山形vs讃岐はゴールレスドローで両雄共に3試合連続の引き分け《J2》2017.03.19 16:19 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽19日にNDソフトスタジアム山形で行われた明治安田生命J2リーグ第4節のモンテディオ山形vsカマタマーレ讃岐は、ゴールレスドローで終えた。

▽開幕から1勝2分けで8位の山形と、2分け1敗で16位の讃岐が激突した。山形のホーム開幕戦となった試合は、一進一退の攻防戦が繰り広げられていく展開となる。

▽序盤戦からリズムを掴む讃岐は、61分にビッグチャンス。木島徹也のドリブル突破からフリーの渡邉が右足でシュートを放つが、GK児玉に弾かれてしまう。

▽対する山形は、84分に右CKから風間がクロス。ゴール前の混戦から、こぼれ球を拾った鈴木が左足でシュートを放つ。しかし、これを枠に飛ばせない。

▽その後も一進一退の攻防が続いたが、最後まで均衡が破れることなく、ゴールレスで試合終了。互いに3試合連続の引き分けとなった。

コメント

関連ニュース

thumb

大分GK修行智仁が右腓腹筋肉離れ...全治約4週間

▽大分トリニータは28日、GK修行智仁が大分市内の病院で検査を受け、右腓腹筋肉離れと診断されたことを発表した。全治は約4週間。 ▽修行は、24日のトレーニングで負傷。今後は、経過を見ながらリハビリを開始するとのことだ。 ▽2015年にFC町田ゼルビアから加入した修業は、今シーズンの明治安田生命J2リーグでの出場はない。 2017.03.28 22:19 Tue
twitterfacebook
thumb

山形DF宇佐美宏和が右足関節捻挫で全治6週間

▽モンテディオ山形は27日、DF宇佐美宏和の負傷を発表した。 ▽クラブの発表によると、宇佐美はトレーニング中に負傷したとのこと。チームドクターの検査の結果、右足関節捻挫と診断。全治6週間とのことだ。 ▽宇佐美は今シーズンの明治安田生命J2リーグで出場機会はなかった。 2017.03.27 19:44 Mon
twitterfacebook
thumb

2つのオウンゴールで名古屋が松本に逆転勝利!!《J2》

▽26日に明治安田生命J2リーグ第5節の松本山雅vs名古屋グランパスが松本平広域公園総合球技場でおこなわれ、2-1で名古屋が勝利した。 ▽現在2連勝中で3戦無敗の7位・松本(勝ち点7)が、2勝1分け1敗で8位につける名古屋(勝ち点7)を迎えた一戦。立ち上がりはアウェイの名古屋がボールを持って攻め込み、松本はボールフォルダーに対する素早いプレスからショートカウンターを狙う形で入った。 ▽すると11分に名古屋は左サイドをパス交換で切り崩してクロス。逆サイドでボールを受けた永井が、マーカーをはがしてシュートに持ち込むがGK村山の守備範囲内に飛ばしてしまった。すると15分、ボックス内で仕掛けた田中が内田に倒されて松本がPKを獲得。このチャンスを高崎がしっかりと決めきって、松本が先制に成功した。 ▽追いかける展開となった名古屋は前線のシモビッチにボールを当てるも、そこを松本が囲い込んで起点を作らせない守りを見せるため攻撃を構築できない。逆に26分には右CKから高崎にヘディングシュートを許すなど、松本が試合のペースを握った。 ▽しかし名古屋も37分にFKの流れからワシントンが頭で合わせるもGK村山がセーブ。さらに42分には和泉がボックス手前から放ったシュートが、ドライブ回転がかかりゴールマウスを襲うがここもGK村山が好セーブで切り抜け、前半は松本が1点リードして終えた。 ▽名古屋はハーフタイムで佐藤を下げて杉本を送り出す。すると46分、左サイドでボールを受けた永井が右足のアウトサイドでゴール前にクロスを入れると、足を伸ばして防ぎにいった田中に当たってボールはネットを揺らし、名古屋が早い時間帯でスコアを振り出しに戻した。 ▽このゴールで勢いに乗った名古屋は、さらに攻勢を続ける。しかし松本も勝ち越しまでは許さず、名古屋の攻撃を凌ぎながらカウンターから勝ち越しを目指す。試合終盤にかけては、お互いに選手を入れ替えつつ勝ち越しを目指すと、迎えた88分、ワシントンがボックス右から入れた鋭いクロスが後藤に当たってコースが変わる。これがゴールネットを揺らし、名古屋が2度目のオウンゴールで勝ち越しに成功した。 ▽松本は早めに前線へとボールを運ぼうとするも、焦りからか効果的な攻撃が出来ず試合はそのまま終了。名古屋が2つのオウンゴールで逆転勝利を飾った。 2017.03.26 16:21 Sun
twitterfacebook
thumb

岡山が群馬に逆転勝利で今季初の連勝!!《J2》

▽26日に明治安田生命J2リーグ第5節のザスパクサツ群馬vsファジアーノ岡山が正田醤油スタジアム群馬で行われ、2-1で岡山が勝利した。 ▽開幕から4連敗中の最下位・群馬が、前節の京都サンガF.C.戦で今シーズン初勝利を飾った15位の岡山を迎えた一戦。ホームの群馬がポゼッションを握る展開となったが、相手陣内でのエラーが目立ちフィニッシュの形を作れない。岡山もマイボールにしてからのビルドアップが上手く行かず、重たい入りとなった。 ▽それでも群馬は21分に裏に出されたパスに反応した高橋がシュートを放つが、ここは枠を捕えられず。それでも徐々に流れを引き寄せると、40分に自陣からのロングボールに反応した小林竜がボックス右まで侵入してシュート。これはGKに阻まれたが、こぼれたところを高井が押し込んで群馬が先制に成功した。 ▽追いかける展開となった岡山だが、前半アディショナルタイムにPKを獲得。これを赤嶺が冷静に沈めて、岡山が同点として前半を終えた。 ▽後半立ち上がりは岡山が攻勢に出ると、52分に喜山のクロスに赤嶺が合わせるが枠を捕えきれない。群馬も61分に岡庭のクロスからパク・ゴンが頭で合わせてネットを揺らす。しかしここはオフサイドの判定でゴールは認められなかった。 ▽その後もお互いに決定機を作り出すまではいくものの、ネットを揺らせずつばぜり合いが続く。しかし81分、左サイドの関戸が入れたクロスボールに、斜めに入り込んだ豊川がうまく合わせてネットを揺らし、岡山が勝ち越しに成功する。 ▽逆転を許した群馬は初勝利を目指して攻め込むも、上手く岡山にいなされて試合は終了。岡山が逆転勝利で今シーズン初の連勝を飾った。 2017.03.26 16:18 Sun
twitterfacebook
thumb

山形vs福岡はお互いに決定機を決めきれず痛み分け《J2》

▽26日に明治安田生命J2リーグ第5節のモンテディオ山形vsアビスパ福岡がNDソフトスタジアム山形で行われ、ゴールレスドローに終わった。 ▽4節終了時点で1勝3分けと無敗の10位・山形(勝ち点6)が3勝1敗と3連勝中の5位・福岡(勝ち点9)をホームに迎えた。アウェイの福岡が今シーズン初の3バックを採用した事でミラーゲームでの入りとなった。試合は山形がボールを保持し、やや高い位置に最終ラインを敷く福岡の裏のスペースを狙っていく。 ▽しかし最初の決定機は福岡で、右サイドを上がった駒野のクロスからゴール前でセカンドボールを拾った山瀬が右足で狙う。しかしこれはディフェンダーに当たってゴールとはならなかった。福岡は20分にも右CKの流れから混戦の中で石津が狙うも、GK児玉のセーブにより決めきれない。 ▽山形は22分に左サイドの茂木が上げたクロスが、三門のクリアにあうもボールはゴール方向へ。しかしわずかにクロスバーを超えてしまう。35分には福岡が左CKからウェリントンが頭で合わせる。これがネットを揺らすが、直前に笛が吹かれておりノーゴールとなった。 ▽押される山形だったが、前半終了間際に2本のCKを得るが、1本はあわやオウンゴールとなるもラインを超えず。もう1本はGK杉山に難なくキャッチされて前半を終えた。 ▽後半は山形が勢いを持って入る。50分には左サイドで裏を取った瀬川が深い位置まで侵入。一度切り返してゴール前にクロスを送るが、ボックス内の味方は誰もボールに触れられず決定機を逸した。福岡は52分、松田が相手選手との接触で足首を負傷。ウィリアン・ポッピを投入する事となった。 ▽62分には福岡が右サイドを突破したポッピのマイナスのクロスから石津がシュートを放つが、ボールはデリフェンダーに当たってしまい、後半最初のチャンスを決めきれなかった。66分には左CKからポッピが頭で合わせるも、今後はクロスバーを叩いた。 ▽お互いに決定機を決めきれないまま後半アディショナルタイムにはいると、山形は46分に汰木が左サイドの深い位置まで入ってくロスを入れると、山田が頭で合わせるがボールはGKの正面へ。福岡も50分に左CKから山瀬が入れたボールがゴール前に入ってくるも、誰も押し込めず。結局試合はそのまま終了を迎え、勝ち点1を分け合う結果となった。 2017.03.26 16:14 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース