超ワールドサッカー

CL出場権が遠のいたアーセナルMFが自責の念「ファンに申し訳なく思う」2017.03.19 17:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
アーセナルに所属するイングランド代表MFアレックス・オックスレイド=チェンバレンは、1-3で敗れたWBA戦のあと『スカイスポーツ』を通じてファンに謝罪している。

18日土曜日に行われたWBA戦で、アーセナルは先制点を奪われたものの、直後にアレクシス・サンチェスのゴールで同点に追いく。しかし65分に失点し、さらに75分にWBAのDFクレイグ・ドーソンが再びゴールを奪い、勝敗は決した。試合終盤には、去就に揺れるアーセン・ヴェンゲル監督に対する抗議のバナーが掲げられるなど、アーセナルにとって後味の悪い敗戦となってしまった。

4位リバプールと勝ち点差「5」と変わらなかったアーセナルは、ここ5試合で1勝4敗とタイトルレースのみならず、チャンピオンズリーグの出場権からも後れを取ってしまっている。この結果を受けて、チェンバレンはチームはすぐに改善が必要だと感じているようだ。

「勝ち点3が必要だった。この結果に失望していているし、ファンに対して申し訳ないと思う。アーセナルにとって今日のような敗戦は受け入れられることではない。すぐに改善が必要だがどうなるかはわからない。ただこのような試合をしていてはだめだ」

「前半は良い状態で試合を進められ、カウンターとセットプレーだけ警戒していた。セットプレーから先制点を奪われたが、すぐさま同点に追いついた。しかし後半は前線からプレッシャーをかけられ、上手くプレーできなかった。2失点目は考えられないようなミスだったし、その後自滅してしまった」

提供:goal.com

コメント



U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース