愛媛の猛攻を凌いだ湘南がジネイの1発で逃げ切る《J2》2017.03.19 17:06 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽明治安田生命J2リーグ第4節の愛媛FCvs湘南ベルマーレが19日にニンジニアスタジアムで行われ、1-0で湘南が勝利した。

▽1勝2分で12位につける愛媛と2勝1分で3位に位置する湘南が激突した一戦。序盤は、湘南が愛媛を攻め立てる。26分、齊藤の右サイドへのスルーパスに走り込んだ奈良輪がダイレクトでクロスを供給。これをゴール前のジネイが頭で合わせるも、わずかにゴール左に外れる。

▽対する愛媛は31分、藤田のボックス右外へのロングボールに小池が反応すると、カットインからシュートを放つ。しかし、ゴール左に外れてしまう。

▽素早く敵陣へと迫る湘南は34分、杉岡が敵陣中央からドリブルでボックス左手前まで運ぶと、ボックス左にラストパス。これを山田が右足でゴール右上隅を狙うも、捉えきれず、スコアレスのまま試合を折り返す。

▽後半に入ると、ここまで押され気味だった愛媛が決定機を迎える。49分、ハーフウェイライン付近から白井がゴール前にロングボールを供給。これに反応した近藤が抜け出して左足で押し込むも、GK秋元の右手一本に阻まれる。対する湘南も52分、秋野のボックス左へのスルーパスに走り込んだ山田が右足でシュートを放つも、GKパク・ソンスにブロックされる。

▽互いに決定機を逃すと湘南は68分、秋野に代えて安東を投入。すると68分、右サイドを突破した安東が敵陣深くからグラウンダーのクロスを供給。これに反応したジネイが左足でニアサイドに流し込んだ。

▽先制を許した愛媛だが、猛攻を仕掛けると同点のチャンスを迎える。73分、左サイドから白井がボックス内にパスを送ると、西田が右足を振り抜く。ボールはゴール左隅を捉えるも、GK秋元がファインセーブをこれを防ぐ。

▽その後も愛媛は湘南ゴールに迫るも、GK秋元を中心としたディフェンスにネットを揺らすことができず。一方の湘南は、終盤にMF奈良輪に代えてDF岡本を投入し、守備固めをしてシャットアウト。後半は、前半とは反して愛媛が湘南ゴールを脅かすも、ジネイの得点で湘南が勝ち点3を獲得した。

コメント

関連ニュース

thumb

湘南、名古屋からDF高橋諒を期限付き移籍で獲得 「1日1日を全力で本気で」

▽湘南ベルマーレは17日、名古屋グランパスに所属するDF高橋諒(24)の期限付き移籍加入を発表した。加入期間は、2017年7月17日〜2018年1月31日まで。同期間中、名古屋と対戦する全ての公式戦に出場できない。 ▽群馬県出身の高橋は、2016年に明治大学から名古屋に入団。プロ初年度こそ明治安田生命J1リーグ12試合の出場を記録したが、今シーズンは出番がなかった。湘南で「42」を着用する高橋は、両クラブの公式サイトで次のようにコメントしている。 ◆湘南ベルマーレ 「このたび名古屋グランパスから期限付き移籍で加入しました高橋諒です。名古屋グランパスで出場機会のない中、声をかけて頂いたことを本当に感謝しています。湘南ベルマーレのために自分の持てる力を全て出して1年でのJ1昇格を目指し、個人としてもこの半年間で成長できるように1日1日を全力で本気で過ごし、そしてサッカーを楽しみたいと思います。湘南ベルマーレのファン、サポーターのみなさんに1日でも早く認めてもらえるように頑張ります。よろしくお願いします」 ◆名古屋グランパス 「7月17日より湘南ベルマーレへ期限付き移籍をすることになりました。去年の11月3日にJ2降格が決まり、自分自身あの日ピッチに立っていた悔しさもあり、一年でのJ1復帰を目指し今シーズンにかける思いは強かったのですが、この半年間グランパスの力になれず申し訳なく思います」 「チームがJ1復帰に向けて一つになり戦っている大事な時期なのですが、自分自身の中で新しい環境でチャレンジして成長したいと思う気持ちもあり、今回の期限付き移籍を決断しました」 「名古屋グランパスのファン、サポーターのみなさんの前で自分の成長した姿を見せれるよう、これから努力して行きたいと思います。約1年半という短い期間でしたが、熱い声援ありがとうございました」 2017.07.17 10:32 Mon
twitterfacebook
thumb

湘南、福岡が勝利で上位の順位は変わらず!! 徳島は京都とドローで熊本は千葉を下す!!《J2》

▽16日に明治安田生命J2リーグ第23節が行われた。Shonan BMW スタジアム平塚で行われた湘南ベルマーレvs東京ヴェルディは、2-0で湘南が勝利した。 ▽前節首位に浮上した湘南(勝ち点44)と5位の東京V(勝ち点35)による上位対決は、8分に東京Vが決定機。スルーパスに抜け出した梶川がボックス右に侵入してシュートを放つとこれがネットを揺らす。しかしここはオフサイドによりノーゴールの判定となった。その後も東京Vが押し気味に試合を進めたが、湘南も徐々に盛り返す。しかし決定機を作り出せずに前半はゴールレスで終えた。 ▽迎えた63分、湘南は左CKの流れからジネイの折り返しをアンドレ・バイアが押し込んで湘南が先制する。さらに78分には秋野が放った左足のシュートがネットを揺らし、湘南がリードを広げる。終盤には東京Vもチャンスを作ったが決めきることができずに試合は終了。湘南が勝利して首位をキープした。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170716_13_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽正田醤油スタジアム群馬ではザスパクサツ群馬vsアビスパ福岡が行われ、3-1で福岡が勝利した。 ▽最下位の群馬(勝ち点13)が2位の福岡(勝ち点43)を迎えた一戦は、立ち上がりから福岡が押し気味に試合を進めると11分にジウシーニョの左足ではなったミドルシュートがネットを揺らして先制点が生まれる。群馬も32分に中央を割ってカン・スイルがネットを揺らすがオフサイドの判定で認められず、前半は福岡が1点リードして終えた。 ▽迎えた53分、群馬は右CKからパク・ゴンが繋いだボールを岡田が押し込んで早い時間帯で試合を振り出しに戻す。しかし福岡は63分に交代で入った石津がファーストプレーでネットを揺らして勝ち越し。81分には左CKの流れから岩下が押し込んで試合は終了。福岡が勝ち点3を獲得した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170716_13_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムで行われた徳島ヴォルティスvs京都サンガF.C.は、1-1のドローに終わった。 ▽自動昇格圏内に迫る3位の徳島(勝ち点39)とプレーオフ出場圏内を狙う16位の京都(勝ち点28)が激突した一戦は、徳島がボールを繋いでビルドアップしていくのに対して京都は中盤を飛ばして前線の田中マルクス闘莉王やケヴィン・オリスを狙ったボールを入れていく。ゴール前での攻防が増えるが前半はゴールレスで折り返した。 ▽迎えた後半も拮抗した展開の中、62分に徳島は相手陣内でショートパスを繋いで攻め込むと、最後はボックス左に侵入した杉本が右足でシュートをねじ込み先取点を奪った。しかし京都も75分、左サイドのクロスに田中マルクス闘莉王がダイビングヘッドで合わせると、これがネットを揺らし試合を降り出しに戻す。試合はそのまま終了を迎え、勝ち点1を分け合う結果に終わった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170716_13_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽えがお健康スタジアムではロアッソ熊本vsジェフユナイテッド千葉が行われ、 ▽19位の熊本(勝ち点19)が9位の千葉(勝ち点33)を迎えた一戦は、開始4分に熊本が決定機を作り出したが、八久保のボックス外からのシュートはGK佐藤の好セーブに阻まれる。その後は千葉が圧倒的に熊本を押し込んでいく。古巣対戦となる清武を中心に熊本陣内へと攻め込んでいくが、熊本も集中した守りで千葉の攻撃を跳ね返し、前半はゴールが生まれなかった。 ▽迎えた53分、熊本は高い位置でプレスを狙った黒木がボールを奪い、そのままGKと一対一へ。GK佐藤をかわしてゴールに流し込み先制点を奪う。追いかける千葉は相手陣内で多くの時間を使い、チャンスを伺うが熊本もブロックを崩せず。結局は黒木のゴールが決勝点となり、熊本が白星を飾った。 ◆明治安田生命J2リーグ第22節 ▽7/16(日) FC町田ゼルビア 2-0 水戸ホーリーホック 名古屋グランパス 1-0 モンテディオ山形 愛媛FC 2-2 大分トリニータ 徳島ヴォルティス 1-1 京都サンガF.C. ロアッソ熊本 1-0 ジェフユナイテッド千葉 湘南ベルマーレ 2-0 東京ヴェルディ ザスパクサツ群馬 1-3 アビスパ福岡 ▽7/15(土) カマタマーレ讃岐 1-3 レノファ山口FC 横浜FC 1-0 FC岐阜 V・ファーレン長崎 1-0 松本山雅FC ツエーゲン金沢 1-2 ファジアーノ岡山 2017.07.16 21:03 Sun
twitterfacebook
thumb

金沢に4連勝許した福岡が湘南に抜かれ首位陥落…3位徳島が4連勝、千葉が3連勝《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第22節の7試合が8日に各地で行われた。 ▽後半戦初戦となる今節の最注目となった6位名古屋グランパス(勝ち点34)と、3位徳島ヴォルティス(勝ち点36)による上位対決は、アウェイの徳島が2-0で勝利した。前節、湘南ベルマーレとの上位対決に敗れた名古屋と今季初の4連勝を目指す徳島の一戦は、開始4分にJリーグ初先発の深堀を起点に和泉からのフィードをゴール前の永井が合わせるが、枠に飛ばせない。すると直後の6分、徳島が岩尾の右CKからDFを振り切ってフリーで中央に飛び込んだ井筒のダイビングヘッドで先制に成功した。井筒のJ初ゴールで勢いづく徳島は、その後も前川の積極な仕掛けでゴールに迫る。一方、徐々に攻勢を強める名古屋は33分、深堀を下げて杉森を投入すると、この直後に相手DFのハンドでPKを獲得。しかし、キッカーの永井が左隅を狙ったシュートはGK長谷川のビッグセーブに遭い、前半を1点ビハインドで終えた。 ▽後半もオープンな展開となった中、55分にアウェイチームが追加点を奪う。左サイドを破った馬渡が入れたグラウンダーのクロスをGK楢崎が弾くと、これをゴール前で拾った杉本太が冷静に流し込んだ。一方、厳しい2失点目を喫した名古屋は57分にシモビッチ、66分に佐藤寿をピッチに送り出す。ここから猛攻に出る名古屋は74分にワシントン、82分にシモビッチに絶好機が訪れるが、ポストや相手GKの好守に遭い、最後までゴールを奪えず。名古屋との上位対決に快勝の徳島がリーグ戦4連勝を飾った。 ▽レベルファイブスタジアムで行われた首位アビスパ福岡(勝ち点43)と、17位ツエーゲン金沢(勝ち点25)の一戦は、アウェイの金沢が2-0で勝利した。3連勝で前半戦を首位で終えた福岡と、同じく3連勝で降格圏を脱した金沢による好調のチーム同士の一戦は、地力で勝る福岡がウェリントンの強さを生かしたシンプルな攻めで押し込む。だが、序盤のピンチを凌いだ金沢は20分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーの杉浦がゴール方向に向かう低くて速いボールを入れると、ゴール前に飛び込んだ味方とDFが触れなかったボールがそのままゴールに吸い込まれた。 ▽ホームで1点ビハインドを強いられた福岡は、すぐさま冨安のミドルシュートなどで反撃を試みるが、相手の粘り強い守備を崩し切れない。ハーフタイム明けには石津を投入して攻勢に出るが、フィニッシュの場面でのミスが目立つ。75分には駒野の右クロスからウェリントンに絶好機も、相手GK白井が立ちはだかる。その後もハーフコートゲームを展開した福岡だったが、84分には相手のカウンターから杉浦に2点目を許し、万事休す。金沢との3連勝対決に敗れた福岡は、6戦ぶりの黒星で首位陥落となった。 ▽大分銀行ドームで行われた9位大分トリニータ(勝ち点32)と、2位湘南ベルマーレ(勝ち点43)の一戦は、0-0のドローに終わった。リーグ4連勝中の湘南が大分のホームに乗り込んだ試合は、立ち上がりにFKのサインプレーから山根が際どいボレーシュートを放つなど、アウェイチームが押し込む展開に。だが、粘り強い守備から反撃を狙う大分も、前半終了間際に鈴木惇のお膳立てから古巣対戦の三平にボックス内で決定機も、右足のシュートはGK秋元の好守に阻まれた。 ▽迎えた後半も湘南が主導権を握る展開が続くが、幾度か良い崩しを見せたものの、最後の場面で大分の堅守を破れない。試合終盤にかけてはドーム特有の湿気を含んだ厳しいコンディションに選手たちの足が止まり、こう着状態に。試合終了間際には坂井、藤田祥と互いに見せ場を作ったものの、試合はゴールレスで決着。連勝が4試合でストップも勝ち点1を積み上げた湘南が、首位に浮上した。 ▽また、フクダ電子アリーナで行われた13位ジェフユナイテッド千葉(勝ち点30)と、20位カマタマーレ讃岐(勝ち点13)の一戦は、4-3で千葉が勝利した。2014年10月以来のリーグ3連勝が懸かる千葉は、開始13分に羽生のダイレクトシュートのこぼれ球に反応したラリベイがややオフサイド気味ながら冷静に押し込み、先制に成功。だが、34分に馬場に強烈なミドルシュートを決められ、前半を1-1のイーブンで終えた。後半も激しい攻防が続く中、互いに1ゴールずつを挙げる。だが、74分に2枚目の警告を受けた大久保が退場となり、千葉は数的不利を背負うと、78分には木島徹に直接FKを決められ、逆転まで許す。それでも、諦めない千葉は80分にラリベイのPKで追いつくと、83分にはホルヘ・サリーナスの折り返しをラリベイが頭で流し込み、ハットトリック達成。10人の千葉が再び試合を引っくり返す。その後、試合終了間際には讃岐にPKを与えるが、PKを献上したGK佐藤優がキッカーの木島徹が右を狙ったシュートを見事に読み切ってセーブ。ラリベイのハットトリックの活躍で讃岐との壮絶な打ち合いを制した千葉が、久々の3連勝を飾った。 ▽その他の試合では、3連敗中の8位横浜FC(勝ち点32)をホームに迎えた12位松本山雅FC(勝ち点30)が、高崎の2ゴールの活躍などで3-1の快勝。7戦ぶりのホーム白星で久々の連勝を飾った。 ▽8日に開催された明治安田生命J2リーグ第22節の試合結果は、以下の通り。 ◆明治安田生命J2リーグ第22節 ▽7/8(土) 水戸ホーリーホック 2-2 ロアッソ熊本 アビスパ福岡 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ツエーゲン金沢</span> 名古屋グランパス 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 徳島ヴォルティス</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">松本山雅FC 3</span>-1 横浜FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC町田ゼルビア 2</span>-0 ザスパクサツ群馬 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉 4</span>-3 カマタマーレ讃岐 大分トリニータ 0-0 湘南ベルマーレ ▽7/9(日) 《18:00》 FC岐阜 vs 京都サンガF.C. レノファ山口FC vs モンテディオ山形 《18:30》 東京ヴェルディ vs ファジアーノ岡山 《19:00》 V・ファーレン長崎 vs 愛媛FC 2017.07.08 21:01 Sat
twitterfacebook
thumb

4試合1失点の湘南GK秋元陽太が6月度のJ2月間MVPに選出《Mastercard月間MVP》

▽Jリーグは7日、6月度の「明治安田生命JリーグMastercard priceless japan 月間MVP」を発表した。J2は湘南ベルマーレのGK秋元陽太が選出された。秋元は初の受賞となる。 ▽秋元は6月に行われた明治安田生命J2リーグ全4試合に出場。3勝1分け1失点と、守備面で大きく貢献していた。Jリーグ公式サイトは、秋元の受賞コメントを紹介している。 ◆<span style="font-weight:700;">GK秋元陽太(湘南ベルマーレ)</span> 「6月のMVPに選出いただき、とても嬉しく思います。6月を良い形で戦い抜けたのは、日頃から共に練習をしている仲間やサポートしてくれているすべての方のおかげですし、このMVPもみんなで受賞したものだと思っています。GKとして、飛んできたシュートをいかにセーブするかは大事なことですが、仲間と連携を取りまずはピンチを作らないこと、そして攻撃により良い形でつなげていくプレーが大事だと思っています。シュートセーブ以外にも、90分いろんな形でチームに関わっていくプレーを見てもらえればと思います。シーズンも残り半分、サポーターの皆さんにとってかけがえのない時間となるよう、チーム全員で必死に戦い続けます」 ▽また、Jリーグは秋元の選出について選考委員会による総評を紹介している。 「守備の要としてだけでなく、若いチームをけん引する存在感を発揮。持ち味の俊敏性とスピード感のあるプレーで相手の決定機をしのぐビッグセーブを連発した。6月の4試合で3勝1分け、1失点の結果に貢献したことが高く評価されての受賞となった」 「思い切りが良い攻撃が注目される裏で、チームの流れを良い方向に変えるプレーによって結果を出していること、昨年一度チームを離れたが、2014年、2015年と以前在籍していた当時と比較してチームの中での存在感が増していることなども評価につながった」 2017.07.07 14:55 Fri
twitterfacebook
thumb

3連勝福岡が首位ターン! 名古屋撃破で4連勝の2位湘南が同勝ち点で追走!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第21節の11試合が1日に各地で行われた。 ▽前半戦最終戦の最注目カードとなった2位湘南ベルマーレ(勝ち点40)と5位名古屋グランパス(勝ち点34)の上位対決は、。3戦連続ウノゼロで勢いに乗る湘南と、前節連敗を「3」でストップした名古屋の上位対決は、立ち上がりから両者の持ち味が出るオープンな展開に。10分過ぎに端戸が続けて際どいシュートを放てば、名古屋もシュートの本数こそ少ないものの、ワシントンや和泉がフィニッシュに絡む。ゴールレスのまま前半終了と思われた45分に試合が動く。湘南の右CKの場面でキッカーの秋野が低い弾道のボールを入れると、これをしまむらが右足ダイレクトで流し込んだ。 ▽伏兵の一発によって後半を1点リードで迎えた湘南は50分、右サイドから奈良輪が入れた長いクロスをゴール前に飛び出したジネイが頭で合わせ、貴重な追加点を奪う。一方、負けられない名古屋は57分、田口のワンタッチパスに反応した杉森がボックス右でうまく身体を捻りながら右足のシュートをゴール左隅に突き刺し、1点を返す。その後は互いに交代カードを切って次のゴールを目指すが、共に決定機を決め切れず、試合は2-1のままタイムアップ。4戦連続クリーンシートは逃すも、上位対決を制した湘南が4連勝で前半戦を終えた。 ▽レベルファイブスタジアムで行われた首位アビスパ福岡(勝ち点40)と16位FC岐阜の一戦は、1-0でホームの福岡が勝利した。リーグ3連勝で首位ターンを目指す福岡と、10試合ぶりの白星を混ざす岐阜の一戦は、岐阜が粘り強い守備を見せたことで締まった展開に。19分にはホームチームが三門の強烈な左足のシュートでゴールに迫るが、GKビクトルの好守に遭う。ゴールレスで迎えた後半、徐々にペースを握った福岡は60分、ボックス内でDF阿部と競り合ったウェリントンがPKを獲得。これをウェリントン自ら決め、待望の先制点を奪った。その後も追加点こそ奪えなかったものの、危なげない試合運びを見せた福岡が1-0で勝利。エースのPK弾をきっちり守り抜き3連勝のチームが前半戦を首位で終えた。 ▽また、鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムで行われた6位徳島ヴォルティス(勝ち点33)と11位愛媛FC(勝ち点31)の“四国ダービー”は、4-1で徳島が快勝した。昇格プレーオフ圏内で前半戦を終えたい両者による一戦は、前節モンテディオ山形相手に大量6ゴールを奪った徳島の攻撃陣が爆発。前半の41分に島屋の泥臭いゴールで先手を奪った徳島は、後半立ち上がりに与えたPKを河原に決められ、追いつかれる。しかし、60分にCKの流れから島屋のシュートがオウンゴールを誘い、勝ち越しに成功すると、64分と75分に渡が続けてゴールネットを揺らし、終わってみれば4-1の快勝となった。 ▽その他の試合では、前節終了時点で3位と4位に位置した東京ヴェルディ(勝ち点34)と、水戸ホーリーホック(勝ち点34)が、それぞれ19位ロアッソ熊本(勝ち点15)、14位ファジアーノ岡山(勝ち点27)に0-4、0-3のスコアで大敗。なお、連敗を「5」でストップした熊本は7試合ぶりの白星。連勝が「5」でストップした水戸は14戦ぶりの黒星となった。また、得意のホームで8位大分トリニータ(勝ち点32)に4-1で快勝した13位ジェフユナイテッド千葉(勝ち点27)は、今季初の連勝となった。 ▽明治安田生命J2リーグ第21節の試合結果は、以下の通り。 ◆明治安田生命J2リーグ第21節 ▽7/1(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">京都サンガF.C. 1</span>-0 ザスパクサツ群馬 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アビスパ福岡 1</span>-0 FC岐阜 レノファ山口FC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 松本山雅FC</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉 4</span>-1 大分トリニータ モンテディオ山形 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 FC町田ゼルビア</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">湘南ベルマーレ 2</span>-1 名古屋グランパス <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ツエーゲン金沢 3</span>-2 横浜FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">徳島ヴォルティス 4</span>-1 愛媛FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ロアッソ熊本 4</span>-0 東京ヴェルディ カマタマーレ讃岐 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 V・ファーレン長崎</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ファジアーノ岡山 3</span>-0 水戸ホーリーホック 2017.07.01 21:38 Sat
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース