超ワールドサッカー

激しくぶつかり合ったG大阪と浦和、両者譲らずの痛み分け《J1》2017.03.19 19:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽19日に市立吹田サッカースタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第4節のガンバ大阪vs浦和レッズは、1-1のドローに終わった。

▽開幕から2勝1分け無敗で2位のG大阪と、2勝1敗で4位の浦和が激突した。G大阪は、藤春がメンバー外となり、オ・ジェソクが先発。その他、ケガから復帰の井手口、鹿島アントラーズから電撃加入の赤崎がベンチ入りとなった。対する浦和は、武藤がベンチスタート。故障で欠場が続いていた柏木が先発復帰を果たした。

▽試合は、序盤から互いに睨み合うような展開となる。遠藤のアンカーシステムを見据えてか、柏木の1シャドーに布陣変更した浦和は7分に決定機。興梠がボックス右から上げた左足のクロスはDFに触られたものの、ファーサイドで反応した柏木が右足ダイレクトで合わせる。しかし、枠に飛ばせない。

▽肝を冷やしたG大阪。引きすぎることなく、適度なライン設定からカウンターで応戦する。そうした流れの中で、13分に左CKのチャンスを獲得。遠藤のクロスにニアサイドの密集地帯で反応した今野が頭で合わせる。これがファーサイドのゴールマウスに向かったものの、惜しくもクロスバーの上に外れてしまう。

▽前半の半ば以降も互いに持ち味を消し合う展開の中で、浦和は金正也のミスパスから絶好機。興梠がバイタルエリア中央から左足を振り抜くが、惜しくもクロスバーの上側を叩く。さらに、37分にもG大阪の連携ミスからゴールに迫った浦和だが、これも先制ゴールに結びつけることができない。

▽前半の終盤にかけても一進一退の攻防が続いた試合は、浦和が前半アディショナルタイムに決定的なシーン。左サイドで起点を作り、相手を押し込んだ状態から槙野が右足のミドルシュートを放つ。クロスバーを叩いた跳ね返りを興梠が頭で押し込みにかかるが、ゴールマウス左の外側に流れた。

▽前半の終盤に続いたミスからリズムを崩しかけたG大阪。それでも、ゴールレスで試合を折り返すと、均衡を破る。敵陣中央からドリブルで持ち上がった倉田が相手を引きつけて左サイドに展開。これを受けたオ・ジェソクの折り返しから、正面で槙野の背後に飛び込んだ今野が頭でネットを揺らした。

▽先制を許した浦和は62分、興梠のポストプレーから同点機。宇賀神がバイタルエリア中央に切り込み、右足のシュートを放つが、GK藤ヶ谷に弾かれてしまう。すると、今度はその直後、G大阪にチャンス。左サイドを突破した長沢がカットインを試みるが、シュートの形に持ち込むことができない。

▽緊迫した展開が続く中、G大阪は73分にアクシデントが発生する。左足を痛めた藤ヶ谷のプレー続行が不可能となり、J1初出場のGK田尻をスクランブル起用。しかし、トップチームデビューの田尻が幾度のピンチにも動じることなく、冷静なシュートストップで浦和に得点を許さない。

▽しかし、後半アディショナルタイム2分、浦和は宇賀神のシュートがブロックに入った倉田の手に当たって、PKのチャンスを獲得。これをラファエル・シルバがゴール右隅に決め切り、土壇場で1-1の同点に追いついた。結局、試合は痛み分けで終了。互いに勝ち点1ずつを分け合い、中断期間に入ることになった。

コメント

関連ニュース

thumb

G大阪が政治的思想を連想させるフラッグの掲出を受け、当該サポーターグループの解散と無期限入場禁止を発表

▽ガンバ大阪は27日、政治的思想を連想させるフラッグの掲出を受けた処分を発表していたが、サポーターグループへの追加処分を発表した。 ▽G大阪は、16日に行われた明治安田生命J1リーグ第7節のセレッソ大阪との“大阪ダービー”において政治的思想を連想させるフラッグの掲出があったことを20日に発表。21日に行われた明治安田生命J1リーグ第8節の大宮アルディージャ戦からは全ての掲出物を禁止することを発表していた。 ▽G大阪によると、さらに今回の件の発端となったサポーターグループと話し合いを行い、「当該サポーターグループからの解散届の受理」、「当該サポーターグループ全員の無期限入場禁止」の処分を決定したとのことだ。 ▽また、今後の再発防止対策として、G大阪とファン・サポーターが共同で応援のあり方を検討し、改革するための「プロジェクトチーム」の発足するとのこと。G大阪が運営責任を果たし、クラブ・ファン・サポーターが一体となった新たな応援スタイルを確立していくと声明を発表している。 2017.04.27 19:17 Thu
twitterfacebook
thumb

鹿島のACLラウンド16進出決定により、J1第12節の鹿島vs川崎F、第13節のG大阪vs鹿島の日程が決定《J1》

▽Jリーグは27日、明治安田生命J1リーグ第12節の鹿島アントラーズvs川崎フロンターレ、第13節のガンバ大阪vs鹿島アントラーズの試合開催日決定を発表した。 ▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場しているチーム同士の対戦カードだが、26日に鹿島のラウンド16進出が決定。これにより、試合開催日が決定した。 ▽第12節の鹿島vs川崎Fは当初の予定通り5月19日(金)の19時から県立カシマサッカースタジアムで行われる。また、第13節のG大阪vs鹿島は、日程が変更され7月5日(水)の19時から市立吹田サッカースタジアムで行われる。 2017.04.27 10:13 Thu
twitterfacebook
thumb

済州が逆転勝利で2位浮上! G大阪は次節4点以上かつ3点差以上での勝利が最低条件…《ACL2017》

▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017・グループH第5節、江蘇蘇寧(中国)vs済州ユナイテッド(韓国)が行われ、1-2で済州が勝利した。 ▽第4節を終えて、全勝で首位を独走する江蘇蘇寧(勝ち点12)は、元ブラジル代表MFラミレスとブラジル人MFテイシェイラを先発起用。一方、1勝2敗1分で3位につける済州(勝ち点4)は、ブラジル人MFトスカーノとセレッソ大阪でもプレーしたFWマグノ・クルスが先発した。 ▽試合が動いたのは27分、テイシェイラのクロスをラミレスがヘディングシュート。これが決まり、首位の江蘇蘇寧が先制する。 ▽グループステージ突破に向けてここでのポイントロスは許されない済州は、すぐさま反撃を見せる。34分、チン・ソンウクのパスを受けたマグノ・クルスが右足でゴールネットを揺らし、試合を振り出しに戻す。 ▽迎えた後半開始早々、済州が攻勢に出ると48分、イ・チャンミンがボックス外から右足を振り抜く。これがゴール右上隅に突き刺さり、逆転に成功する。 ▽その後は、江蘇蘇寧の反撃を凌いで得点を許さなかった済州がこのゴールを守り切って勝利。別会場で行われたガンバ大阪(日本)vsアデレード・ユナイテッド(オーストラリア)が3-3のドローに終わったため、勝ち点3をもぎ取った済州が2位に浮上した。 ▽この結果、G大阪は次節の済州とのアウェイ戦で4得点以上かつ3点差以上で勝利し、別会場で行われるアデレード・ユナイテッドvs江蘇蘇寧の一戦でアデレードが引き分け以下で終わることがグループステージ突破の条件となった。 江蘇蘇寧 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 済州ユナイテッド</span> 【江蘇蘇寧】 ラミレス(前27) 【済州ユナイテッド】 マグノ・クルス(前34) イ・チャンミン(後3) 2017.04.26 00:28 Wed
twitterfacebook
thumb

G大阪、自力突破消滅…遠藤のPK失敗響きアデレードと3-3のドロー《ACL2017》

▽ガンバ大阪は25日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017のグループH第5節でアデレード・ユナイテッド(オーストラリア)をホームに迎え、3-3のドローに終わった。 ▽第4節終了時点で1勝3敗の勝ち点3で最下位に沈むG大阪。引き分け以下に終われば敗退決定の可能性もはらむ一方で、残り2試合で連勝すれば自力突破の可能性も残す中、今節は勝ち点1差で2位のアデレードをホームで迎え撃った。 ▽長谷川監督は、21日に行われた明治安田生命J1リーグ第8節の大宮アルディージャから先発を2名変更。泉澤、赤崎に代えて、遠藤と長沢を起用した。また、大宮戦を負傷欠場のアデミウソンとファビオがベンチスタート。現状のベストメンバーを揃えて、大一番に挑んだ。 ▽大宮戦と同様に中盤ボックス型の[4-4-2]を継続したG大阪は、序盤から試合の主導権を握りにかかると、セットプレーのチャンスを獲得。6分、遠藤の左CKからニアサイドに飛び込んだ長沢がヘディングシュートを流し込み、勝利必須のG大阪が幸先良く先制に成功した。 ▽長沢の今大会2ゴール目で均衡を破った大阪は、続く12分に追加点。バイタルエリア右外でボールを受けた堂安がGKの立ち位置を確認してワンステップで左足を振り抜く。鋭い弾道のシュートはやや中央に寄っていた相手GKが追い付けないスピードでゴール右隅に突き刺さった。 ▽その後、アデレードの攻撃に粘り強い対応を見せていたG大阪だが、やや全体的に運動量の低下が目立ってきた43分に、金正也がピッチに足を取られてスリップ。ディアワラに右サイドからクロスを許し、シリオに右足ダイレクトでネット揺らされ、1点差に詰め寄られた。 ▽1点リードで試合を折り返したG大阪。前半の終盤に引き続きプレスをかけきれず、相手に押し込まれる苦しい立ち上がりを強いられる。すると、54分にはオドハーティにミドルシュートを叩き込まれて、アデレードが同点。2点を先行していたG大阪はアデレードに追いつかれてしまう。 ▽そういった苦しい状況の中、G大阪は56分に藤本とのパス交換でボックス右に抜け出したオ・ジェソクがガルーチョからファウルを受けてPKを獲得。しかし、キッカーに名乗りを上げた遠藤が右足シュートを枠内に飛ばせず、勝ち越しのチャンスを不意にする。 ▽悪い流れを断ち切りたいG大阪は、67分に藤本を下げて泉澤、75分に遠藤を諦めてアデミウソンを投入。すると、77分にオ・ジェソクが右サイド敵陣深くからクロスを中央に入れる。これにニアサイドで反応した長沢のヒールシュートが相手に当たって角度か変わり、ネットを揺らした。 ▽長沢の2ゴール目で勝ち越しに成功したG大阪は、守備固めとしてファビオをピッチを投入するが、後半アディショナルタイムに自陣右サイドでFKのチャンスを献上すると、ディアワラにヘディングシュートを決められて痛恨のドロー。自力でのグループステージ突破の可能性が消滅した。 ▽なお、別会場で行われる江蘇蘇寧(中国)vs済州ユナイテッド(韓国)で済州が勝利した場合、G大阪に敗退決定の可能性が浮上。5月9日開催の最終節では、わずかなグループステージ突破の可能性に懸けて、済州とのアウェイゲームに臨む。 2017.04.25 21:00 Tue
twitterfacebook
thumb

G大阪DF野田裕喜が左脛骨疲労骨折で手術

▽ガンバ大阪は24日、DF野田裕喜が左脛骨疲労骨折で21日に手術を受けたことを発表した。 ▽野田は昨年に大津高校からG大阪に入団。今シーズンは、ここまでU-23カテゴリーが属する明治安田生命J3リーグで2試合の出場を記録している。 2017.04.24 14:26 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース