超ワールドサッカー

横浜FCが岐阜に逆転勝利! 2連勝で2位浮上!《J2》2017.03.19 18:09 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽明治安田生命J2リーグ第4節のFC岐阜vs横浜FCが19日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われ、2-1で横浜FCが勝利した。

▽1敗2分で17位につける岐阜が、2勝1分で5位につける横浜FCをホームに迎えた一戦。まずは岐阜がゴールを狙う。6分、ボックス右外での17がドリブルからクロスを供給。これはクリアされるも、こぼれ球を福村がボックス左手前からボレーを放つも、枠を捉えきれない。

▽その後も攻勢に出る岐阜は18分、ボックス左手前からシシーニョがワンツーでボックス内への侵攻を図ると、佐藤に倒されてPKを獲得。これを庄司が左隅へと冷静に沈めた。

▽先制した岐阜がペースを握る展開が続くも前半終盤、横浜FCが反撃を見せる。40分、藤井のパスを受けた中里が右サイドからクロスを供給。これにイバが合わせるも、ゴール左に外れてしまう。しかしその直後の42分、最終ラインで古橋のパスミスを見逃さなかった佐藤がボックス内で奪う。カバーに入ったヘニキのスライディングを冷静にかわし、ゴール右隅へと流し込んだ。

▽後半立ち上がり、岐阜がチャンスを迎える。47分、7番のスルーパスに抜け出した17がボックス左からシュート。左足で巻いたシュートは惜しくもゴール左に外れる。

▽ゴールを脅かされた横浜FCは59分、寺田に代えて野崎を投入。攻撃の活性化を図る。すると61分、ボックス左手前で粘ると、津田のパスを受けた野崎がボックス手前から右足を振り抜くと、ボールはゴール右隅に吸い込まれた。

▽逆転を許した岐阜はその直後、MF風間に代えてFW難波を投入。攻撃の枚数を増やして、前線に厚みを加える。すると、高い位置で岐阜のパスワークが活きはじめるも、決定機を作ることができない。最後まで守備に人数をかけた横浜FCの牙城を崩すことができず、試合終了。横浜FCが2-1で逃げ切り、2位に浮上した。

コメント

関連ニュース

thumb

粘りを見せた岐阜が土壇場弾で長崎と壮絶4-4ドロー《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第15節のFC岐阜vs V・ファーレン長崎が21日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われ、4-4した。 ▽ここまで5勝4分け5敗で11位の岐阜と、7勝2分け5敗で8位の長崎が激突した。序盤は一進一退の拮抗した展開で進む。そんな中、23分に長崎が先制のチャンスを得る。宮本のフィードに反応したボックス左の北谷がヘディングで折り返そうとすると、福村に押されて倒れる。これで獲得したPKを木村が落ち着いて沈め、長崎がリードを手にする。 ▽ハーフタイムにかけては、ビハインドを背負う岐阜が盛り返す。しかし、ゴールにつなげたのは、またしても長崎だった。42分、岐阜DF福村の中途半端なクリアを狙った木村が、GKの頭上を越すループシュートで、この日2ゴール目。相手のミスを逃さなかった長崎が追加点を手にした。 ▽厳しい形で2失点した岐阜だが、前半のうちに1点を返す。44分、CKの流れから阿部が乾に倒されてPKを獲得。これを難波が落ち着いて決め、岐阜が1点差に詰め寄ってハーフタイムを迎えた。 ▽迎えた後半、先にスコアを動かしたのは長崎だった。51分、左サイドの深い位置から島田が入れた鋭いクロスをニアサイドの木村がそらすと、ファーに流れたボールを飯尾がプッシュ。飯尾の今季初ゴールで長崎がスコアを1-3とする。 ▽再度2点差とされた岐阜だが、諦めずに食い下がる。すると、64分にゴールが生まれた。福村が入れた縦パスからボックス正面の古橋がシュート。これがゴール左に決まり、岐阜が2-3と詰め寄る。 ▽終盤も熱を帯びた戦いが続く。そんな中、ゴールを挙げたのは長崎だった。86分、右サイド深くから飯尾が上げたクロスに正面の翁長がヘッド。これがゴール左に決まり、長崎が2-4とする。 ▽対する岐阜は87分、ボックス内で身体を張った古橋からボールを受けたクリスチャンが仕掛けてシュート。途中出場でJリーグデビューとなったクリスチャンのゴールで、岐阜がまたしても粘りを見せる。 ▽さらに岐阜はアディショナルタイム5分、ついに追いつく。左サイドのクロスをファーの阿部が頭で折り返すと、正面の田森がオーバーヘッド。見事にこのシュートが決まり、岐阜が4-4とした。 ▽その直後、長崎はキックオフのロングボールから島田がネットを揺らしたが、キックオフ時に選手が相手陣内に入っており、やり直しの判定となる。長崎の選手は抗議するも判定は覆らず、結局そのまま4-4で終了。激しい打ち合いの末、勝ち点を分け合った。 2017.05.21 21:16 Sun
twitterfacebook
thumb

巻の勝ち越し弾で岐阜を退けた熊本が連敗を「4」でストップ!《J2》

▽17日に明治安田生命J2リーグ第14節のFC岐阜vsロアッソ熊本が岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われ、2-1で熊本が勝利した。 ▽3試合ぶりの勝利を目指す11位岐阜(勝ち点19)と、4連敗中の19位熊本(勝ち点11)が激突した一戦。調子が上がらない両者の試合はなかなか決定機を作れない立ち上がりとなる。 ▽それでも17分、アウェイの熊本がセットプレーから先制に成功する。ボックス手前やや左でFKを獲得すると、キッカーの安柄俊が右足を振り抜く。ファーサイドを狙ったボールは、壁に当たりコースが変わってゴール左へと吸い込まれた。 ▽先制を許した岐阜は23分、敵陣中央で縦パスを受けた古橋が巧みなトラップから風間とのワンツーでバイタルエリアに侵攻。そのままボックス手前に運んで右足でシュートを放つも、ゴール左へ外れる。 ▽攻勢を続ける岐阜は36分、ボックス手前右でパスを受けた永島が中央に切れ込んで左足でシュート。GK野村の弾いたボールに風間が飛び込むも、押し込むことができない。さらに38分、左サイドを突破した福村のクロスをボックス中央でフリーになった山田が頭で合わせるも、当てきることができない。 ▽後半に入ると、1点ビハインドの岐阜が攻勢を強める。すると54分、敵陣中央で庄司からパスを受けた永島がドリブルでボックス手前まで運び、左足を振り抜いてゴール右隅へと突き刺し、岐阜が同点に追いつく。 ▽試合を振り出しに戻された熊本は66分、ボックス右外でパスを受けた田中がダイレクトでクロス。これをファーサイドで収めた巻が右足でシュートを放つと、相手に当たってゴールネットを揺らし、熊本が勝ち越しに成功する。 ▽再び追う立場となった岐阜は猛攻を仕掛ける。すると84分、クロスのクリアボールを田森が中央に折り返すと、混戦の中GK野村がファンブル。こぼれ球を古橋が押し込むも、オフサイドの判定が下される。 ▽最後までゴールを狙う岐阜は試合終了間際、ビックチャンスを迎える。後半アディショナルタイム4分、自陣中央からロングボールで相手最終ラインの裏へ放り込むと、古橋が反応。これに抜け出してGKと一対一を迎えるも、左足で放ったシュートは、GK野村の足に当たってわずかにゴール右。このチャンスを決め切れず、試合はそのまま終了。終始、岐阜に押し込まれるも少ないチャンスを決め切った熊本が2-1で勝利し、連敗を「4」でストップ。対する岐阜は3試合白星から遠ざかっている。 2017.05.17 21:35 Wed
twitterfacebook
thumb

岩尾がラストプレーで起死回生ゴール! 徳島が土壇場で追いつき岐阜とドロー《J2》

▽13日、明治安田生命J2リーグ第13節の徳島ヴォルティスvsFC岐阜が鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽前節ファジアーノ岡山に敗れた徳島と、前節大分トリニータに1-2で敗れた岐阜の対戦。徳島はスタメンを3名変更。小西、島屋、内田に変えて、山﨑、石井、馬渡を起用。馬渡は第10節のジェフユナイテッド千葉戦でボールボーイへの暴力行為を働いて受けた出場停止処分から復帰した。一方の岐阜は、スタメンを1名変更。難波に変えて風間を起用した。 ▽試合は徳島が最初に決定機を迎える。8分、前川のパスを受けた渡がボックス中央からダイレクトシュート。しかし、これはGKビクトルがファインセーブを見せる。 ▽徳島は13分、FKからカルリーニョスが直接豪うも枠外に。14分にはボックス内で前川がこぼれ球をシュート。しかし、これも枠を外してしまう。 ▽岐阜はシシーニョを中心として攻勢をかける。19分、シシーニョの展開からパスを受けた田中がボックス手前右からシュート。しかし、これはDFがブロック。20分にはシシーニョのパスを受けた風間が、ボックス中央からボレーも枠を越えていく。 ▽徳島は38分、山﨑がグラウンダーのクロスを送ると、ボックス中央でパスを受けた前川がシュート。しかし、DFが身体を張ってブロックする。さらに40分、こぼれ球を杉本がボックス中央から狙いすましてシュートも、僅かに右に外れる。 ▽ゴールレスで迎えた後半、立ち上がりは徳島が主導権を握る。48分、ボックス内左でドリブルを仕掛けた馬渡がシュートも、GKビクトルがセーブ。49分にはCKからヴァシリェヴィッチがヘディングシュートも、枠を外す。 ▽57分には、カルリーニョスが得意の左足でミドルシュート。しかし、これもGKビクトルがセーブする。 ▽岐阜はパスを繋いで攻撃の形を作っていくも、ラストパスの精度がなく、決定機を作り出せない。 ▽徳島は74分、ショートコーナーからのクロスをファーで石井が頭で落とすと、杉本が詰めるもわずかに届かず、ゴールを奪えない。 ▽83分、左からのグラウンダーのクロスをDFがブロック。しかし、このこぼれ球をボックス内左で永島が左足一閃。GK梶川の手を弾いたボールがラインを越え、岐阜が先制する。 ▽土壇場で先制を許した徳島だったが、終了直前にドラマが待っていた。後半アディショナルタイム4分、ボックス内右で仕掛けた馬渡がグラウンダーのクロス。これはDFがブロックも、こぼれ球を岩尾が蹴り込み、徳島が土壇場で追いつく。そしてそのまま試合終了。1-1のドローに終わった。 2017.05.13 18:01 Sat
twitterfacebook
thumb

後藤2発で3連勝中の岐阜を止めた大分が3試合ぶりの白星《J2》

▽7日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われた明治安田生命J2リーグ第12節のFC岐阜vs大分トリニータは、アウェイの大分が2-1で勝利した。 ▽5勝3分け3敗で8位につける岐阜と、5勝2分け4敗で10位の大分が激突した。序盤からやや優勢の岐阜は、11分に決定機。左サイドからのクロスに反応した難波が右足ダイレクトで合わせるが、GKの正面を突く。 ▽前半の半ば以降も60%のポゼッション率と9割近いパス成功率で大分を上回った岐阜。ゴールに繋がらなかったものの、シシーニョや古橋がシュートを放っていくなど、良いテンポで攻撃を仕掛けていく。 ▽その中、対する大分は37分、後藤のパスを受けた鈴木惇がバイタルエリア左からミドルシュート。GKビクトルが弾いたボールに伊佐が詰めるが、これを枠内に飛ばすことができない。 ▽事なきを得た岐阜はその後、仕切り直して攻勢に出る。40分には、FKキッカーの庄司がゴール前にクロスを送り、田中がバックヘッドでゴールを狙うが、クロスバーの上に外れてしまう。 ▽迎えた後半も岐阜ペースで進む中、大分は62分、左サイドのスペースに蹴り込まれたボールに後藤が反応。ヘニキがスライディングで処理したボールを拾った後藤が、飛び出していた相手GKの背後を突くシュートでネットを揺らした。 ▽均衡を破った大分は続く76分、右サイド深くでボールを受けた小手川が右足でクロスボールを供給すると、正面の後藤がヘディングシュート。後藤に2ゴール目が生まれた大分が岐阜を突き放した。 ▽その後、大分は82分にオウンゴールから岐阜に反撃を許したものの、1点のリードを守り抜いて3試合ぶりの白星。敗れた岐阜は連勝が「3」でストップした。 2017.05.07 18:15 Sun
twitterfacebook
thumb

田中の今季3点目を含む2発で岐阜が3連勝! 最下位群馬は4連敗《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第11節のザスパクサツ群馬vsFC岐阜が3日に正田醤油スタジアム群馬で行われ、2-0で岐阜が勝利した。 ▽第10節を終えて、1分け9敗で最下位沈む3連敗中の群馬と、4勝3分け3敗で10位につける連勝中の岐阜が対峙した一戦。試合は立ち上がりからパスサッカーを用いる岐阜がボールの主導権を握る。しかし、最初にチャンスを作ったのは群馬。12分、舩津のパスを受けた山岸がボックス右に侵攻し、低い弾道のクロスを供給すると、走り込んだチェ・ジュンギがファーサイドで合わせるも、枠を捉えることができない。 ▽このピンチを脱した岐阜に先制点。19分、ボックス手前で永島のパスを受けた田中が体勢を崩しながら左足でシュート。これがブロックに入った相手DFに当たると、GK清水の頭上を超えてゴールネットを揺らした。 ▽先制して勢いに乗る岐阜は25分、庄司が左CKからボックス右手前にクロスを送ると、永島がワンタッチでゴール前に浮き球を送る。これをフリーで収めた難波が反転シュートで、ゴールに突き刺した。 ▽2点のリードを許す群馬は後半立ち上がり、岐阜ゴールを脅かす。48分、ロングボールのこぼれ球に反応した岡田がボックス手前からダイレクトシュート。強烈なシュートを放つも、わずかにゴール右を外れる。 ▽対する岐阜も群馬を突き放しにかかる。49分、敵陣中央でボールを奪うと田中がボックス右にスルーパス。これを受けた難波が左足でシュートを放つと、右ポストに嫌われる。 ▽その後、攻勢を強めた群馬に苦しめられる時間帯が続く岐阜は攻撃で応戦。72分、ハーフウェイライン付近で山田がボールを拾うと、そのままボックス右へと侵攻。右足でシュートを放つもわずかにゴール左を外れ、試合を決めることができない。 ▽終盤には群馬のパワープレーを受けるも、最後まで凌いで試合終了。前半の2得点を守り切った岐阜は3連勝を飾り、5戦負けなし。一方の群馬はこれで4連敗となった。 2017.05.03 17:10 Wed
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース