愛媛の猛攻を凌いだ湘南がジネイの1発で逃げ切る《J2》2017.03.19 17:06 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽明治安田生命J2リーグ第4節の愛媛FCvs湘南ベルマーレが19日にニンジニアスタジアムで行われ、1-0で湘南が勝利した。

▽1勝2分で12位につける愛媛と2勝1分で3位に位置する湘南が激突した一戦。序盤は、湘南が愛媛を攻め立てる。26分、齊藤の右サイドへのスルーパスに走り込んだ奈良輪がダイレクトでクロスを供給。これをゴール前のジネイが頭で合わせるも、わずかにゴール左に外れる。

▽対する愛媛は31分、藤田のボックス右外へのロングボールに小池が反応すると、カットインからシュートを放つ。しかし、ゴール左に外れてしまう。

▽素早く敵陣へと迫る湘南は34分、杉岡が敵陣中央からドリブルでボックス左手前まで運ぶと、ボックス左にラストパス。これを山田が右足でゴール右上隅を狙うも、捉えきれず、スコアレスのまま試合を折り返す。

▽後半に入ると、ここまで押され気味だった愛媛が決定機を迎える。49分、ハーフウェイライン付近から白井がゴール前にロングボールを供給。これに反応した近藤が抜け出して左足で押し込むも、GK秋元の右手一本に阻まれる。対する湘南も52分、秋野のボックス左へのスルーパスに走り込んだ山田が右足でシュートを放つも、GKパク・ソンスにブロックされる。

▽互いに決定機を逃すと湘南は68分、秋野に代えて安東を投入。すると68分、右サイドを突破した安東が敵陣深くからグラウンダーのクロスを供給。これに反応したジネイが左足でニアサイドに流し込んだ。

▽先制を許した愛媛だが、猛攻を仕掛けると同点のチャンスを迎える。73分、左サイドから白井がボックス内にパスを送ると、西田が右足を振り抜く。ボールはゴール左隅を捉えるも、GK秋元がファインセーブをこれを防ぐ。

▽その後も愛媛は湘南ゴールに迫るも、GK秋元を中心としたディフェンスにネットを揺らすことができず。一方の湘南は、終盤にMF奈良輪に代えてDF岡本を投入し、守備固めをしてシャットアウト。後半は、前半とは反して愛媛が湘南ゴールを脅かすも、ジネイの得点で湘南が勝ち点3を獲得した。

コメント

関連ニュース

thumb

ジネイの2戦連発に奈良輪のゴラッソで千葉に勝利した湘南が首位キープ!!《J2》

▽25日に明治安田生命J2リーグ第5節の湘南ベルマーレvsジェフユナイテッド千葉がShonan BMW スタジアム平塚で行われ、2-0で湘南が勝利した。 ▽開幕から4試合無敗で首位に立つ湘南(勝ち点10)が、2勝1分け1敗で8位の千葉(勝ち点7)をホームに迎えた。湘南は[3-4-3]を採用し、千葉は[3-3-2-2]のフォーメーションで試合に入った。試合はボールフォルダーに対して素早いチェックからボールを奪いにかかる湘南が主導権を握る。千葉は少ないタッチ数でこのプレスを回避しようとするも、湘南の網にかかり苦しい入りとなった。 ▽一方で千葉も、前線からプレスをかけつつ、バックラインの3枚も高い位置を取るなどコンパクトな陣形を取る。自陣に押し込まれる形となっても、最終ラインに5枚を並べてサイドのスペースを消し、湘南に対して楽な攻撃をさせない。 ▽すると30分、右サイドの深い位置で齊藤が折り返したボールを菊地がダイレクトでゴール前へ。するとニアサイドに入り込んだジネイが合わせて、湘南が先制した。すると湘南はファーストディフェンスをハーフウェイライン付近に設定し、やや重心を落とす。すると千葉は38分に右サイドを上がった北爪がやや距離のある位置からシュート。これがブロックに入った選手に入ってドロップするも、GK秋元がセーブして得点とはならず。 ▽41分には湘南に決定機が訪れる。前線で攻め残っていた齊藤にボールがこぼれ、ドリブルで運んでからボックス内からシュート。GK佐藤の手を掠めてボールはゴール方向に向かうが、左ポストを叩いてしまった。直後に千葉は、高橋がボックス手前からシュート。これがGKとDFの間にこぼれて船山がすぐに反応して流し込みにかかるが、オフサイドとなった。 ▽湘南は43分、前半途中に負傷した高山がプレー続行が不可能となり、奈良輪との交代を余儀なくされた。前半はそのまま湘南リードで終えることとなった。 ▽すると後半最初にチャンスを作ったのはリードする湘南。右サイドの下田が左足でインスイングのボールを配給。中央の齊藤は潰れたが、ファーサイドの奈良輪が合わせる。しかしボールを押し込むことはできずに決定機を逸した。 ▽千葉は58分、スルーパスに抜け出した清武がボックス内で仕掛けると、アンドレ・バイアに倒される。PKかと思われたが、ここはレフェリーのホイッスルが吹かれなかった。67分にはゴール正面でFKを獲得すると、清武が直接狙うがディフレクトしたボールはGK秋元がパンチングで防いだ。 ▽押され気味だった湘南だったが76分、右サイドでオフサイドラインぎりぎりで抜け出した奈良輪が、ボックス右に侵入。ボールの落ち際を冷静に見極めて右足で狙うと、これがゴールネット左隅に突き刺さり湘南がリードを2点に広げた。 ▽早く攻撃に転じたい千葉だが、湘南の落ちない運動量に手を焼き、相手陣内にボールを運べない。試合終盤にはGK佐藤のミスからボックス手前でFKを献上するなど、千葉は終盤に流れに乗れないまま終了のホイッスルを迎えた。勝利した湘南は、勝ち点を13に伸ばし首位をキープしている。 2017.03.25 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

湘南GKタンドウ・ベラピが左手第4指骨折で手術…全治は3カ月の見込み

▽湘南ベルマーレは21日、GKタンドウ・ベラピの負傷を発表した。 ▽クラブの発表によると、タンドウ・ベラピは16日のトレーニング中に負傷。左手第4指骨折と診断され、17日に手術を受けたとのことだ。全治は3カ月を予定している。 ▽メルボルン・シティから昨シーズン加入したタンドウ・ベラピは、明治安田生命J1リーグで5試合に出場。今シーズンはJ2で戦うが、ここまで出場機会はなかった。 2017.03.21 20:45 Tue
twitterfacebook
thumb

U-20日本代表がDF中山雄太の代役に湘南DF杉岡大暉を追加招集《ドイツ遠征》

▽日本サッカー協会(JFA)は19日、ドイツ遠征に臨むU-20日本代表に湘南ベルマーレのDF杉岡大暉を追加招集したことを発表した。 ▽18日にメンバーに招集されていたDF中山雄太がケガのため不参加。代わりに杉岡が招集された。 ▽杉岡は市立船橋高校から今シーズン湘南へ加入。ここまで明治安田生命J2リーグで4試合に出場し、第2節のザスパクサツ群馬戦でプロ初ゴールを記録していた。 2017.03.19 20:25 Sun
twitterfacebook
thumb

湘南MF藤田征也に第二子となる長女が誕生「妻、娘に感謝の想いが伝わるようなプレーを」

▽湘南ベルマーレは10日、MF藤田征也に第二子となる女の子が誕生したことを発表した。 ▽クラブの発表によると、藤田の長女は6日の12時32分に誕生したとのこと。体重は2735グラムとのことだ。藤田はクラブを通じてコメントしている。 「この度、我が家に第二子となる女の子が誕生しました。日頃からの僕のサポートに加え、2度目の出産という大役を果たしてくれた妻には今回も頭があがりません。そんな妻、そして無事生まれてきてくれた娘に感謝の想いが伝わるようなプレーをこれからも見せていければと思います。家族が増えた喜びと責任感を胸に、今後も頑張ってまいります」 ▽今シーズンの藤田は、ここまで明治安田生命J2リーグで2試合に途中出場している。 2017.03.10 18:01 Fri
twitterfacebook
thumb

新星DF杉岡プロ初ゴールに高山2発の湘南が開幕2連勝! 群馬はルーキーMF高井初ゴールも連敗…《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第2節の湘南ベルマーレvsザスパクサツ群馬が4日にShonan BMWスタジアム平塚で行われ、ホームの湘南が3-1で勝利した。 ▽水戸ホーリーホックとの開幕戦を勝利した湘南が、開幕戦でV・ファーレン長崎に大敗した群馬をホームに迎えた一戦。立ち上がりから主導権を握って相手を押し込む湘南は、前節プロ初出場を飾った新星DF杉岡がいきなり魅せる。11分、左サイドで仕掛けた杉岡はボックス内でカットされたボールを奪い返し、巧みなタッチでゴール前に抜け出すと、角度のないところから左足のシュートをゴール右隅に流し込み、圧巻のプロ初ゴールを記録した。 ▽18歳DFの先制弾で勢い付く湘南は、その後も畳みかける攻めを見せるが、シュートがクロスバーを叩くなど、前半のうちに追加点を奪えない。それでも、高井や松下のシュートをGK秋元が冷静にセーブし、1点リードで試合を折り返した。 ▽すると迎えた後半の49分、ボックスギリギリの位置で松下に足を刈られた高山がPKを獲得。これを高山自ら冷静に右隅へ流し込み、後半開始早々に追加点を奪った。 ▽一方、2試合連続大敗の空気が漂い始めた群馬だったが、江坂、瀬川とかつての若きエースが背負った“26番”を今季背負う大卒ルーキーMF高井が魅せる。55分、ボックス内で岡庭のシュートのこぼれを拾った高井は冷静な持ち運びでDFとGKをかわし、ゴール右上隅に豪快なシュートを突き刺した。 ▽高井のプロ初ゴールでここから群馬が息を吹き返していくが、勝負の際を知り抜く湘南のキャプテンが流れを渡さない。73分、自陣から圧巻の走力でゴール前に攻め上がった高山が菊池俊のスルーパスに抜け出し、冷静にGKとの一対一を制した。 ▽この3点目で勝負を決めた湘南が最後まで危なげない試合運びで逃げ切り、3-1で勝利。1年でのJ1復帰に向けて開幕連勝スタートを切った。一方、敗れた群馬は2戦連続の複数失点で連敗となった。 2017.03.04 19:04 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース