激しくぶつかり合ったG大阪と浦和、両者譲らずの痛み分け《J1》2017.03.19 19:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽19日に市立吹田サッカースタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第4節のガンバ大阪vs浦和レッズは、1-1のドローに終わった。

▽開幕から2勝1分け無敗で2位のG大阪と、2勝1敗で4位の浦和が激突した。G大阪は、藤春がメンバー外となり、オ・ジェソクが先発。その他、ケガから復帰の井手口、鹿島アントラーズから電撃加入の赤崎がベンチ入りとなった。対する浦和は、武藤がベンチスタート。故障で欠場が続いていた柏木が先発復帰を果たした。

▽試合は、序盤から互いに睨み合うような展開となる。遠藤のアンカーシステムを見据えてか、柏木の1シャドーに布陣変更した浦和は7分に決定機。興梠がボックス右から上げた左足のクロスはDFに触られたものの、ファーサイドで反応した柏木が右足ダイレクトで合わせる。しかし、枠に飛ばせない。

▽肝を冷やしたG大阪。引きすぎることなく、適度なライン設定からカウンターで応戦する。そうした流れの中で、13分に左CKのチャンスを獲得。遠藤のクロスにニアサイドの密集地帯で反応した今野が頭で合わせる。これがファーサイドのゴールマウスに向かったものの、惜しくもクロスバーの上に外れてしまう。

▽前半の半ば以降も互いに持ち味を消し合う展開の中で、浦和は金正也のミスパスから絶好機。興梠がバイタルエリア中央から左足を振り抜くが、惜しくもクロスバーの上側を叩く。さらに、37分にもG大阪の連携ミスからゴールに迫った浦和だが、これも先制ゴールに結びつけることができない。

▽前半の終盤にかけても一進一退の攻防が続いた試合は、浦和が前半アディショナルタイムに決定的なシーン。左サイドで起点を作り、相手を押し込んだ状態から槙野が右足のミドルシュートを放つ。クロスバーを叩いた跳ね返りを興梠が頭で押し込みにかかるが、ゴールマウス左の外側に流れた。

▽前半の終盤に続いたミスからリズムを崩しかけたG大阪。それでも、ゴールレスで試合を折り返すと、均衡を破る。敵陣中央からドリブルで持ち上がった倉田が相手を引きつけて左サイドに展開。これを受けたオ・ジェソクの折り返しから、正面で槙野の背後に飛び込んだ今野が頭でネットを揺らした。

▽先制を許した浦和は62分、興梠のポストプレーから同点機。宇賀神がバイタルエリア中央に切り込み、右足のシュートを放つが、GK藤ヶ谷に弾かれてしまう。すると、今度はその直後、G大阪にチャンス。左サイドを突破した長沢がカットインを試みるが、シュートの形に持ち込むことができない。

▽緊迫した展開が続く中、G大阪は73分にアクシデントが発生する。左足を痛めた藤ヶ谷のプレー続行が不可能となり、J1初出場のGK田尻をスクランブル起用。しかし、トップチームデビューの田尻が幾度のピンチにも動じることなく、冷静なシュートストップで浦和に得点を許さない。

▽しかし、後半アディショナルタイム2分、浦和は宇賀神のシュートがブロックに入った倉田の手に当たって、PKのチャンスを獲得。これをラファエル・シルバがゴール右隅に決め切り、土壇場で1-1の同点に追いついた。結局、試合は痛み分けで終了。互いに勝ち点1ずつを分け合い、中断期間に入ることになった。

コメント

関連ニュース

thumb

伊東弾でG大阪を蹴散らした柏が連勝で上位追走!《J1》

▽19日に市立吹田サッカースタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第23節のガンバ大阪vs柏レイソルは、アウェイの柏が1-0で勝利した。 ▽ジュビロ磐田との前節に後半戦5試合目にして早くも3敗目となる黒星を喫した7位のG大阪(勝ち点36)。今節は、4試合ぶりの勝利を狙う。先発は前節から2名を変更。井手口とオ・ジェソクがスタメン復帰を果たした。 ▽一方、5位の柏(勝ち点42)は、前節の清水エスパルス戦を4-1の快勝で飾って4戦無敗。今節は、前回対戦で1-3の黒星を喫したG大阪とのリベンジマッチとなる。先発には出場停止明けのキム・ボギョンが復帰。2連勝を目指した。 ▽試合は、立ち上がりから拮抗した展開となる。G大阪がボールの主導権を握り始めるが、攻めきれずにいると、対する柏も機を見た攻め込みから応戦。互いにゴールに迫るシーンを何度か作りだすが、こう着状態を打ち破ることができない。 ▽ゴールレスで迎えた後半もG大阪の攻勢で立ち上がる。しかし、徐々にクリスティアーノを軸とした攻めで流れを引き寄せた柏は、77分にカウンターを発動。右サイドから仕掛けた伊東が中に切り込み、左足のシュートをゴール左に沈め、柏が均衡を破った。 ▽先制を許したG大阪は、直後にファン・ウィジョを諦めて長沢を投入。その長沢にボールを集めるが、何度か迎えたシュートチャンスをモノにできない。さらに、残る交代枠で初瀬、泉澤を途中起用。しかし、流れを好転させることはできない。 ▽結局、試合は終了。G大阪は磐田戦に続く黒星で4戦未勝利。8月に入り、勝利から遠ざかっている。対する柏は今シーズン2度目の連勝。首位の鹿島アントラーズ追走に成功した。 2017.08.19 20:58 Sat
twitterfacebook
thumb

G大阪、磐田戦で違反行為のサポーター2名に処分

▽ガンバ大阪は19日、13日に市立吹田サッカースタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第22節のジュビロ磐田戦におけるサポーター2名の違反行為を報告した。 ▽G大阪サポーター2名は磐田戦にて、スタジアム周辺で危険な行為に及んだ上、会場運営を妨害。両サポーターに対しては、G大阪公式戦への入場禁止処分が科されている。 ▽G大阪は「ファン・サポーターの皆さまにおかれましては、観戦ルールやマナーを遵守して頂き、ご観戦を頂きますよう、ご理解とご協力よろしくお願い申し上げます」と綴っている。 2017.08.19 13:35 Sat
twitterfacebook
thumb

G大阪MF高宇洋がプロA契約! 今季入団の高卒ルーキー

▽ガンバ大阪は14日、MF高宇洋(19)とのプロA契約締結を発表した。7月22日に行われた明治安田生命J3リーグ第18節のカターレ富山戦で、プロA契約の規定である公式戦出場時間に到達した。 ▽元中国代表MFの高升(ガオ・シュン)氏を実父に持つ神奈川県出身の高は、市立船橋高校から今シーズン入団。ここまでJ3を主戦場とするU-23メンバーとして、17試合の出場を記録している。 2017.08.14 10:06 Mon
twitterfacebook
thumb

磐田、G大阪にシーズンダブル! “FKの名手”俊輔が2アシスト《J1》

▽13日に市立吹田サッカースタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第22節のガンバ大阪vsジュビロ磐田は、アウェイの磐田が2-0で勝利した。 ▽6位のG大阪は、前節のサンフレッチェ広島戦をドロー。2戦未勝利と足踏みが続く。今節は、イベントの一環として「太陽の塔」とのコラボシャツを着用。先発には、出場停止のオ・ジェソク、発熱の井手口に代わり、初瀬、Jリーグデビューの市丸が抜擢された。 ▽対する7位の磐田も前節のベガルタ仙台戦をドロー。G大阪と同様に直近2試合で勝利から遠ざかっている。3試合ぶりの勝利で上位追走を図りたい今節は、前節と同じ11人をチョイス。盤石の状態で、G大阪との一戦に挑んだ。 ▽勝ち点1差でひしめく両者の一戦は、立ち上がりからホームのG大阪が攻勢。11分に市丸、13分に倉田がゴールに迫るが、シュートを枠に飛ばせない。立ち上がりから苦しい戦いを強いられた磐田だが、中村が得意のFKから悪い流れを払拭する。19分、敵陣左サイドの位置で得たFKから中村がクロスを供給。ニアサイドで競り勝った大井が頭で合わせ、磐田がリードした。 ▽嫌な形で失点したG大阪は、その後もボールを動かすが、バイタルエリアでノッキングを起こし続ける攻撃に停滞感。1点ビハインドで迎えた後半の入りからテンポアップを図るが、ファン・ウィジョとアデミウソンにボールを多く集めても呼吸が合わない。63分にはボックス右からファン・ウィジョが右足を一閃。しかし、強烈なシュートは左ポストに嫌われる。 ▽すると、堅守が光る磐田は73分、またしても中村の左足が炸裂する。敵陣右サイドの位置で得たFKから中村がクロスを送る。ボックス内でクロスに反応したアダイウトンが頭で押し込み、磐田が突き放した。その後、長沢、泉澤、高木を投入したG大阪だったが、最後まで決定力を欠き、磐田を相手にシーズンダブルを献上。名手中村の活躍が光った磐田は3試合ぶりの白星を手にした。 2017.08.13 20:30 Sun
twitterfacebook
thumb

鹿実元総監督の松沢隆司氏が死去 教え子のG大阪MF遠藤保仁が悼む

▽鹿児島実業高校サッカー部の総監督を務めた松沢隆司氏(76)が11日、多臓器不全のため、鹿児島市内の病院で死去した。1995年から3年間にわたって指導を受けたガンバ大阪の元日本代表MF遠藤保仁(37)が恩師を偲んだ。 ▽松沢氏は、1966年から鹿児島実高校サッカー部を指揮。1995年に監督、2004年に総監督として全国高校選手権制覇に導いた。その間、遠藤のほか、前園真聖氏、城彰二氏、MF松井大輔ら多くの日本代表選手を輩出。2011年に総監督を退任した。遠藤は恩師の訃報を受け、所属先のG大阪を通じて次のようにコメントを発表している。 「長年サッカーに携わって、たくさんのJリーガーや社会で活躍されている方を育てられたことが先生の功績だと思います。特に遠藤家は代表のときなど、よく気にかけて頂いたので、本当に感謝しています」 2017.08.13 10:00 Sun
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース