激しくぶつかり合ったG大阪と浦和、両者譲らずの痛み分け《J1》2017.03.19 19:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽19日に市立吹田サッカースタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第4節のガンバ大阪vs浦和レッズは、1-1のドローに終わった。

▽開幕から2勝1分け無敗で2位のG大阪と、2勝1敗で4位の浦和が激突した。G大阪は、藤春がメンバー外となり、オ・ジェソクが先発。その他、ケガから復帰の井手口、鹿島アントラーズから電撃加入の赤崎がベンチ入りとなった。対する浦和は、武藤がベンチスタート。故障で欠場が続いていた柏木が先発復帰を果たした。

▽試合は、序盤から互いに睨み合うような展開となる。遠藤のアンカーシステムを見据えてか、柏木の1シャドーに布陣変更した浦和は7分に決定機。興梠がボックス右から上げた左足のクロスはDFに触られたものの、ファーサイドで反応した柏木が右足ダイレクトで合わせる。しかし、枠に飛ばせない。

▽肝を冷やしたG大阪。引きすぎることなく、適度なライン設定からカウンターで応戦する。そうした流れの中で、13分に左CKのチャンスを獲得。遠藤のクロスにニアサイドの密集地帯で反応した今野が頭で合わせる。これがファーサイドのゴールマウスに向かったものの、惜しくもクロスバーの上に外れてしまう。

▽前半の半ば以降も互いに持ち味を消し合う展開の中で、浦和は金正也のミスパスから絶好機。興梠がバイタルエリア中央から左足を振り抜くが、惜しくもクロスバーの上側を叩く。さらに、37分にもG大阪の連携ミスからゴールに迫った浦和だが、これも先制ゴールに結びつけることができない。

▽前半の終盤にかけても一進一退の攻防が続いた試合は、浦和が前半アディショナルタイムに決定的なシーン。左サイドで起点を作り、相手を押し込んだ状態から槙野が右足のミドルシュートを放つ。クロスバーを叩いた跳ね返りを興梠が頭で押し込みにかかるが、ゴールマウス左の外側に流れた。

▽前半の終盤に続いたミスからリズムを崩しかけたG大阪。それでも、ゴールレスで試合を折り返すと、均衡を破る。敵陣中央からドリブルで持ち上がった倉田が相手を引きつけて左サイドに展開。これを受けたオ・ジェソクの折り返しから、正面で槙野の背後に飛び込んだ今野が頭でネットを揺らした。

▽先制を許した浦和は62分、興梠のポストプレーから同点機。宇賀神がバイタルエリア中央に切り込み、右足のシュートを放つが、GK藤ヶ谷に弾かれてしまう。すると、今度はその直後、G大阪にチャンス。左サイドを突破した長沢がカットインを試みるが、シュートの形に持ち込むことができない。

▽緊迫した展開が続く中、G大阪は73分にアクシデントが発生する。左足を痛めた藤ヶ谷のプレー続行が不可能となり、J1初出場のGK田尻をスクランブル起用。しかし、トップチームデビューの田尻が幾度のピンチにも動じることなく、冷静なシュートストップで浦和に得点を許さない。

▽しかし、後半アディショナルタイム2分、浦和は宇賀神のシュートがブロックに入った倉田の手に当たって、PKのチャンスを獲得。これをラファエル・シルバがゴール右隅に決め切り、土壇場で1-1の同点に追いついた。結局、試合は痛み分けで終了。互いに勝ち点1ずつを分け合い、中断期間に入ることになった。

コメント

関連ニュース

thumb

今日の誕生日は誰だ! 12月17日は、Jリーグを代表する小兵ドリブラー

◆泉澤仁 【Profile】 国籍:日本 誕生日:1991/12/17 クラブチーム:ガンバ大阪 ポジション:MF 身長:165㎝ 体重:63㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、12月17日はガンバ大阪所属のMF泉澤仁をご紹介。 ▽プロ入り前は柏レイソルやアルビレックス新潟の下部組織で育った泉澤。ユースからのトップチーム昇格はかなわず、阪南大学への進学を決意した。大学時代では関西学生サッカーリーグと総理大臣杯全日本大学サッカートーナメントの2冠を達成。リーグ戦ではMVPに選ばれるなど際立った成績を残した。さらに2013年の夏季ユニバーシアード・ロシア大会にもユニバーシアード日本代表として参加。3位入賞に貢献した。 ▽大学時代の活躍が認められ、2013年7月に特別指定選手として大宮アルディージャに加入。翌年、正式加入となった。プロ2年目の2015年、当時J2に所属していた大宮のリーグ優勝に貢献。加入3年目の2016シーズンは主力として活躍しクラブ史上最高の5位という好成績を残した。 ▽今シーズンからはG大阪に完全移籍。4月のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の江蘇蘇寧でデビューを果たすと、同月のJ1第6節の大宮戦で、古巣相手に移籍後初ゴールを奪った。今季は公式戦34試合で6ゴール1アシストを記録。まずまずの記録を残したが、まだ25歳と若いだけに、今後の成長に期待したい。 ※誕生日が同じ主な著名人 ミラ・ジョヴォヴィッチ(女優) 川村エミコ(お笑い芸人/たんぽぽ) バイク川崎バイク(お笑い芸人) ティム・ヴィーゼ(元サッカー選手/プロレスラー) 高梨臨(女優) アンドレ・アイェウ(サッカー選手/ウェストハム) 則本昂大(野球選手/東北楽天ゴールデンイーグルス) 宇野昌磨(フィギュアスケート選手) 2017.12.17 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

G大阪、サポーター3名を処分 当面禁止の非公認横断幕を使用

▽ガンバ大阪は15日、サポーター3名の処分を発表した。 ▽当該サポーターは、2日に敵地で行われた明治安田生命J1リーグ最終節のFC東京戦で非公認の横断幕を使用。これを違反行為としたG大阪は、当該サポーターに同クラブの公式戦入場禁止処分を科した。 ▽G大阪では、4月16日に行われた第7節のセレッソ大阪戦にて、一部サポーターによる政治的思想を連想させるフラッグ掲出が判明。以降、当面の公式戦における非公式の横断幕や旗、ゲートフラッグ等、全ての掲出物が禁止されている。 2017.12.16 13:30 Sat
twitterfacebook
thumb

経験豊富なG大阪MF今野泰幸も韓国代表を警戒「間違いなく強い相手。苦労する」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽日本代表は15日、16日に行われるEAFF E-1サッカー選手権2017の韓国代表戦に向けて都内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、MF今野泰幸(ガンバ大阪)がミックスゾーンで記者の取材に応対。韓国を警戒し「最初のホイッスルから飛ばして行きたいです」と全力を出し切って勝ち切ると意気込んだ。 <span style="font-weight:700;">◆MF今野泰幸</span>(ガンバ大阪) <span style="font-weight:700;">──韓国代表の印象は</span> 「上手い選手も増えてきているし、元々気持ちを持った選手も多いので、間違いなく強い相手だと思います。苦労すると思います」 <span style="font-weight:700;">──今大会は0-0で粘って、最後に点を取ってという試合が続いているが</span> 「もちろん最初に点が取れた方が良いです。とにかく、最初から飛ばして90分間戦わないと、勝つのは難しい相手だなと思います。最初のホイッスルから飛ばして行きたいです」 <span style="font-weight:700;">──優勝するということはやはり大事か</span> 「やっぱり2位だと何も残らないです。1位をとれば、少しは歴史に名を刻めるのでね。とにかく結果にこだわりたいです。どんな内容であろうと気持ちで負けないで、がむしゃらに1位を獲りに行きたいです」 <span style="font-weight:700;">──ハリルホジッチ監督は中国戦の試合後に今野選手のプレーを褒めていたが、自身ではどうか</span> 「アンカーのポジションはそんなにやらないですけど、落ち着いてできましたね。最低限のことはできたと思います」 <span style="font-weight:700;">──ダブルボランチとは違いますか</span> 「全然違いますね。そこのポジションを空けたら、誰もいなくなってしまうので、ポジショニングが重要です。僕は本能的に動いてしまうので、そこを空けてしまうことが多いんですけどね。そこを気をつけながらプレーしました」 <span style="font-weight:700;">──経験が少ない選手が多い中で、だいぶ1つになっているような手応えは</span> 「そうですね。練習では監督がどんどん要求してきますし、それにみんなが応えようと必死にやっています。みんなもJリーグでは試合に出ている選手なので、経験も持っているし、サッカーも知っています。徐々に良くなっているとは感じます」 <span style="font-weight:700;">──中盤での自分の生かし方とかは見えてきているか</span> 「僕は経験があるので、色々な要求があるのは当然です。その中で自分の特徴を出していかないと、生き残れないのは分かっていることです。それができないなら、外れていくだけですね」 2017.12.15 20:50 Fri
twitterfacebook
thumb

G大阪のMF井手口陽介、韓国を“強さ・巧さ・速さ”兼備と警戒も「3連勝で終われたら」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽EAFF E-1サッカー選手権2017に参戦中の日本代表は14日、都内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、MF井手口陽介(ガンバ大阪)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。韓国代表の印象について「強さ・巧さ・速さ」を兼ね備えていると警戒するも、3連勝で2大会ぶり2度目の東アジア制覇へ意気込んだ。 <span style="font-weight:700;">◆MF井手口陽介</span>(ガンバ大阪) <span style="font-weight:700;">──コンディションは</span> 「大丈夫だと思います」 <span style="font-weight:700;">──韓国代表の印象は</span> 「しっかりと(パスを)つないできてフィジカルもしっかりしています。技術もしっかりしている印象ですね」 <span style="font-weight:700;">──引き分けでも優勝という状況だが</span> 「連勝してここまできたので、3連勝して終われたら一番良いです」 <span style="font-weight:700;">──日韓戦については</span> 「日韓戦に限らず、韓国はACLとかでもフィジカルは強かったですし、速くて技術もあるので、個人としてもチームとしても負けないようにしたいです」 <span style="font-weight:700;">──ロシア・ワールドカップまで半年だが、そこに向けて気持ちは強くなっているか</span> 「行きたいという気持ちはありますけど、今回の合宿も含めて競争も激しいので、負けないようにより一層頑張らなくてはいけないです」 2017.12.14 22:23 Thu
twitterfacebook
thumb

韓国戦で本領発揮へ…G大阪MF倉田秋、生き残りに危機感「まだ1つもアピールできていない」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽EAFF E-1サッカー選手権2017に参戦中の日本代表は14日、都内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、MF倉田秋(ガンバ大阪)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。これまでアピールが「1つもできていない」と冷静に分析し、ロシア・ワールドカップへの生き残りに向けて韓国代表戦で「全てを出したい」と本領発揮を誓った。 <span style="font-weight:700;">◆MF倉田秋</span>(ガンバ大阪) <span style="font-weight:700;">──初めてやる選手も多い中、うまく連携はとれそうか</span> 「大分長い時間一緒に過ごしたり、練習しているので、チームっぽくなってきているかなと思います。1試合目より2試合目の方が良かったですし、3試合目はもっと連携面で良くなると思います」 <span style="font-weight:700;">──来年のワールドカップに向けてイメージは膨らんでいるか</span> 「半分くらいですね。守備もしっかりして、攻撃でもゴールやアシストするのが自分のスタイルだと思いますけど、それがまだ1つもできていません。それでも次まだチャンスが残っているので、全てを出したいです」 <span style="font-weight:700;">──中国代表戦ではゴールになりそうな縦パスを入れることができてた印象だが</span> 「初戦の北朝鮮戦ではできなかったことが、中国戦ではできてたと思います。それ一辺倒にはならないようにしたいですけど、それができていたから(小林)悠くんのゴールも生まれたので、縦に入れる意識は良いですけど、その精度やタイミングを良くしていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──韓国は中央が堅いが</span> 「相手の右サイドバックが結構攻撃参加してくるので、奪った後にそのスペースをうまく使って、クロスをしっかり合わせることができればチャンスは作れると思います」 2017.12.14 22:20 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース