高崎のヘディング2発で千葉を下した松本が連勝を飾る《J2》2017.03.19 16:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽明治安田生命J2リーグ第4節の松本山雅vsジェフユナイテッド千葉が19日に松本平広域公園総合球技場アルウィンで行われ、ホームの松本が3-1で勝利した。

▽1勝1敗1分で13位につける松本と2勝1分で3位につける千葉が対峙した。最初に仕掛けたのは好調の千葉。5分、右サイドの多々良がクロスを供給すると、ニアサイドに反応した船山がダイレクトで右足を合わせるも、枠を捉えることができない。

▽対する松本は11分、パスを受けた工藤がボックス内から右足を振り抜くも、これはゴール左に外れる。しかし、迎えた24分、左サイドで粘り強くつなぐと、石原がボックス左外からクロスを供給。これをオーバーラップした田中が収めて左足を振り抜き、ゴール左隅に突き刺した。

▽先制点を奪った松本にその後もゴールを脅かされる千葉は前半終盤、松本ゴールに迫るも、相手の守備に阻まれて決定機を作ることができない。

▽後半に入ると、松本がリードを広げる。46分、宮阪のニアサイドへの鋭い右CKに高崎が反応。頭で合わせ、ゴールに右上隅に流し込んだ。さらに55分、ボックス右外でFKを獲得。キッカーの宮阪がファーサイドにクロスを送ると、待ち構えていた高崎が頭で押し込んだ。

▽苦しい展開を強いられる千葉は、61分にDF西野に代えてFW清武、72分に船山を諦めて指宿を投入。攻撃の枚数を増やして、攻撃の活性化を図る。するとその直後、ボックス手前でパスを受けた指宿がシュートを狙う。これがボックス内の清武に当たると、清武の足元に収まり、そのまま左足を振り抜いてゴールネットを揺らした。

▽一点を返した千葉は攻勢を続けるも、終盤まで前線から激しいプレスをかける松本に苦戦し、決定機を作ることができず。高崎の2ゴールもあり、松本が連勝を飾った。

コメント

関連ニュース

thumb

昇格PO圏内浮上の松本MF工藤浩平が9月度のJ2月間MVPに選出《Mastercard月間MVP》

▽Jリーグは11日、9月度の「明治安田生命JリーグMastercard priceless japan 月間MVP」を発表した。J2は松本山雅FCのMF工藤浩平が選出された。工藤は初受賞となる。 ▽工藤は9月に行われた明治安田生命J2リーグで5試合に出場し3得点を記録。8位から4位に浮上したチームを支えた活躍が受賞につながった。Jリーグ公式サイトは、工藤のコメントを紹介している。 <span style="font-weight:700;">◆MF工藤浩平</span>(松本山雅FC) 「9月の月間MVPに選出いただけたことをたいへん光栄に思います。仲間たちの力があってこそ自分が輝くことができるので、チームメイトに感謝したいです。そしてチームの状況が良いときも悪いときも、特に試合の苦しいときに熱く応援してくれるサポーターの皆さんにも感謝しています」 「8月の3試合はベンチに甘んじていましたが、チーム戦術の中で自分の力をどう出していくかというのを考えされたことが多く、「自分が出たらこうしてやろう」という気持ちを強くもって試合に臨みました。僕らには、常に上がいるので、勝ち続けることで上にプレッシャーを与えながら、最後は昇格してみんなで笑えるようにしたいです」 ▽また、Jリーグは工藤の選出について選考委員会による総評を紹介している。 「8位だった松本山雅FCが、第33節(9月16日)には4位に進出。チームの上がり調子を陰日向で支える工藤浩平選手に評価が集まり、9月の月間MVP受賞となった。攻撃では9月のチーム得点11得点の内、3ゴール1アシストの活躍。反町監督のサッカーを深く理解し、自身が得点できるだけでなく、味方を活かすプレーによってチームの総合力を高めた。スルーパス数は9月ではJ2で断トツ1位の活躍。成功率も高く、人を使うことができる選手が少ない中で、同選手は動く味方のタイミングを殺さずに活かすパスを出し、ゲームメイカーとして攻守にわたって活躍した点が高く評価された」 2017.10.11 16:46 Wed
twitterfacebook
thumb

松本MFセルジーニョが右腓腹筋筋損傷で全治6週間、DF星原健太は右足手術で全治4週間

▽松本山雅FCは28日、MFセルジーニョ、DF星原健太の負傷を発表した。 ▽セルジーニョは、20日に行われた明治安田生命J2リーグ第29節のファジアーノ岡山戦で負傷。松本市内の病院で検査を受けた結果、右腓腹筋筋損傷と診断。全治は約6週間とのことだ。 ▽右足を負傷していた星原は、24日に松本市内の病院で手術を実施。右近位脛腓関節障害と診断され、全治は約4週間とのことだ。 ▽セルジーニョは今シーズンのJ2で24試合に出場し3得点、星原は1試合に途中出場していた。 2017.08.28 13:36 Mon
twitterfacebook
thumb

松本DF飯田真輝が入籍 「シーズン途中に個人の目標は達成してしまいましたが…」

▽松本山雅FCは18日、DF飯田真輝(31)が入籍したことを発表した。 ▽茨城県出身の飯田は、東京ヴェルディでプロキャリアをスタートさせた後、2010年8月に松本へ期限付き移籍。2011年に完全移籍で松本に再加入した。今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグ28試合3得点。飯田はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「私事ですが先日入籍したことをご報告させていただきます。これまで出会い成長させてくれた全ての人に感謝するとともに、この顔じゃサッカー選手のあいだじゃないと結婚できないとプレッシャーをかけてくれた先輩方、自分のベジータ化に警笛を鳴らし続けてくれている大学からの同級生、フランチェスカ行きの搭乗口からUターンするが如く覚悟で一緒になってくれた奥さん、そしてなにより心配して声をかけてくれていたサポーターに感謝したいと思います。シーズン途中に個人の目標は達成してしまいましたが、これからはチームの目標であるJ1昇格だけに尽力していきたいと思います」 2017.08.18 18:35 Fri
twitterfacebook
thumb

リオ五輪代表の新潟FW鈴木武蔵が松本に期限付き移籍

▽松本山雅FCは17日、アルビレックス新潟のFW鈴木武蔵(23)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2018年1月31日までとなる。 ▽2012年に新潟でプロデビューを果たし、2015年には期限付き移籍で水戸ホーリーホックに加入した鈴木。その後、新潟に復帰すると今シーズンはリーグ戦17試合1ゴールをマークしている。 ▽移籍が決まった鈴木は、松本の公式サイト上で次のように意気込みを語った。 「松本の皆さん、はじめまして。鈴木武蔵です。松本のJ1昇格に向けて、自分の持てる力をすべて出していきたいと思います。熱い応援、よろしくお願いします」 ▽また新潟の公式サイト上では次のようにコメントしている。 「急な移籍でサポーターの皆さんにご挨拶をすることができず、申し訳ない思いがあります。選手として、もっと成長したいという思いがあり、この決断をしました。たくさんのことを松本で学び、大きく成長してきたいと思います」 2017.08.17 10:23 Thu
twitterfacebook
thumb

名古屋ルーキーのDF宮地元貴がわずか半年で松本に完全移籍

▽松本山雅FCは13日、名古屋グランパスに所属するDF宮地元貴(23)の完全移籍加入を発表した。 ▽慶應義塾大出身の宮地は昨年8月、加入内定および特別指定選手として名古屋に入団。しかし、ここまで天皇杯1試合の出場にとどまっていた。 ▽特別指定から数えてもわずか1年で名古屋を去ることになった宮地は、両クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 ◆松本山雅FC 「松本山雅FCに関わる全ての皆様。初めまして。名古屋グランパスから加入しました宮地元貴です。歴史ある素晴らしいクラブの一員になれたこと、皆様と共に新しい歴史を創り上げていけることを本当に幸せに思います。松本山雅FCには大学時代から何度も練習に参加させていただき、多くの関係者の方々にお世話になりました」 「また聖地アルウィンは中学時代に全国優勝、大学時代には全国出場を決めた僕にとっても特別な場所です。僕は勝手に深い縁があるクラブだと信じています。松本山雅FCに関わる皆様と共に決死の覚悟で頂を目指し、J1昇格の力となれるよう、アルウィンのピッチで松本山雅FCの漢として認めていただけるよう、そしてクラブへの感謝を結果で示すことが出来るよう死力を尽くします。宮地元貴をよろしくお願いします」 ◆名古屋グランパス 「名古屋グランパスに関わる全ての皆様。特別指定選手に承認して頂いてから約1年間、本当にお世話になりました。この度、松本山雅FCに完全移籍することになりました。突然のご報告となり、大変申し訳ございません。私自身、試合やプレーで思うような結果が出せなったこと、全く期待に応えられなかったこと、こうした形でクラブを去ることが本当に悔しく、情けないです。全ては僕の実力不足です。どのような時も応援して頂いたファン・サポーターの皆様にこの場をお借りしてお詫び申し上げます。クラブがJ1復帰を目指す中、断腸の思いですが、サッカー人として決断しました」 「皆様への感謝は言葉では表せません。26番のユニフォームを着て応援してくださった方々、試合に出ていない僕の横断幕を作ってくださった方々、練習場で叱咤激励してくださった方々の存在が何度も僕を奮い立たせてくれました。初めてグランパスに声を掛けて頂いた日、赤いユニフォームに袖を通した日、パロマ瑞穂スタジアムでのプロデビュー戦、偉大な選手とプレー出来たこと、その全てが僕の人生の宝物です。最後になりましたが、この歴史ある素晴らしいクラブでキャリアをスタート出来ましたこと、そして名古屋での全ての出会いに心から感謝しています。僕にとって名古屋グランパスはいつまでも特別で大好きなクラブです。本当にありがとうございました」 2017.08.13 10:20 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース