山形vs讃岐はゴールレスドローで両雄共に3試合連続の引き分け《J2》2017.03.19 16:19 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽19日にNDソフトスタジアム山形で行われた明治安田生命J2リーグ第4節のモンテディオ山形vsカマタマーレ讃岐は、ゴールレスドローで終えた。

▽開幕から1勝2分けで8位の山形と、2分け1敗で16位の讃岐が激突した。山形のホーム開幕戦となった試合は、一進一退の攻防戦が繰り広げられていく展開となる。

▽序盤戦からリズムを掴む讃岐は、61分にビッグチャンス。木島徹也のドリブル突破からフリーの渡邉が右足でシュートを放つが、GK児玉に弾かれてしまう。

▽対する山形は、84分に右CKから風間がクロス。ゴール前の混戦から、こぼれ球を拾った鈴木が左足でシュートを放つ。しかし、これを枠に飛ばせない。

▽その後も一進一退の攻防が続いたが、最後まで均衡が破れることなく、ゴールレスで試合終了。互いに3試合連続の引き分けとなった。

コメント

関連ニュース

thumb

【Jリーグ出場停止情報】柏FWクリスティアーノ、川崎FのMF家長昭博とMFエドゥアルド・ネットらが出場停止

▽Jリーグは17日、明治安田生命J1リーグ第30節、第31節、明治安田生命J2リーグ第38節、第39節、明治安田生命J3リーグ第28節の出場停止選手を発表した。 ▽J1では、第29節で退場処分を受けた大宮アルディージャのFWマルセロ・トスカーノや川崎フロンターレのMF家長昭博が出場停止。また、一発退場となっていたFC東京のFWピーター・ウタカ、清水エスパルスのDF松原后は、相手選手にヒジを打ち付けた行為が「乱暴な行為」に該当すると判断され1試合の出場停止となった。 ▽その他、柏レイソルのFWクリスティアーノ、川崎FのMFエドゥアルド・ネット、アルビレックス新潟のFW山崎亮平は警告の累積で出場停止となる。 ▽J2では、J1自動昇格を目指すアビスパ福岡のMFジウシーニョやプレーオフ圏内の松本山雅FCのMF宮阪政樹、東京ヴェルディのFWアラン・ピニェイロ、横浜FCのDF小宮山尊信らが出場停止となる。J3では、藤枝MYFCのMF枝本雄一郎、FC琉球のMF朴利基が出場停止となる。 <span style="font-weight:700;">【明治安田生命J1リーグ】</span> <span style="font-weight:700;">FWマルセロ・トスカーノ</span>(大宮アルディージャ) 明治安田生命J1リーグ 第30節 vs柏レイソル(10/21) 今回の停止:1試合停止 <span style="font-weight:700;">FWクリスティアーノ</span>(柏レイソル) 明治安田生命J1リーグ 第30節 vs大宮アルディージャ(10/21) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">FWピーター・ウタカ</span>(FC東京) 明治安田生命J1リーグ 第30節 vs北海道コンサドーレ札幌(10/21) 今回の停止:1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF家長昭博</span>(川崎フロンターレ) 明治安田生命J1リーグ 第30節 vsサンフレッチェ広島(10/21) 今回の停止:1試合停止 <span style="font-weight:700;">MFエドゥアルド・ネット</span>(川崎フロンターレ) 明治安田生命J1リーグ 第30節 vsサンフレッチェ広島(10/21) 今回の停止:警告の累積による1試合停止(1/2) 明治安田生命J1リーグ 第31節 vs柏レイソル(10/29) 今回の停止:警告の累積による1試合停止(1/2) <span style="font-weight:700;">FW山崎亮平</span>(アルビレックス新潟) 明治安田生命J1リーグ 第30節 vsジュビロ磐田(10/21) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">DF松原后</span>(清水エスパルス) 明治安田生命J1リーグ 第30節 vsベガルタ仙台(10/21) 今回の停止:1試合停止 <span style="font-weight:700;">【明治安田生命J2リーグ】</span> <span style="font-weight:700;">MF汰木康也</span>(モンテディオ山形) 明治安田生命J2リーグ 第38節 vsカマタマーレ讃岐(10/22) 今回の停止:1試合停止 <span style="font-weight:700;">FWアラン・ピニェイロ</span>(東京ヴェルディ) 明治安田生命J2リーグ 第38節 vsFC岐阜(10/21) 今回の停止:警告の累積による1試合停止(2/2) <span style="font-weight:700;">DF小宮山尊信</span>(横浜FC) 明治安田生命J2リーグ 第38節 vsFC町田ゼルビア(10/20) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF宮阪政樹</span>(松本山雅FC) 明治安田生命J2リーグ 第38節 vs大分トリニータ(10/21) 今回の停止:1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF田森大己</span>(FC岐阜) 明治安田生命J2リーグ 第38節 vs東京ヴェルディ(10/21) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">DF篠原弘次郎</span>(ファジアーノ岡山) 明治安田生命J2リーグ 第38節 vsザスパクサツ群馬(10/22) 今回の停止:警告の累積による1試合停止(2/2) <span style="font-weight:700;">DF宮城雅史</span>(レノファ山口FC) 明治安田生命J2リーグ 第38節 vs水戸ホーリーホック(10/21) 今回の停止:警告の累積による1試合停止(1/2) 明治安田生命J2リーグ 第39節 vsツエーゲン金沢(10/29) 今回の停止:警告の累積による1試合停止(2/2) <span style="font-weight:700;">DF浦田延尚</span>(愛媛FC) 明治安田生命J2リーグ 第38節 vs湘南ベルマーレ(10/21) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MFジウシーニョ</span>(アビスパ福岡) 明治安田生命J2リーグ 第38節 vsジェフユナイテッド千葉(10/22) 今回の停止:警告の累積による1試合停止(1/2) 明治安田生命J2リーグ 第39節 vs東京ヴェルディ(10/28) 今回の停止:警告の累積による1試合停止(2/2) <span style="font-weight:700;">【明治安田生命J3リーグ】</span> <span style="font-weight:700;">MF枝本雄一郎</span>(藤枝MYFC) 明治安田生命J3リーグ 第28節 vsSC相模原(10/22) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF朴利基</span>(FC琉球) 明治安田生命J3リーグ 第28節 vsFC東京U-23(10/21) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 2017.10.17 12:24 Tue
twitterfacebook
thumb

“群馬サポ”JOY、J3降格圏確定で辛辣ツイート「森下監督の続投は正直避けて」

▽群馬県出身でサッカーをこよなく愛することで知られるタレントのJOYがザスパクサツ群馬に苦言を呈した。 ▽群馬は15日、明治安田生命J2リーグ第37節の各試合結果を受けて、J3降格圏の21位以下が確定。J2クラブライセンス所有のJ3クラブが全日程終了時点でJ3リーグ2位以内を占めるようであれば、群馬のJ3降格が正式に決まる。 ▽以前から地元クラブである群馬のサポーターであることを公言してきたJOYは15日、自身のツイッター(@JOY19850415)を更新。次のように意見を述べた。 「ザスパ、森下監督の続投は正直避けてほしい」 「お金かけちゃった分シーズン途中で切れなかったんだと思うけど、さすがに来シーズンは変えなきゃ」 「内部の事もだいぶ表に出てきちゃってるし、サポーターが納得できない事がたくさん」 「県民にもっと愛されないと素晴らしいクラブは絶対に出来ない」 2017.10.16 16:20 Mon
twitterfacebook
thumb

群馬、先制も逆転負けで降格圏内21位以下が確定…長崎は2位福岡との勝ち点差「1」に縮める《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第37節の5試合が、10月15日に各地で開催された。 ▽ここまで19勝7分け10敗で3位につけるV・ファーレン長崎(勝ち点64)が、8勝4分け24敗で21位に沈むレノファ山口FC(勝ち点28)をホームに迎えた一戦。試合は、降格圏内に沈む山口がチャンスを作る。26分、ボックス左外から小塚がクロスを供給。ボックス中央の岸田が左足で合わせるが、わずかにゴール左へと外れる。 ▽自動昇格争いに絡む長崎も36分、飯尾が右サイドからクロスを入れると、GK村上が後逸。中央で待ち構えていたファンマが頭に当てるが、枠を捉えることができない。 ▽ゴールレスで迎えた後半、ホームの山口が先制に成功する。64分、ボックス右手前でFKを獲得し、キッカーの小塚がクロスを選択。岸田のヘディングシュートはクロスバーに直撃したが、跳ね返ったボールをゴール前のレオナルド・ラモスがダイビングヘッドで押し込んだ。 ▽しかし、自動昇格を目指す長崎がここから猛反撃。79分、中村からのパスをボックス左外で受けた翁長のクロスからゴール前中央の途中出場の吉岡が頭で合わせて1点を返す。さらに5分後、ボックス右手前から吉岡が左足でクロスを送る。これを途中出場の中村が頭で合わせると、ボールはゴール左へと吸い込まれた。 ▽吉岡と中村の監督の起用に応える活躍で逆転に成功した長崎は、最後まで1点を守り切り試合終了。自動昇格圏である2位に位置するアビスパ福岡との勝ち点差を「1」に縮めた。<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171015_43_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽ここまで5勝4分け27敗で22位につけるザスパクサツ群馬(勝ち点19)が、16勝9分け11敗で7位につける東京ヴェルディ(勝ち点57)をホームに迎えた一戦。結果次第で降格圏内である21位以下が確定する可能性もある群馬だったが、序盤から東京Vが攻勢に出る。12分、オーバーラップした田村がクロスを供給。ニアサイドに走り込んだ渡辺がシュートを放つが、GK清水にキャッチされてしまう。 ▽攻勢を続ける東京Vは45分、ドウグラス・ヴィエイラのパスを受けた安西がDFをかわし、ボックス内でGK清水と一対一を迎えるが、シュートは枠を捉えることができない。 ▽後半に入っても群馬を押し込む東京Vは61分、渡辺のパスを受けた田村がボックス右外からふわりとしたクロスを送る。ファーサイドのドウグラス・ヴィエイラが相手DFに競り勝って頭で合わせたが、わずかにゴール左へと外れた。 ▽押し込まれる時間帯が続くも東京Vのシュートミスにも助けられここまで耐え抜く群馬。すると徐々にペースを引き寄せ始めて迎えた75分、右サイドの松下からのクロスをボックス左の山岸がボレーで合わせる。これはミートしなかったが、ボックス中央にこぼれたボールをカン・スイルが押し込んだ。 ▽先制点を奪われた東京Vだったが82分、高木善のクロスに反応したドウグラス・ヴィエイラがDF一柳にボックス内で倒されてPKを獲得。これをドウグラス自ら冷静に沈めて試合を同点にする。さらに87分、右サイドの梶川のクロスをボックス内に走り込んだ内田が頭で押し込んだ。 ▽後がなくなった群馬は、その後攻勢を強めたいもののカン・スイルが退いた攻撃陣に守りを固めた東京Vを崩す力は残っておらずそのまま試合終了。逆転勝利の東京Vは、PO圏内進出に大きな勝ち点3を獲得した。一方、群馬は降格圏内である21位以下が確定した。 ▽その他の試合結果は以下の通り。 ◆J2第37節 ▽10/15(日) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 2</span>-1 レノファ山口FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">名古屋グランパス 3</span>-2 湘南ベルマーレ FC町田ゼルビア 1-1 ツエーゲン金沢 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">愛媛FC 2</span>-1 カマタマーレ讃岐 ザスパクサツ群馬 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2東京ヴェルディ</span> ▽10/14(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">モンテディオ山形 2</span>-0 横浜FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">水戸ホーリーホック 1</span>-0 ファジアーノ岡山 大分トリニータ 1-1 アビスパ福岡 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉 5</span>-1 松本山雅FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">京都サンガF.C. 2</span>-1 ロアッソ熊本 FC岐阜 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 徳島ヴォルティス</span> 2017.10.15 21:38 Sun
twitterfacebook
thumb

J1自動昇格を目指す横浜FCが成績不振により中田仁司監督を解任…早川知伸コーチが暫定指揮

▽横浜FCは15日、シーズン当初より掲げていたJ1自動昇格への成績不振にともない中田仁司監督(55)の解任を発表した。 ▽中田監督は、2015年9月にミロシュ・ルス監督の辞任に伴い横浜FCの指揮官に就任。2016年は再びミロシュ・ルス監督が指揮を執っていたが、不整脈症状の検査及び治療のため辞任。同年6月から再び指揮を執っていた。 ▽2017シーズンも継続して指揮を執っていた中田監督だが、ここまで16勝9分け12敗の成績で現在勝ち点57でプレーオフ圏外の8位。ここ3試合は1分け2敗と結果が出ていなかった。中田監督、北川浩史代表取締役社長兼COOのコメントは以下の通り。 ◆中田仁司監督 「今シーズン目標としてきたことが達成できず非常に残念です。J1昇格に向けて残り試合目標達成のために選手、スタッフみんなで頑張って欲しいと思います。3年弱ありがとうございました」 ◆北川浩史代表取締役社長兼COO 「今シーズン残り少ないJ1昇格への可能性を今一度奮起し、なんとしてもここからJ1昇格プレーオフに進出して勝ち上がるために、監督交代を決断させていただきました」 ▽なお、17日(火)からのトレーニングは早川知伸コーチ(40)が暫定的に指揮を執る。 2017.10.15 18:09 Sun
twitterfacebook
thumb

“魔法使い”シャビエル負傷交代も…名古屋4連勝! 湘南のJ1昇格はお預け《J2》

▽15日に行われた明治安田生命J2リーグ第37節の名古屋グランパスvs湘南ベルマーレは、ホームの名古屋が3-2で勝利した。 ▽3連勝中で4位につける名古屋(同62)のホームに乗り込んだ2連勝中の12戦負けなしで首位に立つ湘南(勝ち点77)。名古屋に勝てば、他会場のV・ファーレン長崎vsレノファ山口FCの結果次第でJ1自動昇格圏内の2位以内が確定する試合となる。 ▽試合は開始4分、名古屋にファーストチャンス。ボックス左に流れながらスルーパスを受けた玉田が中央にグラウンダーの折り返しを入れると、スペースに潜り込んだ“魔法使い”ガブリエル・シャビエルがワンタッチ。これが決まり、名古屋があっさり先制した。 ▽ガブリエル・シャビエルにシーズン7得点目を許した湘南は、失点後も守勢に回るが、27分に追いつく。セットプレー崩れから秋野が左足でクロスを供給すると、山田が胸でフリック。ゴール前の菊地が右足のハーフボレーを沈め、湘南がスコアをタイに戻した。 ▽流れを引き寄せた湘南は40分、ドラガン・ムルジャのパスに反応した石川がバイタルエリア中央の菊地にボールを供給。収めた菊地が対面するDFをかわして右足でシュートを放つと、これがゴール右隅に決まり、湘南が逆転に成功した。 ▽だが、後半の頭から佐藤に代えてシモビッチを投入した名古屋は50分、和泉が左サイドから右足でクロスを供給。胸トラップでボールを収めたシモビッチが振り向きざまに左足のボレーシュートを決め、名古屋が早々に試合の行方をイーブンに戻した。 ▽続く54分には、バイタルエリア右で名古屋にFKのチャンス。キッカーのガブリエル・シャビエルはショートパスを選択すると、田口は右足ダイレクトでシュートを放つ。グラウンダーのボールをゴール前の玉田がプッシュし、名古屋が一気に形勢を逆転した。 ▽ところが、71分には今夏加入後、7ゴール14アシストの驚異的な数字をマークするガブリエル・シャビエルが左足太ももを痛めて負傷交代。名古屋に嫌な空気が流れる中、湘南は藤田、松田、石川に代えて、松田、野田、下田を立て続けに投入するが、好機を導き出せない。 ▽結局、玉田のゴールが決勝点となり、首位を走る湘南とのシーソーゲームを制した名古屋が4連勝。13試合ぶりの黒星を喫した湘南のJ1昇格はお預けとなっている。 2017.10.15 15:58 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース