レスターの守護神シュマイケルにレアル・マドリーが興味…ナバスの後釜候補に浮上2017.03.19 17:10 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
レアル・マドリーがレスターのデンマーク代表GKカスパー・シュマイケルの獲得を検討しているとスペインメディア『ドン・バロン』が報じた。

同チームは現在所属のGKケイラー・ナバスに信頼を寄せておらず、今夏の移籍市場に向けて有力なGKをリストアップしているのは周知のとおりだが、ここに来てシュマイケルの獲得に本腰を入れたようだ。

シュマイケルと言えば、先日行われたチャンピオンズリーグのラウンド16、第2戦のレスターvsセビージャで、相手のPKをストップする活躍でチームのベスト8進出に貢献。また、昨季はシーズンを通して高いパフォーマンスを披露し、レスターをプレミア制覇に導いたことは記憶に新しい。

レアル・マドリーが狙っているのはティボー・クルトワ、ダビド・デ・ヘアが本命のようだが、この2名はそれぞれのクラブが放出を拒否する不動の守護神として活躍。そこで、前者2名よりも獲得のハードルが低いとされる、シュマイケルを獲得候補に加えた見通し。

レスターは今シーズン、残留争いを余儀なくされており、来シーズンの欧州カップ戦出場権獲得さえも危うい状態。クラブは資金確保のためシュマイケル売却に踏み切る可能性も高く、シュマイケル本人もレアル・マドリーからのオファーとなれば耳を傾けざるを得ない状況となっている。

果たして、レスターの歴史的偉業に貢献したシュマイケルはスペイン行きを決断するのか、今夏の移籍市場ではGKの玉突き移籍が起こることになりそうだ。

提供:goal.com

コメント



Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース