山形vs讃岐はゴールレスドローで両雄共に3試合連続の引き分け《J2》2017.03.19 16:19 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽19日にNDソフトスタジアム山形で行われた明治安田生命J2リーグ第4節のモンテディオ山形vsカマタマーレ讃岐は、ゴールレスドローで終えた。

▽開幕から1勝2分けで8位の山形と、2分け1敗で16位の讃岐が激突した。山形のホーム開幕戦となった試合は、一進一退の攻防戦が繰り広げられていく展開となる。

▽序盤戦からリズムを掴む讃岐は、61分にビッグチャンス。木島徹也のドリブル突破からフリーの渡邉が右足でシュートを放つが、GK児玉に弾かれてしまう。

▽対する山形は、84分に右CKから風間がクロス。ゴール前の混戦から、こぼれ球を拾った鈴木が左足でシュートを放つ。しかし、これを枠に飛ばせない。

▽その後も一進一退の攻防が続いたが、最後まで均衡が破れることなく、ゴールレスで試合終了。互いに3試合連続の引き分けとなった。

コメント

関連ニュース

thumb

3連勝町田が岐阜の連勝を「4」でストップ! 古橋J2記録の7連発も決めたのは自軍のゴールに…岡山vs横浜FCはドロー《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第19節の2試合が17日に行われた。 ▽岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われたFC岐阜vsFC町田ゼルビアは、アウェイの町田が1-0で勝利した。 ▽破竹の4連勝で7位まで順位を上げた岐阜は、今節でクラブ新記録の5連勝とクラブ記録タイとなるホーム4連勝を目指す。レコードブレイクを狙うこの一戦に向けてはJ2記録に並ぶ7試合連続ゴールを目指す古橋ら現状のベストメンバーが起用された。 ▽一方、リーグ戦2連勝中の4位町田は難敵相手のアウェイゲームで3連勝を目指した。なお、ロメロ・フランクや平戸など一部主力をベンチに置いたものの、こちらもほぼベストメンバーが揃った。 ▽互いに狙いのハッキリとしたプレーを見せて立ち上がりから拮抗した展開が続く。この中で素早いスライドと球際の強さを見せる町田が良い守備からカウンターで攻撃を展開していく。この流れの中で吉濱や鈴木に決定機が訪れるも決め切れない。 ▽町田がよりフィニッシュの局面を作った前半を経て試合は0-0で後半に突入。後半も鈴木を起点に町田が先制点を予感させる仕掛けを見せる一方、岐阜も風間と古橋を起点にカウンターからチャンスを創出。74分にはボックス手前左から内に切り込んだ風間の落としから山岸がミドルを狙うも、これは精度を欠く。 ▽すると78分、意外な形から先制点が生まれる。町田が右サイドでCKを獲得すると、途中出場の平戸がアウトスウィングのボールを入れる。これをDFが被ってファーの下坂が右足でダイレクトシュート。ボールは枠を外れていたものの、ゴール右でクリアを試みた古橋の足に当たったボールが岐阜ゴールに吸い込まれた。 ▽J2記録の7試合連続ゴールを目指す中でオウンゴールで町田に先制点を献上した古橋はその直後にボックス手前でボールを収めてGKと一対一のチャンスを得るが、左足で放ったシュートはわずかに枠の右に外れ、正真正銘の7試合連続ゴールとはならず。 ▽その後、ホームで負けられない岐阜はここからリスクを冒して反撃に出たものの、試合終了間際の90分に風間が放ったヘディングはわずかに枠の右に外れ、万事休す。幸運な形からの決勝点ながらも説得力のある内容で難敵岐阜の連勝をストップした町田がアビスパ福岡を得失点差で抜き3位に浮上した。 ▽また、シティライトスタジアムで行われたファジアーノ岡山vs横浜FCは、0-0のドローに終わった。 ▽共に前節で久しぶりの敗戦を喫した6位の岡山と8位の横浜FCによる勝ち点1差の上位対決は、互いに連敗を避けたいという気持ちからやや後ろに重たいゲーム展開となる。それでも、前半半ばからリズムを掴んだ横浜FCがレアンドロ・ドミンゲスや北爪が決定機に絡む場面を見せた。 ▽結局、ゴールレスで折り返した試合は前半と打って変わってオープンな展開に。後半に入って攻勢を強めた岡山は63分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でサインプレーから伊藤が枠の右隅を捉えた決定的なシュートを放つが、これはGK南のビッグセーブに遭う。その後も伊藤や三村を起点に幾度もチャンスを作るが、その前にGK南が立ちはだかる。 ▽一方、横浜FCも後半に入って存在感を出し始めたイバや野村に一対一の決定機が訪れたものの、こちらはGK一森の身体を張ったファインセーブに阻まれ、あと一歩でゴールをこじ開けられない。結局、試合はこのまま0-0でタイムアップ。両GKの躍動した接戦は痛み分けのドローに終わった。 ◆明治安田生命J2リーグ第19節 ▽6月17日(日) FC岐阜 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 FC町田ゼルビア</span> ファジアーノ岡山 0-0 横浜FC ▽6月16日(土) 水戸ホーリーホック 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 大宮アルディージャ</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉 2</span>-1 愛媛FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">東京ヴェルディ 3</span>-1 京都サンガF.C. ヴァンフォーレ甲府 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 モンテディオ山形</span> 松本山雅FC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 大分トリニータ</span> アビスパ福岡 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 アルビレックス新潟</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ツエーゲン金沢 2</span>-0 栃木SC 徳島ヴォルティス 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 レノファ山口FC</span> ロアッソ熊本 1-1 カマタマーレ讃岐 2018.06.17 20:26 Sun
twitterfacebook
thumb

岡山DF増田繁人、右足負傷で全治2〜4週間

▽ファジアーノ岡山は17日、DF増田繁人の負傷を発表した。 ▽増田は13日の練習中に受傷。右足関節ねん挫で全治2〜4週間の見込みだ。 ▽増田はアルビレックス新潟から今シーズン加入。ここまで明治安田生命J2リーグ3試合に出場している。 2018.06.17 17:25 Sun
twitterfacebook
thumb

小野瀬の2発で逆転! 山口、徳島に競り勝ち8戦無敗で首位浮上!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第19節の9試合が16日に行われた。 ▽鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムで行われた13位・徳島ヴォルティス(勝ち点22)vs2位・レノファ山口FC(勝ち点35)は、2-1で山口が勝利している。 ▽4試合白星がない徳島と、7試合無敗の山口の一戦。試合は徳島が19分、ボックス左からのシシーニョのクロスを中央の石井が頭で押し込んでチームに先制点をもたらした。追いかける立場となった山口は前半終盤の41分、ボックス内に侵攻した池上のシュートをオナイウ阿道が詰める。これは押し込むことができなかったが、ボックス右へのこぼれ球を小野瀬がゴールに蹴り込んで試合を振り出しに戻した。 ▽同点に追いついた山口は64分、ボックス左手前の三幸がボックス右へ浮き球のパス。走り込んだ小野瀬がダイレクトで右足を合わせると、ドライブ回転のかかったボールがGK梶川の頭上を越えてゴールに吸い込まれた。 ▽逆転に成功した山口はこのリードを守り切り、8戦無敗をキープ。首位に浮上した。 ◆明治安田生命J2リーグ第19節 ▽6月16日(土) 水戸ホーリーホック 1-2 大宮アルディージャ ジェフユナイテッド千葉 2-1 愛媛FC 東京ヴェルディ 3-1 京都サンガF.C. ヴァンフォーレ甲府 1-2 モンテディオ山形 松本山雅FC 1-4 大分トリニータ アビスパ福岡 0-2 アルビレックス新潟 ツエーゲン金沢 2-0 栃木SC 徳島ヴォルティス 1-2 レノファ山口FC ロアッソ熊本 1-1 カマタマーレ讃岐 ▽6月17日(日) 《18:00》 FC岐阜 vs FC町田ゼルビア ファジアーノ岡山 vs 横浜FC 2018.06.16 22:50 Sat
twitterfacebook
thumb

京都、FW大野耀平とMF重廣卓也のプロA契約締結を発表

▽京都サンガF.C.は14日、FW大野耀平(23)とMF重廣卓也(23)とのプロA契約締結を発表した。 ▽両選手は天皇杯2回戦のツエーゲン金沢戦で、規定の公式戦出場時間に到達した。2017年に常葉大学から入団した大野は、今シーズンここまで明治安田生命J2リーグで12試合2ゴールを記録。2018年に阪南大学から加入した重廣は、J2リーグでここまで12試合2ゴールを記録している。 ▽プロA契約を結んだ両選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆大野耀平 「プロA契約を締結していただくことが出来て、本当に良かったです。ただ、僕自身やることは変わらないので、もっと自覚を持って、チームに貢献できるように頑張ります」 ◆重廣卓也 「まずはプロA契約を締結していただいたことにホッとしています。さらに身が引き締まったので、これからもっと責任感を持って、ピッチの上に立ちたいと思います」 2018.06.14 18:35 Thu
twitterfacebook
thumb

徳島、2016年J1得点王のFWピーター・ウタカの加入を発表!

▽徳島ヴォルティスは14日、元ナイジェリア代表FWピーター・ウタカ(34)の完全移籍での加入を発表した。背番号は「50」となり、ユニフォーム表記は「UTAKA」となる。 ▽徳島でJ2初参戦となるウタカはクラブ公式サイトで意気込みを語っている。 「徳島ヴォルティスを応援する皆さん、はじめまして。ピーター・ウタカです。このたび、徳島に来られたことを本当に幸せに思っています。新しいチームメイト、そしてスタッフと一緒にプレーすること、働くことがとても待ち遠しいです。チームの目標のために自分の100%を出してチームに貢献したいと思っています」 「早くピッチの上で徳島ヴォルティスのファン・サポーターの皆さんに会えることを楽しみにしています!」 ▽清水エスパルスやサンフレッチェ広島、FC東京とJリーグの3クラブでプレーしていたウタカは、2018年2月に広島からデンマーク2部のヴェイレBKへ完全移籍。シーズン後半で6試合に出場したものの、ゴールを記録することはなかった。そして、先月25日に同クラブからの退団が発表されていた。 ▽現在、J1自動昇格圏内と13ポイント差の13位に低迷する徳島はリーグワースト3位の14得点と深刻な得点力不足に陥っており、広島時代の2016シーズンにJ1で19ゴールを記録し得点王に輝いた点取り屋の加入は後半戦に向けた大きな補強となりそうだ。 2018.06.14 16:55 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース