激しくぶつかり合ったG大阪と浦和、両者譲らずの痛み分け《J1》2017.03.19 19:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽19日に市立吹田サッカースタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第4節のガンバ大阪vs浦和レッズは、1-1のドローに終わった。

▽開幕から2勝1分け無敗で2位のG大阪と、2勝1敗で4位の浦和が激突した。G大阪は、藤春がメンバー外となり、オ・ジェソクが先発。その他、ケガから復帰の井手口、鹿島アントラーズから電撃加入の赤崎がベンチ入りとなった。対する浦和は、武藤がベンチスタート。故障で欠場が続いていた柏木が先発復帰を果たした。

▽試合は、序盤から互いに睨み合うような展開となる。遠藤のアンカーシステムを見据えてか、柏木の1シャドーに布陣変更した浦和は7分に決定機。興梠がボックス右から上げた左足のクロスはDFに触られたものの、ファーサイドで反応した柏木が右足ダイレクトで合わせる。しかし、枠に飛ばせない。

▽肝を冷やしたG大阪。引きすぎることなく、適度なライン設定からカウンターで応戦する。そうした流れの中で、13分に左CKのチャンスを獲得。遠藤のクロスにニアサイドの密集地帯で反応した今野が頭で合わせる。これがファーサイドのゴールマウスに向かったものの、惜しくもクロスバーの上に外れてしまう。

▽前半の半ば以降も互いに持ち味を消し合う展開の中で、浦和は金正也のミスパスから絶好機。興梠がバイタルエリア中央から左足を振り抜くが、惜しくもクロスバーの上側を叩く。さらに、37分にもG大阪の連携ミスからゴールに迫った浦和だが、これも先制ゴールに結びつけることができない。

▽前半の終盤にかけても一進一退の攻防が続いた試合は、浦和が前半アディショナルタイムに決定的なシーン。左サイドで起点を作り、相手を押し込んだ状態から槙野が右足のミドルシュートを放つ。クロスバーを叩いた跳ね返りを興梠が頭で押し込みにかかるが、ゴールマウス左の外側に流れた。

▽前半の終盤に続いたミスからリズムを崩しかけたG大阪。それでも、ゴールレスで試合を折り返すと、均衡を破る。敵陣中央からドリブルで持ち上がった倉田が相手を引きつけて左サイドに展開。これを受けたオ・ジェソクの折り返しから、正面で槙野の背後に飛び込んだ今野が頭でネットを揺らした。

▽先制を許した浦和は62分、興梠のポストプレーから同点機。宇賀神がバイタルエリア中央に切り込み、右足のシュートを放つが、GK藤ヶ谷に弾かれてしまう。すると、今度はその直後、G大阪にチャンス。左サイドを突破した長沢がカットインを試みるが、シュートの形に持ち込むことができない。

▽緊迫した展開が続く中、G大阪は73分にアクシデントが発生する。左足を痛めた藤ヶ谷のプレー続行が不可能となり、J1初出場のGK田尻をスクランブル起用。しかし、トップチームデビューの田尻が幾度のピンチにも動じることなく、冷静なシュートストップで浦和に得点を許さない。

▽しかし、後半アディショナルタイム2分、浦和は宇賀神のシュートがブロックに入った倉田の手に当たって、PKのチャンスを獲得。これをラファエル・シルバがゴール右隅に決め切り、土壇場で1-1の同点に追いついた。結局、試合は痛み分けで終了。互いに勝ち点1ずつを分け合い、中断期間に入ることになった。

コメント

関連ニュース

thumb

東京V、G大阪からMF泉澤仁を期限付き移籍で獲得「J1昇格を目指してチームの力になれるよう」

▽東京ヴェルディは25日、ガンバ大阪からMF泉澤仁(26)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2019年1月31日まで。なお契約によりガンバ大阪と対戦するすべての公式戦に出場することができない。 ▽泉澤は2017年1月に大宮からG大阪に加入。昨シーズンこそ公式戦33試合6得点を記録したものの、今シーズンは明治安田生命J1リーグで3試合、YBCルヴァンカップで3試合の出場にとどまっていた。U-23チームとして出場していたJ3リーグでは8試合出場して2得点を記録していた。 ▽東京Vへの期限付き移籍が決定した泉澤は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆東京ヴェルディ 「東京ヴェルディのファン・サポーターの皆さん、初めまして。J1昇格を目指してチームの力になれるよう、精一杯頑張ります。よろしくお願いします」 ◆ガンバ大阪 「ガンバ大阪に加入してきて、サポーター・ファンの皆様の温かい応援がとても嬉しかったです。本当に有難うございました」 2018.06.25 10:40 Mon
twitterfacebook
thumb

「結果を出せず悔しいです」今季G大阪加入のMF矢島慎也、仙台へ期限付き移籍

▽ベガルタ仙台は25日、ガンバ大阪からMF矢島慎也(24)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2019年1月31日まで。なお、移籍期間中におけるG大阪との公式戦には出場できない。 ▽矢島は2018年に浦和レッズからG大阪に完全移籍。しかし定位置を確保することができず、明治安田生命J1リーグとYBCルヴァンカップでは2試合ずつの出場にとどまり、最近ではU-23チームとしてJ3リーグでの出場が続いていた。 ▽仙台への期限付き移籍が決定した矢島は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆ベガルタ仙台 「ベガルタ仙台の一員として戦うことになりました矢島慎也です。仙台でプレーする機会に感謝するとともに、日々努力して、チームの勝利に貢献できるようがんばります。応援よろしくお願いいたします」 ◆ガンバ大阪 「ファン・サポーターの皆さん応援有難うございました。チームが悪い状況の中、結果を出せず悔しいです。この悔しさを忘れずにまた次のチームで頑張ります」 2018.06.25 10:15 Mon
twitterfacebook
thumb

G大阪、関学の攻撃的SB高尾瑠と仮契約! 先の天皇杯2回戦でもプレー

▽ガンバ大阪は22日、関西学院大学に在学するDF高尾瑠(21)と2019シーズン新加入選手として仮契約を結んだことを発表した。 ▽名古屋グランパスの下部組織で育った高尾は、全日本大学選抜歴を持つ身長181cm、体重67kgのDF。圧倒的なスピードと運動量だけでなく、技術を生かしたドリブルが得意な超攻撃的サイドバックとして、6日に行われた天皇杯2回戦でG大阪と対峙した。 ▽加入内定を受けて、高尾はクラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「この度、ガンバ大阪という歴史ある素晴らしいチームでプロ生活をスタートすることができ、とても嬉しく思います。これまで支えて下さった家族、スタッフ、チームメイトなど全ての人に感謝をし、今まで以上に強い気持ちを持って、ガンバ大阪の勝利に一日でも早く貢献できるように頑張ります。応援宜しくお願いします」 2018.06.22 15:20 Fri
twitterfacebook
thumb

決戦地ロシアから震災に心配の声…高槻市出身の東口順昭「気をつけて」

▽ガンバ大阪に所属する日本代表GK東口順昭が18日、自身のツイッター(@hi_five21)を通じて、大阪府北部を襲った震度6弱の地震による被害を心配した。 ▽東口は大阪府高槻市出身。所属クラブも震源地の大阪府北部をホームタウンとするG大阪だ。現在、ロシア・ワールドカップに参戦中の日本代表に帯同する東口。決戦の地ロシアから被災地にメッセージを寄せた。 「心配です。まだまだ気は抜けないとは思いますが、皆さん気をつけて下さい!」 2018.06.18 21:05 Mon
twitterfacebook
thumb

地震の影響で練習中止のG大阪、クラブ関係者全員の無事を報告

▽ガンバ大阪は18日、同日近畿地方で発生した地震による安否の状況を説明。所属選手、スタッフ、アカデミー選手、アカデミースタッフ、クラブスタッフ全員が無事であることを報告している。 ▽また、クラブは同日予定されていたトップチームの練習が中止になったことも併せて伝えている。 2018.06.18 14:30 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース