超ワールドサッカー

高崎のヘディング2発で千葉を下した松本が連勝を飾る《J2》2017.03.19 16:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽明治安田生命J2リーグ第4節の松本山雅vsジェフユナイテッド千葉が19日に松本平広域公園総合球技場アルウィンで行われ、ホームの松本が3-1で勝利した。

▽1勝1敗1分で13位につける松本と2勝1分で3位につける千葉が対峙した。最初に仕掛けたのは好調の千葉。5分、右サイドの多々良がクロスを供給すると、ニアサイドに反応した船山がダイレクトで右足を合わせるも、枠を捉えることができない。

▽対する松本は11分、パスを受けた工藤がボックス内から右足を振り抜くも、これはゴール左に外れる。しかし、迎えた24分、左サイドで粘り強くつなぐと、石原がボックス左外からクロスを供給。これをオーバーラップした田中が収めて左足を振り抜き、ゴール左隅に突き刺した。

▽先制点を奪った松本にその後もゴールを脅かされる千葉は前半終盤、松本ゴールに迫るも、相手の守備に阻まれて決定機を作ることができない。

▽後半に入ると、松本がリードを広げる。46分、宮阪のニアサイドへの鋭い右CKに高崎が反応。頭で合わせ、ゴールに右上隅に流し込んだ。さらに55分、ボックス右外でFKを獲得。キッカーの宮阪がファーサイドにクロスを送ると、待ち構えていた高崎が頭で押し込んだ。

▽苦しい展開を強いられる千葉は、61分にDF西野に代えてFW清武、72分に船山を諦めて指宿を投入。攻撃の枚数を増やして、攻撃の活性化を図る。するとその直後、ボックス手前でパスを受けた指宿がシュートを狙う。これがボックス内の清武に当たると、清武の足元に収まり、そのまま左足を振り抜いてゴールネットを揺らした。

▽一点を返した千葉は攻勢を続けるも、終盤まで前線から激しいプレスをかける松本に苦戦し、決定機を作ることができず。高崎の2ゴールもあり、松本が連勝を飾った。

コメント

関連ニュース

thumb

山田直輝の活躍で湘南が松本を撃破《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第15節の松本山雅FC vs湘南ベルマーレが21日に松本平広域公園総合球技場で行われ、1-2で湘南が勝利した。 ▽ここまで5勝4分け5敗で10位に位置する松本と、8勝3分け3敗で3位につける湘南が激突した。試合は序盤から激しい一進一退の攻防が繰り広げられる。松本は24分、高崎のパスから石原がボックス左に進入。そのままシュートに持ち込むも、これはわずかにバーの上にはずれた。 ▽ハーフタイムにかけても好勝負が続く。湘南は33分、正面でボールを受けた山田がミドルレンジから右足を一閃。鋭いシュートがゴールへ飛ぶが、これはわずかに枠の左にはずれる。対する松本は40分、ゴールキックからボールを落とした高崎が、工藤のリターンボールを受けてシュート。だが、これはわずかに枠の右にはずれた。 ▽迎えた後半、早い時間帯に試合の均衡を破ったのは湘南だった。47分、左サイドの石川が入れたクロスはGKにパンチングされるも、味方がつないだボールがゴール前の野田にわたる。野田がゴールに背を向けながらも巧みに放った反転ボレーシュートがネットを揺らし、湘南が先行する。 ▽ビハインドを背負った松本だが、すぐさま追いつく。53分、ボックス左角の手前で仕掛けた石原がカットインシュート。コースを突いたコントロールシュートをゴール右隅に突き刺し、石原の今季初ゴールで松本が試合を振り出しに戻した。 ▽白熱の展開の中、勝ち越し弾を挙げたのは湘南。62分、左サイド深くからアンドレ・バイアが入れた鋭いクロスに、ニアサイドに走り込んだ山田が合わせる。このヘディングシュートが決まり、湘南が2-1とリードする。 ▽その後は、松本がリスクを負って仕掛けていく。79分には、途中出場のセルジーニョが強烈なミドルシュートを放つも、コースが甘くGKに弾かれる。 ▽結局、試合はそのまま終了。湘南が2試合にぶりの白星を手にした一方、連敗の松本は5試合未勝利となっている。 2017.05.21 15:01 Sun
twitterfacebook
thumb

松本の猛攻を凌いだ山形が6試合ぶりの勝利! 松本は4試合白星なし《J2》

▽17日に明治安田生命J2リーグ第14節のモンテディオ山形vs松本山雅FCがNDソフトスタジアム山形で行われ、1-0で山形が勝利した。 ▽3試合連続ドローで直近5試合勝利がない16位山形(勝ち点16)と、4試合ぶりの白星を目指す10位松本(勝ち点19)が激突した一戦。ここ数試合調子を落としている両者の一戦は、互いに低調な立ち上がりとなる。 ▽序盤は攻めあぐねる両チームだったが前半半ば、山形が均衡を破る。24分、敵陣中央右から荒堀がグラウンダーのクロスを供給。これをボックス中央で阪野が収めて、右足を振り抜くと、シュートはGK村山の右手をかすめてゴール左へと吸い込まれ山形が先制する。 ▽先制を許した松本は攻勢を強めたいものの、山形の粘り強い守備に苦戦し、ゴール前に迫ることができない。それでも43分、ボックス内でキープした三島の落としをパウリーニョが左足で丁寧にゴール左隅を狙うも、わずかにゴール左に外れる。 ▽後半に入ると、1点ビハインドの松本が決定機を迎える。53分、ボックス右手前から三島がクロスを供給すると、ボックス中央のセルジーニョがフリーでヘディングシュート。しかし、これがGK児玉の正面に飛んでしまう。 ▽勝ち点を持ち帰りたい松本は後半アディショナルタイム4分、ロングボールに反応したジエゴが頭で前線へとつなぎ、ボックス手前の工藤がポストプレー。この落としを石原が左足一閃。ボールはゴール右隅を捉えるも、GK児玉のファインセーブに阻まれ、そのまま試合終了。後半、松本の猛攻に苦しめられるも最後まで阪野のゴールを守り切った山形が6試合ぶりの白星。対する松本は4試合勝利から遠ざかっている。 2017.05.17 21:34 Wed
twitterfacebook
thumb

松本vs町田は互いに決め手を欠いて勝ち点1を分け合う《J2》

▽13日、明治安田生命J2リーグ第13節の松本山雅FCvsFC町田ゼルビアが松本平広域公園総合球技場で行われ、1-1のドローに終わった。 ▽前節のアビスパ福岡戦で0-1と敗れた9位の松本と、湘南ベルマーレとの対戦で0-0のゴールレスドローに終わった12位の町田の対戦。松本はスタメンを1人変更し、パウリーニョに変えて岡がプロ初先発となった。町田は前節と同じメンバーを並べた。 ▽最初にチャンスを作ったのは町田。8分、松本がミドルシュートで狙うと、相手DFのブロックに遭うもこぼれ球に大谷が反応。シュートを放つも、GK村山がセーブする。 ▽松本は10分、右サイドから田中がクロス。プロ初先発の岡がニアで潰れると、岩間がダイレクトシュート。しかし、これは枠を外す。12分にはFKのチャンスを得ると、宮阪のクロスを橋内がボックス内で折り返すも、シュートは打てない。 ▽町田は18分、CKからチャンス。井上のクロスはDFがクリアも、こぼれ球を谷澤がダイレクトシュート。しかし、枠を外してしまう。 ▽松本は30分、工藤がボックス右からクロス。高崎がヘッドで合わせるも、枠を外す。33分には、ボックス右から田中がクロス。ニアサイドで工藤がダイビングヘッドも、右サイドネットを揺らしてしまう。 ▽攻め込む松本は40分、ダイレクトパス交換で崩した松本は石原がボックス左からクロス。これを走り込んだ工藤が、滑り込みながらダイレクトボレーを叩き込み、松本が先制する。 ▽後半に向けて互いに交代カードを切らなかった両チーム。松本ペースで後半も進む。50分、右サイドを抜け出した田中がボックス内右で切り返しDFを振り切ると、そのまま自らシュート。しかし、枠を外してしまう。 ▽町田はボックス手前右でパスを受けた森村が、相手DFと対峙しながら左足一閃。低い弾道のシュートがゴール右隅に決まり、町田が同点に追いつく。 ▽松本は70分にCKのチャンス。宮阪のクロスを高崎がニアサイドでヘッドも、GKがセーブ。続くCKも宮阪が蹴るが、今度はクリアされてしまう。 ▽こう着状態が続き決定機を作れない両チーム。松本は高崎、岡に代えて三島、山本を投入。町田は吉田に代えて遠藤を起用する。 ▽それでもなかなか攻め切れないまま、試合は終盤へ。アディショナルタイム3分には町田がビッグチャンスを迎え、中島が独走すると、左サイドから中央へ切れ込みシュート。しかし、DFにブロックされる。 ▽結局最後まで互いに追加点を奪えなかった試合は、1-1のドロー。両チームともにフィニッシュの精度を欠いた試合となった。 2017.05.13 15:58 Sat
twitterfacebook
thumb

福岡がウェリントン弾で松本との昇格候補対決を制す!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第12節の松本山雅FCvsアビスパ福岡が7日に松本平広域公園総合球技場アルウィンで行われ、アウェイの福岡が1-0で勝利した。 ▽昨シーズンをJ1で戦った7位松本と9位福岡によるJ1昇格候補同士の一戦。前節、大分トリニータとゴールレスドローに終わった松本は、セルジーニョに代わってパウリーニョを起用し、この一戦に臨んだ。一方、徳島ヴォルティスに競り負けた福岡は、負傷明けの岩下が復帰したほか、石津とウィリアン・ポッピに代わってジウシーニョ、坂田のベテランコンビがウェリントンと共に前線を組んだ。 ▽共に高崎、ウェリントンと前線に屈強なターゲットマンを置く両チームは、長いボールを前線に当てる形で攻撃を展開していく。流動的な動きでボールを引き出すウェリントンとベテラン2シャドーが良い距離感で攻撃に絡む福岡は、坂田や駒野がミドルシュートでゴールチャンスを窺う。すると22分、左サイド深くで競り合いのこぼれ球を拾った亀川が低くて速いクロスを供給。これをファーサイドに走り込んだウェリントンが手前でバウンドしたボールを抑えが利いた見事な右足ダイレクトボレーで流し込んだ。 ▽ホームで先制を許した松本はすぐさま反撃に転じるが、岩下や冨安を中心にタイトな守備を見せる福岡の堅守に高崎が封じ込まれ、なかなかフィニッシュの形を作れず。一方、リードを奪った福岡はハイプレスとリトリートを織り交ぜた良い守備からカウンターを狙う。34分にはセットプレーの流れから實藤がミドルシュートも、このシュートは枠を捉え切れない。 ▽その後、40分過ぎにボックス左でキープした高崎がようやく決定機を迎えるが、左足のシュートはGK杉山の正面を突く。福岡も前半アディショナルタイムにウェリントンのポストプレーからボックス内で仕掛けた三門に決定機も、ここはGK村上のビッグセーブに遭い、アウェイチームの1点リードで後半へと折り返した。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半、最初の決定機は福岡に訪れる。47分、右サイドから駒野が入れたクロスがゴール前の相手DFに当たってゴールに向かうが、ここはGK村山が鋭い反応で弾き出した。すると56分には松本に絶好機。宮阪の絶妙なスルーパスに抜け出した工藤がボックス内で右に持ち出してGK杉山をかわし、無人のゴールに向けてシュート。だが、右足のシュートは右ポストに阻まれた。 ▽その後は松本ペースが続くも互いに中盤で潰し合う展開が続き、こう着状態が続く。追いつきたい松本は68分、工藤とパウリーニョに代えてセルジーニョと共にこれが移籍後初出場のジエゴを同時投入。対する福岡は坂田、ジウシーニョのベテラン2選手に代えて、負傷明けの松田、キャプテンの城後を投入した。 ▽ホームサポーターの大歓声を後押しに猛攻に出る松本は、76分に高崎がミドルシュートを放つ。さらに、試合終了間際には得意のセットプレーから波状攻撃を見せるが、福岡守備陣の再三のシュートブロックに遭う。後半アディショナルタイム5分のFKではゴール前の飯田が決定的なヘディングシュートも、これはクロスバーを叩いて万事休す。福岡がエースFWウェリントンのゴールで競り勝ち、2試合ぶりの勝利を手にした。一方、敗れた松本は2試合連続無得点で4試合ぶりの黒星となった。 2017.05.07 15:45 Sun
twitterfacebook
thumb

大分vs松本は両者譲らずゴールレスドロー! U-20日本代表MF坂井は83分からピッチへ《J2》

▽3日に明治安田生命J2リーグ第11節の大分トリニータvs松本山雅FCが大分銀行ドームで行われ、ゴールレスドローで終わった。 ▽前節の京都サンガF.C.戦で敗れて連勝が2でストップした9位の大分(勝ち点16)が、カマタマーレ讃岐戦で高崎の2ゴールなどで4-0と快勝した6位の松本(勝ち点17)が対戦した。 ▽お互いに[3-4-2-1]のフォーメーションを用いる中、徐々に大分がポゼッションを握りにかかる。7分には川西が倒されて得たFKで、やや遠い位置ながらも後藤が狙うなど積極的な攻めを見せた。一方の松本はサイドを起点とした攻撃を仕掛けるが、9分に右サイドの田中が入れたクロスはGKがキャッチするなど攻撃が上手く噛み合ない。 ▽しかし松本は徐々にプレスを強めて主導権を握りにいく。特にGKを使ったビルドアップを見せる大分に対して、前線の高崎がしっかりとプレスを仕掛けるなど松本が押し込んでいく。29分には橋内が入れたロビングのボールを高崎が頭で落とす。走り込んだ工藤が合わせるなど、流れの中からシュートまで持ち込んだ松本だったが、このチャンスを決め切れなかった。 ▽34分には高崎がボックス手前で倒されて、松本がFKを獲得する。キッカーの宮坂は直接狙うが、ボールはクロスバーを叩いてゴールとはならなかった。大分も42分、左サイドで、この日34歳の誕生日を迎えた山岸が細かなタッチから抜けて中央に折り返す。これに岸田が合わせるが、このシュートはクロスバーを越えた。 ▽結局前半はゴールレスで終えて迎えた後半、50分に伊佐が左サイドから中央に流れて右足を一閃。これがクロスバーに当たって真下に落ちるも、レフェリーはゴールラインを割っていないと判定し得点とはならなかった。松本は55分、セルジーニョを下げてパウリーニョを送り出すなど、早めに交代カードを切っていく。 ▽しかし63分に川西が右足でミドルシュートを狙うなど、大分が攻撃を続ける。松本も70分に高い位置でのパスカットから高崎がボックス手前でシュートを放つが、GK上福元の正面に飛んでしまった。77分には大分のミスから松本が決定機。姫野のバックパスを奪った三島がGKと一対一を迎える。タイミングを外して逆サイドにシュートを狙ったが、ボールは枠を外してしまった。 ▽大分は83分、先日発表されたU-20日本代表に選出された坂井を送り出す。87分にはその坂井がボックス左からシュートを狙うが、相手に当ててしまった。結局試合は、お互いに決定機を決めきれずに終了。勝ち点1を分け合う結果に終わった。 2017.05.03 15:57 Wed
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース