愛媛の猛攻を凌いだ湘南がジネイの1発で逃げ切る《J2》2017.03.19 17:06 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽明治安田生命J2リーグ第4節の愛媛FCvs湘南ベルマーレが19日にニンジニアスタジアムで行われ、1-0で湘南が勝利した。

▽1勝2分で12位につける愛媛と2勝1分で3位に位置する湘南が激突した一戦。序盤は、湘南が愛媛を攻め立てる。26分、齊藤の右サイドへのスルーパスに走り込んだ奈良輪がダイレクトでクロスを供給。これをゴール前のジネイが頭で合わせるも、わずかにゴール左に外れる。

▽対する愛媛は31分、藤田のボックス右外へのロングボールに小池が反応すると、カットインからシュートを放つ。しかし、ゴール左に外れてしまう。

▽素早く敵陣へと迫る湘南は34分、杉岡が敵陣中央からドリブルでボックス左手前まで運ぶと、ボックス左にラストパス。これを山田が右足でゴール右上隅を狙うも、捉えきれず、スコアレスのまま試合を折り返す。

▽後半に入ると、ここまで押され気味だった愛媛が決定機を迎える。49分、ハーフウェイライン付近から白井がゴール前にロングボールを供給。これに反応した近藤が抜け出して左足で押し込むも、GK秋元の右手一本に阻まれる。対する湘南も52分、秋野のボックス左へのスルーパスに走り込んだ山田が右足でシュートを放つも、GKパク・ソンスにブロックされる。

▽互いに決定機を逃すと湘南は68分、秋野に代えて安東を投入。すると68分、右サイドを突破した安東が敵陣深くからグラウンダーのクロスを供給。これに反応したジネイが左足でニアサイドに流し込んだ。

▽先制を許した愛媛だが、猛攻を仕掛けると同点のチャンスを迎える。73分、左サイドから白井がボックス内にパスを送ると、西田が右足を振り抜く。ボールはゴール左隅を捉えるも、GK秋元がファインセーブをこれを防ぐ。

▽その後も愛媛は湘南ゴールに迫るも、GK秋元を中心としたディフェンスにネットを揺らすことができず。一方の湘南は、終盤にMF奈良輪に代えてDF岡本を投入し、守備固めをしてシャットアウト。後半は、前半とは反して愛媛が湘南ゴールを脅かすも、ジネイの得点で湘南が勝ち点3を獲得した。

コメント

関連ニュース

thumb

土壇場弾で王者湘南が岐阜とドロー!金沢は熊本に4発快勝《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第41節のFC岐阜vs湘南ベルマーレが11日に行われ、1-1で引き分けている。 ▽すでにJ2優勝を決めている湘南と、17位の岐阜(勝ち点45)が激突した一戦。ボールを保持したい岐阜と、機を見て攻撃に転じる湘南といった構図の中、より決定的なチャンスを演出したJ2王者だが、岐阜GKビクトルの好守に遭い、なかなかゴールが奪えない。すると前半終了間際の45分、奈良輪がボックス内でハンドを犯し、岐阜にPKが与えられる。キャプテンの庄司がこのPKを冷静に沈めて、1-0で前半を終えた。 ▽迎えた後半、同点に追いつこうと攻勢に出る湘南は66分にボックス内で相手のファールを誘いPKを獲得。しかしこのPKを高山が外してしまい、同点のチャンスを不意にしてしまう。 ▽しかし、このまま終わるかに思われた87分に劇的な展開を迎える。右CKを獲得した湘南は、キッカーの神谷がクロスを送ると、味方の折り返しから端戸がループシュート。シュートは相手に当たりながらもゴールに吸い込まれ、土壇場で湘南が同点に追いついた。 ▽後半アディショナルタイムに入った96分には、岐阜の左CKから頭で合わせた庄司がゴールに迫るも、GK秋元のビッグセーブに阻まれゴールならず。直後にホイッスルが鳴り、1-1のドローで試合を終えた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171111_55_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽一方、同日開催のロアッソ熊本vsツエーゲン金沢は4-1で金沢が勝利した。 ▽20位の熊本(勝ち点20)と、18位の金沢(勝ち点46)が相まみえた一戦。互いに落ち着いた入りを見せる中、両者とも攻め手を欠き前半はゴールレスで終える。しかし、後半は金沢の攻撃陣が爆発する。 ▽65分、味方のスルーパスに抜け出した宮崎がボックス内に侵攻しシュートを放つ。GK畑は何とか反応して手で触れたが弾き切れずにそのままゴールイン。金沢が先制した。続く72分には、右クロスの流れから最後は中美のパスを受けた沼田が豪快に突き刺し2点目を奪う。 ▽金沢のゴールラッシュはまだ続く。83分にはカウンターから佐藤がボックス左手前から決めて3点目。そして87分には、敵陣でボールを奪うと、山崎がボックス手前から4点目となる見事なシュートを沈めた。試合終了間際に熊本も巻のゴールで一矢報いるが時すでに遅し。4-1で金沢が勝利を収めている。 2017.11.11 18:55 Sat
twitterfacebook
thumb

湘南、桐蔭横浜大FW鈴木国友の来季加入内定を発表「幼い頃から憧れていた」

▽湘南ベルマーレは9日、桐蔭横浜大学に所属するFW鈴木国友(22)の来シーズンからの加入が内定したことを発表した。 ▽神奈川県出身の鈴木は、相洋高校から桐蔭横浜大学に進学。2014年と2016年には関東大学選抜Aに選出されていた。 ▽湘南への加入が内定した鈴木は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「来シーズン、桐蔭横浜大学から加入することとなりました鈴木国友です。幼い頃から憧れていた湘南ベルマーレでプロサッカー選手としての第一歩をスタート出来ることを、大変嬉しく思っています。家族、指導者、チームメイトがいて今の自分があります。感謝の気持ちを忘れずに、一歩一歩成長し、湘南ベルマーレの勝利に貢献できるように頑張ります。応援よろしくお願いします」 2017.11.09 11:44 Thu
twitterfacebook
thumb

湘南のJ2優勝に村井満チェアマンが祝福コメント「あくなき努力のたまもの」

▽29日、明治安田生命J2リーグ第39節の湘南ベルマーレvsファジアーノ岡山が行われ、1-1のドローに終わった。 ▽前日に1年でのJ1復帰が決まっていた湘南だったが、この試合で勝ち点を積み上げた結果、J2優勝が決定した。 ▽試合は44分、ジネイのゴールで湘南が先制。そのまま時間が経過し、勝利かと思われた86分に元湘南のMf大竹洋平がゴール。そのまま1-1で終了した。 ▽Jリーグの村井満チェアマンは、湘南のJ2優勝を祝福するコメントを発表。湘南スタイルを賞賛するとともに、来シーズンのJ1での飛躍に期待を寄せた。 ◆Jリーグ 村井満チェアマン 「湘南ベルマーレの皆さん、2017明治安田生命J2リーグ優勝、そして最短1年でのJ1昇格、誠におめでとうございます」 「3試合を残しての本日の優勝決定は、J2降格後も、最後まで諦めずに走り抜く「湘南スタイル」の攻撃的サッカー実践を貫き通した曺貴裁監督と、強い意志を持ってピッチを駆け続けた選手たちのあくなき努力のたまものです」 「そして、クラブが苦しいときにも拍手を送り続けたファン・サポーターの皆さまにとって、本日の歓喜は忘れがたいものとなるでしょう。折しも台風21号の影響によって練習グラウンドが冠水し、サポーターも加わって懸命の復旧作業を行ったと伺っています。そのような背景もあって、ホームのShonan BMW スタジアム平塚で湘南コールの大声援に包まれながら、クラブとサポーターが一体となって喜びを分かち合う光景に、スタンドから見ていた私も胸が熱くなりました」 「湘南ベルマーレは、唯一無二ともいえる湘南スタイルのサッカーを継承する選手を組織一丸となって育てるだけでなく、サッカー以外のスポーツ普及にも積極的です。こうした地域に開かれたクラブ像はJリーグ百年構想の理想とするところですが、湘南ベルマーレは豊かなスポーツ文化の醸成を単なる理想とせずに、具体的な取り組みとして地道に進めてきました。今年は新たなホームタウンが加わり、こうした取り組みに触れることのできる地域がさらに広がりました」 「来シーズン、J1の舞台でも、ピッチ内外で堅実な歩みを止めることなく、さらに質を高めたベルマーレらしいアグレッシブなサッカーを、より多くの人々に披露していただきたいと思います」 2017.10.30 11:54 Mon
twitterfacebook
thumb

湘南が3節残して2度目のJ2優勝! 大竹恩返し弾で勝利逃すもホームで初の歓喜《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第39節の湘南ベルマーレvsファジアーノ岡山が29日に行われ、1-1の引き分けに終わった。この結果、湘南が3節を残してクラブ史上2度目のJ2優勝を果たした。 ▽前日に行われたアビスパ福岡(勝ち点69)の結果を受けて、2位以内が確定し1年でのJ1復帰を決めた首位湘南(勝ち点80)が、クラブ史上2度目のJ2優勝を懸けて臨んだ12位ファジアーノ岡山(勝ち点52)とのホームゲーム。 ▽この試合、引き分け以上で優勝が決定する湘南は、試合前から降り続く強い雨の影響で水溜まりも目立つピッチ状態を考慮しながらも、序盤からセットプレーを中心に攻勢を見せる。22分と29分にはそのセットプレーから山田、山根と続けてシュートを放つが、いずれも枠に飛ばせない。 ▽一方、目の前で優勝を決められたくない岡山はこちらもロングスローなどのセットプレーを軸にチャンスを作ると、ゴール前の混戦から赤嶺らにシュートチャンスが訪れるものの、こちらも先制点には至らない。 ▽その後もピッチ状態の悪さを感じさせる互いにリズムを掴み切れない展開が続く中、前半終了間際に湘南が試合を動かす。44分、左サイド深くでパスを受けた山田が味方の攻め上がりを待ちながら右足に持ち替えて正確なクロスを入れる。これをゴール前に走り込んだジネイが頭で合わせた。 ▽湘南の1点リードで折り返した試合。後半はビハインドを追う岡山が立ち上がりから圧力をかけると、49分には片山の右クロスをGK秋元がこぼして赤嶺にシュートチャンスも、ここは相手DFのブロックに遭う。 ▽後半に入ると、岡山の勢いに飲み込まれて防戦一方の展開が続く湘南は高橋、山田に代えて岡崎、ドラガン・ムルジャをピッチに送り出す。さらに77分には足を痛めたジネイに代わって端戸の緊急投入を余儀なくされる。85分には端戸の強烈なミドルシュートで追加点に迫るが、これは惜しくもクロスバーを叩く。 ▽すると、87分には右サイド深くで関戸が上げたクロスを赤嶺に収められて決定的なシュートを許す。これはGK秋元が何とか弾くが、こぼれ球を古巣対戦の大竹に蹴り込まれ、同点に追いつかれる。それでも、その後の相手の猛攻をGK秋元を中心に何とか凌ぎ切った湘南が1-1で試合を終わらせた。ホームで勝利という最高の形でのフィナーレを逃したものの、今季を象徴とする粘り強い形で引き分けて見事に2度目のJ2優勝を果たした。 2017.10.29 16:08 Sun
twitterfacebook
thumb

湘南ベルマーレが1シーズンでJ1に復帰《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第39節が28日に各地で行われた。今節の結果、3位のアビスパ福岡(残り3試合)との勝ち点差を11とした湘南ベルマーレの2位以上が確定し、1シーズンでのJ1昇格が決定した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171028_23_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽プレーオフ圏内の5位に位置する東京V(勝ち点63)と、首位の湘南を勝ち点9差で追走する2位の福岡(勝ち点68)の一戦は0-0で終了した。先にゴールへ近づいたのは東京V。27分、最終ラインからのロングフィードに反応したドウグラス・ヴィエイラがDFを振り切ってボックス内へ。ゴールエリア左付近でシュートに持ち込んだが、必死に戻った堤のブロックに遭う。対する福岡は32分、CKの流れからこぼれ球を収めた石津がシュート。しかし、わずかに枠の上にはずれる。逆に東京Vは36分、左サイドの安在から中央のドウグラス・ヴィエイラと繋ぐと、最後はボックス右のアラン・ピニェイロが枠内シュートを放つ。だが、GK杉山に足でブロックされたボールは左ポストに直撃した。やり返す福岡は40分、右サイドの駒野が入れたセンタリングに合わせた松田がヘディングシュートを枠に飛ばすも、GK柴崎のファインセーブに阻まれた。 ▽迎えた後半は東京Vが立ち上がりから攻勢を仕掛ける。60分には東京Vに決定機。梶川の縦パスからボックス右に抜けた渡辺が枠内シュートを放つ。しかし、これはGK杉山の好守に遭う。終盤にかけても東京Vのペースが続く。78分には左サイドの安在のクロスから中央のアランが枠内シュートを放つが、ここもGK杉山に防がれる。結局、試合はゴールレスドローで終了。福岡は3位に後退した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171028_22_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽また、19位のロアッソ熊本(勝ち点37)と、3位のV・ファーレン長崎(勝ち点68)の一戦は0-2で長崎が勝利した。長崎は27分、ファンマのパスを受けて仕掛けた澤田がボックス右から折り返しのボールを入れる。これに走り込んできた田上がヘディングシュートをゴール右に叩き込み、長崎が先行する。さらに長崎は31分、右サイドから澤田が入れたクロスにファーサイドでDFに競り勝った香川のヘディングシュートが決まり、リードを広げる。迎えた後半、65分にはCK時に香川がボックス内で倒されて長崎がPKを獲得。しかし、ファンマのシュートは完全にコースを読んでいたGK畑にセーブされて3点目とはならない、それでも、その後に最後まで熊本に反撃を凌いでシャットアウトした長崎が勝ち点3を上乗せし、2位に浮上した。 ▽その他の結果は以下のとおり。 ◆J2第39節 ▽10/28(土) 徳島ヴォルティス 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 水戸ホーリーホック</span> ロアッソ熊本 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 Vファーレン長崎</span> 大分トリニータ 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ジェフユナイテッド千葉</span> 東京ヴェルディ 0-0 アビスパ福岡 京都サンガF.C. 2-2 横浜FC ▽10/29(土) 《14:00》 湘南ベルマーレ vs ファジアーノ岡山 松本山雅FC vs FC岐阜 《15:00》 町田ゼルビア vs カマタマーレ讃岐 レノファ山口 vs ツエーゲン金沢 《16:00》 モンテディオ山形 vs 愛媛FC 名古屋グランパス vs ザスパクサツ群馬 2017.10.28 16:57 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース