激しくぶつかり合ったG大阪と浦和、両者譲らずの痛み分け《J1》2017.03.19 19:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽19日に市立吹田サッカースタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第4節のガンバ大阪vs浦和レッズは、1-1のドローに終わった。

▽開幕から2勝1分け無敗で2位のG大阪と、2勝1敗で4位の浦和が激突した。G大阪は、藤春がメンバー外となり、オ・ジェソクが先発。その他、ケガから復帰の井手口、鹿島アントラーズから電撃加入の赤崎がベンチ入りとなった。対する浦和は、武藤がベンチスタート。故障で欠場が続いていた柏木が先発復帰を果たした。

▽試合は、序盤から互いに睨み合うような展開となる。遠藤のアンカーシステムを見据えてか、柏木の1シャドーに布陣変更した浦和は7分に決定機。興梠がボックス右から上げた左足のクロスはDFに触られたものの、ファーサイドで反応した柏木が右足ダイレクトで合わせる。しかし、枠に飛ばせない。

▽肝を冷やしたG大阪。引きすぎることなく、適度なライン設定からカウンターで応戦する。そうした流れの中で、13分に左CKのチャンスを獲得。遠藤のクロスにニアサイドの密集地帯で反応した今野が頭で合わせる。これがファーサイドのゴールマウスに向かったものの、惜しくもクロスバーの上に外れてしまう。

▽前半の半ば以降も互いに持ち味を消し合う展開の中で、浦和は金正也のミスパスから絶好機。興梠がバイタルエリア中央から左足を振り抜くが、惜しくもクロスバーの上側を叩く。さらに、37分にもG大阪の連携ミスからゴールに迫った浦和だが、これも先制ゴールに結びつけることができない。

▽前半の終盤にかけても一進一退の攻防が続いた試合は、浦和が前半アディショナルタイムに決定的なシーン。左サイドで起点を作り、相手を押し込んだ状態から槙野が右足のミドルシュートを放つ。クロスバーを叩いた跳ね返りを興梠が頭で押し込みにかかるが、ゴールマウス左の外側に流れた。

▽前半の終盤に続いたミスからリズムを崩しかけたG大阪。それでも、ゴールレスで試合を折り返すと、均衡を破る。敵陣中央からドリブルで持ち上がった倉田が相手を引きつけて左サイドに展開。これを受けたオ・ジェソクの折り返しから、正面で槙野の背後に飛び込んだ今野が頭でネットを揺らした。

▽先制を許した浦和は62分、興梠のポストプレーから同点機。宇賀神がバイタルエリア中央に切り込み、右足のシュートを放つが、GK藤ヶ谷に弾かれてしまう。すると、今度はその直後、G大阪にチャンス。左サイドを突破した長沢がカットインを試みるが、シュートの形に持ち込むことができない。

▽緊迫した展開が続く中、G大阪は73分にアクシデントが発生する。左足を痛めた藤ヶ谷のプレー続行が不可能となり、J1初出場のGK田尻をスクランブル起用。しかし、トップチームデビューの田尻が幾度のピンチにも動じることなく、冷静なシュートストップで浦和に得点を許さない。

▽しかし、後半アディショナルタイム2分、浦和は宇賀神のシュートがブロックに入った倉田の手に当たって、PKのチャンスを獲得。これをラファエル・シルバがゴール右隅に決め切り、土壇場で1-1の同点に追いついた。結局、試合は痛み分けで終了。互いに勝ち点1ずつを分け合い、中断期間に入ることになった。

コメント

関連ニュース

thumb

クルピ・ガンバ誕生か、サントスに後任探しの動きと現地紙

▽サントスは、ガンバ大阪監督就任報道の渦中にいるレヴィー・クルピ監督(64)の後任探しをスタートさせたようだ。 ▽クルピ監督は、過去3度にわたり、セレッソ大阪を指揮。2007年には当時18歳だった日本代表MF香川真司(現ドルトムント)のポテンシャルを引き出す手腕を発揮したほか、2010年にJ1リーグでクラブ史上最高位の3位にチームを導いた実績を持つ。G大阪上層部が既に一本化したと伝えられるなど、来年のJリーグ復帰が取り沙汰されているところだ。 ▽そうした中、ブラジル『Globoesporte』が伝えたところによれば、サントスはクルピ監督の後任としてヴァグネル・マンシーニ氏(50)をリストアップ。マンシーニ氏は今シーズンからシャペコエンセを指揮していたものの、7月に成績不振を理由に解任されており、現在フリーとなっている。 ▽ちなみに、今シーズン限りでサントスとの契約が満了を迎えるクルピ監督は先日、同メディアのインタビューで「私は今、ここにいて、何もない。ただ、それを耳にして嬉しかったよ。日本は素晴らしい国。あの国でたくさんのことを学ばせてもらった」とコメントしている。 2017.10.19 16:45 Thu
twitterfacebook
thumb

10月代表戦2発で“旬な男”G大阪MF倉田秋、インスタ開設

▽ガンバ大阪に所属する日本代表MF倉田秋が18日、インスタグラム(shukurata10)を開設した。 ▽倉田は、G大阪ユース出身のテクニカルプレーヤー。今シーズンからG大阪の10番を背負い、先の代表戦でA代表初得点を含む2試合2ゴールの活躍を披露するなど、今旬の攻撃的MFだ。 ▽そのG大阪副主将の記念すべき初投稿には、セレッソ大阪時代や代表でチームメートのエイバルに所属するMF乾貴士が登場。「1枚目は昔から仲良い乾貴士との写真」というコメントを添えて、乾とのツーショット写真を掲載した。 ▽ちなみに、乾も倉田の初投稿から数時間後に自身のインスタグラム(takashi.08)を更新。「秋がインスタ始めましたー(^^)と、いうか強引に始めさせました 皆さんフォローしてあげてください」と倉田のインスタグラム開設を歓迎した。 2017.10.18 18:45 Wed
twitterfacebook
thumb

G大阪、東海大学付属相模高校DF山口竜弥の来季加入内定を発表 「常識破りのSBになる」

▽ガンバ大阪は18日、東海大学付属相模高校に在学するDF山口竜弥(17)の来シーズン加入内定を発表した。 ▽神奈川県出身の山口は、身長171cm、体重70kgの左利きDF。爆発的な加速力を武器に、相手のコンタクトを寄せ付けない身体の強さや推進力、パンチ力のある左足を魅力とする選手で、U-18日本代表候補にも選出歴を持つ。 ▽G大坂でプロキャリアをスタートさせることになった山口は、クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「この度、ガンバ大阪のような素晴らしいクラブに加入することが出来、大変嬉しく思います。自分の武器である対人の強さを活かし、ガンバや世界で活躍し、見ている人を驚かせるような常識破りのサイドバックになります。応援よろしくお願いします」 2017.10.18 14:45 Wed
twitterfacebook
thumb

G大阪の主力右SBまでも離脱、オ・ジェソクが右足肉離れで全治約3週間

▽ガンバ大阪は18日、韓国代表DFオ・ジェソクの負傷離脱を発表した。 ▽オ・ジェソクは、今シーズンのここまで明治安田生命J1リーグ24試合に出場している右サイドバック。14日に行われたJ1第29節のアルビレックス新潟戦(0-1でG大阪が敗戦)で負傷し、全治約3週間の右ハムストリング肉離れと診断された。 ▽公式戦8試合で白星から遠ざかるG大阪は、故障離脱者が続出中。FWアデミウソン、MF藤本淳吾、MF市丸瑞希、DFファビオがチームから離れているなど苦しい台所事情に陥っている。 2017.10.18 14:30 Wed
twitterfacebook
thumb

小川移籍後初弾! G大阪撃破の新潟、17戦ぶり白星で今節降格回避《J1》

▽市立吹田サッカースタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第29節のガンバ大阪vsアルビレックス新潟は、アウェイの新潟が1-0で勝利した。 ▽長谷川監督の退任発表後、公式戦7試合勝ちなしで苦しむ9位のG大阪(勝ち点40)がクラブワーストの16戦未勝利で最下位の新潟(同12)をホームで迎え撃った。G大阪は代表帰りの倉田が出場停止で欠場。そのほか、井手口、東口、ファン・ウィジョ、オ・ジェソクの日韓代表組が先発に名を連ねた。一方、勝たなければ他会場の結果次第で今節降格の新潟は、先の代表戦で韓国代表デビューのソン・ジュフンがスタメン入りを果たしている。 ▽試合は立ち上がりから新潟が積極的にG大阪ゴールマウスに迫る展開となる。決定機を創出していく中、17分には右サイドを突破した山崎の低い折り返しからファーサイドでフリーの小川に絶好機。小川がボールを押し込みにかかるが、ここは好判断の鋭い寄せを見せるGK東口のビッグセーブに阻まれてしまう。 ▽立ち上がりから新潟のアグレッシブな攻撃に追われるなど不安定さが拭えないG大阪は、ボールこそ繋ぐものの、勝負どころを見いだせずに停滞。遠藤が的確な散らしで局面の打開を図ろうとするが、前線で動きをつけるファン・ウィジョと長沢の2トップにボールが収まらず、シュートチャンスを作りだせない。 ▽ゴールレスで迎えた後半も前半と同様に速攻を前面に押し出した新潟のペースに。開始5分には、ボックス中央に差し掛かったところのスペースで味方の縦パスを受けたホニがプレスバックの藤春を背にシュートを放つ。だが、これも古巣対戦となるGK東口の鋭い飛び出しに阻まれて、先制機を逸する。 ▽流れが悪いG大阪は54分、長沢に代えて中原をピッチに送り込み、遠藤を一列前に上げた[4-2-3-1]に変更。65分には井出に代えて米倉を投入するが、先制したのは新潟だった。67分、右サイドを縦に仕掛けたホニのクロスがDFに当たってこぼれたところを中央の小川が冷静に流し込み、新潟が均衡を破った。 ▽攻め手を見いだしにかかった矢先にリードを許したG大阪は、続く72分にオ・ジェソクが右足太ももを痛めて赤崎との負傷交代を余儀なくされる負の連鎖。結局、最後まで策なしのG大阪の反撃をシャットアウトした新潟が17試合ぶりの白星を手にし、今節の降格を免れた。 2017.10.14 15:57 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース