日に行われた明治安田生命J1リーグ第7節のC大阪との“大阪ダービー”において政治的思想を連想させるフラッグの掲出があったことを20日に発表。当事者が判明次第、厳正な対応を行うとしていた。 ▽クラブの発表によると、掲出物の禁止はホーム、アウェイ問わず全ての公式戦が対象となり、自作のものだけでなく、販売しているフラッグも含まれるとのこと。21日に行われる明治安田生命J1リーグ第8節の大宮アルディージャ戦から適用される。 ▽G大阪は、「政治的・宗教的思想を含む、もしくは連想させるフラッグ等の掲出は、Jリーグ共通ルールはもちろん、クラブも一切認めておらず、クラブとしても大変遺憾に思っております」と声明も発表した。 2017.04.21 18:08 Fri
twitterfacebook
thumb

G大阪が“大阪ダービー”での政治的思想を連想させるフラッグの掲出を謝罪

▽ガンバ大阪は20日、16日に行われた明治安田生命J1リーグ第7節のC大阪との“大阪ダービー”において政治的思想を連想させるフラッグの掲出があったことを発表。クラブの公式サイトを通じて謝罪した。 ▽クラブによると、以前に類似したケースがあった際、掲出したサポーターグループに対して、掲出は不適切であるという警告。サポーターグループに政治的な意図はなく、警告以降の掲出はしてなかったが、今回の一戦で再度フラッグが掲出された。今後クラブは、当事者が判明次第、厳正な対応を行うとしている。 ▽G大阪は公式サイトで「ガンバ大阪を応援していただいているサポーター・ファンの皆様を始め、多くの皆様に不快な思いをさせたことについて、心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。 2017.04.21 02:52 Fri
twitterfacebook
thumb

3季ぶりの“大阪ダービー”はG大阪が土壇場で追いつきドロー決着! C大阪は杉本の2ゴールを守り切れず...《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第7節、セレッソ大阪vsガンバ大阪が16日にヤンマースタジアム長居で行われ、2-2の引き分けに終わった。 ▽C大阪がJ1に復帰したことで3年ぶりに実現した33回目の“大阪ダービー”。前節、鹿島アントラーズとのアウェイ戦を1-0で勝利し、3連勝を飾った6位のC大阪は、最終ラインの木本に代えて山下を起用した。 ▽一方、前節のサンフレッチェ広島戦を0-1で落とし、今季初の黒星を喫した4位のG大阪は、11日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017・第4節の江蘇蘇寧戦(0-3で敗戦)から先発メンバーを4人変更した。丹羽とオ・ジェソク、泉澤に代えて金正也と藤春、倉田を起用。また、赤崎が移籍後初のリーグ戦先発となった。 ▽第6節を終えて、ここまで3勝1敗2分と同じ戦績で激突した両者の一戦は、ホームのC大阪がキックオフ直後に仕掛ける。1分、ソウザが頭で競り合ったボールを杉本がポストプレー。これをボックス左手前で受けた柿谷が左足でボレーシュートを放つも、ゴール右に外れる。 ▽その後も攻勢に出るC大阪は5分にソウザが、10分には丸橋がミドルシュートでG大阪ゴールに迫るも、いずれも枠を捉えることができない。 ▽前半半ばに差し掛かってもC大阪がやや優勢で試合を進めるも、G大阪も応戦。しかし、C大阪のシュートブロックに苦しみ、ゴールを脅かすことができない。するとC大阪はG大阪のサイドを攻略し始める。33分、山村の落としをボックス左外で受けた柿谷がカットインからシュート。40分にも右サイドからの関口のクロスをボックス中央の杉本が頭で合わせ、得点は奪えなかったものの、C大阪ペースで試合を折り返す。 ▽後半に入っても、攻勢を続けるC大阪。ところが、ここまで劣勢だったG大阪が一瞬の隙から先制点を奪う。57分、敵陣中央右からのスローインを長沢、堂安と細かくつなぐと最後は倉田がボックス中央にパス。このボールに藤春が素早く反応すると、GKキム・ジンヒョンとの一対一を制した。 ▽先制を許したC大阪だが攻勢を強めると71分、杉本の個人技から同点ゴールが生まれる。杉本が丸橋のパスをボックス左手前で受けると、そのまま反転。カットインから右足を振り抜くと、GK東口順昭の頭上を射抜いた。 ▽同点に追いついたC大阪は直後にも決定機。73分、左サイドを突破した丸橋がゴール前にクロスを送ると、走り込んだ杉本が強烈なヘディングシュート。しかし、これはGK東口順昭の好守に阻まれる。 ▽その後も一進一退の攻防を繰り広げるも、得点が生まれないまま時間が進む。すると終盤、ついにC大阪が逆転する。86分、ボックス左外でパスを受けたソウザが切り返して、ゴール前にクロス。これを杉本が頭で合わせると、ゴール右隅へと吸い込まれた。 ▽逆転を許したG大阪だったが、試合終了間際に脅威の粘りを見せる。後半アディショナルタイム3分、井手口の左CKを長沢が逸らすと、三浦がボックス手前にポストプレー。これを受けた藤春のシュートが混戦になるとゴール前に待ち構えていた倉田が左足ボレーで押し込んだ。その後、わずかな時間でC大阪が猛攻を仕掛けるも、そのまま試合終了。3年ぶりの“大阪ダービー”は両者譲らずドロー決着となった。 2017.04.16 16:21 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース