超ワールドサッカー

愛媛の猛攻を凌いだ湘南がジネイの1発で逃げ切る《J2》2017.03.19 17:06 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽明治安田生命J2リーグ第4節の愛媛FCvs湘南ベルマーレが19日にニンジニアスタジアムで行われ、1-0で湘南が勝利した。

▽1勝2分で12位につける愛媛と2勝1分で3位に位置する湘南が激突した一戦。序盤は、湘南が愛媛を攻め立てる。26分、齊藤の右サイドへのスルーパスに走り込んだ奈良輪がダイレクトでクロスを供給。これをゴール前のジネイが頭で合わせるも、わずかにゴール左に外れる。

▽対する愛媛は31分、藤田のボックス右外へのロングボールに小池が反応すると、カットインからシュートを放つ。しかし、ゴール左に外れてしまう。

▽素早く敵陣へと迫る湘南は34分、杉岡が敵陣中央からドリブルでボックス左手前まで運ぶと、ボックス左にラストパス。これを山田が右足でゴール右上隅を狙うも、捉えきれず、スコアレスのまま試合を折り返す。

▽後半に入ると、ここまで押され気味だった愛媛が決定機を迎える。49分、ハーフウェイライン付近から白井がゴール前にロングボールを供給。これに反応した近藤が抜け出して左足で押し込むも、GK秋元の右手一本に阻まれる。対する湘南も52分、秋野のボックス左へのスルーパスに走り込んだ山田が右足でシュートを放つも、GKパク・ソンスにブロックされる。

▽互いに決定機を逃すと湘南は68分、秋野に代えて安東を投入。すると68分、右サイドを突破した安東が敵陣深くからグラウンダーのクロスを供給。これに反応したジネイが左足でニアサイドに流し込んだ。

▽先制を許した愛媛だが、猛攻を仕掛けると同点のチャンスを迎える。73分、左サイドから白井がボックス内にパスを送ると、西田が右足を振り抜く。ボールはゴール左隅を捉えるも、GK秋元がファインセーブをこれを防ぐ。

▽その後も愛媛は湘南ゴールに迫るも、GK秋元を中心としたディフェンスにネットを揺らすことができず。一方の湘南は、終盤にMF奈良輪に代えてDF岡本を投入し、守備固めをしてシャットアウト。後半は、前半とは反して愛媛が湘南ゴールを脅かすも、ジネイの得点で湘南が勝ち点3を獲得した。

コメント

関連ニュース

thumb

山田直輝の活躍で湘南が松本を撃破《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第15節の松本山雅FC vs湘南ベルマーレが21日に松本平広域公園総合球技場で行われ、1-2で湘南が勝利した。 ▽ここまで5勝4分け5敗で10位に位置する松本と、8勝3分け3敗で3位につける湘南が激突した。試合は序盤から激しい一進一退の攻防が繰り広げられる。松本は24分、高崎のパスから石原がボックス左に進入。そのままシュートに持ち込むも、これはわずかにバーの上にはずれた。 ▽ハーフタイムにかけても好勝負が続く。湘南は33分、正面でボールを受けた山田がミドルレンジから右足を一閃。鋭いシュートがゴールへ飛ぶが、これはわずかに枠の左にはずれる。対する松本は40分、ゴールキックからボールを落とした高崎が、工藤のリターンボールを受けてシュート。だが、これはわずかに枠の右にはずれた。 ▽迎えた後半、早い時間帯に試合の均衡を破ったのは湘南だった。47分、左サイドの石川が入れたクロスはGKにパンチングされるも、味方がつないだボールがゴール前の野田にわたる。野田がゴールに背を向けながらも巧みに放った反転ボレーシュートがネットを揺らし、湘南が先行する。 ▽ビハインドを背負った松本だが、すぐさま追いつく。53分、ボックス左角の手前で仕掛けた石原がカットインシュート。コースを突いたコントロールシュートをゴール右隅に突き刺し、石原の今季初ゴールで松本が試合を振り出しに戻した。 ▽白熱の展開の中、勝ち越し弾を挙げたのは湘南。62分、左サイド深くからアンドレ・バイアが入れた鋭いクロスに、ニアサイドに走り込んだ山田が合わせる。このヘディングシュートが決まり、湘南が2-1とリードする。 ▽その後は、松本がリスクを負って仕掛けていく。79分には、途中出場のセルジーニョが強烈なミドルシュートを放つも、コースが甘くGKに弾かれる。 ▽結局、試合はそのまま終了。湘南が2試合にぶりの白星を手にした一方、連敗の松本は5試合未勝利となっている。 2017.05.21 15:01 Sun
twitterfacebook
thumb

3位の福岡が首位の湘南に3発完勝!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第14節の湘南ベルマーレvsアビスパ福岡が17日にShonan BMW スタジアム平塚で行われ、0-3で福岡が勝利した。 ▽前節のロアッソ熊本戦を制して首位に浮上した湘南と、7勝4分け2敗で3位に立つ福岡が激突した。好調の湘南は、序盤に決定機を演出。秋野が入れた縦パスをバイタルエリアの石川がワンタッチで落とすと、正面の菊地がフリーでシュート。しかし、これはわずかに枠の左へはずれる。 ▽ハーフタイムにかけても湘南が主導権を握る。ボールを支配した湘南は、27分にもビッグチャンス。菊地が右サイドからグラウンダーのクロスを入れると、正面の石川がこれに合わせる。ゴール至近距離からのシュートだったが、GK杉山のセーブに遭った。湘南は31分にもゴール前に抜けた岡本が決定機を迎えるも、シュートはわずかに左ポストをそれる。 ▽すると、前半終了間際にセットプレーからスコアを動かしたのは福岡だった。アディショナルタイム4分、左サイドで得たFKでキッカーを務めた駒野がゴール前に浮き球のクロスを入れる。これに合わせたジウシーニョのヘディングシュートがゴールに吸い込まれ、福岡が先行した。 ▽迎えた後半、湘南は50分にチャンスを迎える。バイタルエリアで鋭い仕掛けを見せた山田がゴール左を捉えるミドルシュートを放つ。しかし、これは福岡GK杉山のファインセーブに遭い、同点弾とはならない。 ▽すると、次にネットを揺らしたのは、またしても福岡だった。58分、ボックス右の手前で横パスを受けた三門が思い切りよく右足を一閃。鋭いミドルシュートをゴール右上隅に突き刺し、福岡がリードを2点に広げる。 ▽終盤は、リスクを冒して攻める湘南に対して、福岡が効率よくカウンターを仕掛ける。71分には福岡に3点目のチャンス。左サイドからのクロスに正面で合わせたジウシーニョのヘディングシュートが枠を捉えたが、これはGK秋元のビッグセーブに阻まれた。 ▽それでも、福岡は87分に右サイド深くから駒野が入れたクロスに正面で合わせた城後がヘディングシュートをゴール左に決めて3点目。そのまま首位チームを完封した福岡がリーグ3連勝を飾り、勝ち点で湘南に並んだ。 2017.05.17 21:04 Wed
twitterfacebook
thumb

全体練習合流のDF杉岡大暉、代表初の公式戦に「空気感や相手のレベルを存分に感じたい」《U-20W杯》

▽今月20日開幕のFIFA U-20ワールドカップ韓国2017に臨むU-20日本代表は14日、翌15日にエコパスタジアムで行われるU-20ホンジュラス代表との国際親善試合に向け、静岡県内の練習施設でトレーニングを行った。 ▽練習終了後、DF杉岡大暉(湘南ベルマーレ)がメディア陣のインタビューに応対し、別メニュー調整が続いていた理由について説明。また、U-20W杯という世界の舞台で、自身のストロングポイントを生かして多くのことを吸収して日本に帰ってきたいと成長を誓った。 <span style="font-weight:700;">◆DF杉岡大暉</span>(湘南ベルマーレ) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170514_3_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> <span style="font-weight:700;">──ようやく全体練習に合流したがコンディションはどうか</span> 「長く一週間休んで、しっかり休めたのでその分身体は元気なので、ベストになってプレーしていきたいなと思います」 <span style="font-weight:700;">──離脱してた期間の負傷理由は</span> 「軽い肉離れで少し休んでいて、少し痛みがあったので休ませていただきました。もう完全に痛みもないのでこれからは普通にやれると思います」 <span style="font-weight:700;">──徐々にW杯が近づいてきているが</span> 「個人的には初めての代表での公式戦になるので、空気感や相手のレベルを存分に感じて、いろいろなものを吸収して帰りたいなと思います」 <span style="font-weight:700;">──世界を相手にどういったストロングポイントを出していきたいか</span> 「ビルドアップの部分や落ち着いて守ることであったり、そういうところは自分の武器だと思うので、しっかりと生かしていきたいです」 2017.05.14 18:51 Sun
twitterfacebook
thumb

ジネイのPK弾で勝利の湘南が首位!! 熊本はデビュー戦のイム・ジンウが不運なPK献上…《J2》

▽13日に明治安田生命J2リーグ第13節のロアッソ熊本vs湘南ベルマーレがえがお健康スタジアムで行われ、1-0で湘南が勝利した。 ▽前節のザスパクサツ群馬戦で敗れて3連敗中の18位・熊本(勝ち点11)が、町田ゼルビアとゴールレスドローに終わり3戦無敗も連勝は2でストップした2位の湘南(勝ち点24)を迎えた。熊本はモルベッキが今季初スタメンとなり、湘南は杉岡がU-20日本代表に招集されたため欠場となった。 ▽試合立ち上がりは熊本が連続でCKを獲得するがシュートまでつなげられず。その後は湘南がシュートパスを繋いでリズムを作るが、こちらもシュートまではもっていけない。11分には熊本が自陣からカウンターを発動。グスタボからモルベッキにスルーパスが送られるが、アンドレ・バイアがスライディングでブロックした。 ▽湘南は21分、左サイドの秋野が逆サイドに展開。岡本がこれを収めてボックス右からシュートを狙うが枠を捉えきれなかった。22分には熊本にチャンス。右サイドの黒木が入れたクロスをグスタボがGKと競り合う。GK秋元がボールを溢してボールはゴールネットを揺らしたが、ここはグスタボのファウルによりゴールは認められなかった。 ▽両チームともに相手陣内にボールを運ぶことはできるものの、ファイナルサードを崩しきることができず。前半終了間際には熊本が嶋田のミドルシュートでゴールに迫るが、GK秋元がはじき出しゴールレスで終えた。 ▽お互いに交代なしで迎えた後半は、湘南がキックオフからそのまま熊本陣内に攻め込むなど勢いを持って入った。51分にはボックス手前でボールを受けた山田が左足で狙うが、ゴールマウスを外す。54分には秋野もミドルレンジからグラウンダーのシュートを狙うが、ここはGK野村がセーブした。 ▽熊本は61分、モルベッキを下げて安柄俊を投入する。湘南は64分、下田を下げて名古屋から今シーズン加入した野田が初出場となった。迎えた69分には上里がやや距離のある位置から左足を強振するが、シュートは惜しくも枠外へ。 ▽熊本は80分、左サイドの高い位置でボールを奪い、前線の安柄俊がボックス左から中に折り返すと、これがこぼれたところに上村が合わせるがGK秋元の正面を突いてしまう。すると熊本は86分に植田がアクシデントでイム・ジンウがデビューを果たす。 ▽そのままスコアが動かずに迎えた90分、イム・ジンウがボックス内で菊地を倒してしまう。イム・ジンウのチャージはボールに行っていたが、レフェリーはPKを宣告した。熊本にとってはやや不運な判定だったが、湘南はこのチャンスでジネイが決めきり先制に成功。結局このゴールが決勝点となり湘南が4試合無敗とし、首位に浮上した。 2017.05.13 17:58 Sat
twitterfacebook
thumb

町田vs湘南は両者フィニッシュの精度を欠きゴールレスドロー《J2》

▽7日、明治安田生命J2リーグ第12節のFC町田ゼルビアvs湘南ベルマーレが町田市立陸上競技場で行われ、0-0のゴールレスドローに終わった。 ▽前節のロアッソ熊本戦で連敗を2で止めた町田が、前節のレノファ山口FC戦を1-0と制し、2連勝中の湘南を迎える一戦。町田はここまで全試合に先発していた李漢宰をベンチに置き、井上、谷澤を先発させた。一方の湘南は5名を変更。アンドレ・バイアや端戸、神谷らが先発した。 ▽2分、町田はボックス右からの中島のクロスを吉田がヘッド。しかし、枠を外してしまう。7分には、ボックス左から松本がクロス。これに吉田がダイビングヘッドで合わせるも、これも枠を外れる。 ▽攻め込む町田は10分、GK高原のフィードをつなぐと、中島がボックス手前からミドルシュート。しかし、これも枠に飛ばない。その後も中島、松本を使った両サイドからの攻撃を仕掛ける町田だったが、フィニッシュの精度を欠いて得点を奪えない展開が続く。 ▽主導権を握れない湘南は、31分に神谷に代えて齊藤を投入する。しかし、流れを変えることはできず、ゴールレスで前半を終える。 ▽迎えた後半も町田ペースで試合が進む。52分、中島が相手陣内でボールを奪いそのままドリブル突破。ボックス手前からシュートを放つが、DFのブロックに遭う。 ▽湘南は59分、石原がドリブルを仕掛けると、こぼれ球を拾った秋野がボックス手前からシュート。しかし、これは枠を外れる。65分には秋野がCKからクロス。これにアンドレ・バイアが合わせるが、枠を捉えられない。 ▽68分には湘南がボックス手前でFKを獲得。これを秋野が直接狙うも、枠を捉えたシュートはGK高原がパンチングで防ぐ。攻め立てる湘南は77分にシキーニョを投入。すると79分に菊地のパスを受けるとボックス内からシュート。しかし、これはサイドネットを揺らす。 ▽88分には再びシキーニョから決定機。ボックス左から浮き球のクロスを送ると、飛び込んだ端戸がヘッド。しかし、シュートはクロスバーを叩いてしまう。直後にもスルーパスに抜けたシキーニョがボックス内左から低いクロスを送るが、味方には合わない。 ▽最後まで攻撃を仕掛けた両者だったが、互いにフィニッシュの精度を欠いて試合終了。0-0で勝ち点1を分けあった。 2017.05.07 17:56 Sun
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース